人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

なんででしょうか?
日本と韓国みたいに
ナチスにフランスは昔やられたので
フランスは半独教育を熱心にやっているとか
そういうことでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

そもそも、フランス人はドイツが嫌いなんでしょうか?



2004年6月5日付けフィガロ紙の世論調査によると、ドイツへの信頼度は、米英を抜いているそうですが。

歴史的経緯については、#4のお答えどおりかと思います。
特に反独感情が強まったのは、普仏戦争以降ですね。
    • good
    • 0

うーんそうですね、フランスとドイツはそれほど中は悪くは無いですよ、ただ昔、何度か戦争があったのですが、それで、フランスは負けてばっかりだったので、それで痛めつけられた恨みのようなものはあるようですが、



どちらかというと、フランスの人は、イギリスの人が生理的に嫌いなようですね、だからその延長上にあるアメリカに対しても、生理的に好きにはなれないようです、だから別にそれほどは、フランスの人はドイツを、嫌いではないと思いますよ、
    • good
    • 0

 私もNO5の方同様に、「?」という思いです。

ご質問内容が文言の端々にかなり単純な思い込みから発せられた質問であるように見受けられます。
フランスは反ドイツを国是として、国定教科書では捏造されたフランスの国史を子供に教え、反ドイツ教育に主眼を置き、世界を視る時に常にドイツを通して見る傾向が強く、親は子供にドイツ人にだけは負けるな!と教育し、親ドイツないしはニュートラルな視点でドイツ史について書かれた著作をフランス国内で「有害図書」に認定し、事有る度にドイツ国旗を燃やし、ドイツ国内にてフランスの武装スリ団が頻繁に暗躍し、国防においてはドイツを仮想敵国とみなし、政権が変わろうが何十年経とうが「正しい歴史認識、、、」をドイツ側に要求し、大衆文化の多くをドイツからパクってもそれらは自国のオリジナルだと言い張る、、、、ようなことは一切やっていません。フランスの民度は韓国のような底の浅い思想性、論理性を持った国とは大きく異なり、ある意味非常にニヒリスチックな成熟した国家です。
    • good
    • 0

フランスとドイツの対立が起きるのは、ハプスブルク家(オーストリア)が、ブルゴーニュ公位を相続してからです。


ブルゴーニュ公とフランスとの対立を、神聖ローマ帝国(ドイツ)皇帝のハプスブルク家が、そのまま引き継ぎました。

このブルゴーニュ家は、フランス王の一族ですが、百年戦争時に、イギリスと同盟を結び、フランスと戦った人です。
百年戦争終結後も、敵対関係にありました。

ブルゴーニュ公シャルルに男子後継者がいなかったため、娘マリアの夫マクシミリアンがブルゴーニュ公家ほ継ぎ、後に神聖ローマ帝国皇帝となったため、フランス対ドイツの抗争が始まります。(15世紀)

18世紀には、勢力の衰えたハプスブルク家は、フランスと同盟関係になりますが、今度はハプスブルク家を圧倒したプロイセン王国(現在のドイツの元)とフランスの対立へと向かいます。

フランス革命後、ナポレオン戦争で、ドイツ国民が一致協力してナポレオン軍を撃退した事により、ドイツ統一の機運が高まり、それを妨害しようとしたフランスのナポレオン3世と普仏戦争となり、ドイツ統一が成りますが、アルザス・ロレーヌをドイツに奪われたため、フランスにて反ドイツ機運が高まります。

第一次世界大戦に敗れたドイツは、フランスへの多額の賠償金を課せられ、反フランスの機運が高まり、第2次大戦へと突き進みます。

第2次大戦後は、EUの主導権争いも有りますが、基本的に対アメリカ、ロシアで、ドイツとフランスは、手を握っています。

ハプスブルク家が、ブルゴーニュ公位を引き継ぐまでのフランスの主な敵は、イギリスでした。
    • good
    • 0

フランスはローマ帝国に組み込まれていた文明国でした。

ドイツ(ゲルマン)は化外の民族、野蛮人です。
譜仏戦争で敗れ、第一次大戦では国土を戦場にされ以下皆様が書かれております。
    • good
    • 0

 多分 そういうことです。


 ナポレオンの時代が終わってから以降 フランスはドイツ(プロシアも含めて)との戦争に勝ったためしがありません。
 普仏戦争 第一次大戦 第二次大戦と 連敗続きです。
 一応 二十世紀に入っての二つの大戦では 戦勝国になっていますがその実態は どちらも敗戦国です。ドイツに敗れているのです。
 第二次大戦では フランスが難攻不落と誇ったマジノ要塞はドイツの強力な機甲部隊によってあっさりと突破され フランスは 僅か6週間でドイツの軍門に下りました。
 フランスの国土からハーケン・クロイツの旗を一掃するためには ノルマンディー上陸以降の アメリカ軍を主力とする西からの攻勢及びソ連軍を主力とする東からの それぞれ 連合軍による反攻が必要でした。
 フランスは 単独ではドイツの敵ではなかったのです。
 例えてみれば 一応 勝利チームのメンバーではあるが ベンチにいた・・・といったところでしょうか。
 戦争に負けたからといって それが何なんだ・・・と言われればそれまでですが このような民族的記憶は 確実に 屈辱的なトラウマを誘発します。
 それは 現在の日中関係や日韓関係を見れば よく分かります。
 現在の「日中間の問題」や「日韓の問題」には かつて 日本がこの両国を力によって支配下に治め また 蹂躙したことが大きく影を落としています。
 中国や韓国の常軌を逸した反日教育は それなくしては考えられません。
 これは ご質問 のフランスに於けるドイツ嫌いとも相通じるものと愚考します。
    • good
    • 0

日本と韓国とは違いますね。


日本と韓国は、根はほとんど同じです。いわゆる同族同士が張り合っているという感じです。

ドイツゲルマン系ですから、ケチで几帳面で、神経質で緻密。
フランスは、エロくて、生意気で、自己中心的で、ルーズで派手。

まるっきり違う民族です。そして長い年月、戦争をし続けてきました。教育の問題ではありません。
領土もとったりとられたりしていますし。

三国時代をのぞけば日本と韓国が戦争をしたのは、元寇と朝鮮征伐の二回だけです。むしろ、長く仏教や様々な文化をもたらす貴重な隣国という関係でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランスを嫌いになりました。

パリに一人旅に行ったのですが、とても嫌な思いをしました。
・3人に襲われて6万円盗られました。
・電車内で差別的なことを言われました。
・タクシーで請求されたお金がありえないぐらい高かったから文句を言ったけど、英語で喋っても聞いてくれませんでした。

もうフランスなんか行かないと決めたのですが、ヨーロッパはどこもこんな感じですか?1人は襲われやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。私もいくつかのヨーロッパ各地に滞在または旅行の経験があるものです。

ヨーロッパにも良い国はありますよ。

ただ、フランスは私も個人的に好きじゃありません。
いつも世界中所構わずフランス人男性がナンパしてくるし(もちろん体目あてに違いありません)、しつこいし、断ると不機嫌になり怒り出します。
自己主張は非常に大切なことだと思います、でも自己中やわがままは全く別のことです。
ですが、フランス人の芸術性は非常に長けていると思います。ただ、人間関係を築くにあたって私とは全く気があいません。

性別や年層などで変わってきますが、北欧のおばさん達が非常に頼りになり親切に助けてくれました。一度私の降りる駅がどちらが正しいかということでトラムの運転手のフィンランドのおばさんと、旅行中のスウェーデンのおばさんがトラムの中で喧嘩になってしまったことがありました 汗 とにかく、困っていたら自分の娘のように可愛がってくれました。本当に感謝しています。
フィンランド人の男性は日本人に負けず(以上かも?)シャイですよ。なので、もし男性と仲良くなりたかったらゆっくり信頼関係を気づいていく必要があるかもしれません。フィンランド問わず北欧では女性より男性の方が料理をします。私は、初めて行ったときはびっくりしました。

スウェーデンはKIDS達がすごくキュートですよ!みんな私と目が合うと笑顔でじーっと私のことを見るんです、本当に可愛いですよ~!
ただ、スウェーデンの電車の中で中東系の男性が勝手に私の前でアコーディオンを弾き始め(私の好みの曲でもなかった)弾き終わると「お金をくれ」と言い出したので困りました。スウェーデンは生活水準の高い国なのでそういった移民の人たちが結構蔓延いるのかもしれません。もし、行かれる機会があれば注意して下さい。

私にはロシア人の女の子のシェアメイトがいたのですが、彼女はとってもしたってくれ暖かかったです。私のことをいつも背後から見つめていたので毎回びっくりしていましたが。(彼女はその私の反応が面白くて楽しんでいたようですが)彼女に限らずロシアの女性はみんな私にとっても優しくしてくれました。また、是非ロシア人の友達を作りたいなと思います。

私が、困っている時つらい時にいつも紳士的に助けてくれるのはドイツの男性です。飛行機の中で荷物に手が届かず困っていてフライトアテンダントに尋ねても後回しにされ韓国人の乗客の荷物が私の頭の上を直撃し(彼は何もなかったかのようにふるまった)、気分が最悪の時にドイツ人の男性が私の荷物を取ってくれました。
スウェーデンのホテルでどう考えても体目当てのようなフランス人男性客に付きまとわれ、パソコンが繋がらなくて困っていた時に、集団で会社の同僚と旅行中のドイツ人男性達がパソコンを貸してくれて、ホテル内のカフェテリアでたくさんお話をしました。その時スウェーデンの若者達があまりにも冷たかったので(おばさん達は優しいですよ!)気分が落ち込んでいたので心が癒されました。
でも、ドイツ人の女性については疑問です。良い人もいるんでしょうが、なんだか冷たい感じがします。
以前、急に当日にホテルを予約しなければいけない緊急事態になりフランクフルト空港内のホテルとタクシーの案内カウンターで予約をしました。すると、ホテル以外に手数料を本来の価格よりも多く取られていたことに後で気づき、フランクフルト内の空港に戻りレシートを見せ「おそらく計算ミスで手数料を多く私のクレジットカードから取っていると思うので返金して欲しい」と頼むと、彼女はまだカウンターに立っているにもかかわらず「もう、閉店です。Shit!電車の時間に間に合わない!Sorry,man!」といって店を閉められてしまいました。
フランクフルト空港内のグランドホステスやインフォメーションカウンターに圧倒的に女性よりも男性の方が多いのも納得です。

あくまで私の経験上の個人的な意見ですが、少しでも参考になればと思います。

私は、今度はスイスへ行く予定ですよ。質問者さんもフランスで嫌な思いしてしまったにしても、他にヨーロッパ内に良い国ありますから是非また今度は他の国に旅行されて下さい。^-^v

こんばんは。私もいくつかのヨーロッパ各地に滞在または旅行の経験があるものです。

ヨーロッパにも良い国はありますよ。

ただ、フランスは私も個人的に好きじゃありません。
いつも世界中所構わずフランス人男性がナンパしてくるし(もちろん体目あてに違いありません)、しつこいし、断ると不機嫌になり怒り出します。
自己主張は非常に大切なことだと思います、でも自己中やわがままは全く別のことです。
ですが、フランス人の芸術性は非常に長けていると思います。ただ、人間関係を築くにあたって私...続きを読む

Q英仏旅行してきました。両国民の性格の違いにビックリしてます

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と聞くと「why not?」とニッコリしてくれました。朝食は泊まった翌日からと思ってたので、嬉しかったです。雨でびしょぬれで空腹でしたし。部屋で濡れた服を着替えて、朝食を頂き、それからロンドン観光出来ました。
あと、ロンドン在住の日本人の方とかに「道お困りですか?」とか教えてもらったり、外国(多分どこかヨーロッパ)の観光の人に道を聞かれて、余ってたマップを上げて道も教えて上げたらとても喜ばれたり。ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。

<フランス編>
エッフェル塔や凱旋門、モンマルトル・・・書ききれないくらい、すばらしい観光地があるのに、チケット売り場の人はどこでもチケット投げるし、目も合わさない。プレゼント用の簡単なプラスティック製の箱に入ったマカロン詰め合わせを買ったのですが、紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま(環境の為に包装を節約してるという風でもなさげでした)。エッフェル塔で記念写真を撮ろうとしてると、カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人。北駅からドゴール空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・・。駅でたらいまわしにされてチケットがなかなか買えませんでした。チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。あと、いろいろと、フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。(一応、どこでも「ボンジュール、メルシー、オルヴォワー」は行ってましたが)

でも、フランス旅行が楽しくなかったという意味ではありません。旅行イコール勉強だと思ってます。ロンドン、フランスとも最高に楽しかったのにはかわりありません!

ただ、「どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?」て、逆に面白く感じたからです。同じように感じた方や、両方の国民性に詳しい方のお話が聞きたいです。

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など、いろいろな要因がその違いを作り出しているように感じます。


ご質問2:
<ロンドン編>~ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。>

1.観光客には優しいです。

2.旅行、短期滞在、長期滞在、仕事での駐在などによっても、イギリス人に対する印象はいろいろ変わってくると思います。

3.大学院留学経験では、成績を争う学生同士、ライバル意識から情報を提供しない、抜けがけする、間違った情報を与えるなど、策略的な小賢しい頭の働かせ方をするイギリス人が結構いました。利益を争う職場の同僚同士も同様です。

4.長期留学の前、学生時代に英国へ短期留学もしたことがありますが、ホームステイ先の家庭は、英国では低所得家庭がお小遣い稼ぎにする仕事なので、暖かい歓待、といった印象ではありませんでした。

6.また、イギリス人は薀蓄たれで視野が狭いなと感じることもありました。つまり、自分の関心のあること以外、上も下も右も左も見ない、狭視覚的なものの見方をすると感じていました。
例:
某有名大学の英人学生の弁「日本?興味ないから行くこともないな」

7.そういった点では、フランス人は、イギリス人に比べると単純で素直だと感じます。


ご質問3:
<フランス編~紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま~>

1.フランスパンも、そのまま手渡しが、小さな巻き紙を添える程度です。フランスパンが剥き出しの、パリらしい紙袋の風情も実を言えば不潔なだけなのです。日本のフランスパン用の長い紙袋が懐かしいです。食事だけに限らず、フランス人の衛生観念は、日本人の半分ぐらいだと思います。むしろ日本人が過剰といって笑います。

2.食べ物に限らず、余程の老舗でなければ、プレゼントの包装なんてものもクリスマスシーズンしかありません。それも包装の訓練も受けていないから、包み方が下手です。自分で包装した方がまだましです。

3.スーパーではレジは入れてくれません。自分で入れます。環境対策から、ビニール袋のないスーパーも増えています。よく行くカルフールには、予め大き目の袋を2~3枚用意しておきます。

4.フランス人は無駄な包装に、日本人が抱くような美意識を感じていないようです。ですから、クリスマスプレゼントなどを開ける際でも、日本人のように丁寧に包みを開けるのではなく、ビリビリ破きまくります。


ご質問4:
<カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人>

1.日本人にちょっかい出すのが好きな、不良少年達は多いです。住めばいやな目にあうことも沢山あります。

2.仏人の夫が初めて東京に来た時、ミニスカートをはく少女達など、渋谷のファッションに驚いていました。と同時にそんな自由なファッションが楽しめる東京を絶賛していました。パリでは、そんな格好の女の人はすぐに不良少年達にからかわれ、不快な思いをするからです。


ご質問5:
<空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・>

1.こちらは客は神様ではありません。客のために「働いてやっている」と思っていますから。

1.労働者は客より「上」なのです。例えば、売り子に落ち度があって、客が売り子などに文句を言おうものなら、責任者がとんできて、売り子をかばいます。決して店の責任にはしませんし、もちろん謝罪もしません。「言い訳」が際限なく続きます。


ご質問6:
<チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。>

こんな風景は日常茶飯事です。フランスに住む日本人の苦労がわかってもらえるでしょうか(笑)?

要領は悪いし、手際もよくありません。これはスーパーなどのレジでもよく見かける光景です。彼らは、限られた労働時間をできるだけ労働量を消費しないよう、給料に合わせてマイペースに仕事しているのです。余計なエネルギーを労働に使うのは、彼らにとってもったいないのです。


ご質問7:
<フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。>

おっしゃる通りです。最初にフランスに来られた旅行者は、一様に同じような感想を抱くようですね。私も初めてパリ旅行した時は、同じような印象を抱きました。でも、それは印象ではなくて、今でも実感する事実なのですから、どうしようもありません。汚いものには蓋、真似をしなくていいものです。

先の質問でも答えましたが、フランスで体験された不快な、信じられない出来事は、フランスでは日常茶飯事なのです。そのギャップから精神的に参る日本人も多く、「パリ症候群」といわれる心の病もあるほどなのです。

ちなみに、「なぜフランス人の働きぶりはこうなのか」という点について、理由の一部は以下の通りです。
1.安い月給。20年前からあまりupしていません。
2.それなのに物価は上がる一方。ユーロの以上高値も、フランス人の生活を直撃。
3.なんといっても高い税金。所得の半分以上は税金に消えます。高所得者は税金対策に必死です。
4.どの職種も給与などの労働条件の改善を求めてストするので、労働サイクルが悪く、経済効率もよくありません。こちらでは、警察、医者、看護婦、教師、生徒、公共交通、などがストで営業ストップもしばしば。

などなど悪いことを挙げればきりがありません。


長々と、英国・仏国のマイナス面を強調しましたが、勿論いい面もありますので、うまく適応してそれなりに楽しいフランス生活を送っております。結論としては、イギリスもフランスも、また日本や他の国も、旅行だけではその国の一部しか覗き見ることができず、全てを語ることはできないということです。

でも、最初の印象は大事ですから、その意味ではフランスはイギリスより損していますね(笑)。フランスは、観光客にサービス・笑顔を振舞わなくても、世界一の観光大国の座は揺るぎありませんから、努力もしなくていいのでしょう。歴史=過去にあぐらをかくフランス人、その姿勢が現在のフランス社会の不安の種となっているのです。

長々と失礼しました。以上ご参考までに。

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など...続きを読む


人気Q&Aランキング