専門外で勉強していて、詰まってしまっています。
基本の基本かもしれませんが、答えていただけると助かります。

完全独占市場についての問題を解いてます。
MC=3x2(さんエックス2乗)-18x+37
と2次関数になった時点でわからなくなりました。

限界費用関数から平均費用関数を求めるにはどうしたらよいのでしょうか?
そもそも、”微分する”という言葉が出るたびに躓きます。
MCとpが与えられており、
MR・クールノー点・独占度・需要の価格弾力性までは
参考書を何冊も見ながら、自力で解きました。

ここで、やはり微分の計算の仕方を覚えないと解けないのでしょうか?
数学はまったくの苦手で、理論というより
なにか分かりやすい公式、あるいは数字を入れ替えた場合に
簡単に答えを導ける方式がありましたら教えてください。

的外れな質問でしたらすみません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

経済学部出身者です。


限界費用関数から平均費用関数を求めるには、積分が必要です。
限界費用関数を積分して、それを数量:xで割ると、平均費用関数が
算出されます。
ただし、限界費用関数を積分しても、最後の定数項:cが確定しないと
正確な平均費用関数は求められないと思います。

本当は学校の宿題には手を貸さないことにしていますが、専門外と言うことで
特別に答を教えましょう。でも、私も積分なんて10年くらいやってないので
間違ってるかもしれません。

MC=3x2(さんエックス2乗)-18x+37
MCの積分(つまり費用関数)
 =x3(エックス3乗)-9x2(きゅうエックス2乗)+37x+c(定数項)
AC=費用関数/x=x2-9x+37+c/x
になると思います。一応チェックしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
数式を載せてしまってよいものかと悩みました。
質問を記入した後も何冊も本を読んでいたら、
なんとか自分で解決できたのですが答えに不安があったので、
ryon2さんに解答まで寄せていただき助かりました。
経済学の本より数学の参考書を借りてくるべき、と思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセルで種類を数える関数が無いのは何故?

エクセルで種類を数える関数が無いのは何故なんでしょうか?

エクセルで種類を数えるには、いくつかの関数を組み合わせるのが一般的ですよね?
直接数える関数が無いのは、訳があるんでしょうか?

Aベストアンサー

>>エクセルで種類を数える関数が無いのは何故なんでしょうか?

やっぱり、そういう関数が必要な方が全体からみたら少数派だと、エクセルの開発者たちが考えているからではないかと思います。
また、既存の関数を組み合わせたら、対処可能だから、無理して新しい関数を作る必要性もない、開発の優先順位が低いって判断もあるでしょうね。

私は、エクセルの表を作ったり、エクセルVBAでプログラムを作ったりしますけど、そういう関数が必要になったことが全くありませんし。

Q需要関数から価格弾力性を求める問題について

私が経済学部出身のため大学生の弟に質問され
宿題を手伝おうとしているのですが、
大学時代に熱心に勉強しなかったため全く分からずに困っています。

どなたか教えていただけないでしょうか?
よろしくお願い致します。

包丁の料理人への需要関数は
qr=max{200-p,0}
一般家庭への需要は
qf=max{90-4p,0}
で与えられるものとする。

 →お恥ずかしいのですが私はすでにこの式の意味が理解できません。

価格pでの包丁の料理人への需要の価格弾力性と
家庭への需要の価格弾力性を計算せよ。

 →このあと、グラフを書いたりと問題は続くのですが、
  ここまでの段階ですでにつまづいております。
  新年早々恐縮ですが、どなたか教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>包丁の料理人への需要関数は
>qr=max{200-p,0}
>一般家庭への需要は
>qf=max{90-4p,0}
>で与えられるものとする。

ここで使われているMax{A,B}は、AかBのどちらか大きい(MAX)方を使いなさいという意味です。

だから、qrにおいて
pが300だったら、{-100,O}⇒0を選ぶということになります。

よって、
qrは、切片が200で、-1の傾きを持ち、200以上のpに対してはゼロの値となるような線になります。

一般家庭も同じように導き、たぶん二つをあわせて価格に対する需要を導くのが問題の意図だと思います。

どうでしょうか?

Qエクセルの関数で

エクセルの関数辞典を見ていたら、CUMPRINC関数というのがありました。
しかし、エクセルの「挿入」→「関数」→関数の分類で「財務」というのを選択したのですが、一覧表に載っていません。
どこに載っているのでしょうか?
どうすればこの関数を使えますか?
ちなみにシートの上でやっても関数の反応をしませんでした。

Aベストアンサー

Yahooで検索してみると、参考URLが引っかかりました。

参考になりませんか?

参考URL:http://money-sense.net/doc/20041215_224257.php

Q経済学の問題を解いてますが... 自分の理解が追いつかないので質問させて下さい 独占企業の市場需要

経済学の問題を解いてますが...

自分の理解が追いつかないので質問させて下さい
独占企業の市場需要関数はD(p)=160-p
費用関数はC(q)=20q
で与えられてます。

完全競争市場だと仮定した場合均衡価格、均衡取引量、社会余剰を求めたいのですがこんがらがって解けません。
詳しい方解説できたらお願いします!

Aベストアンサー

独占企業が競争的に行動したらどうなるか、ということ。競争的に行動するとは、(市場)価格を所与として、つまりプライステイカーとして行動するということ。いま、価格をpとして、この企業の供給曲線がどうなるか考えてみよう。供給曲線とは、与えられた価格に対してこの企業の利潤最大化生産量を示す関数のことだ。いま、この企業の利潤をπと書くと,
与えられた費用関数を用いて
π = pq - C(q) = (p-20)q
となる。利潤πを最大化する生産量qは、p > 20ならば、qを大きくすればするほど大きくなる(数学的には最大値は存在しない)、p < 20ならば、q = 0 、つまり、q大きくなるほど、損失(負の利潤)はどんどん大きくなるので、生産をゼロとするとき、利潤はπ=0と最大化される!(生産しないのが得策ということ)、そして p = 20ならば、利潤πは生産にかかわらずつねにゼロ。つまり、利潤最大化生産量は不定。この供給曲線をpを縦軸に、qを横軸にとって描くと、p=20のところで水平の直線となる。言い換えると、供給は価格20で無限に弾力的である。
市場均衡は供給と需要が等しいところで成立するから、
p=20
q=D(p)=160-p
より、均衡取引量q=160-20=140と求まる。社会的余剰(TSと書こう)は需要曲線と供給曲線で囲まれた部分(3角形)の面積に等しいので、
TS=(140×140)/2= 9800
で与えられる(需要、供給の図を描いて確かめなさい)。

独占企業が競争的に行動したらどうなるか、ということ。競争的に行動するとは、(市場)価格を所与として、つまりプライステイカーとして行動するということ。いま、価格をpとして、この企業の供給曲線がどうなるか考えてみよう。供給曲線とは、与えられた価格に対してこの企業の利潤最大化生産量を示す関数のことだ。いま、この企業の利潤をπと書くと,
与えられた費用関数を用いて
π = pq - C(q) = (p-20)q
となる。利潤πを最大化する生産量qは、p > 20ならば、qを大きくすればするほど大きくなる(数学的には...続きを読む

Qエクセルの関数 ネスト

エクセルの関数 ネスト

エクセルの関数で、ネストさせるときがあるとおもうのですが、

関数を内側に書いたらよいのか外側に書いたらよいのか分からなくなる時があります。

エクセルの関数に関してわかりやすく書いてあるページなどありますか。

Aベストアンサー

こんばんは

Excel2003までは、ネストが7まで、2007では64までが可能です。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=excel+%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%802003%E3%80%802007&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

「仕様上は可能」でも、複雑なネストは間違いが生じやすいですし、変更もしにくくなります。「出来るだけネストはしない」「適宜、中間結果をセルに出力する」という方法を採った方が、間違いが少なく、柔軟性のあるシステムになると思います。

>エクセルの関数に関してわかりやすく書いてあるページなどありますか。
関数の個別の機能ならば、Webサイトも書籍も多数あるのですが、「組み合わせて使う」というのはその場その場での発想になってしまうと思います。

Q供給独占と需要独占

供給独占と需要独占では、供給独占のほうが、死加重が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

> 供給独占と需要独占では、供給独占のほうが、死加重が多いのでしょうか?

死荷重は、供給曲線と需要曲線の形状に依存して決まるため、どちらとも言えない。

Qエクセル関数の解読サイトなんてありますか?

エクセル関数の解読サイトなんてありますか?

いつもお世話になっております<(_ _)>

エクセルファイルに関数の入った数式が入力されています。
セルごとに複数の関数が入っていますが、私にはちっともわかりません。

そこで質問です。
こんなとき「エクセル関数を解読」してくれるようなサイトってありませんか?

たとえば検索窓があってそこに「=SUM(S1:S13)」わからなくて困っている関数式を入力。
すると答えの別ボックスに「S1~S13までの数値の合計」と出てくるようなサイト。

それに近いサイトでも良いので知っている方がいらっしゃればぜひ、教えてください<(_ _)>

Aベストアンサー

もし、

=IF(E14="","",IF(O14="",(IF(E14>"18:00"*1,"18:00",E14)-IF(C14<="8:00"*1,"8:00",C14))*24*1300,(IF(E14>"18:00"*1,"18:00",E14)-IF(C14<="8:00"*1,"8:00",C14))*24*1625))

だったら、どういう文章が出て欲しいのでしょうか?

もしE14が空白だったら、
 空白、
そうじゃなかったから、
 もしO14が空白だったら、
  (もしE14が18:00より大きかったら18:00、そうじゃなかったらE14)-(もしC14が8:00以下だったら8:00、そうじゃなかったらC14)×24×1300
 そうじゃなかったら、
  (もしE14が18:00より大きかったら18:00、そうじゃなかったらE14)-(もしC14が8:00以下だったら8:00、そうじゃなかったらC14)×24×1625

って感じですか?
数式をそのまま読解したほうが解りやすくないですか?

Q独占市場におけるX財の総需要曲線がD=100-2Pで、独占企業の総費用がTC=FC+10Xのとき

個人で調べてみたものの理解できないので投稿させて頂きます。
経済学経済原論(ミクロ経済)の問題ですが、
下記の問の答えと考え方をできたら詳しく教えていただけたら嬉しいです。

独占市場におけるX財の総需要曲線がD=100-2Pで、独占企業の総費用がTC=FC+10Xのとき、独占企業の平均収入(AR)限界収入(MR)を求めよ。またこの場合の独占価格、ラーナーの独占度もそれぞれ求めよ。

補足(問題追加)この場合の独占市場における社会的損失はいくらになるか

Aベストアンサー

今度の図は正しく描かれています。死荷重の値も400で合っていますね。

あなたは、もう1問ー2部料金制の問題ーを質問していたと思いましたが、見当たりませんね、取り下げたのでしょうか?現在の質問が解決したら、その問題を解説しようかと考えていたのですが。。

Qエクセル関数を、書き写して分析できるツールはある?

タイトルの件、質問します。

エクセルの関数を分析する際に、エクセルの数式バーや、セルに入っている関数を
F2を教えて見るのでは、見にくい場合があります。

現在は、私は、メモ帳に関数をコピーして、分析したり、修正したりしています。
エクセルの機能or他ソフトで、関数を分析できるツールはあるのでしょうか??

【エクセルバージョン】
2003、2007

Aベストアンサー

難解な数式を理解したいとき,最も便利に利用できるのは,2003ではツールメニューのワークシート分析にある「数式の検証」です。
2007では数式タブにあります。

メンドクサイ数式のセルで数式の検証を使い,どの関数やどのカッコから計算が進んでいくのかを1ステップずつトレースして理解します。また意図しない結果がどの段階で発生しているのか追跡します。

このやり方は勿論間違った数式(意図しない結果が出てきた場合)を追跡するのにも使いますが,むしろ誰かに教わった「正しい数式」を理解する時に便利な方法です。
そもそも計算が通っていない(たとえばカッコの対応が間違えていて,Enterしても受け付けてくれないようなミスをしている場合)には使えません。



また,数式バーの中で数式の「中」にカーソルを入れて左右の矢印キーでカーソルを動かしていったときに,「(」や「)」をまたいだ瞬間に,対応する「閉じカッコ」「始まりのカッコ」が色つきで強調表示されるのを確認しながら,カッコの対応がまちがえてないかなどを調べるのも簡易な良い方法です。


あまり使わない方法ですが,数式の中で適宜ALT+Enterを打って「セル内改行」してしまい,数式を縦に分解して書いてみるのも整理しやすい方法のひとつです。

難解な数式を理解したいとき,最も便利に利用できるのは,2003ではツールメニューのワークシート分析にある「数式の検証」です。
2007では数式タブにあります。

メンドクサイ数式のセルで数式の検証を使い,どの関数やどのカッコから計算が進んでいくのかを1ステップずつトレースして理解します。また意図しない結果がどの段階で発生しているのか追跡します。

このやり方は勿論間違った数式(意図しない結果が出てきた場合)を追跡するのにも使いますが,むしろ誰かに教わった「正しい数式」を理解する時に便利...続きを読む

Q需要の価格弾力性

経済学を独学で勉強しているのですが、以下の問題がよくわからなくて困っています。

ある財市場において、需要関数が以下の式で与えられている。
D=80-4P(D:需要量 P:市場価格)
D=20の時、需要の価格弾力性はいくらになるか。
という問題ですが、解説文には需要関数Dを価格Pで微分し・・・と
書かれているのですが、微分しても-4にならなくて困っています。
微分とはどのような形で進めていくのが正しいのでしょうか?
この問題の最終的な答えは、3だそうです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q=1/P+2という式について、QをPで微分するときも、NO1と同じくPの指数に注目します。
この場合Pの係数は 1、指数は -1 です。(Pが分母ですので)

したがって、
△Q/△P= 1 × -1 × Pのマイナス2乗 = -Pの2乗
となります。

>最後の需要関数の後ろについている+2は無視して計算するのでしょうか
そもそも微分とは、ある変数が1単位変化したときの他の変数の変化量を測定するもので、この場合は価格(P)が1単位変化したとき需要(Q)はどれだけ変化するかを示しています。

りんごの価格が下がれば、りんごの需要は増えます。
ここで、価格が1円(最小単位)下がったらりんご需要は何個増えるか、ということを式で表したものが△Q/△Pです。

さらに、価格と需要の変化量ではなく、変化率でこれを表そうというのが、需要の価格弾力性です。
ですから需要の価格弾力性の式は、△Q/Q ÷ △P/P となります。

長くなりましたが、微分は変数の変数に対するインパクトの大きさを測るものですから、変数のインパクトにかかわらない「+2」は無視します。(たとえ100でも1000でも)

Q=1/P+2という式について、QをPで微分するときも、NO1と同じくPの指数に注目します。
この場合Pの係数は 1、指数は -1 です。(Pが分母ですので)

したがって、
△Q/△P= 1 × -1 × Pのマイナス2乗 = -Pの2乗
となります。

>最後の需要関数の後ろについている+2は無視して計算するのでしょうか
そもそも微分とは、ある変数が1単位変化したときの他の変数の変化量を測定するもので、この場合は価格(P)が1単位変化したとき需要(Q)はどれだけ変化するかを示しています。

りんごの価...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報