在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

哲学者を1人選んで、レポートを書くよう言われたのですがどのように書けばいいのか悩んでます。
(まだ、哲学者も決まってないような状態なのですが・・・)
自分の考えを加えて・・・ということだったのですが、哲学に関してはそんなに詳しくなくて自分の考えといわれても・・・という感じでいくつか哲学者の本を読んではみたものの、内容が難しいのもあって手がつけられません。
何かアドバイスのほう、お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一つの提案ですが、「外堀」から埋めていくのはどうでしょう?



たとえば
その哲学者が生きた時代は、どんな社会情勢だったか?
当時あった価値観、ライフスタイルの紹介。
それに対してこの哲学者がどんな問題提起をしたか?
 哲学史上のどんな意味、価値が生まれたか?
彼の思想の中心と、それに対するご自分の考え、
また現代に応用できる考えはあるか?など

そしていきなりその著作に手をつけず、
その解説をしている岩波文庫の本などを参照されてはどうでしょう?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます!
なるほど、当時の価値観やその哲学者の行ったことの意味などそういうことを書いていけば書けそうです。
そこに自分の考えを組み込ませていくことはなかなか難しそうですが(^^; やってみますね!
岩波文庫の本というのはそこから出ているデカルトやニーチェの本ですよね?読んだことはないのですが、わかりやすい本なのでしょうか・・・?図書館か本屋で調べてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/10 00:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学で哲学の授業があるのですが、レポートの課題が出されました。 書き方や注意点は教えてもらいましたが

大学で哲学の授業があるのですが、レポートの課題が出されました。
書き方や注意点は教えてもらいましたが、どのように書けばいいかわかりません。

哲学の授業になにを求めるか?という題でレポートを書くとしたら、どのように進めていきますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、他の人が哲学を利用した教育などで「なにを求めるか?」を先行研究を調べて書けばいいと思います。
あとは、それを踏まえて自分の考えを書いていく。

Qおすすめな哲学者教えてください

西洋哲学者で、おすすめな哲学者がいたらぜひ教えてください。
何人かの哲学者がのっている本を読んでみたのですが、コレ!と思う哲学者がいませんでした。
誰かの著作を読んでみたいと思っているのですが、誰のにすればいいのかわからず・・・。かたっぱしから読むも、難しすぎて途中で止まっているのが何冊かあります。

できれば、おすすめの理由も教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

哲学は、どんな境遇にしろ人生を何倍も味わう絶好の学問です。
ただ生きるだけが嫌な人にとってはうってつけですよね。

多分いきなり難しいのにあたっただけだと思います。
はじめに私は、プラトン全集を読もうとしたんですが、『・・・思ったとおり難しい』でしたが、やはり偉人によります。全部が全部そうじゃないです。確かに見かけはそうかもしれませんが、なんというか自分にあう偉人が必ず存在し、その本は難解であっても読めるもんなんです。
その内感じます(笑)

本のお勧めですが、エマソン選集はどうでしょう?
案外読みやすいし、エマソンが歴代偉人、ナポレオン、プラトン、ソクラテス、シェイクスピア、モンテーニュ、その他・・・、エマソンがいろいろとその人の人物像を語ってくれている本がエマソン選集の何巻か忘れましたがあります。
これは他の偉人の要点を知るだけでも参考になりますし
、これからいろいろと偉人を勉強していく上でも参考になりました。
エマソン独自の分析は、見ごたえがあり、正鵠をついていて面白いです。本も分厚くないですしいいですよ。そうですね、一人の偉人につき漫画1.5冊ぐらいの感覚です。

後、ロマン・ロランとかはどうでしょう?ベートベンの生涯というものがありまして、ベートベンも苦労していたんだなと当然ながら思いましたし、哲学的にも勉強になります。

その他にはゲーテの超有名ファウスト。これは読みにくいけど、劇場を思わせる大哲学書みたいな感じです。

ヴィクトル・ユゴーの『レ・ミゼラブル』は物語的で深く、かといって読みやすい。かなり有名ですが、やはり有名どころだけあって素晴らしいです。

私はどうしても哲学書が難しく感じてしまうなら、まず初めは自己啓発書から読み始めるのもいいと思います。
哲学と通じていますし、簡単で入門的要素があります。読んでいて活力が沸きますしね。
私はそこから哲学にはいっていきましたね。

改まっていうのもなんですが、哲学は素晴らしいです。
今の時代だからこそ、余計に哲学の必要さが問われるはずなのに、哲学が不在なのは、社会の裏の手引きによると思っています。簡単に言うと哲学者が増えまくると日本の裏の人は困るんですよね。
なので、簡単に言うと世間一般がいう時代遅れや古臭いという観念は、資本主義社会の代償によるものです。

