過去の質問も一通り読んだのですが、質問させてください。すみません。

所有している音楽CDをCDRにコピーし
「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用する」
のは合法ですが、
「掲示板に訪れる複数人に送る(あげる)」のは合法ですか?違法ですか?
問題になるのは送る相手との親しさですか?それとも、人数ですか?
法律が追いつかず、現在でも(「準ずる」の定義が)グレイゾーンになっているのですか?
教えてください。よろしくお願いします。
一般の方も、専門家の方も、たくさんご回答ください。
できれば、自信のある回答がいただきたいです。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (26件中1~10件)

Q/「掲示板に訪れる複数人に送る(あげる)」のは合法ですか?違法ですか?



A/自分が著作者であれば合法です。第三者著作を勝手に不特定多数(掲示板に訪れる人も含めて)にあげるのは違法です。

Q/問題になるのは送る相手との親しさですか?それとも、人数ですか?
法律が追いつかず、現在でも(「準ずる」の定義が)グレイゾーンになっているのですか?
A/これは、最も曖昧なところで、ごくごく身近な友人で親しい友人なら1~3人程度には配布してもそれほど問題ない、ということであって、配布することが必ずしも良いというわけではないです。ただし、逆説として、準ずる範囲は、家族もしくは一緒に同居して生活している範囲内であって、それ以上は曖昧になるからダメであるという意見もあります。(どちらも最もな意見です)

では、わかりやすくあなたが、この立場に立ってみるとしましょう。
たとえば、複数の友達5人ぐらいの親しいかたに配布しました。そのとき、もし訴えられたとしますよね。(たいていはよほど悪質でないとあり得ませんが・・・)
このときに、どうやって親しさや関係を示しますか?

家庭内、その他これに準ずるわけで、知り合いに配布することが悪いこととも定義していなければ、良いこととも定義はしていません。よく、逃げ道として準ずる範囲だから、数人であれば良いというかたもいますが、準ずる以降の定義がない以上、可能性は低いですが、もしも訴えられたときに、親しい関係を示すのが難しいということも同時に示しています。そのため、「ここは裁判に任せますよ」ということになります。

この場合は、親しさ自信を持って、自分たちはこういう関係で訴えられても、犯罪者として何度負けようが、再審、上告を繰り返してでも何とか無罪を勝ち取ろうとしますよ。という関係であれば、悪くはないでしょう。お互いの信頼がありますからね。
そうでなければ、ダメです。訴えられたときにどうしてとは思うが、「やってしまった」「どう言い訳しよう」という関係でお互いの意見が食い違うような関係なら・・・・

結果的には、グレーゾーンですね。知り合いなら配っても大丈夫だという定義ではなく、著作権を害すると認められるような行為、いわゆる頒布(広く広める)の目的があると判断されれば、どんな場合でも罰せられます。その定義が曖昧ですが、ある意味完璧な定義でもあります。自分が自信を持てる相手1~2人程度であれば、OKでしょう。ただし、自己責任です。
責任が持てる関係であれば、良いわけですよ。


ただし、頒布目的と第三者にどうしても見なされるようではダメです。(そのため、準ずる関係はよほどの関係でなと実際は厳しいですよ)現実に何人だったらという方の多くは基本には訴えられないから大丈夫、だから2~3人ならというのがほとんどです。しかし、実際には人数の関係ではなく、自己責任とお互いの親しさ、信頼関係で一人このような関係を作るだけでも難しいかもしれませんね。
配布してその中のだれかが認めれば、有罪ですし・・・

私個人の気持ちとしては、よほどの理由がある場合を除き個人的もしくは家庭内に限った方が賢明かと思います。

いかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方からのご回答、感謝しております。
目的、頒布、利益の侵害・・・ん~~、いろんなケースを考えだすとほんとに判断が難しいです。
ただ、はっきり言える事は「好ましくない行為、しない方が賢明である行為なのは間違いない」ということですよね。
とにかく自分の掲示板に来た人(程度の関係の人)に配布するのは違法ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 17:08

回答ではなくアドバイスですが、


こういう違法配布をしている人を見かけたら、
警察ではなく、まずその人がホームページをアップしているプロバイダに「チクる」といいですよ。
プロバイダは、誰がチクったかなんて言わず、警告、サイトの強制削除、プロバイダの利用停止などをしてくれます(会社によって違うでしょうがだいたいこの辺。アングラ専用のところや海外だと無理かも知れませんが・・・。)。
あと、その掲示板がレンタルの場合、そのレンタル主にもチクりましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
「プロバイダやレンタル主にチクる。」
そうですよね。利用停止、削除、摘発と結果が見えるので、経緯を見るのもなかなか興味深いかもしれませんね!

お礼日時:2002/01/25 16:09

>判例は法に基づいて出されるものですから、「判例がないからグレーゾーン」というのは本末転倒、法を無視した暴論です。


現在も判例があるにもかかわらず.グレーゾーンとなっている領域があります。
有名な例としては.供託法における係争手続きで.最高裁判決がありますが補足意見として係争手続きは行政法であるとしています。
従って.この判例に基づき民事訴訟法を使うか行政訴訟法を使うかいずれかの係争手続きを選択する自由がが残されています。ただ.最高裁判決の主文を否定する気力のある方が今後現れないであろうから.民事訴訟法を使う事が一般的考え方になっています。

次に.法令に定められた内容に関しての違憲判決が結構あります。従って.豊麗に定められた内容は一応そんしゅする義務がありますが.その適応に関しては司法の判断によるものが正しく.行政による簡易な手続きによる救済が間違っている可能性があります。ほうげんとして選択するのは法令までで規則通達が採用される事は少ないのです。規則通達に基づく内容は疑問視せざるをえません。

又.個人に関するデジタル録音を禁止した場合に次の問題が生じます。

著作権法は文化の発達や普及を目的とした法令です。アナログ式録音が主流だった当時.個人的使用範囲として数人程度の範囲での授受を認めています。機械が発達してきて現代の主力機械はデジタル録音となりました。今までコぴの授受で発達してきた文化を.機械が変わったからといって制限できません。近い将来アナログ式録音機は市場から消えます(LP盤が消えたのはCDが市場に供給されて何年後でしたか?)。その時に同程度の行為を保証する必要があります。文化の発達・普及が停止してしまうことは.著作権法の目的上あってはならない事です。

なお.金品の授受が伴う行為や営業活動において使用される内容につきましては.営業行為であり.それなりの代価を支払う義務が生じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しいご回答をありがとうございます。
世の中、法律があれば、白か黒かでハッキリ決められそうで、実際はそうではない複雑で難しいものなのですよね。
グレーゾーンって、じれったいですよね・・・。濃いグレーもあれば薄いグレーまで。
いろいろと勉強させていただきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/25 16:16

議論が続いているようですが、私は、mickjey2さんの意見ではなくnorth073さんの意見を支持します。

    • good
    • 0

kurioさんへ


いえいえ、どういたしまして。
私も間違えることはあるのでお互い様ですよ。

私の理解は、「オーディオ用に供するCD-R/RW媒体」は補償金が必要であると理解しています。
つまり、実際に売られているデータ用/オーディオ用という表記の問題ではなくて、利用形態をさしているのだと理解しています。
そうなると著作物の録音はオーディオ用媒体で、それ以外のパソコンデータとか、自分の作った曲などの保存にはデータ用の媒体でかまわないということですね。
本当は全部に補償金をかければこの問題はなくなりますが、今度はパソコンのデータを記録するためであっても使ってもいない著作物に対して補償金を払うことになるからそう言うわけにも行かないということでしょう。

データ用として売られているCDはあくまでデータ用として使うべきものであるという前提が必要でしょうね。
音楽用に使用することは禁止されていないけど、別途補償金は支払わなければならないわけなので。
補償金を支払わずに著作物をコピーして持っていれば御用となるわけですね。たとえ私的な利用であっても。

これに絡んだ話で疑問に思っているのは、たとえ音楽用CDを購入して補償金は支払ってもあくまで私的利用のみに限られるはずですが、よく家電店に行くと、ステレオなどのデモ再生にCD-Rのメディアを見ることがあるんですよね。
これって販促用に使っているわけだから、違法行為だと思うんですけどねぇ。まだまだ世間では著作権に対する認識が低いなぁと思いますよ。

では。
    • good
    • 0

No20>きちんと政令を読まれましたか?



すみません(^^;
私が読んだのはJASRACのHPに掲載されてる文章です。
そこには「音楽用」と記載されていたのですが、正式には指定されてなかったんですね。

ちなみにJASRACの該当ページは
http://www.jasrac.or.jp/
→「利用者の方へ」→「私的録音・録画補償金制度」を見てくださればわかります。
(↑直リンクは禁止されているのでこのように書きました)

このページには保証金を支払う必要のあるデジタル媒体は
「DAT、DCC、MD、オーディオ用CD-R、オーディオ用CD-RW」
と明記されています。
これはどういうことなんでしょうかね?

参考URL:http://www.jasrac.or.jp/
    • good
    • 0

お礼をどうもありがとうございました。



ちょっと場をお借りいたします。すみません。
データ用CD-Rの扱いについて議論になっていますが、データ用CD-Rへの私的録音は、補償金の対象にもならず、許諾も不要です。
なぜか。
1.著作権法施行令第1条は、補償金の対象となる機器を「主として録音の用に供するもの」に限定しています。したがって、CD-Rレコーダの場合、パソコンのCD-Rドライブなどは除かれ、音楽用CD-Rレコーダだけが対象となります。
2.補償金の対象となる媒体は、この機器による録音の用に供されるものに限られています。(著作権法施行令第1条の2)
3.音楽用CD-Rレコーダで録音できるのは、音楽用CD-Rだけで、データ用CD-Rには録音できません。(http://www.tdk.co.jp/tjchf01/chf17100.htmなど参照)
4.したがって、データ用CD-Rは、音楽用CD-Rレコーダによる録音の用に供されるものではないので、補償金の対象となる記録媒体ではありません。

実際の運用もそのように行われています。
また、私的録音補償金を受ける権利は、私的録音補償金協会によってのみ行使されることとなっているので、個々の権利者に補償金を支払うことはありません。(著作権法第104条の2)

もちろん、データ用CD-Rでも、それに焼いたものをあちこちに配ってはいけません。
    • good
    • 0

kurioさん。

No.14さんへの反論ですが、私もNo.14さんと同じ事を書いているので、ご指摘します。
>厳密にはデータ用CD-Rに音楽を焼いても違法にはなりません。
>(中略)
>政令で指定されている物は「MD、音楽用CD-R・・・」などであり、データ用CD-Rは記載されていません。
きちんと政令を読まれましたか?
まず著作権法30条(私的利用)には政令で指定されたデジタル記録についての例外規定があり、お金を支払う必要がある点はよろしいですね。
次に、著作権法施行令(最終改正:平成一三年三月三一日政令第一五七号)の第一条に対象となるデジタル記録装置、媒体の規定があり、
機器については、
 三  磁気的かつ光学的方法により、四十四・一キロヘルツの標本化周波数でアナログデジタル変換が行われた音を直径が
六十四ミリメートルの光磁気ディスクに固定する機能を有する機器
がCD-Rの装置に該当し、

 2  法第三十条第二項 の政令で定める記録媒体のうち録画の用に供されるものは、前条第二項に規定する機器によるデジ
タル方式の録画(デジタル方式の録音及び録画を含む。)の用に供される同項各号に規定する磁気テープ又は光ディスク(小売
に供された後最初に購入する時に録画されていないものに限る。)とする。

が記録媒体に該当します。どこにも音楽用CD-Rという限定はされていません。全部が対象になります。
もちろんデータ用CD-Rにコピーすること自体は可能ですが、その場合は著作権法30の2に従って、何らかの他の手段でお金を払わないといけないことになるでしょう。
    • good
    • 0

>判例は法に基づいて出されるものですから、「判例がないからグレーゾーン」というのは本末転倒、法を無視した暴論です。



本末転倒ではないと思います。法の表現がカバーできない部分を判例が法の趣旨に基づいてカバーするのが実際だと思います。
事実、日本は判例主義ではないのですか?
「判例がないからグレーゾーン」なのでではなくて、
「法そのものに元々グレーゾーンがあるところに、判例がなければグレーゾーンが残る」というだけのことではありませんか?

質疑から多少逸脱した回答ですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>質疑から多少逸脱した回答ですみません。

いえいえ、ご回答いただきありがとうございます。
みなさんが真剣に、複数回にもわたり、ご回答くださり、感謝しております。
みなさんのおかげで、本当にいろいろと勉強になりました。
こんなにたくさんの方々にご回答いただけると思っていませんでしたので本当にうれしかったです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/25 16:25

 判例は法に基づいて出されるものですから、「判例がないからグレーゾーン」というのは本末転倒、法を無視した暴論です。

そもそも、訴訟になり、しかも、和解等が成立しないということがない限り、判決は出ません。

 第一、掲示板がHPのことであるとすれば、公衆送信権の侵害は免れません。

 何なら、訴えられて、身をもって体験してみますか?

 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソフトを利用すると勝手にIPアドレスなどを作者に送るのは合法でしょうか?

シェアウェアを正規に利用料を支払って利用していました。
あるきっかけがありソフトを利用・終了するごとに
作者のサーバーにIPアドレス・レジストIDなどを
送っていることがわかりました。

私は正規の利用者であり、何も悪いことはしていないのに
利用者規約にも書かれていない利用履歴を勝手に
取得されていて気持ちが悪いです。

現在もほかの方が知らずに利用していると思うと、
心配でなりません。

このような場合、私はどこへどのようにこの問題を
訴えればよいでしょうか?

Aベストアンサー

IPアドレスなどは公開情報なので、別に送られて困るものではありませんね。
まあ、Vectorなどのダウンロードサイトからダウンロードしたものなら管理者あてですね。某ソフトも公開を停止しましたし。

とくに、法律的には違反になる部分はありません。「気持ちがわるい」という主観的な理由では民事で裁判をおこすにしても弱いかと。

Q準耐火建築物でイ準耐とは具体的にどの辺り?

準耐火建築物でイ準耐とありますが、東京都及び埼玉県ではどの区・市が該当するのでしょうか。(比較的、イ準耐が多い区や市)
ご存知の方、御教授下さい。
もしくは、どこに聞けばよいかお教え下さい。

Aベストアンサー

建築基準法上、準耐火建築物は、イ準耐、ロ準耐、省令準耐となっています。
都市計画上、防火地域では、床面積100m^2以上は、耐火建築物としなくてはなりません。
準防火地域においても、一定の用途と規模以上の物は、耐火建築物としなくてはなりません。
東京都及び埼玉県ではどの区・市が該当するとかという問題ではありません。
指定用途地区の各面積は、その都市の形態、人口、都市計画施行面積によって違っています。
大雑把に言うなら東京都より埼玉県の各都市の方が準耐火建築物の割合が多いでしょう。
防火地域指定の面積が小さく、準防火地域指定の面積が大きい都市に準耐火建築物が多く建っている可能性があります。
聞くとしたら、都道府県出先機関の地方振興局「建築課」や各都市の市役所の建築住宅課等に準防火地域指定の面積割合を聞く必要があります。
ご参考まで

Q送った品が不良品のため余分に多く請求され新しい物を送ったのですけれど前に送った物を返さないと言われています。

ヤフーなんでも交換で交換で送ったものが正規品ではないと言われ、他の物を送って欲しいと言われました。頂き物でしたので正規品ではないことは全く知りませんでしたが後から考えましたらこのことも信用できるかどうかという思いです。
確かに箱と中の商品は違っていました。
箱と中身が違う、正規品ではないと言われましたので、処分していただくようにお話しました。また、こちらに送っていただきました物に送料分として何かをプラスしてお返しすることをお伝えしましたが、それには応じられないの一点ばりでした。
そして別のそれ以上に高い物を送るように請求されてしまいました。
同額プラスお詫び程度の物でなければ無理ですと何回もお伝えしましが応じていただけなく結局高いものを強引に請求され送ることになりました。
購入者にこのことをお伝えしましたら、購入者がお店に問い合わせられ増した。お店側は購入者がレシートを処分してしまいましたので商品を返品していただければ商品の数だけは返金しますということになりましたため、このことをお伝えし、返品送料代も含め交換のお品をお送りしていますので、返品してください。と何度もお願いしていますけれど、今だに手元にはあるということですけれど返品はしない、できない。処分してください。とのお約束です。そのメール文を貼ります。と言っておられます。
まだ、お品が手元にあるとはっきり言っておられるのに返品していただけません。
こんなずるい方は法律的に罰したいのですけれどどのようにしたらよいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

ヤフーなんでも交換で交換で送ったものが正規品ではないと言われ、他の物を送って欲しいと言われました。頂き物でしたので正規品ではないことは全く知りませんでしたが後から考えましたらこのことも信用できるかどうかという思いです。
確かに箱と中の商品は違っていました。
箱と中身が違う、正規品ではないと言われましたので、処分していただくようにお話しました。また、こちらに送っていただきました物に送料分として何かをプラスしてお返しすることをお伝えしましたが、それには応じられないの一点ばりで...続きを読む

Aベストアンサー

先の回答者と同様、もう少し事実を上手く伝えてもらえないことには、回答は難しく感じます。

率直な感想としては、取り込み詐欺の可能性が高く感じますが。
次の点に注意して、もう一度事実を整理しなおしてください。

(1) 商品の販売は、新品の販売ですか?
  それとも、中古品についての販売でしたか?

(2) そもそも、契約は、「交換」ということだそうですが、
  これの仕組みを、もう少し詳しく説明してください。

(3) 強引に高価品を要求された経緯を、詳しく説明してください。

Q離婚した妻に送った重要な回答メールを受け取っていないといわれました。

離婚した妻に送った重要な回答メールを受け取っていないといわれました。
(ホットメールを使用しており、誤ってデータを削除しました。)
自分でメールを作成して日付と時間を改竄してプリントアウトして裁判の証拠として使うことができますか?
(裁判所には誤ってデータを消したと報告します。)
このプリントしたメールを偽者だと証明することはできますでしょうか?
(電子署名はしません。)
妻は間違いなく故意にメールを消してさも受信していないと言っております。
送信した相手もフリーメールアカウントを使用しています。

Aベストアンサー

 「裁判所に誤ってデータを消したと報告」するのであれば、「メールのデータを削除する前にプリントしたもの」として出すのではなく、あくまで「再現物」として出すほうが良いと思います。

 そもそも、フリーメールへ送信する場合、トラブルで受信できないことって結構ありますよ。
 フリーメールの迷惑メール対策にたまたま今回のメールが引っかかったとか、奥様がOutlook Expressを使っていてたまたま受信BOXの容量オーバーで受信メールが消えちゃうとか。
 つまり、achikinoyama様が確かにメールを送信したとしても、奥様がそのメールを見られないということが現実としてありえるということです。
 
 むしろ、奥様がそのメールを間違いなく読んだということを客観的な証拠でいかに証明するかということが問題だと思います。

 また、民事訴訟法第247条にもあるとおり、裁判所は「口頭弁論の全趣旨及び証拠調べの結果をしん酌」します。 たったひとつの嘘が影響して、全ての主張・証拠が裁判所の信用を失うこともあります。
 くれぐれも慎重にご対応なさってください。
 

Q★相手方弁護士から、真っ赤な嘘と「本件の立証には不必要である」という回答書が送られてきました。★

 今晩は、よろしくお願いいたします。
No.1458057 質問:★相手方の弁護士に当事者照会書を送付したが無視されました。★ で質問したhana-yukaです。

 本人訴訟で、原告ですが、相手方弁護士から、昨日当事者照会書の回答文が送付されてきました。
 
 80円切手を付けて返信用封筒を入れて、表に「hana-yuka行」と記載して「35項目の質問事項を記載した当事者照会書」を送ったのですが、相手方弁護士は、「行」を消して「様」と書き加える事はしないで、そのまま「hana-yuka行」と記載したまま、回答文が送ってきました。

 内容は、案の定「本件の立証に不必要な事項であるので、回答する必要はない。」との羅列でした。その他明らかに「真っ赤な嘘」も多く記載されておりました。

 真っ赤な嘘は、今度の原告準備書面で叩くとして、相手方弁護士が、勝手に「本件の立証に不必要な事項」と判断して、当事者照会の回答を拒む事は、可能なのでしょうか?民訴の163条の6項目の除外事由にもそのような事はないはずです。再び、その旨を当事者照会書に記載して迫る、とか考えてますが・・・・

 何か、相手方弁護士しから回答を拒否された部分について、回答を引き出す方法はないでしょうか?また、「真っ赤な嘘」の部分を追及する方法は準備書面等で追求すると言う事でよろしいでしょうか?

 よろしく、ご助言、ご指導お願い申し上げます。

 今晩は、よろしくお願いいたします。
No.1458057 質問:★相手方の弁護士に当事者照会書を送付したが無視されました。★ で質問したhana-yukaです。

 本人訴訟で、原告ですが、相手方弁護士から、昨日当事者照会書の回答文が送付されてきました。
 
 80円切手を付けて返信用封筒を入れて、表に「hana-yuka行」と記載して「35項目の質問事項を記載した当事者照会書」を送ったのですが、相手方弁護士は、「行」を消して「様」と書き加える事はしないで、そのまま「hana-yuka行」と記載したまま、回答...続きを読む

Aベストアンサー

本人訴訟の経験から

あなたが有利になるような証言を相手方に求めても100%無理です。

真っ赤な嘘も裁判では当然の行為であり1つ1つの嘘を追及する必要もなく、準備書面で「第〇〇項については本件に関係のないもの」とかいった表現で軽く否定するだけです。民訴法でどうだとか言っても時間の無駄。

大切なのは、被告の行為が何の法律に触れていて、それによってあなたが被害を受けているから損害賠償を請求していることをあなた自身で証明することです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報