圧電素子の構造について教えてください.
屈曲変位を起こすという点で同じであるモノモルフとユニモルフの構造の違いを教えてください.名称がなぜ異なるかという点についてもお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私の手元にある本(Ferroelectric Devices:Kenji UCHINO)では、



Monomorph> Single actuator ceramic plate
Unimorph> Single actuator plate and elastic shim
Bimorph> Double actuator plates bonded together with or without an elastic shim
Multimorph> Multiple actuator plates bonded together with or without multiple elastic shims

と書いてあります。金属薄板に張り付けてあるのがUnimorphで圧電セラミック単体でのものがMonomorphということでいいのではないでしょうか。ただ、これだと、どういう分極処理をしてMonomorphを駆動するのかが理解に苦しみますが。圧電素子を2枚、金属板無しで接着した場合にはBimorphと呼ぶそうです。Multimorphというものもあったので、併記しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書籍から抜粋していただいた内容で理解することができました.
また,参考文献を紹介していただき有り難うございました.

お礼日時:2001/02/15 14:20

 私の記憶では、モノモルフもユニモルフもどちらも、弾性板の片側に圧電素子を貼り付けたものだったと思うのですが、違うものだとする資料があるということでしょうか?


 monoもuniもどちらも一とか単とかいう意味ですよね? これに対して、弾性板の両側に圧電素子を貼り付けたバイモルフというものもありますが、これは疑問なしということですね?

この回答への補足

回答を頂き有り難うございます.
バイモルフについての疑問はありません.
屈曲変位を起こす構造の分類のなかで,バイモルフ以外に圧電素子を1つ用いるモノモルフとユニモルフそれぞれを両方とも記述している文献が多数あるのですが,詳しい構造の違いまでは残念ながら記述していません.
分けて記述しているからには,何か構造上の違いがあると考えているのですが.

補足日時:2000/12/20 01:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂き有り難うございました.
バイモルフについては疑問なしです.
補足質問をさせて頂きましたので,お分かりになることがありましたら宜しくお願いします.

お礼日時:2000/12/20 01:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電動機の定格電流?

電動機の定格電流は周波数を下げると定格電流はあがるのですが、なぜでしょうか? 電動機の銘板を見ると全て同じようになっているのですが。

Aベストアンサー

誘導電動機の場合、
電圧を同じにして、周波数を下げると励磁電流(無効電流)が増えます。
(励磁インピーダンスが周波数低下によって下がるため))
このため、定格電流が大きくなります。

Q圧電素子の駆動方法が分からなくて困っています

圧電素子にファンクションジェネレータで正弦波の電圧を印加して振動させようと思っているのですが,うまく振動しません.増幅回路を使って駆動させればよいとは思うものの,電子回路に関して初心者なため困っています.
増幅回路についてのアドバイスと,一般的な圧電素子の駆動方法を知っている方がいましたら一言お願いします.

ちなみに私が使っている圧電素子はRSのEB-T-320という製品です.

Aベストアンサー

cter2007さん、再び今晩は。
人が触って感知できるのはせいぜい1KHz程度までです(実験済み)。
おそらく100um以上の振幅が必要と思います(根拠なし)。

この点で、お考えの「センサ」では無理かなと思います。
・共振点でなければ大振幅が得られない。
・高電圧駆動時の絶縁の問題と振動減衰が両立しないだろう。

お使いの「センサ」に拘る限り工学的に意味の無い実験となりかねません。
私ならセンサ(振動子)選びからやり直します。
このメーカWEBは見ましたが何の情報も得られないですね。
再度書きますが、ブザーの類から選ぶことです。

なお触感が得られるのは普通可聴周波数になりますよ。

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)

Q圧電素子とは?

圧力を電圧に変換する圧電素子というものがあるそうですが、たとえば家やビルの基礎に置いておいたら建物が解体されるまでずっと発電し続けるということになるのでしょうか?

…という質問でわかる通り、私は文系でこの方面はまるでわかりません。ウィキペディアなども読んでみたのですがチンプンカンプンでした。どうぞお手柔らかに、子供に教えるように圧電素子の基本的な原理や発電の仕組みなど説明してくださるか、あるいはサイトなどご紹介いただけると幸いです。

Aベストアンサー

>圧力を電圧に変換する圧電素子というものがあるそうですが、
>たとえば家やビルの基礎に置いておいたら建物が解体されるまで
>ずっと発電し続けるということになるのでしょうか?

圧力を電圧に変換するというより、圧力によって電荷の片寄り(分極)
が起きるという方が正確でしょう。電荷を電線で外にちょびっと
取り出すと消えてしまいます。

Qピエゾ素子ってどうやって加工するのですか?

ピエゾ素子は非常に脆いということは有名ですが、では業者はどうやって整形加工するのでしょうか?
私の予想では鋳型に流し込んで作るのではないかと思うのですがどうでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ふつうは,粉を焼き固めて作ります.
粉は,ピエゾ材料の結晶の粉ということもあれば,焼くことで反応してピエゾ結晶になるようなもの (前駆体) ということもあります.
ピエゾ材料で,溶融して鋳型に流し込めるようなものは,あるのかもしれませんが,珍しいでしょう.
有機物のピエゾ材料もあり,これだと溶融とか溶媒に溶かして,というのもあるでしょうが,まだまだ性能も低くマイナーです.

Q圧電素子のインピーダンス

圧電素子を駆動させて超音波を発振しようとしています。40V程度の電圧を素子に印加しているのですが、同じ特性の別の素子で発振された音波を受波すると出力される電圧はせいぜい10mV程度です。インピーダンスのマッチングを行っていないために高い電圧を印加しても実際に素子のドライブに使われている電力が小さいのではないかと考え、素子の駆動周波数においての電圧波形と電流波形の位相のずれを調べてみたのですが、駆動周波数では位相が一致していました。この場合この周波数における等価回路を書くとしたら単純に抵抗だけと考えて差し支えないのでしょうか。また位相が一致しているということは素子に印加した分の電力はすべて素子のドライブに使われていると考えてよいでしょうか。

ご存知の方がおられましたらご回答お願い致します。

Aベストアンサー

駆動電圧と電流の位相が一致していると言うことですので、素子は単純な抵抗と扱って良いと思います。

問題は、素子の機械的な振動から音波への変換の部分かと思います。
ここでの変換効率が低いと、素子に入った電力は大半が素子の機械的損失として消費されて熱になってしまうかと。
(同様に、受信側でも、照射された音圧の割に、励起される機械振動が小さくなって出力電圧が低くなってしまうかと思います。)

Q定格電流の算出方法

会社で管理しているマシンの定格電流を調べるように言われてしまいました。
マシン筐体に張り付いているシールや、Webから探してはいるのですが
「定格電流 ○A」とズバリ書いているものがあまりありません。
他の値から算出できるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

容量 **VAという表示があれば、**の値を電圧(100or200V)で割れば、定格電流になります。

Q圧電ジャイロセンサー素子を入手したい

村田製作所 製を見つけました、
他の製造メーカーを教えて下さい。

Aベストアンサー

実験用でしょうか? 試作用でしょうか?
あまり回答になってなくて申し訳ありませんが、
模型店でラジコンヘリコプター用のピエゾジャイロが簡単に入手可能です。
検出回路,制御回路,駆動回路,駆動メカをフルセットで入手可能です。
ジャイロには詳しくはありませんが,性能はたぶんものすごく良いと思います。
ヘリはジャイロなしではとうてい飛ばせません。

QPASの定格電流はどのように決めるのでしょうか?

PASの定格電流はどのように決めるのでしょうか?

Aベストアンサー

PASの定格電流は一般的に200A、300A、400Aがありますが、次の条件を検討します。

1.負荷電流
負荷増設等を考慮して一般的に負荷電流の2倍程度を選定します。

2.定格短時間耐電流
PASの2次側において短絡事故が起きても耐えられる設備とします。
200A(8kA)、300A・400A(12.5kA) 凡例 ( )内は定格短時間耐電流
遮断器の選定と同じように受電点の三相短絡電流を電力会社に問い合わせします。

3.ロック電流値(一般的には検討されないと思いますが)
SO動作を検出する過電流要素がありますが、変圧器の励磁突入電流で検出しない電流値が望ましいです。 同一フィーダー(配電線)の同一区間(DMで区切られる区間)に於いて永久短絡事故が発生すると、まず変電所に於いてCBがトリップする。
1分(30Sの電力会社もあり)すると変電所のCBが再閉路(投入)し、各区間のDM(スイッチ)が順次投入して、PASが変圧器励磁突入電流を検出して永久短絡事故により変電所CBがトリップすると構内短絡事故と同一の電気的検出をするので誤動作となります。
戸上電機製作所の例
200A(350A±50A)、300A・400A(600A±100A) 凡例 ( )内はロック電流値
変圧器容量が大きな場合は300A、400Aが望ましいです。

以上の3点について検討して決定します。

PASの定格電流は一般的に200A、300A、400Aがありますが、次の条件を検討します。

1.負荷電流
負荷増設等を考慮して一般的に負荷電流の2倍程度を選定します。

2.定格短時間耐電流
PASの2次側において短絡事故が起きても耐えられる設備とします。
200A(8kA)、300A・400A(12.5kA) 凡例 ( )内は定格短時間耐電流
遮断器の選定と同じように受電点の三相短絡電流を電力会社に問い合わせします。

3.ロック電流値(一般的には検討されないと思いますが)
SO動作を検出する...続きを読む

Q圧電素子のついて

圧電素子について調べていたらセラミックスのものと水晶のものがあったのですが、この二つはどのような違いがあるのですか?特性の違いやどのような使い分けをしているか等をお聞かせください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

セラミックは水晶(単結晶)に比較し、種々の形状に作りやすい・安価であるとの特徴があります。また、セラミックの方が、電気エネルギーと機械エネルギーの変換効率も良いものが作れます。一方、水晶は、温度安定性が良い・周波数安定性が良い・周波数選択性が良い・高周波でも使用できる等の特徴があります。
この特徴を利用して、高精度の発振回路には水晶が使用され、大きな変換効率が必要な発音体・超音波洗浄機・ガスの着火素子・魚群探知機・超音波モータ等にはセラミックが使用されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報