いつになっても哲学は人の心を浄化し、高めてくれる絶好の人間学と私は賛嘆しています^^深めれば深めるほど思慮深くなりますよ。
ただ、自分を見失わないように(笑)なんでもいいです。なぜ学ぶのか?
ただ学ぶより当然ですが、重要なことです。
本を味わってくださいね^^

哲学は、どんな境遇にしろ人生を何倍も味わう絶好の学問です。
ただ生きるだけが嫌な人にとってはうってつけですよね。

多分いきなり難しいのにあたっただけだと思います。
はじめに私は、プラトン全集を読もうとしたんですが、『・・・思ったとおり難しい』でしたが、やはり偉人によります。全部が全部そうじゃないです。確かに見かけはそうかもしれませんが、なんというか自分にあう偉人が必ず存在し、その本は難解であっても読めるもんなんです。
その内感じます(笑)

本のお勧めですが、エマソン選...続きを読む

Q哲学の授業でレポートを書くのですが・・・

テーマを、「主体の構造 自己意識と存在への開き」「意志の構想と意義への問い」「人間の共同存在の哲学的解明」のどれかから選ぶのですが、本を調べようにも一体何に関する本を探したらいいのかもわかりません・・・。
何でもいいので、何かヒント・キーワードなど教えてください!お願いします!

Aベストアンサー

 
まず、何の質問をされておられるのでしょうか?

哲学概論または哲学通史の授業のレポート課題で、こんな問題が出るはずはないとおもいます。もっと特徴的な哲学者に固有の用語を使っている場合とか、タームとしてある程度限定されたものを使って課題が出されている場合、それは、誰の考えにあるとか、いうはなしになります。

けれども、ここまで一般的で、しかも現代哲学のテーマであると同時に、哲学史を通じて問題になっている主題をあつかう場合、これだけでは、何のことか分かりません。

つまり、授業で実際に、どういう話を先生が行ったかで、全然、考える方向が違ってきます。

たとえば、「人間の共同存在の哲学的解明」とは、「間主観性」の問題を尋ねているのか、または、独我論に対し、哲学はどのように、主体の共同存在性を確保してきたのか、という問題を尋ねているのかで、答えが違ってきます。また「間主観性」といっても、独我論に対する反論として問題が立ちます。

「主体の構造」「存在への開き」「人間の共同存在」というと、現代哲学の問題のようにおもえますが、カントの哲学についての現代からの批判的展望として、こういう問題を立てることもできます。

これは、先生が授業で何を話したのか、ということが問題になります。授業に出ていれば、これらの課題で、何を尋ねているのか、分かるはずです。何か具体的な、特定の話や、現代倫理学概論のような話が、授業で行われたのだとおもいます。

だから、こういう問いは、その先生の授業を受けていたひとに、どういう哲学者の名前がよく話に出ていたか、どんな話があったか、参考書として何があげられていたか、を教えてもらうほうが、よほど有効です。

その上で、さらに、質問するというのは具体的なアドヴァイスが可能だとおもいますが、現在の質問内容では、アドヴァイスはできません。

これらの三つの課題を眺めると、現代倫理学の実践的課題についての理論的考察の問題のようにおもえます。そういう概論的話を、先生が授業でしたのだとおもいます。

現代倫理学入門というような本をみると、これら三つの課題に対応した問題提起が記されている可能性があります。内容を確認していませんが、比較的に安くて、入手しやすい本として次のような本があります。

>> 「現代倫理学入門」講談社学術文庫
>> 加藤 尚武 (著) 文庫 (1997/02) 講談社
>> 価格:¥820

次のような本もあるようですが、高いですし、入手は難しいとおもいます。(内容は分かりません)。

>> 「エチカとは何か―現代倫理学入門」
>> 有福 孝岳 (編集) 単行本 (1999/11) ナカニシヤ出版
>> 価格:¥2,400

現代倫理学入門というのは、新書で、そういう本がいくつか出ているともおもいます。授業に出ていたひとに尋ねることと、もうひとつ、大きな本屋に行って、現代倫理の入門書を探してみて、目次を見て、先の三つの課題に対応するような問題があつかわれているようなら、その本を参考にするのがよいでしょう。

本全体を読む必要はなく、それらしい話のある部分をもとに、自分なりに、課題に合うように、まとめるのがよいでしょう。
 

 
まず、何の質問をされておられるのでしょうか?

哲学概論または哲学通史の授業のレポート課題で、こんな問題が出るはずはないとおもいます。もっと特徴的な哲学者に固有の用語を使っている場合とか、タームとしてある程度限定されたものを使って課題が出されている場合、それは、誰の考えにあるとか、いうはなしになります。

けれども、ここまで一般的で、しかも現代哲学のテーマであると同時に、哲学史を通じて問題になっている主題をあつかう場合、これだけでは、何のことか分かりません。

つまり...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング