医療費控除に関しての質問です。
医療費控除の計算は、
(支払った医療費)-(保険金などで補てんされる金額)-10万円
ということですが、この計算を人毎にやるのか、病気毎にやるのか
はたまた病院毎にやるのかのところがよくわかりません。

我が家での具体例なのですが、今年は妻に乳がんが見つかり、A病院にて入院、
手術、そして退院しました。この入院での医療費は13万ほどになります。
退院後に高額医療費が補填され、また幸いなことにガン保険に入っていたため、
保険より診断給付金、入院給付金、手術給付金、退院後療養給付金という名目で
それぞれ50万、9万、40万、30万が支給されました。かかった医療費がこれだけなら
(医療費)<(保険金)なので医療費控除が発生しないことはわかります。
その後なのですが、妻はA病院に定期的に通院しており抗がん剤の服用をしているため、
外来での医療費が計17万ほどかかっています。またA病院に施設が無かったため別の
B病院に通院して放射線治療も受けており、この外来での医療費も計7万ほどかかっています。
妻以外の我が家の医療費は計1万円ほどになります。

結局我が家の場合(総医療費)<(総保険金)ではあるのですが、保険金の給付は入院に対して
発生したと考えると(入院以外の総医療費)>10万円なので医療費控除も受けられそうな
気もします。しかしガン保険はガン治療すべてに対して支払われたと考えると、
(ガン以外の総医療費)<10万円とり医療費控除は受けられません。
どう考えるのが正しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

いろいろと回答が出ていますが、税務署の見解は次のようなものでした。



まず、医療費については、生計を1にっしていれば 、一番有利な方法で、医療費控除を適用する人を選んでよい。
又、それぞれ、自分の分だけを医療費控除しても良い。

次に、問題となっている、保険で補填された金額の、医療費からの控除については、同じ病気で計算するとの人です。
ご質問の場合、ガン保険から支給された給付金は、ガンの治療に関連して支払った医療費だけから控除すればよく、他の病気の治療費は全額医療費控除の対象にしてよいとのことです。

ガンに関連して、給付金を受け取った後で支払った、ガンの治療費も、ガン関連の治療費として、給付金を控除することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。結局傷病毎に計算するという考えでいいのですね。
私的には少し残念ですが、まあいたしかたないかと思います。
余談になりますが、がんは治る病気ですけど、医療費は結構かかります。
入院、手術よりも、退院後の方が長い期間に渡り医療費がかかる感じです。
ガン保険は入院、手術給付も必要ですが、通院保障があるタイプの方が
助かります。我が家はもう入り直せませんが、これから入る方はそういう
ポイントも考慮されるといいですね。

お礼日時:2002/01/22 22:39

参考URLはタックスアンサー内での医療費控除のURLです。


この中に書かれている事をどう解釈するかということだと思います。少なくとも私が過去に居住したところでは前回書き込んだ解釈、今回参考URLに掲げた文面のみの解釈でした・・・

自信がないですが、奥様の一定の医療(乳がんの治療)は外来も入院も通算すると思います。(これは出産の時の入院と通院を分けないことは多くのURLでも書かれていますし、実際経験した方はそうだったはずですから)
今回のことをmatch2480さんが独自に見つけてこられたURLを元に考えると奥様の分は相殺されたとして残るのは1万円ですから・・・やはり控除には至らないと思います。
そしてたとえ入院と通院を分けたとしても
退院後療養給付金は異論なく退院後の通院にかかるとみなされると思うからです。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1120.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やっぱりそうなるのですね。
最初保険給付金は退院時にのみ支払われており、その後の通院に対しては
なにも支給が無かったのでどうだろうかと期待したのですが、
よくよく支給内容を見ると、退院後療養給付金という名目部分があったので、
これはダメかなという気にもなっていました。
十分保険金をもらっていますので、それ以上は欲張らないようにします。

お礼日時:2002/01/20 19:49

 No2です。

「生計を一にする」の解釈ですが、その内容は承知しています。ただ、夫婦共稼ぎでお二人の所得が同額程度のような場合は、奥さんの医療費控除を御主人が申告するのは、どうなのかという疑問があります。ですので、生計を一と言う部分だけで家族全ての医療費控除をまとめて御主人なり、1人が申告するのはどうなのか、お子さんが就職している場合、親でも譲渡所得などその年だけ所得があった場合、色々なケースがあるかと思われます。住民票は同一世帯で生活は一としていても、計は別々と見られる場合もあるのではないでしょうか。

 質問者の方、直接の回答ではなくて、解釈の論議になってしまい申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん回答をいただきありがとうございます。
短時間にたくさん回答があり驚いています。
ここでまとめてお礼申し上げます。
我が家の場合妻の収入はわずかで課税されていないため、
私がまとめて申告するということで理解できています。
あとは少しでも戻る税金があるのなら、今後も医療費がかさみそうですし
何とかしたいと考えています。
でも税金などの法の解釈って難しいものですね。

お礼日時:2002/01/19 22:38

さらに、2について、


所得税法では「自己または自己と生計を一にする配偶者やその他の親族」と規定されていますので、
条文を素直に解釈すれば、「生計が一」であれば、配偶者に所得があろうとなかろうと、いっしょに控除しても脱税で摘発される根拠はありません。(「その他の親族」では、年金収入で確定申告しているおじいちゃんの分も含めることができるはずです。)
私も、「10万円」を超えたことは2回だけですが、「1人分」にまとめて申告して何のクレームもつきませんでした。(これは経験者・自信あり)

hanboさんみたいに詳しい方でも、「常識的な先入観」にひっかかっておられました?
    • good
    • 0

 No2です。

医療費控除は、支払った人が申告をすることになっていますが、所得のない家族の分は、生計を同一としている家族ですので、家族の中で一番所得のある方が申告をすればよいでしょう。そういう意味で、所得のない奥さんの場合や所得があっても医療費控除を使っても控除出来る所得がない場合等は、御主人が申告をすることで問題はありません。
    • good
    • 0

2の補足ですが、


>全ての疾病の医療費を支払った人で区分けすることになります

たしか、「生計が同じ」であれば、「1つにまとめて」控除できます。1年間の医療費の自己負担分は、まとめて(いちおう人別、病院別に領収書をわけて計算したほうが正確です)提出すればいいことになります。
一般には、税率の高い人にまとめたほうが、還付される税額が大きくなります。

がん保険の内容をよくしらないのですが、「給付金」が「医療費補償」でなく、「見舞い金」などであれば、支払った医療費から差し引く金額には含まれないと思います。入院にはさまざまな費用がかかり、控除の対象になる交通費だけでないですから(大きいのは家族が仕事を休む補償)、そういうものの補償までふくめた給付であるのかもしれません。なんか、いろいろ項目があるみたいですが。保険会社に相談されては如何でしょう。(支給額をださないことには計算できないはずだから、医療費控除の関係は・・?という質問でいいと思います)

たとえ最悪、「却下」されても、「脱税」したわけでなく、すでに税金は納めているわけですから、「たくさん還付される計算」をして、だめだといわれたら「ああそうでしたか」で済ませてもいいでしょう。
    • good
    • 0

 医療費控除は、人毎や疾病名毎に合計を出して、控除の対象になるかどうかを判断するのではなく、1月から12月までに病院や調剤薬局、薬局などに支払った自己負担額の合計から、ご質問にある医療保険や生命保険等から給付された金額を差し引いて、残りの最終的な自己負担額が医療費控除の対象金額となり、その額が同一対象年の所得の5%か10万円のいずれか少ない額を超えた額が、医療費控除の対象となります。



 又、この医療費控除は、医療費を支払った人=医療費を負担した人 が申告することになっていますので、奥さんの医療費を御主人が支払ったのであれば、御主人が奥さんの分も含めて申告することになります。

 従って、個人毎や疾病毎に区分けするのではなく、全ての疾病の医療費を支払った人で区分けすることになります。奥さんが無職などの所得がない場合には、当然御主人が支払うこととなりますので、御主人が自分の分と奥さんの分を合計して、御主人の所得の5%か10万円のいずれか低い額以上の医療費の負担があれば、医療費控除を申告できることになります。奥さんのみならず、親やお子さんの分も、同様の扱いです。
    • good
    • 0

杓子定規に考えると、家族の構成員全員に対して一年間にかかった医療費とそれを補填する存在である保険給付金を合算する(入院や通院を区別したり、病気ごとに区別したりはしない)ため、お話の内容からであれば、医療費控除は発生しないものと考えられます。


まだ見落としている、病院への通院費用や介護に必要だったものの費用などはじき出してそれでも10万円以上の持ち出しがなければ控除は受けられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
すべての医療費を合算し、そこから保険給付金を差し引くので、
医療費給付は発生しないという事ですね。
ところが解らないのは、「補てんの対象となる医療費ごとに計算を行う」
と説明している資料も見かけることです。例えば、
http://www.nextlink.ne.jp/info/databank/cat7/dat …
などにあります。
単純な合計ではなさそうなのですけど、どうなのでしょう?

お礼日時:2002/01/19 22:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q医療費控除には10万円の足きりがある?

医療費控除には10万円の足きりがあると聞いたのですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

tgoda さん、こんばんは~☆♪

下記のようになります。

(平成11年中に支払った医療費の総額 - 保険金などで補てんされる金額 )

- 10万円(所得の合計額が200万円までの人は所得の合計額の5%)

下記のURLをご参考にして下さい。

【医療費と所得控除】

http://www.taxanser.nta.go.jp/IRYOU/H11/1-A-00.htm

http://www.taxanser.nta.go.jp/1120.HTM


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/IRYOU/H11/1-A-00.htm

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Q医療費控除 出産時の給付金はどこまで差し引く?

昨年11月に帝王切開で出産しました。出産一時金・保険金・高額療養費で、入院・出産費用は黒字になりましたが、通院回数が多かったのと不妊治療をしていたので、入院・出産以外の医療費でも10万円は超えています。
過去の質問で「出産に関する給付金は、出産に関する医療費からのみ差し引けばよい。黒字になっても他の医療費から差し引く必要はない」というのはわかりましたが、妊娠中の通院費・健診代はどうなるのでしょうか?
黒字分を妊娠中の通院費・健診代からも差し引く必要がありますか?それとも入院・出産費(退院時に払った金額)からだけ差し引けばいいのですか?
通院費からも引くとなると微妙な金額になっちゃうんです・・・

Aベストアンサー

まずは、ご出産おめでとうございます。

さて回答ですが残念ながら、
妊娠中の通院費・健診代からも、差し引く必要があると思います。

健康保険の給付対象となるのは、妊娠4ヵ月以降の出産、早産、流産、死産、
人工妊娠中絶をいいますので、出産とは妊娠から退院までが、一連の行為と考えられます。

逆に不妊治療の期間は、妊娠前ですから出産一時金の控除対象とする必要は無いと思います。

参考にしかなりませんが、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3741981.html
のANo.3の方

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2798065.html
の良回答では有りませんが、ANo4の方

タックスアンサー:No.1124 医療費控除の対象となる出産費用の具体例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1124.htm

Q給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?

給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?
年度途中で退職したため、確定申告をします。3年前の医療費控除も一緒にしたいのですが、
項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります。
過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費控除はどうすればいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか…

同時にって、一緒に持参したり一緒の封筒に入れて送っても良いかという意味ですか。
それならかまいません。

しかし、申告書自体は各年ごとに作成しなければなりませんよ。

>項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります…

「21年度中」なんて書いてないでしょう。
個人の税金は「年度」(4/1~3/31) ではありません。
いずれにしても、「21年分」の申告に含められるのは、21年中に支払った医療費だけです。

>過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費…

各年ごとに支払った額が 10万円を超えるなら、それぞれその年の給与などと一緒にして申告。
5年分を集めたら 10万円を超えるなんてのはだめですよ。

Q医療費控除と保険金の給付月について

来月、手術をする事になりました。高額療養費を申請しても1月からの医療費と合わせると10万円を超えます。医療費控除の申請をしようと思うのですが、その際、保険金などの給付金なども申請が必要ですよね。
12月の年度末まで、通院もあるので、保険の給付申請は来年になります。その際、この保険金は申請の対象にはならないのでしょうか?

保険金が申請の対象になると、医療費控除が受けられません。
教えていただけますか?

Aベストアンサー

まず整理してみますね。
・今年11月に手術をされる。
今年1月1日~12月31日までに支払う医療費は10万円を超える

まず高額療養費ですが還付の場合もありますが最近は入院手術支払の際に病院側ですでにその高額療養費ぶんを差し引いた請求の場合があります。
還付の場合でも支払った医療費から還付分を差し引いた金額になります。
(差額ベッドや入院のための身の回り品は控除対象にはなりません)
 ↓
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1126.htm

保険金の補填や給付金ですが、
保険の対象となった手術やその時の入院費とその疾病の外来通院分から
差し引くことになります。
(違う病気や疾病、歯科治療などからは差し引きしません)
 ↓
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
(3 医療費控除の対象となる金額→(1) 保険金などで補てんされる金額→注 に記載)

高額療養費の還付が未確定の場合は↓と同じ扱いです。
保険金などの補てん金が未確定の場合

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120_qa.htm#q2

もし、高額療養費と給付金で10万円を切るようであれば医療費控除は受けられないと思いますが、
その年の総所得金額等が200万円未満なら総所得金額等の5%が控除金額の対象となります。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

まず整理してみますね。
・今年11月に手術をされる。
今年1月1日~12月31日までに支払う医療費は10万円を超える

まず高額療養費ですが還付の場合もありますが最近は入院手術支払の際に病院側ですでにその高額療養費ぶんを差し引いた請求の場合があります。
還付の場合でも支払った医療費から還付分を差し引いた金額になります。
(差額ベッドや入院のための身の回り品は控除対象にはなりません)
 ↓
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1126.htm

保険金の補填や給付金ですが、
保険...続きを読む

Q確定申告に医療費控除を忘れました  どうすれば?

22年分の確定申告書をすでに提出してしまったんですが、22年初に手術して30万円弱出費していたことをうっかり忘れていたので、医療費控除を申告しないで出してしまいました。
この場合、当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけないのでしょうか、あるいは23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告できるのでしょうか(何年間か繰り延べできるとか聞いたことがあるようなので)。

もし、確定申告をやり直さないといけないとなると、すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないといけないでしょうか? それとも、事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけない…

3/16 以降でもかまいませんが、書く書類が違ってきて面倒です。
3/15 までなら、同じ確定申告を何回でも出せ、最後に出したものが有効となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026_qa.htm#q1

3/16 以降になると、「更正の請求」に変わります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告…

それはだめだめ。

>すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないと…

そのまま。

>事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q医療費控除、通院給付金の範囲

昨年、入院通院を繰り返し医療費控除を申請しようと思うのですが・・・

保険会社からの給付金は、入院及び通院で、通院は退院後180日で、30日が限度です。

この場合180日以降の通院にかかる医療費は申請範囲に含まれますか?

また、通院後180日以内であっても薬代は保険会社からの補填金に含まない
というような記述をネット上で見かけたのですが、間違いないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>この場合180日以降の通院にかかる医療費は申請範囲に含まれますか…

問題ありません。

>薬代は保険会社からの補填金に含まない…

それは、その保険のカバー範囲がどこまでとなっているかによります。
医者代だけで薬は別というのなら、薬分は医療費控除に入れられます。

--------------------------------------
(注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
--------------------------------------

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q確定申告と医療費控除について

確定申告ですが、パート収入で確定申告します。
主人はサラリーマンなので、年末調整を受けていますが、
医療費控除の申告をします。
この場合、私の確定申告に医療費控除を入れてもいいのでしょうか?
それとも、主人の名前で医療費控除を申告して、別々の申告をしなくてはいけないのでしょうか?

宜しくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

医療費控除は、生計を一にする家族なら、どちらで申告してもかまいません。
考え方として、税率の高いほうで申告する方が、世帯全体での納税額は少なくなります。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

Q確定申告の医療費控除と保険給付金

昨年秋から年をまたいで最近まで病気入院していました。
このため昨年中に支払った医療費が10万円を越えたので、
医療費控除の申告をしようと考えています。
ところで、私は、民間の医療保険に入っていたので、
かかった医療費はこの保険給付金でまかなえそうです。
しかし、実際には、まだ保険給付金の申請中ですし、
控除の計算は昨年1年についての話で、その昨年中
に保険給付金を受け取ったわけでもありません。
このような場合、医療費控除の申告は認められるの
でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療費控除の支払った医療費については、支払った年の申告となりますが、保険金等により補填される金額については、入金される年ではなく、支払った医療費に対応させるべきですから、年内に入金がなくても、年が明けてから入金される予定であれば、その分は控除して計算しなければならない事となります。
下記サイトをご参考にされて下さい。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/syotoku/05/59.htm


人気Q&Aランキング