親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

木造の小屋組における垂木・束・母屋等のピッチ間隔というのは基本的に303・455があると思うのですが、最大ピッチ間隔というものは規定されているのでょうか?

A 回答 (2件)

尺モデュールのごく一般的なピッチは垂木455、母屋910、小屋束1820以内ってところです。


が、結局は部材のサイズや意匠・構造の考え方によって決定する物なので、最大ピッチに規定はありません。(公庫等の仕様規定はあります)
強いて言うなら要求性能や構造力学的に問題ない範囲が最大ピッチって事でしょうか?
    • good
    • 0

NO1さんの解答に補足させてもらいます。


屋根を張る場合垂木の上には合板を張ります(昔昔は荒板を張っていましたが)その関係でピッチは自ずと決まってきます。板と板の継ぎ目に必ず垂木がないと合板を止められないので。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q瓦棒ピッチと垂木ピッチについて

屋根の野地板を910mm×1820mmの構造用合板をそのまま使いたいので,垂木ピッチを455mmにしたいと考えています。屋根材をガルバリウム鋼板瓦棒葺にしようとすると,瓦棒ピッチが455mmの製品を扱っているのは大同鋼板しかわかりません。三晃金属とか他社は420mm前後のピッチしかないようです。(455mmのロール状鋼板から製作しているので,しょうがないのはわかっています)垂木ピッチと瓦棒ピッチを変えるのは風対策や雨対策上あまりよろしくないように思うのですが,みなさんはそんなときどうされますか?
大同鋼板以外に瓦棒455mmピッチの製品を作っているメーカーがあれば教えていただきたいと思います。
また瓦棒ピッチ455mmが規格にないメーカーは455mmを注文にすると特注になるのでしょうか?
また瓦棒420mmピッチ採用の場合は,垂木を同じピッチに合わせて,半端材を出すようにしている場合が多いのでしょうか。
だらだらと書いてしまいましたが,よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です、私の場合ですが、メーカー製の瓦棒じゃなくて、建築板金やさんで加工してもらってます。
ちなみに、素材寸法455mmで正確には412mmピッチ(加工機の設定)で加工してもらってます。
ガルバ鋼板のメーカーも色々使えますから、
板金屋さんに聴いたら加工機の設定を変えれば、455mmの物も加工OKだそうです。

当然、素材の寸法も455mm用に合わせて鋼板メーカーで製作OK(数量にもよりますが)だそうです。

Q垂木について

片流れの屋根の小屋を作っています。
棟から軒まで3m少しあるのですが、このスパンをとばせる垂木の規格はありますか(ツーバイフォーを二枚合わせにするとか、せいのかなり大きい垂木を使うとか)?あるいは、途中でどうしても母屋が必要でしょうか。
アドバイスよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

■■■■
計算のサイトの「L【スパン】」の項目がありますよね。このスパンを3000にすればいいのでは?
ツーバイフォーでも300ピッチならばいけそうです。
(このサイト、いいですね!いいもの教えてもらいました。)

ただ、軒の出は気になります。「3000飛ばし+軒の出も750」とかだと、
軒桁での荷重、垂木の曲げ応力、風による変形、屋根全体の振動、すこし不安です。
軒の出は小さめor無い。が良さそうです。



■■■■
(あと、消防法なんか関係ないぜ!と思いますので、)参考までに言いますと、、、

垂木の野地板だけでなく、室内側からも垂木に構造用合板を貼ると、めちゃくちゃ強くなります。
石膏ボードでは構造に関与しませんが、合板だとかなり関与します。

この板には引張応力が働くので、サブロクの長手を流れる方向にして、且つ、連結します。
3メートルなら連結箇所は一箇所でOK。垂木の間に下地材をいれて、うまいこと連結して下さい。
雨から遠い室内側なので、ボンドも効きます。なお、電設と断熱材をした後でやりましょう。



■■■■
結論としては(責任は持ちませんが)
【2*4の455ピッチ、上下9-12mmの構造用合板をガッチガチで貼れば、母屋なしでイケる】と判断します。



■■■■
あと、母屋はダサいと感じられるのも無理ないですが、トラス母屋はモダンでかっこいいですよ。
日本では少ないですが、海外の工場リノベ物件では人気があります。
http://www.gooood.hk/artist-studio-the-one-house.htm

■■■■
計算のサイトの「L【スパン】」の項目がありますよね。このスパンを3000にすればいいのでは?
ツーバイフォーでも300ピッチならばいけそうです。
(このサイト、いいですね!いいもの教えてもらいました。)

ただ、軒の出は気になります。「3000飛ばし+軒の出も750」とかだと、
軒桁での荷重、垂木の曲げ応力、風による変形、屋根全体の振動、すこし不安です。
軒の出は小さめor無い。が良さそうです。



■■■■
(あと、消防法なんか関係ないぜ!と思いますので、)参考までに言いますと、、、

垂木の野地...続きを読む

Q木造住宅の間柱ピッチって??

木造住宅の壁
石膏ボードの下地になる間柱って
どんな寸法の形状ですか??
取り付けピッチって何ミリ??

Aベストアンサー

在来軸組工法の場合、間柱間隔は、455mmが標準です。
間柱材寸法は、30mm*105mmが普通です。
予算によって材厚さが27mm~36mmを用いる場合もあります。
以上

Q間柱のサイズの規定についてご存知ないでしょうか。

構造用合板の継ぎ手部分ではなく、 構造用合板の中央縦(中心線)の固定に位置する間柱になります。壁の倍率を見込む条件として間柱のサイズの規定はあるのでしょうか。

(通常柱が105ミリ×105ミリならば間柱は105ミリ×30ミリ、又は105ミリ×27ミリを使用されているのはよく目にします。その他105mmや90mmより細い材料を使用されているのを調べました限りでは、現実の強度は別として、特に規定が無くどんなサイズでも良いようですが、間違いないでしょうか)

最小でも45mmx40mmを平で使用を推奨されている記載や、45mmx30mm使用も割りにあるようですが、こういった条件でも壁倍率を見込むことができるということで間違いないでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直しを命じます。

>ちなみに柱と柱の中央455mm位置の既存間柱はありません。
新たに間柱取付する必要があります。
間柱の主要な役割は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持が主要な役割です。
建物の沿直荷重等の負担は無いですからね。
要は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持に必要な断面寸法で有れば良いだけですから。
構造用ボード継ぎ目に用いる間柱寸法の推奨値としては、36×105ですね。
その他の間柱にあっては、27×105、30×105が推奨断面です。

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直し...続きを読む

Q1寸・1尺・1間って何センチ?

日本の長さの単位って、センチメートルに直すとどのくらいなんでしょう?
いつも、ハテナ?と迷ってしまいます。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

普通は一寸3センチ、一尺30センチ、一間180センチで大体いいと思います

参考URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/yokai/kansan.htm

Qべた基礎の人通口の配置について

 設計の初心者です。木造2階在来工法の基礎伏図を描いているのですが、人通口の位置をどこにすればよいか悩んでいます。
 ドアなどの開口部の直下に設けたほうが良いのか、それとも他の場所がよいのか…。
 先生方どうぞよろしくご教授ください。

Aベストアンサー

river1さんの説明に「補足」をすれば、
基礎のスパンの外側から1/4の位置に「貫通口」を
設けてください。

間違っても「スパンのど真ん中の位置」は避けてください。

ご存んじの通りで“基礎の立ち上がり部分”は
言わば「梁成」なので、モーメントが反転する部分に
穴を開けるのが「一番安全」なのです。

この時、開口部補強の為の「配筋」については
多目なぐらいで「配筋」してください。

Q垂木の上に渡す木は?

おはようございます。よろしくお願いします。
小屋を作ろうと情報収集してて、屋根の材料名が分からないのがあります。波トタンを垂木の上に直接張る時に、垂木の上に横に渡してる木の名前を教えて下さい、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.7です。
詳しい説明をありがとうございました。
では、私からは別の視点からの回答をします。

金属やポリカ材の屋根を葺くときは「横桟(よこざん)」と言い、
瓦屋根を葺くときは「瓦桟(かわらざん)」と言い、
大工さんは「横垂木(よこだるき)」と言う人が多いように思います。
なぜ、職業で呼び方を変えているかというと、
屋根屋さんは、屋根材をとめるための「桟」として捉え、
大工さんは、通常は野地板を貼るために縦使いする「垂木」を、
材の向きを考えて横使いするという発想です。

一方、材の大きさで呼び名を区別する発想もあります。
一般に桟より垂木の方が材が大きめで、45~60mm×30~120mmとか。
桟なら用途によって、15~18mm×15~30mmくらいとか。

呼称に囚われずに、適材を適所に使って下さい。

Q木造住宅の部材断面寸法について

私は建築士です。木造建築は経験がなく最近勉強をはじめました。
3階建ての木造は構造計算によって部材の断面を求めるようですが、2階建て以下では壁量計算とねじれおよびN値計算による金物を守ること、また柱の最小径を令43条の規定以上とすれば、梁の断面寸法は自由に決めてよいのでしょうか?4号特例の建物なので、チェックする術はないとおもいますが、それは、昔からの大工さんの経験を当てにするということなのでしょうか?経験的にスパンの12分の1程度といっても公にきまっていることではないですよね。どなたか木造に詳しいかた教えていただきたいのですが。
また、金物については本当にN値計算で求めてすべてそのとおり現場で大工さんが施工しているのでしょうか。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
本来ならば、木造二階建も構造計算をして主要構造体の部材断面を算定するのが本筋です。
でも、木造二階建なら構造計算は複雑で面倒くさいので、概算で設計荷重を求めて梁のスパンで梁の断面を求める梁断面算定表があります。
木材技術センターからそれに関する参考図書が販売されています。
また、住宅性能表示の構造規定の安全な梁断面の算定でも上記本は活用できます。
木材技術センターで検索すれば参考図書の情報が得られるでしょう。

昔から大工さんに言い伝えられている方法は、構造計算しても概ね安全と出ますが、極端に集中荷重がかかったりする場合、安全にならない場合があります。
まあ、この場合、手計算でその梁の断面算定をして断面を決定するしかありません。
上記参考図書の梁断面算定表も荷重状態によっては、手計算でその梁の断面算定をして断面を決定するしかありません。

参考に昔から大工さんに言い伝えられている梁断面(梁背)の決め方。
小屋梁・一間四寸(梁スパン1.8mで12cm)
床持ち一寸増し(小屋梁で求めた梁背に+3cm)
柱受け一寸増し(柱一本ある毎に梁背に+3cm)
大梁受け一寸増し(大梁一本受ける毎に梁背に+3cm)
小梁2丁一寸増し(小梁一本受ける毎に梁背に+3cm)
土蔵桁一寸増し(桁梁は、梁背に+3cm)
梁算定例
小屋梁 スパン2間(3.64m)なら8寸梁(24cm)
小屋梁 スパン1.5間(2.73m)なら6寸梁(18cm)
二階床梁 スパン2間(3.64m)なら9寸梁(27cm)
小屋梁 スパン1.5間(2.73m)なら7寸梁(21cm)
二階床梁 スパン2間で柱一本受けるなら1尺梁(30cm)
となり、構造計算および梁断面算定表でみても安全側になりますね。
ためしに手元にある梁伏図でやってみて下さい。

>金物については本当にN値計算で求めてすべてそのとおり現場で大工さんが施工しているのでしょうか?。
良心的な施工屋さんなら施工しますが、信頼のおけない業者の場合は注意が必要です。
確りと工事監理をして施工させるようにしましょう。

ご参考まで

北国の設計屋さんです。
本来ならば、木造二階建も構造計算をして主要構造体の部材断面を算定するのが本筋です。
でも、木造二階建なら構造計算は複雑で面倒くさいので、概算で設計荷重を求めて梁のスパンで梁の断面を求める梁断面算定表があります。
木材技術センターからそれに関する参考図書が販売されています。
また、住宅性能表示の構造規定の安全な梁断面の算定でも上記本は活用できます。
木材技術センターで検索すれば参考図書の情報が得られるでしょう。

昔から大工さんに言い伝えられている方...続きを読む

Q土台の継手位置

木造住宅の土台の継ぎ手位置で柱の下で継ぐのはいいのでしょうか??
どこで継ぐのが一番いいんでしょうか?あとここはダメってとこも教えてほしいです。

Aベストアンサー

継ぎ手は構造耐力上問題の少ないところに設けます。
継ぎ手というのは弱い部分ですから柱の下なんてもってのほかです。
大抵下に欠損しない基礎があり、柱から300程に設定し
継ぎ手そばの上側の土台(雄木オギといいます)にアンカーボルトが必要です。
土台継ぎ手は材料の定尺長さと組む順番を考慮して継ぎ手位置を決定しますが部屋がモジュールに合わず間くずれを起こすときなどは慎重に決めないといけません。

Q火打ち土台・梁について

木造軸組・2階建を建築中ですが、火打ち土台・梁について教えて下さい。
1.火打ち土台は、すべての隅角部に入れなくても良い  のでしょうか。
  すべてでなくとも、より多くあった方がよのでしょ  うか。
  現在は6箇所しか入っていません。
2.火打ち土台は、ボルト等で固定しなくてよいのでし  ょうか。
  現在は、上に抜くと簡単に取れてしまいます。
3.火打ち土台は、土台材の上の高さと同じ・中央・下  の方のどの位置に施工するのでしょうか。
  現在は上と中央2種類の高さで施工されています。
4.火打ち梁は、土台以上に重要と聞いたのですが、そ  うすると、隅角部にあればあるほどよいでしょう   か。

Aベストアンサー

1.建築基準法の第46条に【床組及び小屋ばり組の隅角には火打材を使用し、・・・】と定められていますが、数量の規定はありませんので全ての隅角部に入れる必要はありません。

2.ボルトで固定ではなく、75mm(やったかな?)の釘を2本斜め打ちだったと思います。

3.一般的には土台天端に合わせますが、和室などの場合はフロア材と畳の厚さの差だけ下に下げないと、根太が入りません。中央部分に取り付いているところは畳敷きの部屋ではありませんか?

4.おっしゃる通り、火打ち梁は重要です。火打ち土台は基礎から出たアンカーボルトと土台が緊結している為、個人的にはそれほど入れなくても良いのではと思いますが、火打ち梁はそういう訳にはいきません。
少し専門的になりますが、基本は耐力壁で囲まれた部分には必ず入れ、それだけではなく梁の配置を考えながらバランスよく入れます。文章ではわかりにくいかと思いますが、おおざっぱに言えば8帖の大きさの4角に入れる程度であれば問題ないでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング