お世話になります

今日車を運転中横断歩行者等妨害等で切符を切られました。反則点数2点罰金9千円です。

場所は信号のない交差点の横断歩道付近です。

状況を書きます。
私が気がついた時は横断歩道より2メートルほど手前の位置から突然おじさんが小走りで道路を横断してきていた為、止まることが出来ず、最短距離で2メートルほど接近しましたがおじさんは何もなかったように私の車の後ろを駆け抜けていきました。斜め横断で横断歩道外でのことす。

その後それを見ていた警察官2名がパトカーで追いかけてきて停止させられました。
警察官に横断歩道外でも違反になるのですか?と聞きましたらだめだと言われました。学校も近いし、徐行で交差点には進入してください・・・と。
実際のスピードは法定速度以内でしたが。

警察官の言うことを信じ、あきらめてサインをし、反則金も納付しました。

ところが横断歩道外で横断歩行者等妨害等で切符を切ることは出来ないのではないか?と人に言われました。
本当のところはどうなんですか?

もう済んだこととあきらめるしかないのでしょうか?

もし取り締まりをした警察官が違法な取り締まりをしたと言えるのならば、今からでも警察に行って話をしたいという気持ちもあるのですがいかがでしょうか?
今更ですかね?

アンサープラス

知らない人も多いかもしれませんが、細かい規定があるようです。



【広島県警察 道路交通法上の歩行者保護規定】 
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/police/050- … 

A 回答 (5件)

法律では、道路交通法第38条(横断歩道等における歩行者等の優先)第一項



車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

となっています。今回歩行者は横断歩道を歩いていたわけではないことから歩行者の通行の妨げには該当しなかったとしても、
「当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない」
に反しているとして切符を切られたということではないかと思います。
つまり法定速度内ではなく、何時でも直ちに止まれる速度(これを徐行といいます)でなければならないのです。

もちろん例外として
「その進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き」
とあるので、争点はこの解釈になると思います。

判例ではかなり余裕のある安全距離があればよいようです。
ただ2mほど前を横断した歩行者がいるということは、もしその歩行者がちょっとだけ歩道に移動して渡ったときに、十分安全な距離が存在したといえなければ例外には該当しないでしょう。

今回は横断歩道のある交差点ですから第38条の2の適用はないでしょう。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。
納得できました。私の過失は主にスピードですね。
確かに警察官ももっと徐行すべき。と言っていました。
これからは気を付けて運転します。

しかし横断歩道を無視して道路に飛び出し横断したそのおじさんの方を警察官は注意すべきでは?と私は思います。

横断歩道を横断している歩行者ではなかったのに「横断歩行者等妨害等」に該当するんですね?よく解りませんがまあしょうがないでしょう。

これで私のゴールド免許も終わりました(T_T)
わかりやすいご説明ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/16 23:40

横断歩道は歩行者の聖域ですから。


歩行者相手の事故なら、まず人身事故ですし、横断歩道絡みの事故は罪も重くなります。
横断歩行者妨害の取締りについては理にかなっていると思いますよ。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
その通りですね。事故を起こさなくて良かった。切符を切られただけで済んで良かった。と前向きに考えることにします。

お礼日時:2006/01/18 00:32

歩行者保護義務違反ですね。

 なんといおうと横断歩道で歩行者が歩行してる場合原則歩行者優先です。
渡り終えるまでもしくはあなたの前を通過したのち発進しなければなりません
かく言うわたしも昔つかまりましたね。
違法でもなんでもありません。 交通弱者は常に運転者はいたわり保護する義務があるんですね!
ご不満のようですが、それくらい優しい、いたわりの気持ちで運転すべきですね!!
    • good
    • 12
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
同違反経験者様ですか。なんか気持ちを解ってもらえそうでうれしいような・・・。
ところで私の説明が悪かったようですが私の相手(歩行者)は横断歩道を横断中、または横断の意志のある人では無いです。

横断歩道を全く無視した横断歩道付近での飛び出し斜め横断をした歩行者に対してこの違反で切符を切られたんです。だから非常に悔しいのです。

しかし私は道路を横断するかも知れない歩行者をいち早く確認し、もっとスピードを落としてこの交差点を通過しなければいけなかったようです。私もやっと少しは反省する気持ちになりました。そして良い勉強になりました。

しかし昨今の高齢者や歩行者の交通マナーもどうですかね?
警察にはそちらの指導の方にも力を注いで頂きたいです。

私が警察に特に言いたいことはもっと理にかなった取り締まりを行って欲しい!ということです。今回のことも道路に飛び出した歩行者にはお咎め一切無しで一方的に運転者のみ罰を加えるし。あと歩行者の全く居ない道幅の広い直線道路でよくねずみ取りしてますよね。そういうところがなぜか時速40キロ規制だったり。高速道路出口でシートベルトの取り締まりをしてたり。運転者の為なら入り口でするべきでは?って思いませんか?日本の警察は弱い物いじめは得意ですね。うんざりです。
もっと国民の為に働いて欲しいです。コンビニでたむろする暴走族の排除はなぜ出来ないのでしょうか?

すみません。悔しいもんでこんなところで愚痴を言ってしまいました。無視して下さい。

お礼日時:2006/01/17 00:12

道路交通法第38条


車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

この内容からですと、横断歩道付近では停止できるような速度(徐行速度になると思います)で進行しなければいけないので、法廷速度とは別になります。
この内容では、横断歩道近くに横断するかもしれない歩行者がいる場合には徐行することが必要そうです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
>横断歩道近くに横断するかもしれない歩行者がいる場合には徐行することが必要そうです。

そうですね。おかげさまで納得できました。
おとなしく現実を受け入れることにします。
しかし、私の家の前にある横断歩道は見通しの悪いこともありますが、車が横断の意志を示している歩行者にさえ一時停止をしないケースがとても多いです。
国道の信号のない横断歩道でもしかりです。
私は今回運が悪かったと思っています。

お礼日時:2006/01/16 23:28

道交法38条違反の取締りを受けたということです。



(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)
第38条の2 車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
私の場合は横断歩道のある交差点でしたが、歩行者が横断歩道を全く無視して斜め横断したことによる歩行者との接近でした。
しかし#2さんの回答を拝読しましたら、交差点進入時に徐行すべきケースで私の過失のようですので今回はあきらめます。
しかし横断歩道があり、付近に人がいたからといっていちいち徐行(すぐ止まれるスピード)していてはかえって危ないと思いますが・・・。

いまいち納得できません。この法律。
でもしょうがないですね。決まりですから。

お礼日時:2006/01/16 23:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歩行者優先な法律って

なぜなんでしょうか?

人身事故など、歩行者よりも自動車の不注意という、歩行者優先な法律はなぜ変わらないのでしょうか。


外国では『自分の命は自分で守る』、不注意でひかれた方が悪いと言われますが、全くその通りだと思います。特に飛び出しなどは、自動車側がどんなに気をつけていても、絶対防げるものではありません。

歩行者側がもっと意識を高めないと事故は減らないと思います。

『ひかれた方が悪い』なぜ、そうして法律は変わらないのでしょうか?

Aベストアンサー

最近は変わってきていますよ。
例えば、赤信号で歩行者が飛び出した場合などは、基本過失割合でいくと
7:3(人:車)などになります。

では、なぜ人が飛び出したのに、車にも3割の責任が掛かるかと言えば
他の方のご回答にもある通り、歩行者は交通弱者であり、車の運転者には
安全に運転するという義務があるからです。

例えば、止まっている車に人間が走って突っ込んでも、まず運転手が怪我をすることはありませんが
逆なら、ほぼ間違いなく歩行者は怪我をします。

このように、万一の場合に相手を傷つける可能性のあるものを運転しているとい時点で
安全に注意する義務が発生するのは当然だと思います。

確かに「轢かれた方が悪い」とすれば歩行者の意識も変わると思いますが
それ以上に運転者側の意識が「飛び出してきた場合、轢いちゃっても悪くないんだ」となり
周囲への注意などを怠る方が怖いと思います。

Q横断歩道を歩行者が赤信号の時に横断するのは当然の権利!?

お手すきのときで結構ですので、教えていただけると幸いです。
私の友人は横断歩道を歩行者が赤信号の時に横断するのは当然の権利だと主張します。
その根拠は
1.そもそも道路は歩行者が自由に往来できるためにある。
2.したがって歩行者が道路を横断するとき、常に自動車は停止ければならない。
3.しかしながら停止しない自動車が多いので横断歩道がある。信号のある横断歩道は自動車をさらに確実に停止させるために存在する。
4.だから自動車が赤信号で停止するのは義務であるが、歩行者が停止する義務は当然なく、1.に戻って横断する権利があるものと考えられる。

反論しようと思っても私にはその根拠を示すことができません。
このような主張は法律上根拠のあるものなのでしょうか。
また損害保険などでの算定実務上認められる考え方なのでしょうか。

Aベストアンサー

損害保険での基本的な過失割合について、参考URLに載っています。
歩行者赤、自動車青での事故の場合、歩行者に7割の過失があることになります。

ご友人の間違いは、
1.そもそも道路は歩行者が自由に往来できるためにある。
のところにあります。
法律には、一切このような規定はなされていません。むしろ、歩行者の通行方法について規制しています。すなわち、現行法の解釈論としては成立しないのです。
この論法の行き着く先は、「道路交通法を改正して、歩行者が自由に往来できる権利を認めるべきだ」という立法論であり、「現行法のもとで自由に横断することができる」という解釈論ではないのです。

ご友人に、1.の主張の根拠が何という法律の何条にあるのか聞いてみてください。
「当たり前じゃないか!」といわれるかもしれませんが、それは客観的な根拠にはなりません。

参考URL:http://daikai.net/kasitu/kw_01.html

Q信号のない横断歩道を通る歩行者、青信号を見て車道に入る車 どちらが優先?

二車線の車道の「右側」の歩道を歩いていると、2mちょっとの短い横断歩道がありました。横断歩道に信号はありません。
それを渡ろうとすると、右手から車が「こっちが優先でしょ」みたいな感じで横断歩道を横切りました。「危ないなぁ」と周囲を再確認すると、車が車道に入る方向(歩行者から見ると車道の対岸)に信号があり、青になっていました。つまり車からすれば「青でしょ、歩行者は止まってよ」ということです。

横断歩道に信号がない場合は車道の信号に従うべきといった質問、回答もありましたが、このように広めの車道の「右側」を歩いている歩行者にとって、車道の信号って結構離れていますし方向も左ななめです。ましてや対岸についている信号(側道から入ってくる車用の信号)までとても目に入りません。

そこで質問なんですが、
こういったケースの場合、優先権は車と歩行者のどちらにあるのでしょうか。
仮に車の場合、左ななめの離れた信号まで見るのは無理があるのではないでしょうか。


*譲り合いが大事、ケガしたら大変といった類の回答は、質問の趣旨と異なりますのでご容赦ください。

二車線の車道の「右側」の歩道を歩いていると、2mちょっとの短い横断歩道がありました。横断歩道に信号はありません。
それを渡ろうとすると、右手から車が「こっちが優先でしょ」みたいな感じで横断歩道を横切りました。「危ないなぁ」と周囲を再確認すると、車が車道に入る方向(歩行者から見ると車道の対岸)に信号があり、青になっていました。つまり車からすれば「青でしょ、歩行者は止まってよ」ということです。

横断歩道に信号がない場合は車道の信号に従うべきといった質問、回答もありましたが、こ...続きを読む

Aベストアンサー

信号の有無にかかわらず、歩行者優先が原則のようです。
「歩行者は動く赤信号」「歩行者を見たら赤信号と思え」などといわれるのはその原則をさしているのだと思います。

運転免許更新手続きのときに配布された「交通教本」には、下記のように書かれています。

--------------
第2部 交通の方法に関する教則
第3章 自転車の運転の方法
3 歩行者の保護など
3-2 歩行者が横断しているときなど
(1) 横断歩道のない交差点やその近くを歩行者が横断しているときは、その進行を妨げてはいけません。
(2) 横断歩道や自転車横断帯に近づいたときは、横断する人や自転車がいないことが明らかな場合のほかは、その手前で停止できるように速度を落として進まなければなりません。また、歩行者や自転車が横断しているときや横断しようとしているときは、横断歩道や自転車横断帯の手前(停止線があるときはその手前)で一時停止をして歩行者や自転車に道をゆずrなければなりません。
(3) 横断歩道や自転車横断帯やその手前で止まっている車があるときは、そのそばを通って前方に出る前に一時停止をしなければなりません。
(4) 横断歩道や自転車横断帯とその手前から30m以内の場所では、ほかの車を追い越したり、追い抜いたりしてはいけません。
--------------

法令の条文

「道路交通法」
 第六節の二 横断歩行者等の保護のための通行方法

(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条  車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。
2  車両等は、横断歩道等(当該車両等が通過する際に信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等により当該横断歩道等による歩行者等の横断が禁止されているものを除く。次項において同じ。)又はその手前の直前で停止している車両等がある場合において、当該停止している車両等の側方を通過してその前方に出ようとするときは、その前方に出る前に一時停止しなければならない。
3  車両等は、横断歩道等及びその手前の側端から前に三十メートル以内の道路の部分においては、第三十条第三号の規定に該当する場合のほか、その前方を進行している他の車両等(軽車両を除く。)の側方を通過してその前方に出てはならない。
   (罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項)

(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)
第三十八条の二  車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。
   (罰則 第百十九条第一項第二号の二)


もちろん、歩行者はいつでもどこでも自由に(優先的に)横断できるわけではありません。

 第二章 歩行者の通行方法

(横断の方法)
第十二条  歩行者は、道路を横断しようとするときは、横断歩道がある場所の附近においては、その横断歩道によつて道路を横断しなければならない。
2  歩行者は、交差点において道路標識等により斜めに道路を横断することができることとされている場合を除き、斜めに道路を横断してはならない。

(横断の禁止の場所)
第十三条  歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。ただし、横断歩道によつて道路を横断するとき、又は信号機の表示する信号若しくは警察官等の手信号等に従つて道路を横断するときは、この限りでない。
2  歩行者は、道路標識等によりその横断が禁止されている道路の部分においては、道路を横断してはならない。

信号の有無にかかわらず、歩行者優先が原則のようです。
「歩行者は動く赤信号」「歩行者を見たら赤信号と思え」などといわれるのはその原則をさしているのだと思います。

運転免許更新手続きのときに配布された「交通教本」には、下記のように書かれています。

--------------
第2部 交通の方法に関する教則
第3章 自転車の運転の方法
3 歩行者の保護など
3-2 歩行者が横断しているときなど
(1) 横断歩道のない交差点やその近くを歩行者が横断しているときは、その進行を妨げてはいけ...続きを読む

Q国道を横断してる警察官に「横断禁止ですよ!!」と怒鳴られた

警察官が国道を横断してたのでいいのかと思ってまねして横断しようと思ったら、でかい声で「横断禁止ですよ!!」と怒鳴られ、非常にトラウマに陥りそこでたたずんでしまいました。警察官は横断禁止の国道を横断してもいいのですか?法律に詳しい方、ぜひ教えてもらえないでしょうか?
「警官の心配の前にあなた自身が行動を考え直す必要があります」とかいう類の回答以外でお願いします。

Aベストアンサー

No1さんの回答に同趣旨ですが、次のような極端な例がわかり易いでしょう。

・パトカーが急いで赤信号を無視して交差点を通過した。
・これを見ていたドライバーが後をついて行って交差点を通過した。
・このドライバーは後から来た白バイに信号無視の赤切符を切られ罰金を払うはめになった。
・そのドライバーは、信号を横断するたびにトラウマになった。

>警察官は横断禁止の国道を横断してもいいのですか?

道路交通法の規定は次の通りです

(横断の方法)第12条 歩行者は、道路を横断しようとするときは、横断歩道がある場所の附近においては、その横断歩道によつて道路を横断しなければならない。
2 歩行者は、交差点において道路標識等により斜めに道路を横断することができることとされている場合を除き、斜めに道路を横断してはならない。

(横断の禁止の場所)第13条 歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。ただし、横断歩道によつて道路を横断するとき、又は信号機の表示する信号若しくは警察官等の手信号等に従つて道路を横断するときは、この限りでない。2 歩行者は、道路標識等によりその横断が禁止されている道路の部分においては、道路を横断してはならない。

車両については、「緊急車両」の規定がありますが、歩行者については「緊急歩行者」の規定はありません。

よって、法律上は警官がたとえ職務上緊急であるとしても上の道交法12条、13条の規定に反することができません。(ただし、「国内が戦争状態になったときでも、道交法の規定により自衛隊の戦車は緊急車両ではないから、赤信号でも停車しなければならない」というのと同じ位、バカな理屈と言えますが、正論といえば正論になるでしょう)


従って、本件の場合、この警官は道交法12条、13条に違反する警察官は、誰かによってその違反事実の指摘を受けたらそれに従うべきでしょう。

本来それは質問者で、警察官の後についていく前に「ちょっと待て。警官といえども道交法違反に反してはならぬ」と注意すれば一件落着でしたでしょう。

ところが質問者は、警官の道路交通違反行為を見て、自分も道路交通法違反を行ったわけです。

そこで、この状況は「おまえは泥棒するな」と泥棒している警官に言われたようなものでしょう。「泥棒している警官にそれだけは言われたくない」という心情は、私にも理解できます

ただし、警官の立場では、「緊急車両の規定を類推適用して自分は道路を横断したものである」「質問者は、緊急車両の規定を類推適用し得る立場にないのは明らかであるから、道交法違反も明らかである。よって、本官は質問者を注意したものである」という理屈があると私は推測します。

警察官の行為を道徳的に解釈すると「私は、自分の生命を賭けても警官としての仕事を貫きます。だから危ない国道も横断するのです。これで死んでも業務と思うから家族は仕方ないとあきらめてくれるし、国からの補償金もでます。ところが質問者はそうではないでしょう。国道を横断して事故でも起きたら家族が悲しむでしょう。横断歩道意外で道路横断した場合、十分な補償金でるとは限りませんよ。だから、やめなさいと「いうのです。私と質問者は立場が違うのです。」

No1さんの回答に同趣旨ですが、次のような極端な例がわかり易いでしょう。

・パトカーが急いで赤信号を無視して交差点を通過した。
・これを見ていたドライバーが後をついて行って交差点を通過した。
・このドライバーは後から来た白バイに信号無視の赤切符を切られ罰金を払うはめになった。
・そのドライバーは、信号を横断するたびにトラウマになった。

>警察官は横断禁止の国道を横断してもいいのですか?

道路交通法の規定は次の通りです

(横断の方法)第12条 歩行者は、道路を横断しようと...続きを読む

Q歩道での自転車と歩行者の優先度

歩道を走っている自転車と横に3人ほどで並んで歩いている歩行者はどちらが優先ですか?
また、自転車通行可能な歩道で、上記の条件だとどうでしょうか?

Aベストアンサー

>歩道を走っている自転車と横に3人ほどで並んで歩いている歩行者はどちらが優先ですか?
●歩道上であるなら、歩行者が優先です。

>また、自転車通行可能な歩道で、上記の条件だとどうでしょうか?
●同じです。歩道であるならば歩行者が優先です。

Q横断歩道での歩行者について

毎日歩いていても横断歩道で自動車が歩行者を優先するところを見たことがありません。道路交通法では歩行者優先でありスピードを減速しいつでも止まれるようにすべきであると思っております。そこで、私は横断歩道では横断歩道は歩行者優先との思いにより車が近づいてきても強引に横断しています。そこで質問ですが、(1)私の行為は正しいでしょうか(法律的にです)(2)私がはねられて死んだ場合、運転者が急に飛び出してきたと供述したら、私のほうが悪くなるのでしょうか?(横断歩道で自殺したと判断されるのでしょうか?)極めてレベルの低い質問ですが、私としては、横断歩道での運転者に対する警察の無指導ぶりが我慢できなくて質問しました。

Aベストアンサー

歩行者として、運転者として、両方の立場からのお話をさせて下さい。
(お話です、回答ではないかも知れませんが)

先ずは歩行者としては、私は質問者様と同じです。
横断歩道は歩行者絶対優先の場所で、何時でも自由に安全に歩行者が道を横断する事が出来るために設置されている物なのですから、私は車が来ていても構わずにガンガン渡っています。
(けっこう何度も跳ねられそうになった事も有ります)

横断歩道付近に人がいる場合は例えその人が横断者で無く、ただそこにいるだけの場合であったとしても、車(運転手)は一旦停止してその人が横断者であるのかどうかの確認をしなければなりません。

自動車が横断歩道で止まらなくなってしまった原因は、歩行者や行政にも有ると思います。

行政の側で左右を良く見て横断歩道を渡りましょうとか、学校でも子供達に右見て、左見て、もう一度右を見て横断歩道を渡りましょうなどと、道路交通法と掛け離れた変な指導をしているのがいけないと思います。

横断歩道は、お年寄りが不意に横断を始めても、子供が急に飛び出して横断しても、目も耳も不自由な障害者の人が1人で横断しても絶対に車にひかれる心配の無い安全な場所な筈なのですから、歩行者に注意するように呼びかける公共のポスターや警察や学校などの行政機関の指導方法も間違っていると思います、本来ならば「横断歩道は歩行者絶対優先の安全な場所ですから、車は必ず止まりますので安心してどんどん横断しましょう」と公的な機関が指導するべきなのです。

歩行者にも問題は有ると思います、なぜ横断歩道で車がいなくなるまで渡らずに待っているのかが分かりません、私が横断歩道の手前で停止しても驚いたような顔をしてキョトンとしていて、なかなか横断を開始しない歩行者も多いですし、私が止まっていても対向車がいると渡らずに待っている歩行者が多いです。

片側の車が停止した時にもう一方の車が止まるまで待つのではなく、直ぐに横断を開始すれば、もう一方のドライバーだって仕方なく嫌々であっても必ず停止せざるを得なくなるに、何故かいっこうに横断を開始しないでいる為に、ハンドルを握る資格の無い性根の腐った図々しいクズのドライバー達が止まらずに次から次へと通過していってしまうのです。

止まっているこちらだって嫌になってしまいますよね、何時までも渡らない歩行者の為に延々と横断歩道の手前で待ち続けなければならないのですから、後ろでは警笛を鳴らしたりパッシングをしたりする同上のアホーな運転手もいたりしますので、片側の車が止まったら直ぐに横断を開始してほしいと思います。

押ボタン式信号の設置された横断歩道が有りますが、あの信号が何の為に在るのかの意味を理解していない人が多いのではないでしょうか。

本来は横断歩道付近に歩行者がいる場合には、車は必ず一時停止しをしなければなりませんが、歩道を通行する人が多い場所や学校の前などで学生の横断が多い時などは、法律に従っていると歩行者がいなくなるまで停車したままで何十分間も動けなくなってしまいますし、そこまでではなくても横断者が多い場所では車の停止が多くなって渋滞が発生してしまいます。

ですから横断歩道に設置された信号機の意味は、歩行者を渡らせるためではなくて、歩行者を赤信号で停止させて、青信号ならば車は止まらずに走行できますよ、という車を横断歩道の停止義務から解放してスムースに走れるようにしてくれる為の物なのです。

なにしろ、信号が無い横断歩道は車は必ず止まらなければ、ならないので、止まってばかりで中々前に進めず運転するのが大変になってしまいますから、あの信号は車の事を考えて設置されているのだと考えられます。

私は今後も堂々と横断歩道を渡り続けますし、今まで通りに運転中に横断歩道に歩行者がいるのを見たら必ず停止して歩行者優先の義務を果たし続けるつもりです。

穂飲酒運転ばかり規制を厳しくしていないで、歩行者保護義務違反に対する罰則ももっと強化するべきだと思います。

横断歩道で歩行者を無視して通過したら、減点12点罰金30万円以上とか、横断歩道で人を跳ねたら一発で免許取消、必ず実刑で禁固10年以上とかにすれば、歩行者は安全に安心して横断ができる様になると思うのですが。

でも、死んじゃったら何にもならないので、質問者様も気を付けて下さい、私も気を付けます。

横断者がいる事が分かっていても、後ろからトラックやダンプが狂ったように猛スピードで車間距離を詰めてきている場合などは、私も止まりたくても止まってあげられない場合が有りますので。

でも、自分の子供には「信号の有る所を渡れ」、「右、左、右だ」と教えていますけどね。(矛盾?)

歩行者として、運転者として、両方の立場からのお話をさせて下さい。
(お話です、回答ではないかも知れませんが)

先ずは歩行者としては、私は質問者様と同じです。
横断歩道は歩行者絶対優先の場所で、何時でも自由に安全に歩行者が道を横断する事が出来るために設置されている物なのですから、私は車が来ていても構わずにガンガン渡っています。
(けっこう何度も跳ねられそうになった事も有ります)

横断歩道付近に人がいる場合は例えその人が横断者で無く、ただそこにいるだけの場合であったとしても、...続きを読む

Q日本で車を運転する時は左側通行 左折優先。 では歩行者は?

日本で車を運転する時は左側通行 左折優先は分かります。
しかし 普段 道路沿いの歩道を歩いていると
進行方向から まるで昔あったインベーダーゲームのインベーダーの放つミサイルの様に 自転車に乗ったオバサンや高校生
高速で歩く日本のサラリーマンのオジサン達が右に左に向かってきます(^ ^;)
日本で車を運転する時は左側通行 左折優先。
では日本の歩行者はすれ違う時 どちら側を歩くのでしょうか?
コレって もしかして 知らないのは自分だけ(^ ^;)?
どなたか ご親切な方 教えてください(^ ^)

Aベストアンサー

歩道とか、路側帯が無い道では、右側通行です。

ただ、歩道とか、十分に幅のある路側帯があれば、どっち側でもOK。
歩道の中の右側を通らなくても良いです。
(絶対に右側しかダメと信じている人多いです)

歩いている人は、アイコンタクトと言いますか、雰囲気でお互いに避ける方向が分かりますよね。
たまに、空気を読めない人もいますが。。。

自転車は左側通行。
右側を走る逆走自転車は、車からすると脅威です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/歩行者

Q先日、優先道路を原付で走行中、横断歩道もなく、信号機もない交差点を車の

先日、優先道路を原付で走行中、横断歩道もなく、信号機もない交差点を車の後に続き左折しようとした時に、私の走行していた道路は歩道も路側帯も無い道路なのですが、私の5~10mくらい後ろにいた自転車に、私が2kmくらいのスピードで左折中に後輪に衝突されました。

私は徐行して左折していたので倒れる事はありませんでしたが、自転車で衝突してきた女性は、倒れて左腕に打撲ができていました。
とりあえず警察を呼び、人身事故という事で、事情聴取をとられたのですが、これは私が悪いのでしょうか??
女性は、一時停止せずに直進して来たのだそうですが、原付の方が一方的に悪いと警察に言いだしました。警察の方も後から、自転車が突っ込んで来た事は理解してくれましたが、正直どうなるかわかりません。

女性の怪我は打撲だけで、自賠責だけで大丈夫と保険会社の方から言われましたが、過失割合というものは、この場合どうなるのでしょうか?? 

長々とすみません。

Aベストアンサー

警察の言う事を、全て信じてはいけません。
しかし、最近の警察は、自己判断でどちらが悪いのか言ってしまう事が多くなってしまった様です。(平気で間違った事を言う)
交通事故の場合、警察はどちらが悪い等と言ってはいけないのですが・・・。

過失割合はちょっとした事で大きく違う事があります。
例えば、左に依って状態で左折したのと、しないのとでは過失は全然違ってきます。

うる覚えなので定かではありませんが、バイクには巻き込みの定義がなかった様な気がします。
その為、バイクは車と違い、巻き込み確認が必要とされていなかったはず。
そうすると、バイクが自転車を巻き込んだのではなく、自転車がバイクに追突した事になるので、過失が全然違ってきます。

任意保険に入っているのなら、ここで聞くより保険会社の担当に聞いた方が正確ですよ。
保険会社は、裁判判例を参考に過失割合のマニュアルがありますから。

Q道路交通法第38条(横断歩道等における歩行者等の優先)

第38条 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

・・・・とありますが運転者の立場として信号のある横断歩道の直前で青の場合でもこの法律が適用されますか。
実際に雨の降る日に自転車に乗って横断歩道を横切る時左側から来た車にはねられました。現場はT字路の交差点でした。歩行者用信号が青に変わり右側からの車線は渋滞していて横断歩道まで列をなしていました。
つまり運転者から見ると対向車線に車が連なり横断するものが死角で見えずに事故を起こしたのではないかと推測します。
運転者は前方の信号は青だったと主張しています。
双方で青というのは矛盾していますが上記のことを確認したいと思います。

第38条 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等に...続きを読む

Aベストアンサー

適用されると思います。横断歩道があるときはもちろん、ない場合でも横断しようという意思がある歩行者がいた場合は車は止まらなくてはなりません。歩行者に対し絶対的安全を法律ではうたっています。
人身事故の場合よっぽど目撃者がたくさんいない限り車側の人間は過失を減らすために嘘をつきます。結果、歩行者にも安全確認の不完全などを理由に過失を与えるのです。(そうしなければ示談にならないから。)
目撃証言も身元の確認や警察署にいかないといけないなどあるのであまりしてくれる人がいないのが現実です。
何とかいい方向に行くといいですね。

Q一旦停止違反について今日狭い交差点を超えた所で警官に止められました。今通過した横断歩道で止まらなか

一旦停止違反について
今日狭い交差点を超えた所で警官に止められました。今通過した横断歩道で止まらなかったので違反だと。確かにとまりませんでしたが、旧市街の狭い道でおまけに反対車線にボックスカーが二台止まっていて慎重に避けながら通過した途端止められたのです。すぐ横断歩道がありましたが左に渡ろうとした人があったと警官は言いますが歩道までは出て来ていませんでした。もし出て来ていたらとまるのは当たり前ですよね。そんな事は百も承知ですが歩行者に対する注意義務違反だという事でキップと違反金9000円を渡されました。その時は仕方ないかなと思いサインしてしまいましたが納得出来ません。まだお金は振り込んでいませんがこれは泣き寝入りしなきゃいけないのでしょうか?警察は違反金目当てにあの場所で待っていたとしか思えません。どう思われますか?

Aベストアンサー

「一時停止」とは?どういう行為のことなのかといいますと
先ず道交法では「一時停止をするとき」を次のように定めています。
 道交法40、41条にて、緊急自動車の接近に交差点を避けて一時停止。
 道交法43条で指定場所でも一時停止。
そのほか横断歩道、歩道の横断、路外からの道路への進入など危険を防止のために一時停止を義務付けています。

法41.42条での一時停止は
「交差点を避け、道路左側に緊急車両の通行を妨げない方法で一時停止しなければならない。」
としていて、ただ止まれば良いてことではありません。

法43条 指定場所における一時停止
「車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあつては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、当該車両等は、第36条第2項の規定(交叉する優先道路の規定)に該当する場合のほか、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。」
としています。

「交通整理が行われていない交差点」とは、「信号機の無い交差点」のことをい言い「点滅信号機の交差点」も交通整理が行われていない交差点に含みます。
そこで「一時停止」の定義ですが、まず「停止」とはどんな状態を言うか?
停止とは「その車両の車輪の回転が完全に止まる。」と判例では言っています。
 
私の考えですが、「一時停止」の意義は、安全確認のはずですから、止まることに加え、前後左右の交通状況の確認が必要で、少なくとも2~3秒は停止の必要があると思います。

しかし、何の理由も無く10秒以上停止していると気の短い後続車をイライラさせるかも知れませんね。
安全確認もほどほどにしてくださいね!

次には「一時停止」の位置の問題。

よく停止線での「一時停止」では左右の交通状況が確認できないから「確認出来る位置で停止した。」どこが悪いんだ!と主張されることがあります。

道交法は「停止線の直前」と決めているから、これは「一時停止」した事にはなりません。

この場合には、決められた場所で「一時停止」し「確認出来る位置まで進みもう一度停止するか徐行して安全を確かめる。」と良いでしょう。

2秒や3秒早く走ったってどうってことはありません。
ことによったらその分だけ早くあの世に着いてしまうかも知れません。
あなたの安全は、あなたしか守れませんからゆっくりと。

もう一つ「停止位置又は停止線の直前」の「直前」とはいったいどの位置のこと?
解説によると、当該車両の「前端が停止位置に接する位置の手前付近」としているのですが、また「付近」とは?と言う疑問が生じます。

常識的に考えると、車両の前端が停止位置にピッタリ止まるなどと言う運転は出来るはずはありませんから、手前0.5m以内が妥当であろうと思われます。
(未確認)
1.0mでは法で言う「直前」とは離れすぎの感がします。
厳密に言えば停止位置を1cmでも越えていれば「直前」とは言えなくなるから
「一時停止不履行」と成ります。
(警察が違反として取り締まるかどうかは別として)
でも、交通事故が絡むとこの違反を主張する、またされるケースが起きて来ます。
くれぐれも手前での「一時停止」を心がけてください。

と言っても停止線は幅が40cm位はありますよね!
どこを基準にして「直前」と言うのでしょうか?
線の手前側?向こう側?
線上ではだめ?
調べてみたけど判りません!
どなたか教えてくださいませんか!
 
道路上に白線のみで停止位置が表示されている場合があります。
この場合は「みなし停止線で一時停止の義務はありませんがした方がいい線」かな?
ただし、横断歩道上に歩行者がいて「一時停止」の必要がある場合などは停止線の有無に係わらず「一時停止不履行」となります。
逆に、道路標識のみで停止線が無い場合があります。
この場合は「一時停止」の規制は有効で停止する場所は交差点の手前の直前と言うことになります。

「すぐ横断歩道がありましたが左に渡ろうとした人があったと警官は言いますが歩道までは出て来ていませんでした」とありますが、今一つ状況が見えてきませんが、あなたは横断歩道の直前に停止せずに、そのまま交差点を通過したのですかね。上の文面にもありますように「横断歩道上に歩行者がいて「一時停止」の必要がある場合などは停止線の有無に係わらず「一時停止不履行」となります。」とありますので、歩行者の姿を発見した以上は、一時停止しなければなりませんので警官に停止させられたのですよ。

「一時停止」とは?どういう行為のことなのかといいますと
先ず道交法では「一時停止をするとき」を次のように定めています。
 道交法40、41条にて、緊急自動車の接近に交差点を避けて一時停止。
 道交法43条で指定場所でも一時停止。
そのほか横断歩道、歩道の横断、路外からの道路への進入など危険を防止のために一時停止を義務付けています。

法41.42条での一時停止は
「交差点を避け、道路左側に緊急車両の通行を妨げない方法で一時停止しなければならない。」
としていて、ただ止まれば良...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング