カテ違いかも知れませんが、表題の通り インクジェットプリンタ(EPSON PM-3300C)にて両面印刷した、両面印刷用紙(厚さ 0.2mm前後)を綺麗に折る方法についてお知恵をお貸し下さい。

実は、自社の紹介パンフレットをWin版Photoshop6.0にて作成(ド素人です^^;;)したのですが、どうも折り目がシャープに決まりません。
鉄筆、空ボールペン、定規等いろいろ試してみたのですがどうもしっくりきません。
上記以外にに折り目を付ける道具・方法をご存じの方お教え下さい。
(何らかの道具または工具でグッと挟んで「筋押し加工」の様になる物って無いですかねえ…)

パンフレットはA4で4つ折りです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

PC-8801mk2MRさんはじめまして。


経験者からアドバイスを少し。
1)>「筋押し加工」の様になる物って無いですかねえ…)
溝をつくるだけではなくて、反対側に山も作りたいということですね。
それだったら、空ボールペンでできますよ。ただし、下敷きはボール紙の様な、厚みがあって固すぎない物を使ってください。(ボール紙を2枚重ねて、一番うえの紙に1mmくらいの溝を作ったものをつかったり、段ボールの上にボール紙を置くなど)
それと、空ボールペンでなぞった側を山折りにしたほうが綺麗に仕上がるかもしれません。

2)>ひょっとしたら塩ビパイプでも代用できるかも知れませんので・・・
塩ビやプラスチックは汚れや色移りが出る時がありますのであまりおすすめしません。インクジェット用紙は汚れが出やすかった様に思います。
私の実家では象牙の折りベラがありました。使ったことないけど。

断裁機に取り付ける筋入れの道具を買ってからは手作業ではしなくなりましたが、それまでは少量の折加工はすべて手作業でやってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

matic様、ご回答ありがとうございます!!
正にご回答の通りです!!
やはりこう言う事は経験者の方がお強いですね。
ノウハウも分かり易く、非常に参考になります!!
ありがとうございました!!

お礼日時:2002/01/14 09:48

jakartaさんが書いている通り,製本の本を引っ張り出して


読んでいると折りべらって道具が出てきました。

折り目をつける道具だそうで,竹,プラスチック、堅木製のがあるそうです。これもハンズで見たことあるような・・。
裁縫用のへらで代用できるとも書いてありました.


>察するに、竹の輪を指にはめて折り目をなぞると言う感じでしょうか。
>ひょっとしたら塩ビパイプでも代用できるかも知れませんので是非参考にさせて頂きます。

そういうことだと思います。
堅くて表面がなめらか物ならいけそうな気はします。
指輪だと多分手に持たないで済むので使いやすいのでしょう.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

terra5様、2度もご回答ありがとうございます!!(感涙)
へらや指輪が身近に見つからなければ、何かで代用して試してみます!!
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/14 09:46

デザインの現場で最終仕上がりに近いものをカンプというのですが


折り目はカッターの刃の裏側を使って折り筋を作ります。
ペン類はかなり幅が広いためシャープには仕上がりません。

折り筋をきっちりつけてやらないと竹指輪を使っても厚口の紙では
折ったところがふにゃふにゃになると思います。

しかしカッターを使う方法は慣れないと難しいのでルーラーを
使われるか服飾で使うヘラが適当ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

jakarta様、ご回答ありがとうございます!!
アドバイス非常に参考になります。
カッターの刃裏を使うというのも良さそうですね!!

お礼日時:2002/01/14 09:45

ミシン目状になってかまわないのであれば、


『ルーラー』という手芸用品がありますですが…?
回転鉄筆とでもいいますか、布に折り目当たりをつける道具なんですが…。
ぴちっと1本の筋目とはいかないですから、
御要望どおりではないかもしれませんが一応。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

k4fujiwara様、ご回答ありがとうございます!!
私が考えている物とは少し違うのですが、手芸用のルーラーを使うアイデアは思いも付きませんでした。
そうですよねえ、全く違った分野からの方が上手く出来るかも知れません。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2002/01/13 23:06

製本で使う道具で、竹指輪というのがあります。

(URL参照)

東急ハンズで以前ありました。今もあるとは思いますが。

参考URL:http://www.if-j.co.jp/web/yougo/data50/yougo-ta. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

terra5様、ご回答ありがとうございます!!
早速、お教え頂いたページを拝見させて頂きました。
察するに、竹の輪を指にはめて折り目をなぞると言う感じでしょうか。
ひょっとしたら塩ビパイプでも代用できるかも知れませんので是非参考にさせて頂きます。

実は今日ハンズに行って来たのですが…ご回答を頂く前に出掛けてしまったのです^^;;惜しいことをしてしまいました…
(店員さんにも事情を話し聞いてみたのですが、良い物は見つかりませんでした。)

お礼日時:2002/01/13 23:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリンタ紙詰まりエラー消えず。なんとかしたい・・・

先日もお聞きしましたが、エプソンのEP-702Aで、エラー表示「詰まった用紙と同じサイズの用紙を1枚縦方向にセットし、スタートボタンを押してください。」が出て、何度紙を入れてもこのエラーが解除されません。入れた紙が、紙送りされて、そのまま出てくるだけです。

エプソンのサービスセンターに問合せたところ、紙詰まりを検知しているセンサ不良が考えられるので、修理センターに出して欲しいとのこと。
ちなみに修理には、最低でも必ず約¥9,000ほどはかかり、それプラス修理費用、運賃などが加算されるそうです。

それだけの費用を出してまで修理する気はさらさらありません。間違いなく、新しいプリンタに買い換えます。

そこで、もう壊れても全然かまわないので、なんとか、上記のエラーを解除して、とりあえず印刷できるようにする方法はないでしょうか? 紙検知センサを殺すとか・・・。

なんでもいいので、お教えいただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

買い換える最後の手段でなにか方法はないかって質問に
買い替えを勧めるトカ
回答になってないし
なにもアドバイスできないなら回答しないほうがいいんじゃない

ひまつぶし回答が最近多いですね・・
ま それはおいといて

どっちみち破棄の運命にあるハードを
捨てるまでになんとかしたい 気持ちわかります
せめて原因と対処法の糸口くらい見つかれば今後に活かせるでしょう

こういう場合私はとにかく分解します
本当に紙が詰まってのエラーなのか
センサーの誤動作なのか 興味ありですね

紙が見つかれば除いて手順通りに組み立てる
紙がなかってもキチンと組めば不思議と治る場合もある

センサー部分は正直わかりませんが
分解して仕組みとかいろいろ勉強に使えばどうでしょうか
偶然でも治ればokだし

破棄はいつでもできます
それまでにやることやって ダメでも今後のスキルアップに活かして下さい

こういう機械的なモンは目一杯能力を引き出してあげて
寿命までまっとうさせてあげる
いよいよダメになったら自分の勉強に使って終了させてあげる
納得できるまで自力修理可能ならおいこんで治す
そういうもんだと思います

とりあえずダメ元で分解組立を経験してみてはどうでしょうか

買い換える最後の手段でなにか方法はないかって質問に
買い替えを勧めるトカ
回答になってないし
なにもアドバイスできないなら回答しないほうがいいんじゃない

ひまつぶし回答が最近多いですね・・
ま それはおいといて

どっちみち破棄の運命にあるハードを
捨てるまでになんとかしたい 気持ちわかります
せめて原因と対処法の糸口くらい見つかれば今後に活かせるでしょう

こういう場合私はとにかく分解します
本当に紙が詰まってのエラーなのか
センサーの誤動作なのか 興味ありですね

紙が見つかれば除...続きを読む

Qパンフレット作成&両面印刷の仕方について

お聞きしたいのですが、今お店の簡単はパンレットを作成いたしました。(フリ-ソフト ラベル屋さんにて) 最近カラ-レ-ザ-プリンタ(LP-9800C)を購入したのですが、ラベル屋さんでは両面印刷が出来ないようです。
そこでどなたかフリ-ソフトでパンフレットを作成(写真入り)でき、両面印刷可能ソフトを教えていだだけないでしょうか??もしくはこれからちらし等も作っていきたいのでラベル屋さんのように使いやすいソフト(有料)があったら教えてください。

Aベストアンサー

両面印刷出来るかどうかはプリンタのハードウェアに依存します。印刷時にプリンタドライバで「両面印刷」を選択しない限り、両面印刷が物理的に可能なプリンタでも両面印刷出来ませんよ。
また両面印刷機能がないプリンタでも、表面を全部数刷ってから裏返しにしてもう一度プリンタを通せば両面印刷出来ます。表・裏で刷り位置を合わせておく必要がありますが。
(ただしプリンタの取扱説明書に「裏紙や一度印刷済みの紙を使うな」と書いてあれば故障の原因になるので、やらないで下さい)

レーザープリンタのランニングコストは高価です。数十枚から100枚程度の出力ならペイ出来ますが、数百枚以上刷るのであればオフセット印刷の方が安価になる場合があります。紙の種類の選択も可能になりますのでお客さんに手にとってもらった時の満足感に繋がります。
数回トナー交換した辺りで、用紙代+トナー代とそれまでの出力回数(紙の通し回数)から一枚あたりの平均印刷コストを算出しておくと、「うちの場合、**枚以上は印刷屋に頼んだ方が安上がり」という目安が出来ます。

そう言う印刷屋の活用を視野に入れるとすると、Illustratorなどのドローソフトでチラシを作っておいた方がいい場合があります。印刷屋さんではAdobe系のソフトで作ったデータでないと受け付けてもらえないことが多いですから。
パンフやチラシの場合、お客さんに手に取ってもらった時に「この店で(あるいはこの店員さんから)/ここでしか手に入れられない価値の、この商品を買いたい」という購買理由を与えなければなりません。それにはチラシなどの目的に沿って内容を構成していく製作スキルが必要です。「パソコンで苦労して、製品と値段を並べたものを作ったら思ったよりキレイに出来た」だけでは、売り手の自己満足にしかなっていない場合があります。お客さんの主観に立ってパンフやチラシを設計する必要があります。
以上の点が実現出来ていれば、チラシを作るソフトは何でもいいのですが、現実を見るとやはりそれなりの表現の幅を持つ(自由度の高い)ドローソフトがいいかも...と考えます。
印刷屋さんに出すデータには使えませんが、自前のプリンタで出力するには使えるソースネクストのDrawgraphicやCorelDRAW Essentials2のように2000~10000円で導入出来るドローソフトもありますので。
またソフトだけでなくpop向きフォントやチラシ類のテンプレートも素材集として売られていますので、それらを活用すれば一から全て自作するよりは楽に早く目的を達成出来ます。

参考URL:http://www.sourcenext.com/products/draw/

両面印刷出来るかどうかはプリンタのハードウェアに依存します。印刷時にプリンタドライバで「両面印刷」を選択しない限り、両面印刷が物理的に可能なプリンタでも両面印刷出来ませんよ。
また両面印刷機能がないプリンタでも、表面を全部数刷ってから裏返しにしてもう一度プリンタを通せば両面印刷出来ます。表・裏で刷り位置を合わせておく必要がありますが。
(ただしプリンタの取扱説明書に「裏紙や一度印刷済みの紙を使うな」と書いてあれば故障の原因になるので、やらないで下さい)

レーザープリンタ...続きを読む

Qセンサの使用用途について教えて下さい。

・ 私なりに調べてみたのですが、各センサやスイッチが
  どういう用途で使われるのか、イマイチわからないので
  間違っていて、ほとんど選び出すことができませんでした。
  どうか、簡単の用途の説明つきで、お力を貸してください。

1・機械センサ
2・物体センサ
3・温度センサ
4・磁気センサ
5・光検出センサ

マイクロスイッチ/圧電素子/光学式変位センサ/ストレインゲージ/近接スイッチ/リードスイッチ/超音波スイッチ/ホール素子/硫化カドミニウムセル/磁気抵抗素子/光電スイッチ/静電容量型変位センサー/
熱電帯/フォトトランジスタ/タッチスイッチ

・ 機械センサはどういうものをさすセンサなんですか?
・ 物体センサとは、物体を確認するセンサという解釈でよいのですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

マイクロスイッチ:マウスのボタンやベルトコンベアーの通過物検出に使用されます。

圧電素子:強い荷重の検出、たとえば鉄工所の生産ラインやトラックの重量計など。

光学式変位センサ:いわゆるロータリーエンコーダです。パソコンのマウスや産業用ロボットに使用されます。

ストレインゲージ:大きくて硬い物体に加わる力の大きさを検出します。デジタル体重計や建築物、飛行機の羽などにかかる力の大きさを測定するのに使用されます。圧電素子による荷重計と置き換わりつつあります。

近接スイッチ:分かりません

リードスイッチ:ドアや窓の防犯センサー、工場ではベルトコンベアーの通過速度検出などに使用されます。

超音波スイッチ:?です。

ホール素子:CRTディスプレーなどの地磁気検出や、コイルと組み合わせて電力計や電流計に使用されます。

硫化カドミニウムセル:略してCdSです。街路灯のスイッチや、道路工事現場の誘導灯、

磁気抵抗素子:これはホール素子と同じだと思いますが良く分かりません。

光電スイッチ:物理の光を使った実験など、かなり特別な用途にしか使用されません。

静電容量型変位センサー:銀行のATMやパソコンのタッチパネル、防犯器具などに使用されます。

熱電帯:「ねつでんつい」(熱電対)ですね。高温や低温の温度測定に使用されます。鉄工所の炉や焼却炉の温度計測、物理の実験、宇宙開発などに使用されます。

フォトトランジスタ:フォトダイオードとペアになっているものはフォトカプラと呼ばれロータリーエンコーダの検出素子にも使用されます。テレビのリモコンの受光素子やなどに使用されます。

タッチスイッチ :インバータ蛍光灯のスイッチなどに使用されます。

マイクロスイッチ:マウスのボタンやベルトコンベアーの通過物検出に使用されます。

圧電素子:強い荷重の検出、たとえば鉄工所の生産ラインやトラックの重量計など。

光学式変位センサ:いわゆるロータリーエンコーダです。パソコンのマウスや産業用ロボットに使用されます。

ストレインゲージ:大きくて硬い物体に加わる力の大きさを検出します。デジタル体重計や建築物、飛行機の羽などにかかる力の大きさを測定するのに使用されます。圧電素子による荷重計と置き換わりつつあります。

近接スイッ...続きを読む

Qイラストレーターでの定規の設定

イラストレーター9で、定規を表示させると,36,72,108,144、、と目盛りが区切られて表示されるのですが、これを0,50,100、、などに変更するにはどうしたらいいですか?
環境設定を見たのですが分かりません。
(過去の質問も検索しましたが見つけられませんでした)
すみませんが教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>Web素材なので100dpiで書き出したらだめですよね・・?

web(PCのモニタ)に関して言えば解像度なんて、そう関係の無いものなんですよ。いくら解像度を指定してみてもピクセルを基準にして表示されるはずです。

と今色々試してみたのですが、別にこんなメンドイ事をする必要もなかったようです。難しく考えすぎましたね。(汗

元から単位をピクセルにすれば全て解決したようです(滝汗

で、環境設定から単位をピクセルにして、長方形ツールを選択して紙の上で一回クリックするとウインドウが出てきますので、そこに640px*480pxと入力して基準となるボックスを作っておきます。あとは任意にガイドを作成して定規代わりにしてはいかがでしょうか。(この時ガイドのロックをはずしておいてガイドを選択してオブジェクト→変形→移動で任意のピクセル数を入力してコピーを繰り返す)で、web用に保存すればOKですよ。

Q吸気センサとO2センサ

後輩のVitsは吸気センサの劣化(汚れ)で燃調が狂って(濃くなって)アイドリングで
俗に言うカブる状態になりセンサを交換しました。
しかし私が知る範囲ではマフラーのO2センサで燃調を確認して補正しているので
あまり吸気センサは関係ないような気もするのですが・・・
Vitsの事例で吸気センサとO2センサの関係を教えていただけると幸いです。
ご存知の方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ともに燃調に使用しているセンサです。

吸気センサーはビッツというより最近のトヨタ車はエアフロ(熱線式)です。
エアフロから吸入空気量をはかり、それとエンジン回転数から基本噴射量を作ります。
なのでエアフロは燃調の一番もとになる部分を作るセンサーです。

なのでここでの狂いは、根本的に燃調が狂うので不具合につながります。


そこからアクセル開度やエンジン負荷、吸入空気温度、冷却水温、電装作動有無などの補正をかけてくのですが
そこでO2センサーも補正するのですが、大きな役割としては排ガスの浄化のために
触媒がついますが、それが最も機能するのが理想空燃比付近なので、それにあわせて
補正する為にO2センサーで実際にはかって燃調補正するって役割がO2センサーの仕事です。

O2に不具合があると補正がおかしな補正になるのでよけいなおっせかい状態になって
不具合となる訳です。


参考にして頂ければとおもいます。

Qillustrator9.0.2でブラシツールの線で

illustrator9.0.2でブラシツールの線で困っている事があります。起動して、新規作成→白い作成画面がでて→ブラシツールで始点からドラックして終点までの間に線らしきモノが全然出なくてドラックをやめたら線が出ます。ドラックした状態で早くマウスを動かすと少し線が見えます。
illustratorは初めて使うのですがこういうモノなのですか?その事すら分からないのでどなたか教えてください。
環境はWinME,PEN(3)の1GHz,メモリーは384MB、です。

Aベストアンサー

おはようございますです。

こちらは[ブラシツール]と[鉛筆ツール]で違いがでますね。
鉛筆で描画するときは、ドラッグ中点線(レイヤーカラー)で
表示されます。その後ドラッグ中止でパスに変わります。

ブラシの方は、ブラシの設定に応じたスタイルで描画され
ドラッグを止めた時にパスに変わります。

rentonさんもおっしゃる通り、処理が重いと途中経過処理が
リアルタイムで表示されない事もしばしばあります。
(ドラッグ止めで、間をおいてからグワッ!と線が出るみたいな)

イラレはPhotoShop的感覚で使用する予定ですか?
ちょっとその他イラストツールとは使用勝手が違いますね。
使い方を頭の中で切り替えて操作を理解すると楽かも(?)

Q圧力センサについて

圧力センサについて知りたいのですが、感圧センサとはどういうものですか。
また、感圧センサの圧力分解能とは何ですか。
おすすめの圧力センサがあったら教えてください。

Aベストアンサー

シロウト考えですが・・・
圧力センサ・・・圧力の値を測る物
感圧センサ・・・圧力の有無を検出する物(要はスイッチ)
圧力センサの分解能・・・測定値の最小単位
感圧センサの分解能・・・?(強いて言えばOFFからONになる値の最小単位??)

お薦めの圧力センサ・・・
用途・用法・条件、つまり、被測定物の物性(気体・液体・固体、危険物・耐食性等々)、温度、圧力(正・負、測定したいレンジ)、要求する分解能、等、色んな条件がありますので、何の何を測りたいと仰有らないと、お薦めは見つからないと思います。

取り敢えず、キーエンス、オムロン、サンクス(松下)等センサメーカーで、お調べになったら如何ですか?

尚、マットスイッチ等の(導電性ゴムを使ったスイッチの)メーカーは、まるっきり畑が違います。

違ってたらご免なさい。

QPhotoshopの平滑度の入力値を常に0.2にする方法は?

WindowsXPにてPhotoshop6.0を使用してます。
クリッピングパスの平滑度の入力値を常に「0.2」にしたいのですが良策はないでしょうか?
過去ログを調べると、前回入力した数値が自動的に入力されるようですが、私の環境では数値が「100」になったり「空欄」になったりまちまちです。
毎回、必ず平滑度を「0.2」と入力しても次回は「100」もしくは「空欄」になってしまいます。
レジストリを変更する方法でもかまいません。
毎日、数多くの切り抜き作業を行っていますので困ってます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このような場合はアクション機能を使うのが良いと思います。
例えば
パスでもマスクでもキリヌキ作業をしたとして、最後にクリッピングマスクを適用するとすればパスの保存~平滑度0.2の入力まで連続でアクションに登録する事によりその手間がはぶけます。
私の場合はキリヌキが多くある場合、以上のアクションに保存~終了を加え、キリヌキ終わってサイズ指定したら登録したアクションを使って(F1~F12)保存まで済ませるようにしています。またパスのみ作ったらあとは以上のアクションを使ってバッチ処理しても良いでしょうが、その場合、エンターを押さないと作業が進まない事がある可能性があるため、エンターキーに重りを置いておく必要もあるでしょう。
以上、簡単ですがご参照下さい。

Qセンサの応答速度と得られたデータの処理の仕方についてなのですが、

センサの応答速度と得られたデータの処理の仕方についてなのですが、
センサの応答速度とは、センサに何か外乱を加えたとき
センサが反応し始めるまでの時間のことなのか
それとも、センサが反応しきるまでの時間なのかどっちなのでしょうか?

また、センサの応答速度が測定対象の経時変化速度よりも遅いと、センサとリンクしているA/D変換器の
サンプリング周期をいくら早く設定したところで、そもそもセンサが正しく現象の経時変化を追えておらず、意味がないと思うのですが、実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.2のご回答でも指摘されているように、ご質問には大事な情報がいささか足りませんね。
せめて、
・測定したい現象は周期信号なのかインパルス信号なのか
・問題のセンサの応答時間はどれくらいなのか(μsecなのかsecなのか)
・ON/OFFが測定できればよいのか、物理的変化量を測定したいのか。
・位相遅れが問題になるのかならないのか
……などの情報を付けてもらえれば、より適切な回答が寄せられたかも知れませんね。

> センサの応答速度とは、…… どっちなのでしょうか?

応答「速度」ではなく、ふつうはステップ応答の「時間」で表されます。
センサの仕様書には「応答時間」の項目に、その定義も含めて、値が出ているはずです。
ご質問の場合はアナログ量を検出するセンサのように思われますので、
ふつうはステップ状の入力を与えたときに出力が最終値の90%になるまでの遅れ時間Tで表されていると思います。
(ON/OFFの2値センサの場合は定義が若干異なってくるようですがここでは略します)

> また、センサの応答速度が測定対象の経時変化速度よりも遅いと、センサとリンクしているA/D変換器の
> サンプリング周期をいくら早く設定したところで、そもそもセンサが正しく現象の経時変化を追えておらず、意味がないと思うのですが、

そのとおりです。
ADCへの入力(=センサ出力)信号自体が既にナマっているのですから、サンプリングを必要以上に細かく刻んだところで、測定すべき現象をそれ以上に正確に記録できるわけではありません。

なお、入力(測定対象の経時変化)に対して出力(センサの応答)がどの程度まで素早く正しく追従するかを表すのには、ふつう「速度」ではなく、「周波数」で表します。
入力が、大きさ(振幅)は一定のまま周波数が高くなってくると、ある周波数を境に、上記の遅れ時間によって出力の方は追いつけずにだんだん大きさが小さくなってきます。
出力が本来の値から-3dB(=1/√2≒71%)に下がる周波数Fcを「カットオフ周波数」と呼び、周波数応答限度の目安とします。
(ただしこの時、入力に対する出力の時間遅れ(=位相遅れ)がπ/4周期生じています)

センサの応答特性が1次遅れだけと見なせるならば、
上記の応答時間(遅れ時間)をTとすれば、系の時定数τ=T/2.3
カットオフ周波数Fc=1/(2πτ)
でざっと計算できます。

実用上は、測定したい周波数をFとしたら、
信号の大きさだけが必要で位相遅れは気にしなくても良いのならF<Fc/3くらい、
位相遅れを起こしたくないならF<Fc/10くらい
に収めておけば、まあ安心というところでしょうか。

詳しくは「ステップ応答 応答時間 時定数 カットオフ」などでネット検索してみることをお勧めします。

ANo.2のご回答でも指摘されているように、ご質問には大事な情報がいささか足りませんね。
せめて、
・測定したい現象は周期信号なのかインパルス信号なのか
・問題のセンサの応答時間はどれくらいなのか(μsecなのかsecなのか)
・ON/OFFが測定できればよいのか、物理的変化量を測定したいのか。
・位相遅れが問題になるのかならないのか
……などの情報を付けてもらえれば、より適切な回答が寄せられたかも知れませんね。

> センサの応答速度とは、…… どっちなのでしょうか?

応答「速度」ではなく、ふつうはス...続きを読む

Qパンフレットの印刷

JPEG A4のパンプレットのファイルが3枚あるのですが、
印刷で、1枚ずつだすと、AAA,BBB,CCCと出てきてしまいます。これをABC,ABC,ABCで印刷する方法・アプリケーションはご存じの方いらっしゃいませんか?
pdfにしようとも思ったのですが、あまりきれいに印刷されなかったもので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 その画像ファイルをWordや一太郎などのワープロソフトの各ページに貼り付けて印刷したらいいでしょう。
 ワープロソフトの印刷メニューには「部単位で印刷」というオプションがあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報