厄年には前厄、本厄、後厄がありますが、お払いは毎年きちんとした方が良いのでしょうか?
以前、「この3年の間に1回だけ行けばよい」と聞きましたので、神社の方に真偽を確かめましたところ、「本人の好きなように」と言われてしまいました。
皆さんはどうされてますか?

それから、私自身は既に厄払いをしてしまったのですが、まだ厄払いをしていない友人に「もう一度一緒に行って欲しい」と言われてしまいました。(^_^;)
何度も行く必要がないのは分かっているのですが、どうも断りづらくて…。
そこでお聞きしたいのですが、何度も厄払いに行くと(違う神社です)マズイことってありますか?

どうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お払いやお守りは、1年間(お正月から大晦日まで)効果があると聞いたことがあるので、私は厄年の間毎年お払いしてもらいました。



まぁ、気分の問題だとは思いますけどね(^^

厄払いについてですが、厄年ではない人が行くと、厄をもらってくるとも聞きました。

厄払いしてるのでしたら、厄をもらってくるかも知れませんね・・・?

神社の方がおっしゃっているように気持ちの問題ですので、みなさんの意見を聞いてayaeさんが納得いけばそれでいいと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。<(_ _)>

お払いやお守りは1年間有効なんですね。
もともと心配性な性質なので、やっぱりちゃんと毎年行こうかなって思いました。(^^ゞ

気持ちの問題…というのは良く分かります。(^.^)
今日、お払いしてもらったのですが、頂いたお札を見てホッと気持ちが和みました。
「お払いしてもらったから何も起こらない」というのではなく、「お払いすることによって自分が気持ちよく過ごせる」というのが、お払いの最大の効果なのでは…と思っています。

> 厄払いしてるのでしたら、厄をもらってくるかも知れませんね・・・?

こ…これは、ちょっと怖いかも…。(^_^;)
もうちょっとよく考えてみますっ。

どうもありがとうございました。<(_ _)>

お礼日時:2002/01/06 22:28

あなたやお友達は厄払いをしなければならない宗教宗派の方なのでしょうか?



ちなみにキリスト教の方はしません。仏教でも私どものように浄土真宗の者はいたしません。
したがって、自分の属する宗派のしきたりに従えばよいのであります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。<(_ _)>

浄土真宗の方は厄払いをされないのですね。キリスト教については既に知っておりましたが、仏教については初めて知りました。
私や友人は特に信仰する宗教を持っておりませんので、そういった意味では厄払いは不要なのかも知れません。
ですが、気持ちの問題としてやはりきちんと厄は払っておきたいと思うのです。
「気持ち」の問題ならば自分達の気の済むような方法でやってしまえば良いのかも知れませんが、しきたりその他を無視してしまうほどの度胸はなく…。(^_^;) 小心者なんです。お恥ずかしいですけれど。

どうもありがとうございました。<(_ _)>

お礼日時:2002/01/07 07:02

24,25,26の時は何もしませんでしたが、


特にこれといった災難は何もなかったですね。

次は41,42,43ですが何もするつもりはないです。
まったく気にしてませんので.
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。<(_ _)>

何事もなく厄年を過ごされたとのこと、良かったですね。(^.^)
私も18歳の時は特に気にしなかったのですが、今回は大厄ですので、やはり気になってしまいます。
体力も衰え始める年なので、自戒の意味も込めて厄払いに行きました。

どうもありがとうございました。<(_ _)>

お礼日時:2002/01/06 23:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神社の厄払いの料金について。

神社で本厄払いをしたいのですが、料金は神社側で決められているのですか?

Aベストアンサー

私が行った神社は初穂料が3000円、5000円、1万円…∞という感じで設定されてた気がします。
5000円にするとお札に名前を入れます、と言われたので迷わず3000円に。
お札のグレードなんでしょうね。
社務所に案内が出てましたよ。

Q厄払いの神社について

来年は厄年に当たるので、厄払いに行きたいのですが
どこに行けば良いか悩んでいます。
最初は関西に住んでいるので「門戸厄神」に
行こうと思いましたが、ある所で地域の神社が良いと
読み、どちらが良いのか分からなくなってしまいました。
厄払いを2回受けても問題が無いのなら、両方に行こうかとも思います。

地域の神社が良いのか名の知れた神社が良いのか、
どちらが良いのでしょうか?そして厄払いに2回行っても良いのでしょうか?教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

僧籍のものです。
 たしかに、厄除けの限らず祈願などは、地域の鎮守や、氏神を祀った神社や当家と縁がある菩提寺で行うのが本義でしょう。神社にはさまざまな神が祀られていますが、日本人のとっての「カミ観念」の根本は先祖であり、氏神というのも本来は一族の先祖を「カミ」として祀り上げたものですから。また菩提寺もさまざまな縁によって、あなたと縁を結ばれた仏ですからそこにお願いするのが正しい形といえます(もっとも、浄土真宗では祈願は行わないようですが)
 ただ、現実問題として寺社によっては、特別な祈願を受け入れる体制が整っていないところもありますので、そのようなところですと普通に参拝されてねんごろにお願いされるとよろしいでしょう。
 それでは遠くの寺社のお参りしてはいけないのかというとそうではありません。というのは、昔は農作業などの、仕事がひと段落付いた季節に「厄年のお払いのためのお参り」という名目で信仰半分、物見遊山半分の感じでひとつの楽しみとしての面もありました。また昔は「旅」というのは、道中を苦労することにより「いままで犯した過ちを償い」そして「生まれ変わる」という信仰もあります。
 ですので「あれもこれも」という気持ちで祈願されるのでなく、今まで無事に過ごせたことをまず地域の神社や菩提寺に感謝の祈りを捧げ、そしてお参りしたいと思う有名な寺社で祈願されたらどうでしょうか?

 お寺で厄除けで有名なのは「門戸厄神(東光寺)」(ここの厄神明王は、不動明王と愛染明王が合体した仏様で、弘法大師作と伝わります)。
http://www.mondoyakujin.or.jp/
 
 大津市の「立木観音(安養寺)」(ここは700段の石段を歩いて上るので、自らの汗で“厄を祓い清める”という気持ちになれますね)。
http://www.pref.shiga.jp/minwa/01/01-05.html
 
 宝塚市の「清荒神(清澄寺)」(竈の神様で知られている「三宝荒神」に火箸を奉納して、厄をつまみ出すといわれています)。
http://www.kiyoshikojin.or.jp/index.html

僧籍のものです。
 たしかに、厄除けの限らず祈願などは、地域の鎮守や、氏神を祀った神社や当家と縁がある菩提寺で行うのが本義でしょう。神社にはさまざまな神が祀られていますが、日本人のとっての「カミ観念」の根本は先祖であり、氏神というのも本来は一族の先祖を「カミ」として祀り上げたものですから。また菩提寺もさまざまな縁によって、あなたと縁を結ばれた仏ですからそこにお願いするのが正しい形といえます(もっとも、浄土真宗では祈願は行わないようですが)
 ただ、現実問題として寺社によっ...続きを読む

Q厄払いの料金

通常、厄払いにいくら払いますか?
私は10,000円で厄払いをしましたが、
周りの様子を伺ってみると、
だいたい5,000円くらいのようでした。
10,000円は払いすぎでしょうか?

Aベストアンサー

相場的には5000円位からでしょうか。

要は、厄払いは信心から行う儀式ですから、必ずやらなくてはならないものでもありませんし、本来宗教の儀式に相場というものは存在しないと聞いています。(人それぞれがバラバラだと経営のこともあって面倒なので金額表示があるだけです)

話は違いますが、お布施はやはり5000円位からなんて言われますが、極端な話、拠出する方の気持ちとその額があっているかということです。

平たく言えば、出した本人が納得すればそれが正当な金額なんです。

出しすぎたんじゃないかと思われるのであれば、信じているものが少ないのじゃないのではありませんか。

たった一粒のお米でも私ができる精一杯の感謝の印ですということであれば、神様も仏様もそのほかのものだってきちんと理解してくれるはずです。10000円以上は願い事を聞きますという神仏は存在しません。

Q神社の分布のかたより 住吉神社など

住吉神社は西日本、秋葉神社・鹿島神社は東日本といった漠然とした印象があるのですが、それぞれ東限、西限はどこでしょうか。

Aベストアンサー

住吉社は、本社格が、大阪・山口・福岡とあるので、
西に偏りがちと思われますが、海運の神であることから、
海運や水運に関係する土地、港に設けられ、
北は北海道・東北から、鹿児島まで、日本全国に存在します。

鹿島社は、祭神は武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)であり、
藤原氏と縁の深い神社です。
藤原氏といえば、西では春日大社となり、祭神も同じであり、
西は春日社、東は鹿島社が多いです。

秋葉社は、山岳信仰と神仏混淆から発達した神社で、火伏せの神といわれていて、
同様の神に愛宕社があり、愛宕社のほうは、全国的に広がり、
秋葉社は本社のある静岡を中心に、中部地方に分布しています。

東限・西限はよく判りません、小さな神社や境内社・摂社等を全て網羅した文献も無いでしょうから。

ご参考までに

Q<厄払いについて>

<厄払いについて>
最近、入院や定期券を落とすなど、不幸な事が続いています。
厄払いがしたいのですが、手続きや料金などがわかりません。
川崎なので、川崎大師、鶴岡八幡宮、明治神宮、大国魂神社などの
厄払いの手続き、料金、時間を分かる方がいれば教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

  こんにちは。

 川崎大師だと次の通りです。
護摩 5,000円、7,000円、1万円
大護摩 2万円
特別大護摩 3万円以上


開始時間は決まっています。
お護摩修行時間午前 午前の時間リスト6:00(10月~3月は6:30、但し毎月21日は6:00)
9:00 10:30 11:30

午後 月曜日~土曜日
(祝日含む) 平日及び祝日の時間リスト1:00 2:30 3:30

日曜日及び毎月21日 日曜日及び21日の時間リスト1:00 2:00 3:00 4:00

毎月20日のみ 20日のみの時間リスト7:00

参考URL:http://www.kawasakidaishi.com/profit/goma.html

Q出雲神社・伊勢神宮・高千穂神社の中ではどれがベスト?

ご高覧ありがとうございます。

さて質問ですが出雲神社・伊勢神宮・高千穂神社は
民俗的・由緒的にどれが神社ナンバーワンにふさわしいでしょうか?

個人的には日本人の日本人性は定義できないので
稲作をもたらした半島人たる天照を祀った高千穂が
民の生活に与えた変容と得た崇拝的に価値が高いと考えますが

この考えにどのような肉付け、あるいは反論ができますか
忌憚なきご意見を(なるべくわかりやすく)お聞かせ下さい
お願いします

Aベストアンサー

高千穂神社は出生地で
伊勢神宮は本宅
出雲神社は別宅、集会場?

というように感じます。

どれがナンバーワンとも言えないでしょうね。どれも大切な神様の場所ですから。

Q福岡市内で厄払いの有名な神社を教えてください。

私は来年前厄なので厄払いをしたいのですが、
福岡市内又は市福岡近郊で厄払いの有名な神社を教えてください。
また、その神社で料金設定がしてあればその金額も教えてください。
今年の正月は喪中だったので、来年は厄払いをして、
気持ちを新たに新年をむかえたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

福岡市内で厄払いで有名といえば、まずは若八幡宮でしょう!
場所は祇園の福岡市水道局の前にあります。
毎年大晦日の夕方からは、たくさんの参拝者が訪れます。

それから、放生会で有名な箱崎八幡宮も厄払いの神社です。
ここも年末は、厄払いの参拝者で賑わいます。

Q同じ日に神社とお寺行ってもいいの?

同じ日にペットの納骨と出産のお願いに神社行く日が重なったのですが、同じ日に両方行っても大丈夫ですか?
どちらかのみにした方がいいのでしょうか?
ご存知の方教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「構わない」という回答が多いのですが,「葬儀・法事などの弔事の後に神社にお参りなさるのは遠慮してください。」と記した神社のホームページを見たことがあります。

Q今年本厄です♂。厄払いについて教えてください。

今年本厄なので神社にて厄払いをしたいのですが、厄払いの手順やマナーなどが良くわかりません。そこでいくつか質問いたしますのでアドバイスお願いします。

事前に予約などが必要ですか。料金はどのくらいかかりますか。服装はスーツのほうが良いですか。厄払いって個人個人でやっていただけるのですか。大安、仏滅などは関係ありますか。

その他、経験者さんのちょっとしたアドバイスや参考にしたほうが良いWebサイトなどを教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

有人の神社や祈祷寺に行って社務所で当日に厄払いの祈祷を申し込めばOK!
(祈祷寺=天台・真言・日蓮宗など。間違っても浄土真宗寺院に行かないように)

神社の場合は昇殿参拝の時にはスーツ着用がマナーとされていますが
寒い冬の時期なので普段着でジャンパーの人もかなり居ます。
(厄除けの祈祷の場合は普段着でも拒否はされません。
これが例大祭等だと寒くてもスーツや礼服着用が一般的で普段着で参列すると
周りから浮きまくりです。地域によっては裃やハッピ着用もありますね)

祈祷料は神社仏閣によって違いますが5000円~が多いですね。
ちなみに大安仏滅は関係ないね~。

Q浅草神社に行ったときに写真のものが何かと子供に聞かれたのですがわかりま

浅草神社に行ったときに写真のものが何かと子供に聞かれたのですがわかりませんでした。
これが何なのか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元々は天水鉢として使用されていたものかと思います。寺や神社の本堂(本殿)入口の両脇に置かれ、降った雨が屋根から雨樋や鎖をつたってここに溜まります。

改築などで新しい天水鉢が設置されて不要になった古い天水鉢が置いてあるのではないでしょうか


人気Q&Aランキング