昔から行われている、雨乞いや疫病退廃について質問します。
例えば雨乞いだとしたら、雨乞い竜を作って祈願したら雨が降ると考えられたのですか?なぜ竜を振り回す事で雨が降ると思ったのですか?
たまたまそうした時に雨が降ったからなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  「因果論」あるいは「因果的思考」や「因果的な世界の捉え方」というのは、昔からあります。おそらく人類の祖先に当たる数百万年前の原人にもあったのではないでしょうか。これは、或ることが起こった。この現象・事象には、「原因」があるはずだという思考です。結果の現象と合わせて、原因と結果の結びつきで「因果」と呼んだのです。
 
  現代の科学の理論も「因果の法則」の形になっています。基本的に過去に何らかの原因現象があり、これが現在のまたは未来の結果となって現れるという理論です。
 
  昔から、自然界の現象や、人間の社会における事象でも、因果的な考え方があり、因果の理論がありました。それらは、現代の科学からは、因果性があるのかどうか疑わしい、またないことが分かっているものなどもあります。科学の理論は、昔からの因果理論をより正確に、客観的に、一般化し、真偽の判断手順も示し、その上で、真であると実験などで判断されたものを、ただしい因果関係とし、理論を造っているのです。
 
  古くから、科学に似た、未来予測の理論や、自然現象、社会現象についての因果の理論はあった訳です。それは、その当時の人たちの世界観、世界はどういうものか、どういう原理で動き、決まっているのかという考え方とも密接に関係していました。
 
  例えば、雨は何故降るのかについて、それなりに人々の納得していた理論あるいは説明があったのです。神が、地上が緑で潤っているように、雨を適切な季節に降らせ、植物や、人間に必要な穀物などが、よく実るようにした、という説明理論です。これに対し、世界は、神のこの定めに時に反抗する場合があるとか、雨が降るのを、神は、特別な、神でもある特定の霊ある存在に任せ、管理させたというような考え方もあります。
 
  雨の場合だと、やはり、水に関係があるので、水の大きな溜まり場、例えば、海や湖、池や、大きな河などにいると考えられた、(想像上の)霊的存在、例えば、「龍」などが、雨の降るのを管理したり、また雨が降ることに干渉する力を持っていると考えられたのです。
 
  雨が降らないと、穀物や植物が生えないし、人間は食料に困り、家畜も牧草などに困るし、何より、飲み水もなくなる。そこで、何故、雨が降らないかと、占い師などに頼んで調べてもらい(これは現代風にいうと、異常気象が続くので、科学者に、文部科学省が調査チームを結成させ、原因究明に当たったなどに対応します)、原因が、例えば雨を管理している龍の神様、龍神が、何かの理由で忘れているとか、怒って雨を降らさないのだとか、あるいは、龍神ではなく、天の神が、雨を降らさないよう意図しているのである、あるいは、原因がよく分からない、しかし、天の「気象の神」と関係があることは間違いないなどの場合、因果関係から、ここで、龍神に怒りを鎮めてもらうようお祭りをするとか、龍神に、忘れていませんか、雨を降らせてください、とか、天の神に同じように、祈り、注意を引き、お願いして、雨を降らせてもらおうということです。
 
  その際、色々な儀式があり、それは龍に関係あることや、天の神に関係あることでしょう。儀式の方法は色々で、龍の像を振り回すことで、龍に注意を促したり、祈ったりしているのかも知れません。
 
  また、雨だけでなく、その他、色々な自然現象、社会現象、人間個人のことについても、それぞれに「因果の理論」があり、疫病がはやるのは、或る神を怒らせたからであり、そのためには、神にお供えをし、お祭りをして、疫病を止めてもらうようにするとか、戦争に勝つため、戦争の神に祈り、お祭りをして、犠牲を捧げるとか、または、子どもが生まれないので、子宝の神にお供えをし、祈るとか、病気平癒のため、お百度参りをするとか、色々ある訳です。
 
  (また、こういう祈りによって、雨が降ったり、疫病が流行を止め、また子どもが生まれたり、病気が治った例もあるのでしょう。本当に、龍神が前を降らせてくれたのか、雨乞師に技量や才能があり、それが雨を降らせたのか、よく分からないことがありますが、雨が降らないと言っても、何時かは自然に降るので、祈った時に、タイミングよく雨が降ったのかも知れません。また、自然現象をよく観察している雨乞師は、丁度雨がもうじき降るという時に、雨乞いの祈りなどをするというのもあったようです。すると、雨乞師の祈りで、神が雨を降らせたようにも思えるのです)。
 
  いまでも、正月に、神社に詣って貰って来る、または買ってくる福笹は商売に縁起がいいので、一年中飾っておくとかあります。
 
    • good
    • 0

雨乞いの祭りには火をたいて煙を上げるということもするはずですが.今はすたれてしまいましたか?。


竜は雷の象徴です。煙を出して.運良く上空に高濃度の水分があれば雨が降ります。この場合に積乱雲が生じ雷になります。
    • good
    • 0

河の流れ、うねるさまと荒天時に荒れ狂う様を見て、昔の人は河に竜を重ね合わせました。


・・・これを龍神信仰といいます。
雨が降り河が溢れるのも、雨が降らないのも龍神のなせるワザと信じられていたのだと思います。これは日本独自のものというよりは、龍のイメージが中国から移植されたいこうのことだと思います。
水神様といわれる神社や社がありますが、多くは龍または蛇を祀っています。

参考URL:http://www.waw.ne.jp/youkai/9803/tradDB2.html
    • good
    • 0

 昔の人は、竜が川や池や湖などの水中に住んでいて、空を飛ぶことも出来て、雲や雨を起こし、稲妻を放つと考えていました。

だから、竜神には雨を降らせる力があるから、雨を降らせてくれるようお祈りしたのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雨乞いのやりかた

こんにちは。いつもお世話になってます。
ちょっと学校で雨にならないとイヤなことがあるので、雨乞いをしたいのですが、雨乞いのやり方を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天に祈ります。よく目立つように大きなたき火をしたり太鼓を打ち
鳴らしたりすることが多いですが、某陰陽師曰く、一番大切なのは
雨が降るまで続けること、賢いのは雨が降りそうな時にやること、
だそうです。

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Qポケモン ソウルシルバー パーティ診断お願いします

ルールはLv50の6on6 伝説なし 眠り持ち物重複なしです。
診断よろしくお願いします。

・キングドラ
性格:ひかえめ 特性:すいすい
もちもの:いのちのたま
努力値
特攻252 素早さ172 HP86
技:ハイドロポンプ/りゅうのはどう/れいとうビーム/考え中

・クロバット
性格:ようき 
持ち物:しめったいわ
努力値:HP252 素早さ252 攻撃6
技:あまごい/とんぼがえり/ちょうはつ/ブレイブバードorあやしいひかり

・ルンパッパ
性格:おだやか 特性:あめうけざら
持ち物:たべのこし
努力値:HP188 特攻70 特防252
技:あまごい/やどりぎのたね/みがわり/れいとうビーム

・ロズレイド
性格:ひかえめ 特性:しぜんかいふく
持ち物:こだわりスカーフ
努力値:特攻252 素早さ252 HP6
技:ねむりごな/ウェザーボール/リーフストーム/ヘドロばくだん

・オーダイル
性格:いじっぱり 
持ち物:たつじんのおび
努力値:攻撃252 素早さ140 HP118
技:こうそくいどう/たきのぼり/れいとうパンチ/じしん

一応雨パです。
あと1体がなかなか決まりません。
アドバイスがあればお願いします。

ルールはLv50の6on6 伝説なし 眠り持ち物重複なしです。
診断よろしくお願いします。

・キングドラ
性格:ひかえめ 特性:すいすい
もちもの:いのちのたま
努力値
特攻252 素早さ172 HP86
技:ハイドロポンプ/りゅうのはどう/れいとうビーム/考え中

・クロバット
性格:ようき 
持ち物:しめったいわ
努力値:HP252 素早さ252 攻撃6
技:あまごい/とんぼがえり/ちょうはつ/ブレイブバードorあやしいひかり

・ルンパッパ
性格:おだやか 特性:あめうけざら
持ち物:たべのこし
努力...続きを読む

Aベストアンサー

 今の雨パなら他の天気コンボにも十分対処できるので、いい感じだと思います。あとなんか加えるなら、かみなり100%命中を加えられるといざというときに役立ちますね、てんのめぐみを特性として持っているやつ(ハピナス、トゲキッス)なら鬼と化します。あとは、相手が逆に雷を使用した場合、ロズレイドしか壁役がいなくなるため、地面タイプのポケモンがいると、苦戦しづらい気がします。 
・結果
雷なら、ハピナス、トゲキッス、エレキブル、サンダース、
水タイプでなお雷なら、スターミー、ラプラス、
地面なら、ハガネール、ドサイドン、
水でなお、地面なら、ヌオー
といった感じでしょうか?

Q「ん」を英語にした時の「N」と「M」の違いについて

大阪に「難波」という地名が、奈良に「天理」という地名があります。
この前電車に乗っていたら行き先で「for NAMBA」、「for TENRI」と書かれている電車を見かけました。
英語にした時、真ん中の「ん」が天理「N」になるのに、どうして難波は「M」になるのでしょうか?

また、さんま(明石家さんまさんです)は、
英語にした場合、「SANMA」・「SAMMA」どちらが正しいのですか?

Aベストアンサー

ヘボン式ローマ字は、m、p、bの前の「ん」はMで表記します。
非ヘボン式(訓令式とも言います)の場合はどちらでもいいのですが
パスポートへのサインはヘボン式だったと思います。

ですから、天理は「TENRI」で、難波は「NAMBA」です。

さんまちゃんの場合は、ヘボン式なら「SAMMA」です。
さんまのまんまの、まんまちゃんのコーナーで「MAMMA」って
書いてたような記憶があるんだけど・・・・・

参考URL:http://www.nta.co.jp/kaigai/hebon.htm

Q「雨乞い」はなぜ?

昔から行われている、雨乞いや疫病退廃について質問します。
例えば雨乞いだとしたら、雨乞い竜を作って祈願したら雨が降ると考えられたのですか?なぜ竜を振り回す事で雨が降ると思ったのですか?
たまたまそうした時に雨が降ったからなんでしょうか?

Aベストアンサー

 
  「因果論」あるいは「因果的思考」や「因果的な世界の捉え方」というのは、昔からあります。おそらく人類の祖先に当たる数百万年前の原人にもあったのではないでしょうか。これは、或ることが起こった。この現象・事象には、「原因」があるはずだという思考です。結果の現象と合わせて、原因と結果の結びつきで「因果」と呼んだのです。
 
  現代の科学の理論も「因果の法則」の形になっています。基本的に過去に何らかの原因現象があり、これが現在のまたは未来の結果となって現れるという理論です。
 
  昔から、自然界の現象や、人間の社会における事象でも、因果的な考え方があり、因果の理論がありました。それらは、現代の科学からは、因果性があるのかどうか疑わしい、またないことが分かっているものなどもあります。科学の理論は、昔からの因果理論をより正確に、客観的に、一般化し、真偽の判断手順も示し、その上で、真であると実験などで判断されたものを、ただしい因果関係とし、理論を造っているのです。
 
  古くから、科学に似た、未来予測の理論や、自然現象、社会現象についての因果の理論はあった訳です。それは、その当時の人たちの世界観、世界はどういうものか、どういう原理で動き、決まっているのかという考え方とも密接に関係していました。
 
  例えば、雨は何故降るのかについて、それなりに人々の納得していた理論あるいは説明があったのです。神が、地上が緑で潤っているように、雨を適切な季節に降らせ、植物や、人間に必要な穀物などが、よく実るようにした、という説明理論です。これに対し、世界は、神のこの定めに時に反抗する場合があるとか、雨が降るのを、神は、特別な、神でもある特定の霊ある存在に任せ、管理させたというような考え方もあります。
 
  雨の場合だと、やはり、水に関係があるので、水の大きな溜まり場、例えば、海や湖、池や、大きな河などにいると考えられた、(想像上の)霊的存在、例えば、「龍」などが、雨の降るのを管理したり、また雨が降ることに干渉する力を持っていると考えられたのです。
 
  雨が降らないと、穀物や植物が生えないし、人間は食料に困り、家畜も牧草などに困るし、何より、飲み水もなくなる。そこで、何故、雨が降らないかと、占い師などに頼んで調べてもらい(これは現代風にいうと、異常気象が続くので、科学者に、文部科学省が調査チームを結成させ、原因究明に当たったなどに対応します)、原因が、例えば雨を管理している龍の神様、龍神が、何かの理由で忘れているとか、怒って雨を降らさないのだとか、あるいは、龍神ではなく、天の神が、雨を降らさないよう意図しているのである、あるいは、原因がよく分からない、しかし、天の「気象の神」と関係があることは間違いないなどの場合、因果関係から、ここで、龍神に怒りを鎮めてもらうようお祭りをするとか、龍神に、忘れていませんか、雨を降らせてください、とか、天の神に同じように、祈り、注意を引き、お願いして、雨を降らせてもらおうということです。
 
  その際、色々な儀式があり、それは龍に関係あることや、天の神に関係あることでしょう。儀式の方法は色々で、龍の像を振り回すことで、龍に注意を促したり、祈ったりしているのかも知れません。
 
  また、雨だけでなく、その他、色々な自然現象、社会現象、人間個人のことについても、それぞれに「因果の理論」があり、疫病がはやるのは、或る神を怒らせたからであり、そのためには、神にお供えをし、お祭りをして、疫病を止めてもらうようにするとか、戦争に勝つため、戦争の神に祈り、お祭りをして、犠牲を捧げるとか、または、子どもが生まれないので、子宝の神にお供えをし、祈るとか、病気平癒のため、お百度参りをするとか、色々ある訳です。
 
  (また、こういう祈りによって、雨が降ったり、疫病が流行を止め、また子どもが生まれたり、病気が治った例もあるのでしょう。本当に、龍神が前を降らせてくれたのか、雨乞師に技量や才能があり、それが雨を降らせたのか、よく分からないことがありますが、雨が降らないと言っても、何時かは自然に降るので、祈った時に、タイミングよく雨が降ったのかも知れません。また、自然現象をよく観察している雨乞師は、丁度雨がもうじき降るという時に、雨乞いの祈りなどをするというのもあったようです。すると、雨乞師の祈りで、神が雨を降らせたようにも思えるのです)。
 
  いまでも、正月に、神社に詣って貰って来る、または買ってくる福笹は商売に縁起がいいので、一年中飾っておくとかあります。
 

 
  「因果論」あるいは「因果的思考」や「因果的な世界の捉え方」というのは、昔からあります。おそらく人類の祖先に当たる数百万年前の原人にもあったのではないでしょうか。これは、或ることが起こった。この現象・事象には、「原因」があるはずだという思考です。結果の現象と合わせて、原因と結果の結びつきで「因果」と呼んだのです。
 
  現代の科学の理論も「因果の法則」の形になっています。基本的に過去に何らかの原因現象があり、これが現在のまたは未来の結果となって現れるという理論です...続きを読む

Q親に勉強やったら自由にゲームできるんだぞと言われ、今さっき二時間程度勉強してきましたが、買い物から帰

親に勉強やったら自由にゲームできるんだぞと言われ、今さっき二時間程度勉強してきましたが、買い物から帰ってきた親に、まだ半日余ってるんだから勉強したら?などと言われました。これって一種のループじゃないですかね?勉強やったら自由と言われたから勉強やったのにまだ半日あるからもっとやれって、結局自由にゲームやる時間なんてないんですよ。こういう時は親の言うこと聞いたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

話と違うのでやらなくて良いと言いたいですが、親とケンカしてもゲームを楽しくできる訳ではないので、今後の事も考えて、一度しっかり話をつけておきましょう。
「話が違う。やる事をやったんだからゲームをやる権利もあるはずだ。」「どれだけの時間やれば、その他の時間の好きな時にゲームをやっていいのか相談しよう。」といって話し合うのがベストだと思います。
今回は大変でも これをしておけば 今後は理不尽な事を言われても堂々と言い返せるし、堂々とゲームもできるんじゃないですか?
勉強を集中するためにも息抜きやモチベーションになる物があっていいと思います。
頑張って!

Qポケモンのソウルシルバーで質問‼

今ソウルシルバーやってるんですが、



手持ちで質問があります





今の手持ちが.......



1.バクフーン かえんほうしゃ・ふんか・あなをほる・きあいだま

2.クロバット クロスポイズン・そらをとぶ・くろいまなざし・とんぼがえり

3.ゴローニャ じしん・ステルスロック・ストーンエッジ・いわなだれ

4.デンリュウ 10まんボルト・かみなり・アイアンテール・チャージビーム

5ギャラドス あまごい・こおりのきば・たきのぼり・アクアテール

6へラクロス メガホーン・かわらわり・インファイト・どくどく






です。

何か違うポケモンを使ったほうがいい場合や、
違う技のほうがいい場合は回答をお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

通信対戦とかではなくクリア用ですよね?
クリアするだけならLvさえ上げれば何でもいいと思います^^

もっと楽に、もっと強くしたいという場合に以下の文を読んでください。

ポケモンは
(1)強いダメージを出せるようにする
(2)相手の攻撃を耐えることができるようにする
(3)相手より早く攻撃する

ようにすれば基本的には勝てます。

1番効率の良い(1)の方法を述べます。

・相手の弱点の技を覚えさせる。(弱点をつくと2倍に。4倍弱点は4倍)
・タイプ一致の技(ポケモンが炎タイプだと炎タイプの技)を使う。(威力が1.5倍になります)
・元々高い威力の技を使う。
・物理技か特殊技かステータスが高い方の技を使う。(デンリュウは物理攻撃力が低い。特殊攻撃力が高い。よって特殊技を覚えさせる。
例【物理技 じしん、あなをほる、ストーンエッジ、フレアドライブ、インファイト】
 【特殊技 10万ボルト、かみなり、チャージビーム、かえんほうしゃ、ふんか】

--------------------------------------------------------------------------------
ポケモンには種類ごとに種族値という(バクフーンにはバクフーンの、デンリュウにはデンリュウの)
HP、物理攻撃力、物理防御力、特殊攻撃力、特殊防御力、素早さ
の6つのステータスが決められてあります。

ちなみにデンリュウは
HP     90
物理攻撃力 75
物理防御力  75
特殊攻撃力  115
特殊防御力  90
素早さ    55

これを見ると物理攻撃力が低く、高い特殊攻撃力を持ったポケモンだとわかります。
-------------------------------------------------------------------------------
デンリュウの技ですが(10万ボルト、かみなり、アイアンテール、チャージビーム)
と、電気タイプの技が3つあり多すぎです。
威力の少ないチャージビームと外れる可能性が高く、PPも少ないかみなりを抜いて、威力が十分ある10万ボルトのみの方が良いと思います。
アイアンテールは物理技なのでデンリュウでは大した威力はでませんし、鋼タイプの技は弱点がつけるのが氷と岩だけなので微妙です。
代わりにデパートで買える技マシンのきあいだま、レベルで覚えるシグナルビーム、パワージェムを覚えさせると弱点をつける範囲が広がり強くなると思います。

他のポケモンも(ギャラドスのアクアテール抜いていいと思います)覚えさせる技が物理技か特殊技かを考えて習得させるのと、様々なタイプの技を覚えさせる。

これを気にかけるともっと強くすることができると思います。

通信対戦とかではなくクリア用ですよね?
クリアするだけならLvさえ上げれば何でもいいと思います^^

もっと楽に、もっと強くしたいという場合に以下の文を読んでください。

ポケモンは
(1)強いダメージを出せるようにする
(2)相手の攻撃を耐えることができるようにする
(3)相手より早く攻撃する

ようにすれば基本的には勝てます。

1番効率の良い(1)の方法を述べます。

・相手の弱点の技を覚えさせる。(弱点をつくと2倍に。4倍弱点は4倍)
・タイプ一致の技(ポケモンが炎タイプだと炎タイ...続きを読む

Q愛称「~っぺ」「~ちん」「~りん」「~ぼん」

全国の愛称の語尾を集めています!
地域性とかに違いがあるかなと思っているのですけど、
ほんまのところはどないやろか?っちゅうことで、
なるべく、テレビなどに影響されていない、子供の頃に使っていた愛称やと助かります。
「っぺ」=べい=兵衛
「ぼん」=坊
       とかの語源や、
       東西日本の違いなんかがわかればなお良いです!(><

Aベストアンサー

nuohさん、こんばんは。

 ご質問を見て、ふと子供の頃に覚えた「とんとんともだち」の歌詞を思い出しました。著作権上、歌詞を書けませんので、語尾の部分だけを記しますと、

 ちょん・ぼう・やん・んぼ・ちん・ちゃんこ・どんどん

 作詞者はサトウハチロー。本人は東京生まれですが、父が弘前、母が仙台生まれだったため「ボクの血の中には東北のものが流れているから、田舎の詩を書くのに何の苦労もしない」という言葉を残しています。

 だからといって、上に挙げたものが東京もしくは東北地方で使われている愛称だとは、もちろん断言できません。むしろ、リズムを重視して作詞したと考えるのが妥当でしょう。
 というわけで、この歌に関しては地方による違いは分りませんでした。申し訳ありません。

 ちなみに南関東在住の私自身で言うと「ぼう」が一人いただけで、後は「ちゃん」付け、小学校中学年ぐらいからは、ほとんどが呼び捨てでした。気の荒い地域だったのでしょうか・・・

Q雨乞い の対義語を教えてください。

日照り続きのときにする”雨乞い”ですが、
雨続きのときに日が出ることを祈ることをなんというのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「日照り乞い」、「雨止め」だと思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q148810314

Q「空爆」と「爆撃」?「地上戦」と「陸戦」?

新聞の見出し等で良く見かける【空爆】という言葉ですが、国語辞典で引くと「〔「空中爆撃」の略〕航空機による爆撃」
用例として「敵基地を―する」とありました。

しかし、何か違和感を覚えます。
そもそも「爆撃」自体が空から爆弾を落とすことですよね。
そう思い、【爆撃】で引くと「航空機から爆弾などを落として攻撃すること。」 用例は「基地を―する」で、同じでした。

大砲で砲弾を撃ち込むのが【砲撃】、銃で撃つのが【射撃】、魚雷攻撃が【雷撃】、そして爆弾投下による攻撃が【爆撃】と、非常にすっきりしていると思うのですが、なぜあえて【空爆】が多用されるのか不思議です。
わたしにとっては違和感のある【空爆】なる言葉はいつごろから使用されたのでしょうか?

同様に、湾岸戦争のころからマスコミではよく【地上戦】なる言葉が登場していますが、この言葉は国語辞典では出てきません。
陸上での戦闘の意味だと思うのですが、それなら日本語では海上での戦闘を【海戦】と言うのと同じく【陸戦】ではないでしょうか?

Aベストアンサー

No.5です。
「空爆」について、AQUALINEさんの疑問に触発されて、私も興味をもち考えてみました。
もう一つ似たような言葉に「空襲」もありますよね。
これは航空機による空からの攻撃(爆撃のみならず機銃掃射も含めた)の総称でしょうが、やはり今の日本では死語ですね。

で、あちこち検索をしたらこんなページを見つけました。
ご参考までに。

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2002/0318.html

もうひとつべつなもの↓

参考URL:http://www.warbirds.jp/ansq/7/G2000072.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報