量子化定理をおしえてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「量子化」は、アナログ信号処理と量子力学にある言葉ですが、


これはどちらの量子化の話でしょうか?

僕が勉強した限りでは、アナログ信号処理には
「標本化定理」はありましたが、「量子化定理」はなかったような…。
あと、量子力学にも、量子化に関する定理はなかったと思います。

ちなみに標本化定理は別名サンプリング定理とも呼ばれ、
「アナログ信号をサンプリングするときの周波数(サンプリング周波数)が
もとのアナログ信号に含まれる最高周波数の2倍以上ならば、
サンプリングされたパルス列は一意的に再生できる」
というものですが…?

どうでしょう?本当に「量子化定理」についてだったら
違う回答になってしまいますね。ごめんなさい。
    • good
    • 0

私も1の方と同様量子化定理なるものを聞いたことがなかったのですが


gooの検索でさがすと日本大学理工学部機械工学科の授業内容に

ガイダンス
2測定量と誤差
3測定値の統計処理
4-5計測量の変換
(1)サンプリング処理
(2)量子化定理
6-7計測量のアナログ変換
8-9計測量のデジタル変換

とあり量子化定理が出ています
しかし説明がないので分からなかったのです
量子化定理なるものは有るようですね

参考URL:http://www.mech.cst.nihon-u.ac.jp/syllabus/new12 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパップスの中線定理(スチュワートの定理)、二等分線の定理

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%B7%9A
によると、

三角形 ABC の3辺 BC,CA,AB の長さをそれぞれ a,b,c とし、頂点AとBCの中点を結ぶ中線の長さを m とすると、スチュワートの定理より以下の式が成り立つ。
4m^2+a^2=2(b^2+c^2)
∴m=√(2b^2+2c^2-a^2)/2

となることは分かります。次に、

三角形 ABC の3辺 BC,CA,AB の長さをそれぞれ a,b,c とし、頂角Aの二等分線とBCの交点を結ぶ線分の長さを n とするとき、この n をa,b,cのきれいな式で表したいのですが、どのような式になるのでしょうか?

Aベストアンサー

∠A=θ、∠Aの二等分線とBC の交点をNとすれば、
面積公式から
bnsinθ+cnsinθ=bcsin2θ=2bcsinθcosθ
sinθでわって、(b+c)n=2bccosθ・・・☆

一方、BN:NC =c:bより、BN=ck、NC=bk
とすれば、BN+NC=aからk=a/(b+c)
よって、NC =ab/(b+c)となり、△ACNで余弦定理を
使い cosθ={b^2+n^2-a^2b^2/(b+c)^2}/2bn

これを☆に代入して 整理 nについて解けば
 n={1/(b+c)}√{bc(a+b+c)(-a+b+c)}

Qグリーンの定理、ストークスの定理、ガウスの発散定理 などの関連性

境界付き多様体上の微分形式に対するストークスの定理
∫C dω=∫∂C ω

からの帰結として、
1.微積分学の基本定理。
2.正則関数についてのコーシーの積分定理。
3.グリーンの定理。
4.ベクトル解析におけるストークスの定理
5.ガウスの発散定理

などがあるらしいのですが、それらの関連性がどうも分かりません。

Cやωがどういたっときに、1~5の定理になるのでしょうか?

Aベストアンサー

 現在、微分形式を独習中なのですが、1.~5.の関係などを、多次元や多様体上で効率良く導くために、微分形式がある気がします。

 微分形式を使用しない範囲で言えば、ガウスの発散定理から、残りは全部導けると思います(どれを先にするかは任意ですが)。この関係は、微分形式でも同じだと思います。そういう事が、微分形式を用いる事により、一目瞭然にならないかなぁ~、とちょっと期待してます。

Q正弦定理・余弦定理の問題を教えてください!

1)△ABCにおいて、BC=6、B=45°、C=75°であるとき、CAの長さを求めよ。
 
2)△ABCの三辺の長さがAB=4,BC=5,CA=7であるとき、この三角形の面積と外接円の半径を求めよ。
 
という二問です。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1)
公式が間違っています。
CA/sinB = BC/sinA
が正しい公式です。
2)
公式が間違っています。
2AC*AB*cosA = AC^2 + AB^2 -BC^2
が正しい公式です。

Q正弦定理・余弦定理が分からなくて、困っています

正弦定理・余弦定理の応用の問題で

△ABCにおいて、A=135度,b=√3-1,c=√2のとき、
残りの辺と角の大きさを求める問題が、

a=2までは分かったんですが、sinCを求めようと
2/sin135=√2/sinC
としたのですが、角度が出せない答えにしかなりません。
何が間違っているのでしょうか??教えてほしいです…

Aベストアンサー

2/sin135=√2/sinC で合っています。
これを解けば
2sinC = √2 * (1/√2)
sinC = 1/2
と出ます。

Q正弦定理・余弦定理を教えて!!パート2★

さっきの問題の補足です。。。。
(1)  8sin60°
b=-----------
   sin45°

(2)   √6sin60°
  C=-------
      3

(3)   4^+(2√3)^-2^
CosA=-------------------
    2×4×2√3

この解き方が分からないので、補足不足ですみませんが。。。。
分かりやすく説明してください。
お願いします!!
*全部分数で、^は2乗です。

Aベストアンサー

パート1で答えた者です。
sin60°=√3/2
であることや
sin45°=1/√2
であることをちゃんと理解できてないんじゃないですか?
それさえ分かれば後はタダの計算ですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報