私は仕事で板ガラスの接着をしています。
接着前のガラス表面の汚れ取りにアセトンを使用しています。
そこで質問ですが、
アセトンってマスク無しでは中毒になりますか?素手では危険ですか?
説明書きには、「必要に応じて」と書かれています。
もう、4~5年使っていますが、今更ちょっと不安になってきました。
うちの親分は、たまに根拠も無いのに自信たっぷりに「大丈夫!」
と言うので不安でなりません。どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

長年、有機化学関係の仕事をしております。


仕事柄、いろいろな有機溶媒を使っていますが、アセトンは比較的毒性の低い有機溶媒です。ベンゼンやメタノールに比べればあまり気を使わないで使っています。多少手に付いてもほとんど気にしていません。

ただし、私の使い方は短時間、少量の使用を繰り返す、という感じです。長時間触れていたり、高濃度の蒸気を吸入するようなことは避けるべきでしょう。

おそらく、ご質問の文章から察するに、itononさんの場合、それほど高濃度ではないにしても、長時間蒸気を吸入する可能性がありそうですね。
 MSDS(参考URL)をご参照ください。安全性、危険性情報が記載されています。中枢抑制作用と、眼への刺激性が記載されているようです。印刷して仕事仲間の方にも見せてあげても良いのでは?

気になるようでしたら有機溶媒用のマスクが市販されています。私達もタンクの中に入って内面をアセトンで洗浄する場合などではマスクを使います。

あとアセトンの場合、引火点が非常に低く、アセトン蒸気と酸素が適当な濃度になると爆発する可能性があるので、中毒防止の観点以上に引火、爆発防止の観点から換気を良くすることが必要です。

参考URL:http://www.jpca.or.jp/61msds/j7cb15.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですか!アセトンの毒性は低い方なんですね!
ちょっと安心しました。
>タンクの中に入ってアセトンで洗浄・・・
こういった使い方が、「必要に応じてマスク使用」なんですね~。
考えただけで目が痛くなりそうです。
MSDSも早速印刷しました。これからの参考にさせていただきます。
ありがとうございました。ポイントは換気ですね!!

お礼日時:2001/12/27 22:36

明けましておめでとうございます。


アセトンは「労働安全衛生法」により第二種有機溶剤に指定されています。
同法では、有機溶剤のうち、人体に有害な有機溶剤を毒性の程度で第1種から第3種まで分類しています。
例えば毒性の高いクロロホルムは第1種、トルエンやメチルアルコールは第2種、毒性のないエチルアルコールは指定対象外です。
アセトンを使用する作業所は作業主任者の選任、作業環境測定の実施、特殊健康診断の受診などが法令でで義務づけられています。
アセトンは有害だどの認識で作業を行うべきでしょうね。直接吸わないよう換気に注意するとか、マスクを付けるとか。
また、有機溶剤は皮膚からも吸収されますので、直接手で触れるのは避けた方が良いと思います。(作業はやりにくいかも知れませんが)
社長には法令により規制があることを教えて、今後の対策をどうするのか相談すべきでしょう。
罰せれれるのは社長ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
第二種有機溶剤、そう聞くと非常に危険そうですね。法令で、健康診断まで義務づけられているとは驚きです。
毒性が低いといってもやっぱり有害なんですね。
うちの親分にも伝えておきますが、やっぱり自分の身は自分で守れ!ですね。
ここに質問して良かったです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 23:44

アセトンは確か.法規制があり.ご指摘のような使い方の場合に.空気中の濃度をある程度下げるような局所排気装置などの設置義務が合ったような気がしますが.


現在関係資料が手元にありません。

労働安全衛生法.有機溶剤規則

あたりを読んでください。図書館ならば.安衛法便覧.又は.現行日本法規が置いてあると思いますので探して読んでください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

法規制ですか!そんなこと考えた事も無かったです!
でも、おっしゃる通り仕事場にはちょっと大きめな換気扇があります。
でも暖房の利きが悪いので時々止めてたりして・・・。
これからは濃度を下げるため、寒いのは我慢します。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/27 22:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアセトンについて

アセトンとCPアセトンは、違う溶剤なのでしょうか?
また、アセトンには種類があるのでしょうか?
ラッカー系シンナーに使用されているアセトンの単独での
プラスチック樹脂に対する溶解力を調べたいのですが・・・
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には同じアセトンですよ。
CAS番号(→参考URL参照)も、試薬のアセトンとCPアセトンとでは、ほぼ同じです。
ただし、純度や不純物含有などの製品規格で違いはあると思います。
(たとえば、研究者が使うであろうJIS特級アセトンは純度99.5%以上ですが、上のCPアセトンは99%以上となっているみたいです。)

調べた限りでは「CPアセトン」のCPは、リサイクル品でない合成されたアセトンを示す、記号のようです。
ちなみにリサイクル品は「Rアセトン」というらしいです。

以上、ご参考まで。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/CAS%E7%99%BB%E9%8C%B2%E7%95%AA%E5%8F%B7

Q水ガラス接着剤

以前この場で水ガラスに関して教えてもらったのですが
接着剤として使おうと思ったらどうしたらいいのでしょう?教えてください。お願いします

Aベストアンサー

空気中の水と反応して固まります。固まるまでかなりの時間が必要です。その間動かさないこと。

Qアセトンと水

アセトンで「乾燥」ができるのはどうしてですか?
(まずアセトンって何・・・?(+_+))どんな反応が起こっていますか?
そして例えば,細胞とか組織とかをアセトンシリーズで乾燥させる
ことがあるのですね。アセトンシリーズは濃度のシリーズのことですか?
具体的にどういう操作をしているのですか?

Aベストアンサー

水は沸点が高いけれども,アセトンと混和すると水もアセトンと一緒に
よく揮発するのですか?

そのとおりです。
アセトンは、極性がある(=分子内に電気的な偏りがある)ので、水分子と混和して、一緒に揮発していきます。 もっとも、あまりに水が多すぎるとその効果は厳しいですけど…

Q金属の表面が冷たく感じ、プラスチックの表面は金属ほど冷たく感じないのですが、

金属の表面が冷たく感じ、プラスチックの表面は金属ほど冷たく感じないのですが、
これらのモノの温度差がどういった理由でしょうか。
また、以前から疑問に感じていたのですが、氷は冷やせば冷やすほど温度が下がるそうですが、-10℃の氷と-100℃の氷の温度差は何が違ってくるのですか。

Aベストアンサー

No.1の補足への回答です。
-10℃の氷と、-100℃の氷の内部の状態の違いを説明します。

氷の中では、水分子が六角柱の網目状に結合していて、分子の位置が固定されています。しかし、分子は定位置を中心にして振動しています。-10℃と-100℃の違いは、-10℃のほうが振動が激しいということです。「冷やす」とは、氷からエネルギーを奪って振動を沈静させるということです。氷だけでなく、一般に温度とは分子運動の激しさを表わします。

Qアセトンを洗浄するのに一番良い化学品を教えてください。

皆さん、こんにちは、ケーブルの紫外線硬化樹脂被服を除去(剥離)するために、アセトンに6分程浸し紫外線硬化樹脂被服を浮かして除去しています。

アセトンは揮発性が高いため放置しておいてもアセトンの成分は蒸発してしまうのでしょうか?

念のためアセトンを洗浄しようかと考えていますが、どのような薬品で洗浄したら良いのでしょうか?

アルコールや蒸留水での超音波洗浄は意味が無いですか?

ご存知の方いらっしゃいましたら宜しくご教示お願い致します。

Aベストアンサー

いろいろご回答が出ていますが、質問の内容に不足部分があるため核心に至る答えが出てこないようです。
それで良いなら良いのですが、せっかく聞いた意味がないのではないでしょうか?
要点は、なぜアセトンを除去したいのか、の「理由」です。
ケーブル(被覆)がべたついて巻き取れない、アセトン蒸気がいつまでも出続ける(臭い、火気、健康に不安がある)、…umidaisuki様が「なぜ困っているのか」をお書き下さい。

Qアセトンを入れるスプレー式容器を探してます。

こんにちはアセトンをいれるスプレー式容器を探しています。現在使用しているのはフジクラのタイプですが最後まで使いきれず困っています。インターネットでも探していますがなかなか出て来ません。
会社の精密機器洗浄にベンコットンに含ませて使用したいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の会社はPE(ポリエチレン)やLDPE(低密度ポリエチレン)でできた洗浄瓶にアセトン、アルコールを入れてベンコットンに含ませて使用しています。
検索エンジンで「洗浄瓶 PE」で検索して下さい。
参考URLの様な商品が検索できます。
工業用の通販カタログの研究・産業用機器などに載っていると思います。
スプレー式より使い勝手が良いと思います。

参考URL:http://www.tech-jam.com/apparatus_for_science_experiment/resin_washing_bottle/KN3132290.phtml

Qアセトンに水和物を混ぜると水だけ溶けますか?

アセトンに水和物を混ぜると水だけ溶けますか?

無水アセトンに炭酸ナトリウム1水和物を混ぜてよく攪拌してからろ過したとします。
アセトン内に水の部分だけ溶けているでしょうか?

仮に、アセトン500mlに水15g溶けている溶液があるとして、そこに100gの炭酸ナトリウム・H2Oを混ぜよく攪拌してから濾過して炭酸ナトリウムを除去したあと、アセトン内の水は15gのままでしょうか?

どたなかよろしくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

アセトン500mlに水15g溶けている溶液に100gの炭酸ナトリウムを加えると、
溶けきれないので、水とアセトンが塩析します。
その時に、アセトン中に含有する水の量は一定となりますが、いくらになるかは分かりません。

>濾過して炭酸ナトリウムを除去したあと、アセトン内の水は15gのままでしょうか?
15gより少なくなります。

Q二元論が否定されている今 魂や輪廻転生 あの世などは 科学的には絶対無いとゆう根拠があるから無いとゆ

二元論が否定されている今 魂や輪廻転生 あの世などは 科学的には絶対無いとゆう根拠があるから無いとゆうのか 科学的にはいくら探しても無いから無いとゆうことなのかどちらなのでしょうか? またこの問題がこの先解決されると思いますか? その方法とは?時間は?

Aベストアンサー

1 貴君は、二元論が否定されいると断定する根拠を語ることはできるのか。

2 形而上学的洞察を試みる前に、貴君には、日常生活レベルでの経験を積み、常識を獲得することを勧めたい。そういう<身体感覚>の欠如した思索は紙くずだ。

Q水中のアセトンの除去

アセトンなど水と混ざってしまう有機溶媒を、水と混ぜたのち、放置ヤ脱気などで揮発させたり、アセトンは沸騰するが水は沸騰しない温度で温めたりすると、アセトンのみを除去できたりはするのでしょうか?

ご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

当然の事ながら溶媒の種類によります。
たとえば、アセトンのように水と比較してかなり沸点の低い溶媒であれば加熱することによって除去できるでしょう。
しかし、現実問題として両者を完全に分離するのは困難だと思います。

よく水道水中の微量のトリハロメタン(現実にはクロロホルム)を除去するために煮沸することがありますが、同様のことを行えばアセトンは除去できると思います。

ただし、アセトンとともにある程度の量の水も揮発させる必要があるでしょう。

Q接着の科学

木とガラスあるいは金属などを接着するのに
接着剤を使いますが 接着剤ってどのような科学現象に基づいているのかなあ??と思って 夜も眠れないほどではないけど 気になります.糊からハンダまで幅広く考えた時に、統一的な説明なんて可能なのでしょうか?ハンダと接着剤というのは言葉が不適当なのかもしれませんが.

Aベストアンサー

いろいろあります.

・水や有機溶媒などの媒質に固体の微粒子をとかしておき,
 媒質が蒸発することによって固まるもの.木工用ボンドなど.

・2種類の溶剤を混ぜて化学反応させることで固めるもの.エポキシ樹脂など.

・紫外線があたると分子構造が変化して固まるもの.

・加熱すると固まるもの.熱硬化性樹脂の熱硬化による.

・加熱してから冷却すると固まるもの.熱可塑性樹脂の熱可塑性による.

最初のひとつ以外は,高分子のガラス転移と言う性質を利用しています.
ガラスは2つの形態があって,鎖状の高分子がどろんどろんと流動できる状態と,
高分子同士が絡み合ってガチガチに拘束し合う状態です.
例えば熱可塑性樹脂だと,温度を上げてどろんどろんにした状態でくっつけておいて,
温度を下げてガチガチにすることで接着剤として機能します.

ハンダは,金属が固まってがっちり原子が拘束し合う構造に,
対象物を巻き込んでしまうことで固めます.

統一的な説明としては,
「接着剤として機能する物質を,自由度のある状態から,拘束し合う状態へ遷移させる」
と言いましょうか.

いろいろあります.

・水や有機溶媒などの媒質に固体の微粒子をとかしておき,
 媒質が蒸発することによって固まるもの.木工用ボンドなど.

・2種類の溶剤を混ぜて化学反応させることで固めるもの.エポキシ樹脂など.

・紫外線があたると分子構造が変化して固まるもの.

・加熱すると固まるもの.熱硬化性樹脂の熱硬化による.

・加熱してから冷却すると固まるもの.熱可塑性樹脂の熱可塑性による.

最初のひとつ以外は,高分子のガラス転移と言う性質を利用しています.
ガラスは2つの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング