図書館に行って調べたんですけど、結局見つからなくて。ベンゾインって、融点が、結晶の形によってちがうんですよね??D体と、L体と、混合物の3つの融点が知りたいのですが・・・。どなたか知ってる方いらっしゃったら、教えてください。また、参考文献も、合わせて知りたいです。
ベンズアルデヒドや、ベンゾインについて詳しくのってるホームページを知ってる方いらっしゃったら、それもおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

数値自体は1番の方が書いているので。


d体とD体.l体とL体は別物です。dl体とDL体は同じ物です。
大文字と小文字の区別は.
一方は分子構造から決めます。
もう一方は光学せんい(光を当てた時のうせん性させんせい)から決めます。
どちらが大文字でどちらが小文字かは忘れました。

ということで.該当書籍のせんこうど(名称疑問)のところを見てください。
    • good
    • 0

rei00さんのご指摘に同感です!



ご希望のHP等もありますが、このような基本事項はまずは図書館で調べましょう!

その後に可能であれば、データベースを利用して文献検索されては如何でしょうか・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0

 図書館に行って調べたという事ですが,何をお調べになりましたか。

化合物のデ-タであれば,「化学辞典」や「化学便覧」等を調べるのが最も簡単化と思います(それで分かるとは限りませんが)。

 「化学辞典」(東京化学同人)の1333ペ-ジに「ベンゾイン」が出ており,結晶形と融点も載っています。

 d-体:針状晶。融点 132℃。
 l-体:d-体の光学異性体ですから,d-体と同じ。
 dl-体:プリズム晶。融点 137℃。

 ところで,D体とL体ではなくてd体とl体だと思いますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物質の融点、沸点についての質問です。

物質の融点、沸点についての質問です。

摂氏0度(273K)から100度(373K)の間に
融点と沸点が共に存在するような物質ってあるのでしょうか?


もしなければ、融点と沸点の温度差が極端に小さい物質でも結構です。
教えてください お願いします。

Aベストアンサー

有機物なら
(物質名、融点、沸点の順に)
ベンゼン      5.5 ,  80.1
シクロヘキサン   6.5  , 80.74
tert-ブタノール  25.69 ,  82.4
ジシアノアセチレン 20.5 ,  76.5
1,2,4,5-テトラフルオロベンゼン4 , 90
ヘキサフルオロベンゼン 5 , 81 

無機物はいいのがないですね。(水と反応するものも多い)
三酸化硫黄     16.85 , 44.52
(水をすって硫酸になるので注意)
ヒドロキシルアミン 33  ,  70(分解)
六フッ化キセノン  49.25 ,  75.6
五フッ化ヨウ素   9.43 ,  97.85
七フッ化ヨウ素   4.5 ,   4.77
一番下は融点・沸点の差が特に狭いですね。

Q単結晶、多結晶、非晶質体について

これらを実験的に判別する方法を教えて下さい。
調べたのですが、X線回析装置で判別することができるということしかわかりませんでした。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単な方法としては、ご指摘のXRDが一番でしょう?
測定された回折ピークは、下記のようになるでしょう。
単結晶:試料のセッティングにより選択された面の回折ピークのみが出る。
多結晶:色々な面の回折ピークが出る。
非晶質:明確なピークは認められず、ブロードなピーク(ハロー)が見られる。

後、XRD以外の測定方法ですが、試料が光を通し、結晶が光学的に等方性で無いならば、偏光顕微鏡等で観察することにより判別できるかもしれません。

Q有機化合物の融点・沸点についての考え方や覚えること

センター試験では、融点・沸点について出ることがありますが、何か覚えないといけない融点・沸点の数字はありますか?
数字以外にも、○○と△△ではどちらの沸点が低いかなどの問題に対応できるような考え方があれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

絶対に覚える必要があるのは水の融点0℃、沸点100℃だけです。
そのほかの沸点、融点の大小は以下のようなことから判断します。

(センター試験向けには1、3だけでOKの気がします。)
1.水素結合(※)がある方が沸点、融点が高い。
2.分子に極性(※※)がある方が沸点、融点が高い。
3.分子量が大きい方が沸点、融点が高い。
4.表面積が大きい方が沸点、融点が高い。
(形が球に近づくと表面積が減るので、沸点、融点が低い。)

※-OH、-NH、HFがある場合。
※※分子の対称性が低い場合。

ただし、融点の場合は、固体になったときに上手く分子が詰まるかどうかも問題になってきますので、沸点に比べると規則的では無くなることが多くなります。
(上手く分子が詰まる方が融点が高い。)
また、カルボン酸などでは2分子が会合して、あたかも分子量が2倍の分子のように振舞う(その代わり、水素結合の影響が小さくなる)というような現象も出てきます。

Q結晶が完全に乾燥していないときの融点は?

最近、有機化学実験で、合成した生成物の再結晶を行い、融点測定によって純度を確かめるという操作を繰り返していて疑問に思ったことです。
融点測定には、「十分」乾燥させた結晶を用いると書かれていたのですが、再結晶に用いた溶媒が結晶中に含まれていると融点はどのように変化するのでしょうか?結晶より溶媒の方が融点が低い場合、溶媒が融けることが引き金となって、実際の融点より低い温度で結晶も融けてしまう…こんなイメージしかもてず、融点が下がってしまうだけなのか、範囲が広くなるのかわかりません。
フェンブフェンの合成で結晶溶媒にメタノールを用いるより塩化メチレンを用いたほうが高い融点が得られると聞き、これが本当なら文献値に近い融点を得るためには結晶溶媒の選択も重要なのかと考えたんですが。融点測定は、カバーグラスに結晶をはさみヒーター上にのせて加熱する装置を用いています。

Aベストアンサー

上の人と同じ意見ですが少し補足を。
結晶に溶媒などの不純物が入って混合物となっている場合には、モル凝固点降下が起こり融点が不純物の量に比例して下がります。また、温度上昇の速度を同じにして測定を行った場合、低い温度から溶解し始め、ダラダラと解けていきます。
また、この現象は不純物の融点が目的の結晶よりも高いものでも起こります。簡単な例を挙げれば、氷に塩を入れたときに凝固点降下が起こって0度以下の温度が作れることが挙げられます。(NaClの融点は400℃?、とにかく高温)
確かに溶媒の選択は重要です。また、再結晶させるときにゆっくり、かつすべての結晶を析出させないように、再結晶を行ったほうが、結晶が大きく成長し、不純物は溶液のほうに残るので、きれいな結晶ができます。

Qロウソクの沸点と融点

ロウソクの沸点と融点を教えてください。
ネットで調べたのですが、融点は60℃から100℃と幅が広く、沸点は見つけられませんでした。

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

沸点とか融点とかは純物質の相変化するものです。
ロウソクはパラフィンの混じり物ですから融点に幅があります。(逆にシャープに特定温度で融けることが物質の純粋さの証明になります。)いろいろな融点のものの重ね合わせという面と、混合による凝固点降下の効果が混じりあいます。
さらに加熱すれば沸騰はあるかも知れませんが、一部の成分は沸騰前に気化して抜けているでしょうし、一部は分解するかも知れません。(良くわかりません)
あまり明確定量的でなくて済みません。

Q混合物の融点から化合物の比を求めるには?

2つの物質の混合物の融点からその物質の比を計算するにはどうすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

どの程度のレベルの方なのか質問からでは推測できないので回答するのが非常に難しいのですが、簡単に言ってしまえば、
混合物の融点は混合比と直線関係があるわけではないので簡単には求められません。
混合物の比と融点の関係が調べられている物質の組み合わせ(よく使われる合金とか…)の場合には、その関係を使って求めることが出来るかもしれません。
ただし、混合比に対して単調に増加もしくは減少するだけではなくて、ある混合比で最大値もしくは最小値をもつ物質の組み合わせもあり、そのような場合には融点から物質の比を求めることは出来ません。
ちなみに上の最大値(最小値)のことを上限(下限)臨界共溶温度(UCST(LCST))といいます。

Q分子の分子量と融点・沸点の関係

はじめまして。
私は化学に疎いので、詳しい方にご教授いただけたらと思います。
宜しくお願いします。

有機金属に関して調べていたところ、分子の分子量と
融点・沸点には関係があるような気がしました。
参考URL http://www.takachiho.biz/Organometallics.html

トリメチル○○よりも、トリエチル○○のほうが
沸点が高く、融点が低いという傾向があるようです。
(特にGa系、Al系、In系ではこの傾向がはっきり見られます)
(亜鉛系、ホウ素系はこの限りではないようですが)

分子の分子量と物質の融点・沸点には関係があるのでしょうか?
また、分子量以外に、融点・沸点というのは何によって左右されるのでしょうか?

なんとなくですが、分子量の大きな物は沸点が高くなりそうな気がします。
では、なぜ分子量が大きくなって融点が下がるのか、これはよく分かりません。

到底自分では解決できそうにありません。
詳しい方のお力を貸して頂けたらと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

難しいです。
こんなお答えもありますが、↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214554617
分子量が大きいとなぜファンデスワールス力が大きいのか全然説明していません。そこが一番重要なのに…。

Q【化学基礎】 イオン結晶の性質で、 融点が高いものが多い・水に溶けやすいものが多い とあるんですが、

【化学基礎】
イオン結晶の性質で、 融点が高いものが多い・水に溶けやすいものが多い とあるんですが、融点が高いのに水に溶けやすいのですか?

教えて下さい!!

Aベストアンサー

>融点が高いのに水に溶けやすいのですか?
という疑問が生まれると言うことは、融点が高ければ水に溶けにくいのではないか、と思っているのですね。
しかし、融点の高さと水への溶けやすさはほとんど関係がありません。

Q化合物の融点や沸点の調べかた

化合物の融点や沸点の調べかた

Siなどの元素の融点、沸点は理化学辞典などで調べると見つかるのですが、化合物についてはなかなか載っていません。

化合物の融点、沸点の調べ方を教えてください!

Aベストアンサー

丸善の化学便覧なら、かなり出でいますけど。

Qカフェインの再結晶(混合溶媒法)

精製したカフェインを再結晶するのに、アセトンに溶かし、パスツールピペットで小さな三角フラスコに移し、加熱してアセトンを一部飛ばしてからリグロインを1 mL加えました。かすかに濁るまで滴下ということで2 mL加えました。

この再結晶の混合溶媒法は、カフェインがリグロインよりもアセトンによく溶ける事実に基づくので、両溶媒の割合は溶液がカフェインで飽和する点であって、それを判断するために濁り始めた点とする、とあるのですが、この説明で仕組みがわかりません。わかり易く説明していただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足です。
濁りがあったとするならば、アセトンに溶けにくい不純物が含まれていたと考えるのが妥当でしょう。
その不純物の由来としては、カフェイン抽出時のタンニンのようなものかもしれませんし、沸騰石の砕けた粉末かもしれません。
この実験で沸騰石の粉末が混入するという状況がよく分かりませんが、素焼きの沸騰石にその粉末が混入していたり、使用中に一部が砕けて粉末を生じることはあります。ただし、それ以上のことは、質問で書かれた内容以外の事情が関わってきますので、当方にはわかりません。白っぽい粉末あるいは濁りであれば先生のおっしゃるように沸騰石に起因するのかも知れません。


おすすめ情報