半年前の6月に帝王切開にて出産しました。1週間の入院で54万弱かかりました。その病院は通常普通分娩4日入院で42万位と少し高めです。帝王切開の場合は通常1週間入院です。保険が利くと思っていたので高いなと思ったのですがこれは普通なのでしょうか?請求書の内訳を見てもどれが保険適用なのか分かりません。保険が利くとは健康保険ではなく生命保険の事なのでしょうか?私は生命保険に入っていません。
また、この質問をする前に過去の質問を見てみましたが高額療養費というのを始めて知りましたが、これは半年前、また年が明けても申請できるのでしょうか?
何だか読めば読むほど分からなくなってしまいました。
退院時病院に保険は利かないのかと訊いたら保険会社の書類を持ってくればサインしますと言われました。どう質問すればよかったのでしょう?
帝王切開の費用の事と高額療養費の事(できれば分かりやすく)をどなたか教えて下さい。長くなってすみませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

帝王切開手術は異常分娩にあたりますので、健康保険が適用されます。

(健康保険と任意保険=一般にいう医療保険と分けて書きます)病院に健康保険適用医院と書かれているか、他の病気一般も診ている病院であれば、ほっておいても勝手に計算して健康保険組合に請求しているはずです。(最初に健康保険証を提示されたでしょ?)
1週間の入院と帝王切開の手術で54万円が高いか安いかは受けたサービスにもよりますので一概には言えませんが、この総額の中には、個室使用料金や部屋の中の備品使用料、各種の物品料金(子供の介護用品など)のほか食費も含まれますからね。健康保険が使われるのは手術と手術後の処置に伴う分だけであって食費についても規定料金以上の差額は自己負担とされます。

費用の内訳についてわからない場合は、病院の会計に十分に確認を取ってください。そのときは医療費控除などで税務説明が必要である事をハッキリ伝えて内訳に説明を求めましょう。

高額医療は治療費だけで自己負担分が1ヶ月で規定金額を超えた(参考URLを見てください)場合に適用されますが、あくまで健康保険適用分のなかの自己負担分です。通常帝王切開だけではここまでは行かないでしょう。
それよりも現実味があるのが来年3月に行う確定申告の医療費控除です。出産一時金や任意保険からの補填分を除いた医療費の合計で自己負担部分が10万円を超えていれば対象にかかります(これも細かな規定を調べないといけません)ので出産で病院に関わった費用の領収書を確認されて手続きをするようにしましょう。

参考URL
○高額医療費とは
http://ww1.tiki.ne.jp/~nakasita/iryohi.htm
○医療費控除
http://www.taxanser.nta.go.jp/1120.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、また丁寧な説明どうもありがとうございました。
参考URLにもアクセスしてみました。これでもっとよく勉強します。年明けに病院と夫の会社の加入している保険組合に問い合わせてみる事に致します。もちろん確定申告も忘れずに。分からずじまいで質問もしづらかったので、これでいろいろ訊いてみる事が出来そうです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/28 18:50

 高額療養費につきましては、診療を受けた月から2年以内であれば、請求が可能ですので、領収書を添えて加入している医療保険に請求をしてください。

総医療費が54万円であれば、自己負担額が65,820円を超えた額が、高額療養費として戻ってきます。国民健康保険であれば、役所の国民健康保険課に領収書と印鑑を持参して、申請してください。社会保険であれば、会社を経由して申請をしますので領収書を会社に提出して申請をしてください。

 帝王切開は医療保険が適用になりますので、自己負担は社会保険であれば2割、国民健康保険であれば3割の負担となります。生命保険は、加入契約によりますので一概には言えませんが、通常は入院5日以上の場合は1日につき**円、手術の場合は**円というような契約かと思いますので、保険の証書を確認してください。請求は、加入している生命保険会社に連絡をして、手続きをしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、また丁寧な説明どうもありがとうございました。
年明けに夫の会社の加入している保険組合に問い合わせてみる事に致します。
分からずじまいで質問しづらかったので、おかげでいろいろ訊いてみることが出来そうです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/28 18:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q帝王切開で高額療養費

前置胎盤のため予定帝王切開で再来週から1ヶ月半程入院する事になりました。急に決まった事でやる事がたくさんありバタバタなのですが、つい最近、高額療養費というものを知りました。出産前に事前にやろうと思うのですが、全く無知なもので方法などが全く分からないのでご存知の方、教えていただけないでしょうか?まず区役所などに行き、何課で用紙?を貰えば良いのでしょうか?色々調べたいのですがパソコンが壊れてしまい、この質問も携帯からの投稿です。
それと、月をまたぐと請求できないというのは本当でしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現在4ヶ月になる子どもがいます。
私も前置胎盤で2ヶ月入院して帝王切開しました。

まず、前の方も書かれているように、「限度額認定証」を貰っておくといいですよ。
国保でしょうか?でしたら区役所ですが、社会保険でしたら会社の事務もしくは、保険組合に申請して発行してもらってください。
限度額認定証って期限が短いのですが、前置胎盤でこの先2ヶ月ほどは入院しますというと、退院後ぐらいまで期限を延ばして発行してくれるので、相談してみるといいですよ。
私も1ヶ月ほど伸ばしてもらいました。

また、前置胎盤でしたら、きっとそのまま退院せずに出産になると思うので、出産育児一時金受取代理制度の事前申請もしておくといいと思います。
以前は出産すると後日35万円なりのお金が貰えましたが、今は、このお金が病院側に振り込まれ、病院の会計からその分を差し引いて請求してくれるという制度があるんです。
本来は出産予定日の一ヶ月前にならないと申請できないのですが、保険組合によってはそれより前から申請を受け付けてくれる所があります。
私の場合も、前置胎盤で遅くても37週には出産するというのが決まっていたので、その旨相談したら、1ヶ月前でなくても受付けてくれました。

また、入院保険に加入しているのでしたら、その請求用紙も取り寄せておくといいですよ。
病棟の事務に預けておくと、退院の時に間に合わせてくれることもあるので、早く保険金がもらえます。
ちなみに、私は妊婦検診で通院した分も、保険がおりました。
限度額認定証と出産一時金の事前申請をしていたおかげで、2ヶ月も入院していた割には、出産費用込みでも、ビックリするぐらい請求額が少なくて済みましたし、入院保険はかなりの額がおりたので、大黒字になりました(笑)
お蔭様で、そのうん十万を子どもの学資に回しました。お腹に傷をつくったかいありました(笑)

だから、もし、入院保険に加入しているのなら、入院中、「術後は個室がいいなあ、でもお金が・・・」という心配はあんまりしなくていいと思いますよ。
私も手術直前から術後は個室にしてもらったのですが、ゆっくりやすいめて、個室にしてよかったと思いました。

前置胎盤って自覚症状がなく元気なだけに、けっこうじっとしているのが辛いですよね。
入院中も、私は元気なのに、看護師さんから日に何度も、大丈夫??出血して無い?ダメよ無理しちゃと、売店に行くのにもイチイチ注意される日々でストレスがたまりました(^_^;)
でも、その分、毎日、お腹の赤ちゃんの心音を日に何度も聞いてもらえるし、週に1回はエコーで赤ちゃんに会わせてくれるし、看護師さんや助産師さんと仲良くなって、産後もいろいろ相談に乗って貰えるし、病棟の誰よりも長い入院って感じなので、たくさんの妊婦さんと仲良くなれたりと、思う存分マタニティーライフを味わったって感じで、いいこともたくさんありましたよ。
ほそぼそとした病院食のおかげで、太らなかったしね(笑)
なんとか35週まではがんばってください。
35週過ぎれば、機能的に大丈夫らしいですのでね。
長い入院、ストレスを貯めないように、穏やかに過ごしてくださいね。

現在4ヶ月になる子どもがいます。
私も前置胎盤で2ヶ月入院して帝王切開しました。

まず、前の方も書かれているように、「限度額認定証」を貰っておくといいですよ。
国保でしょうか?でしたら区役所ですが、社会保険でしたら会社の事務もしくは、保険組合に申請して発行してもらってください。
限度額認定証って期限が短いのですが、前置胎盤でこの先2ヶ月ほどは入院しますというと、退院後ぐらいまで期限を延ばして発行してくれるので、相談してみるといいですよ。
私も1ヶ月ほど伸ばしてもらいまし...続きを読む

Q高額療養費の適用(帝王切開)について

高額療養費の適用(帝王切開)について
昨年末、帝王切開にて出産したものです。出産費用については、約40万円ほどかかり出産育児一時金42万円内におさまりました。
帝王切開は高額療養費の適用を受けることができると聞いたのですが、出産育児一時金にてまかなえた私の場合は、対象となるのでしょうか?
というのも、自己負担額が限度額を超えた場合となっていますよね!?自己負担額は、無かったという判断であると対象にならないのでは?と思ったからです。
例えば出産費用40万円中、20万円が帝王切開術費用だとすれば自己負担限度額が約8万円ですから、12万円は戻ってくるという考えで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>例えば出産費用40万円中、20万円が帝王切開術費用だとすれば

高額医療費の計算に出産一時金は関係ありません。
医療費控除と混在していませんか。

>12万円は戻ってくるという考えで良いのでしょうか?
自己負担額というのは保険でいう3割負担のことです。
帝王切開術費用は保険で点数が決まっているので自己負担が20万と
ゆうことはないでしょう。
下のURLの質問者の方は

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218922607
「帝王切開や手術や処置に関する物が3割負担で8万円。」と記述が
あります。
よってこの場合戻りはゼロ。

Q帝王切開・出産一時金直接支払での高額療養費について

先日、妻が帝王切開で出産しました。

その際、病院からもらった領収書がいまいち理解できず、
この領収書で、高額療養費の申請など可能なのか疑問に思い、質問させていただきます。
(病院が遠方のため直接聞きに行くことも難しく。。。)

【状況】
・私は会社員で社会保険に加入しており、妻は扶養。
・帝王切開での分娩なので保険適用対象。(のはず) 
・出産一時金直接支払制度を利用。
・退院時の請求額は \207,060 (出産一時金42万を超えた金額) ※請求書兼領収書の画像有り
・高額療養費の「限度額適用認定証」は使用しておらず、事後で申請する予定です。

【疑問・質問】
・高額療養費の支給は、「保険適用対象の自己負担額」に対してなので、
 この領収書では、ほぼ全額「保険適用外負担額」となっており、支給されないのではないでしょうか?
 少なくとも帝王切開の手術料など、「保険適用対象の自己負担額」は存在するはずです。
・仮に、出産一時金42万から「保険適用対象の自己負担額」が支払われていたとしても、
 高額療養費の支給対象となりますよね?
 
以上です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一言でいうと、「高額療養費請求したいけど、こんな領収書じゃムリじゃねーの!?」ということなんです。。。
どうかご教示お願いします。

先日、妻が帝王切開で出産しました。

その際、病院からもらった領収書がいまいち理解できず、
この領収書で、高額療養費の申請など可能なのか疑問に思い、質問させていただきます。
(病院が遠方のため直接聞きに行くことも難しく。。。)

【状況】
・私は会社員で社会保険に加入しており、妻は扶養。
・帝王切開での分娩なので保険適用対象。(のはず) 
・出産一時金直接支払制度を利用。
・退院時の請求額は \207,060 (出産一時金42万を超えた金額) ※請求書兼領収書の画像有り
・高額療養費の「限度額適用...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます。

2度帝王切開で出産しました。
下の子は2010年生まれなので、ついこの前の話として。

私も夫の扶養で夫の加入している保険組合に高額療養費の申請をしました。
高額療養費とは保険負担分が8万円だったか9万は行かなかったと思いますが、
その額を1ヶ月の中で越えた額を組合が負担=返還してくれる物です。
なのでこの領収書できちんと申請出来ますよ。

保険組合に電話して、高額療養費を申請したいと言えば申請書を
もらえますので記入して送れば大丈夫です。
ちなみに領収書がなくても、保険組合は加入者がどんな内容で
治療を受けたかわかるレセプトが病院側から毎月送られてくるので、
適正に計算して返還してくれますよ。

高額療養費は2年前までさかのぼって申請出来るので、
つい最近ご出産であれば、まだ2年は時間があります。

参考になれば幸いです。

Q帝王切開出産の高額療養申請

こんにちは。

8月に帝王切開手術の出産をしました。
現在、主人(政府管掌の社会保険)の扶養に入っており、15日間の入院で41万円ほどかかりました。
出産育児一時金の申請はしたのですが、高額療養費の申請も出来るのではないかと思いはじめています。
41万のうち、保険適用分は13万6360円です。(食事負担金1万140円含む)

確か、一ヶ月で7万ぐらい支払いを超えると、超えた分が戻ってくるんですよね。
出産でも、保険適用分が13万なら申請できるでしょうか。
もし申請できるのであれば、期限はいつごろまででしょうか。

出産から1か月が過ぎ、ようやくこういうことを考えられる余裕が出てきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご出産おめでとうございます。
赤ちゃんのお世話をしながらの手続きで、何かと大変かと思いますが、これから何かとお金がかかりますので(汗)より育児に活躍できるよう、返してもらえるお金は、申請しましょう。

健保適用分がいくらかが問題なので、健保適用の内容が出産かどうかは関係ありません。
帝王切開という、元気な赤ちゃんと会うためにご自身の体の一部を切る手術をしたのですから、立派な保険適用であり、金額さえクリアしていれば高額療養費の対象になります。

なお、高額療養費は、健保適用分が対象となるため、要するに加入している健保からお金が戻ってきます。
#2さんは「役所から申請書が送られるようになっている」と書かれていますが、国保に加入している場合は保険点数が国保(役所)に送られるのでそうかもしれませんが、会社や管掌の健保組合だと、役所はあまり関係なくて加入中の健保組合とのやりとりになります。

ご主人に頼んで、健保の担当に問い合わせてもらって、申請書を入手すると良いかもしれません。
期限は分からないですが(健保組合によって違うかもしれないし)、年内に申請することをお勧めします。
というのは、出産育児一時金・高額療養費・生保の給付金で戻ってきた金額は、出産のため病院に支払った金額(41万円)から差引いて、医療費控除の申告をしなければいけないからです。

戻ってくる金額が不明でも、戻ってくることが決まっている場合は、見込み金額を差引いて申告する必要があるんです。
#出産ではないのですが、お金が戻ることは決まっているが、金額が不明なことがあった時、税務署で係員に聞いたら、そう言われました。

余談ですが、もし出産育児一時金+高額療養費+生保給付金が、支払った金額より多かった場合、他の医療費までもをマイナスにする必要はなく、「出産の入院に関して、自己負担額、0円」ということになります。

ご出産おめでとうございます。
赤ちゃんのお世話をしながらの手続きで、何かと大変かと思いますが、これから何かとお金がかかりますので(汗)より育児に活躍できるよう、返してもらえるお金は、申請しましょう。

健保適用分がいくらかが問題なので、健保適用の内容が出産かどうかは関係ありません。
帝王切開という、元気な赤ちゃんと会うためにご自身の体の一部を切る手術をしたのですから、立派な保険適用であり、金額さえクリアしていれば高額療養費の対象になります。

なお、高額療養費は、健保適用...続きを読む

Q帝王切開での高額療養費について

先月に帝王切開で出産しました。
7/1に入院し、翌日に手術、9日に退院ですので月はまたいでいません。

色々とネットで確認しましたが、よくわかりません・・・

私のようなケースでも還付されるのでしょうか?

合計金額:438,205円(その内42万は一時金ですので、窓口で支払った金額は18,205円です)

■内訳■
入院料         :0円
室料差額       :0円
分娩介助料      :150,000円
分娩費         :0円(明細には-と記載されているので0円なのでしょうか)
新生児管理保育料 :63,000円
検査・薬剤料     :6,000円
処置・手当料     :0円
産科医療補助制度 :30,000円
その他         :24,075円
一部負担金等     :165,130円
妊婦合計負担額   :438,205円
代理受取額      :420,000円(一時金?)

所得は一般だと思います。

この内訳からの計算方法がよくわかりません。
戻ってくる見込みはありますか?

無知で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

先月に帝王切開で出産しました。
7/1に入院し、翌日に手術、9日に退院ですので月はまたいでいません。

色々とネットで確認しましたが、よくわかりません・・・

私のようなケースでも還付されるのでしょうか?

合計金額:438,205円(その内42万は一時金ですので、窓口で支払った金額は18,205円です)

■内訳■
入院料         :0円
室料差額       :0円
分娩介助料      :150,000円
分娩費         :0円(明細には-と記載されているので0円なのでしょうか)
新生児管理保育料 ...続きを読む

Aベストアンサー

明細の書き方が病院によって違うので多分というとこですが、

一部負担金等 :165,130円
ここが対象になるかどうかの金額の部分だと思います。
領収書などに保険負担分とか自己負担分(実費負担ではなく3割負担の部分)の欄があればその金額で考えてください。
出産一時金は出産すれば誰でも貰えるものですので、高額医療費を考えるときは無視してください。
単純に明細の自己負担分の金額が高額医療費になるかどうかということです。もちろん出産一時金と相殺する前の金額です。
なので、最初に上げた165130円が保険の自己負担分で間違いなければ、所得により金額は異なりますが少しは帰ってきます。

ご存じの通り所得により金額が違うので、参考に協会けんぽの基準がありましたので貼っておきます。
ご自分の該当箇所を参照ください。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/r150


人気Q&Aランキング

おすすめ情報