質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

こんな問題がありました。

塩基配列のひとつに突然変異が生じるとき( )が起きた場合はアミノ酸に変化がないかひとつのアミノ酸だけが変化し、( )が起きた場合はその場以降のアミノ酸配列は元とはまったく違う配列になる。

まったく見当がつかず手元にある資料を見たのですが突然変異には転座・逆位・欠失・重複があるとしか載ってませんでした・・・
この四つの違いを教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私もNo1さんと同様に考えたのですが、



>答えには転座・逆位・置換・転写・欠失どれかが入るようです。

となると。うーん。

置換は、DNAの塩基が一つだけ入れ替わること、になるかと思います。ご存知かもしれませんが、アミノ酸1個は、DNAの塩基3つの組にコード(暗号化)されています。ので、DNAの塩基が一つ入れ替わるとアミノ酸は1個だけ変化する可能性があります。
たとえば、GGGという3つ組はグリシンというアミノ酸をコードしますが、最初のGがAに変化し、AGGという3つ組になるとアルギニンというアミノ酸になります。しかし、3番目のGがAに変化してGGAとなっても、やっぱりグリシンになります。

転座は、染色体のある部分が丸ごとほかの染色体に移ってしまうような現象を指します。DNA塩基1個とかそういうレベルではなく、です。

逆位は、染色体のある部分の向きが逆になることです。
仮に遺伝子をアルファベットで表記することにして、元の染色体上にABCDEFGHと並んでいるとします。逆位が起こると、例えばABCGFEDHというようになります。この場合は、「DEFG」の部分が逆になってますね。で、これもやっぱり普通は塩基1個とか2個ではなく、もっと大きなレベルでの話です。

遺伝子の途中で逆位が起こった場合、塩基配列が完全に変わりますので、以降が全く異なるアミノ酸配列になる可能性があります。(でも、そもそもそのタンパク質が作られなくなる可能性の方が高いでしょうね。)

まぁ、実は、転座の場合でも、移った先で運良くつながると、違う配列にはなりますがタンパク質が作られる可能性は出てきますからね。なんともいえないですね。


どうしても選ばなくてはならないのなら、順に、
置換と逆位を入れます。

この問題に書かれているどちらのシチュエーションも、実際には必ず起こることではないので、なんだかすっきりしませんね。
    • good
    • 1

順に、置換、欠失でまちがいないです。


「塩基配列のひとつに突然変異が生じるとき」と条件が決められているので、それぞれ一塩基置換、一塩基欠失(染色体の欠失ではなく)であることは自明ですね。
    • good
    • 0

転座というのは、極端な話だと1番染色体から3番染色体に移動とか、まるまる遺伝子が移動する事です。

遺伝子座とかきかれたことはありませんか??

逆位というのはくるっと180度ひっくり返ってくっつく事ですね・・・3’と、5’がひっくり返るという奴です。

SNPsのことでしょうから、その辺から攻められてはいかがでしょうか??
    • good
    • 0

塩基配列のひとつに突然変異が生じるとき(点突然変異)が起きた場合はアミノ酸に変化がないかひとつのアミノ酸だけが変化し、(フレームシフト突然変異)が起きた場合はその場以降のアミノ酸配列は元とはまったく違う配列になる。


かなと思います。
転座・逆位・欠失・重複は染色体の異常に良く使われると思います。
問題文のは、DNAの細かい部分での変異でしょう。

この回答への補足

ごめんなさい忘れてました。
答えには転座・逆位・置換・転写・欠失どれかが入るようです。
でも転写は突然変異ではありませんよね?
欠失・重複は言葉からなんとなく想像がつきますが、逆位と転座とは何でしょうか?
位や座とはアミノ酸の位置でしょうか?
だとしても位と座の違いがわかりません。

補足日時:2006/02/12 23:35
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫に染色体異常(転座)が見つかりました。

今日病院で夫に染色体異常(転座)がある、と聞かされました。
私自身一昨年、昨年と2度の流産をしており、流産の原因(かもしれないもの)が見つかりホッとした反面、子供を授かることは難しいのだろうか・・・と思い始めています。

ネットで色々検索してみたのですが、染色体異常については医学的な事が書かれているサイトが多く、いまいち理解に至りません。

染色体異常(転座)があっても妊娠~出産は可能でしょうか?
子供にも染色体異常が遺伝する可能性は高いでしょうか?

どんな事でも構いませんので教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は別の原因でしたが、不育症で流産を繰り返し、治療?の結果赤ちゃんを授かった者です。
染色体異常ですが、初期流産の原因のひとつです。
一般に妊娠した場合、運命的?自然的に赤ちゃんが着床するまでに細胞分裂に失敗するなどして染色体異常になり、初期流産になる確率は10人に2~3人と言われています。
ただ、両親いずれかに染色体異常が認められた場合、妊娠すると約70~80%(何の異常かで%の数字は変化します)の可能性で初期流産するといわれています。
つまり、初期流産の可能性がすごく高いということです。
現在、残念ながら確率された治療法はなかったと思います。
赤ちゃんを授かるにはいくつか方法があるみたいです。
1.妊娠を続け、染色体異常を持たない20~30%の確率にかける。
2.体外受精などをし、染色体異常を調べ、異常のないものだけを子宮  に戻す。
2は一年前くらいに新聞にのって議論になった話題です。産婦人科学会で認められたか、だめだったかは記憶がさだかではありません。
2の治療を推奨してやっている病院もあるそうです。
遺伝はちょっと分かりません。

分かりにくい説明かもしれません。ごめんなさい。
あくまで私が説明をうけ、上記のように理解した説明です。
実際は病院できちんと確かめてください。
(説明も一年前に聞いた限りですので)

私は別の原因でしたが、不育症で流産を繰り返し、治療?の結果赤ちゃんを授かった者です。
染色体異常ですが、初期流産の原因のひとつです。
一般に妊娠した場合、運命的?自然的に赤ちゃんが着床するまでに細胞分裂に失敗するなどして染色体異常になり、初期流産になる確率は10人に2~3人と言われています。
ただ、両親いずれかに染色体異常が認められた場合、妊娠すると約70~80%(何の異常かで%の数字は変化します)の可能性で初期流産するといわれています。
つまり、初期流産の可能性がすごく...続きを読む

Q遺伝子の転座による障害は?

遺伝子の転座があると、検査の結果わかりました。
転座による障害はありますか。
子供にも遺伝するのでしょうか。
結婚はまだ、してません。
ご回答ほどよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

どういう経緯で検査をしたのかわかると良いのですが、わからないので一般論です。/人の遺伝子は、23組の染色体に分かれています。22組は常染色体といって、同じものが2本ずつあります。残りの一組は、性染色体で男はXY、女はXXです。/転座というのは、この染色体の一部が本来ある染色体と離れ、別の染色体についている状態を言います。この状態で全体として、遺伝子が欠けていなければ、本人にはなんの異常もでません。/問題は親から子へ染色体が受け継がれるときです。Aという染色体がA1+A2に分かれ、一部がA1+Bになったとします。そうすると、A、A2とB,A1+Bという染色体ができあがります。/お母さんから卵子にAとB、またはA2とA1+Bがセットで受け継がれればよいのですが、A2とB、AとA1+Bのパターンもあるわけです。前者ではA1の染色体上の遺伝子が欠けてしまいますし、後者ではA1分が余分です。/それぞれなにか異常が起きる可能性があります。/だいたいのところは、こうしたことです。

Q「常染色体性優勢遺伝」「常染色体劣勢遺伝」とはどのようなもの?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

「常染色体劣勢または優勢の遺伝です。」とよくいわれます。

「常染色体性優勢遺伝」「常染色体劣勢遺伝」とはどのようなものなのでしょうか。

医学的にはどのような病気がありますでしょうか。


要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

kouraさんがある程度知識を持たれていると失礼に当たるかも知れませんが、もう少し簡単に説明してみます。

まず、人間には22対(44本)の常染色体と2本の性染色体(男:XY、女:XX)があります。
常染色体優性遺伝および劣性遺伝の場合はこの常染色体のどこかに起因となる遺伝子が存在することになりますが、この二つの違いはその遺伝子の発現する「力」によると単純に考えて良いでしょう。

遺伝子は父母からそれぞれ22本の常染色体と1本の性染色体を受け継ぐのですが、この際に例えば父方の遺伝子に強力な発現力を持つ疾患遺伝子が存在すると、母方のペアとなる遺伝子の発現は正常に働かず、父方の疾患遺伝子が優位に発現し、発病します。これが常染色体性優性遺伝です。
この際もし父方の疾患遺伝子が単独で優位に発現することができない場合は、正常の母方の遺伝子が優位に立ち、正常な発現をするために発病には至りません。しかしこの疾患遺伝子が父母双方から受け継がれた場合、優劣の競合は存在しませんので、発病することができます。このようなパターンが常染色体劣性遺伝です。

また、性染色体のX染色体にこのような弱い疾患の遺伝子が存在したとします。もしこの疾患遺伝子を持つ父親と正常な母親の間に子供が生まれた場合、女の子であれば100%の確率で発病することはなく、この女の子はこの疾患遺伝子の保因者となります。そして男の子が生まれた場合は、これも父親からは疾患に関係のないY染色体が受け継がれますので、これもまた100%発病しません。
ところが、この保因者となった娘が正常の男子と子供をなした場合、生まれてくる男の子の50%は疾患遺伝子がある方のX染色体を母親から受け継ぎ、さらにそのペアとなる性染色体がY染色体であるため、このX染色体の疾患遺伝子より優位に立つ正常遺伝子が存在しないため、疾患発現を抑制する因子がないことにより発病します。これはいわゆる「伴性劣性遺伝」です。この形式で有名なものには色盲がありますね。

遺伝子のこのような発現形式はそのほとんどが遺伝子の間の優劣関係で決まります。しかし、同じ疾患でも多種多様な遺伝形式を持つ場合があり、どの疾患も一概に同じ型にはまるものではありません。

kouraさんがある程度知識を持たれていると失礼に当たるかも知れませんが、もう少し簡単に説明してみます。

まず、人間には22対(44本)の常染色体と2本の性染色体(男:XY、女:XX)があります。
常染色体優性遺伝および劣性遺伝の場合はこの常染色体のどこかに起因となる遺伝子が存在することになりますが、この二つの違いはその遺伝子の発現する「力」によると単純に考えて良いでしょう。

遺伝子は父母からそれぞれ22本の常染色体と1本の性染色体を受け継ぐのですが、この際に例えば父方の遺伝子に強力な...続きを読む

Q原核生物と真核生物

原核生物と真核生物の遺伝情報発現機構の相違点について分かることがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

結構たくさんあるのですが。

まず、転写。原核生物も真核生物もはRNAポリメラーゼがDNAを転写しますが、原核生物はイントロンを含まないmRNAができます。真核生物はエキソン(タンパク質コードする領域)とイントロン(コードしない領域)を含むmRNA前駆体なるものを作ります。この前駆体はスプライシングという操作を受けて、イントロンが切り離されます。さらに、5'末端にキャップ構造を、3'末端にアデニンがたくさん連なったpolyAを付加されます。これで真核生物のmRNAが完成します。

原核生物は核を持たないので細胞質で直接転写が行われ、その場でリボソームにより翻訳されます。しかし、真核生物は核で転写が行われるため、リボソームが翻訳をするためには核の外にmRNAが出ないといけないのです。キャップ構造は、核の外に出ていいよというシグナルの役割を果たすといわれています。

また、原核生物ではひとつのmRNAが複数の関連のあるタンパク質を同時にコードしているポリシストロン性が見られますが、真核生物では通常ひとつのmRNAからは一種類のタンパク質しかできません(モノシストロン性)。原核生物はこうして複数のタンパク質を同時に発現することですばやく環境に適応できます。

非常に簡単な説明でしたが、詳しいことはご自分でお調べになってくださいな。がんばってください!

結構たくさんあるのですが。

まず、転写。原核生物も真核生物もはRNAポリメラーゼがDNAを転写しますが、原核生物はイントロンを含まないmRNAができます。真核生物はエキソン(タンパク質コードする領域)とイントロン(コードしない領域)を含むmRNA前駆体なるものを作ります。この前駆体はスプライシングという操作を受けて、イントロンが切り離されます。さらに、5'末端にキャップ構造を、3'末端にアデニンがたくさん連なったpolyAを付加されます。これで真核生物のmRNAが完成します。

原核生物は核を持た...続きを読む

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Q染色体の短腕長腕をp q と表す語源は?

染色体の短腕をp 長腕をqで表します。この語源は何でしょうか。もとは何語でしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

短腕の p は petite (プチ) からきてます。フランス語の「小さい」です。
長腕の q は、p の次の意味です。

以下、参考URLからの抜粋。

Scientists have labelled each of the arms of a chromosome. The short arm is called "p" for petite or small. The long arm is called "q" simply because it's the next letter in the alphabet!

参考URL:http://members.optushome.com.au/karens/t5.htm

Qpoly-Aとは

poly-Aとはなんでしょうか?
あとpoly-A付加シグナルについても教えてください。

Aベストアンサー

プロセッシングが完了し完成したmRNAの3'末端には、50~200塩基ほどのアデニン(A)ヌクレオチドが付加されています。これがpoly-A tailです。poly-A tailはmRNAに安定性をあたえ、翻訳を促進する働きがあると考えられています。

mRNAは、まず遺伝子のプロモーターからエクソン、イントロンを含め連続的に転写され、転写の終結部は最後のエクソンよりかなり下流に及びます(真核生物では転写終了位置を示すシグナル配列のようなものは見つかっていません)。
この一時転写産物はイントロンを削除しエクソンを連結するスプライシング、5'末端に一個の7-メチルグアノシン(7-m G)を付加(cap構造といいます)するcapping、3'末端にpoly-A tailを付加するpolyadenylationを経て成熟mRNAになります。

poly adenylationは、最終エクソン内のAAUAAAという配列(polyadenylation signal ポリアデニル化シグナル, poly-A additional signal ポリA付加シグナル)を認識するpoly-A polymerase ポリAポリメラーゼによって行われます。この酵素はポリアデニル化シグナルの10~30塩基下流で一時転写産物を切断するとともに、鋳型に依存せずにアデニンを付加します。なお、ポリアデニル化シグナルには例外も知られています。

参考URL:http://opbs.okstate.edu/~melcher/MG/MGW2/MG234.html

プロセッシングが完了し完成したmRNAの3'末端には、50~200塩基ほどのアデニン(A)ヌクレオチドが付加されています。これがpoly-A tailです。poly-A tailはmRNAに安定性をあたえ、翻訳を促進する働きがあると考えられています。

mRNAは、まず遺伝子のプロモーターからエクソン、イントロンを含め連続的に転写され、転写の終結部は最後のエクソンよりかなり下流に及びます(真核生物では転写終了位置を示すシグナル配列のようなものは見つかっていません)。
この一時転写産物はイントロンを削除しエクソンを連...続きを読む

Q塩基の置換?転位?変異?

素人の生物好きです。
 遺伝子の塩基が突然変異である塩基がある塩基に代わった場合、置換、転位、変異、、どの用語が正しいのでしょうか。
 Transitionという英語がありますが、これは転位でしょうか? この3つの意味の異同がわかりません。
 どなたかわかりやすく正確に教えて下さい。さんこうになるホームページをご存じでしたら教えてください。

Aベストアンサー

>置き換わるというのは、別のプリンやピリミジンがきて置き換わるのか、分子構造が何らかの原因で変わって結果的に別のプリンやピリミジンに換わったのかどちらなんでしょうか。

DNAを複製する酵素が100万~1000万塩基くらいに1塩基くらいの割合で間違った塩基をつないでしまいます。間違った塩基が取り込まれた場合それを修復する酵素があるので100億塩基に1塩基くらいの間違いに治められています。非常に低い確率ですが、正常な状態でも塩基置換は起こります。

さらに変異原が作用した場合は頻度はもっと高くなります。
たとえば、化学変異原が塩基を修飾した鋳型をもとに複製が行われた場合、修飾された塩基には間違った塩基が相補対を作るため塩基置換が起こります(この機序はtransitionの例でしか見つかっていません)。

No. 1で書いた塩基置換の2分類「transition」と「transversion」は、こういう場合をこう呼びましょうと定義されたものです。そして転移(転位ではなく)と転換はそれらの訳語としてこういいましょうと合意されたものです。
一般的意味や語感で、生物学上の意味やそれらが起こる機構を誤解しないようにしましょう。

>置き換わるというのは、別のプリンやピリミジンがきて置き換わるのか、分子構造が何らかの原因で変わって結果的に別のプリンやピリミジンに換わったのかどちらなんでしょうか。

DNAを複製する酵素が100万~1000万塩基くらいに1塩基くらいの割合で間違った塩基をつないでしまいます。間違った塩基が取り込まれた場合それを修復する酵素があるので100億塩基に1塩基くらいの間違いに治められています。非常に低い確率ですが、正常な状態でも塩基置換は起こります。

さらに変異原が作用した場合は頻度はもっと...続きを読む

QSDS電気泳動について教えて下さい。

SDS電気泳動ってどういうものなのでしょうか?
検索してみるとタンパク質の変性を加えて用いるということは分かったのですが、
それ以外のことは分かりません。
どなたか詳しい方教えて下さい。 

Aベストアンサー

まず、SDS電気泳動(多くの場合はSDS-PAGE, SDS-polyacrylamide gel electrophoresisと言います)をやる目的ですが、タンパク質をサイズの違いで分離する方法です。例えば、細胞の中にはかなりの種類のタンパク質があるため、何かの方法で分離して検出する必要があります。SDS-PAGEでは、この分離を「タンパク質のサイズ(タンパク質の長さ)の違い」で行います。

SDS-PAGEの原理ですが、
1.タンパク質をSDSで変性させる(タンパク質の立体構造が壊れる)
2.電気泳動でタンパク質をポリアクリルアミドゲルの「網目」を通過させる(大きいサイズほど流れにくく、小さいサイズのタンパク質は流れやすい)
というものです。網目を通過しやすいかしにくいかでタンパク質の長さを測定します。結果として、ゲルの下の方には小さいタンパク質が、上の方には大きいタンパク質がきます。

SDSで変性させる理由ですが、タンパク質を直鎖状にすることです。タンパク質はその機能を発揮するために特有の立体構造(疎水結合やジスルフィド結合などを利用して)を形成します。タンパク質をそのまま泳動すると、ポリアクリルアミドゲルの「網目の通りやすさ」はタンパク質の長さだけに影響されず、タンパク質の形状(立体構造)にも影響を受けます。

SDS-PAGEを行う場合の多くは、タンパク質の長さだけを知りたいので、タンパク質の立体構造に影響される電気泳動は望ましくありません。そこで、SDSでタンパク質を直鎖状にして電気泳動します。

では、SDSをいれるとなぜ、タンパク質が直鎖状になるか、です。SDSは親水基と疎水基の両方をもつ化合物です。そして、その親水基は負(マイナス)に荷電しています。

タンパク質の立体構造はアミノ酸残基(アラニン、グリシン、リジン、トリプトファン・・・)の性質(特にアミノ酸残基がもつ電荷)の影響を大きく受けます。SDSがタンパク質に作用すると、SDSの疎水基側がタンパク質に親水基側が溶媒側に結合します。このタンパク質に結合したSDSの親水基(マイナスに荷電)がタンパク質を構成する様々なアミノ酸の特性を打ち消してしまいます。結果として、SDSが結合したタンパク質はアミノ酸残基の影響をうけられなくなり直鎖状になります。

また、このようにSDSが結合したタンパク質はマイナスに荷電しますので、電気泳動をするとタンパク質(とSDSの複合体)はマイナスからプラスの方へ泳動されていきます。

最後に、立体構造に大きな影響を与えるジスルフィド結合に関してです。このジスルフィド結合はSDSによって壊されません。そこで、多くのSDS-PAGEを行う場合は、SDSと共に2-mercaptoethanolやDTTといったジスルフィド結合を壊す還元剤で処理したタンパク質を電気泳動します。

なお、立体構造も含めて解析したい場合は、Native PAGEと呼ばれる方法で電気泳動を行います。

まず、SDS電気泳動(多くの場合はSDS-PAGE, SDS-polyacrylamide gel electrophoresisと言います)をやる目的ですが、タンパク質をサイズの違いで分離する方法です。例えば、細胞の中にはかなりの種類のタンパク質があるため、何かの方法で分離して検出する必要があります。SDS-PAGEでは、この分離を「タンパク質のサイズ(タンパク質の長さ)の違い」で行います。

SDS-PAGEの原理ですが、
1.タンパク質をSDSで変性させる(タンパク質の立体構造が壊れる)
2.電気泳動でタンパク質をポリアクリルアミドゲ...続きを読む

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。


人気Q&Aランキング