1990年には確実に売っていたはずなんですが、「もものお酒」(表記は多少違うかもしれません)というリキュール類を発売していたメーカーを知りたいです。ちなみに、メルシャンでないという覚えがあります。

同じころに流行っていた「ピーチツリーフィズ」(メルシャン)とは違い、炭酸が入っていません。コップに注いだときの見た目など雰囲気はむしろ梅酒に近い。
甘めの味で、強めの10~18%くらいのアルコール度数だったと思います。高さ20cmくらい、くもりガラスの丸い瓶に入っていて、底の部分が太くて首が細くなっている形の瓶です。お酒の色は無色に近かったと思います。

その昔好きで飲んでいて、ふと思い出して気になってしまいました。もう販売してないんでしょうが、いつ発売を停止したのかなとか…。メーカーがわかれば少しは歴史がわかるでしょうから。その商品の存在を覚えている方で、他に情報がある方でも結構ですので情報ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お話をお聞きする限りでは結構近いハズですが。

。。

>なぜ、販売中とわかるのか?
私、年末まで酒販担当でしたので(笑)
実は、ちょっと気になって調べてみたのですが確かにサントリーさんのHPには載っていませんね(汗)
しかし、少なくとも2001年11月の時点では取り扱いがありましたよ!

い、いかん。。。最後の商品リストに載ってない。。。
まて…商品の大入れ替えの時のリストだから止めた可能性もあるし。。。
SAKEガイドにも載ってないぞ(滝汗)

ごめんなさい!画像発見できずf^^:
一応、一個だけ発見したので参考URLご覧下さい
注:シェーカーの右にあるオレンジ色っぽい液体の入っている瓶がソレです

参考URL:http://isweb12.infoseek.co.jp/animal/taketaka/mr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです!!こんな瓶でした!!まちがいないようです。

思いこみで「もものお酒」が商品名だと思いこんでしまったようです。確かに「ミス・ピーチ」という商品名にも覚えがあります。時代的にもぴったりですし。サントリーがピーチツリーフィズに対抗して出したというのは意外でした。炭酸入りではないのに…。あのころはカクテル系のお酒というカテゴリー自体が小さかったからですかね。

貴重な知識をお教えいただきありがとうございました!!

お礼日時:2002/01/06 21:08

もものリキュールで有名なのは、デ・カイパーの『オリジナル・ピーチ・ツリー』ですが、度数が違いますので、お探しのものではないですね。



http://www2.ocn.ne.jp/~t150/liqueurfruitspeachli …

ニッカから出ている『ピーチ・ボーイ』がいちばん近いような気がしますが・・・。

http://www.asahi-fun.com/lineup/liqueur_imp.htm

参考URL:http://www.asahi-fun.com/lineup/liqueur_imp.htm

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
でも、そんなバーカウンターに並んでるようなリキュールではなく、酒屋さんやコンビにで冷やして売ってるような、一般向け商品なんです。
ラベルもちょっと可愛い雰囲気のシンプルな感じでした。

補足日時:2002/01/06 00:19
    • good
    • 0

サントリーさんの"ミス・ピーチ"でしょうか?


こちらの商品は現在でも販売されていますよ

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
その商品かどうかよくわからないんですが…。
パッケージとかどっかで見れませんかね?
現在でも販売されてるってなぜご存知なんですか?
サントリーのHPには載っていませんでした。

補足日時:2002/01/06 00:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本酒の紙パックと瓶酒

スーパーに行くと紙パック酒を安く売っていますが 同じ銘柄の瓶酒と同じ品質なのでしょううか?。

Aベストアンサー

同じ銘柄ならば、「詰め」の段階ならば中味は同じです。
紙パックはその分値段が安いということですが、瓶よりも保存性で劣るので、開栓したら早めに飲み切ることが必要です。
ただ、冷蔵保存が必要なものや生酒、吟醸酒など品質にデリケートな日本酒には紙パックは向きませんから、必然的に「普通酒」や「本醸造酒」などランクが下の日本酒になることが多いです。
要するに冷蔵保存が必要な日本酒に、まず紙パック酒は存在しないということです。

Q日本酒 味の違い 吟醸酒、純米酒、本醸造酒

酒屋の広告のためのホームページを作っています。

内容を充実させたいのですが、私はお酒が全く呑めません。そのため日本酒のことがわかりません。

私がホームページで調べたことは以下のことですが、店長は違うことを言っています。しかも酒は原料と製造方法が違うだけで皆同じような味だとか、蔵が違っても味に違いはない、とも言っています。
吟醸酒・・・吟醸香、淡麗ですっきりした上品な味、のどごしのなめらかさなどが特徴
純米酒・・濃醇な酒、こくがある
本醸造酒・・香りが高く、スッキリした味

本当のところはどうなんでしょうか。酒の種類で味を大別することはできないものなんでしょうか。私の計画では、軽く違いを説明して、それと取り扱っているお酒を比べて説明しようと思っています。

Aベストアンサー

こんにちは。

>上質な日本酒と言うのは、一升○万円するような予約してでも買えないという幻のお酒のことでしょうか。

いやそういうわけではなく、一升二千円ぐらいからいいものはあります。
四、五千円ぐらいだせばけっこうな質のものが買えます。
ただ経験的に、1500円を切ると、あんまり結果がよくないようです。

上質なといったのは、これは感覚的な表現になっちゃうんですが、
蔵の気合いの違いです。
気合いのない蔵は、上級品を飲んでみても、
「まずくはないんだけど、なんか、感動がない…」という味になってしまいます。

淡麗・芳醇というのを説明しますと、
淡麗な酒は、微妙な味の肴を一緒に食べても(たとえば白身魚の刺身)、じゃましないような味であり、
芳醇というのは、濃厚な肴(たとえば煮込んだおでん)を食べても負けないような味です。
それぞれの極限が「水」と「みりん」となるような感じです。
でも「水的」「みりん的」ではちょっとなんだから、
「すっきり」「ふくよか」ぐらいの表現ではどうでしょうか。

Q小瓶の日本酒

外国の方で日本酒が好きな人がいてプレゼントを考えています。昔、父親が可愛い小瓶のウイスキーを集めて、飾っていたように思うのですが、日本酒でも小瓶のものはあるでしょうか。東京に住んでいるのですが、お店とか、ネット販売アドレスとか、ご存知のかたがいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

私が子供の頃は「甚吉袋:じんきちぶくろ」というキャンバス地の厚い手提げ袋を持って一升瓶を買いに行かされました。

当時の甚吉袋をミニチュアサイズにして300ml瓶を二本入れた物も発売されています。

紹介した「お福酒造」は酒どころ新潟の蔵でして私のカミさんの実家近くにあって旨い酒を作っています。
「お福甚吉袋セット」
http://www.masatoya.net/ww_3154.html

Qサッポロビール クラシック(瓶)の発売時期を

サッポロビール北海道限定クラシック(瓶)の発売時期をご存じの方!大至急教えてください。

Aベストアンサー

へぇ~~~・・・瓶ってあったんだ・・・

缶ならたしか、岡田監督がコンサに来た頃ぐらいだったと思いますが・・・
2~3年前?ぐらいだったかなぁ・・・

こんど、飲みにいこ~~~っと・・・

たぶん、缶が発売された頃と一緒ぐらいだと思います。
CMでは「岡田監督」と地元のタレント「大泉 洋」が起用されてましたね。
「北海道は好きですか・・・」てな事言ってました。
(両者とも声だけの出演)
水の中に缶ビールが跳ねてるような演出で・・・
あ~そうそう、なんか爽やかな時期・・・5~6月ぐらいだったか・・・

ちょっと古くてうる覚え・・・

Q辛口、甘口(四合瓶)で美味しい日本酒を教えてください。

訳あって高価で美味しい辛口の日本酒と甘口の日本酒を探しています。
条件としてはスーパーなどで安価で手に入るようなものではなく、高価な物で、出来れば四合瓶だと嬉しいです。
私が、ではなく日本酒好きの皆さんが「これ!」と思うものをお勧めしてくださると嬉しいです。
ざっくりとした条件で申し訳ないのですが、宜しくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

高価でも不味い酒は沢山ありますからね。
4号瓶で高価なものでしたら、「菊姫」の「菊理姫」です。
4号で2万円超のそこそこ甘口です。
http://www.kagimoto.com/site_sake/xhp_nihonsyu/p_list_kikuhime.html#438

あとは、いくらお金があっても手に入らない日本酒があります。
プレミアム値段でもよければ、十分に高いお酒と言えます。
「十四代」「飛露喜(ひろき)」「而今(じこん)」・・・この3種はそこいらで手に入れることはできませんが、お金に糸目をつけなければネットで十分に買うことが出来ます。

皇太子殿下御用達の日本酒として、「黒龍」の「石田屋」があります。
4号瓶で1万円ですが、甘い辛いのレベルを超えて話題性としてはいいかと思います。
http://www.nipponnosake.com/kuramoto/kokuryu/item1.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報