プロパンガスはいわゆるボンベみたいなもので供給されるのに対し、都市ガスは配管で供給されているのはなぜですか?都市ガス(メタンでしたっけ?確か)はボンベにつめて供給することは不可能なのですか?その反対にプロパンを配管を通してというのも成分的に不可能なのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

プロパンガスと都市ガスでは蒸気圧に大きな差があるためです。

プロパンでは割合簡単に液化(液化することによって大量のガスを小さな容積に収めることができる)することができるのでボンベに詰めて(ボンベの中のガスは液体の状態です)おけるのですが、都市ガスを液化することはそれほど簡単(常温で液化するには一般家庭に置くには不都合なほど高圧の状態にする必要がある)ではありません。また、地中をパイプラインで輸送する場合プロパンの様に液化しやすいガスでは、ラインの温度の低い部分で液化してしまうなどの困った問題も起こる可能性がありボンベでの供給となっているのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。ボンベの中では液体という事実さえよくわかっていませんでした。化学を専攻していたはずなのに、その知識がきちんと根付いていない自分がはずかしいです。ありがとうございました。よくわかりました。

お礼日時:2002/01/11 00:45

プロパンガスを団地で集中管理して、そこから配管しているところはあります。


ただ、都市ガスみたいな大規模なものになると、末端までとどけるだけの圧力をかけたら液化してしまうでしょう。

都市ガスの主成分はメタン(以前は一酸化炭素などもあったけれど)で、プロパンより分子も小さく(分子の小さいものが必ずしも、というわけではないけれど、炭化水素どうしだと、そうでしょう)、液化しにくいので、液化するのには低温にしなくてはなりません。(技術の無かった30年程前にはほとんど利用できていなかった)

末端の圧力は、プロパンガスのほうが高かったと思います。引っ越しやガス供給によってガス器具の調整をするのに、プロパン→都市ガスの調整はしやすいけど、逆はダメだと言われたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。No.2の人のいっていたプロパンを配管で送る不都合についてよくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/11 00:46

専門家じゃないですけど・・・



<都市ガスをボンベにしない理由>
1.都市ガスはメタンを主成分とする「天然ガス」です。同じ量だと発生する熱量がプロパンよりかなり少ない = ボンベ式だとすぐになくなる。 = 手間かかりすぎてやってられない。
2.いまさらボンベのガスを替えるのはガス器具を替えてもらわないといけないので出来ない。

<プロパンを配管で送らない理由>
1.絶対的に「天然ガス」の方が安いから。
2.カロリー少なくったって、配管でじゃんじゃん供給するから。

こんな所だと思います。もっと他の理由もあると思いますけどね。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/11 00:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都市ガスとプロパンガス・・どちらが安いですか?

都市ガスとプロパンガス・・どちらが安いですか?

中古の家を購入しました。以前の方はプロパンガスを使用されてましたが今は、撤去されています。
両隣の家では都市ガスを利用されております。都市ガスを使う時は簡単な工事が必要になりますが・・
工事費は別として・・都市ガスとプロパンガス・・使用料金はどちらが安いのでしょうか?

Aベストアンサー

工事費や手間を考えても
長い目で見れば断然都市ガスがお得です。

基本料から使用料(単価)まで
地域差を考慮しても都市ガスの方が全然安いです。

一般的には都市ガスはPLガスの半値程度なので
場合によっては毎月2~3千円安くなるという事も珍しくありません。

Qガスボンベの残量見積もり

液化窒素ガスボンベを使っています.
サイズはφ500-高さ1400くらい,内容積175リットル,ガス量は107m^3(@35℃)です.

残量を示す簡単なフローゲージがついているのですが,ほとんど信用できません.
残量を見積もる方法としては,重量管理が一般的で,装置としては家庭用体重計のようなタイプ(70~150万円くらい)がメジャーだと聞いています.しかし予算等の都合で導入困難です.

重量管理以外の方法,または安価な重量測定方法など御存知ありませんか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

多少の教育が必要ですが.慣れた人1名を確保できれば.それなりの精度が確保できます。

これは.戦争前後まで.日本専売公社の塩製造部門で使われていた塩中の水分量測定方法に準じた方法です。

ボンベを手で持ち上げれば.大体の持った感じから.残存量はわかります。
かって専売公社では.所長が手で握った感じで水分量を測定していました。

あと.複数のはかりを組み合わせて使う場合や.はかりの上に物を物を置く為の機械をはかりに取り付ける場合などは.新規計量器の製造に該当する場合があります。
この場合.計量器製造業の許認可が必要となります(ガス残存量を測定する行為が計量に該当する場合.計量法の適応を受けますので。参考として.ガスボンベの圧力を測定する為の圧力系は.安全を保障する為の内容ですので.計量器である必要があります)。

QLPガス プロパン地域は都市ガス可能?

LPガス プロパン地域は都市ガス可能?でしょうか?
土地の購入から考えています。土地を購入し、家を商品住宅で建設するとしたら、、、
LPガスの地域は土地の値段が安くて魅力です。
都市ガスのエリアは、土地の値段が高いです。
ちなみに埼玉東部の八潮市、吉川市、三郷市あたりです。

LPガスを選択すると、都市ガスには今後できないと聞きましたが本当でしょうか?都市ガスは、LPガスの配管は使用できず、新規でラインを引き直しとききました。初期に投資する金額と何年か経過してからのリフォーム等での投資額の差を教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

プロパン地域は簡単に言うと 田舎 です。
ですから土地が安いのです。

なぜ田舎に都市ガスが来ないかというと、需要が少ないからです。
都市ガスを引くには多額の設備投資が必要になります。

土地によっては行政が負担して配管する所もあるのですが、基本的にはガス会社が「儲かる」と判断すれば敷設される訳です。

ただ、現在はオール電化住宅が大変多く、ガス会社も正直火の車でしょう。
特にプロパンは高いので、プロパン地域ではオール電化を採用するお宅が多いです。
つまり、田舎ではオール電化住宅の割合が高くなる一方なので、そこにガス会社がリスクを抱えてまで都市ガスを引くとは考えにくいのが現実だと思います。

ですから、ご質問の初期投資の問題との差額がどうの ではなく、そもそも現在プロパンエリアに都市ガスが来る可能性の方が少ない事を心配する事が先だと思います。


余談ですが、都市ガスはプロパンより火力が劣ります。
ですから、料理店などでは、都市ガス地域でもこだわってプロパンを入れている所もあります。

Q高圧ガスボンベの保管方法

高圧ガスボンベを使用するときには、ホルダーにボンベを立てた状態で使うのが一般的だと思いますが、ホルダーがない場合、寝かせて使ってはダメなのでしょうか?
立てて使用する理由は何なのでしょうか?

また、未使用のボンベを保管するときにも、ボンベを立てておくべきなのでしょうか?
ホルダーがあれば、立てて保管できるのですが、無いときには寝かせて保管しています。
この方法はダメな方法なのでしょうか?

例えば、未使用の高圧(14.7MPa)の窒素または酸素ボンベを保管する時には、立てておかないといけないのでしょうか? 寝かせて置いてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

安全のために立てて使用してください。
もちろん、予備のボンベも立てて保管してください。

これはボンベのバルブが破損して重大な事故が起きる可能性が
あるためです。
ボンベの胴体部分は高圧に耐えられるように、また一般的な使用に
おける外からの衝撃にも耐えられるように厚く作られています。
しかしながらバルブ部分は外からの衝撃には弱く、床に寝かせて
使用しているときに上から物が落下するとバルブが折れてしまう
危険性があります。
過去の事故例を検索すると、バルブ部分が折れたときは、
中の高圧ガスが一気に噴出し、まるでロケットのようにボンベが
飛ぶそうです。
立てていたボンベが転倒した際にバルブ部分が破損した場合も
同様の事故が起きているようです。

高圧ガスボンベは立てた状態でシッカリ固定して使用してください。

なお、アセチレンだけは一時的だとしても寝かせて使用しては
いけません。アセチレンはアセトンに溶解させた状態になっていますので
寝かせて使用するとアセトンが一緒に出てきてしまいます。
アセチレンのボンベを寝かせて移動した場合はしばらく立てた状態で
放置して、アセトンを下に落としてから使用してください。
また、分析用ガスとしてアセチレンを使用するときは最後まで
使いきらないように注意してください。最期まで使用するとアセトンが
出てきてガス配管を汚染してしまいます。

安全のために立てて使用してください。
もちろん、予備のボンベも立てて保管してください。

これはボンベのバルブが破損して重大な事故が起きる可能性が
あるためです。
ボンベの胴体部分は高圧に耐えられるように、また一般的な使用に
おける外からの衝撃にも耐えられるように厚く作られています。
しかしながらバルブ部分は外からの衝撃には弱く、床に寝かせて
使用しているときに上から物が落下するとバルブが折れてしまう
危険性があります。
過去の事故例を検索すると、バルブ部分が折れたときは、
中の高圧...続きを読む

Q都市ガスとLPガス

現在日本には都市ガスとLPガスが混在します。
地域によっては都市ガスが通っていないところもあるためか、日本の半数以上の世帯でLPガスが使用されているそうです。
都市ガスが使用できる地域の拡大を期待する一方で、LPガスのほうが都市ガスや天然ガスよりも熱量があって、災害時などの復旧も早いとあれば、都市ガスなんていらないのではと考えてもいます。
なぜ、都市ガスとLPガスが混在してしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

インプット値はLPのほうが大きいのではないでしょうか?

インプットとは器具の燃焼の所定値です
ですのでインプットという言葉は
ガス側には当てはまりません

インプット(入力)=器具の(燃焼)能力です

例として
20号の給湯器で36.7kW(31.600kcal/h)
の燃焼能力がある製品の場合
36.7kW(31.600kcal/h)
がインプットになります

この値を出すため、13AやLPGのような
高カロリーガスは流入量を絞りますし
逆に、低カロリーガス(4・5・6・7ガス)は
流入量を増やします
結果として、ガス器具のインプットは
ほぼ一定になります

つまり、器具の時間当たりに出せる能力は
決まっていますので、
高カロリーガス=高インプットにはなりません

たとえばコンロの場合、高カロリーガスでも
低カロリーガスでも、湯の沸く時間は
ほぼ一緒のはずです。
これが、ガスが変わっても器具のインプットは
一定ということです

またインプットが大きくなる(大きい)とは、
器具の燃焼能力が大きくなる(大きい)に
なりますので、上記の給湯器の例で言えば
20号が24号や32号など
燃焼能力が大きい器具になることです

器具のインプット値は決まっています
と申し上げた根拠は以上です

インプット値はLPのほうが大きいのではないでしょうか?

インプットとは器具の燃焼の所定値です
ですのでインプットという言葉は
ガス側には当てはまりません

インプット(入力)=器具の(燃焼)能力です

例として
20号の給湯器で36.7kW(31.600kcal/h)
の燃焼能力がある製品の場合
36.7kW(31.600kcal/h)
がインプットになります

この値を出すため、13AやLPGのような
高カロリーガスは流入量を絞りますし
逆に、低カロリーガス(4・5・6・7ガス...続きを読む

Qガスボンベと圧力調節器をつなぐ部品の名前は?

ガスボンベと圧力調節器をつなぐ部品の名前は何でしょうか?
海外製の圧力調節器を使用する必要があるのですが、国内で購入したガスボンベと接続しません。
この部品だけで売っているものなのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

CGA規格とJIS規格の変換ですか。
このあたりですかね。
http://www.k-sus.co.jp/article/detail/1374
ネジ規格を伝えれば作ってもらえるのかと。
(どちらがボンベ側でどちらが調節器側かちゃんと伝えましょう。オス/メスが違うと使い物になりませんから)

あの名前ですか。
継手、としか呼び様がないような気もしますが…。
実際には、ネジの規格さえ分かれば作ってもらえると思いますが。
(アメリカ製の調節器本体のネジ規格がなんなんだろうという問題はありますが。また溶接ならば外してつけるのも無理ですし。)

以上、参考まで。

Q供給ガスの発熱量を高発熱量で表す理由

都市ガスやLPガスの発熱量を高発熱量(高位発熱量、総発熱量)で表すのはなぜでしょうか?

一般的に、熱機関やボイラーでは水蒸気の蒸発潜熱が利用しにくいため低発熱量で表すようですが、
ガスの場合を高発熱量で表すのは、排熱回収方式を適用しやすいためなどといった理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

燃料の主成分は炭化水素(炭素と水素の化合物)で、燃焼により水と二酸化炭素を生じますが、ガスは石油や石炭に比べて、水素が多いので高位発熱量と低位発熱量の差が大きくなります。
さらに、燃料電池のように水素を燃料としたものはその差がもっと大きなものになります。
以前はあまり潜熱を利用することはなかったので、低位発熱量で問題はなかったのですが、潜熱回収型給湯器や燃料電池などとの効率比較をするようになって、高位発熱量を使うようになってきたのだと思います。

Q(SX)都市ガスの成分について

回答、よろしくお願いします。

都市ガス(天然ガス)の成分または、そのことについて書いてあるサイトを教えてください。

Aベストアンサー

日本瓦斯協会の、天然ガスのページです。
http://www.gas.or.jp/user/market/
日本高圧ガス保安協会に出向していたときに、
「なんで12aとかbとかあるんだい?」
と聞いたら、
「基本は掘ったままなんだけど、天然物だから組成が少しずつ違うだろ、そこでトラブルが起きると困る、コンロやバーナーで燃すなら大した意味は無いが、発熱量の細かい計算をしたり、極低温・窒素温度にして液化成分が異なると嫌だ、そこで基準を作って足りない成分を純ガスで補填してやるんだ」
なるほどね。

Q都市ガスとプロパンガスの料金の違いについて教えてください。

都市ガスとプロパンガスの料金の違いについて教えてください。


私は現在岩手県盛岡市に住んでいます。

来年度にむけて引っ越しをしようと考えていて、今日いくつかアパートを見てきました。

その結果1件よさそうなところが見つかったのですが、ガスがプロパンガスです。

プロパンガスは都市ガスよりも高いと聞いたことがあるのですが、地域によって差があり、都市ガスとたいして変わらない地域もあるという話も聞いたことがあります。ちなみに私は盛岡に来る前は北海道に住んでいましたが、あちらではプロパンガスのほうが高いらしいです。

今日友人から岩手は都市ガスもプロパンガスも料金はたいして変わらないという話を聞いたのですが、友人もあくまでも噂であってはっきりはわからないと言っていました。

実際のところどうなのでしょうか?

もしプロパンガスも都市ガスも料金がたいして変わらないということなら、今日見てきたところに決めたいのですが、両者の差が大きいのなら違う都市ガスのアパートを探したいと思っています。

一応今日見たところは保留にしてもらっているのですが、2、3日中に結論を出さなくてはいけません。

岩手県や盛岡市での都市ガスとプロパンガスの料金の違いについてご存じの方がいらっしゃればぜひ教えてください。

よろしくお願いします。

都市ガスとプロパンガスの料金の違いについて教えてください。


私は現在岩手県盛岡市に住んでいます。

来年度にむけて引っ越しをしようと考えていて、今日いくつかアパートを見てきました。

その結果1件よさそうなところが見つかったのですが、ガスがプロパンガスです。

プロパンガスは都市ガスよりも高いと聞いたことがあるのですが、地域によって差があり、都市ガスとたいして変わらない地域もあるという話も聞いたことがあります。ちなみに私は盛岡に来る前は北海道に住んでいましたが、あちら...続きを読む

Aベストアンサー

一般論です。必ずしも全てにあてはまりませんが・・・
1)コスト面からプロパンよりも都市ガスのほうが安い
2)ただしプロパンの集中方式(集中プロパン)では都市ガスと大差ないことがある。
集中プロパン=各家庭各々にボンベを配送し供給する方式ではなく、地区に設けたボンベ庫から地中配管を通じてプロパンを供給する方式
3)まわりが都市ガスなのにそのアパートだけがプロパンの場合、まず間違いなく高い。
建築コストを抑える常套手段。建て主はプロパン会社に無償配管させてコストを抑える。プロパン会社は店子にその分をガス代に付加して回収するため高くなる。

Qどうしてお湯の温度の違いでお茶やコーヒーの出方が違ってくるのですか?

タイトル通りなのですが、水分子の運動のようなもので説明されるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、水分子の熱運動が大きくなるので、抽出速度が大きくなるという考えで正しいです。

味の違いは、物質によって温度の上昇と水への溶けやすさ(溶解度)の関係が異なりますので、抽出される相対量が変わってくることによるものと思います。

わかりやすい例を挙げてみます。
砂糖は温度を上昇させると溶解度が大きく上昇しますが、
食塩は温度を上昇させても溶解度がほとんど上昇しません。
仮に低温で砂糖は食塩の2倍の溶解度があり、高温では砂糖は食塩の10倍の溶解度があるとすると、低温では甘じょっぱく、高温では甘いだけ(しょっぱさはあまり感じない)ということになるのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング