過去の質問も一通り読んだのですが、質問させてください。すみません。

所有している音楽CDをCDRにコピーし
「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用する」
のは合法ですが、
「掲示板に訪れる複数人に送る(あげる)」のは合法ですか?違法ですか?
問題になるのは送る相手との親しさですか?それとも、人数ですか?
法律が追いつかず、現在でも(「準ずる」の定義が)グレイゾーンになっているのですか?
教えてください。よろしくお願いします。
一般の方も、専門家の方も、たくさんご回答ください。
できれば、自信のある回答がいただきたいです。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (26件中11~20件)

個人的範囲として.1桁の人への著作物コピー配布を認めています。


従って.身元がはっきりしている(たとえば自宅近傍の友達同士)かんの授受は著作権法に定めた個人的使用の範囲です。

ただ.掲示板を使った不特定多数の人に対しての1桁の著作物のコピー配布が違法であるとの判例を見ていません。又.各種団体の宣伝内容においては.信頼に足る内容ではありません(例としては.警視庁では自転車運転者に対して刑事罰を貸すのが適切との宣伝ビラを作成しました。しかし.かなり前に.免許所有者が行政罰であり.無免許者が行政罰よりも重い刑事罰に課せられるのは憲法に定めるほうの上の平等に違反するとの最高裁判決があります)。又.行政ちょうが作成したパンフレットの内容に対して配布を停止するように求めた処分が認められた例がたしかあったので.この点も疑問が残ります。

従って.判例が出ない限りにおいて.法に抵触するかしないかの境界域にあると思われます。判例が出てないので行政長の公費によるみたまえ料(名称?)の支払いは違法とはいえないので.行政長が支払ったみたまえ料の返還請求を棄却したのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
「一桁」新しい表現と解釈です。
勉強になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/25 16:20

>・正規CDを所有している


>・非営利だ
>・売上の妨害をする程、たくさんコピーしていない(数の多少の問題)
>・オリジナルのままコピーするのではなく自分で(曲目、曲順等を)編集している

 すごい論理ですねぇ・・・。こう主張すれば逃れられるなら、誰でもそうしますよねぇ・・・(苦笑)。

(1)CDの所有者=著作権者 ではありません。
 音楽制作上、著作権者はレコード会社という場合がほとんどです。

(2)著作権侵害は、営利・非営利を問いません。著作権法のどこを見ても、「営利を伴う場合に侵害とみなす」ということなど規定されていません。

(3)曲目・曲順を編集しようものなら、それこそ著作権法第20条でいう「同一性保持権」の侵害になりかねません。

 詳しい説明については、著作権の専門家である north073 さんが仰っているとおりで重複になるため、割愛します。
 いずれにしましても、「掲示板に訪れる複数人」は不特定多数であり、そのような者に譲渡するのは私的使用には該当しません。これは、法曹界の一致した見解です。HPで配信するのであれば、公衆送信権(第23条)の侵害ともなります。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。
まったく、すごい論理ですよねぇ~。
あまりにも拍子抜けな反論を自信満々でされ、私も「・・・アレ・・・?」となってしまった次第です。情けない自分です・・・。
「法曹界の一致した見解」とご説明いただき、自信が持てました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 14:15

No14>CD-Rに個人として楽しむために録音することは著作権法上可能ですが、


No14>その際の記録媒体は「音楽専用CD-R」でないとダメです。

厳密にはデータ用CD-Rに音楽を焼いても違法にはなりません。
データ用CD-Rと音楽用CD-Rについてもグレーゾーンなんですよ。

JASRACのHPにも書いてあるのですが、政令が指定したデジタル媒体には保証金を払う必要があります。しかし「政令で指定したデジタル媒体」という部分がミソなんです。政令で指定されている物は「MD、音楽用CD-R・・・」などであり、データ用CD-Rは記載されていません。
つまりデータ用CD-Rを使った場合には保証金を支払う義務がないと解釈できます。(もちろん個人で使う範囲ですよ)

実際にJASRACに確認を取ったことがあるのですが、データCD-Rを使うことが違法だとは言いませんでした。「音楽用を使ってほしい」と言うだけであり、違法だという決定的根拠がないようでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
このやっかいな「グレーゾーン」はなんとかならないのでしょうかねぇ・・・。
やはりこの煩雑な世の中は「白か黒か」じゃまとめられないのでしょうか。
曖昧とか微妙とかが心地よい時もあれば、じれったい時もりますね。
でも、やっぱりしかたないですね…。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 14:26

たくさんの方が書いておられますが、念押しで「違法」です。



問題となるのは、自分が所有している「音楽」を私的に複製し(ここまででもすでにグレーゾーン)、他人に配布(親しさ・人数・有料無料いずれも関係なし)すれば違法です。
ちなみに、CD-Rに個人として楽しむために録音することは著作権法上可能ですが、その際の記録媒体は「音楽専用CD-R」でないとダメです。というか、本来認められないデジタルダビング(そのまんま複製)をCD-Rに可能にする代わりに、「音楽専用CD-R」の販売価格に「私的録音補償金」を上乗せしてあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
明確なお答えをいただけてうれしいです。
「違法行為だ。」と指摘した自分に自信が持てました。

お礼日時:2002/01/18 13:56

こんにちわ。



なぜ著作権なるものがあり守られているか考えてください。
音楽CDを作る上で製作費がかかります。
その制作費はそのCDの売り上げでまかなわれています。
CDRに書き込みしたその音楽CDをもらった人はもうお店にいって同じ音楽CDは買いませんよね。
ということは本来は販売できた音楽CDが販売できなかったことになります。
そうやって収入が減ってくれば良い環境で音楽が作れなくなってきます。

問題の場合はあきらかに違法ですので関係方面にちくれば摘発されるでしょう。
もしもコピーした音楽CDがアメリカのアーチストだったらばく大な金額を請求されることと思います。
ぜひ”ちく”ってください。

また、ジャスラックに登録して使用料を払うというのはは自分のHP上である人の音楽を鳴らすことだと思います。
コピーしたものの配付はだめでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
ご回答ありがとうございます。
はっきりした回答がいただけてうれしいです。
「ぜひ“ちく”ってください」には笑ってしまいました。(^^)
では、ちくっちゃいましょうか?(笑)

作品が財産として守られない無法世界になってしまうと、文化・芸術はきっと滅びてしまいすよね・・・。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 13:53

ちょっと違う観点から。


「私的使用目的」の範囲云々の問題もありますが、このような行為は複製権(コピーすること)侵害だけではなく、譲渡権(複製物を公衆に譲り渡すこと)侵害にも当たります。

著作権法では、「公衆」とは、「不特定の者」又は「多数の者」を指します。
例えば、映画館で映画を上映している場合に、観客が一人しかいなくとも、お客さんという「不特定の者」に対して上映しているわけですから、「公衆」に対して上映していることになります。
同じように、掲示板に訪れてくるのも、誰でもいいわけですから(オープンな掲示板ですよね?)、1人でも複数人でも、「不特定の者」であり「公衆」ということになります。
したがって、コピーしたCDを著作権者に無断で掲示板に訪れる人にあげることは、譲渡権の侵害となります。譲渡権に関しては、「私的使用目的」の例外規定は及びません。
(なお、同居している家族などは「特定かつ少数の者」と考えられるので、「公衆」には含まれません。)

また、「限られた範囲」に、このような「不特定者」が含まれるとは到底考えられませんので、「私的使用目的の複製」にも当たらず、複製権の侵害にも当たると考えるべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方からのご回答感謝しております。
「掲示板」とはもちろんオープンなHPの掲示板のことです。
譲渡権、複製権・・・法律は難しいですね。
とにかく『違法』ですね。私も自信を持てました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 13:48

 「この行為をしている人に「違法行為だ」と指摘したところ、反論されました」とのことですが、どのように反論されたのかをご説明下さい。



 それからまた考えることにしてみましょう。

この回答への補足

kawarivさん、ありがとうございます。
補足いたします。
質問にも書いたように
・正規CDを所有している
・非営利だ
・売上の妨害をする程、たくさんコピーしていない(数の多少の問題)
・オリジナルのままコピーするのではなく自分で(曲目、曲順等を)編集している
「だから、いいではないか。具体的なガイドラインが出たら、その時には従う。」
などと言っていました。とっくに具体的に法律で定められていると思うんですが・・・。

補足日時:2002/01/17 17:19
    • good
    • 0

一般人ですが、かつて著作権の講習会にいったことがあります。


やはり違法だと思います。
カセットのダビングなど含め、ソフトのコピー行為は、個人のバックアップ作成以外のすべてが違法だけれど、手渡しなら証拠が残らないので家族や友人はセーフなのかなぁと思っています。
掲示板でそれらしいやり取りの後に送ったりしたら証拠として残ってしまいますよね。
これからますます著作権法は厳しくなるようですね。
証拠の残るようなこと(たとえメールのやり取りでも)は控えた方がよさそうです。

思うのですが、違法だからみなさんアングラの隠しサイトでひっそりと配布しているのでは?
そしてそういうサイトがちょくちょく姿を消すのは、だれかが取り締まっているのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>違法だからみなさんアングラの隠しサイトでひっそりと配布しているのでは?

私も全くそう思うのです。
ましてや、HPや掲示板などで堂々となんて、私の意識ではとてもじゃないけど考えられないのです。更に「違法行為だ」との指摘に対し居直るのは論外だと思うのです。知らないってコワイなぁと思いました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 17:19

こんにちわ。



自分が購入したCDでも著作権はレコード会社だったり音楽協会にあります。
CDを購入したからといってその著作権者が自分になることはありません。

CDをCD-Rに焼いて自分で楽しむ、MDにダビングして楽しむ等、個人使用といった
極限られた範囲内での使用は問題ありませんが焼いたCD-Rを他人に譲渡するのは違法です。
人数は多かろうが少なかろうが関係ありません。

これは音楽CDに限らず、写真、絵画、コンピュータプログラム等にも言える事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私も「違法」だと思うのです。
この行為をしている人に「違法行為だ」と指摘したところ、反論されました。
法律においては専門ではないので自信が持てなくなり質問させていただきました。
どうもありがとうございました・

お礼日時:2002/01/17 12:12

(社)日本音楽著作権協会(JASRAC)のホームページをご覧下さい。


答えは「違法」です。
CDをCDRにコピーする場合は、
「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用する」
となりませんね。デジタル記録ですから。
アナログのカセットテープまでが上記対象範囲ですね。
CD-Rに音楽を記録するときには、「音楽用」CD-Rを使いましょう(補償金が上乗せされています)。

参考URL:http://www.jasrac.or.jp/faq/whole/index.html#05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
はっきりと「違法」とご回答いただけて助かります。

お礼日時:2002/01/17 14:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDをコピーして友人に貸しても大丈夫?

著作権上で問題なければ、自分が購入したCDをカセットテープにコピーして友人一人に無料で貸そうと思ってます。
著作権について、いろいろインターネットで調べてみたんですが、文化庁の著作権関係の次に示すページの記述で違反にならないんじゃないか、と思うようになったんですが、どうでしょうか。

文化庁「http://www.bunka.go.jp/」にジャンプ
  ↓
「著作権~新たな文化のパスワード~」をクリック
  ↓
「著作権制度の概要」をクリック
  ↓
「著作物が自由に使える場合」をクリック

で表示されるページ、つまり
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/main.asp{0fl=show&id=1000002963&clc=1000000081&cmc=1000002923&cli=1000002937&cmi=1000002954{9.html
なんですが、ここの「営利を目的としない上演等(第38条)」の部分に、

『営利を目的とせず,貸与を受ける者から料金をとらない場合は,CDなど公表された著作物の複製物を貸与することができる』

とありまして、これで大丈夫かもしれないと思いはじめたんですが、実際のところ大丈夫でしょうか。

著作権上で問題なければ、自分が購入したCDをカセットテープにコピーして友人一人に無料で貸そうと思ってます。
著作権について、いろいろインターネットで調べてみたんですが、文化庁の著作権関係の次に示すページの記述で違反にならないんじゃないか、と思うようになったんですが、どうでしょうか。

文化庁「http://www.bunka.go.jp/」にジャンプ
  ↓
「著作権~新たな文化のパスワード~」をクリック
  ↓
「著作権制度の概要」をクリック
  ↓
「著作物が自由に使える場合」をクリック

で表...続きを読む

Aベストアンサー

>CDなど公表された著作物の複製物

↑で言っている「複製物」とは、CDそのものを指します。
つまり、著作物の複製を許可された事業者などが複製した物であれば問題ないとしているのです。
従って、許可を得ていない人が複製した物を配布する行為は、たとえ無償であったとしても違法となってしまいます。
http://www.sme.co.jp/savemusic/6.html

ただ、個別のケースを全て取り締まる事は事実上不可能なので、一人に配布する程度であれば咎められる事はないでしょう。
ご自身の良識の範囲内で行ってください。

Q私的利用の音楽CDコピーの著作権について。

結婚式の引き出物として、
式の最中に使用したBGMをCDにしようと考えています。

その際、購入した複数の音楽CDから曲を選択し、
オリジナルのCDを作成しようと考えています。
もちろん、売るわけではなく引き出物として、
無料で配布するのですが、この場合
著作権的にはOKなのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

結論から言えば、権利者の許諾を得ない限り、ほぼ確実に駄目です。
有料か無料かは著作権法違反かどうかには何の関係もありません。無料配布でも権利者の許諾を得ない限り違反は違反です。

#余談ですが、結婚式での使用自体も違法の可能性がないとは言えません。

まず原則として「権利者の許諾を得ない複製は原則違法」なのです。それが大原則。その上で、30条以下に定める一定の場合には複製が適法となるのですが、本件はそのいずれにも当たると言えないので違法です。
一応可能性がありそうなのは30条1項ですが、私的使用目的の範囲の判断基準の一つに「特定かつ少数」というのがあり、結婚式出席者が特定かつ少数でなければ駄目です。しかし、引き出物を出すような結婚式なら特定かつ少数ではないでしょう。なので、「ほぼ確実に」駄目。
この「特定かつ少数」に該当するかどうかは本当はもっときちんと検討する必要がありますが、概ね「家族またはそれに準ずるような関係で人数的には一桁以内」程度なのでかなり厳しいです。

なお、私的録音録画補償金の話をしている人がいますが、本件では何の関係もありません。私的録音録画補償金は「私的目的の複製であることが前提」の話であって、「私的目的の複製でない」場合に私的録音録画補償金を払ったからと言って私的目的の複製になるわけではありません。本件では「そもそも私的目的の複製ではないから違法」の可能性が高いのです。
私的録音録画補償金は許諾の必要な複製について当該許諾に代わるものではありません。
なお、私的使用目的の複製はアナログ、デジタルを問わず可能です。可能ですが、デジタルの場合には一定の場合には補償金を払うことが要件として加重されているとそれだけの話です。


ということで、もう分かりにくいので削除覚悟ではっきり書きますが、#4の回答の21行以下だけ読めば充分です。20行目までの話ははっきり言えば不正確ですし私的目的として例外になるかどうかの判断の役にも立たないどうでもいい話です。「本題」と称する部分が本件においては実は瑣末な話に過ぎないからです。
複製は「許諾を得れば私的目的でない場合に『も』できる」のであり、その許諾を得た経験談が#4の回答の21行目以下。初めから許諾さえ得れば複製は当然できますから、その場合には私的目的であるかないかは実はどうでもよいことになります。許諾の要否を決めるのが私的目的かどうかであり、許諾を得てしまえば、もはや私的目的かどうかはどうでもよくなるのです。よって、適法な複製を行う最も確実な方法は「許諾を得ること」であり、その許諾を得る方法の参考として#4の21行目以下を読むのが有用であるということになります。

結論から言えば、権利者の許諾を得ない限り、ほぼ確実に駄目です。
有料か無料かは著作権法違反かどうかには何の関係もありません。無料配布でも権利者の許諾を得ない限り違反は違反です。

#余談ですが、結婚式での使用自体も違法の可能性がないとは言えません。

まず原則として「権利者の許諾を得ない複製は原則違法」なのです。それが大原則。その上で、30条以下に定める一定の場合には複製が適法となるのですが、本件はそのいずれにも当たると言えないので違法です。
一応可能性がありそうなのは30条1...続きを読む

QCDをコピーして他の人に渡すのは違法?

CD(マイベスト)をコピーして他の人にあげる(無料)のは違法ですか?
またCDを貸してあげる場合は違法でしょうか?

Aベストアンサー

厳密に言うと違法です
参考URLにあるように他人の著作物を勝手にコピーして譲渡することは違法です。
では、なぜ、CDをコピーすることができるのか、
これは個人で楽しむ(自分でMDなどにダビングして楽しむ)ために許可されているからですね。

というのが正確な回答なんですが、実際の利用を考えてみればあまりに理不尽な話ですよね・・・
法律上では友達同士のコミュニケーションの手段を規制しているわけだし、人から借りたCDからその曲を好きになって、ファンになる事もあるでしょうにねぇ。

あまり、違法だからってなやまないでくださいね。

参考URL:http://auctions.yahoo.co.jp/phtml/auc/jp/propertyprotection/guide/guide/hr/check1_2.html

Q音楽データを他人からもらうことは違法ですか?

以下のことは違法になるのでしょうか?

1.レンタルCDを借りてきて、CDに焼いて自分で聞く
2.友達からCDを借りてきて、CDに焼いて自分で聞く
3.P2Pファイル交換ソフトを使ってネット上から音楽データを入手し自分で聞く

特に1がOKで3が違法だとすると、どうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

1.合法です。
ユーザーがレンタルCDを私的使用のために複製する行為については、著作権法第30条で許容範囲とされています。
実はCD-Rや焼付け装置の売価には私的録音補償金が乗せられています。
100円のCD-Rには2~3円、焼付け装置には1,000円程度を購入者が負担しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E7%9A%84%E9%8C%B2%E9%9F%B3%E9%8C%B2%E7%94%BB%E8%A3%9C%E5%84%9F%E9%87%91%E5%88%B6%E5%BA%A6#.E8.A3.9C.E5.84.9F.E3.81.AE.E9.A1.8D


下記委員会では、第30条が定める私的複製の範囲の見直しや、権利者への不利益が大きい複製行為に対する補償措置の必要性などを議論しています。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/05/10/15655.html

2.違法です。
借りたCDを複製して友達に渡すこと同様に違法です。CD購入者の家族までならOKとなっています。CDの代金は、「自分で楽しむ範囲」として設定されています。ただ、著作権法でそううたわれているものの、1.における私的録音保証金制度とは矛盾しています。

3.違法です。
1.の場合は、CD-Rや機器を購入したときに、私的録音保証金が払われていますが、ネット上から複製データを作った場合、著作権者側に何の補償もなされないからです。

水や空気と違って、音楽は才能ある人たちの創作活動のたまものです。
ヒット曲を世に出しても、それに見合う収入がないと、音楽家はアホらしくて、次の作品を作る気がしません。タダ働きでは生活もできません。それでは今後私たちは良い音楽と出会えなくなってしまします。
不法な複製物(音楽の万引き)が音楽家の正当な利益を損ねていることは間違いありません。音楽家のお陰でこんなに楽しませてもらっているのですから、彼らには最大の敬意と感謝の気持ちを持ちたいものです。
下記サイトを精読して頂きたく思います。
http://www.riaj.or.jp/lovemusic/index.html

1.合法です。
ユーザーがレンタルCDを私的使用のために複製する行為については、著作権法第30条で許容範囲とされています。
実はCD-Rや焼付け装置の売価には私的録音補償金が乗せられています。
100円のCD-Rには2~3円、焼付け装置には1,000円程度を購入者が負担しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E7%9A%84%E9%8C%B2%E9%9F%B3%E9%8C%B2%E7%94%BB%E8%A3%9C%E5%84%9F%E9%87%91%E5%88%B6%E5%BA%A6#.E8.A3.9C.E5.84.9F.E3.81.AE.E9.A1.8D


下記委員会では、第30条が定める私的複製の範囲...続きを読む

QMSから違法コピーを訴えられました。

会社で50台ほどMSのOS+オフィス98とか2000を使っていますが、増設する度にコンピューター販売会社で必要なソフトを入れたものを入れてくれてました。

OSとソフトは殆どすべて違法コピーなのですが、まあ大丈夫でしょうと言われてました。しかし今回MSの法務部から当社名を名指しで手紙が来て、「ある筋からお宅で違法コピーを使っていると聞いたが、違法なのですぐ連絡を下さい」との事。但し台数や種類など、詳細は何も書いてきてません。

今まで違法と分かってはいたのですが、ついつい放置していたのです。この場合、MSは誰かのちくりを受けて本気で狙い撃ちしてくるのか、それともとりあえず目についたところにランダムに手紙を出しているのか、一般的にはどうなのでしょう?

払えと言われるなら仕方ないのですが、その場合も台数分全部買えとなるのか?全く初めてのケースであり、そのような経験をされた方の情報があればと思います。

Aベストアンサー

私のお得意範囲ですね。既に解答があるとおりですが・・
質問に沿っていきましょう。

Q/MSは誰かのちくりを受けて本気で狙い撃ちしてくるのか、それともとりあえず目についたところにランダムに手紙を出しているのか、一般的にはどうなのでしょう?
A/まあ、誰かがいわないと、無実の罪で警告(勧告)することはないですね。最初の勧告で、違法行為を隠蔽、水増しすれば次は「ない」です。小さな会社なら消えることもあるかも・・・何せ、悪質な場合は会社としての信用も低下するため業種によっては、損害賠償の支払いでのマイナスよりも会社の信用のマイナスも大きいですから、中小企業などは裁判沙汰になると結構厳しい。


Q/払えと言われるなら仕方ないのですが、その場合も台数分全部買えとなるのか?

A/まあ、台数分のライセンス料金は間違いなくですね。あとは、損害賠償は結構な物でしょう。長期的、日常的にしていれば・・・まずまず行くかな。(これは解答が既にあるとおりです)
他に、これまでに同じような行為があれば、場合によっては証拠が挙がり、時効でなければ、そちらも賠償する必要があります。これは、「ツケ」払いですね。損害賠償などはいわゆる高利貸しの利子です。

ちなみに、後の詰めは弁護士に相談しましょう。
http://www.nichibenren.or.jp/
(日本弁護士会)

それともう一つ、マ社以外に違法ソフトはないですよね。あるなら、それも一緒に認めて各販売会社にちゃんとした措置をした方がいいですよ。

ACCS(参考)が調査に動くと・・・あとから次々発覚することが・・・(たぶん、今回はACCSに密告した人がいるのかな・・・それとも、他に摘発された業者があり、そこから芋蔓か・・・どちらかでしょう)

参考URL:http://www.accsjp.or.jp/

私のお得意範囲ですね。既に解答があるとおりですが・・
質問に沿っていきましょう。

Q/MSは誰かのちくりを受けて本気で狙い撃ちしてくるのか、それともとりあえず目についたところにランダムに手紙を出しているのか、一般的にはどうなのでしょう?
A/まあ、誰かがいわないと、無実の罪で警告(勧告)することはないですね。最初の勧告で、違法行為を隠蔽、水増しすれば次は「ない」です。小さな会社なら消えることもあるかも・・・何せ、悪質な場合は会社としての信用も低下するため業種によっては、...続きを読む

Q警察を呼ぶ必要がない事故

以前車同士の非常に軽微な事故後、警察を呼ばなかった経験を含んだ質問をしたら、回答者から一斉に説教を受けました。
そこで質問なのですが、警察を呼ぶ必要のない事故、または警察を呼ばないほうがいい事故というのはありますか?それはどのようなものですか?
あくまで批判批評ではなく「回答」をお願いします。

Aベストアンサー

保険が下りるかどうかで決まると思います。

警察を呼ぶ必要の無い事故
・駐車場や私道での事故。
 (事故証明はなくても保険は下ります)
・軽微な事故で、絶対にムチウチなどないと思われる事故
 (保険は使わない前提です)

警察を呼ぶ方がいい事故
・公道での事故で、保険を使いたいとき。
 (事故証明をもらうためです)

Q人間が電子レンジの中に入っるとどうなる? 暖かくて気持ちイイ? すぐ死ぬ? 発狂する?

外国で我が子を電子レンジに入れて逮捕されたバカ親がいたそうです。
他にもペットの猫の身体を洗ったあと、乾かそうとして電子レンジに入れて殺しちゃったバカもいたそうです。
(これはPL法に関する注意事項が都市伝説化して実話みたいに伝えられた、とも聞きますが。)

そこで質問です。実際に人間が電子レンジに入ってあの電磁波を浴びるとどうなるのでしょうか?
「冷たい食品に電磁波を照射して水分子を振動させて、摩擦熱で温度上昇させる」
というのが機械の原理なわけですが、生きた人体にその電磁波が当たるとどうなるのでしょうか?

「あー、暖かいなー、気持ちいいなー」となるのでしょうか? もしそうならほどほどのところで止めておけば新しい暖房器具になるかも知れませんね。
それとも電磁波を浴びた瞬間に脳の中の水分子がいっせいに振動して頭がぐらぐらするような感覚に襲われるのでしょうか?
それとも次第に幻覚とか見えてきてついには発狂してしまうのでしょうか?
僕は歯を治療したときに銀の詰め物をしたのですが、やっぱりスパークするのでしょうか?

電子レンジを発明した人は電磁波の実験をやっていたときに漏れた電磁波がポケットに当たり、ポケットの中のチョコレートが溶けたことにヒントを得たて電子レンジを作ったそうですが、彼は健康に害はなかったのでしょうか?

ちょっと気になったもんで誰か教えてください。(実験はしなくていいです。責任取れませんので)

外国で我が子を電子レンジに入れて逮捕されたバカ親がいたそうです。
他にもペットの猫の身体を洗ったあと、乾かそうとして電子レンジに入れて殺しちゃったバカもいたそうです。
(これはPL法に関する注意事項が都市伝説化して実話みたいに伝えられた、とも聞きますが。)

そこで質問です。実際に人間が電子レンジに入ってあの電磁波を浴びるとどうなるのでしょうか?
「冷たい食品に電磁波を照射して水分子を振動させて、摩擦熱で温度上昇させる」
というのが機械の原理なわけですが、生きた人体にその電...続きを読む

Aベストアンサー

 生肉をレンジに入れたときと同じことになります。
表面=皮膚はすぐに沸騰し始め、内部にも影響します。
言うなれば、水なしに肉を茹でていることになるので、
極めて短時間にさまざまな部位が機能を失い、苦痛と
ともに死を迎えます。

 肉体を茹でるという行為は傷つけることに比べても
はるかに甚大な影響を与えます。傷は再生可能ですが、
茹で上がった肉は絶対に再生不可能です。

> ほどほどのところで止めておけば新しい暖房器具になるかも知れませんね。

 これは難しいでしょうね。というのも、肉体の表面は
わりと温度変化しやすいのに対し、内部の温度はほとんど
変わりません。だから風邪を引いて体温が数度上がった
だけで、人はフラフラになるのです。

 赤外線ではなく電磁波で暖めるのは、肉体内部の水分に
直接影響するので、体内温度が上がります。これは暖かさ
を感じるといったレベルではなく、その部位が即座に悲鳴を
発し、痛みや気持ち悪さを感じることになるでしょう。

 ちなみにレーザーでガンを温めてやっつける治療法では、
可能な限りピンポイントでレーザーを当てる必要があります。
そうしないと周りの部位を損傷するからです。

> 彼は健康に害はなかったのでしょうか?

 ずーっと続けていたら害があったと思いますが、害がある
ほどの照射なら本人に痛みなどが発生していたはずなので、
とりあえずは大丈夫だったんでしょう。

 生肉をレンジに入れたときと同じことになります。
表面=皮膚はすぐに沸騰し始め、内部にも影響します。
言うなれば、水なしに肉を茹でていることになるので、
極めて短時間にさまざまな部位が機能を失い、苦痛と
ともに死を迎えます。

 肉体を茹でるという行為は傷つけることに比べても
はるかに甚大な影響を与えます。傷は再生可能ですが、
茹で上がった肉は絶対に再生不可能です。

> ほどほどのところで止めておけば新しい暖房器具になるかも知れませんね。

 これは難しいでしょうね。とい...続きを読む

Q私的複製の範囲は?

著作権法第三十条では
 著作権の目的となつている著作物は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することを目的とするときは、その使用する者が複製することができる。

とありますが、「これに準ずる限られた範囲内」がどこまで許されているのかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

明確な範囲はないです。
個別のケースで判断されることが多いのですが。

http://www.bengo4.com/intro/intro017_192.html
http://copyright.watson.jp/private_use.shtml
こういう見解もあります。


http://kbng.jugem.cc/?eid=13
文化庁の人の発言です。

Q記憶にない当て逃げをしてしまいました。

記憶にない当て逃げをしてしまいました。

マンションの駐車場で他の住人の方の車にこすってしまったようです。
しかし私はそのことに気づかなかったため、
何も対応せずに過ごしていました。
後々に被害者の方が私の車が怪しいことを警察に届け出て、
確かに私の車と被害者の方の車に一致する傷があることがわかり、
私が犯人だとわかりました。

被害者の方には大変もうしわけなく感じており、
今後真摯に対応したいと思っています。

身に覚えがなかったために対応できなかった場合でも、
警察の方が言うには、当て逃げという扱いになるそうです。
調べたところ、当て逃げは免許停止の処分を受けなければなりませんが、
生活に大きな支障が出るため、何とか免許停止を回避したいのですが、
なんとかなりませんでしょうか?
本当に身に覚えがないんです。

ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 身に覚えがなければ、「覚えていません」と主張すべきです。ただ、車の破損状況が大きい場合には、当然「気づかなかった」は疑われると思います。その場合には、「何故、気が付かなかったのか」の説明を求められると思います。
 また私有地であっても、一般の通行に用する、例えば交差点角の駐車場でショートカットする車があるなどの場合は、道路性があるとして道路交通法が適用される場合があるようです。
 あと器物損壊は、「親告罪」で被害者の「告訴」が必要なので、保険屋さんに早く動いてもらって「示談書」を交わせばいいと思います。ただ、器物損壊罪が成立すればの話しになりますが。(犯罪の成立には、故意または過失の存在が必要で、事故時に「気が付かなかった」場合には「故意も過失」も存在しないので、犯罪とならず、民事上の損害賠償のみとなるはずです。)
 結論として車の破損が小さく、「気が付かなかった」の主張が「もっともだ」と思われる場合には、お咎めはないと思います。

Qコピーした音楽CDの販売は違法か?

こんにちは、フラダンス教室に通う主婦です。
フラの課題曲が変わるたびに、フラの先生(プロで、たくさんの教室を運営している)が
自分でコピーしたCDーR(元は巷で売られているだろう音楽CD)を
1枚300円(このCD-Rには課題曲が1曲だけ録音されている)で教え子一人ひとりに販売するのですが、これは法に触れないのでしょうか?

著作権を侵害しているような気もするし、あまりにも割高で腑に落ちません。

Aベストアンサー

かなり好意的に解釈しても違法でしょう。許可を取っているのなら、そんな価格では頒布できないでしょうし。
その先生が運営している多数の教室でも同じ事をやっているのですよね。
1曲だけ焼くなら時間もかからないし、結構ぼろい儲けですよね。

「みんなやってるから大丈夫」というのはよく聞く意見ですが、仕事として利益を得ている時点でかなり悪質なので、著作権者に知られれば裁判を起こす価値アリとなる可能性があるでしょう。
予想され得る損害の数倍までは賠償金として請求できますから。
フラダンスの元ネタ曲なら、販売元が偏ってる可能性もあると思います。仮に全部同じところの曲だとして、元ネタが2000円のCDと仮定して、毎回100人、毎月配ってると仮定すれば年間240万円。4倍強請求すれば、一千万円。数年遡れば・・・民事訴訟を起こす価値は十分にアリでしょう。

個人的に他人の上前をはねる行為は嫌いですが、告発するとあなたが不利益を蒙るのは前出の通りです。
それに、違法品だと分かってて購入しているあなたにも責任がありますよ。
「違法だから50円にしろ!」ってのは、五十歩百歩です。

かなり好意的に解釈しても違法でしょう。許可を取っているのなら、そんな価格では頒布できないでしょうし。
その先生が運営している多数の教室でも同じ事をやっているのですよね。
1曲だけ焼くなら時間もかからないし、結構ぼろい儲けですよね。

「みんなやってるから大丈夫」というのはよく聞く意見ですが、仕事として利益を得ている時点でかなり悪質なので、著作権者に知られれば裁判を起こす価値アリとなる可能性があるでしょう。
予想され得る損害の数倍までは賠償金として請求できますから。
フラダンスの元...続きを読む


人気Q&Aランキング