加水分解と脱水縮合の特徴について分かる方がいましたら
ご教授下さい。当方初心者ですので分かりやすく教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>単純に脱水縮合と加水分解とはどういうものかということを伺いたい



TOPページで「加水分解」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にしてください。

さらに高校の化学教科書があれば記載があります。
単なる用語解説であれば「化学大辞典」(丸善、東京化学同人)を見てください。

一番単純な例(?)は
加水分解:マルトース(麦芽糖)⇒ブドウ糖
     デンプン⇒ブドウ糖、オリゴ糖
脱水縮合:ブドウ糖⇒マルトース(麦芽糖)
     ブドウ糖、オリゴ糖⇒デンプン等
「加水分解」では水分子の付加があり、「脱水縮合」では水分子の脱離があります。

ネットで検索しても沢山Hitしますが・・・?

どのような化合物で知りたいのでしょうか・・・?

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おかげさまで理解することが出来ました。
検索エンジンで検索したところ専門的なものがとても多かったので
ここで聞いてみたところ解答いただけて助かりました。
細かいところは改めてネットその他で調べてみようかと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/07 16:34

 MiJun さんの回答にある通りなんですが,少し補足致します。



【加水分解】「分解」の一種です。「分解」はお分かりになるかと思いますが,1つのものを幾つか(通常は2つ)に分ける反応です。特に,水を加えて行なう分解を「加水分解」と言います。すなわち,化合物 A-B に水(H2O)を加えて A-OH と H-B に分解する反応(A-B + H2O → A-OH + H-B)です。

【脱水縮合】「縮合(幾つかのものが1つになる反応)」の一種で,縮合した時に水が出て来る反応を「脱水縮合」と言います。つまり,上記の加水分解の逆反応(A-OH + H-B → A-B + H2O)です。

 いかがでしょうか。お知りになりたい事を,もう少し具体的にお書きいただければ,より詳細な回答も可能かと思います。必要なら補足下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おかげさまで理解することが出来ました。
後はどうやら自力で対処が出来そうです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/07 16:30

「特徴」とはどのような意図からの質問でしょうか・・・?



補足お願いします。

この回答への補足

質問があいまいで申し訳ありません。補足します。
単純に脱水縮合と加水分解とはどういうものかということを伺いたい
と思い投稿しました。その上で脱水縮合と加水分解の違いというのを教えていただければありがたいと思っています。
また、分かりやすいサイトがあればそれを紹介していただければ幸いです。

補足日時:2002/01/06 19:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポリカーボネートの加水分解について

ポリカーボネートの加水分解温度をご存知でしょうか?
まず加水分解というものがいまいちわかりません。
検索しても難しい言葉ばかりで理解できません。
わかりやすく説明していただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

ポリカーボネートの加水分解温度という言葉は??なのですが

ポリカーボネート単体で使用されることはほとんどありません。
ほとんどがPETやPBTなどと混ぜた形で使用されるため、その配合比率や
その他充填材の影響を受けますので「加水分解をしやすくなる温度」は
そのグレード(品種)によってまちまちです。

モノによってはある一定の温度で加水分解するものもあるかも
知れませんが、私は浅学にして見たことがありません。

加水分解を一言で言うと「水に接している部分が割れることがある」
になると思いますが、イメージですので正確ではありません。
水に触れていなくても大気中の水分を吸って割れることもあります。
また、割れるだけではない影響が出ることもあります。

化学的には#1様の反応が起こるだけのことです。
それが局所的に起こるのか全体で起こるのかだけの違いですが、
他の樹脂や充填材との混合はそうならないようにメーカー各社が
工夫している成果と、用途による特化のためといえます。

購入先のメーカー(商社)に聞くのが一番確実です。

こんにちは。

ポリカーボネートの加水分解温度という言葉は??なのですが

ポリカーボネート単体で使用されることはほとんどありません。
ほとんどがPETやPBTなどと混ぜた形で使用されるため、その配合比率や
その他充填材の影響を受けますので「加水分解をしやすくなる温度」は
そのグレード(品種)によってまちまちです。

モノによってはある一定の温度で加水分解するものもあるかも
知れませんが、私は浅学にして見たことがありません。

加水分解を一言で言うと「水に接している部分が割れる...続きを読む

Q脱水縮合によるエステル合成の操作について

ベンジルアルコールのシクロヘキサン溶液に酢酸とp-トルエンスルホン酸を加えて還流し、酢酸ベンジルを合成しました。反応終了後、炭酸水素ナトリウム溶液で洗浄するのはなぜですか?(酸触媒をちゅわするためですか?)
あと、p-トルエンスルホン酸は酸触媒であると考えていいですか(酢酸も酸性だが消費されてしまうから??)
教えてください。

Aベストアンサー

>p-トルエンスルホン酸は酸触媒であると考えていいですか

はい、その通りです。酢酸は酸としては非常に弱いので(pKaを比較して下さい)触媒としては非常に弱いです。

>炭酸水素ナトリウム溶液で洗浄するのはなぜ

残っている酢酸を系から除いて処理を簡単化するためです。

Qエステルの酸加水分解

単純な質問で申し訳ありません、いろいろ調べたのですがわかりませんでした。
エステルの酸加水分解とはなんでしょうか?エステルの加水分解は理解しているのですが、酸加水分解というものを突然目にして戸惑っています。普通のエステルの加水分解とは何か違うのでしょうか。

Aベストアンサー

酸を触媒として使うものだと思います。

Q脱水縮合反応

脱水縮合反応について質問です。
例えば以下のような反応が起きる場合、
Si-OとSi-Hの結合が1つずつ切れて縮合が起きると思います。

-Si-O-H    H-O-Si- → -Si-O-Si + H-O-H

ですが、Si-OやSi-Hの結合エネルギーはそれぞれ
約11、3eV程度必要であると思われるのに対し、
それより低いエネルギーを与えても
縮合は起きているように思われます。
このメカニズムについて教えて頂ければと思います。
(高校の頃の化学で習ったような気もするのですが‥‥)
何eV以上のエネルギーでこの縮合が起きるのかについても
理由とともに教えて頂ければ助かります。

ちなみに、シリカ(SiO2)1molを100℃上げた場合に
シリカに与えられたエネルギーは、
Q = M(分子量) × C(比熱) × T(温度)
~ 60 × 0.8[J/gK] × 100
~ 4.8 [kJ/mol]
= 4.8 / 96.44 [eV]
と考えたのですが、間違っていますでしょうか‥‥(かなり自信薄^^;)

脱水縮合反応について質問です。
例えば以下のような反応が起きる場合、
Si-OとSi-Hの結合が1つずつ切れて縮合が起きると思います。

-Si-O-H    H-O-Si- → -Si-O-Si + H-O-H

ですが、Si-OやSi-Hの結合エネルギーはそれぞれ
約11、3eV程度必要であると思われるのに対し、
それより低いエネルギーを与えても
縮合は起きているように思われます。
このメカニズムについて教えて頂ければと思います。
(高校の頃の化学で習ったような気もするのですが‥‥)
何eV以上のエネルギーでこの縮合が起き...続きを読む

Aベストアンサー

回答にならないかもしれませんが、一般論として、反応を進めるのに必要なエネルギーは結合エネルギーと比較してかなり小さくなります。
すなわち、多くの反応は、特定の結合が完全に切れてから進むというわけではないですし、溶媒や触媒などの影響も受けます。
また、分子の持っているエネルギーはそれぞれ異なっています。すなわち、最後の計算が妥当かどうかはわかりませんが、計算で出てくるのは平均値であり、それから大きくずれたエネルギーを持っている分子も一定の割合で存在するはずです。
その、大きいエネルギーを持っている分子から反応してゆくことになります。また、反応後もそういう分子が次々に生じて来ます。

ご質問の脱水縮合に関しては、おそらく酸触媒が作用しているのだと思います。酸素にH+が結合することによって、Si-O結合が切れやすくなると言うわけです。この時に生じる水が安定であることも、反応を進める上で有利な要因となります。

Si-OH + H^+ → Si-OH2^+ → Si^+ + H2O
Si^+ + Si-OH → Si-O-Si + H+

Qたんぱく質の加水分解について~

化学初心者です。 たんぱく質の加水分解について教えて下さい。

1、タンパク質は、加水分解するようですが、もともと、水に弱い、と言う事でしょうか?

2、工業的には、塩酸を使って加水分解させるようですが、塩酸を使っているのに
  加水分解と言う言い方が、わかりにくいのですが・・。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 タンパク質のペプチド結合(アミド結合)、エステル結合はとても強い結合で、酸や塩基がないと加水分解しません。
 酸が触媒として働いていると考えて良いでしょう。
 詳しい反応機構は、将来学びます。

下記にエステルの生成機構があります。この逆が加水分解で多アミド結合も同じです。
 ⇒フィッシャーエステル合成反応 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E5%90%88%E6%88%90%E5%8F%8D%E5%BF%9C )
 この図の一番下の部分は平衡反応になっていて、一方には水分子がありますから、水を継続的に取り除けばエステルが出来る方向に、水が豊富に存在すると分離することになります。

Qタンニンの加水分解型と縮合型の違いについて

多数のフェノール性水酸基をもつ芳香族化合物の総称がタンニンというところまでは分かったのですが,更に,タンニンには,加水分解型と縮合型があるようです。
この機能性の違いについて詳しく教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

機能性の違いといっても・・・・。

とりあえず、加水分解型タンニンと縮合型タンニンの違いについてだけ知っている範囲内で。

縮合型
主にフラボノイド(茶葉に含まれるカテキンもこの一種)が縮合した構造。
用途:なめし剤、凝集剤、接着剤など。
場所:樹皮や木材部分。(主に樹皮。)

加水分解型
主に没食子酸と糖類のエステル。縮合型に比べ低分子だったような気が・・・。
用途:昔見た本には何も書いてませんでした。
場所:虫こぶ(等)。

機能性の違いについて、とのことですが、もっと具体的に書いた方がよいかと思います。
(例えば、人体への影響とか、植物への生理的役割だとか・・・)

Q加水分解って?

こんにちは。よく化粧品の成分で「加水分解○○」と
いうものが表示されていますが、そもそも「加水分解」って
どういう意味なんでしょうか?

Aベストアンサー

高校の有機化学の知識ですね。

有機化合物で、ヒドロキシル基(-OH基)を末端に持っている分子は、同じく水素原子(-H)を末端に持っている化合物と一緒に加熱されると、このヒドロキシル基と水素原子を手放して「切り口」ができ、2つの分子が結合しやすい性質があります。

この時、放出されたヒドロキシル基と水素原子が結合して水分子ができますので、見かけ上は2つの分子が結合して、余った水を放出することになります。これを「脱水縮合」と呼びます。このような成り立ちの高分子は生体内にたくさん含まれています。

脱水縮合の逆が加水分解です。水を加えて加熱すると、結合していた部分が外れて分子が2つに分かれ、新たにヒドロキシル基と水素原子が「切り口」をふさぎます。

化粧品などには天然素材が多く含まれています。この中の大きな分子を分解して小さな分子に変えたいときに、この加水分解の操作が利用されます。

食物のデンプンが体内で分解されて吸収しやすい糖になるのも、フライパンの焦げ付きに水を入れて加熱すると分解して落ちやすくなるのも、加水分解の作用ですよ。

高校の有機化学の知識ですね。

有機化合物で、ヒドロキシル基(-OH基)を末端に持っている分子は、同じく水素原子(-H)を末端に持っている化合物と一緒に加熱されると、このヒドロキシル基と水素原子を手放して「切り口」ができ、2つの分子が結合しやすい性質があります。

この時、放出されたヒドロキシル基と水素原子が結合して水分子ができますので、見かけ上は2つの分子が結合して、余った水を放出することになります。これを「脱水縮合」と呼びます。このような成り立ちの高分子は生体内にたくさん含ま...続きを読む

Q当方まだ化学分析の初心者です、ぜひご教授願いたいのですが、煙道内で捕集

当方まだ化学分析の初心者です、ぜひご教授願いたいのですが、煙道内で捕集した硫酸ミストの円筒ろ紙を硫黄の分析値に影響のでない乾燥温度はいかほどの温度でしょうか?それとも乾燥すること自体が間違っていますか?煙道内のダスト濃度も知りたいため乾燥してから分析したいのですが

Aベストアンサー

0)円筒ろ紙は縦それとも横にあるのですか、サンプルの分布状態を考えること
1)分析はなるべく生のサンプルをそのまま使用すること
2)乾燥することで、硫酸ミストの硫黄の分析値に充分影響をあたえるので、乾燥しないこと。
3)ダスト濃度の場合は最後に乾燥すればいいのです。
4)一案として、サンプルを半分にして、ろ紙がたててあれば、上下に半分(分布が均一)、その一つを硫酸ミストの分析に、あとの半分はダストの分析に。
5)円筒ろ紙のサンプルがすぐできるなら、(一日、一週?)、全ろ紙を硫酸ミストの分析に、あとで、
ダスト分析もかんがえられます。
6)サンプルのハンドリングにくれぐれも注意、多くは、身体には不健康です 

Q酵素による加水分解と塩基による加水分解

酵素による加水分解と塩基による加水分解の違いとはどのような点でしょうか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 酵素は、タンパク質からできていて、高温では、変性してしまい、働かなくなります。(=最適温度が存在する。)また、酵素が作用する物質(基質)は、各酵素によって決まっています。(=基質特異性)それから、酵素には、反応に適するpHが存在します。酵素は、生体内で機能するので、その酵素が働く体内の環境下で、働きやすくなっているようです。

Qレーヨン・テンセル・綿 服地で縮むもの縮まないものの違い

レーヨンやテンセルは天然素材ですか?

服に使用されている場合かなり縮むのでしょうか?

綿の服でも縮むものと縮まないものがあるので不思議です。

Aベストアンサー

レーヨンは 木材パルプ中のセルロースを化学的に取り出し、繊維に再生させたセルロース系繊維です。

テンセルは、リヨセルという糸の商標名で、やはり再生繊維です。

http://www.jcfa.gr.jp/sozai-shohin/mini/mini-02.html
http://lifeon.lion.co.jp/washing/01/02.htm

繊維の世界は奥が深いです。

服が縮むのは(のびたりは)
 糸の素材そのもの
 糸の製糸状況によるもの(糸のより方や強さ諸々)
 布地の織り方、編み方によると‥
 そして、洗濯や乾燥時の処理

逆の発想で、上記を活かして、布地を設計したりして作ったり、するんです~。(*^_^*)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報