昔から行われている、雨乞いや疫病退廃について質問します。
例えば雨乞いだとしたら、雨乞い竜を作って祈願したら雨が降ると考えられたのですか?なぜ竜を振り回す事で雨が降ると思ったのですか?
たまたまそうした時に雨が降ったからなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  「因果論」あるいは「因果的思考」や「因果的な世界の捉え方」というのは、昔からあります。おそらく人類の祖先に当たる数百万年前の原人にもあったのではないでしょうか。これは、或ることが起こった。この現象・事象には、「原因」があるはずだという思考です。結果の現象と合わせて、原因と結果の結びつきで「因果」と呼んだのです。
 
  現代の科学の理論も「因果の法則」の形になっています。基本的に過去に何らかの原因現象があり、これが現在のまたは未来の結果となって現れるという理論です。
 
  昔から、自然界の現象や、人間の社会における事象でも、因果的な考え方があり、因果の理論がありました。それらは、現代の科学からは、因果性があるのかどうか疑わしい、またないことが分かっているものなどもあります。科学の理論は、昔からの因果理論をより正確に、客観的に、一般化し、真偽の判断手順も示し、その上で、真であると実験などで判断されたものを、ただしい因果関係とし、理論を造っているのです。
 
  古くから、科学に似た、未来予測の理論や、自然現象、社会現象についての因果の理論はあった訳です。それは、その当時の人たちの世界観、世界はどういうものか、どういう原理で動き、決まっているのかという考え方とも密接に関係していました。
 
  例えば、雨は何故降るのかについて、それなりに人々の納得していた理論あるいは説明があったのです。神が、地上が緑で潤っているように、雨を適切な季節に降らせ、植物や、人間に必要な穀物などが、よく実るようにした、という説明理論です。これに対し、世界は、神のこの定めに時に反抗する場合があるとか、雨が降るのを、神は、特別な、神でもある特定の霊ある存在に任せ、管理させたというような考え方もあります。
 
  雨の場合だと、やはり、水に関係があるので、水の大きな溜まり場、例えば、海や湖、池や、大きな河などにいると考えられた、(想像上の)霊的存在、例えば、「龍」などが、雨の降るのを管理したり、また雨が降ることに干渉する力を持っていると考えられたのです。
 
  雨が降らないと、穀物や植物が生えないし、人間は食料に困り、家畜も牧草などに困るし、何より、飲み水もなくなる。そこで、何故、雨が降らないかと、占い師などに頼んで調べてもらい(これは現代風にいうと、異常気象が続くので、科学者に、文部科学省が調査チームを結成させ、原因究明に当たったなどに対応します)、原因が、例えば雨を管理している龍の神様、龍神が、何かの理由で忘れているとか、怒って雨を降らさないのだとか、あるいは、龍神ではなく、天の神が、雨を降らさないよう意図しているのである、あるいは、原因がよく分からない、しかし、天の「気象の神」と関係があることは間違いないなどの場合、因果関係から、ここで、龍神に怒りを鎮めてもらうようお祭りをするとか、龍神に、忘れていませんか、雨を降らせてください、とか、天の神に同じように、祈り、注意を引き、お願いして、雨を降らせてもらおうということです。
 
  その際、色々な儀式があり、それは龍に関係あることや、天の神に関係あることでしょう。儀式の方法は色々で、龍の像を振り回すことで、龍に注意を促したり、祈ったりしているのかも知れません。
 
  また、雨だけでなく、その他、色々な自然現象、社会現象、人間個人のことについても、それぞれに「因果の理論」があり、疫病がはやるのは、或る神を怒らせたからであり、そのためには、神にお供えをし、お祭りをして、疫病を止めてもらうようにするとか、戦争に勝つため、戦争の神に祈り、お祭りをして、犠牲を捧げるとか、または、子どもが生まれないので、子宝の神にお供えをし、祈るとか、病気平癒のため、お百度参りをするとか、色々ある訳です。
 
  (また、こういう祈りによって、雨が降ったり、疫病が流行を止め、また子どもが生まれたり、病気が治った例もあるのでしょう。本当に、龍神が前を降らせてくれたのか、雨乞師に技量や才能があり、それが雨を降らせたのか、よく分からないことがありますが、雨が降らないと言っても、何時かは自然に降るので、祈った時に、タイミングよく雨が降ったのかも知れません。また、自然現象をよく観察している雨乞師は、丁度雨がもうじき降るという時に、雨乞いの祈りなどをするというのもあったようです。すると、雨乞師の祈りで、神が雨を降らせたようにも思えるのです)。
 
  いまでも、正月に、神社に詣って貰って来る、または買ってくる福笹は商売に縁起がいいので、一年中飾っておくとかあります。
 
    • good
    • 0

雨乞いの祭りには火をたいて煙を上げるということもするはずですが.今はすたれてしまいましたか?。


竜は雷の象徴です。煙を出して.運良く上空に高濃度の水分があれば雨が降ります。この場合に積乱雲が生じ雷になります。
    • good
    • 0

河の流れ、うねるさまと荒天時に荒れ狂う様を見て、昔の人は河に竜を重ね合わせました。


・・・これを龍神信仰といいます。
雨が降り河が溢れるのも、雨が降らないのも龍神のなせるワザと信じられていたのだと思います。これは日本独自のものというよりは、龍のイメージが中国から移植されたいこうのことだと思います。
水神様といわれる神社や社がありますが、多くは龍または蛇を祀っています。

参考URL:http://www.waw.ne.jp/youkai/9803/tradDB2.html
    • good
    • 0

 昔の人は、竜が川や池や湖などの水中に住んでいて、空を飛ぶことも出来て、雲や雨を起こし、稲妻を放つと考えていました。

だから、竜神には雨を降らせる力があるから、雨を降らせてくれるようお祈りしたのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「雨乞い」はなぜ?

昔から行われている、雨乞いや疫病退廃について質問します。
例えば雨乞いだとしたら、雨乞い竜を作って祈願したら雨が降ると考えられたのですか?なぜ竜を振り回す事で雨が降ると思ったのですか?
たまたまそうした時に雨が降ったからなんでしょうか?

Aベストアンサー

 
  「因果論」あるいは「因果的思考」や「因果的な世界の捉え方」というのは、昔からあります。おそらく人類の祖先に当たる数百万年前の原人にもあったのではないでしょうか。これは、或ることが起こった。この現象・事象には、「原因」があるはずだという思考です。結果の現象と合わせて、原因と結果の結びつきで「因果」と呼んだのです。
 
  現代の科学の理論も「因果の法則」の形になっています。基本的に過去に何らかの原因現象があり、これが現在のまたは未来の結果となって現れるという理論です。
 
  昔から、自然界の現象や、人間の社会における事象でも、因果的な考え方があり、因果の理論がありました。それらは、現代の科学からは、因果性があるのかどうか疑わしい、またないことが分かっているものなどもあります。科学の理論は、昔からの因果理論をより正確に、客観的に、一般化し、真偽の判断手順も示し、その上で、真であると実験などで判断されたものを、ただしい因果関係とし、理論を造っているのです。
 
  古くから、科学に似た、未来予測の理論や、自然現象、社会現象についての因果の理論はあった訳です。それは、その当時の人たちの世界観、世界はどういうものか、どういう原理で動き、決まっているのかという考え方とも密接に関係していました。
 
  例えば、雨は何故降るのかについて、それなりに人々の納得していた理論あるいは説明があったのです。神が、地上が緑で潤っているように、雨を適切な季節に降らせ、植物や、人間に必要な穀物などが、よく実るようにした、という説明理論です。これに対し、世界は、神のこの定めに時に反抗する場合があるとか、雨が降るのを、神は、特別な、神でもある特定の霊ある存在に任せ、管理させたというような考え方もあります。
 
  雨の場合だと、やはり、水に関係があるので、水の大きな溜まり場、例えば、海や湖、池や、大きな河などにいると考えられた、(想像上の)霊的存在、例えば、「龍」などが、雨の降るのを管理したり、また雨が降ることに干渉する力を持っていると考えられたのです。
 
  雨が降らないと、穀物や植物が生えないし、人間は食料に困り、家畜も牧草などに困るし、何より、飲み水もなくなる。そこで、何故、雨が降らないかと、占い師などに頼んで調べてもらい(これは現代風にいうと、異常気象が続くので、科学者に、文部科学省が調査チームを結成させ、原因究明に当たったなどに対応します)、原因が、例えば雨を管理している龍の神様、龍神が、何かの理由で忘れているとか、怒って雨を降らさないのだとか、あるいは、龍神ではなく、天の神が、雨を降らさないよう意図しているのである、あるいは、原因がよく分からない、しかし、天の「気象の神」と関係があることは間違いないなどの場合、因果関係から、ここで、龍神に怒りを鎮めてもらうようお祭りをするとか、龍神に、忘れていませんか、雨を降らせてください、とか、天の神に同じように、祈り、注意を引き、お願いして、雨を降らせてもらおうということです。
 
  その際、色々な儀式があり、それは龍に関係あることや、天の神に関係あることでしょう。儀式の方法は色々で、龍の像を振り回すことで、龍に注意を促したり、祈ったりしているのかも知れません。
 
  また、雨だけでなく、その他、色々な自然現象、社会現象、人間個人のことについても、それぞれに「因果の理論」があり、疫病がはやるのは、或る神を怒らせたからであり、そのためには、神にお供えをし、お祭りをして、疫病を止めてもらうようにするとか、戦争に勝つため、戦争の神に祈り、お祭りをして、犠牲を捧げるとか、または、子どもが生まれないので、子宝の神にお供えをし、祈るとか、病気平癒のため、お百度参りをするとか、色々ある訳です。
 
  (また、こういう祈りによって、雨が降ったり、疫病が流行を止め、また子どもが生まれたり、病気が治った例もあるのでしょう。本当に、龍神が前を降らせてくれたのか、雨乞師に技量や才能があり、それが雨を降らせたのか、よく分からないことがありますが、雨が降らないと言っても、何時かは自然に降るので、祈った時に、タイミングよく雨が降ったのかも知れません。また、自然現象をよく観察している雨乞師は、丁度雨がもうじき降るという時に、雨乞いの祈りなどをするというのもあったようです。すると、雨乞師の祈りで、神が雨を降らせたようにも思えるのです)。
 
  いまでも、正月に、神社に詣って貰って来る、または買ってくる福笹は商売に縁起がいいので、一年中飾っておくとかあります。
 

 
  「因果論」あるいは「因果的思考」や「因果的な世界の捉え方」というのは、昔からあります。おそらく人類の祖先に当たる数百万年前の原人にもあったのではないでしょうか。これは、或ることが起こった。この現象・事象には、「原因」があるはずだという思考です。結果の現象と合わせて、原因と結果の結びつきで「因果」と呼んだのです。
 
  現代の科学の理論も「因果の法則」の形になっています。基本的に過去に何らかの原因現象があり、これが現在のまたは未来の結果となって現れるという理論です...続きを読む

Q雨が降るとは?

そろそろ梅雨ですね。天気予報で降水確率ってありますよね。たとえば50%なら、その意味は、天気図で同じような日が10日あるとすれば5日間は雨が降ると言う意味だと思うのですが、ここで質問です。たとえば降水確率10%でも、土砂降りの大雨が降る可能性があるわけですか?反対に降水確率90%でも小雨、霧雨で終わってしまっても、天気予報的には予報が当たったことになるのでしょうか。
基本的に私は降水確率が低いときに降る雨は、大量の雨は降らないと言う意味だと思ってます。
どなたか、降水確率と降水量の関係についてご存知の方、おしえてください。

Aベストアンサー

現在では、降水確率を6時間ごとに示しています。
ここでいう降水とは、その時間内に1mm以上の雨・雪・あられ・雹などが降ることです。

さて、降水確率と降水量は全く関係がありません。
90%でかろうじて1mm降って的中ということもありますし、20%なのに雷雨で何十mmも降って、
「なんじゃあ、これりゃあ!でも、的中だよな。」
ということもあります。

ですから、降水確率が低いと予報に出ていても、実際は大雨になったということもあります。

3時間後までの降水量の予想なら、下記のURLで調べられますよ。

参考URL:http://www.imoc.co.jp/rdam.htm

Q雨乞いのやりかた

こんにちは。いつもお世話になってます。
ちょっと学校で雨にならないとイヤなことがあるので、雨乞いをしたいのですが、雨乞いのやり方を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天に祈ります。よく目立つように大きなたき火をしたり太鼓を打ち
鳴らしたりすることが多いですが、某陰陽師曰く、一番大切なのは
雨が降るまで続けること、賢いのは雨が降りそうな時にやること、
だそうです。

Q一時的に雨が降らずに困っている地域を何と呼ぶか

普段は雨が降るのに、ある一定の期間は全く雨が降らずに困っている。
こんな地域を何と呼ぶのでしょうか?
「干ばつ」かな?とも思ったのですが、
干ばつは一時的な“状態”を示すと思うので、ちょっと違うかなと。

何かいい呼び方はないでしょうか。

Aベストアンサー

「干ばつ」は一時的な現象ゆえ、一時的に雨が降らない地域は「干ばつ地域」で正解です。 恒常的に雨の少ない地域は「少雨地域」です。

Q雨乞い の対義語を教えてください。

日照り続きのときにする”雨乞い”ですが、
雨続きのときに日が出ることを祈ることをなんというのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「日照り乞い」、「雨止め」だと思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q148810314

Q雨が降っています。走っても歩いても、濡れる量は同じ?

こんばんは。

ある本で、
A点からB点に行こうとするときに雨が降っていると仮定します。
それも同じ条件で一定量の雨が降っていると仮定します。
すると、B点に行くのに、ゆっくり歩いて行くのと、駆け足で急いでいくのとでは
雨に濡れる量は同じである

と書かれていました。

私は、走れば、雨にさらされる時間が短縮できるので、少なくてすむと思うのですが、間違っているのでしょうか。

Aベストアンサー

少なくて済みます。本の方がまちがっています。

極端にゆっくり歩いて、1時間に1メートルぐらいの速度で
雨の中を進むとしたら、だだ濡れです。
速度0ならば、永久に雨の中にいるわけだから、
濡れる量は無限大です。

仮に、以下のような仮定をすれば、雨に濡れる量は同じになります
(…かもしれません。詳しい検討はしていないので)
*雨は常に垂直に降る。
*人間の前後の奥行きはゼロ。
*進むときは、体が地面と垂直を保ったまま移動する。

こうなった場合、濡れる量は、
「(体の前面の面積×進んだ距離)の空間内にある雨粒」
となって、走っても歩いても同じになります。
しかし、人間の奥行きはゼロではないので、これは成り立ちません。
ゆっくり行った場合は、頭の上が濡れることになります。

QPEAL if AA or BB

######## AAかBBがあったらprint
PEALで  AA || BB  
AA か BB って事はわかりましたが
AA と BB 両方ともあった場合は?

######## AAかBBがあったらprint
if (($in{'AA'}) || ($in{'BB'})) {
print "$in{'AA'}";
print "$in{'BB'}";
}

Aベストアンサー

英語とは思わずに、「プログラム」だと割り切ったほうが良いかも。

if( AA || BB )
のような場合、
AAが成り立てば、条件をクリアし、BBの条件は無視されます。
AAが成り立たなければ、続いて、BBを評価し、その結果で判断します。
噛み砕いていうと、「AAがダメならBBなら?」が近いと思います。

if( AA && BB )
のような場合、
AAが成り立てば、続いてBBを評価し、判断します
AAが成り立たなければ、その時点で終了し、BBの条件は無視されます。

Q61答え4 映画に行くよりむしろ家にいたいとか比べるものがあればむしろ使いますけどこの場合雨が降って

61答え4 映画に行くよりむしろ家にいたいとか比べるものがあればむしろ使いますけどこの場合雨が降っているのでむしろ家にいたいとはどーゆことですか?日本語からだめなんでしょうか?おれが

Aベストアンサー

雨降っているから、どちらかというと家にいたい。
どちらかというと=どこかに出かけるよりは

ってことで、まあ、理解してやってください。

QマグライトのLED 2AAと3AA

マグライトの型名の「2AA」や「3AA」はなんと読むのでしょうか?

単純にツーエィエィという読み方なのでしょうか。

それから2AAと3AAは、電池の持ちの違いで明るさは3Wなので、どちらも同じでしょうか?

Aベストアンサー

>単純にツーエィエィという読み方なのでしょうか。

良い様です。

>それから2AAと3AAは、電池の持ちの違いで明るさは3Wなので、どちらも同じでしょうか?

理想論的にはそうですが、実態は明るさも異なる様です。

#照射比較 MINI MAGLITE LED ( 2AA 対 3AA )
http://www.holkin.com/flashlight-test-minimagled-2aa.html

Q台風は、風に雨が加わるのか、雨に風が加わるのか

小学生5年か6年のとき
国語の授業で先生が『台風に風が加わり・・・』と言ったのに対し
私は台風の主な要素は雨より風だと思い
『台風に雨が加わり・・・』の方が正しいじゃないか!
と言ったら、屁理屈はやめなさいと注意されてしまいました。
今考えると話の内容的にはどっちでもよかったのだろうし、台風はそもそも雨と風なので両方とも正しいとは言えませんが、どっちのほうがしっくりきますか?

※どうでも良い質問なので回答したい人だけで・・・

Aベストアンサー

台風は気圧の変化や上昇気流により発生しますので、風が先かな。雨の降らない台風はあるけど、風の吹かない台風は無いですよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報