お酒好きのおしりトラブル対策とは

自宅の隣敷地に、建売住宅が建つようで、業者が隣敷地の測量に来たのですが、自宅の土留めが、隣敷地に入り込んでいるらしく、撤去費用(約10万円)を請求されており困っています。

自宅の隣敷地は、元々は「田んぼ」で、1メートル程地面が下がっておりました。現在、隣敷地は「畑」で、50センチ程地面が下がっています。自宅と隣敷地の境界に「土留め」があるのですが、月日(約30年)が経つうちに隣敷地側へ倒れこんでいってしまったようです。
自宅は建売で「土留め」は、購入したときからありました。

こちらの言い分としては、整地する際に、「土留め」をそのまま一緒に埋めては、いけないのか?と思うのですが、業者側の言い分としては、「土留め」をそのまま埋めるのは、法律上?問題があるとのことで、撤去をしたいようです。(3月中に整地をしたいらしいが工事はまだ行っていません)

撤去費用は、払うべきでしょうか?
この敷地に面している家が、全部で三軒あるのですが、三軒とも納得がいかないということで、このままほっておこうかということになっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、境界の決定方法は妥当なモノなのでしょうね。

境界について確たる証拠があるならそれでよいのですが、何もないなら、多少の誤差は認められるはずです。また、建て売り住宅購入時に境界の立ち会いを行い、その上で擁壁等構造物を設置しているので、今更構造物がはみ出しているのもどうかと思います。住宅1件分ぐらいの重量で構造物が倒れるというのも少しおかしいと思いますので、まずは境界について本当に業者が言うように構造物がはみ出しているのかどうか、検証なさっては如何でしょうか。
 構造物を埋め殺しにしたところで、法律的に問題はないでしょう。実質的に占有しているわけではないですしね。撤去費用を払う必要はないのでは、と思います。約30年も平穏無事に占有していたのですから、時効取得の援用を申し立てるという方法もあります。
 土地の境界については、地元の土地家屋調査士などに依頼されることがよいと思いますが、測量費用などは結構高くつくことを覚悟しておいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
業者には、まずは埋め殺しの方向で話してみます。

お礼日時:2006/03/23 22:28

業者の出方を待たずに、最初から時効取得を主張してしまってはいかがでしょうか?



急いで現状の土留めの写真を取り、自治体の無料弁護士相談などで相談することをオススメします。
    • good
    • 0

いざとなれば「取得時効」を主張されてはいかがでしょうか?



この「取得時効」とは、簡単に言うと、次の通りです。

(1)越境していることを知らなかった場合は10年
(2)越境していることを知ってたとしても20年
経過すると、越境した部分が自分の土地になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
業者の出方によって、いざとなれば、「取得時効」を主張してみます。

自分で調べるべきだとは思いますが、「取得時効」には、
何か手続きが必要になるのですよね?

お礼日時:2006/03/23 22:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土留めと境界線について

現在土留め工事を行っているのですが
土留めの基礎(?)が境界線を15センチほど超えて
隣地を削ってまでやるものなのでしょうか?
お隣さんからは
「けずるなんて話も聞いてないし、
家が倒れたらどうしてくれるのよ。」
とえらい剣幕でおこられました。

一般的には説明をして境界線をこえないのが普通なのでは?
またこのようなトラブルになった場合、
どのような対処がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

参考になるかどうか分かりませんが、丘陵の上に建物があって、道路から建物の間の坂が畑になっていて、建物に入るには、畑の間の通路を通って行かなければなりませんでした。

この畑は、建物所有者とは異なる人物の所有になっており、これを買いたいという相談を受けたものでした。

この畑は、隣家の人も欲しがっていたので、分筆して売ってもらう事にしました。

建物の所有者は、買った畑を潰し、整地して駐車場にすうるということになりました。

道路(公道)から直接駐車場に乗り入れる様にするには、傾斜がきついので、土を少し削ることになりました。

この時問題になったのが、隣家の土留めの問題です。
単純に削れば、土が流れてきます。
でも、こっちの事情で土を掘るのだから、土留めの費用はある程度こちら側でみないといけないのではないか?と言った途端、建物の所有者が烈火のごとく怒りだしたということがありました。

相手の土の流れを留めるのに、何故こちらが費用を出さなければならないのか?と。

一時はお互い折半で費用を出し合いL字型の擁壁を設置することになったのですが、建物の所有者が擁壁の外面を境界にすると言い出し(厚さ5cm分でも土地の有効利用面積が減少するのが嫌だということでした)、結局は全て隣家の人が全額出費して擁壁を設置しました。建物の所有者のあまりの身勝手さに、私も手を引いたのは言うまでもありません。

参考になるかどうか分かりませんが、丘陵の上に建物があって、道路から建物の間の坂が畑になっていて、建物に入るには、畑の間の通路を通って行かなければなりませんでした。

この畑は、建物所有者とは異なる人物の所有になっており、これを買いたいという相談を受けたものでした。

この畑は、隣家の人も欲しがっていたので、分筆して売ってもらう事にしました。

建物の所有者は、買った畑を潰し、整地して駐車場にすうるということになりました。

道路(公道)から直接駐車場に乗り入れる様にするに...続きを読む

Q塀の基礎部分でも越境してはならない?

再度の細かい質問です。

塀を隣との境界線からスグに建てると(狭小住宅です)、地中の基礎のL字部分の下の部分が5cm程越境する(工事仕様参照)のですが、たとえ地中部分であっても隣に越境してはいけないのですよね?!

となると、境界線から5cm離さないといけなくなりますか?

心配性ゆえ・・。

Aベストアンサー

本来の職種とはチョッと違いますが、数多く手伝いしている立場からアドバイスします、

>たとえ地中部分であっても隣に越境してはいけないのですよね?!

地中であっても、越境してはいけません、

>地中の基礎のL字部分の下の部分が5cm程越境する(工事仕様参照)のですが

越境しない工事仕様も有りますよ、
私たちも境界線に沿った塀の基礎等、数多く手がけ居てますが、
越境する事はありません、


>境界線から5cm離さないといけなくなりますか?

越境しない工事仕様に変更してもらえば良いだけです、
経験豊富な建設業者なら何の苦労もしないはずです、
二つ返事で、変更できるはずですよ、

Q隣地業者が我が家の境界ブロックを土止めにした場合

 隣地に建築業者(以下A社)が建て売り物件を建築中です。当該物件は、敷地境界から50cmピッタリに壁面をもってくる近づきようで、屋根やサッシはそれ以上に境界に近づいているのですが、調べる限り、民法上は違法ではないようなので、この近づきようはA社の確信行為とは思いますが、文句を言うのは諦めています。
 一方で、調べても分からず、現在気になっているのは、当該物件の水道メーターや管の地表からの突出具合を見る限り、今後、我が家の地表面から見て30cm程の盛土あるいは土間コンを打つと思われるのですが、隣地側で土止めを設けていません。今後も隣地側で土止めを設ける気配はないので、我が家の敷地内に収めた境界ブロック(高さ約60cm)を、土止めに利用することになると思うのですが、こちらに断りもなく、そのようなことって出来るのでしょうか?また、隣地側が土間コンを、我が家敷地内のブロックにくっつけてもよいのでしょうか?

 A社は、建築にあたり挨拶もなくいきなり工事を始め、足場の最上部の火打ちみたいな棒は我が家敷地内に越境しており、問い合わせたところ「安全上必要」とのことだったので、渋々事後承諾はしました。しかし、事前に説明があってもいいようなものです。
 境界への近づきようの確信的行為といい、法律に触れなければいい、物件も売ってしまえばそれまで(あとは買い主の問題)という姿勢が垣間見え、そのような業者なので、こちらからA社に質問し、もし問題ないと説明を受けたところでイマイチ信用ができません。
 もし承諾なしに我が家の敷地内境界ブロックを土止めに使用することが、慣例や法的に問題がある事象であれば、今後の盛り土の予定の有無を含め(ただし、現場を見る限り、まず間違いなく盛り土等をすると見受けられるのです)、A社に問い合わせしようと思っています。
 そして、足場の火打ち棒のように、結局は安全上の問題ということであれば、以下の要望をA社が受け入れるのであれば、こちらも、我が家のブロックが土止めに利用されてもやむなしと思っているのですが、このような要望は度を超えたものなのでしょうか?
1 将来、我が家の境界ブロックを取り壊す所要が発生したとき、意義を申し立てず、また、隣地側で必要な土止め処置はA社あるいは当該物件の買い主側で実施する(その旨をA社は買い主に説明した上で物件を売る)。
2 もし、土止めに利用した事が原因で、今後将来にわたり、我が家のブロックが損壊あるいは傾斜などが生じ、修復する必要が生じた場合、工事費用はA社が負担する(もしA社が倒産していた場合、買い主が引き継ぐ。その旨も買い主に説明した上で、物件を売る)。

 我が家の敷地内境界ブロックは、土地分譲時に既に施工されていたのですが、土止めを想定した作りとは思えず、一方で維持管理は敷地内に設置されている以上、こちらの責任なので、こちらの都合で取り壊す事由も生じるでしょうし、その際土止めを理由に隣地側から反対されても困りますし、一方でこちらの事由以外でブロックを壊されても困るのです。

 長文で申し訳ありません。質問をまとめますと、以下3件です。
・A社は、建築にあたり、我が家の承諾なしに、我が家敷地内ブロックを土止めに利用できるのか。
・A社が隣地に土間コンを施工する場合、我が家敷地内ブロックにコンクリートをくっつけて施工してもよいのか?
・A社によって、我が家敷地内ブロックを土止めとして利用されてしまう場合、A社に対し、上記1及び2を要望することは、度を超した行為なのか。

 以上、御回答いただけると助かります。
 隣地は建て売り物件なので、買い主には非はまったくないと思うので・・・

 隣地に建築業者(以下A社)が建て売り物件を建築中です。当該物件は、敷地境界から50cmピッタリに壁面をもってくる近づきようで、屋根やサッシはそれ以上に境界に近づいているのですが、調べる限り、民法上は違法ではないようなので、この近づきようはA社の確信行為とは思いますが、文句を言うのは諦めています。
 一方で、調べても分からず、現在気になっているのは、当該物件の水道メーターや管の地表からの突出具合を見る限り、今後、我が家の地表面から見て30cm程の盛土あるいは土間コンを打つと...続きを読む

Aベストアンサー

一級建築士です。

どんな状況か見ていないので、断言まではしかねますが、土留めは土圧を受けさせる側の土地の所有者が土留めを設置し、土間コンは縁を切るというのが理想的ではあります。

しかしながら、今の上記の問題は「今後そう思われる」という質問者さまの推測にすぎないので、隣地の現場の責任者にごく普通に気になる事を聞くか、要望すれば良いだけのことだと思いますよ。
そのうえでの対応で判断すればいい話です。

それと民事上の今後の被害保障を事前に個別条件であらかじめ定める事なんて、まず個人では出来ません。
なので、我慢をため込まずに普通に要望するなりすればいいわけです。
「すいませんがそちらの敷地の土留めはそちらでお願いしますね。もうすぐ改修しますので」
と、言えば良いだけですよね。

最初から隣で工事をする業者が悪くて不良業者と決めてかかるのは良くありません。
なんらか対応してくれればいいわけですし。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報