1級をできれば独学で取得したいと思ってます。

独学なんて自分にはとても無理、とはわかってますが、
学校に行く時間確保が現実無理なので、
独学でチャレンジしてみようと思いました。

Q1:独学・学校、どちらでしょう?
Q2:何年目で受かりました?
Q3:一日何時間勉強してましたか?
Q4:一日何時間勉強時間を確保するのがベストだと思いますか?
Q5:学習時間確保のために工夫したこと
Q6:オススメの勉強方法、参考書、問題集、など。

その他アドバイスご意見お願いします。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

独学で合格した方の体験が紹介されています


【All about 昨年一級建築士に合格しました https://allabout.co.jp/gm/gc/430393/

A 回答 (8件)

設計の仕事をしている者です。

一級建築士です。
Q1:独学・学校、どちらでしょう?
   N建学院に通学しました。
Q2:何年目で受かりました?
   1年目で学科合格、2年目で製図合格です。
Q3:一日何時間勉強してましたか?
   平日は夜9時頃から深夜2時頃まで(4~5時間)
   休日は学校の授業を合わせて、12時間程度だったと思います。
   勉強を開始したのは、試験年の前年の10月ごろだったと思います。
Q4:一日何時間勉強時間を確保するのがベストだと思いますか?
   量より質だと思います。でも、最低3時間程度、1年間は勉強しないと無理かな・・・。頭のいい人はもっと短くても大丈夫でしょう。
Q5:学習時間確保のために工夫したこと
   仕事を早く終わらせる工夫を色々考えました。
   凝り性なので、図面製作等に時間が掛かっていたのですが、受験勉強中は効率最優先で仕事をしてました。
   また、プライベートで遊びに行くことはまったく無かったです。勉強漬の2年間でした。
Q6:オススメの勉強方法、参考書、問題集、など。
  予備校の問題集が良かったです。たぶん3~4回したと思います。
  それから、〈一級建築士受験〉スーパー記憶術 重要事項600 / 原口秀昭 も試験前に読みました。ゴロあわせで、試験の重要項目を暗記できます。勉強に飽きた時や、通勤時間等でも効率よく勉強できるので、お勧めです。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31381172
    • good
    • 5

Q1.N学院に通いました。


日々の試験結果などが貼り出されるので私には非常に刺激になりました。

Q2.1年目です。

Q3.大体3~4時間程度

Q4.どれだけやっても完璧!なんていかないから、そのときその状況によるのではないでしょうか?

Q5.日常すべてにメリハリをつけることではないでしょうか?何もかも我慢するのもストレスが溜まるので、上手に気分転換も必要と思います。

Q6.私は過去問題を丸暗記ばかりしてて応用が利かなくて失敗しそうでした。一つ一つの問題をきちんと理解して進むことが大事ではないかと思います。
ちなみに丸暗記ばかりしていた私はN学院での成績は非常によかったけれど、学校に通わずに一問ずつじっくりと勉強していた友人のほうが、合格点は良かった。トホホ・・
学科はともかく製図は学校に通ったほうが良いのではと私の周りの資格取得者は申しております。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
回答いただいた8名の方全員に、ここでまとめて(ごめんなさい)、
お礼を述べさせていただきます。

非常に参考になりました。
自分の性格・生活からしても独学は厳しいだろうとは思ってましたが、
予想以上(通り)の厳しさを実感しました。

経済的理由が一番大きかったのですが、とりあえず今年は貯金して、
来年(今年の10月以降から)学校には通おうと思います。
それまでは下準備(特に構造の基礎知識など)を独学していようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/21 05:21

Q1:学校


近年資格学校は国の作る試験問題を上回る知識を生徒に与え資格学校のレベルに出題者が合格ラインと人数をあわせているようにも感じ取れます。これはN学院のように圧倒的な合格シェアを占める為には学内のみの競争に勝てば合格できるよう学校側が考えているためです。逆に言うと資格学校に通わなければ合格できる可能性は少ないと言うことです。仮に資格学校に通う生徒を上回る知識を持っていても資格学校の合格ラインにいる生徒が間違う問題に時間をかけて勉強し正解しても、資格学校の生徒が正解する問題を落としてしまうともともこもありません。

Q2:独学1年+学校に行った年に合格
独学で真剣に勉強し学科合格ラインの一歩手前までできましたが、それから独学で点数を伸ばす術が考えつきませんでした。過去問だけでは設問の枝を絞れても最後の詰めができないことを痛感した。

Q3:学科は学校に行っただけ。製図は1日5時間位
20代で学校に通った為、学校で集中して抗議を受けるだけで身に付いた。(今ではそうはいかないかも・・・)

Q4:一日何時間勉強時間を確保するのがベスト?
まとまった時間を確保するのは難し場合断片的にできる学習とじっくり参考書、法令集等見て行う学習をうまく使いわけるとよいでしょう。1日2時間毎日と言ってもなかなか出来ないものですよね。

Q5:学習時間確保のために工夫したこと
学科試験は前期のように特にありませんが、製図の試験勉強は短期集中で寝る暇を惜しんで勉強した。1日睡眠時間3時間ぐらいを1ヶ月くらい続けた。

Q6:オススメの勉強方法、参考書、問題集、など
独学なら、試験まで時間がある時期は出来るだけ広く知識を求め、直前になってくると新しい知識は求めず、今ある知識の理解を増すことに専念する。いかに最初に風呂敷を大きく広げられるかも知識の充実に繋がります。
    • good
    • 13

A1:S資格学院


学科に関しては独学でも問題無いと思います。
私は問題集を徹底的にやり、正直学校は遠かったのであまり行きませんでした・・・。
製図は人によって進め方が様々なので、自分のやり方を確立するためにも、何かしらの講習などには参加した方が良いと思います。

A2:大学卒業後2年実務の受験1年目

A3:学科毎日3時間
始めたのは1年半前からですが
実質は受験3ヶ月前から詰め込みました。
製図学校以外で週1枚の図面学校の課題と宿題合わせて週3枚描いていました。

A4:勉強のやり方さえ確立できたら、そこまでの長時間は必要無いと思います。確率するまでが時間かかりますが・・・。

A5:会社など周りの協力だと思います。
私は特に自分に甘いので、周りから色々と言われやっと机に向かってました。
学校の先生も言ってましたが、自分のためというよりも誰かのためにと思っている方が、ヤル気が出ました。

A6;たくさんの人に話を聞き、とりあえず実践してみる事だと思います。
やるべき事が多いですから、出戻りで時間を浪費するのが一番の無駄だと思います。自分のやり易い勉強方法を見つけられれば、合格でいるのではないでしょうか。
    • good
    • 13

学校に行く時間がないということは、独学でも時間がないということではないのですか?


通学にとても不便なところに住んでいるか、勤めているかなのですか?

講習費が出せないというのでなければ、インターネット講習をやっているところもあります。有名校の日○学院なんかも始めたと聞きました。

私は学校に通ってとりましたが、確か11月から講習は、始まっていたので、もう始めないと‥‥

Q5:一人暮らしをしていたので、家事(炊事後片付け)の時間がなくなるように、ファミレスのカウンターで夕食をとり、コーヒーをのみながら、翌日1時くらいまで勉強しました。掃除洗濯は、休日の日にまとめてやっていました。バイトに兄ちゃんが気を配ってくれていたのに感謝しています。

Q6:やはり基本は過去問。
5年分の過去問を確実に習得したら、応用問題をうやって見ましょう。

自分で取得してみた感想としては、学校のカリキュラムは素晴らしかった!というところですかね。

頑張ってください。
まずは問題になれることです。
模擬試験も忘れずに受けてください。
模擬試験内容以上に大切なのは、
試験会場の雰囲気になれることです。
    • good
    • 5

私はほぼ独学でとりました。


若干条件が特殊な部分がありますが、参考になれば幸いです。
大学は土木工学科卒業。
仕事は建築設備工事会社で空調・衛生設備の設計・施工管理。
建築そのものの設計は全く経験無し。
図面は、設備の設計図・施工図を描くために建築図のトレースは経験有り。(まだCADではなく手描きの時代でした。)
これで、いきなり一級を受けようというのだからかなり無謀。
A1:独学+短期の講習
A2:3年目
A3:学科は通勤電車内で1時間程度、製図は休日のみ
A4:できれば2時間程度
A5:職場や周囲に「試験受けます宣言」をして協力してもらう(最初は無理・無謀!と笑われた)
A5:学科は独学でも何とかなるが、設計製図は経験がないと難しい。短期でも良いから講習を受ける。とにかく沢山図面を描いて経験者に評価してもらう。

以上です。
    • good
    • 9

1 独学


2 3年目
3 帰宅が0時 その後3時まで 勉強開始は5月から
4 時間よりも、過去問を一年分二教科程度
5 週末に一日に二年分の過去問をやること
6 過去10年分の問題を繰り返しやること 10年分を3回やって8割正解できれば合格すると思います。
    • good
    • 13

Q1:1年目は独学で望みました。

受けた年は特に難しい年で、過去問は通用しませんでした。半分しか点が取れませんでした。
独学の限界を感じて2年目はS資格へ通いました。
はじめから学校に通えばよかったと思っています。(2年目もうっかりミスなどで数点に泣きましたが…)
Q2:3年目です。
Q3:2年目は毎日2時間以上勉強しました。ですが、3年目はいろいろ覚えたせいか1時間~2時間です。
Q4:それまでの基礎知識にもよるのかなぁ。
Q5:睡眠時間をけずるしかないのかな…。仕事は別として、家事などはそうとう手伝ってもらいました。
Q6:S資格の参考書や問題集はよかったです。オリジナル問題集は使わないのに捨てられず、まだあるんですけど…。

2級受験経験者ですが、独学で学科はいけたので、そのつもりでいましたが、1級は想像以上に厳しいです。
また、製図は仕事でやっているとはいえ、おとしどころ(?)など、学校へ行かないとやっぱり難しいと思いますけど。

独学者のHPです。
http://www.ura410.com/

http://www.kentikusi.com/

http://bobbysnote.fc2web.com/

http://www.1kyuu.com/index.htm

http://www.archicom.co.jp/olkogi/olkogi.htm

参考URL:http://www.ura410.com/
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日建学院か総合資格学院か…迷っています。

経験者や詳しい方に質問です!
実際の学校名をあえて出しています!
この2校が一級建築士の通学講座では抜き出てると思うし実際私はこの2校で迷ってるからです。
私の説明から…2006年に受験資格(建築系大学卒→実務経験2年)に達する今は設計事務所でアシスタントとして働いています。

最近教えてgooで一級建築士の勉強について質問しました。その中で私なりに調べて行って通学で学校に通うなら日建学院or総合資格学院か?というところまで考えています。
が!どちらの学校もお互いの悪口をいったりして…正直ちょっと解らなくなっています。
学科&製図のセットにしようと思うのですが基本的な事は営業の方に聞いて知っているつもりです。自分でも見学にもいきました!
けどやっぱり経験者の方等に良いアドバイスを貰いたくて質問しています!
私は関西(仕事は大阪のミナミ方面です)ですのでその辺も踏まえて、ぶっちゃけ私の条件だとこの2校に絞られると思います。自分ではやる気あるのでどちらにいっても合格を目指せると思うのですが…(両方の営業の方に最後はやる気、みたいな事いわれました)
日建も資格学院も準備講座(本講座前の基礎固めらしいです)が始まるのでそれまでに決めたいと思っています。長々となりましたが大事な事だと思いますので解る方お願いします!!!

むしろどちらかの営業の方もこれをみたら書き込んで下さい!!!

経験者や詳しい方に質問です!
実際の学校名をあえて出しています!
この2校が一級建築士の通学講座では抜き出てると思うし実際私はこの2校で迷ってるからです。
私の説明から…2006年に受験資格(建築系大学卒→実務経験2年)に達する今は設計事務所でアシスタントとして働いています。

最近教えてgooで一級建築士の勉強について質問しました。その中で私なりに調べて行って通学で学校に通うなら日建学院or総合資格学院か?というところまで考えています。
が!どちらの学校もお互いの悪口をいったりして…正...続きを読む

Aベストアンサー

この2校は、現在どちらがトップといっても間違いではないくらいの実績はありますね。

私が聞いたところによると、学科では、Nは、DVD講習。Sは、講師による講義だそうです。
Nの利点は、多くの専門家がチェックし、漏れのない間違いのない講義が受けられること。欠席しても同じ条件でDVDが見れること。などが上げられます。
Sの利点は、講師による講義なので、分からないところの質疑がその場でできること。講師の持っている裏情報が生の声で聞けるなどです。しかし、常識のない生徒が同じクラスにいると、授業が進まず、最後まで終わらずに終了になることがあると聞きます。

2次試験は、担当の講師次第ですね。どちらも条件は同じだと思います。学校の仲間と両方に分かれ、情報交換しながら課題をこなすとさらにレベルアップするのではないでしょうか。

以前私が通っていた頃は、Sは借り教室だったので、欠席して宿題をもらうのに、次の授業まで受け取れないのに対して、Nは固定教室を常駐しているので常に事務局があり、そこに行けばいつでももらえるという違いがありましたが、最近はどうなのでしょうか?

どちらにしても頑張ってください。

この2校は、現在どちらがトップといっても間違いではないくらいの実績はありますね。

私が聞いたところによると、学科では、Nは、DVD講習。Sは、講師による講義だそうです。
Nの利点は、多くの専門家がチェックし、漏れのない間違いのない講義が受けられること。欠席しても同じ条件でDVDが見れること。などが上げられます。
Sの利点は、講師による講義なので、分からないところの質疑がその場でできること。講師の持っている裏情報が生の声で聞けるなどです。しかし、常識のない生徒が同じクラスにいると、...続きを読む

Q今の時期から勉強はじめて一級建築士合格した人いますか?

タイトルとおりなのですが、今の時期から本格的に勉強を始めて、その年の一級建築士に合格した方がいましたら、お聞きかせ下さい。
・この始めた時、どのくらいの知識?がありましたか?
・試験までどのくらいの勉強をしていましたか?

Aベストアンサー

#1です。

質問文から想像してしまったことが、今からやったって間に合う訳ないし・・・どうせだめなら受験料だってもったいないし・・・
と逃げまくる人がけっこういるので、その類かと思ってしまいました。すいません。

では、私の例を書かせて頂きます。
ゴールデンウィークまでは、手元に法令集すらなかったので今の時期は勉強する体制も整っていなかったということになります。

私は、独学だったので、誰かが作った勉強スケジュールに則って勉強することができません。
なので、自分できちんと計画を立てて勉強しました。
そして、その計画は必ず実行する。
一日一日毎の計画だと、無理が生じてきたときやる気がなくなってしまう質なので、1週間ごとに試験までの計画を立てました。
自分に科したノルマを果たすためには、徹夜だってしましたよ。一睡もせず、エスタロンモカと友達になりながら朝を迎えてそのまま仕事に行って妙にテンションが高かった日も数え切れません。
脈が妙に速かったり、変な汗は出てくるしで結構大変でした^^;

質問者様は、資格学校に通われているが、あまり行けずテストも溜まっているんですよね?
いつかやろう、いつかやろうと思っていませんか?
資格学校の合格スケジュールで勉強しているということは、資格学校にきちんと通えている人より遅れていることは間違いありません。
ここで確認するまでもなく、遅れています!

もっと自分を律し自分を管理していかなくてはいけないと思います。
いつかやろうと思っているものは、試験までできません。
今すぐ、きちんと計画を立て直し今すぐ実行する。
これが一番ではないでしょうか?

毎週、毎週自分が追い込まれていく訳ですから、はかどらないと思っている勉強もはかどりますよ。
徹夜なんてしたくないですからね。

私は、自分をしっかり管理し、コントロールできた人が合格できると思っています。

そういう私も、今年は製図のために、自分をしっかり管理しコントロールしないといけないんですけどね・・・
去年は、製図だけ資格学校に通ったんですが、自分で管理、コントロールができていなかった(資格学校まかせにし過ぎた)ため敗北しました。
同じ失敗は2度したくないし、来年学科をまた受けるのも嫌だし、もうエスタロンモカと付き合いたくもないので頑張ります。

#1です。

質問文から想像してしまったことが、今からやったって間に合う訳ないし・・・どうせだめなら受験料だってもったいないし・・・
と逃げまくる人がけっこういるので、その類かと思ってしまいました。すいません。

では、私の例を書かせて頂きます。
ゴールデンウィークまでは、手元に法令集すらなかったので今の時期は勉強する体制も整っていなかったということになります。

私は、独学だったので、誰かが作った勉強スケジュールに則って勉強することができません。
なので、自分できちんと...続きを読む

Q一級建築士試験 独学の勉強法

一級建築士試験 独学の勉強法


一級建築士試験を独学で勉強された方の多くが、過去問をひたすら何回も解いたと回答されています。

そこでその学習方法というか、学習スタイルというものをもう少し具体的に教えて頂けないでしょうか?

例えば、

過去問を1題1題コピーしてノートに貼って、一つ一つ参考書などを使って理解しながら勉強した・・・

細かいところは気にせずに、問題と解答を覚えるような感じで問題を解いていった・・・ 等々


是非、独学された方の学習方法を参考にさせて頂ければと思っています。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

今年度、50点程度から直前一週間毎日15時間勉強して、自己採点結果105点程度まで上げた者です。

勉強法は、科目ごとに異なるべきかもしれません。

IとIIIは、テキスト等を読む必要はあまりありません。ただ問題を解き、間違えたところの解答を見て理解すればOKです。
内容もしくは条文箇所を知っているか否かの勝負なので勉強にも工夫はいらず、問題演習の積み重ねだけで大丈夫だと思います。ただし、IIIにはかなりの勉強時間を取られると思った方がいいかもしれません。私はおそらく直前の勉強時間の約半分はIIIの勉強時間に取られました。


IIとIVとVは、私はアウトプットよりもインプットが大事と考えました。
皆が過去問を重視するのは、出題歴のある重要箇所のみに着手できるから。でも、関連事項との語句や数値の入れ替え等の選択肢が多いII、IV、Vについては、過去問ベースで断片的に知識を獲得していくよりも、テキストで全体像を把握しながら類似事項や関連事項の比較をしながら学習した方が色々な問題に対応しやすいように思います。

私はまず、それぞれの科目について、テキストを読みながら重要と思われる箇所をノート見開き3ページ程度ずつにまとめました。(友人等から入手可能であれば、過去の出題箇所がわかりやすい総合資格のテキストがかなり便利です。)で、そのノートを丸暗記。3科目で計見開き9ページしかないので、丸暗記できるはず。
その後、昨年の過去問および友人から入手していた今年の模試(2回分)に着手。間違えたところは解答を読みました。時間が足りなかったのが原因ですが、結果として問題演習は3回分しか行っていないことになります。でも、本試も含め、II、IV、Vそれぞれについて、見開き3ページ分の中から十分合格に必要な点数分の出題がありました。もちろん全く聞いたこともない内容の選択肢も多くありましたが、正解さえわかれば他の選択肢がわからなくてもいいと割り切れれば、いちばん無駄なく得点につながる勉強法だったと思います。

あくまで参考意見ですが、個人的には繰り返し同じ問題を解くことはあまりお勧めしません。
全く同じ問題は出題されない以上、内容理解ならばテキストの方が効率的で、アウトプットという意味では新しい問題に着手したほうが知識に幅ができると思いますよ。

今年度、50点程度から直前一週間毎日15時間勉強して、自己採点結果105点程度まで上げた者です。

勉強法は、科目ごとに異なるべきかもしれません。

IとIIIは、テキスト等を読む必要はあまりありません。ただ問題を解き、間違えたところの解答を見て理解すればOKです。
内容もしくは条文箇所を知っているか否かの勝負なので勉強にも工夫はいらず、問題演習の積み重ねだけで大丈夫だと思います。ただし、IIIにはかなりの勉強時間を取られると思った方がいいかもしれません。私はおそらく直前の勉強時間の約半分はII...続きを読む

Q1級建築士試験の持ち込み法令集の書き込み限度について

今度1級建築士を受けるものです。
法令集の書き込みについては、過去にいろいろと質問と回答がなされていますが、知りたい情報がなかった(あるいは見逃した)ので、お手数ですが経験者の方や専門家の方など、アドバイスいただけると幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。

知りたいのは、記号の書き込みについてです。
具体的な例でいいますと次のようなことです。

>耐火性能検証法において、「耐火性能関係規定に該当する」すべての条文に、それぞれの条文の上の空白部分に、ハートや星といった文字ではない記号を付ける

こういった行為は、法令集の書き込みの制限として違反となりうるのでしょうか?
耐火性能検証法だけでなく、いろんな検証法についても同様のことをいたいと考えています。

お手数ですが、どうかご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

小生が受験をしていたころと現在と解釈に違いがあるかもしれませんが(昔は少々のEXP的なマンガとか書き込みをしても黙認してくれたし、それほどがっちり試験場で確認しなかったように覚えております)

基本的には、解説もどきの文章を書き込まない限り大丈夫でしょう。
記号(たとえ暗号でも)、関連法文ページナンバー、マーカー、付箋(インデックス)、等の類は全てOKです。

ついでに建築法規受験の秘策を教えちゃいましょう。
 試験当日には、法令集を2冊持ち込みます。
 一冊は、書き込みが認められている範囲内のもの
 もう一冊は、内容的に微妙な書き込みをしてある物

試験開始前に、試験官が、法令集の書き込みのことを必ず説明します。違法な書き込みをしたものを使用していたら、カンニングとみなし以後の受験ができなくなりますよ~という注意喚起をしているはずです。自分で判断がつかない方は今申し出てください~といいますので、そのときにジャッジしてもらうといいでしょう。

OKであれば、勿論そのまま使う。
NGなら、バックにしまう。そしてもう一冊の法令集を使用する。

ちなみに受験の経験者としてアドバイスをさせていただきますと、法令集の書き込みに時間を費やすのは無駄です。法令集でも関連法令のページを書いてある物も売っていますし、インデックスもどこかで売っていた若しくは雑誌のおまけ?ような気もします。せいぜいその程度にとどめ、後は過去問題を法令集を開きながらこまめにやったほうがはるかに確実で効果的です。

本番では、法令集なんて使っている暇はないですよ。大雑把に言えば、60%は法令集なしで答える。30%ぐらいは答えが絞り込めない時に確認するために法令集を開く。
のこり10%は答えがまったく絞り込めず、法令集ありきで正答をひきだす。
こんなかんじじゃないでしょうか?法令集がマーカーだらけになってしまうと逆に気が散って使いづらいと感じますが・・・。

小生が受験をしていたころと現在と解釈に違いがあるかもしれませんが(昔は少々のEXP的なマンガとか書き込みをしても黙認してくれたし、それほどがっちり試験場で確認しなかったように覚えております)

基本的には、解説もどきの文章を書き込まない限り大丈夫でしょう。
記号(たとえ暗号でも)、関連法文ページナンバー、マーカー、付箋(インデックス)、等の類は全てOKです。

ついでに建築法規受験の秘策を教えちゃいましょう。
 試験当日には、法令集を2冊持ち込みます。
 一冊は、書き込みが...続きを読む

Q技術士と一級建築士はどっちが難しいの?

私の会社には技術士をもっている人がいて、友人の会社は一級建築士を持っている人がいるようです。
はっきり言ってどちらの資格が難しいのでしょうか?
興味本位ですので暇なときに回答ください。

Aベストアンサー

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています。
ただし、建築というのは芸術性も求まられることから、芸術性が技術士に比べれば比重が大きい資格であるといえます。

建築士というか建築家の中には技術者側面よりも、芸術家側面の方が強い人も多くいます。
大学教育においても芸術学部でも工学部同様建築士の受験資格が与えられるところもあります。

以上のように建築士という資格は技術系の資格としては特殊なものとなっています。

しかし、技術士法が作られたとき既に建築士制度はありましたので、建築は技術部門として除かれたのだと思います。

私自身はゼネコン経験者なのですが、身の回りを見ると引用させて頂いたような気持ちを持っている人が多くいることは、正しいと思います。

また建築士の中でも芸術的職務の傾向が強い意匠設計者から構造設計者や設備設計者が下請で仕事をすることが多い関係上いう、技術者を下に見る傾向が強い人も多くいるということを付け加えさせてただ来ます。

逆に技術士は、建築士のように職業を独占できる資格ではないため、受験者数が少なく、また建築士に比べて歴史も浅いため、建築士ほど知名度の高くなく、取得者数は少ないです(同様に博士号に比べても)
そのため希少価値をもって上と見なす人もいるようです(なお、建築士有資格者は本来のその資格に対する需要に比べて多すぎて、資格の価値が低下している)。

このように近くて非なるものってライバル意識が強いというのは建築土木に限らず同様に存在すると思います。


なお、あくまでも個人的な資格に対してのイメージですが、建築士は運転免許に近いものがあります(難度は違いますが)。

自動車免許を持っている人を自動車運転の専門家といわないように、建築士の資格を持っていることイコール建築の専門家ではありません。
建築士の取得は建築設計・監理を行うためのスタートラインについたことを示す程度の資格(ライセンス)だと思っています。ちなみに運転免許証同様かなりの数のペーパー建築士がおります。

一方技術士は試験内容からいって、今まで行った業績に対しての1種の評価書であり、この点は論文に対する評価を行う博士号に近いものがあります(近いので技術士と博士号に比較はわりと耳にしますが、かなり異なる建築士と博士号の比較はあまり聞きません)。


>私が知りたかったのは、この程度のレベルで、技術士と一級建築士にはどっちに多く票が集まるだろうと言うことです。

ということでしたら、個人的には技術士の方が難しい資格だと思います。

建築士はその制度上、職業的独占権を有している関係上、資格取得者が0になったら、日本国内で建築の設計は行われないことになります。だから誰かに与える必要があります。
一方技術士は名称独占権はありますが、職業的独占権はないので(入札条件などで求められることはありますけど)、技術士という資格取得者がいなくとも、それを行える能力技術者がいれば、問題なく行えることになっています。

以上のように建築士は、建築設計及び監理を行う上で必要最低限必要な知識・技能を持っていることを確認して、許可を与えるための資格で、資格取得時点では技術者として最低限必要なラインをクリアしていることを示している程度ですが、技術士は「高等の専門的応用能力を必要とする事項」についての能力があることを示すための資格で、通常の専門能力がある程度では与えられない資格だからです。

ただし、私の身の回りでは、建築出身で建築士・技術士の両方を取った人はかなりいますが、土木出身で両方を取得した人はほとんどいないので、建築出身者にとっての技術士に比べて、土木出身者に取って建築士は敷居が高い資格なのかもしれません。
個人的には技術士の方が取得が難しい資格と思っていますが、このあたりの状況から劣等感が生まれて、技術士の方が上という見なしたいという心理が土木系の人に働いて、上と見なそうとしている傾向もあるように思います。


>本当はもっとゴシップ程度にどっちが上か聞きたかっただけなのですが・・

かなり前に聞いた噂話です、正しいかどうかわかりませんが(下手すると名義貸しに引っかかるかもしれないので今はこのようなことはしていないかもしれません)、定年退職後顧問などで勤めた場合の有資格に対しての報酬で、技術士7万、環境計量士3万、宅建1万、建築士0というのが相場だったそうです。

資格だけの稀少価値からいうと建築士は、技術士どころか誰でも受験できる宅建より低く、無価値に近い状況のようです。

ちなみに私が勤務していた会社の資格に対する給与制度でも技術士の方が上になっていました(ちなみに博士号は技術士と同じ扱い)。

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています...続きを読む

Q一級建築士の実務経験について

一級建築士の受験の際に必要な実務経験について、どなたか教えてください。
私は、H20年3月に4年制の指定大学を卒業したので2年間の実務経験が必要なのですが、その実務経験が新規定になってから厳しくなったと聞き自分に受験資格があるのか不安です。今年、2級に合格したのでここまま1級に挑戦したいとおもっています。

HPには、
『建築物の建築工事の実施のために必要な図面及び仕様書(設計図書)を作成することを指し、図書の直接的な作成だけでなく構造計算や建築積算等も含まれる。』
と書いてありました。

私の職は、肩書き的にはプレハブ住宅会社の営業事務です。
ただし、業務内容の一部には、会社専用CADマシーンで図面、仕様書を作成しています。しかしながら、構造計算や建築積算はプレハブなので機械(CADマシーン)がやって自動計算しますので知識としては全くありません。私はたまたま建築学科出身ですが、全く建築知識がなくとも機械の入力さえ覚えれば図面作成はできてしまうというもので、現に他の同じ職種の社員は建築出身者はいません。はたして、実務経験として認定してもらえるのでしょうか。
また、会社の管理建築士から書類を書いてもらえさえすれば実務として認定できるのでしょうか?(書類の書き様で・・・)


会社に聞けば一番早いとは思っているのですが・・・
まだ自分の中で受験するか決まっていないので(受験するとしたらそうとな覚悟が必要だと思うので・・・)社内で噂になるのをさけたいのです(T-T)
割と建築出身者がいない会社なので、2級受験の際も実務経験なしで受験できたことに多少ですがひがみとかがあったので・・・

一級建築士の受験の際に必要な実務経験について、どなたか教えてください。
私は、H20年3月に4年制の指定大学を卒業したので2年間の実務経験が必要なのですが、その実務経験が新規定になってから厳しくなったと聞き自分に受験資格があるのか不安です。今年、2級に合格したのでここまま1級に挑戦したいとおもっています。

HPには、
『建築物の建築工事の実施のために必要な図面及び仕様書(設計図書)を作成することを指し、図書の直接的な作成だけでなく構造計算や建築積算等も含まれる。』
と書いてあ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

建築士の受験資格はかなりアバウトなので、悩まれるお気持ちはよく分かります。今回の法改正の主旨は、耐震偽装問題への対応として、本来貴方のように営業事務職にある方を受験資格者から除き、純粋な「建築設計者」を育てよう、という意図があったのですが、結局は形骸化してしまい、現在のところ厳格には運用されていません。

学歴要件は明確に規定されていますが、実務経験は非常に曖昧です。あなたのおっしゃるように「書き様」です。また万が一、貴方の会社の管理建築士が書類の捺印を拒否した場合でも誰か一人、知人の建築士が「はい、確かに設計していたと私が保証します」とさえ書けば、それでOKです。

以下、実務経歴証明書の欄を抜粋:

実務経歴証明書は以下のいずれかの条件を満たしたものを提出すること。
証明者は、原則として、所属する建築士事務所等の管理建築士又は実務経歴を証明できる建築士とすること。
http://www.jaeic.or.jp/1k-youryou3.htm


要は役所仕事なので、あくまで受験者の自己責任において受験資格を証明してあげればOKなのです。国土交通省は自身の責任を回避したいだけなので、その逃げ場さえあれば問題ない、というスタンスです。

ましてや貴方の場合、業務として図面・仕様書を作成されているとの事ですので何の問題もありません。

法改正後の実務経験要件のうち、

◎設計・工事監理に必要な知識・能力を得られる実務
建築物の設計(建築士法第21条に規定する設計をいう。)に関する実務<建築物の建築工事の実施のために必要な図面及び仕様書(設計図書)を作成することを指し、図書の直接的な作成だけでなく構造計算や建築積算等も含まれる。>

とは、全て行う必要がある訳ではなく、その一部に関わっていれば良い、という事です。建築事務所であっても、図面や仕様書は作成するが構造計算や積算は外注、というところはたくさんありますので大丈夫です。

建築設計業を営む立場としては、制度の趣旨どおり、営業職にある方が一級建築士資格を取られることには賛成致しかねますが、取れるものは取らなければ損、せっかくなのでがんばってください。

一級建築士の勉強は二級とは比較になりませんので、試験に向けて会社の方々の協力が得られればよいですね。

こんばんは。

建築士の受験資格はかなりアバウトなので、悩まれるお気持ちはよく分かります。今回の法改正の主旨は、耐震偽装問題への対応として、本来貴方のように営業事務職にある方を受験資格者から除き、純粋な「建築設計者」を育てよう、という意図があったのですが、結局は形骸化してしまい、現在のところ厳格には運用されていません。

学歴要件は明確に規定されていますが、実務経験は非常に曖昧です。あなたのおっしゃるように「書き様」です。また万が一、貴方の会社の管理建築士が書類の捺印を拒...続きを読む

Q2級建築士の勉強方法について。

はじめまして。よろしくおねがいします。

去年、独学で受けたのですが、全く駄目で今年もうけようと思ったのですが、自信がなく来年にしようと思っています。

今まで独学で勉強をしてきたのですが、各学科をある程度までは理解ができたとしてもある一定期間1学科をして(例えば法規かた計画へなど)次に違う学科をしても忘れてしまって、なかなかうまくいかなんです。

みなさんどのように繰り返し勉強されているのでしょうか?

また過去問は最低何回されていますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

学科試験は基本的に問題集を解きましょう。一日時間くらい毎日やれば大丈夫でしょう。試験問題を覚えるくらいやれば通るでしょう。

例えば、AはBである。という問題が一度出たとします。しかし、その次の年以降に、AはBではない。とい問題が出ることも有るのです。つまり、焼き直しがよく出るのです。ですので♯3さんの言うとおり何度も解きましょう。そうすれば通りますよ。

頑張ってください。

Q35歳から、建築士をめざすには?

35歳から、建築士をめざすには?

お世話になります。
建築関係とはまったく別の世界で生活しています。
が、建築士になりたい!と漠然と思い始めました。
(色々考えていく過程で、その漠然たる思いを
確かなものへ固めて行こうと思っています)

来年で35歳です。
かなりハンデがあると思いますが、頑張ります。
今の仕事を続けながら、資格取得を目指したいのですが
出身学部も違うため、もう一度大学に入り
直さなければいけないのかな?と思っています。

「急がば周れ」だとは思いますが、資格取得まで
効率の良いルートは何だと思いますか?

もしアイデアがあればアドバイス頂けると助かります。

Aベストアンサー

自分は42歳で二級建築士を取得し、さらに一級を目指しましたが
幸いなことにある会社を任されることになって
勉強する時間がなくなって今に至っているんですが

今からでも充分大丈夫ですよ。
実務経験が無いのなら一番早く一級になれるのは
工学部等で建築科を卒業し、卒業後実務一年で一級建築士を受験出来ます。


二級建築士からなら実務経験4年で一級を受験できます。

要はやる気と能力があれば大丈夫です。

頑張ってください。

Q1級施工管理と2級建築士

1級建築施工管理と2級建築士
どちらが取るのに難しいと思われますか?
感覚的でかまわないので、大体で教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

#2です。
なんだ既に1級建築施工管理技師資格をお持ちなら2級建築士ではなく1級建築士を目指して下さい。
今年から1級建築士の学科は1科目増えて5教科、製図試験では、構造及び設備に関する問題が増えます。
当然の事ながら試験時間も1時間増えています。
試験教科は、「計画」「構造」「法規」「施工」「環境設備」です。
「施工」に関しては、1級建築施工管理技師ですので特別に勉強しなくても大丈夫でしょう。
残りの教科は、それなりの努力が必要です。

二次試験の「製図」に関しては、日頃からの練習がかかせません。
試験用のA2判の製図板とT定規、勾配定規等を買ってきて手書きの練習が必要です。
勾配定規にはつまみが付いていて下手な三角定規より使い勝手が良いです。
施工図くらいは引っぱった経験もあるでしょう。
後は、専門書の売っている本屋さんへ行って各種問題集を買ってきて、勉強時間を作って勉強する事が大事となります。
仕事が忙しくてうんぬんは、理由になりませんよ。

建築士試験に関する関係URL
(財)建築技術教育普及センター
http://www.jaeic.or.jp/
上記のサイトは、試験の実施機関です。
受験申込及び資格制度などの大事な情報が書いていますので目を通すようにしましょう。

私が受験したころは、パソコンの無い時代でしたので、製図には苦労しませんでした。
今の時代、図面はパソコンが主流ですので、試験対策には昔以上の練習が必要です。
では、頑張って1級建築士を目指して下さい。
ご参考まで

#2です。
なんだ既に1級建築施工管理技師資格をお持ちなら2級建築士ではなく1級建築士を目指して下さい。
今年から1級建築士の学科は1科目増えて5教科、製図試験では、構造及び設備に関する問題が増えます。
当然の事ながら試験時間も1時間増えています。
試験教科は、「計画」「構造」「法規」「施工」「環境設備」です。
「施工」に関しては、1級建築施工管理技師ですので特別に勉強しなくても大丈夫でしょう。
残りの教科は、それなりの努力が必要です。

二次試験の「製図」に関しては、日...続きを読む

Q昨日,総合資格学院の法令集を買ったのですが,インデックスやアンダーライ

昨日,総合資格学院の法令集を買ったのですが,インデックスやアンダーラインの引き方見本はハガキを申し込んだらどのくらいで届くものなんでしょうか?
近くに総合資格学院があるのですが,直接行けばもらえたりしますでしょうか?
それともハガキを送って届くのを待つしかないでしょうか?
くだらない質問で申し訳ないですが年内に届けば正月にインデックスの作成作業ができるなぁと思い,手元に届くまでの時間が知りたくて質問いたしました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は講座を受けた時に買わされましたので最初から付録は付いておりました。

以前の質疑では葉書を送って待つ、と言った回答を見た事があります。
(一ヶ月位?でしたか、結構長かったような・・・)

お勧めは最寄の総合資格に電話で問い合わせる事でしょう。
講座受講の勧誘をされる事は間違い有りません、そこはあいまいにしておいて取り合えず付録の手配だけしてもらう、予備があればすぐに貰える(買える?)かもしれません。

以降、携帯などにちょくちょく勧誘の電話が来る事になりますが、毅然としてお断りすれば辞めるはずです。
一級の場合なかなか独学では難しいですから、今後御世話になる事もお考えであればお断りする言葉は選びましょう。
勧誘の電話はしつこいです、私の場合うざったくなりつい「仕・事・中!!!、考えて下さい!!!」、なんて怒った事もありましたねえ。

いずれにせよ試験頑張って下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング