在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

ビャルクリの段についてレポートを書かなくてはいけません。どういう風に書いたらいいのかわかりません・・こういう場合どういう風に書いたらいいのでしょうか?教えてください・・明日のまでに教えてもらえたらうれしいです^^

A 回答 (2件)

とりあえず、哲学カテということで、哲学のレポートと仮定しましょうか。



●とりあえず、ソフィーは前章の『バークリ』から読んで下さい。

いささか乱暴ですが、キーワードだけ書くと

(1)バークリ→ビャクルリ
バークリの哲学
●物質は感覚される限り存在する。
●『存在するとは、誰かに知覚される事である。』
【esse est percipi(ラテン語・エッセ・エスト・ペルキピ)】

須田 朗氏によれば(ソフィー日本語版監修者)
★あなたの目の前の机が存在するのは、あなたが目で見ているからだ。
Q目をつぶったら机はなくなるのか?
A誰かが見ている(知覚している)から机はなくならない。
Q机を誰もいない部屋に移したらなくならないのか?
A神が見ているからなくならない。

と、まあこんな感じで進行するのですが、私が補足を要求したのは、この章がとても大事な章だからです。

すなわち、ソフィーはバークリの哲学を学ぶことによって、自分は他者から知覚されることによって存在することを知る。
少佐からか、ヒルデからか、あるいは読者から、知覚されることによってソフィーは存在する。・・・・・そして、ヒルデも確信する。ソフィーも紙とインクの存在ではない。ソフィーは存在する。・・・

まあ、こんなところでしょうか。

あとは、khanaさんが肉付けしてまとめてください。
バークリによれば、あなたが知覚して認めてあげないかぎり、哲学の先生の
存在もなくなってしまうんですから(^^;

**ソフィーを今後も教材に使うのであれば、
『もう少し知りたい人のためのソフィーの世界哲学ガイド』NHK出版
須田 朗著 が便利です。(今回の引用はここからです。)
    • good
    • 0

助けてあげたいのですが、よく質問の意味がわかりません。



 ビャルクリの段は、哲学的に解釈するのか、文学(ファンタジー)として読み解くかによってまったくレポートの内容も変わってきます。
(ただでさえ、現実(ヒルデの世界)ともう一つの世界(ソフィーの世界)とさらに鏡の世界、そして読者の世界が交差するややこしい章です。)

何の授業なんでしょう?
ソフィーの世界は講義の中心なんでしょうか?

これだけでも、補足お願いします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『ソフィーの世界』

『ソフィーの世界』を読んだことがありますか?
感想を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

本語訳で読んだことがあるので、少し感想を。
かなり以前に読んだので、うろ覚えですがその点ご容赦ください。

この本は、「ソフィーの世界」という題の通り、「哲学の世界」を小説風に紹介している本です。
主人公の名前である「ソフィー」は、哲学をあらわすギリシア語「フィロソフィー(philosophy)」からきています。
つまり、「哲学の世界」となるわけです。
この表題の通り、哲学の変遷をその時代ごとに著名な哲学者を選択して、謎の「先生」が手紙で講義してくれるという形で物語が進行します。

物語が「謎の先生との手紙でのやりとり」というミステリー風に仕上がっているため、ついつい「物語の世界」に引き込まれてしまいます。
しかし、後からよくよく考えてみると、代表的な哲学者の選択においてハイデガーがをはじめとした代表的な哲学者がいないとか、少し偏りが見られる気がします。
これは、後々の「ソフィーの世界」批判をした哲学者に攻撃される材料でした。
しかし、それは後で哲学史を少しかじった時に気づいたことでした。
そして、哲学史に興味を持ったのも、この「ソフィーの世界」がきっかけです。
「哲学に興味を持たせる」というのが、著者の目的なら、その目的は十分に達成されたわけです。(私には)

総合的な感想ですが、「哲学」をメインテーマにした「小説」としては面白い。なかでも、結末のどんでん返しは、正に「小説的」であり「ミステリーの醍醐味」を味わえました。
反面、「哲学」がますますわからなくなる。少し逆説的ですが、「哲学なんて本当はわからないものだ」というのがわかる本ですね。

以上、映画の感想ではないですが、参考になれば幸いです。

本語訳で読んだことがあるので、少し感想を。
かなり以前に読んだので、うろ覚えですがその点ご容赦ください。

この本は、「ソフィーの世界」という題の通り、「哲学の世界」を小説風に紹介している本です。
主人公の名前である「ソフィー」は、哲学をあらわすギリシア語「フィロソフィー(philosophy)」からきています。
つまり、「哲学の世界」となるわけです。
この表題の通り、哲学の変遷をその時代ごとに著名な哲学者を選択して、謎の「先生」が手紙で講義してくれるという形で物語が進行します。

...続きを読む


人気Q&Aランキング