簡単な問題ですみません。
急に人から聞かれて、でも計算の仕方が思い出せません。
誰か助けて下さい。お願いします。
計算式は以下です。

√8二乗+6二乗

簡単だと思いますが
私には解けません。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

8+6*6=と考えれば、こたえは44


または、(8^2+6^2)^0.5と考えるならば、こたえは10となります。
どうでしょうか?お役に立てればうれしいです。
    • good
    • 0

√(8^2 + 6^2)


なら、8*8+6*6=100 だから√100=10ですね
    • good
    • 0

式の意味が (8^2+6^2)^0.5 ということなら


答えは、10です。
    • good
    • 0

√8の二乗=8



6の二乗=36

8+36=44

確かに、日常の計算では使わないし、とっさに聞かれても分からないかも・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございました。
これですっきりしました。
答えを、教えてもらうと簡単なことなのに
使ってないと思い出せないですね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/24 19:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q√2-√3-√5+√7+√11-√13<0の証明

√2-√3-√5+√7+√11-√13<0
なのですが、これを計算機を使わないで証明するにはどうすればいいのでしょうか?

数値は適当なので、方針を教えていただきたいです。
根号が5つまでなら、同値変形で移項そして2乗を繰り返していくことによって、整数同士の大小に還元できます。
しかし、根号が6つだとどのように示していけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

√13 - √11
= (13 - 11) / (√13 + √11)
> 2 / (2√13)
= 1 / √13
より、

√2 - √3 - √5 + √7 + √11 - √13
< √2 - √3 - √5 + √7 - (1 / √13)
= (√26 - √39 - √65 + √91 - 1) / √13
となって、

√26 - √39 - √65 + √91 - 1 の正負に帰着される。
あとは、御存知の方法で。

Q√2,√3,√5,√6,√7,√10は有理数体上線形独立

文字を有理数として、
a√2+b√3+c√5+d√6+e√7+f√10=0
ならば
a=b=c=d=e=f=0
を示したいのです。

平方根の中身は、平方因数を外にくくりだしたとき、中身が異なるものであればなんでもいいです。
個別の数値の性質を用いるのではなく、できるだけ一般的に示したいのですが、証明がわかる方は教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に示したいなら代数拡大の理論を使えばいいのではないでしょうか。

例えば上記の問題の場合、√2,√3,√5,√6,√7,√10は全てQ[√2,√3,√5,√7]に含まれており、
Q[√2,√3,√5,√7]/Qは次数16の代数拡大です。
この拡大を次数2の4つの体の拡大の列に分解すればQ[√2,√3,√5,√7]のQ上の基底を計算で求められます。
特にその基底の中に√2,√3,√5,√6,√7,√10が全てはいるのでこれらはQ上一次独立です。

この方法なら数字が変わっても、数字の個数が増えても計算がややこしくなりますが証明することができます。

Q式 100/√100の2乗+100の2乗が1/√2になる理由

電気工事士の資格の勉強をしているのですが、

      100
----------------
√100の2乗+√100の2乗

の式が何故

   1
------
  √2

になるのでしょうか??

多分中学ぐらいのレベルの問題だと思うのですが、等分していないので忘れてしまいました。

わかりやすく教えていただければと思います。

Aベストアンサー

もし、
      100
----------------
√100の2乗+√100の2乗

この式なら、答えは2分の1ですね。

で、もし、No1さんの

      100
----------------
√(100の2乗+100の2乗)

だとしたら、下の部分は√20000
そして、20000を素因数分解します。
そうすると、2・2・2・2・2・5・5・5・5をかければ20000になることがわかります。
そして、同じ数字で2組作れる数字を取り出します。
そのときに、2・2=2として取り出します。
そうすると2・2・5・5が取り出せますよね?(と、いうことは2だけ余っている)

取り出した数字はすべてかけます。そうすると100になります。(1)
取り出せなかった数字は2の一つだけですね?(2)

そうすると、下の数字は(1)√(2)ってなります。
よって、100√2になります
 100           1
----=100を約分して----
100√2          √2

ってなります。

もし、
      100
----------------
√100の2乗+√100の2乗

この式なら、答えは2分の1ですね。

で、もし、No1さんの

      100
----------------
√(100の2乗+100の2乗)

だとしたら、下の部分は√20000
そして、20000を素因数分解します。
そうすると、2・2・2・2・2・5・5・5・5をかければ20000になることがわかります。
そして、同じ数字で2組作れる数字を取り出します。
そのときに、2・2=2として取り出します。
そ...続きを読む

Qx≧1の時2(√(x+1)-√x),2(√x-√(x-1)),1/√xの大小関係は

こんにちは。


x≧1の時2(√(x+1)-√x),2(√x-√(x-1)),1/√xの大小関係は?

という問題なのですが
2(√(x+1)-√x) < 1/√x < 2(√x-√(x-1))
という大小関係になると思います。
単に引き算してもなかなか2乗の形に持ってけません。
どうやって証明するのでしょうか?

Aベストアンサー

ヒントのみ
1/√xに着目して
分子の有理化をしてください。
そして、逆数の大小の比較(差をとって比較)してください。
大小関係が決まりますので、その逆数をとってもとの大小関係が決まります。
ただし、不等号の両辺が1より大か、小かを確認して逆数の不等号を考えてください。

結果の大小関係は正しいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報