上告書が書き方について知りたいのですがネット、本を探してもどうしても見つかりません。
上告書に書き方はあるのですか?
知り合いは不満を書いたと言っていたのですが・・・・。
上告書の書き方の本、情報についてどなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>白色申告・・・認めなかった部分を不服とて最高裁に上告するというものです。



最高裁に上告すると云うことは、その下級である高等裁判所の判決を不服としてのものです。本件では、どうも、そうではなさそうです。私は税関係の法律は詳しく知りませんが白色申告云々は所得税法で決められているのではないでしようか。白色申告が他の法律に基づくものであっても、それらの不服は全て「行政不服審査法」の定めによって処理されています。従って、yusuke519さんの不服の「更正の理由附記を認めなかった部分」が行政不服審査法の「処分」であるかどうかです。該当するなら審査請求します。請求先は当該行政庁です。審査請求書には、請求の趣旨と理由を書きます。その結果、その行政庁の決定や却下に対して更に不服なら地方裁判所です。そして、高等裁判所、最高裁判所と進め判断を待つことになります。
なお「上申書」は公官庁に「お願い」することで、お願いされた公官庁は、それに拘束されません。民事訴訟法や行政不服審査法に基づく申立書等なら必ず処理しなければなりません。この申立は○○法第○条に基づくものです、など書く場合もあります。
    • good
    • 0

上告理由書であれば,上告理由があることを書く必要があります。

つまり,憲法違反,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違背があることを示さなければなりません。上告理由を明らかにしない上告理由書では,それだけで適法な上告でないとして最高裁判所は口頭弁論をせずに上告を棄却します。したがって,上告理由があることを明らかにすることは必須事項でしょう。
形式的なことを言えば,書類はA4判横書きですね(笑)。

それど,yusuke519さんは,本件訴訟の代理人ということですが,たしか,弁護士でない人は地裁,高裁の訴訟代理人になれないのでは?仮に報酬を得る予定で代理人となると,非弁行為という弁護士法違反の犯罪になりますが・・・?
    • good
    • 0

その上申書は誰にどのようなことを上申するのでしようか?


一般的には、何時、何処で、誰が、誰に、何を、とのようにした等々ですが裁判所では、その他、事件名や事件番号、当事者など書いておく必要があります。裁判所なら詳細に教えますが補足をお願いします。

この回答への補足

回答有難うございます。
上告書なのですが、税金の問題に関してです。
白色申告の納税者が裁判所が白色申告に対する更正の理由附記を認めなかった部分を不服とて最高裁に上告するというものです。
これを代理人である私が上告理由書を書くのですが、上告書の書き方が・・・。
こんな問題ですが、もし回答いただけたら非常に嬉しいです。
本などの紹介、情報、なんでもでもかまいません。
よろしくお願いします。

補足日時:2002/01/14 13:43
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上告費用は誰が払うの?

上告費用は誰が払うの?

素朴な疑問ですが、
民事・行政訴訟で、A(原告)が、B(被告)を訴え、
Aが東京地裁で勝訴しました。
Bが東京高裁に控訴し、逆転勝利しました。
しかし、
Aが東京高裁の判決に「判決に重大な影響を及ぼす齟齬」があると、
最高裁判所に上告した場合、
最高裁判所は東京高裁の判決を取り消し、
東京高裁に差し戻すか、自判するかだと思うのですが、
上告費用は誰が支払うのでしょうか?
上告の原因は東京高裁の判決の「判決に重大な影響を及ぼす齟齬」の場合、
Aにも、Bにも責任は無いと思うのですが、
上告費用を東京高裁に支払わせるようなことはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

裁判官の不法行為は公務員職権濫用(刑法第193条)であり、国家賠償請求権(国家賠償法第1条第1項)の行使が可能です(日本国憲法第17条)。

裁判所(国)のミスは、国が損害を賠償する責任があります(国家賠償法第1条第1項)。

「御上には逆らうな、ということか。」と泣き寝入りをせずに、頑張って争うことも、大切です。

私は、裁判所(国)に対し、国家賠償請求訴訟を提起しています。

Q上告理由書、上告受理申立理由書

には、書証とかは付けられないのでしょうか?

Aベストアンサー

法律審は、証拠調べはしないので、新たな証拠は提出できません。

上告理由としての経験則、論理法則違背の資料となりうるものだったら、いかも知れませんが。

Q上告した際の費用は?

今日、高等裁判所の判決に不服の人が最高裁判所に上告しました。その場合はいくら位の費用を裁判所に払うのでしょうか?また、弁護士はどうですか?
この場合、弁護士が国選ということはできますか?

Aベストアンサー

 質問と回答の補足から推測すると、都内某大学のサークルによる暴行事件の事ですよね?
 この事案は、刑事裁判によるものですから、裁判にかかる費用で、私選弁護人以外の裁判官や検察官、書記官などの人件費及び裁判所の場所代については、基本的に全て公費(税金)から支払われています。
 裁判所の裁判での公判費用は、
  刑事事件=公費
  民事事件=実費
と考えればよいと思います。
 弁護士については、こういった事件ではたいてい私選弁護人が就いているので、弁護士費用は被告人が支払わなければなりません。
 しかし国選弁護人であれば、弁護士費用も公費になります。

Q上告書の意味と書き方を教えてくださいm(_)m

こんにちは。私は主婦です。裁判の事など全く縁がないので正直本当にチンプンカンプンで・・・。私の知り合いが上告書を書かなくてはならなくなりました。まず1つ本当にアホらしい質問(よくお知りの方、本当にすみませんm(_)m でも私は真剣なので許してください。)ですが上告書と上告理由書は同じことですか?前者はただ短くした言い方だけですか?あと、書き方は「憲法第○条」に基づき・・・とかで書かなくてはならないのですか?普通の人間は憲法第○条とかしらないし・・・困っています(><)どなたかこんな私でも解るように教えていただける方はいらっしゃいませんか?どうぞよろしくお願いいたします m(_)m 

Aベストアンサー

こんにちは

上告書の意味や書き方を「好奇心として」知りたいのでしょうか?
それとも「知り合いに書き方を聞かれてアドバイスをしたい」という
ことでしょうか?

前者であれば
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%91%8A

後者であれば・・・やめましょう。
不可能です。その上、ネットで仕込んだ生半可な知識でアドバイス
しても百害あって一理ありません。

>普通の人間は憲法第○条とかしらないし・・・

だから勉強する(並大抵の勉強では無理です。相手は「法律のプロ」
ですから)か専門家(弁護士)に頼むのです。

Q上告の取り下げはできますか。返金はあるるのですか

上告の取り下げはできますか。費用は返ってくるのですか。

上告しようかと思っていますが、途中で和解協議が整えば
取り下げることは可能でしょうか。
また、上告状を出して、理由書を出さなかったら。どうなるのでしょうか。
50日程度と思いますが。催告通知とかあるのでしょうか。

最近は高裁で「不受理」というのがあるようです。
高裁が判断するのですかね。

そこら辺り詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>上告の取り下げはできますか。費用は返ってくるのですか。


 上告を取り下げることは可能です。

 上告を取り下げた時期が,原裁判所が上告裁判所若しくは抗告裁判所に事件を送付する前であれば,原則として印紙の半額が戻ります。

>また、上告状を出して、理由書を出さなかったら。どうなるのでしょうか。

 上告却下です。

Q裁判で「陳述書」外の「身上書」「「上告書」「私信書

裁判の世界に乏しい者です。ただ、「陳述書」は証拠価値があることを知っています。
(1)訴訟1件で陳述書は何回までとかの規定がありますか。
(2)陳述書以外の3つの文書名を並べました。裁判所では、3つとも実在し証拠価値が認めらていますか。
(3)裁判官あての「私信書」と名付けた意見書は民亊裁判で証拠採用されますか。
(4)証拠採用される文書名が、外にあったら教えてください。

Aベストアンサー

実務のうえでお答えしますと、民事事件の場合、自己の云いたいこと(これを「主張」と云います。)は「準備書面」と云うタイトルでします。
これは、例えば、「原告は被告に対して年月日金○○万円貸し付けた。」と云うような内容となります。
「陳述書」と云うのは、当事者又は証人の云い分を、例えば「・・・お金を貸したその日は雨が降っており寒い夜でした。・・・」と云うような内容で書面にしたものです。
「身上書」や「私信書」と云うようなタイトルでは実務のうえではしないです。
また「上告書」と云うのは高等裁判所の判決に不服の場合、最高裁判所に提出する書類なので、紛らわしいので使いません。
なお、裁判所は判決までにタイトル内で迷うときには、口頭弁論の際に裁判官が直接に真意を確かめます。
陳述書の回数は法定されていませんので何回でもできますが、実務では1回だけです。

Q「上告兼上告受理申立書」の理由について

「上告兼上告受理申立書」を出した場合、その「理由書」は別々に出さないといけないようですが、
上告理由が「憲法違反」の場合、それは上告受理の理由にはならないのでしょうか?
また、「上告理由書」だけだと上告が却下されますか?

Aベストアンサー

憲法も法令ですから、憲法違反についても、上告受理申立理由である「法令の解釈に関する重要な事項」に該当します。

上告理由書の提出のみで、上告受理申立理由書を提出しないということでしたら、上告受理申立のみが却下され、それを理由に上告が却下されることはありません。

Q現在民事裁判中の被告です、陳述書の書き方注意点、有利な書き方教えてください

只今民事裁判中で被告人ですす。12月初旬地方裁判所で証人尋問の裁判が行われます、裁判を前に弁護士さんから書類が届き陳述書と陳述書の答弁を書いて事務所に来るように言われております。原告は私に身に覚えの無いような事が多く述べている為困っています。陳述書の書き方の注意点、不利な書き方、有利な書き方、有りましたら教えてください。
初めてのことで分からない事ばかりです、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

裁判所の連絡先が書いてあるとおもいますので電話してきいてみるのが良いとお思います。 相手の書類に書いてある項目毎に否認、わからない、同意という選択が出来ます。否認する場合は否認する理由を述べて最後に、よって否認すると締めくくります。 私の場合もほとんど全てうその陳述書のないようでした、よくこんなうそばかりかけるもだと感心したものでした。

Q「上告及び上告受理申立書」の理由書について

民事訴訟で最高裁へ上告する場合、
「上告及び上告受理申立書」に記載(添付)する「理由書」について、
その理由は同じになると思うのですが、
「上告及び上告受理申立の理由」と記して、まとめて書いてもいいでしょうか?
また、
別途ではなく申立書の理由欄に書いてしまってもいいでしょうか?
あるいは、
上告と上告受理申立の理由は、違う内容になるのでしょうか?

Aベストアンサー

「上告状」も「上告受理申立書」の理由は同じでいいです。
「上告状」は「異議あり、再度の審理を願う」と言うことであり、
「上告受理申立書」は「上告したので受理して下さい。」と言うことです。
だから、趣旨も理由も同じでいいです。
この「上告受理申立書」が必要になった理由は、それまで(平成10年)は、全て受理し、1つ1つ全部法律に基づき処理していました。
最高裁は、膨大な処理に困惑しました。
そのために、まず、受理するかどうかを裁量に委ね、そこで受理するとなれば、改めて上告を審理すると言う方法を取り入れたのです。

Q上告、上告受理

一時間は60分である-法規
1分は50秒である-事実認定
したがって1時間は3千秒である-結論

と判決を下された原告は、

どうやって反論すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 そんな判決はでることはありません。でっもし反論するならどうする?

 慣習法とは、一定の範囲の人々の間で反復して行われるようになった行動様式などの慣習のうち、法としての効力を有するものをいう。不文法の一つである。


 慣習で1分は50秒でならばそれが正しいと成ります。


 現在の1分が60秒なのは
  1 時間を 60 分割しているのは、バビロニア発祥の六十進法によるものである。のが歴史で反復されてきたからです。
 もし古来から1分は50秒で反復されていてそれが定着されていれば1分は50秒であり、1時間は3千秒であることとなります。

 別に反論する前に前提が抜けているのでそれにより反論すべぎ内容が変わります。


 1分が50秒でも60秒でも単なる慣用(習慣)な訳ですから習慣が50秒であればそれが正解となるだけの話。


 今の地球では、世界中だれも1分が60秒が慣用(習慣)な訳ですら単純にそれを主張すれば良いだけの話ですな。


 まあ、仮に私が中国皇帝で 皇帝の命よりに1分が50秒とすれば その時代1分が50秒となるだけの話です・・・・

 それが習慣であり慣用なのですので・・・・  


 

 そんな判決はでることはありません。でっもし反論するならどうする?

 慣習法とは、一定の範囲の人々の間で反復して行われるようになった行動様式などの慣習のうち、法としての効力を有するものをいう。不文法の一つである。


 慣習で1分は50秒でならばそれが正しいと成ります。


 現在の1分が60秒なのは
  1 時間を 60 分割しているのは、バビロニア発祥の六十進法によるものである。のが歴史で反復されてきたからです。
 もし古来から1分は50秒で反復されていてそれが定着されていれば1分は50秒で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング