HEXと言う単語を英和辞書で引くと16進数と六角形と言う言葉が出てきました。
16と6。16進数と六角形は何か通じるところがあるのかなと思い質問してみました。
どうぞよろしくm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

他のかたがおっしゃるとおりで、hexadec- が 16を表します。

で、hex- だけだと6。
以下は数を表す接頭辞です。

mono- 1 モノラル、モノトーン、モノクローム。
di- 2 ジ、とか、ダイ、とか読みます。
    一般用語ではあまりみないけど、技術用語によくあります。
    ダイポールとか、ダイオードとか。
tri- 3 トリオ、は3人組ですね。
tetra- 4 正四面体の形でテトラポッドってありますよね
penta- 5 ペンタゴンは建物の形(五角形)から。
     ペンティアムはインテルの第5世代のCPUです。。
hexa- 6 シミュレーションゲーム用語ですけど、陣地を表す六角形のマスをヘックス、と呼んだりします。
    hexagon(六角形)から来てるんでしょうけど。
hepta- 7
octa- 8 オクターブはドレミファソラシドの8音上にあります
nano- 9 ナノメートルは10のマイナス9乗メートル
deca- 10 decimal は10進法
undeca- 11
dodeca- 12
trideca- 13
tetradeca- 14
pentadeca- 15 むかし、育毛剤かなんかでペンタデカンってのがありました。知らない?
hexadeca- 16 hexadecimal は16進法ですね。
...
eicosa- 20
henicosa- 21
docosa- 22 ドコサヘキサ塩酸。化学式は知りませんが、22 と 6 が関係してるのは確かなはず
...
    • good
    • 0

16進数を表す"hex"は、元々は"hexadecimal"(意味は『16進法の』)の略表記です。



No.#1のgauryiさんの回答にあるように、"hex"は本来"6"を意味し、"hexa"+"????"と言う形で使われます。

例:
hexagon:六角形
hexahedron:六面体

"hexadecimal"も、"hexa"と"decimal"(『十進法の』)からの造語です。(16進法による表記は、コンピューターが開発されて、桁数の多い2進法表記の不便さを補うためにできたものです。)
    • good
    • 0

HEXはHEXADECIMALの略です。



HEXは6で、DECIMALは10進数のことですから、HEX + DECIMALで16なのでは? と私は考えました。
    • good
    • 0

HEXを自分の辞書で引いたら6の結合辞とあり


6に関係する物に使われるのだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q補数と進数とビット

明日テストなのですお願いします
次の10進数を2の補数を利用して()内のビット数で2進数に直して下さい。
問1 -6(4ビット)
問2 -102(8ビット)
10進数から2進数への直し方はわかります。-の補数がよくわかりません。
お願いします

Aベストアンサー

情報処理技術者試験レベルで問われる負の数の表現は主に二つあります。

1の補数…二進数表記の0と1を反転させた数。例えば-1なら00000001(2)→11111110(2)

2の補数…1の補数に+1した数。例えば-1なら00000001→11111111(2)


普通は、2の補数への変換について問う問題が出題されると思います。

とにかく、-1は11111111(2)、-2は11111110(2)、-3は11111101(2)…と覚えておけば
大丈夫だと思います。

参考URL:http://www.it-license.com/cardinal_number/The_complement_of_2.html

Qこの問題の途中式を教えてください 2×1/16+4×1/16^2+8×1/16^3 =1/4×16+

この問題の途中式を教えてください
2×1/16+4×1/16^2+8×1/16^3
=1/4×16+1/2×16×16
=64+8+1/512
=73/512

Aベストアンサー

一番分母の大きくなるところを計算します。
 8×1/16^3=8×1/(2×8×16^2)=1/(2×16^2)=1/512
分子と分母を8で割って約分しています。

分母を(2×16^2)=512に揃えることを考えて、足りない分をかけます。
 2×1/16=(2×2×16)/(16×2×16)=64/(2×16^2)=64/512 (2×16をかける)
 4×1/16^2=(4×2)/(16^2×2)=8/512

よって
 2×1/16+4×1/16^2+8×1/16^3
  =64/512+8/512+1/512
  =(64+8+1)/512
  =73/512

Q進数

進数の足し算の方法を教えて下さい。
次の計算を二進数でせよという問題です。
1+1=10
10+1=11
11+1=100
詳しく説明して下さい
なぜ一番最初の問題は.0010でなく10なのですか?
教科書には2は0010と書いてあります。
二進数なので2番目の10などは1と0に分けて考えるのですか?
など疑問がたくさんあります。
教えて下さい

Aベストアンサー

またまた補足

十六進数の表現は

0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、A、B、C、D、E、F、10(イチゼロ)、11、12…ですね

あと教科書的には3ビットで表現する8進数も良く出てきます。

0、1、2、3、4、5、6、7、10(やはりイチゼロ)、11、12…

ですね。

二進数に直して考えると簡単に8進数←→十六進数に変換できます。

Q普通形の非過去の肯定形とは?

日本語教育の文法の本を読んでて、

動詞の活用形:辞書形「普通形の非過去の肯定形」とありました。

動詞「読む」を例にとってありましたが、それでは
「非過去の否定形」
「過去の肯定形」
「過去の否定形」
はどのように変化するのでしょう。

「~の~の~形」は非常にわかりにくく、
ご存知の方、ご教示ください。

Aベストアンサー

 
どういう意味なのか少し分かりにくいのですが、考えるに、これは、日本語の辞書において、動詞の「見だし語形」はどういう性質なのかという説明が、「普通形の非過去の肯定形」だと思えます。

日本語の動詞は活用しますが、活用のなかで、その形だけで完結している形は、二つしか基本的にないはずです。具体的に言えば:

未然:読ま-(ない)/読も-(う)
連用:読み-(ます)/読ん-(だ)
終止:読む|/読む-(らしい)
連体:読む-(時)
仮定:読め-(ば)
命令:読め|

「読む」という動詞の活用はこれだけしかなく、後に助動詞が付いて、使役とか、受動とか、完了とか、推量、意志、様相などが表現されます。

動詞単独で示す場合、終止形の「読む|」と、命令形の「読め|」しか、それ単独で意味を構成している活用形はないのです。未然形の「読ま」とかを、辞書の見出しにはしないのです。また、連用形の「読み」も見だしにしません。

すると、見だしに出きるのは、単独で意味を持つ、「終止形」と「命令形」だけになるのですが、「命令形」は見だしにしないという意味で、「普通形」は「命令形」に対する動詞のモードとして指定されて、終止形の「読む」を、見だしにすると述べています。

ところで、「読む」は、「読ま」や「読み」とは別に、動詞それ自体で、意味を構成しており、助動詞などで、時制や様相や規定しなくとも、それだけで時制や様相が決まっているとも言えます。

「読む」というのは、「完了」に対立して、「現在」や「未来」の時制を表現しています。「いま本を読む」「明日,本を読む」というのは、現在と未来です。しかし、過去にするのは、「昨日、本を読む」ではおかしいわけで、「昨日、本を読んだ」という連用形になるのです。これが、「非過去」という指定の意味でしょう。

「読む」というのは、時制から見ると、現在・未来で、非過去に相当するのです。

また、「肯定形」というのは、「読む」というのが、それだけだと、否定の意味を含まないからです。否定は普通、「-ない」という助動詞を、未然形に付けて造ります。「読む」という終止形は、肯定か否定かというと、その単独では、「肯定形」なのです。

そこで、「普通形の非過去の肯定形」を見だしにするという持って回った表現になっているのでしょう。

>「非過去の否定形」
>「過去の肯定形」
>「過去の否定形」

これらに対応する表現は、「読まない」「読んだ」「読まなかった」ですが、動詞部分だけだと、すべて「読ま-」という未然形であって、上の三つの形は、動詞の活用だけでは表現できないのが日本語です。

つまり、動詞の活用の終止形単独だと、どういう意味を持つかが、「普通形」「非過去」「肯定形」であって、「過去形」や「否定形」にしようとすると、助動詞を使わなければならなくなるので、上で述べておられるような、活用形は、日本語の動詞には、ないのです。未然形の「読ま-」だけでは、「読ませる」という使役である可能性もあり、否定とは限らないのですし、完了だということも言えません。

後にどういう助動詞が付くかで、否定とか、過去とかが出きるので、動詞の活用だけでは、そういう意味の活用はないということです。

西欧語の場合、動詞の見だしは、「不定形」にするか、または「直説法能動相現在一人称単数形」で表示します。印欧語の動詞の屈折形は、それ単独で、動詞としての意味を持って使用できるのですが、屈折に似た日本語の「活用」は、似て非なるもので、単独で意味を持ち独立できるのは、「終止形」と「命令形」しかないのです。

そこで、見だしは、「終止形」と言えばよいはずなのですが、「命令形」でないという意味から「普通形」と言い、また、動詞の終止形が、助動詞の接続なしで、「非過去・肯定」の意味を持っているので、印欧語文法のように、時制の特徴まで付け加えているのでしょう。
 

 
どういう意味なのか少し分かりにくいのですが、考えるに、これは、日本語の辞書において、動詞の「見だし語形」はどういう性質なのかという説明が、「普通形の非過去の肯定形」だと思えます。

日本語の動詞は活用しますが、活用のなかで、その形だけで完結している形は、二つしか基本的にないはずです。具体的に言えば:

未然:読ま-(ない)/読も-(う)
連用:読み-(ます)/読ん-(だ)
終止:読む|/読む-(らしい)
連体:読む-(時)
仮定:読め-(ば)
命令:読め|

「読む」...続きを読む

QHEX9.5の意味をおしえてください。

HEX9.5の意味をおしえてください。
機械図面にHEX9.5という表示があるのですが、規格に二面幅が9.5mmのナットはありません。
どのように考えればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

HEXといえば
ヘクスローブ、かなぁ。

>機械図面にHEX9.5という表示があるのですが、

とだけあっても図面は日本のJIS規格のものなのか、
図面のどこを指してるのか一切不明だし

>規格に二面幅が9.5mmのナットはありません。

とあるのでビス、ナット関係かと思い回答しました。

海外は知りませんが日本では、電話機など一般人に弄られたくない箇所に使います。
(秋葉などで工具を買えるので厳格じゃないんですけどね)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報