121円でとりあえず天井を打ったドル。理屈で相場ははかれるものではありません。そこでみなさんの経験や知識から来るなんとはなしの予想を教えてください。お互いいろいろな意見を聞いた上で又自分の相場観を高めていきましょう。  私は113円までつっこんだ後、131円近辺まで行くのではないかと思っています。おそらくほとんどの人は狂気の沙汰ではないかと思うかもしれません。まあ20年近い為替ウォッチングから来る自信がそう思わせるのですから仕方ありません。あなたの考え方を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私のシナリオでは、・・・



ドル円は2006年1月中に直近高値121付近の値をつけ、ダブルトップを形成。

その後3月末に向けて115或いは110まで猛烈な暴落(円高)。

2006年4月から上昇波動を再形成しはじめ、
同年或いは2007年前半にドル円は121ミドルを突破する。

そのころ中国では、経済発展とともに政治腐敗が極限に達し、また資本主義化を求める政治運動が激化していた。内政不安に対抗するためにも、中華共産帝国は、断続的な切り上げで強くなった人民元にものを言わせ、富国強兵を着実に進めていた。

そして2007年8月下旬、1ドル125円付近で日本の個人投資家がイケイケムードの中、
中国は突如台湾に宣戦布告、同日電撃侵攻。
翌日尖閣諸島を占拠。
これに乗じて北朝鮮も38度線を突破して韓国へ侵攻。
これが第一次東シナ海戦争の幕開けであった。

宣戦布告から30秒後、アジアの地政学リスクを材料に、アジア各国の国債、株式、通貨は大暴落を開始。3日間に30円もの歴史的な円安となる。

しかしその後、完勝目前の中国内部で、
「赤い資本家」達を中心としたクーデターが起こり,民主化革命。
中国頼みの北朝鮮も崩壊。南北朝鮮統一。
アジアは一挙大資本主義経済圏へと変貌し、ドルは空前の大暴落・・・

というように考えています。笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かっこいいですね。最高のシナリオです。私はこの場合は軽く200円を突破すると思いますが。 結末が自由経済にとって最高の形で終わっているのが感動的です。 アジアが最終的に世界最高の市場になると私も確信しています。

お礼日時:2006/01/02 21:08

No.4です。

有難うございました。x7zさんと私は同じ考えのようです。
前回相場の高値は2002年の初日に135円半ば、その前は1998年に145円半ばを付けています。この線で行きますと今回の高値は121円から125円までとなります。日数にして2-3ヶ月後までだと思っております。
これは私の考えで、皆さんは自分で調べてください、儲かるようなやり方を自分で見つけてください。
1998年の高値は前回調べた時の記憶で書いていますので、数字が多少違う場合は御訂正願います.。
    • good
    • 0

初めまして、スコンチョと申します。

(^_^)

あんまり面白くないかもしれないけど、持論をば。

FFレートと日本の金利差が埋まるまでに、あと1年以上
かかると思われます。ですので、各種の要因に上下変動
しながらですが、あと1年近くは円安傾向が続くと思われ
ます。その根拠はFFレート以外の要因(景気指数等々)
は多くの場合短期的な影響しか与えない場合が多いからです。

さて、あとは1年の間にどれだけ振れるかですが、個人
的な予想としては上値125~127円下値113~115円が大人しい
推移の場合。激しく振れれば上値128~130円下値108~
110円でしょうか。

ただ、株式同様に一般投資家の動きが加わって、経験則
から外れた動きをすることもしばしばあるようですから、
来年もたいへん楽しみにしています。(^_^)
    • good
    • 0

円相場が120円を越えるかどうかは1月5-6日の相場の勢いを見れば判るのではと思っていますが、131円までは行かないのではと思っています。

仮に131円まで行くなら135円まで行くのではと思っています。11-12月は欧米の通貨が利上げしましたから、円安が加速されました。中には利上げしたとたんに大幅に下げる通貨もありましたし、その他の通貨も下げた状態にあります。
現在日本の短期金利は0パーセントに近いですが、昨日の報
道にもありますように日本の物価が上がり始めました。すでに都心の地価はあがっているそうですからインフレが始まったようです。すると実質金利はマイナスになりますから、預金を住宅,土地,株等に換える動きがあるようで、本日も株は大幅高です。ですから日本銀行は金利を上げるための準備を整えつつあるかも知れません。日本銀行が金利を上げると他通貨との金利差が縮小し、円安は止まり円高の方向に進むと見ています。その時期は意外と早いかも知れません。少しサービスをし過ぎたかとも思いますが、x7zさんは、どういう根拠で131円近辺まで行くのではと思っているのですか。おっしゃるようにお互いの相場観を高めるために是非公開して下さい。

この回答への補足

基本的に自分のスタンスは長期です。木を見て森を見ずにならないように気をつけています。

  70年代からのチャートを見てますか?今は10年以上のボックス圏にはいってます。単純に前回の135円は突破しないかなという予想です。意外に多くの人は日々のチャートだけにとらわれすぎてるんですよね。

補足日時:2005/12/29 14:30
    • good
    • 0

ラリーおじさんの法則によると、2009年第1四半期頃にピークをつけるらしいので、その頃までのスパンでは130円はあるとおもっています。



直近では、今月の高値を今後更新しない場合の直近の谷は2006年末か2007年初頭あたりなので、122円を超えていかない場合は、2006年はドルが安くつけていくかもしれません。
122円を超えたら、計算しなおさないとわかりません。

うーん、わたしの回答も狂気だ…
    • good
    • 0

たまには、ぶっちゃけた事も書いちゃいます(理屈ぬきに)。


但し、個人向け国債は個人的には非常に安全(元本+長期金利連動して高金利に対応できる意味で)と言う前提で書いてみます。

政府債務が更に重く、海外投機筋の円売りが顕在化すれば1$=131円どころではない。
日本のインフレ率100%状態になれば、日銀と言えどもハイパー円安を止める事は不可能。
現在は「個人向け国債」や「物価連動債」など、事実上、長期金利上昇に伴って直ぐに利払い負担も増大する。
だから、長期国債よりもこうした国債の比率が上がれば確実に長期金利上昇させれば、政府債務が危ないのだ。
こうなったら、インフレで債務を目減り(長期国債を買った人「だけ」に)させる事で「元本+利息」を保証するしかない。
つまり、海外のヘッジファンドを中心に大量の円売り、国債先物売りを仕掛ければ良い。
現在のヘッジファンドは、日本を叩き潰すぐらいの力はある。
事実、ブラック・ウェンズディの時はイングランド銀行をジョージ・ソロスが叩き潰す事が出来たのだから(それも1992年)・・・

だから円相場は日本のハイパーインフレに伴って、1$=1000円!?も夢じゃない!?
そうなれば長期国債を買った人や、簡保や生保の貯蓄性の高い保険や、解約できない高金利(1%台の金利などの)定期預金など紙くず同然。
実際に、これについて書かれた本もあります。

そうなったら、「個人向け国債金利200%(元本+変動利息保証)」と「膨大な為替差益」と「格付けAAA社債日本円金利250%」のどちらをお望み???
    • good
    • 0

いつかはいくでしょう。



為替王がそのように予想しています。
一方酒匂氏(為替では有名だし著書もありますね)は
108に戻るといっています。

どちらかというと私もいったん115を切ってからそのようになると思います。
ただ110(112)を切ったら話は別ですね。逆に105になると思います。


金利ブームは終わりを告げると思うのでわかりません。
そもそも去年の円高101円とかはそこまで円を買う理由も見あたりませんでしたし。
先週の急な円高もIMMの利益確定誘爆とも考えられます。


ただ年内だけならもう円安にはならない。
と思っています。
むしろ大晦日あたりに急な円高になるかも!!
去年はいつ日銀介入しろよ~!と私も思っていましたからね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビについて。

テレビについて。
今テレビが結構話題になってると思いますが、液晶テレビとプラズマテレビの違いはなんでしょうか?あと、ブラウン管テレビと液晶テレビのような薄型テレビの違いはなんですか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

液晶テレビは液晶が後ろからの光の通過具合を加減して画像を表示する
プラズマテレビはプラズマが蛍光体に当たることで光を放射させる

ブラウン管テレビは大きなガラス館を使っているので奥行きがありとても重い

Q1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。
1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

ドル円は4円差があるのですが、香港ドルは0.4円しか差がありません。
この差を利用して儲けることができるのでしょうっか?

Aベストアンサー

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香港ドル、というレートに修正されてしまうと、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えても、また円を香港ドルに替えてそれをドルに替えてそれを円に替えても、元のままです。
 円・ドル・香港ドルに限らず、商品(石油とか)や債券との間でも裁定機会は滅多に生じず、生じても即座に消滅する。(てか、古典的経済学では「裁定機会は存在しない」というのが定説だった。でも最近になって実際にデータを詳細に調べたら(まれに瞬間的に)裁定機会が生じていることが発見された、という話なんです。)

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

の時点でドルを買った人Aと、香港ドルを買った人Bとがいたとする。その後、第二の時点で

> 1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

となった。つまり、ドルも香港ドルも高くなった。この時点で、Aが手持ちのドルを円に替え、Bは手持ちの香港ドルを円に替えたとすると、A,Bどちらも、買うのに使った円よりも多くの円を手に入れる。
 これは単に、Aは円とドルの間の為替差益、Bは円と香港ドルの間の為替差益によって、この場合はたまたま儲けたというだけのことです。
 第二の時点でまだ売らずにおけば、後でもっと為替差益が大きくなってさらに儲けられるチャンスが来た(だから第二の時点で売らなきゃ良かった)かもしれないし、あるいは、売らずにおいたらその後「売ったら損になる」状況が続いて資金が塩漬けになっちゃう(だから第二の時点で売っといてよかった)かもしれない。
 要するに、売りたいときに売りたいものを持ってないと意味がない訳で、そのためにはあらかじめ「将来売りたくなるもの」を予想して買っておかなくてはならん。博打の一種にすぎません。

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香...続きを読む

Qfc2ブログとgooブログ、アクセス数の違い。

gooブログで歴史についてのブログを書いてるんですが
fc2ブログに引っ越したいと考えています。

それでためしにfc2ブログでインテリアのブログを作りましたが、
ブログの引越しというのがよくわからないので
インテリアブログで試してみようと思い、一旦fc2ブログをしめました。

そして3日前インテリアブログをgooブログにつくりました。
いくつか記事を書いたところでfc2ブログに引っ越す予定です。

ところが、気になることが出てきました。
それは、インテリアブログの訪問者数・アクセス数がfc2ブログとgooブログで全然違うのです。

fc2ブログでは訪問者数はトータルでたったの2名(!)ほどだったんですが
gooブログでは初日の訪問者数約100人、アクセス数約300
2日目の訪問者数約180人、アクセス数約400

ちなみに内容はほぼ同じです。
タイトルはgooブログのほうが具体的で興味を引きやすいかと思います。
fc2ブログではブログランキングに参加していました。
gooブログではブログランキングのほか、ブログ村にも参加しています。

このアクセス数の違いはどこからくるんでしょうか。
もしかしてgooブログのほうが検索されやすいんでしょうか?
fc2の私のインテリアブログの訪問者数、異常に少なくありませんか。

考えられる要因など教えていただきたいです。

gooブログで歴史についてのブログを書いてるんですが
fc2ブログに引っ越したいと考えています。

それでためしにfc2ブログでインテリアのブログを作りましたが、
ブログの引越しというのがよくわからないので
インテリアブログで試してみようと思い、一旦fc2ブログをしめました。

そして3日前インテリアブログをgooブログにつくりました。
いくつか記事を書いたところでfc2ブログに引っ越す予定です。

ところが、気になることが出てきました。
それは、インテリアブログの訪問者数・アクセス...続きを読む

Aベストアンサー

同じアクセス解析を使っておられますか?
gooブログは訪問者数にrssやロボットが多数含まれており、人が見たわけではない可能性が高いです。
fc2は人のみを抽出しようとし、カウントしている可能性があります。

数だけで比べるなら、同じ解析を使う必要があります。gooブログ付属のアクセス数は水増しや捏造説があるサービスですので数字を信用されず、気になるなら他のアクセス解析を使われることをお勧めします。

Q1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、

1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、円からユーロに換金したユーロをいくらかずつ所有しています。1ドル80円、1ユーロ114円となった今、これらの外貨を最小限の損失で運用するにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

先日TVで見たのですが、ドル円の予想で110~120円になるには10年くらいかかるという専門家が6人中3人でした。
ドルやユーロが通用するところへ旅行に行ったとき使ってくるくらいです。

Qアマゾンでカード決済した場合の金の流れ

アマゾンでは、新品・中古、関係なくアマゾン以外の店が出品しています。
新品・中古、どちらでもアマゾンに出品している店からカード決済で購入した場合、

1)アマゾンが出品店を代表してカード会社から現金を受け取り、アマゾンが売り上げ分を出品店に支払う。

2)アマゾンが客のカード番号を出品店に伝えて、出品店がカード会社から金を受け取る。

どちらでしょうか?

Aベストアンサー

1が正解です
アマゾン以外でもyahooショッピングも同じ形ですね

QFXについてです。 超簡単に言うと、 1ドル100円の時にドルを買って、 1ドル120円の時にドルを

FXについてです。
超簡単に言うと、

1ドル100円の時にドルを買って、
1ドル120円の時にドルを売れば
20円の利益が出るってことですよね?

Aベストアンサー

1ドル100円で買い、120円で売ると、20円得。
でも、
1ドル120円で買い、100円で売ると、20円損。

100円で買って、期限までに値が上がらないと、
損する値で売るしかない。
期限が来る前に、値が下がると、追加証拠金払わないといけない。

当てが外れると絶対に損が出る仕組みです。

Q歌舞伎の女形で、本当にオカマの人はいますか?

歌舞伎の女形の人で、はるな愛のような本当にオカマの人はいますか?
片岡愛之助は違いますよね?

Aベストアンサー

市川春猿さんが言ってましたが
女形を極めるなら そういう境地(要するにオカマ)じゃないとなれない と言っていました
だから中には居ると思います

愛之助さんはオカマと言うよりオネエです 笑

Qレアルドル、元円、ドル円など通貨対通貨とは何ですか

レアルドル、元円、ドル円ってなんですか? 今外貨経理実務をしていますがよくわかりません。ブラジルの通貨はブラジルレアル、中国の通貨は元ですが、なんで、通貨の後ろに通貨の名前がついているのでしょうか?

レアルドル、元円、ドル円ってなんですか? 今外貨経理実務をしていますがよくわかりません。ブラジルの通貨はブラジルレアル、中国の通貨は元ですが、なんで、通貨の後ろに通貨の名前がついているのでしょうか?

例えば数値はありえませんが、1レアル=1ドル、1元=1円、1ドル=1円というようなことでしょうか?
例えば、レアルドルを円換算してくれと言われた場合、どうやって計算するのでしょうか?
それと何を意味するのでしょうか?
バカな自分でも理解できるようにご教授お願い致します。

Aベストアンサー

相対関係を表すのです。

例えばドル円は、「ドル:円」の関係、つまり、「1ドルを何円で買えるか」、ということです。今だと103円。つまり103円払えば、1ドルを購入することができます。

逆にいえば円ドルだと、「1円を何ドルで買えるか」なので、概ね0.97ですね。

「レアルドルを円換算」は「レアルをドルに換算を円換算」という意味になってしまうので、不自然な用法です。(厳密に言えば「レアル円」ですが。)

ご回答になれば幸いです。

Qプロフィールとプロファイルは同じ意味ですか?

プロフィールとプロファイルは同じ意味ですか?

はじめまして。

profil(プロフィール)とprofile(プロファイル)は同じ意味ですか?

また、profil(プロフィール)はフランス語でしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

>profil(プロフィール)とprofile(プロファイル)は同じ意味ですか?

プロフィールはフランス語で
プロファイルは英語で本来は同じ意味ですが、
日本ではプロファイルはよく犯罪の分野で使われていますよね。
有名人のプロフィールはよく聞きますが、犯罪者のデータの場合はプロファイルと言います。
このようなおかしなことは他にもあります。たとえば今思いつくのはアイロンとアイアンです。両方とも英語でIronなんです。
訛ってRを発音すればアイロンとなり、実際の英語の発音であるアイアンと言えば、ゴルフのクラブになります。(笑)

また、profil(プロフィール)はフランス語でしょうか?

Qドル/円とドル/ユーロとユーロ/円をどう組み合わせればいいの?

 こんにちわ。今為替FXを勉強中です。あるブログでドル・ユーロ・円の組み合わせ次第でリスクをほとんど0にできると書いてあったのですが、具体的にはどうすればいいのでしょうか?実際そんなことが可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言うと不可能です。

あるブログというのはT先生のブログだと思いますが、彼の見通しは「円安」。

その見通しを前提にすればNo.1の方のポジションで、ほぼノーリスクでスワップを享受できることになります。
10万通貨ずつのポジションであれば、毎日1000+700+600=2300円がもらえます。
10日で23000円
100日で230000円
300日で690000円です。

しかし、その理屈の前提である「円安」が間違いであればどうなるでしょうか?
No1の方のポジションではドルとユーロの変動リスクはたしかに吸収されることになりますが、
円の変動リスクはモロに受けることになります。

20万通貨で円の変動を受ける訳ですから、
1円で20万円
2円で40万円
3円で60万円
4円で80万円
のリスクにさらされることになります。

ノーリスクとは到底言えません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報