最近、テレビで芸能人が、
「○○さんと、お仕事ご一緒させて頂いた時…」
…と、話すのをよく耳にします。
(先日、某テレビ番組において、永遠のマドンナ吉永さんまでもがこのような言い回しをされていたので、非常に驚きました…^^;)

日本語の誤法としては明らかに間違いであるとは感じつつも、この用法が最近ではすでに一般化している為、的確な上記の言い回しというものが思い当たりません。
私個人は、
「○○さんと、お仕事ご一緒した時に…」
…くらいが適度な表現のように感じるのですが。
如何なものでしょう?

この他、今回は「ココが変だよ!」と感じる日本語について、広く皆さんのご意見をお伺いしたいと思います。
(…と、私もここまで書いて自分の日本語に自信がありません^^;)

1.「○○さんと、お仕事ご一緒させて頂いた時…」という表現について。
2.上記の言葉を言い換えるとしたら…。
3.最近、貴方が気になる「ココが変だよ日本語!」について。


質問は上記3点となります。
お手数ですが、どうぞ宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No.7です。



方言を集めているサイト「ほべりぐ」でしらべたところ
やはり名古屋地方で多く使われているようです。

最近は人の交流も多いので方言が若い人にうけいれられることも多いのでしょう。

最近問題になっている「ら抜きことば」も名古屋では標準語(?)です。

また、少しちがった意味で使われていますが「とろい」
も名古屋弁です。

東京地方で良く使われる「~じゃん」というのも、もとは愛知県三河地方の方言だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、ご丁寧にご回答頂きまして、ありがとうございます。
「ほべりぐ」というサイト、初耳でした。
調べてみますと、本当にこのサイトで色々な事が分かりますね。
名古屋というと、「みゃあみゃあ」という猫の泣き声のような語尾が付く事しか印象になく(失礼!)、実際に旅行として出掛けた時、以外にも標準語である事に驚いた私ですが、この他にも色々面白い表現が名古屋にはあるのですね。
ご紹介頂いたサイトで、今後よく調べてみたいと思います。

大変参考になりました。
本当にご丁寧に、どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/14 21:21

No.4 shigure136 です。


「させて頂く」という言葉に【使役】の意味合いを感じるとのことです。
確かに【させる】は【使役】の意味合いを表す言葉です。
しかし、ここの「させて頂く」は、「させる」では無く「させて・頂く」なのです。

相手が私を共演させる(ここは使役)と言ってくださるので、「共演させて頂く」。
相手が私に演じさせる(ここも使役)と言ってくださるので、「演じさせて頂く」ということです。
このように「共演をやらせて頂く」「演技をやらせて頂く」という、あくまでも相手の方に対して謙った心から出てくる言葉というわけです。
決して相手に演じさせるとか共演させるなど、相手に行為を強いる【使役】が連想される使い方では無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、ご回答頂きましてありがとうございます。

お礼日時:2006/01/15 00:02

No.3の方がおっしゃるように最近


「○○でよろしかったでしょうか?」という
言い回しを良く耳にします。

私は名古屋出身ですが、昔からこの言い方があったように記憶しています。専門家でないので分かりませんが
名古屋弁のひとつではないかと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございます。

方言から来る用法とのご指摘。
なるほど、納得です。
余談になりますが、山形の方言でも、電話に出た際、「○○(個人名)でしたー」と言う習慣があるようです。
普通は、「○○です」からね。
私もかつて山形に在住していた際には、びっくりしました。

名古屋には、昔から「○○でよろしかったでしょうか?」という表現があるとの事、初耳です。
ともすると、現代の「○○でよろしかったでしょうか?」は、名古屋弁が源流であるのかも知れませんね。

今回は、ご丁寧にどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/14 19:05

1.「○○さんと、お仕事ご一緒させて頂いた時…」という表現について。


→発言者がその方に対して一緒に仕事したいと頼んだようにも聞き取れます。が、実際はこのケースは少ないので、単に先輩のご機嫌とり・または力関係、あるいは発言者が上品であることを強調しているのかなと考えます。

2.上記の言葉を言い換えるとしたら…。
→「(お)仕事を一緒にした時」程度で十分。

3.最近、貴方が気になる「ココが変だよ日本語!」について。
→まず「~の方(ほう)」を頻繁に使うひとが多いこと。
先日電車で車掌が「優先席の周りでは携帯電話の方の電源の方をお切りください」と言ってました。

更に鉄道ねたですが、終点の駅で「ご乗車出来ません」という言い方をする駅員・車掌が多い。テープの自動放送では「ご乗車になれません」と言っているのにもかかわらずです。

あとは、「~を」と「~が」の使い分けです。
「~が食べたい」でなく、「~を食べたい」が正だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございます。

ご指摘の箇所、まさに納得です。
どうも最近は、「お仕事ご一緒させて頂いた時…」に限らず、総括しての曖昧語というものが多く目に付くのが気になりますね。
ラップ音楽ではありませんが、言葉を音あわせとしてでも見ているのでしょうか。
会話の内容の希薄さを、言葉の引き伸ばしによって成り立たせているようなところも見受けられます。

ただ、lottefan306さんの「~が食べたい」のご指摘を拝見して思い出したのですが、谷崎潤一郎の小説『痴人の愛』などでは、ナオミは「ビフテキが食べたい」と言っているのですよね。
これが「ビフテキを食べたい」となると、会話文としてのナオミの魔性も半減してしまう。
文学で言われるところの美文が、必ずしも正しい日本語文法とは合い重ならないという点は、実に面白いものに思います。

今回は、ご丁寧にどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/14 18:56

1.少しばかり「居心地の悪さ」を感じます。

「仕事」は「ご一緒する」というものではないだろー!と。そもそも「御一緒する」というのは何だ!?と。

2.「○○さんと、一緒にお仕事させて頂いたとき」
「○○さんと、共にお仕事をさせていただいたとき」
など。

3.「感じるのですが。」という終わり方。「~が」というのはそのあとに言葉を続けるときに使うべきだと思うので、「が」で文章が終わると「が?だから何だ?」と訊き返したくなります。あとは「自分の意見について、同意を求める質問形にする言い方」なども気になります。「よくなくない?」とか、ですね。中高年の語尾を上げる言い方も、「はっきり言わんか!」というように気になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、どうもありがとうございます。

Scullさんもやはり、「居心地の悪さ」を感じられるのですね。
私も、「一緒にお仕事させて頂いたとき…」に関してだけは、どうにも、いわれのない胸がムカムカとする感じが抜けないのです。

3のご回答に関してですが、そのまま私の質問文に関する事ですね^^;
お恥ずかしい限りです。
しかし、考えてみれば、言葉の乱れには、インターネット等の、会話中心の文字のやりとりも、少なからず影響しているのかも知れませんね。
私の平素の文章は、ともすると人から堅過ぎると言われかねない代物なので、どうも、ネットでの文章は、意図して軽く書こう書こうとの意志が強く働きます(…と、単なる言い訳です)。

以前購読していた雑誌にも、大学教授か何かが、横書きと縦書きでの文章内容の異なりが指摘されており、その説では、日本人が、横書きで物を書くと、どうにも内容が軽くなるのだそうです。
中々、ためになる面白い見解でした。

今回は、ご丁寧にどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/14 18:40

この言葉遣い自体はあまり問題ないように思います。


「○○さんという方が非常に偉い方、目上の方である場合、本来は一緒に仕事をするなどとんでもないところを、一緒に仕事をさせて頂いた」という最大級の敬意の表現、感謝の表現だと思います。

「お仕事」「ご一緒」「させて頂く」などはさほど問題ないのですが、言い回しは下記のように言い換えるほうが聞き易いかもしれません。
「○○さんと、一緒にお仕事をさせて頂いたときに」の方が適切ではないかと思います。

さらに、
「○○さんと、お仕事ご一緒させて頂いた時・・」で少しおかしいのは、「○○さんと、お仕事【を】ご一緒させて頂いた時・・・」と、本来入るべき【を】が抜けているところではないでしょうか。

日本語は乱れに乱れ、気になる日本語を数え上げればきりが無いほどです。ここで取り上げればきりがありません。しかし、金田一先生もおっしゃっておりましたが、言葉は時代と共に変わってゆくものだから、気になる言葉もそれはそれで正しいものになる。平安時代の人々が今の日本語を耳にしたら嘆くのと同様に、今の人が若い人の言葉遣いや、変な日本語を嘆いても仕方の無いことかもしれないという見解も一理あるのかもしれません。少しさびしく思いましたが・・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、どうもありがとうございます。

最大級の敬意の表現、感謝の表現であるという見解は、ごもっともなのですが、少々気になるのは、相手方が天皇、皇族の類の、上流階級でないという点なのです(こんな考え方、古いでしょうが…)。
上記表現においての、「~させて頂く」には、謙譲の意味というよりは、使役の意味合いの方が強いのではないかと、私自身は感じておりまして、そこに、非常な不自然を感じてしまうのです。

shigure136さんの改定案になると、確かに、先のものより耳には心地良いですね。
また、No.3さんと同様、「てにをは」のご指摘、納得です。

時代とともに言葉は変遷するものですが、美しい日本語表現は、後の世にも残して行きたいものです。
ただ、その言葉の裏づけとなる文化が今の日本には、もはや残されていないのかも知れませんね。

今回は、ご丁寧にどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/14 18:28

1.言われてみるとおかしいですが日頃不自然は感じません。



2.「○○さんと一緒にお仕事させて頂いた時に…」
 「○○さんと仕事でご一緒させて頂いた時に…」
ですかね。「てにをは」が省略されている事と丁寧語の繰り返しがおかしいのでしょう。

3.「○○でよろしかったでしょうか?」という言い回し。
「よろしかった」と過去形にする理由がわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、どうもありがとうございます。

日頃不自然は感じないとの事。
もはや、現代日常語録となっているのですね。
その内、「一緒にお仕事させて頂いた時に…」がマナー本の常套句として掲載される日も、そう遠くはないのかも知れませんね^^;
また、「てにをは」の省略に不自然さがあるのではないかとの事。
なるほど、少し納得致しました。

「○○でよろしかったでしょうか?」に関しては、私も最近では、ついつい使いそうになってしまい、危ういところです。
気をつけなくては。

今回は、ご丁寧にどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/14 18:18

1.のご質問に対して


「○○さんと、お仕事ご一緒させて頂いた時…」は、一緒に仕事をする事を○○さんが承諾してくれて感謝しているとの意味があるのではないでしょうか。間違いとは思いませんが。
2.のご質問に対して
 言い換え不要と思います。
3.のご質問に対して
 JRのアナンスでよくある「車掌にお申し付けください」は気になります。申すは謙譲語であり、「申し付けください」は尊大語だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、どうもありがとうございます。

「お仕事ご一緒させて頂いた時…」に関しては、私も、完全には間違いであるとは思わないのですが、些かへりくだり過ぎ、かつ、過剰な謙譲表現であるように伺えるのです。
また、もう少し耳障りのいい表現はないのかと。
私が目くじらを立てているから、という事もありますが、テレビの中でも、その語彙だけがやたらと不釣合いに聞こえてならないのです。

「申し付けください」に関る事では、私も以前、私より目上の方ではありましたが、「○○(私の個人名)さんは、~しておられるようですが…」と言われ、妙に底知れない不愉快な思いをした事があります。
当の本人は、私に敬意を払ってそのような表現をしていたようでしたが、明らかな誤法です。
目上の方であるだけに、こちらも手堅い注意も出来ず、困まりました^^;
しかし、JRアナウンスとなると、元国鉄のプライドがあるのかも知れません???

今回は、ご丁寧にどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/14 18:11

私はあなたがご指摘の「○○さんとお仕事ご一緒させて・・・・」の使い方に抵抗はありません。


別に反論するつもりはありませんが何かを言えば「じゃないですか」と同意を求める話し方のほうにに怒りさえ覚えます。
「○○でしょう」と言えば済むところを「○○じゃないですか」と何故言うのか。
全く意味のない使い方だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、どうもありがとうございます。

「○○じゃないですか」
確かに。
「お仕事ご一緒…」とともに、よく耳にする語ですね。
聞きかじり程度の知識で恐縮ですが、近頃の敬語は、敬意の度合いで相手との距離をはかるのだという事を以前、チラと耳にした事があります。
生徒が先生に、俗にタメ語と呼ばれる友人間に置ける言葉遣いで話をするのは、相手方の先生に親しみを持っている為で、他に他意ははいのだと。

「○○じゃないですか」という用法にも、同じような意味合いが込められているのかも知れませんね。
私も、hannchannさん同様、余り、聞いていて心地よい表現であるとは思いませんが…。

この度は、ご丁寧にどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/14 17:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「する」の尊敬語を教えてください。

日本語を勉強しています。母語は中国語です。

「する」の尊敬語は「なさる」と辞書に書いてあります。
しかし、「○○さまは来月結婚されます」とアナウンサーが言います。

参加されます/参加なさいます
出席されます/出席なさいます
出発されます/出発なさいます
・・・・・・
「~されます」と「~なさいます」ともに尊敬語として使われているようですが、その使い分けを教えていただけますか。
「~されます」のほうが尊敬の度合いが高いんですか。

Aベストアンサー

 #4です、さっそくお礼を頂きまして有難うございました。
 ほんとうに敬語(丁寧語・謙譲語など)は難しいですね。こうして、あらためてあなたからご質問を重ねられますと、もう何十年も日本語を話してきたはずのわたしにだって、エエッとねえ.....と考えてしまいます。

 まず「ご昼食、されますか」、これは「お昼、食べられますか」、あるいは「食事されますか」と同じ「られる言葉」ですから、まあ、あまりあらたまった場合でなければよく使う比較的丁寧な言い回しですし、いわば略式で習慣的な言い回し。したがって、丁寧語としては低い方でしょうか。

 それじゃあ「ご昼食、食べられますか」、これは前の例と基本的には同じレベルにある「られる言葉」ですが、「食事」と「食べる」という言葉がダブっていますから、ちょっと聞いただけではいかにも丁寧そうに聞こえますが、これは間違いで、ランクとしては問題外。

 次に、「ご昼食になさいますか」、あるいは「お昼になさいますか」、これは前のふたつの例よりも一段丁寧で綺麗な言い回し、もちろん一番高いランクでしょうね。あえて言えば、こういう場合は「お昼になさいますか」のほうがさらに一般的で、聞いていてやさしさが感じられますから、これがトップでしょうか。

 ところが、「ご昼食、召し上がりますか」、これはいけません。2つ目の悪い例をさらに丁寧に言い回しただけのことで、やはり「昼食」と「召し上がる」がダブっているからです。つまり、2つ目の「ご昼食」と「食べられる」がダブっているのと結局は同じことで、ただ「食べられる」が「召し上がる」という、より丁寧な表現に格上げされているだけですから。

 ただ、この場合の「召し上がる」といういい方は大変奥ゆかしいものを感じさせますので、丁寧語としては大変格の高いものです。そこで、この場合でしたら「お昼、召し上がりますか」と言い回せば、これなら「お昼になさいますか」と同格かそれ以上の言い回しとして再びトップの座に帰り咲きます。

 どうせ敬語をお覚えになるなら、ぜひこうしたいい方の言い方を覚えて頂きたいなと思います。
 来られますか→おいでになりますか。帰られますか→お帰りになりますか。食事されますか→お食事になさいますか。お風呂は後にされますか→お風呂は後になさいますか等々。こうして2つずつ口にしてみれば、後の方がはるかに綺麗に聞こえるでしょう。

 「広東麺になさいますか、それとも叉焼麺になさいますか」なんて聞かれたら、それがもともとお客に対する当たり前の言い方ではあっても、とかく言葉使いが乱れてしまった昨今では、その店員さんの言い回しにとても気持の良さと嬉しさを覚えてしまいます。

 こんな、少しあらたまっていて品の良い言い回し、最初はとても難しそうに感じますが、少しその気になってお使いになっていればすぐ慣れてしまいますし、こんな言葉をお話しになるあなたは誰からもきっと素晴らしい人だと尊敬されるでしょう。

 #4です、さっそくお礼を頂きまして有難うございました。
 ほんとうに敬語(丁寧語・謙譲語など)は難しいですね。こうして、あらためてあなたからご質問を重ねられますと、もう何十年も日本語を話してきたはずのわたしにだって、エエッとねえ.....と考えてしまいます。

 まず「ご昼食、されますか」、これは「お昼、食べられますか」、あるいは「食事されますか」と同じ「られる言葉」ですから、まあ、あまりあらたまった場合でなければよく使う比較的丁寧な言い回しですし、いわば略式で習慣的な言い回...続きを読む

Q”○○団”や”○○部”の他の言い回し。

恐ろしく個人的な質問です。
私、HPを持っていまして、新しいHPタイトル名を考えています。
そこで、”○○団”とうの言い回しにしたいのですが、なかなか奇抜なものが見つかりません。
もし、お時間があり、お知恵を拝借できれば、答えて頂きたいのです。

私は、3つHPを持っているので、”第三”とか3つめという数字が必要。
英語は使いたくなく、あくまで、日本語で。
HPの内容はマンガ関係で、独自のコーナーをCGI(掲示板とかのスクリプト)で作っていくので、”作る”をイメージさせたい。
あとは、あんまり責任は持ちたくないので、少し奇抜というか、適当なイメージで。
感じとしては、”第三同好会”とか、”第三実験室”とか、そんな感じで。
もちろん、”実験室03”とかもOKです。

独自の単語や、意味は通じるけど、慣用句ではないものとかもOKです。
漢字ならその意味は大切にしたいので、ヤンキー用語とかは、ご勘弁を。
葛飾北斎の画凶老人卍とか、好きです。

いくつか当てはまるものでも、問題ないので、気軽に回答して頂けるとうれしいです。

恐ろしく個人的な質問です。
私、HPを持っていまして、新しいHPタイトル名を考えています。
そこで、”○○団”とうの言い回しにしたいのですが、なかなか奇抜なものが見つかりません。
もし、お時間があり、お知恵を拝借できれば、答えて頂きたいのです。

私は、3つHPを持っているので、”第三”とか3つめという数字が必要。
英語は使いたくなく、あくまで、日本語で。
HPの内容はマンガ関係で、独自のコーナーをCGI(掲示板とかのスクリプト)で作っていくので、”作る”をイメージさせたい。
あと...続きを読む

Aベストアンサー

第三団
第三創作師団
三つ編み空挺師団

三日天下狂躁団

Q監査法人に対する尊敬語

ビジネス文書を書く際、「会社」に対する尊敬語として「御社」「貴社」を使いますが、「監査法人」に対する尊敬語として何と書けばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

「人」は自然人(人間)か法人(会社)に分類されます。
その観点から言うと、監査法人は「法人」に分類されますので、貴社御社で問題ないと思います。
また、それほど大きくない監査法人であれば、公認会計士事務所の延長という事で、貴事務所とかでも言いと思います。

Q「基本、○○でお願いします」という言い回しについて

「基本、○○でお願いします」「基本、○○とします」
こうした言い回しをビジネスで使うのは正しい日本語の使い方なのでしょうか?
(本質問における「正しい日本語の使い方」とは、20代~50代ぐらいの幅広いビジネスマンが見て違和感を感じない、という定義にしたいと思います)

個人的には、「原則、○○とします」とか、「基本的に○○とします」という言い回しは気にならないのですが、「基本、」と書かれると、ちょっと違和感を感じます。

こうした言い回しは使うべきでしょうか、使わないべきでしょうか。アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

「基本的に」が省略されているのだと思いますが、
正しい日本語ではないので使うべきではないと思います。

「違和感を感じます」というのも間違っています。

Q「財団法人」に対する尊敬語

ビジネス文書を書く際、「会社」に対する尊敬語として「貴社」を使いますが、
「財団法人」に対する尊敬語として何と書けばよいのでしょうか?

また、その職員のことを何と呼ぶのでしょうか?
社員、とは言わないですよね。。。?

Aベストアンサー

「財団法人」と言うのはその法人の法的分類を示すもので、「株式会社」とか「有限会社」に当たるものです。
通常、正式名称は「財団法人 ○○協会」とか「財団法人 ○○財団」となっていると思います。
この場合の敬称は、それぞれ貴協会、貴財団が正しいです。

また、そこで働く人については、正式には職員と呼ぶのが正しいと思いますが、社員と言っても一般的には通じますし、実際財団法人の方がその協会の職員について「正社員」「派遣社員」と話しているのを聞いたことがあります。

Q「~~です。ですが、○○…」に違和感を感じます

最近耳にする事が多くなり、先日もプレゼンの際に「ですが」を連発され、とても違和感を感じました。

調べによりますと
「ですが」は、〔助動詞「です」に助詞「が」が付いた語から〕後続の事柄が反対・対立の関係にあることを表す。「だが」の丁寧な言い方。ですけれど。
・・・と言うことでした。

上述を読むと筋が通っていると思いますが、これは、文と文を繋ぎ合わせる接続詞的役目としての説明と解釈しました。
一つの文で内容を肯定した後に、「ですが、」で始まるのは変だと感じてしまいます。

例えば、こんな感じです。
「上述を読むと筋が通っていると思います。ですが、文と文を繋ぎ合わせる接続詞ではないのです。」

過去に受けた学校の授業でも、このような言い回しを聞いた事はありませんし、有名著書において、このような言い回しの文はないと思うのです。

この使い方は一般的なのでしょうか。

Aベストアンサー

日本語には、あまり聞きなれないものもあります。

一般的なのは
「~の予定ですが、~の場合中止となります。」
「接続したのですが、動きません。」
だと思います。


句点の後に「ですが、」が来るのは聞きなれないと思います。
その場合、しかしが一般的かもしれません。
「~となりました。しかし、~は変わりません。」

Qお願いするの尊敬語

敬語って本当に難しいですね。
どなたかお分かりになる方教えてください。

上司に書類の確認などお願いする場合。
「お願い致します。」でいいのでしょうか?
でも「致します」は謙譲語ですよね。
尊敬語でお願いしますってあるのでしょうか?

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

正しいです。

謙譲語は「自分が動作の主体であるとき」に、自分の動作を引き下げて使うものです。
尊敬語というのは「相手の動作に対して」相手を引き上げてつかいます。
お願いいたします。の場合お願いしているのは自分なので、謙譲語ですね。

だから尊敬語でということは、お願いしているのは相手=上司ってことになります。尊敬語にするとお願いなさいましたとか、お願いされましたとか、そのあたりが妥当なところでしょうが、意味がかわっちゃいますね。

謙譲の意味を省いた、普通の丁寧語は「お願いします」です。

Q「弊社○○のご紹介で初めてご連絡差し上げました」であってますか?

いつもお世話になります。

敬語の使い方についての質問なんですが・・・、例えば

1.上司から取引先を紹介してもらう
2.自分からその取引先の方へ初めてメールする

というシチュエーションで、

『株式会社○○の**と申します。
弊社(上司の名前)のご紹介で初めてご連絡差し上げました。』

ここでは『ご紹介』か『紹介』とすべきなのか
どちらが適切かよくわかりません。

皆さんのご意見賜りたく。。。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。

1.「ご紹介」:

この場面では、「紹介(する)」は身内である上司から、身内であるあなたへの動作になります。つまり、「紹介」は身内間で行われたものであり、動作は相手の会社には及びません。

「上司があなたに、相手会社を紹介する」といっても、相手は「対象」になっているだけで、動作をする、または受ける対象ではありません。

従って、ここでは尊敬語の「ご」をつける必要はありません。

2.「ご連絡差し上げました」:

「差し上げる」は能動的な働きがありますが、押し売り的な強引さが伴います。「誰も頼んでないぞ」とツッコミが返ってきそうです。

ここは、No.4で回答されているように、「いただく」という謙譲語を用い、「ご連絡させていただきました」「ご連絡をとらせていただきました」などが最適でしょう。

3.「株式会社○○の**と申します」:

取引のある会社ですから、ビジネスメールの始めは、
「平素よりお世話になっております。」
「平素よりご厚意を賜っております。」
などで始めます。

以上ご参考までに。

はじめまして。

1.「ご紹介」:

この場面では、「紹介(する)」は身内である上司から、身内であるあなたへの動作になります。つまり、「紹介」は身内間で行われたものであり、動作は相手の会社には及びません。

「上司があなたに、相手会社を紹介する」といっても、相手は「対象」になっているだけで、動作をする、または受ける対象ではありません。

従って、ここでは尊敬語の「ご」をつける必要はありません。

2.「ご連絡差し上げました」:

「差し上げる」は能動的な働きがありますが、...続きを読む

Q撰集抄の一節 尊敬語に関する御質問

古文の参考書にのっていた撰集抄の一説について御質問です。

以下の文章で、範円上人(帥)には尊敬語が使われるはずで、
前半部分では
・「いまそかりける」
・「覚え給ひける」
・「とひ給わず」
と確かに尊敬語になっているのですが、

後半部分では
・「見侍るに」
・「哀れにも侍る程に」
・「夢に夢見る心ちして」
・「てづからもとどり切りて」

などとなっていて一部尊敬語になっていません。
(全て主語が範円上人なのは現代語訳と照らし合わせました)


こういうことは例外的にあるのでしょうか?
まさか前半と後半で扱いが変わっているのでしょうか?
でも後半にも尊敬語はありますし・・


独学&初学者なので焦っています。
よろしくお願いいたします。



『 帥になりて、筑紫にくだりいまそかりける時、
 都よりあさからず覚え給へりける妻をなんいざなひていまそかりけるを、
 いかが侍りけん、あらぬかたにうつりつつ、花の都の人はふるめかしく成りて、
 うすきたもとに、秋風の吹きてあるかなきかをもとひ給はず成りぬるを、
 「憂し」と思ひ乱れてはれもせぬ心のつもりにや、この北の方なんおもく煩ひて、
 都へのぼるべきたよりだにもなくて、病はおもく見えける。

  とさまにしても都にのぼりなむと思ひ侍れでも、心に叶ふつぶねもなくて、
 海をわたり、山を越ゆべくも覚えざるままに、帥のもとへかく、
   とへかしな 置き所なき 露の身は しばしも言の葉にやかかると
 とよみてやりたるを見侍るに、日ごろのなさけも、今さら身にそふ心ちし給ひて、
 哀れにも侍る程に、又人はしり来たりて、すでにはかなく成らせ給ひぬといふに、
 夢に夢見る心ちして、我が身にもあられ侍らぬままに、てづからもとどり切りて、
 横川といふところにおはして、行ひすましていまそかりけり。』

古文の参考書にのっていた撰集抄の一説について御質問です。

以下の文章で、範円上人(帥)には尊敬語が使われるはずで、
前半部分では
・「いまそかりける」
・「覚え給ひける」
・「とひ給わず」
と確かに尊敬語になっているのですが、

後半部分では
・「見侍るに」
・「哀れにも侍る程に」
・「夢に夢見る心ちして」
・「てづからもとどり切りて」

などとなっていて一部尊敬語になっていません。
(全て主語が範円上人なのは現代語訳と照らし合わせました)


こういうことは例外的にあるのでしょうか?
ま...続きを読む

Aベストアンサー

1。  
  「見侍るに」 「哀れにも侍る程に」の場合は、『日本国語大辞典』「はべり」の項の補注3にある、「中世の擬古文における文章語では、会話文•地の文を通じて、尊敬語とともに用いた例が見られる」として「撰集抄」からの例が挙がっています。

2。
   「夢に夢見る心ちして」「てづからもとどり切りて」の場合はよく分かりませんが、前者は「あられ」、後者は「おはして」という、尊敬語が続いているためではないかと思います。

    

   

Q語尾の ○○クス、○○ティカ、○○コンの原義を教えて。

語尾の ○○クス、○○ティカ、○○コンの原義を教えて。
カメラとかで、コンタックスとか、ペンタックスとかすごく多い。ギリシャ語?
ギャラクティカとか、ロマンティカとか、ティカって何ですか? ○○的という意味?
ネクロノミコンとか、フォーミコンとか、コンてなんなんだろう?
と、思った次第。
お解りになる方はお教えください。

Aベストアンサー

商品名の語源は各社別に調べなければ文法的あるいは語源的にルール化は危険でしょう。
敢えて一般化して言えば次のような傾向はあるかと思われます。

1.-X の例 Pentax, zerox, faxなど
-xで終る語は-Aで終る語よりも男性的で力強さを表す。またXは未知なる物を意味するので新製品名として心理的効果もあるかも。従って語尾の-Xには意味がなく、語幹に各社の思いや謂れが込められている。
なお、Toyota, Hondaなどは創業者の苗字から来ているので-A<-Xとは関係ない。

2.英語やその他の言語の一般的単語に語源があるブランド  
Panasonic、Sony

3.-tic
ギリシャ語の名詞を形容詞化する接尾辞。 ブランドにする場合は造語として各社の思いが込められると思います。 例えばラテン音楽のオーケストラの名前ならOrquesta romanticaと名詞に合わせて形容詞-ticaと女性形を使用する。Galactica(galaktica)は多分Galaxy(銀河)+ticaから作られた造語でしょう。女性形にしたのは船(戦艦)が女性扱いだからか?

4.コン
これにはいろいろなケースが考えられる。ギリシャ語語源、ラテン語系言語の-com, -con, -kon,
X同様に発音上から-Nで終らせたものなど。

5.最近のブランド名はコンピュータで世界的に通じる(未使用、言語による発音の差が少ないこと、
俗語で変な意味にならないもの)単語が選ばれるのでこれまでの常識が通じないものが多くなると思われる。

商品名の語源は各社別に調べなければ文法的あるいは語源的にルール化は危険でしょう。
敢えて一般化して言えば次のような傾向はあるかと思われます。

1.-X の例 Pentax, zerox, faxなど
-xで終る語は-Aで終る語よりも男性的で力強さを表す。またXは未知なる物を意味するので新製品名として心理的効果もあるかも。従って語尾の-Xには意味がなく、語幹に各社の思いや謂れが込められている。
なお、Toyota, Hondaなどは創業者の苗字から来ているので-A<-Xとは関係ない。

2.英語やその他の言語の一般的単語に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報