過去の回答を見てもよく分からなかったので教えて頂きたいのですが
父は四人兄弟の長男で次男と暮らしていた祖父母が亡くなり数年になります。

 次男は遺産の総額がいくらあったか教えたがらず、銀行などにお願いして
調べてもらったら分かった分だけで父の取り分は600万ぐらいだそうです。
きっちりと相続などが行われたのかどうか分からず祖父母が亡くなって兄弟全員
の印鑑が無いと引き出せない口座から300万と、残りは祖父母の通帳を
預かっていた次男が自由に使える口座から出すようです。引き出したのは次男で
姉と三男はちょっとづつ次男からもらっているようで、いくら渡したか次男は
言いたがりません。過去の質問を見ていると

5000万 + (1000万×法定相続人の数)

まで相続税がかからないとあったのですが他のサイトに
「800万以下は10%」
とありましたが実際の所どうなんでしょうか?

まだ金額がはっきりとしないのですが500万の場合、600万の場合など教えてください。

A 回答 (6件)

>過去の質問を見ていると


>5000万 + (1000万×法定相続人の数)
>まで相続税がかからないとあったのですが

これはそのとおりです。この金額を「基礎控除額」といいます。

>「800万以下は10%」とありましたが

ここの「800万」というのは課税価格のことです。

被相続人の相続開始時における財産を評価して、そこから上述の基礎控除額を差し引いた金額が課税価格です。

#1のご回答にあるように個々の相続人ごとに税額を計算するのではなくて総額で計算してその後相続人ごとに税金を按分します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
つまり祖父母が残した遺産の総額が四人兄弟の場合9000万まで
相続税はかからないということですね。
「800万以下は10%」は現在持っている財産から相続する遺産
の差額のはなしなんですね。

 ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 16:47

相続税は、基礎控除が5千万円と、相続人一人当たり1千万円の控除がありますから、相続人が4名の場合は、9千万円までは相続税が課税されません。



また、課税される場合は、法定の比率で相続したものとして、全体の相続税を計算して、これを実際に相続した比率で案分して、個人ごとの相続税が決まります。
相続財産が一人当たり800万円以下の場合の、税率は10%です。

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/4152.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
分からなかった事がすっきりしました,ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/23 11:30

 No1です。

法定相続人が4人の場合は、9千万円以下の遺産総額の場合は相続税がかかりません。

 控除額を超える場合には、超えた額に対して法定相続割合で按分して、按分された額に対して相続税が課税されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 二回目の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/23 11:27

たびたびすみません。

#2のMSZ006です。
補足訂正させてください。
「800万以下は10%」
の800万は先の回答の課税遺産総額を法定相続人の数に応じた法定相続人が法定相続分を取得したものとしたときの金額です。

これ以上突っ込むと難しくなります(既に難しいかもしれませんが)のでこのあたりで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
言われている様に難しいです,サッパリ分からなくなってきました。
一番最初に書きこんでいただいた解答からすると
4人兄弟の場合遺産の総額が9000万以下なら相続税がかからない
ということですよね?(父は600万以下だから関係ないという事ですね) 

「800万以下は10%」は
5000万 + (1000万×法定相続人の数)を越えた時

(僕の父の現在の財産)-(父が相続する財産)=800万以下

の場合10%という事で良いでしょうか?(もちろん実際は遥かに小額ですが)





 

お礼日時:2002/01/21 21:06

#2回答者のMSZ006です。


先の回答に用語の間違いがありました。
「課税価格」ではなくて「課税遺産総額」でした。
「課税価格」は相続人等が取得した被相続人の財産の価額から債務控除額を差し引き生前贈与加算した後の金額(千円未満切捨て)のことです。
    • good
    • 0

 相続対象となる財産の合計額が、ご質問にある計算式の額を超える場合には、相続税の対象となります。

したがって、個々の取り分で計算をするのではなく、遺産総額がご質問の控除額を超えるかどうかによって、相続税が課税となるか非課税となるかの判断がされます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/4152.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
つまり、父が受け取る金額が計算式の額を超えたら相続税を払うという事ですね。

 ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 16:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亡くなった父の債務の相続について教えてください。

先日、父が亡くなりました。父の資産は父親名義の家と貯金があります
が債務は銀行や信販会社のローンがあります。ざっと、計算すると家の資産価格を考慮せず、貯金とローンを相殺すると、債務金額の方が多いと思います。家はローンもなく、担保にもなっていない状態です。相続人は母と私と弟です。そこで、質問ですが、なんとか、家を残す形で父の貯金とローンを相殺して残った父の債務分を減額して相続人が支払っていくという、救済措置はないものなのでしょうか?家を売却するならば、資産的にはトータルでわずかにプラスになるかならないかという程度です。家族は同居しており、収入も少なく、各々、自身の生活で精一杯でとても父の残した債務を父が支払っていた時と同様に支払っていく余裕がないのです。仮に家を売却して父の残した債務を返済できたとしても、家族の収入で他のところで家を借りるなどして、生活していく余裕がないのです。相続の方法の一つで限定承認という相続の方法があるときいたのすが、限定承認が適応される場合は家を売ったお金を債務の返済にあてなければいけないのでしょうか、父の残した負債は支払える範囲であれば、支払らっていこうかと考えています。

先日、父が亡くなりました。父の資産は父親名義の家と貯金があります
が債務は銀行や信販会社のローンがあります。ざっと、計算すると家の資産価格を考慮せず、貯金とローンを相殺すると、債務金額の方が多いと思います。家はローンもなく、担保にもなっていない状態です。相続人は母と私と弟です。そこで、質問ですが、なんとか、家を残す形で父の貯金とローンを相殺して残った父の債務分を減額して相続人が支払っていくという、救済措置はないものなのでしょうか?家を売却するならば、資産的にはトータルでわ...続きを読む

Aベストアンサー

限定承認を選択されると不動産も売却して返済に充当させなければなりませんよ。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_14.html
http://www11.ocn.ne.jp/~kawa/souzoku5.htm

私の父は恥ずかしながら不動産・動産も何もなく、とある大手消費者ローンで借金していたことを死亡後判明しました。

返済が滞っており連絡先に電話があったのですが、うちの場合、債務者死亡という保険のようなものがあり、保証人もたてていなかったので支払わなくてすみました。

信販会社で働いたことがあるのですが、こちらも死亡により取り立て無効という項目がありました。

とりあえず限定承認を申請され、期間内にまだ限定されない場合は期間に伸長も可能です。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_25.html

銀行や信販会社へ支払いは無理だということをお話しされてみるのも一つですし、連絡があるまで待ち亡くなった旨を伝えるのも一つですね。

現状で限定承認の申請されても不動産は残らないので、ご家族でよくお話しされてお決めになってくださいね。

限定承認を選択されると不動産も売却して返済に充当させなければなりませんよ。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_14.html
http://www11.ocn.ne.jp/~kawa/souzoku5.htm

私の父は恥ずかしながら不動産・動産も何もなく、とある大手消費者ローンで借金していたことを死亡後判明しました。

返済が滞っており連絡先に電話があったのですが、うちの場合、債務者死亡という保険のようなものがあり、保証人もたてていなかったので支払わなくてすみました。

信販会社で働いたことがあるの...続きを読む

Q父からの相続。一番スムーズな取り分の決め方は? アドバイスください。

年明けに父親が他界し、相続の話になっています。

ただし公的な遺言書があって、それは配偶者である母親にすべての財産を相続するとなっていますが
母も高齢で私も単身ということもあり、なんらかの取り分を考えなさいと言われました。

まず問題がありまして、私には兄がいるのですが
彼は10年以上前に絶縁宣言をしたまままったくの音信不通です。
住所は分るのですが、父の看病も葬儀にも一切来ることはありませんでした。
つまり、遺言内容を変更するために法定相続人3者で協議書を作成するのは困難だと思われます。
(同時に、現時点で相続放棄を迫るほどの気持ちもパワーも私にはありません)

私は法定相続人として、遺言がなければ1/4の取り分は主張できるのだと思うのですが、
遺言がある場合、どのように考えればいいのでしょうか?

ちなみに母はおそらく私がきちんと説明すれば、いいよと言ってくれるという関係ですので
あとは法的な問題と手続きが煩雑でないということがポイントになると思っています。

詳しい方いらっしゃいましたら、どうぞアドバイスよろしくお願いいたします。

年明けに父親が他界し、相続の話になっています。

ただし公的な遺言書があって、それは配偶者である母親にすべての財産を相続するとなっていますが
母も高齢で私も単身ということもあり、なんらかの取り分を考えなさいと言われました。

まず問題がありまして、私には兄がいるのですが
彼は10年以上前に絶縁宣言をしたまままったくの音信不通です。
住所は分るのですが、父の看病も葬儀にも一切来ることはありませんでした。
つまり、遺言内容を変更するために法定相続人3者で協議書を作成するのは困難...続きを読む

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。ご愁傷さまです。

基本は相続税の申告は10ヶ月以内です。
今年の10月頃までには申告が必要です。

あれこれ悩むよりは、遺言書のとおりに手続きを進めるのが、
先に進むと思うのですが、いかがでしょう?

それがお父様の意思でもありますし、
お母様の配偶者控除(1億6千万)が活かせる範囲の
遺産であれば、税金を払わずに相続することができます。

上記金額をはるかに超えているとなると法定相続人で
分割して相続した方が無駄に税金を払わずに済むのですが、
現状問題を抱えるばかりとなり、時間がたつほどいろいろと
支障が出てきます。

銀行などの名義(通常であればお金の出入れはできなくなる。)
固定資産税などの税金の支払い
準確定申告
登記関係

問題を先送りにするような感じもしますが、目の前の課題を
クリアすると、じっくり時間をかけて残された問題を解決
すればよいのではないかという感じがします。

お兄様の問題はどういうものか分かりませんが、家族の構成が
変わることで新たな展開もあるのではないかとも思いますし、
そうして進めている内容を手紙で知らせながら、少しずつ連絡を
とれるようにしていけばよいかと思います。

いかがでしょう?

Moryouyouと申します。ご愁傷さまです。

基本は相続税の申告は10ヶ月以内です。
今年の10月頃までには申告が必要です。

あれこれ悩むよりは、遺言書のとおりに手続きを進めるのが、
先に進むと思うのですが、いかがでしょう?

それがお父様の意思でもありますし、
お母様の配偶者控除(1億6千万)が活かせる範囲の
遺産であれば、税金を払わずに相続することができます。

上記金額をはるかに超えているとなると法定相続人で
分割して相続した方が無駄に税金を払わずに済むのですが、
現状問題...続きを読む

Q親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合

親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合どうすればいいのか?


いろいろ調べましたが、要するに「相続放棄だけすればOK!」なんでしょうか。


(1)相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6172364.htmlで、
回答番号:No.5で、「質問者さま以外に相続人がいた場合にはその人に相続権利が発生しますので、事前にでも放棄することを伝えておかないと、その人に借金の相続がまわってしまい迷惑をかけることもあります。」とありますが、相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?



(2)遺留分の放棄と相続放棄の違いの理解

教えてもらったり調べたりした中でまとめました。
■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。

■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。
        Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」
        と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。


遺留分の放棄というのはAが生きてる時に、A以外の人(相続人?であってる??)が、「俺はめんどくさいことには関わりたくないし、正も負の財産も全ていらん!!!」っていう時に家庭裁判所に申し立てればできるってことで、理解はあってますか?

これは何人か相続人が存在する場合のみに「遺留分の放棄」をしておくと上の例では、Dは受け取らない意思があるので、拒否できるってことなんでしょうか?

どういう時に「遺留分の放棄」をしておく必要があるんでしょうか?


(3)そもそも、相続人とはどういう基準で決まるんでしょうか?

 現在、親(母・父・子)の3人暮らしです。
 母方 → 叔母のみ
 父方 → 叔父・叔母とも他界
 こういう状態ですが、子である自分は父・母が亡くなった時に相続人が自分になるってことで理解はOKですか?


(4)父や母の負の支払いなどは子が面倒みないといけないのか?
 現在、父は破産宣告をして「弁護士費用・県民税や市民税などの住民税の延滞・他の人の借金」
 母は友人から借りた借金などがある(実際にあるのかどうかは何も話さないので不透明な部分がある)
 仮に、母も父も亡くなってしまう或いは亡くなる前でも、このような自分に一切関係の無い負の支払い の面倒をみないといけないのでしょうか?
 亡くなった時や、亡くなる前に面倒を見なくてもいいようにする方法はありますか?


■■■要するに自分が望んでいること■■■
1.誰が亡くなった時でも、その人に正や負の財産があろうとも「自分は一切受け取りたくない」
2.(4)にでもあるように父・母にはお金に纏わる事柄がたくさんあり、自分に一切何も降りかからないよ  うにしておきたい。
3.「遺留分の放棄」というのがあることを知ってから、「とにかく親であろうと自分と関係ない正や負  の財産」のことで、「遺留分の放棄」をすることで自分を守ることが出来るのであれば、即にでもし  ようと思ってますが、「遺留分の放棄」はどういう時にすればいいのでしょうか?
4.難しいことを考えなくても、亡くなった時を知ってから相続放棄をすればOK!なだけなんでしょう   か?
  この相続放棄は、亡くなった人が「自分(質問者)に○○を上げます」などの遺言があった場合のみ  すればいいんでしょうか?
  それでも、遺言などが無くても、現在3人暮らしなので、父・母が亡くなった時に相続放棄すればい  いだけなんでしょうか?



いろいろと家庭の事情から焦っている現状です。
あまり法律に関しては理解力も浅い方なので、出来るだけ簡単にご回答いただければ幸いです。

長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合どうすればいいのか?


いろいろ調べましたが、要するに「相続放棄だけすればOK!」なんでしょうか。


(1)相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6172364.htmlで、
回答番号:No.5で、「質問者さま以外に相続人がいた場合にはその人に相続権利が発生しますので、事前にでも放棄することを伝えておかないと、その人に借金の相続がまわってしまい迷惑をかけることもあります。」とあり...続きを読む

Aベストアンサー

 先に結論だけ。ご両親のどちらか一方が亡くなったら相続放棄。他方も亡くなったらまた相続放棄。これでご両親の財産(正も負も)を一切相続しないことになります。ただ、仏壇や墓などの祭祀財産は、相続放棄の有無に関わらず、祖先の祭祀を主催すべき者が承継します(通常、ご両親の祭祀を主催するのは、いずれは子さんである質問主さんになるでしょう)。

 以下だらだらと遺留分などについて説明。

 遺留分は、被相続人の遺言によっても処分できない相続人の相続持分です。実際には、遺留分を侵害されるような形で贈与や遺言がなされた場合に、遺留分減殺請求権の行使という形で遺留分を相続することになると思います。
 遺留分の放棄は、遺留分減殺請求の対象となる贈与や相続分の指定等があっても、遺留分減殺請求権が行使できなくなる、というだけです。相続自体は通常通り生じます。したがって、遺留分を放棄していても、相続人となり、遺言などで相続分の指定がなければ法定相続による相続が発生します。
 遺留分の放棄は、相続開始(被相続人の死亡)の前であれば、家庭裁判所の許可を受けることにより、放棄ができます(民法1043条1項)。相続開始後であれば、遺留分減殺請求権を行使しないのであれば、遺留分放棄となんら変わりません。

 相続放棄は、自分のために相続の開始があったことを知った日(自分が相続人であると知った日。同居の親であれば、亡くなった日でしょう)から原則3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をします(民法915条1項、938条)。遺言が無くても、ご両親のどちらかが亡くなった場合には質問主さんは相続人になると思うので、相続したくないのであれば、相続放棄をする必要があります。

 先に結論だけ。ご両親のどちらか一方が亡くなったら相続放棄。他方も亡くなったらまた相続放棄。これでご両親の財産(正も負も)を一切相続しないことになります。ただ、仏壇や墓などの祭祀財産は、相続放棄の有無に関わらず、祖先の祭祀を主催すべき者が承継します(通常、ご両親の祭祀を主催するのは、いずれは子さんである質問主さんになるでしょう)。

 以下だらだらと遺留分などについて説明。

 遺留分は、被相続人の遺言によっても処分できない相続人の相続持分です。実際には、遺留分を侵害されるよ...続きを読む

Q自宅として使用している場合は優先的な権利がありますか?先月に父が亡くな

自宅として使用している場合は優先的な権利がありますか?先月に父が亡くなり、相続についてこどもである私たち兄弟全員で全て母が相続するという意見で一致しました。税金についても全額母が相続したとしてもかからない程度で、その点に関しても問題ありません。しかし、この先いつか母が亡くなった時、母の遺言などはなかった場合、自宅については同居しているこどもが持つ権利とその他のこどもが持つ権利については違ってくるのでしょうか。
実家は私の兄と母の二人暮らしです。わたしも含め、その他の兄弟は結婚して別の場所に住んでいます。長年の居住によって発生する権利もあるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

共有物につては、当事者間で合意ができなければ裁判所に「共有物分割」を申し立てます。
この場合、物理的に分割できれば、分筆してそれぞれの権利になりますが、マンションとか分筆できない土地であれば競売にかけて代金をそれぞれに配当します。

共有物分割までは、占有している立場上占有者(質問の場合兄)が有利ですが裁判になれば皆等しく権利者です。

Q祖母の遺産相続について教えてください祖母には息子が2人いました長男が私の父(子供四人)次男が

祖母の遺産相続について教えてください

祖母には息子が2人いました
長男が私の父(子供四人)
次男が私のおじ(子供三人)

①次男は平成12年死去
②祖母は平成18年死去
③長男は平成22年死去

長男次男の配偶者は健在

孫の私たちや配偶者に相続権はどの程度ありますか?
配偶者がそれぞれ2分の1で
その子供達が残りの2分の1を分ける分与であってますか?

Aベストアンサー

Moryouyouです。

>私たちも父の分を相続する場合
>協議書にサインが必要となるん
>でしょうか?
前回のここ
『長男の配偶者は1/2×1/2=1/4
長男の子は4人なので1/2×1/2×1/4
=1/16(ひとりあたり)』
も意識した相続の協議が必要ですね。

しかし相続の段階をふんでいないので
あれば、
>代襲相続の叔父側子供三人と
>私の母と私たち子供四人の協議
が必要となります。

あくまで法定相続の割合がこれまでの回答
であるわけで、協議の結果で、お母様が
全部相続でもよいし、将来を考えて、
孫7人で分割でもかまわないです。
文字通り法定相続人全員で協議するわけです。
場合によっては次男の配偶者(叔母)への
遺贈も考慮してよいと思います。

いかがでしょう?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報