ダイエーが有利子負債2兆3千万あるということは
連日報道されていますが、さて、負債という言葉は
わかりますが、有利子とはなんですか。
利子がある借金ということでいいですか。
逆に会社に資金を銀行が貸す際に
無利子負債というものもあるのでしょうか。
日産なども有利子負債をカルロスゴーンが
すべて帳消しにしたらしいのですが、
V字改革をしてもまだ無利子負債が日産なんかも
多大に残されているということもありうるのですか。

A 回答 (3件)

有利子負債とは、007さんがおっしゃっているとおり、利子の付く借金のことです。


銀行からの借入金や企業が投資家から資金を調達する社債等がそうです。
無利子負債(とはあまり使いませんが)は、
仕入先から物を買って、支払っていない金額(買掛金)や支払手形などを言います。
日産は有利子負債ゼロでは無いですよ。
つい最近800億円の社債発行を発表しましたし。
もちろん、買掛金や支払手形もたくさんあります。

この回答への補足

早速の回答、ありがとうございました。
社債が有利子負債とはしりませんでした。
とすると、社債を買った投資家の方は、
その利潤は社債の利子、つまり配当で
得られるということでいいですか。

補足日時:2002/01/20 12:04
    • good
    • 0

>有利子とはなんですか。

利子がある借金ということでいいですか

http://www2.g-com.ne.jp/~mujinzou/yougo/gyouseki …

有利子負債の説明が載っています。その近辺にある有利子負債比率などの箇所もご覧になられると理解が深まると思います。

>逆に会社に資金を銀行が貸す際に無利子負債というものもあるのでしょうか。

ありますよ。初めから無利子負債というものはありませんが、債権放棄をする時に利息部分だけを放棄して元金だけを返してくださいということになれば、それは無利子負債ということになります。
その他、大家が家主から預かる敷金も大家にとっては無利子負債ということになります。

>日産なども有利子負債をカルロスゴーンが すべて帳消しにしたらしいのですが、

http://profile.yahoo.co.jp/ranking/loan2/1.html
まだ、ダイエーよりも有利子負債が多いみたいですね。
勿論これから有利子負債ゼロを目指すことが目標のようです。

有利子負債が多いからその企業は全て駄目ということではありません。前述のサイトにはダイエーよりもその数値が大きく ても信用不安を起こしていない企業も多くあります。

有利子負債と営業利益のバランスが問題となります。
営業利益>有利子負債
であればほぼ無借金状況と言えるでしょう
営業利益>有利子負債×10%
であっても、現状の金利(長プラ2%)を充分に賄えます。
営業利益<有利子負債×2%
この場合が問題で、借入金の返済が進む筈がありません。年を経ることに内部留保を食い尽くして行き、その先は‥。

疑問が解決なさっているようでしたが、補足を加えさせていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考サイト見ました。
日産でもまだ2兆くらい有利子負債あるのですね・・・
見ると、東電とかインフラ系がすごく有利子負債あるんですね。
まあ、電力会社はエンロンみたいに倒産することは
ありえないでしょうからね。
参考になりました。

お礼日時:2002/02/03 16:16

> その利潤は社債の利子、つまり配当で


> 得られるということでいいですか。

だいたい合っていますが、
利子と配当はちょっと違います。
利子は借金に対する見返りで、金額と期間から計算するもの。
配当は、企業の場合株主から投資された資金を運用して利益を出したその
見返りで、利益が出なければ配当もありません。

社債とは、企業が長期にわたって資金が必要な時等に市場から資金を調達する手段です。利子はあらかじめ決められています。そして社債の期日が来たら返済しなければなりません。

配当が得られるのは株式で、こちらは企業の資本金として組み入れられるもので
返済しません。企業が資本金を運用し、利益を上げてその配当をします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
疑問が解決しました。

それにしても今日の記事ですが
ダイエーの株が大幅に売られていて
とってもかわいそうですね。
むりもないですか。
もうすぐ、その株の額面が半分になってしまう。
・・・つまり、今買うと、株の価値が半分になってしまうということですよね。

お礼日時:2002/01/22 00:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資産の中で固定資産の割合が大きいのはどう解釈すればよいのでしょうか・・・

よろしくお願いします。

会計初心者です。
ある会社の財務諸表を見ていたのですが
資産の中で、固定資産の割合が資産全体のうち70%くらいあります。

これは、会社の財務状況は良好、とみていいのでしょうか・・・?

負債においても、固定負債の割合が負債+純資産の中で
50%ほど占めているのですが、これはどのように解釈
していいのでしょうか・・・。

流動比率などで、流動資産/流動負債などは大事だと勉強しましたが
固定負債・流動負債や流動資産・固定資産の割合などは
気にしなくていいのでしょうか・・・?
財務状況を改善するなら、流動負債を大きくする、や
流動資産を大きくする、などということは必要に
なるのでしょうか・・・?

財務分析や財務状態をよくするために
どのようなことをするべきか、参考になるページや
本などもありましたら教えてください。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

安定性についてということでしょうか。

ご承知のように、資産=負債+純資産ですね。
資産の70%が固定資産、負債+純資産の50%が固定負債なら、
流動資産が30%、流動負債+純資産が50%ですね。

基本的に、流動資産>流動負債が望ましいですよね。
短期に返済しなければならない流動負債(買掛金など)は、
短期に回収できる流動資産(売掛金など)で手当てするためです。

逆に、固定資産は資金が固定化されるのですから、
その調達は純資産+固定負債で手当てされるのが望ましい。
それで足りずに流動負債にまで食い込んでいると苦しいですよね。

純資産の割合が分からないので、上記の関係がハッキリしませんが、
仮に純資産が30%なら、
流動資産30%、流動負債20%、
固定資産70%、純資産+固定負債80%で安定性は良です。
純資産が15%だと危ないということですね。

ただ、これはごく単純な分析(とも言えないレベル)です。
実際は事業内容、設備投資、売掛金回収期間、棚卸資産回転率、
取引先なども含めてもっと細かい内容で数年間の傾向を調べます。

まずは基本事項をネットや書籍で覚えて(どれも大差ありません)、
あとは自分で研究してみることです。
みんな試行錯誤しながらやってるんですよ。

安定性についてということでしょうか。

ご承知のように、資産=負債+純資産ですね。
資産の70%が固定資産、負債+純資産の50%が固定負債なら、
流動資産が30%、流動負債+純資産が50%ですね。

基本的に、流動資産>流動負債が望ましいですよね。
短期に返済しなければならない流動負債(買掛金など)は、
短期に回収できる流動資産(売掛金など)で手当てするためです。

逆に、固定資産は資金が固定化されるのですから、
その調達は純資産+固定負債で手当てされるのが望ましい。
それ...続きを読む

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q‘有利子負債’って、B/S(貸借表)の勘定科目にないの?

最近‘有利子負債’という言葉をよく聞きます。
でも、どの会社のB/Sをみても、‘有利子負債’という勘定科目が
ありません。貸借対照表の左にある、負債欄の全部(合計)をまとめて、
‘有利子負債’というのでしょうか? それとも、負債欄に表記される、
特定の勘定科目を合計したものを、‘有利子負債’と定義付けするのでしょうか? なお、ネットで調べても、借入金、社債など・・・という説明に
とどまっており、理解できません。そこで、個別に会社四季報を
みるといった結末に到達するのです。 どなたか、‘有利子負債’と言う言葉が、B/Sのどの科目を合計したものかを教えてくれませんか? ちなみ、簿記の知識は3級です。。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

有利子負債というのは読んで字のごとく「利息を払わなくてはならない借金」のことです。

負債の中には利息が必要ない「買掛金、支払手形、退職金積み立て金・・・等」いろいろあります。これら以外の(利子の支払いが必要な)短期借入金、長期借入金などが有利子負債の主なものです。


人気Q&Aランキング