たとえばの話です。自殺未遂を何度も起こしている、うつ病の友人Aがいるとします。私Bは、唯一の友人で、古くからの友達とします。Aからうつ病である、死にたいと打ち明けられたのですが、2度の自殺未遂を起こされ、Bは巻き込まれたくないと思い、わざとけんかをしてAと縁を切ったとします。ひょっとしたら、誰も頼るものがいないので、死ぬかもしれないと思いながら。しばらくして、Aは自殺しました。
 この場合、「未必の故意」など、犯罪が成立しますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 保護責任の発生原因は、法令、契約、事務管理および慣習・条理です。

道徳や倫理によって刑法上の保護義務が発生することはありません。Bが友人であったことや唯一の相談相手であったことは、たしかに道徳・倫理的な観点からすると、Aを保護してやるべきだということになるかもしれません。しかし、それは刑法上の保護義務を発生させるような性格のものではないと言うべきでしょう。刑法上における構成要件に関する文言は、道徳や倫理という抽象的な概念によって決定されることはありませんので、たとえBの行為が道徳・倫理上非難されるべきものであったとしても、犯罪成立に影響することはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答ありがとうございました。よくわかりました。

お礼日時:2001/12/17 19:33

 すいません。

文中の「子ども」は「自分の子ども」でした。訂正します。申し訳ないです。m(__)m
    • good
    • 0

 ご質問の文面を読ませていただく限りでは何の犯罪も成立していないように思われますが、唯一成立する犯罪があるとすれば、刑法第218条保護責任者遺棄罪及び不保護罪でしょう。



 まず、要件として、BがAの保護責任者であった必要があります。保護責任者とは、保護を必要としている者(このケースでは病者A)を保護すべき法律上の責任がある者を言います。民法上の扶養義務を負う親権者や警職法上の保護義務を負う警察官、介護契約上の介護義務を負う介護担当者等が代表的な例ですが、このような法令・契約等の理由によらなくても、保護責任者とされる場合があります。たとえば、ある人(甲とします)が別の人(乙とします)に対して覚せい剤を打ち、その結果、乙が錯乱状態におちいったとします。この乙が錯乱状態のまま川の深みに進んでいった場合、周りに人がいなければ、この時点で甲には乙の行動を止める義務(保護責任)が発生しますので、甲が傍観して乙が死亡してしまった場合は、保護責任者遺棄致死罪が成立します。この例では、法令や契約による保護責任は何ら発生していませんが、覚せい剤を打つという先行行為が存在するため、甲は「条理に基づく保護義務」があると認められます。

 ご質問のケースでこの犯罪が成立するとすれば、たとえばAには全く身寄りがなく、Bの家に好意で同居させており、うつ病らかんにより現に自殺行為を始めている(体を傷つける等)場合は、これを黙認したときは同罪が成立する可能性があります。これは、民法上の事務管理を根拠として保護義務が発生した場合です。

 単なる友人関係では基本的には保護責任は発生しませんから、自殺しそうな友人と縁を切っても、保護責任者遺棄罪や他の犯罪が成立することはありません。なお、これと似た犯罪に「不作為による殺人罪」があります。これも、前述のような保護関係によって作為義務が存在した場合で、その作為義務を怠ったことで相手が死亡してしまうような場合です。たとえば、子どもが川で溺れており、助けられるにも拘わらず、内心「子どもが死んでもいい」と思いつつ、子どもを助けなかったことによって子どもが死亡してしまったようなケースです。この犯罪は、不作為が作為と同等の危険を持つ場合に適用されますので、「殺人罪」が成立してしまうだけあって、保護責任者遺棄致死罪よりも厳格なケースにのみ適用されます。

 ちなみに、「未必の故意」とは、「自分の行為は犯罪結果を発生してしまうかもしれない」と認識することであり、単に「相手が自殺するかもしれない」と考えたこと自体は何らかの犯罪事実に関する未必の故意とは呼べません。前述のような保護責任義務の存在しない関係であれば、相手が自殺することを黙認したり、放置したりすることは何らかの犯罪結果を発生させる行為ではありませんから、「未必の故意」成立の余地はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。「未必の故意」が成立しないのはよくわかりました。Aにとっては、Bが唯一の、自殺についての相談相手であり、Bの言動により過去の自殺未遂がなされていることについて、因果関係があると認められば、保護責任義務は存在しないでしょうか?

お礼日時:2001/12/17 14:14

犯罪は成立しません。

犯罪を大別すると、作為によるものと不作為によるものがあります。殺人罪で例えるならば、前者は一般的な殺人行為、後者は乳児などで自らの力では生存できないのに保護責任のある者が放置していたために死亡したような場合です。質問の内容では、犯意はもちろん、作為がありませんので、一般的な殺人罪には当たりません。では、不作為の殺人罪が成立するかと言えば、単なる友人関係では保護責任を求められることはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/17 14:08

 何罪でしょうか?殺人罪でしょうか?

この回答への補足

 何罪に該当するのかわかりません。そもそも犯罪になるのでしょうか?

補足日時:2001/12/16 22:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現住建造物等放火罪・うつ病で自殺未遂

現住建造物等放火罪についてお尋ねします。

うつ病からの、幻聴幻覚により
アパートの一人暮らしの自室に灯油をまき、ライターで放火。

前科なし(の、はず)
他室・隣家等への延焼なし、
死者、負傷者なしです。

(1)「アパートの自室」と、
「戸建ての自宅」では
刑罰は変わってくるものですか?

(2)うつ病ですが、
放火前々日には公共交通機関を利用し、外出、
ビジネスホテルに宿泊、
途中、食べ物などの買い物もしており
帰宅後(放火前日)には、灯油の巡回販売車から自分で灯油を購入などもしている。
この場合、責任能力ありとされ、
執行猶予はつかない可能性が高いですか?

うつ病は、一年半ほど、クリニックに週1で自身で通院、
治療薬を服用していたが
放火の1週間くらい前に、通院を休み、
放火までの間、治療薬を呑まずにいた模様。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>(1)「アパートの自室」と、
「戸建ての自宅」では
刑罰は変わってくるものですか?

被災の程度や影響範囲によるでしょう。
他人の所有物で、かつ共同住宅なので
影響する範囲は狭くないでしょう。

>この場合、責任能力ありとされ、
執行猶予はつかない可能性が高いですか?

調査、検査報告次第でしょう。

民事の損害賠償もあるでしょうし。

最高刑は死刑なので
裁判員裁判の対象になりますし
その裁判員の心象次第ではないでしょうか。
反省を示す程度のことも顧慮されるのではないでしょうか。

Q教授によるPTSD・鬱病・自殺未遂…訴訟を起こしたい!

はじめまして。
こちらのカテは初めてですが、どなたか法律に詳しい方、相談に乗っていただけませんか?

私は24歳、大学4年生です。卒業時には25歳になってしまうということで就職活動が普通の人以上に難航しています。私はもともとは北海道大学薬学部に現役で合格し、入学しました。私は1年の頃の物理の基礎実験で、N教官に別室に隔離されたり、また、1人だけ2時間以上居残りをさせられたり…というようなことを毎週繰り返していました。他の授業にも行く気がなくなり、また、3年の専門実験のときにPTSDとわかりました。実験室に入ると痙攣を起こすようになったのです。私は親元を離れ、遠方から来ていることもあって、このことを親にも話せずにいました。仕方なく「授業を落とした、留年した」とか話しました。

でも、精神科にかかっても治りませんでした。
大学の紹介してくれた医者は「やぶ医者」で、却って、私の病気は悪化していきました。なんとなくですが、この医者は北大と裏取引があるように思えます。私はどんどん病気が悪くなっていって、睡眠薬大量服用の自殺未遂をはかり、とうとう両親が札幌に呼ばれたのですが、この医者は私が両親には言いたくないことをペラペラ話し、「この子はバカなことを考えているんですよ!」とまで言い出す始末…

PTSDの原因を作った教授、および医者としてあるまじき行為を取る医者に対して、合計500万円ほどの慰謝料を請求することは可能でしょうか?

はじめまして。
こちらのカテは初めてですが、どなたか法律に詳しい方、相談に乗っていただけませんか?

私は24歳、大学4年生です。卒業時には25歳になってしまうということで就職活動が普通の人以上に難航しています。私はもともとは北海道大学薬学部に現役で合格し、入学しました。私は1年の頃の物理の基礎実験で、N教官に別室に隔離されたり、また、1人だけ2時間以上居残りをさせられたり…というようなことを毎週繰り返していました。他の授業にも行く気がなくなり、また、3年の専門実験のときにPT...続きを読む

Aベストアンサー

 もし訴訟しても、残念ながら500万円は無理です。PTSDに関する慰謝料については、例えば強姦の被害者が加害者に請求できる慰謝料の相場が2~300万円くらいです。質問者様の例で500万円は難しいと思われます。
 精神科については、酷い医者に当たりましたね。患者と信頼関係を築けていない(というか築こうとしていない)以上、外れでは?精神科医やカウンセラーは当たりはずれや相性がありますから、納得できる方に巡り会うまでいろいろ調べまわるしかないと思います。
 で、要は懲らしめたいんですよね?教授に対しては、ダメもとで民事調停や少額訴訟でも起こされては?費用格安・時間短縮可能です。もちろんそれなりの証拠が必要です(質問者様をPTSDと診断された医師の診断書やら)。
 ただ、まずは心の病を治されるのが先決ではと思いますよ。就活での不安もあるでしょうから。頼りになるカウンセラーに巡り会えるよう願っております。

QA社がB社へ社員を派遣するのに、A社とB社の社長さんが同じ人って、ありですか?

バイトを首になったので新しく正社員さんになろうと思って、会社を探したら自分に合いそうなところが見つかりました。
そしたらそこから別の会社に出向(?)するための募集だそうです

ところが、その出向させられる先の会社の社長さんも、募集している会社の社長さんと同じ人なんだそうです。それって、怪しいんでしょうか?。

派遣会社って何か法律とかに縛られていませんでしたっけ?よく、派遣会社登録~号とか求人票に書いてありますよね。この会社はかいてないんです。
出向(?)なら派遣会社ではないんでしょうか?
同じ社長の会社へ派遣するって何か深い意味があるんでしょうか?

もしかして、雇われた会社だけ倒産とかしてまた首になると困ります。
とても不安なんですが条件はいいんです。
どなたか、わかられる人がおいでになれば、どうか御教授ください。

Aベストアンサー

出向には、元の会社に籍を残して出向期間が終わったら戻ってくる在籍出向と、籍を移して元の会社に戻らない移籍出向とありますが、通常はすでに雇用している社員を役職定年などを機に、他の会社で就業させるときなどにいうように思います。

在籍出向させるために新たに雇い入れ、ずっと出向先の会社にいるのであれば、労働者派遣と同じ就業形態ですから、労働者派遣法違反になる可能性が高いです。違法と思われないように便宜的に「出向」とよんでいるだけで、派遣の許可を取らずにもぐりでやってる違法行為かもしれません。特に社長が同一であれば、かなり怪しいです。労働者派遣事業の許可や監督は、都道府県労働局がしていますから、労働局に相談されることをおすすめします。

なお、「専ら(もっぱら)派遣」というのは、特定の企業だけを対象に労働者派遣を行うことを言い、専ら派遣を行うために労働者派遣の許可を受けることは認められていません。大企業のグループ内の派遣会社も、グループ内企業にしか派遣しないとすることはできず、新たな派遣先確保を行うよう指導を受けているはずです。

Qうつ病自殺に対する賠償って・・・そんなに甘いの?

感情論が入り、カテゴリ違いになっているかもしれませんが宜しくお願いします。

過労うつ病自殺に対するニコンへの賠償命令確定のニュースが出ています。
法律には疎いので分からないのですが、
何故、会社が訴えられ、損害賠償をしなくてはいけないんでしょうか?

”精神障害を発病させる恐れのある強い心理的負担”がどの程度のものか分かりませんが、
うつ病になるのは本人の精神力の問題で、会社の責任とは違うような気がするのです。
それに耐えられない人は転職すべきだし、少なくともその会社で働く資格がないと思います。
ひいては金を稼いでいく(生きていく)に値しない。
当然、会社が人を大切にすることは大切ですし必要だと思いますが、
近年、精神疾患とか病名付けて病気扱いされて甘やかされ過ぎているとしか思えません。

直接比較するのもオカシイとは思いますが、
発展途上国と比べれば、義務教育を受けられて、貧しいって言っても大半の人が寝る家があって、
何とか食べることが出来て、着る服がある。衛生面も優れています。
そういう視点で見ると日本って恵まれ過ぎて無菌状態で育ったせいか、
ちょっと不衛生だと体調を崩すし、”うつ病”だとか病気と言われて「やっぱり自分は正常じゃないんだ」なんて思い込んで周囲にかまってもらえるんだ・そうあるべきだと弱気になる。
生きたくても生きられない子供達が世界に沢山いる中で、
心理負担だとかで賠償問題。本当に情けなく思います。

ただ法律・判例がある以上、仕方のないことなんでしょうかね?
皆さん、どう思われますか?

感情論が入り、カテゴリ違いになっているかもしれませんが宜しくお願いします。

過労うつ病自殺に対するニコンへの賠償命令確定のニュースが出ています。
法律には疎いので分からないのですが、
何故、会社が訴えられ、損害賠償をしなくてはいけないんでしょうか?

”精神障害を発病させる恐れのある強い心理的負担”がどの程度のものか分かりませんが、
うつ病になるのは本人の精神力の問題で、会社の責任とは違うような気がするのです。
それに耐えられない人は転職すべきだし、少なくともその会社で働く資格が...続きを読む

Aベストアンサー

法律以前にちゃんと裁判の内容とか本質をわかってる?
単に鬱病を発症したってだけで賠償が認められると思ってんのかい?


極端な話でいえば、
「会社が命令して1日20時間ずつ毎日働かせたら身体を壊した」
これに賠償が認められないと思うかい?

だったら会社はいくらでも命令し放題ってことになる。


超過労働は法律で禁止されてる。
それを超えて働かせて、その人に異常が発生したら会社の責任なのは当たり前。

その異常が鬱病だったというだけのこと。

工事現場で同じことして従業員が疲労骨折したら会社に賠償が認められる。

鬱病だと原因の特定が難しいけど、
超過労働の事実がある限りは因果関係が認められやすくなる。

健康を害さないために作った法律に違反したんだから。



もう一度言うけど、なんでもかんでも鬱病になれば全部会社のせいになると思ってたの?

Q過労と雇用契約継続と労災と自殺・うつ病は原則無関係ではないか?

過労と雇用契約継続と労災と自殺・うつ病は原則無関係ではないか?

気象情報会社ウェザーニューズ関連で「自殺は過労が原因 気象予報士の遺族が提訴」といったニュースを見ました。その中で

「(6カ月間ある)試用期間は9月末で満了となったが、10月1日に上司から本採用は難しいと告げられ、千葉市の自宅で翌日自殺した。」

とあります。

訴状も内容も分からない素人な考えで本件には該当しないかもしれませんが、ここで質問です。


試用期間非継続や、リストラ(いわゆる能力不足で首切り)の結果として悲観的になり、自殺したとしてます。もしも裁判で労災や損害賠償を争った場合、「試用期間非継続やリストラ通知」を根拠に、うつになった又は自殺した=会社のせい・精神的損害を被ったなどといった事実認定はされるのでしょうか?

残業が多すぎて、はたまたパワーハラスメントでうつ状態になり、自殺したとなれば労災認定は理解できます。しかし、自分の能力が足りないのに、「うつになった」「死にたい」と言って挙句の果てに命をたったのであれば、それは会社に責任を求めるのは不公正だと思います。(会社がパワハラ等してない場合です)

法律(裁判)的にはどうでしょうか?また、みなさんはどのように考えますか?

過労と雇用契約継続と労災と自殺・うつ病は原則無関係ではないか?

気象情報会社ウェザーニューズ関連で「自殺は過労が原因 気象予報士の遺族が提訴」といったニュースを見ました。その中で

「(6カ月間ある)試用期間は9月末で満了となったが、10月1日に上司から本採用は難しいと告げられ、千葉市の自宅で翌日自殺した。」

とあります。

訴状も内容も分からない素人な考えで本件には該当しないかもしれませんが、ここで質問です。


試用期間非継続や、リストラ(いわゆる能力不足で首切り)の結果とし...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ、「リストラされなければ、自殺しなかった」って事で、争う余地はあるかと。

> 「(6カ月間ある)試用期間は9月末で満了となったが、10月1日に上司から本採用は難しいと告げられ、
> しかし、自分の能力が足りないのに、「うつになった」「死にたい」と言って挙句の果てに命をたったのであれば、それは会社に責任を求めるのは不公正だと思います。

って事だと、試用期間から継続雇用しない事が妥当かどうか?って事が争点になるかも。

当人の能力の不足を理由に、やむを得ず解雇、本採用しないってためには、
・継続的に指導や教育を行ってきた記録。
・口頭注意、書面注意、始末書提出など、段階的な処分を行ってきた記録。
・本人の能力が低くても業務に支障が出ないようにするための作業手順やマニュアルの整備。
・業務内容の変更や配置転換の検討を行った記録。
・能力が足りないって事が、当人の努力如何の問題ではなく、心や体の病気だった可能性を考慮して産業医などへ相談するよう指導。
 (結果、問題なかったとか、本人が相談に行かないとか。)
とかって事が無い場合には、積極的なパワハラを行って無かったとしても、不当・不合理な解雇が理由だって事で争うとか。

一旦採用してしまうと、会社はある程度の責任を負いますし、実際にどうかはともかく、法律上では、労働者の権利は会社から見るとシャレにならないくらいに手厚く保護されています。
まぁ、試用期間での不採用は、多少要件が緩和されますが。


裁判の事例なんかもありましたが、不当解雇に対しての慰謝料として請求内容の一部は認めても、解雇と自殺の直接の因果関係は認められないって内容のものでした。

47NEWS - 「不当解雇」と賠償命令 山口地裁岩国支部
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010033101000864.html

まぁ、「リストラされなければ、自殺しなかった」って事で、争う余地はあるかと。

> 「(6カ月間ある)試用期間は9月末で満了となったが、10月1日に上司から本採用は難しいと告げられ、
> しかし、自分の能力が足りないのに、「うつになった」「死にたい」と言って挙句の果てに命をたったのであれば、それは会社に責任を求めるのは不公正だと思います。

って事だと、試用期間から継続雇用しない事が妥当かどうか?って事が争点になるかも。

当人の能力の不足を理由に、やむを得ず解雇、本採用しないってた...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報