近代市民法の原則、特に過失責任主義について、の現代的な修正の内容と、その背景にあった問題点について、ぜひ教えてください!
また、大津事件の津田三蔵の処分について、その法的評価と歴史的評価を!
図書館でも調べきれず、大ピンチです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大津事件だけにお答えします。

過失責任主義に着いては他の方の回答を待っててください。

大津事件の概要はご存知だと思いますが、ロシアの皇太子(ニコラス2世)へ津田三蔵が切りつけたことに当時の政府は外交上、大国ロシアとの関係悪化を恐れて旧刑法の皇室罪の適用で死刑に処そうと考え、当時の大審院長児島惟謙にそう申し入れたんですが、児島が司法権の独立を守るということでこれを拒否したことにより、政府からの司法への干渉を排除した、ということになっています。
ただ、この問題は児島自身が担当判事を説得し、殺人未遂罪を適用さしたことにより、司法内部における裁判官の独立という面では、大きな問題があるってことですかね。
    • good
    • 0

 おそらく、学校の課題をお尋ねなのでしょうから、私からは、お調べになるべき資料だけをご提案申し上げます。

申し訳ありませんが、私のポリシーですので。
 もちろん、他のご回答者の皆様がより踏み込んだアドバイスをsarusuberiさんになさることを非難する意図は断じてございません。ご理解のほど、お願い申し上げます。

1 近代市民法の原則について
・ まず、民法総則の教科書の冒頭に近い部分を手当たり次第にあたってみてください。
・ 過失責任原則に対する修正については、星野英一編集代表『民法講座6』191ページ以下が詳細です。

2 大津事件について
・ 高校の日本史の教科書はお手元にありませんか?
・ 司法権の独立、というキーワードで、文献検索CD-ROMなんかをご利用のうえ、検索してみてはいかがでしょう。

 これらの資料をあたられて、なお、「この点がこう分かり難い」という具体的な疑問をおもちになったのであれば、補足をいただければ、さらにアドバイスを差し上げることができるかもしれません(申し訳ありませんが、必ずアドバイスを差し上げるというお約束はできません。)。
 また、学校の課題ではなく、具体的に裁判などをご検討になっておられる関係で、ご質問のようなご疑問をお持ちなのであれば、大変失礼いたしました。お差し支えのない範囲で事実関係を補足していただければ、さらなるアドバイスを検討させていただきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過失責任の原則について

過失責任の原則について
過失責任の原則の意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

過失があれば損害賠償責任を負い、逆に過失がなければ(無過失)その責任を負わない。これを「過失責任の原則」と言います。
無過失で、その責任を負わない例外的に事に、無過失責任を明記した規定も存在します。

http://houritunyumon.web.fc2.com/kasitusekinin.html

Q公信の原則と、公示の原則についておしえてください。

日本では、公信の原則が不動産には取られていないといいますよね。で、動産にはとられているんですよね。(とられていなかったらすみません。)で、公示の原則のほうは取られているといいます。
公信の原則は公信力と言い換えてもいいのでしょうか?
また、公信の原則は積極的な、公示の原則は消極的な信頼を保護すると言います。
でも公示っていうのは、登記とかで見せびらかす(?)ですよね。
どうして公示が消極的で公信は、消極的なのでしょうか?公示してるんだから積極的なんじゃないんでしょうか?いまいち分かっていない質問で申し訳ありません。どなたかわかりやすくおしえていただけないでしょうか?よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>>公信の原則は公信力と言い換えてもいいのでしょうか?

 言葉のあそびですので、いいと思います。

>>どうして公示が消極的で公信は、消極的なのでしょうか?
>>公示してるんだから積極的なんじゃないんでしょうか?

 公信の原則というのは、裁判所、広くは国家から見て
積極的に保護するということです。公示は当事者は、積
極的に行為しているかもしれませんが、国家は当事者の
依頼を受けて示しているだけであって(もしくは動産の
場合は当事者が公示しているだけであって)、国家が積
極的に保護しようとしているわけではありません。

 論理的順序としては、まず公示の原則が構築され、そ
の上に公信の原則が成り立ちます。あなたの言葉を借り
れば、まず消極的にうらうちして、そこから積極的な段
階に移行します。動産が消極的な段階にとどまり、不動
産が積極的な段階にまで至っているわけです。

 理由は、(1)不動産の価値が高く社会的影響力が
大きい場合が多いこと(2)不動産は有限であり登記
に親しむ性質を持つことなどが考えられます

>>公信の原則は公信力と言い換えてもいいのでしょうか?

 言葉のあそびですので、いいと思います。

>>どうして公示が消極的で公信は、消極的なのでしょうか?
>>公示してるんだから積極的なんじゃないんでしょうか?

 公信の原則というのは、裁判所、広くは国家から見て
積極的に保護するということです。公示は当事者は、積
極的に行為しているかもしれませんが、国家は当事者の
依頼を受けて示しているだけであって(もしくは動産の
場合は当事者が公示しているだけであって)、国家が積
極的...続きを読む

Q「私的自治の原則」と「所有権絶対の原則」

民法の基本原則は多数ありますが、その中には他の原則のコロラリー
とされているものがあるために、最終的には、「権利能力の平等の原
則」、「所有権絶対の原則」、「私的自治の原則」の3つに集約され
るみたいです。
しかし、「所有権絶対の原則」も「私的自治の原則」のコロラリーと
いうことは出来ないでしょうか?

Aベストアンサー

参考までに。民法の三大原則は、そもそも、論者によって違います。
A権利能力平等の原則、所有権絶対の原則、私的自治の原則
B所有権絶対の原則、私的自治の原則、過失責任の原則

Aの方が一般的かと思いますが、Bの考え方は面白い。Bについては、権利能力平等の原則から、物権的に派生したものが、所有権絶対の原則で、債権的に派生したものが、私的自治の原則、と説明されることがあります。この流れが、質問者さんの疑問へのアンチテーゼになるかと思います。
ついでに、物権法においては、物権法定主義が原則としてあります。これは、私的自治とは、対立する考え方です。これも、反論の一つに上げられます。(ご存知かと思いますが、物権は対世権ですから、その内容が一定でないと、望外の不利益を受ける可能性が出てきます。債権のように、基本的には一対一の関係の場合には、私的自治として互いに合意しても、基本的には第三者への影響はないですが、物権にはあてはまらない。)

※余談ですが、Bの分類は、船越隆司先生が採られている説ですが、この学者の本(総則・物権・担保物権・債権総論)は、堅い感じですが、よくできた本です。特に、民訴との橋渡しなど、ロー生が読むと目から鱗な内容がたまにあります。○大生を除き、受験生には全くといっていいほど知られていませんが、個人的にはオススメの先生です。

参考までに。民法の三大原則は、そもそも、論者によって違います。
A権利能力平等の原則、所有権絶対の原則、私的自治の原則
B所有権絶対の原則、私的自治の原則、過失責任の原則

Aの方が一般的かと思いますが、Bの考え方は面白い。Bについては、権利能力平等の原則から、物権的に派生したものが、所有権絶対の原則で、債権的に派生したものが、私的自治の原則、と説明されることがあります。この流れが、質問者さんの疑問へのアンチテーゼになるかと思います。
ついでに、物権法においては、物権法定...続きを読む

Q過失割合と評価額について

お世話になってます。

先日、当方がバイクと相手が自動車でのT字路で事故にあいました。当方がTの字にあたる上の棒を右から左へ直進、相手車が下から一時停止標識を無視して右折をして出会いがしらの交通事故にあいました。当方はケガもあり警察を呼び人身事故として扱ってます。

先日、保険会社より物損の過失割合の連絡があり、8.5(相手):1.5(当方)という比率を打診してきました、一時停止無視は認められたようです。

過失を一切認めたくないといのはありますが、判例等ではそんなものなのかもしれません。

ところがさらに納得のいかない部分が出てきました。

というのもコチラのバイクは修理費に37万かかり、バイク自体の評価額が22万円ということで、全損扱いになり評価額である、22万が保険での適応額になり、一方、相手の車の修理費が27万円は全額適応、それを足した過失割合になるとのことで、こちらは22万から15パーセント引かれた額が支払われ、相手の修理代15パーセントを負担するという、大損をするような提案です。

22万の15パーセント引き18万7千円からさらに相手の修理費負担分15パーセント4万500円を差し引かれた14万6500円を支払われるという計算になります。

それを支払われた所で、37万かかるバイクの修理はできません、過失割合を決める前の段階で不当としか思えませんでしたし、過失割合についても納得はしてません。

評価額や過失割合が変わることがあるのでしょうか?

それとも、このまま保険会社の言うとおりに泣き寝入りをしなっくてはいけないのでしょうか?

詳しい方がいらっしゃったら、なにか良いアドバイスがあれば教えていただければ、と思い質問しました。

よろしくお願いします。

お世話になってます。

先日、当方がバイクと相手が自動車でのT字路で事故にあいました。当方がTの字にあたる上の棒を右から左へ直進、相手車が下から一時停止標識を無視して右折をして出会いがしらの交通事故にあいました。当方はケガもあり警察を呼び人身事故として扱ってます。

先日、保険会社より物損の過失割合の連絡があり、8.5(相手):1.5(当方)という比率を打診してきました、一時停止無視は認められたようです。

過失を一切認めたくないといのはありますが、判例等ではそんなものなのかもしれ...続きを読む

Aベストアンサー

「痺れてるだけなんで、なかなかこれといった治療法もなく、痛み止めを処方されてるだけで、病院からは1週間後にまた来てくださいという感じなんで毎日は行けない感じになってます。」

何処のシビレか分かりませんが大きな怪我です。残る様な事があれば今後のあなたの人生に常に付きまとう事になります。
毎日通えないとの事ですが、それは行かれた病院に対応出来る施設(リハビリ)が無いからだと思います。
リハビリがある整形を受信されると変わるのではないでしょうか。
又医者では無いので通院日数は減算されるかもしれませんが、整骨院なら毎日歓迎すると思います。

Q法的評価って何ですか?

法的評価とはどういう意味か教えてください!
たとえば、婚姻年齢の男女差についての法的評価を簡潔に述べなさい。と聞かれた場合どのように答えたらいいのでしょうか??
困っています!(>_<)どうぞよろしくお願いします!!<m(__)m>

Aベストアンサー

「法的評価」とは、法律上(法解釈上)どう決められているかと言うことだと思います。
「婚姻年齢」は法律では男の場合どう定められていて、女の場合どう定められているのか?そこに差異はあるのかということを答えればよいのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報