テレビだったとおもうんですが、特に契約等を結ばずに10年(20年?)以上
住んでいると、その家、土地の権利を所有者の承諾なく、手に入れることが
法律上認められていると言っていました。

わたしは、これに近いケースで16年住んでいるんですが、
本当のところはどうなのか知りたいです。

ご存知の方がいましたら、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 所有権の取得時効に関するご質問だと思います。

民法第162条に所有権の取得時効に関する規定があります。

 民法第162条1項
  「20年間所有の意思を以て平穏かつ公然に他人の物を占有したる者はその所有権を取得す。」

 同条2項
  「10年間所有の意思を以て平穏かつ公然に他人の不動産を占有したる者がその占有の始め善意にしてかつ過失なかりしときはその不動産の所有権を取得す。」

 1項と2項の違いは、占有を開始した時点で、占有者が当該物件を「自分の物であると信じた」かどうかです。自分の物であると信じ、かつ信じたことにつき過失がないときは、10年で取得時効にかかります(なお、2項は動産にも適用されると解されていますので、文中の不動産に限定されません)。そうでない場合は、20年間待つ必要があります。

 取得時効の重要な要件のひとつに、「所有の意思を持って占有すること」があります。賃貸借契約を結んでいる場合等は「他主占有」と呼ばれ、取得時効の要件を満たしません。なお、これは内心の意思の問題ではありませんから、対外的にも当該物件が自分の物であるとして振舞う必要があります。

 もうひとつ、要件として、「平穏かつ公然に当該物件を占有すること」が必要です。暴力的な占有や隠蔽された占有はこの要件を満たしません。

 最後に、時効が中断・停止されていないかどうかを検討する必要があります。中断事由としては、民法第164条に規定されている自然中断と、民法第147条規定以下に規定されている法定中断とがあります。また、民法第158条以下に停止についての規定があります。

 まとめますと、中断・停止されることなく、取得の要件を満たしつつ、162条規定の期間を経過した場合、占有者は所有権を取得できることになります。

 中断事由に関するより詳しい説明は以下のURLをご参照ください。
  

 

参考URL:http://homepage2.nifty.com/sihoushosi/zikou.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

さらに質問をさせて頂きたいんですが、実際にこの手続きを
したい場合は、
司法書士さんのところで良いのでしょうか。
それとも弁護士さんになるのでしょうか。

教えていただけますでしょうか。
よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/12/19 15:01

 所有権を移転するには登記を移す必要があります。

原則として、担当するのは司法書士ですから、時効成立に争いがない場合はこちらへご相談されると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/25 15:33

建物の所有者は、質問者とはどのようなご関係ですか? また、16年の間、全く何の対価(例えば、金銭や作物等)も支払わずに、ましてや固定資産税相当額等の負担もなしに、お住まいなのでしょうか? 口約束もなしに? しかも、堂々と表札を掲げている?



その辺りを確認しないと、お求めの質問に対して正確な回答は得られないかもしれません。所有権の時効取得はとても美味しい話ですから、一番の回答の様に、それなりの条件が必要のようです。

この回答への補足

ご指摘ありがとうございます。詳しく状況をお話したいと思います。

16年前に両親が離婚しました。その際実際に住んでいる家は母親名義に。
増築された家(倉庫)は父親名義となりました。(家と倉庫はつながっています)

わたしは母親側で暮らし現在にいたるんですが、この倉庫(父親名義)を
わたしのものにできないかと思っています。

16年の間、父親とは何の連絡もとっておらず、どこにいるかも知りません。
この倉庫はわたくしの方で勝手に使っているのが現状です。

補足日時:2001/12/19 14:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあっという間に。

あっという間に一週間が経ちます。この感覚‥一週間って早いなぁと思います。
あっという間に一週間が過ぎ あっという間に一年も過ぎていくのでしょうね‥。
皆さんはあっという間ですか?心残りは見当たりませんが 見落としている事があるかも知れない‥そんな事をふと思います。
今年の前半はあっという間でしたか?
皆さんも早いなぁと思いますか?

Aベストアンサー

考えてみればあっという間ですが、

でも人間、嫌な時や苦しい時は、時間がなかなか進まないもので…。


MADONNA(マドンナ)の「Hung Up」という曲に、

「Time goes by so slowly…」(時間がゆっくり過ぎていく…)
という歌詞があるのですが、

http://www.youtube.com/watch?v=EDwb9jOVRtU

たぶん歌詞はマドンナが書いてると思うのですが、
あんなスーパースターのマドンナが、
時間をそういう見方で見ているのが、意外でしたね。

Q日本では著作権の権利継続期間は権利取得者の死後50年と聞きましたが、ア

日本では著作権の権利継続期間は権利取得者の死後50年と聞きましたが、アメリカでは、いつから何年間権利を継続することができるのですか?

また、日本のように継続できないものなんでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカは死後70年、法人所有の場合は死後95年です。

日本は死後50年ですが、映画著作物に限り死後70年です。

Q「本当に」1年はあっという間ですか?それとも長い?

12月になると良く聞かれる言葉として、「1年ってあっという間だね」

があります。

そこで質問。

本当に1年ってあっという間で短いですか?
※年末に質問するとあっという間という回答が多そうですが・・・。

Aベストアンサー

これまでの1年を振り返ると短く感じるけど
これから先の1年を考えると長い

Q建物所有者に未承諾で土地売却は可能?

7年前に、妻の両親が住んでいた家を取り壊し、私名義の家を新築し二世帯で同居しました。旧家の解体費用を含め全て私が支払い登記もしてあります。土地は義父名義で、住宅ローンの抵当となっています。
同居後、義父と私達夫婦の間でトラブルが時々ありましたがなんとか生活を続けています。最近のトラブルの時、義父が、土地を全て売却して自分達(義父、義母)は、そのお金でアパートでも借りて生活すると言い出しました。
現在は話し合いをし落ち着いていますが、またいつ言い出すとも限りません。
そこで教えて頂きたいのは、義父が、私の承諾なしに土地を競売にかけたり売却することは可能なのでしょうか。
また、義父が住宅ローンの抵当となっている土地を担保にお金を借りることは可能なのでしょうか。(実際に義父が借金するとは思えませんが、返済できなくなった場合のトラブルを想定し。)

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

土地については、ご質問者さまの住宅ローン申し込みの段階で、土地についての「使用貸借」を認めているので、ご質問者さまが住宅ローンを借りて住宅を建てることができたはずです。
「土地の使用に関する承諾書」のようなものに、土地所有者である義父の署名捺印があるはずです。

また、「義父名義の土地に、娘の夫が住宅ローンを借りて住宅を建てた」のならば、義父はその住宅ローンの「連帯保証人」になっていることが多いのですが、その点はいかがでしょう(担保提供者は連帯保証人になるのが一般的なので)。

さらに、「娘の夫の住宅ローン契約」において、「担保対象物件について売却等をする場合には、債権者(銀行や保証会社)の許可を必要とする」という意味の1文があることが多いのですが…。
> 義父が、私の承諾なしに土地を競売にかけたり売却することは可能
ですが、「住宅ローンの債権者たる銀行等に無断で」はできないと思います。
一度、住宅ローンの「金銭消費貸借契約証書」を確認してみてください。

> また、義父が住宅ローンの抵当となっている土地を担保にお金を借りることは可能なのでしょうか。
不可能ではないと思います。
ですが、義父が土地を売っても、娘の夫の住宅ローンにかかわる抵当権を外してもらえる訳ではありませんので、当然に、その抵当は、娘の夫の住宅ローンにかかわる抵当権よりも「後順位」になります。
義父が娘の夫の住宅ローンの連帯保証人になっていれば、義父自身の借金によりその土地の抵当権について執行がされたとしても、「先順位」である娘の夫の住宅ローンの弁済が先に実行されてしまいます。
困るのは、そのような物件を担保にお金を貸した業者等ですし、義父本人になります。

いずれにせよ、義父は「損をするだけ」になりかねません。
建物を義父に買い取ってもらい、その後、義父に土地と建物を合わせて売却させるか、土地をご質問者さまが買い取る(ただし、このパターンで借りられるローンはないと思ってください)のいずれかを考えられた方がよろしいかと思います。

住宅ローン審査経験者です。

土地については、ご質問者さまの住宅ローン申し込みの段階で、土地についての「使用貸借」を認めているので、ご質問者さまが住宅ローンを借りて住宅を建てることができたはずです。
「土地の使用に関する承諾書」のようなものに、土地所有者である義父の署名捺印があるはずです。

また、「義父名義の土地に、娘の夫が住宅ローンを借りて住宅を建てた」のならば、義父はその住宅ローンの「連帯保証人」になっていることが多いのですが、その点はいかがでしょう(担保提供者は連...続きを読む

Q「子育てなんて今思えばあっという間に過ぎる」を英語で言うと

「子育てなんて今思えばあっという間に過ぎる」を英訳するとなんとなるのでしょうか?

この場合の"あっという間に"を英語でなんと言えばいいのか分かりません。

Aベストアンサー

「子育てなんて今思えばあっという間に過ぎる」

正統派
1) When you recall your hard days of child-raising, you would say the time passed so quickly, leaving no single days to worry this and that.

簡略版(意訳しています)
2) The days of child-raising run so quick and hard, you have no time to worry this and that.

Q建物の区分所有に関する法律、規約、承諾を得る

ペットの飼育について特に定めていなかった規約を改正して「小鳥、金魚
以外の動物の飼育を禁止する」という定めとする場合、既に犬や猫を飼育
している区分所有者に対して、特別の影響を及ぼすといえず、その承諾を
得る必要はありません。


この場合、Aさんが規約改正以前に犬を飼っていたとして、Aさんの承諾は必要ないのであるから、とにかくAさんは犬を手放さなければならないのでしょうか。

Aベストアンサー

規約の発効後、管理組合が、規約を盾に住戸内での飼育を止めるよう『求めることは出来ます』
先の回答にあるような理由で、Aさんはそれを『拒むことは出来ます』

揉めた場合は裁判ですね。
質問文には無い、飼っている犬の周辺に与える影響等を勘案して判断が下されると思います。

ただ、『犬』だけでは、鳴き声も立てないように躾けられた小型室内犬なのか、闘犬や狩猟に使用されるような大型犬なのかも判りません。敢えてなのかどうかは判りませんが、何頭飼っているのかも判りませんね。いくら小型犬でも、多数飼育するのは問題ありそうです。裁判の時はそういった実態も見ますからね。

Q「あっという間に」と「間もなく」

「あっという間に」と「間もなく」では、「あっ」と言う時間の分だけ「あっという間に」の方が長い期間だと思うのですが、実際は「間もなく」の方が長い期間を表しますよね?二つの言葉の「間」は違うものを指すのでしょうか?ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

gooの国語辞典で調べました。

ま【間】
[二]時間的な間隔。
(1)事と事とのあいだの時間。ひま。
「出発までにはまだ―がある」「―もなく電車が来る」
(2)事が継続しているあいだの時間。ある状態が続いているあいだ。
「休む―もない」「知らぬ―に行われる」

「間もなく」の「間」は例文に書いてあるとおり(1)の意味
「あっという間に」の「間」は(2)の意味になると思います。

(1)の場合の「間」には、「ひま」という意味からも分かるとおり、事と事の間で精神的に一呼吸おくだけの時間が含まれます。それはあくまで私の個人的感覚ですが、1秒や2秒ではないと思います。
それに対して(2)の場合は、継続していればそれが0.1秒であろうと1年であろうと「間」ということになります。
「あっ」という時間は1秒以下の短い時間ですから、そのことから考えると(1)よりも(2)の方が短い時間になると思います。

個人的解釈ですがこういう説明でいかがでしょうか。

Q抵当権つきの共有地の所有権移転時の共有者の承諾について

仮にA氏・B氏二人で共有する土地があり、その一方A氏がその土地に抵当権をつけているとします。
その場合B氏が持分を第三者に売買したいということで、所有権移転登記をする場合添付書類としてA氏の承諾が必要なのでしょうか?
共有者の承諾はいらないと思っていたのですが、知り合いから必要と言われてわからなくなってしまいました。
よろしく御教授お願い致します。

Aベストアンサー

 自己の共有持分は、他の共有者の承諾を得ること無しに処分することができます。
 抵当権を設定しているというのが、A持分についてなのか、それとも土地所有権の全部についてなのか分かりませんが、いずれにせよ抵当権の有無に関係なく、B持分の移転登記につき、Aの承諾書は必要ありません。

Q【人生ってあっという間じゃないですか?】 100年ってあっという間ですよね? このままだとやり残した

【人生ってあっという間じゃないですか?】

100年ってあっという間ですよね?

このままだとやり残したこと山盛りでこの世を去りそうな気がします。

あなたのやり残して死にそうなやり残したことを教えてください。

Aベストアンサー

無いです。

いつでも迎えに来てくださって結構です。
家族、友人、同僚など、出会いに恵まれた素敵な人生でした。
そろそろ終活始めています。58歳ですが…

あっという間ですが、素晴らしい間だと思います。
これ以上長くても、困りそうです。

高校のクラスメイトが、16歳の若さで亡くなりました。
さぞや、無念だったことと思います。
彼女よりも40年以上生きることが出来て幸せでした。
彼女にたくさんのお土産話を持っていこうと思います。

Q仮処分権利者が遅れる登記を単独抹消するときについて質問です。 1 所有権移転 A 2 処分禁止仮処

仮処分権利者が遅れる登記を単独抹消するときについて質問です。

1 所有権移転 A
2 処分禁止仮処分 B
3 抵当権設定 C
4 抵当権設定 D
5 所有権移転 E

この時、勝訴判決によりBがAの所有権を移転するときに、Bは遅れる登記のC,D,Eを単独抹消できるかと思います。
その際、これらの抹消登記は一括申請できるのでしょうか?
詳しい方、ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一括申請はできません。登記の目的、当事者が違うからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報