映画「恋に落ちたシェイクスピア」をみて、シェイクスピアに興味をもちました。
この脚本はすべてフィクションだと思いますが、
実際のシェイクスピアはどういう人物だったのでしょうか?

1.文豪のイメージがありますが、貧乏だったのですか?
2.役者でもあったのですか?
3.演出しながら脚本を作ったのですか?
4.結婚はしたんでしょうか?
5.直筆原稿など残っていますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

実はシェイクスピアは謎の人物です。



1234は不明です。彼の私生活は不明な点が多いです。日記はおろか手紙すら残っていません。
5:残っていません。

そして、1234についてなのですが・・・実は本人が作品を書いたという証拠はありません。
シェイクスピアの話の中に必ず付きまとうのが「作品は彼が書いたものではなく」別の人が使った筆名(つまりペンネーム)であるとする説があり、実際にそれなりの真実味があります。シェイクスピアの評価は「ラテン語もギリシア語もダメ」というものだったそうで・・・

本当の作者はだれかということになると、第1として上がるのがフランシスベーコンです。この人であるという説は昔からあったようです。
2005年10月には、作品の真の作者はシェイクスピアの遠縁であるヘンリー・ネヴィルであるという説が論文にまとめられています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィリアム・シェイクスピア
    • good
    • 0

シェイクスピアの父親は革製品職人兼羊毛を扱う商人、


母親は富農の娘でした。
しかし、富と名声を求めてロンドンに出たと言うから、
実家は特別裕福ではなかったのかもしれませんね。
でも、ロンドンでは数々の作品を発表し、
新進の劇作家・詩人・俳優として成功を収めたので、儲かっていたのかも。
結婚は8歳年上の女性と、若気の至りと言うか、
できちゃった結婚しています。
夫婦仲は終生冷め切っていたようですね。
直筆原稿は残っていません。
直筆原稿とされる物もサインの筆跡が違う等の理由から
彼の作品群は彼の物ではないとの説が、西洋では根強いとか。
文芸春秋「シェイクスピアはどこにいる?」(ジョン・ミシェル著)
が参考になるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシェイクスピアについて

シェイクスピアについて

大学生です。
最近イギリス文学、特にシェイクスピアに興味があります。
シェイクスピアの作品について論評している本でおすすめのものがあれば是非教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。
前記のよくわからなかった分は、
正しくは中央公論社の「世界の文学セレクション」でした。
村上春樹さんはも少年のころは、このシリーズを読まれていたそうです。

Q茶道の読みはは「さどう」ですか、「ちゃどう」ですか?

私は、今までの人生で、「茶道」の読み方はずーっと「さどう」だと思っていたのですが、最近、NHK系の番組を見ていると、どうも「ちゃどう」と言っているのです。
NHKって基本的正しい用語を使うと思っているのですが、「茶道」は「ちゃどう」と読むのが本来なのでしょうか?
または、最近になってそういう傾向になったのでしょうか?
「さどう」でも漢字は変換されますし、どちらでもいいのでしょうか?

気になるのは、最近になって急にそれに気がついたということです。
NHKは、昔から「ちゃどう」と発音していたのでしょうか・・?
気になります。

私も気になる!という意見いただけたら嬉しいです。^^

Aベストアンサー

NHKのことばおじさんの見解によれば「流派によって読み方が違うので使い分けている」そうです。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2005/05/0527.html

Q「シェイクスピア」の「言葉遊び」

「シェイクスピア」の「言葉遊び」についての質問です。

●以前何かの本で、シェイクスピアは、生涯の作品で、(またはある作品中で)おおよそ、いくつぐらいの言葉遊びを用いていた。という記事を見ましたが忘れてしまいました。(><)

シェイクスピアって、駄洒落や言葉遊びの名手だったことは推測できますが、おおよそどのぐらい使っていたか、ご存知の方ご指導くださませ。m( _ _ )m

生涯の作品中でも、特定の作品中でもかまいません。

Aベストアンサー

【シェイクスピアの言葉遊び】
シェイクスピアの言葉の駄ジャレだけで各作品では、平均72という事です。
駄洒落、押韻、、縁語、掛詞、早口言葉まで入れると数千になるでしょう。
もっともシェイクスピアが折角、挿入しても誰も気づかない場合もあるでしょう。
下記のサイトに詳しく載っています。
http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/dajare.html

私、jakyyが気に入った言葉遊びものをあげましょう。
【駄ジャレ】
Said he young Harry Percy's spur was cold?
Of Hotspur Coldspur? that rebellion
Had met ill luck?
「The Second Part of Henry the Fourth」

【早口言葉】
But she as far surpasseth Sycorax,
As great'st does least.
「The Tempest」

【Shakespeare Quotes】
My words fly up, my thoughts remain below
Nothing can come of nothing

全く関係ありませんが、「Shakespeare Jokes」というサイトがあります。
洒落のサイトです。
"Do me, or not do me. THAT is the question."
http://www.arches.uga.edu/~erhart/Jokes/Jokes.htm

参考URL:http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/dajare.html,http://www.allshakespeare.com/quotes/

【シェイクスピアの言葉遊び】
シェイクスピアの言葉の駄ジャレだけで各作品では、平均72という事です。
駄洒落、押韻、、縁語、掛詞、早口言葉まで入れると数千になるでしょう。
もっともシェイクスピアが折角、挿入しても誰も気づかない場合もあるでしょう。
下記のサイトに詳しく載っています。
http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/dajare.html

私、jakyyが気に入った言葉遊びものをあげましょう。
【駄ジャレ】
Said he young Harry Percy's spur was cold?
Of Hotspur Coldspur? tha...続きを読む

Q「聖道」→「?道」→「神道」→「鬼道」

ウィキペディアの「神道」の由来に関する部分に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E9%81%93
ー略ー 中国では、信仰は四段階に進化すると考えられ、仏教は一番進んだ「聖道」に達していると信じられていた。一番下の段階が「鬼道」で、魏志倭人伝の中にもこの語が出てくる。次の段階が「神道」である。すなわち、「神道」という語は、鬼道よりは進んでいるが、まだまだ劣っているという蔑称であった。ー略ー

「聖道」→「?道」→「神道」→「鬼道」の4段階があったそうですが、この2番目の「?道」をご存知の方ご教授願います。

Aベストアンサー

 真道です。道教の考えです。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/00/1/0014950.html

Qシェイクスピア作品とアーサー王伝説の原題

年度末にロンドンとシェイクスピアの生家の場所へ旅行することになりました。
そこで友人達からシェイクスピアとアーサー王伝説の本を買ってきて欲しいと頼まれたのですが、無学なことに私は原題を知りません…‥
シェイクスピアの作品とアーサー王伝説の原題と作者、出版社をご存じの方いらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか?
また、イギリスで一般的に読まれているのはここの出版社のものだとか、ここで買うと良いなどの情報もありましたらお教え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

すみません、長い上につけたし。

もし純粋に「お土産物」と考える場合ならば、
装丁や挿し絵で選んでもいいと思います。

シェイクスピア作品は少し古い英語で書かれており、
私はさほど英語力が高くないのでああいう英語はよく分からないんですが、「原著」が欲しいならそっちですな。
http://homepage1.nifty.com/igirisumonya/0000.htm
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1422889294

私はどうも戯曲形式が苦手で、日本語でも読めません。
ちゃんと詳しい人からコメントがあるといいですが(^^;

なにはともあれ、良いご旅行を!

Q「世も末だ」という言い方あるいは「ジェネレーションギャップ」について

「世も末だ」と言うような言い方が時々されます。
その意味合いは、一般的には、現代的な世相を(冗談半分にしても)悲観して発する言葉です。
しかし、こういう考え方が生じたのはいつからでしょうか。
少なくとも、社会的な文脈では、原始あるいは縄文時代にあったとは思えません。何世代さかのぼっても何も変わらなかったでしょう。そういう思考でいくと、なにか明らかな社会的変化が、自分の同居世代(せいぜい3代の間)に起こった時代からだろうと思います。
そうすると、それはいつなのか。維新を発端としているのではないでしょうか?そこから、世代世代で様相が違う世の中が出現していった。そして「世も末」あるいは「明るい未来」、また「世代が違う」という意識の断絶、縦の疎通が行きにくいという悲劇?が生じた。維新前は、親のやってきた人生そのものを模倣すればそれでよかったですね?そう考えていいのではないでしょうか?
なにかおかしいところがあったら指摘してほしいです。

Aベストアンサー

 質問者さんが対象としてる「なにか明らかな社会的変化」とは政治的な変化でしょうか?

 だとすると、現代人より中世以前の人の方が、ジェネレーションギャップを感じていたはずです。
 なぜなら、中世以前だと王などの代替わりなどは、当時の人の生存権に直結していました。(善政を引いた王が死んだ後に、悪政を引いた王が就任た場合など。)

 極端な話、縄文時代でもリーダが無能だった場合、その集団は餓死の危険に晒されます。

 権力がある人間が「生類憐みの令」みたいな命令を出し、社会通念を一変させる事なども、現在ではまず不可能ですが、過去の時代には権力者の意思一つで簡単に実行できました。

 それ以外にも、天候や疫病、或いは戦乱などで当時の人たちが、ホンの数十年前の時代を懐かしむ事など、歴史上では数限りなくあります。

 それ以外にも、対外的影響でと言うのであれば、遣唐使による影響も当時の最新の知識、文化を中国から貪欲に吸収していた訳ですから、明治維新に比較できるだけの政治的影響(中国の律令制度を真似た訳ですし)はあったはずです。(明治維新が革新的に変わったともてはやされるのは、時代が近いせいで、その変化の影響をかなり正確に認識できると言うのも理由の一つだと思います。)

 まあ、外国に占領された国の悲惨な変化に比べれば、明治維新の変化は…。

 質問者さんが対象としてる「なにか明らかな社会的変化」とは政治的な変化でしょうか?

 だとすると、現代人より中世以前の人の方が、ジェネレーションギャップを感じていたはずです。
 なぜなら、中世以前だと王などの代替わりなどは、当時の人の生存権に直結していました。(善政を引いた王が死んだ後に、悪政を引いた王が就任た場合など。)

 極端な話、縄文時代でもリーダが無能だった場合、その集団は餓死の危険に晒されます。

 権力がある人間が「生類憐みの令」みたいな命令を出し、社会通念...続きを読む

Qシェイクスピアについて質問します

映画「恋に落ちたシェイクスピア」をみて、シェイクスピアに興味をもちました。
この脚本はすべてフィクションだと思いますが、
実際のシェイクスピアはどういう人物だったのでしょうか?

1.文豪のイメージがありますが、貧乏だったのですか?
2.役者でもあったのですか?
3.演出しながら脚本を作ったのですか?
4.結婚はしたんでしょうか?
5.直筆原稿など残っていますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実はシェイクスピアは謎の人物です。

1234は不明です。彼の私生活は不明な点が多いです。日記はおろか手紙すら残っていません。
5:残っていません。

そして、1234についてなのですが・・・実は本人が作品を書いたという証拠はありません。
シェイクスピアの話の中に必ず付きまとうのが「作品は彼が書いたものではなく」別の人が使った筆名(つまりペンネーム)であるとする説があり、実際にそれなりの真実味があります。シェイクスピアの評価は「ラテン語もギリシア語もダメ」というものだったそうで・・・

本当の作者はだれかということになると、第1として上がるのがフランシスベーコンです。この人であるという説は昔からあったようです。
2005年10月には、作品の真の作者はシェイクスピアの遠縁であるヘンリー・ネヴィルであるという説が論文にまとめられています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィリアム・シェイクスピア

Q「太子」「世子」「公子」の区別を教えてください

中国の歴史ドラマを見て
「太子」「世子」「公子」という単語がでてきました。

「太子」は王位を継承すると認識していますが、
ドラマではその「太子」が位を廃され、「世子」と呼ばれていました。
自分なりに調べてみても、「太子」と「世子」の違いがよく分からず…
(どっちも継承者というような意味だったような…)

また、「公子」は「太子」と「世子」意外の諸侯の子(男性)を指すのでしょうか?日本語に訳すと「王子」になるのでしょうか。

この3つの違いをご存知の方、お教え願います。

Aベストアンサー

太子・・・皇位を継ぐものと定められている皇子や王子

世子・・・天子・諸侯・大名など、貴人の跡継ぎ

公子・・・貴族の子弟

Qシェイクスピアの「今年死ねば来年はもう死なないのだ」はどの本に書いてあるのですか?

村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」という小説に、
ウィリアム・シェイクスピアが言っていたように、今年死ねば来年はもう死なないのだ。
という文があるのですが、シェイクスピアのどの著作に書いてあるのでしょうか?

Aベストアンサー

シェイクスピアの史劇『ヘンリー4世」第2部における Francis Feeble のセリフ。

By my troth, I care not; a man can die but once; we owe God a death.... He that dies this year is quit for the next.

参考URL:http://www.consolatio.com/2005/05/shakespeare_on_.html

Q「北条早雲」「聖徳太子」「任那日本府」は存在しなかった???

1)「北条早雲」と呼ばれている人物
名字は伊勢、名は長氏、あるいは盛時、通称は新九郎。
号は早雲庵宗瑞。または伊勢宗瑞。
正式な名のりは、平長氏、あるいは平盛時。
北条氏を称したのは子の氏綱の時であるので
従って、「北条早雲」は存在しなかった。


2)「聖徳太子」とは呼ばれている人物
本名は厩戸皇子。
別名、豊聡耳・上宮王とも呼ばれた。
『古事記』では上宮之厩戸豊聡耳命と表記される。
『日本書紀』では厩戸皇子のほかに豊耳聡聖徳、豊聡耳法大王、法主王と表記されている。
聖徳太子という名は生前に用いられた名称ではなく、没後100年以上を経て成立した『懐風藻』にて初めて見られるものである。
従って、「聖徳太子」は存在しなかった。


3)「任那日本府」
『肥前風土記』(713年成立)松浦郡条に「任那日本府」が見え、
『日本書紀』(720年成立)崇神天皇条~天武天皇条に「任那日本府」が多く登場し、
『新撰姓氏録』(815年成立)に「任那」と見えている。
しかし、6世紀の正式な国名は「倭」であり「日本」ではなかった。
日本という国名が正式に用いられるのは、天武天皇の時代以降。
従って、「任那日本府」は存在しなかった。


以上の理屈により、現在は「北条早雲」「聖徳太子」「任那日本府」は歴史上存在しなかったという者がいます。
「北条早雲」と呼ばれている人物は歴史上存在しなかったのだから、伊勢宗瑞、あるいは平盛時と呼ぼうということです。
(韓国では「任那」の存在すら認めていませんが・・・)

あなたは以上の理屈は正しいと思いますか?
つまり「北条早雲」「聖徳太子」「任那日本府」は歴史上存在しなかったと思いますか?

1)「北条早雲」と呼ばれている人物
名字は伊勢、名は長氏、あるいは盛時、通称は新九郎。
号は早雲庵宗瑞。または伊勢宗瑞。
正式な名のりは、平長氏、あるいは平盛時。
北条氏を称したのは子の氏綱の時であるので
従って、「北条早雲」は存在しなかった。


2)「聖徳太子」とは呼ばれている人物
本名は厩戸皇子。
別名、豊聡耳・上宮王とも呼ばれた。
『古事記』では上宮之厩戸豊聡耳命と表記される。
『日本書紀』では厩戸皇子のほかに豊耳聡聖徳、豊聡耳法大王、法主王と表記されている。
聖...続きを読む

Aベストアンサー

以前任那日本府について回答したものですが、主旨が伝わらなかったようですので補足します。

「日本という国名が正式に用いられるのは、天武天皇の時代以降。従って、任那日本府は存在しなかった。」というのは、単に言葉の遊びで言っているのではありません。

「日本(にほん、やまと)」という言葉は、天皇という唯一の主権の存在を前提とした国家」を表す言葉です。一方「倭(わ)」は単一政権の支配力が及ぶ範囲を示す言葉ではなく、「倭人の居留する区域」を意味します。ですから、狗奴国さえ支配できなかった卑弥呼にも「倭王」の称号が与えられたのです。倭人の中の有力者には違いないですからね。

「日本府(やまとのみこともち)」は「日本」という統一国家の「主権の及ぶ範囲」を意味します。しかし6世紀以前の倭は、倭王の下に有力部族が集結した共同体のようなもので、当時の「やまと」はその中心勢力ではあっても、倭人全体を示す言葉ではなかったのです。このことはヤマトタケルの「やまとは国のまほろば・・・」の国偲び歌をみても明らかです。

当時の朝鮮半島に倭人が多数居住し、また倭王に従った国や小邑があったことは十分に想定されることであり、だれも否定していません。ただ、それを統一国家という概念が形成された7世紀以降の判断基準でとらえてはいけない、ということです。

以前任那日本府について回答したものですが、主旨が伝わらなかったようですので補足します。

「日本という国名が正式に用いられるのは、天武天皇の時代以降。従って、任那日本府は存在しなかった。」というのは、単に言葉の遊びで言っているのではありません。

「日本(にほん、やまと)」という言葉は、天皇という唯一の主権の存在を前提とした国家」を表す言葉です。一方「倭(わ)」は単一政権の支配力が及ぶ範囲を示す言葉ではなく、「倭人の居留する区域」を意味します。ですから、狗奴国さえ支配でき...続きを読む


人気Q&Aランキング