このたび、分譲マンションを購入しようと思っています。
私(妻:年収350万)と、だんな(年収420万)の二人で、住宅金融公庫での借り入れをしたいのですが
まず、私が現在都市銀行でのローンが8万円ほど残っています。(何度か延滞しましたが、きちんと返しています、もともとの借り入れ金額が10万円)
さらに、だんなのほうは、借り入れなどは一切ないのですが、
弟が借金を500万円ほど作ったまま(消費者金融やクレジット)、行方不明になったままです。もちろん各業者から、催促などありますが、本人がいないので、誰も返済はしていません。
こんな場合、ローンの審査はおりないでしょうか?
なお、借り入れ金額は2000万、頭金600万の予定です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>こんな場合、ローンの審査はおりないでしょうか?


>私(妻:年収350万)と、だんな(年収420万)の二人
>借り入れ金額は2000万、頭金600万の予定

http://www.jyukou.go.jp/
より融資額限度をご覧になられてその限度範囲内ということが前提です。
(例えば、三大都市圏で95m2超175m2以下ならば問題ないです)

頭金が2割以上、借入金は合算年収(770万円)の5倍以内(月収の5倍以内の毎月返済額となるはずです)ですから、他に債務がなければ問題なくOKが出ると思います。尚、ご主人の弟さまとは別の家計ですので、原則影響ないと判断いたしました。

>都市銀行でのローンが8万円ほど残っています。(何度か延滞しましたが、きちんと返しています、もともとの借り入れ金額が10万円)

これは銀行のカードローンと呼ばれるものでしょうか。
http://www.smbc.co.jp/kojin/loan/cardloan/
10万円という金額からそのように判断したのですが、(定額返済の期日に引き落としができなかったと判断しました)期間は一応1年間ということですが、限度額を超えていないならば延滞に対する利息も支払うことになります。このことから大きな問題にしないと思います。
できることならば、審査前にローンの8万円を完済なされておいた方が無難だと思います(ローンがなくなれば返済したという事実が残り少なくともマイナスではないから)。

ちなみに、私もクレジットの引き落としの時に一度残高不足で落ちなかったことがありましたが、特に問題は発生していませんでした。これと同軽度のものと考えました。
    • good
    • 0

ダンナさんが連帯保証人とかになっていなければ弟さんの借金を理由にローンの審査で不適格というような結果にはならないように思います。

一つ気になるのは、あなたの延滞の経歴です。これも住宅金融公庫ではそれほど問題にはならないと思いますが(今までは)、これを理由に(或いは口実に)ローンの審査がおりないということはある程度覚悟しておいたほうが良いと思います。ここで申し上げておきますが、以前銀行(それも貸付担当)に勤めていた経験から申し上げますとローン審査で貸出を断る場合の理由としては、アナタの延滞の経歴が一番断りやすい理由となります。その次にダンナさんの弟さんのことが挙げられるでしょう。
余計なことですが、住宅金融公庫の借入可能金額の判定の条件とかはご存知でしょうか?住宅販売会社の人のイイナリになってはいけませんよ!結局近い将来返済負担が重くのしかかってきます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年収が300万円と600万円ではどのくらい生活レベルが違うのでしょうか?2つの年収を経験された方

年収が300万円と600万円ではどのくらい生活レベルが違うのでしょうか?

2つの年収を経験された方、回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

300万もあれば普通に生活する事が出来ます。300万の年収ならかつかつでしょう。毎月給料日が待ち遠しい生活だと思います。
私の30才頃はそんな生活でした・
ですから600万の年収で300万の生活をすれば年に300万の貯金が出来ます。住宅ローンを計画することも出来ます。
 ただしその頃は自分が50代で子どもも大学生になりますので生活が苦しいのは同じ事です。

Q年収600万≒年収800万?

ネット上で年収600万から800万になった方が
「800万になっても大して生活は変わった実感がない」と言っていました。

理由としては…
・所得税の課税率が高い
という直接的な理由もあると思いますが
・今までスーパーで安く買っていたお米等をコンビニで定価で買う。
・電車と徒歩で帰っていたところをタクシーで帰る
のような細々とした浪費がかさんで
結果的に、大して差がないように感じる。と仰っていました。

実際、年収800万円程度の方はそのように感じられるのでしょうか?
将来の参考にしたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

600万円が800万円どころか1000万円越えになっても実感としては「え、こんなものなの?」というのが正直な感想です(苦笑)。

ご質問中にある収入800万円の方の感想が最も当を得ていると思います。要するにこの程度の差では、生活が明らかに変わったという程の違いが実感できないのです。それまでの生活に少し色をつけると収入差は簡単に吸収されてしまう、いわゆるささやかな贅沢程度の違いにしかなりません。ましてや収入が増えても結婚して子供が出来て家を買い車を買い換え・・なんてやっていると収入が低かった頃より生活の質が低下したと思うこともありますよ(笑)。

今の実感として、本当に差を感じようと思ったら600万→2000万円位にならないとダメかなぁと・・・(結構真剣に感じています・・^^;)。

Q借り入れ金額2660万円で当初固定金利1.3%で3年で新築マンションを

借り入れ金額2660万円で当初固定金利1.3%で3年で新築マンションを購入して2年半が経ち半年後に金利の見直しがあります。現在約2500万円の残高があります。次の金利も3年固定にしようと考えているのですが現在の銀行だと2.1%になります。そこで借り換えを検討していて、借り換え先だと変動で1.47%、3年固定で1.64%、5年で1.69%です。
団信と3大疾病はどちらもついている金利です。
ちなみに借り換え費用は今借りている銀行に一括返済手数料で31500円と、抵当権抹消費用がかかり(自分で行えば2000円、可能なら自分でやりたい)、借り換え先では登記登録費用、印紙代のみかかります。変動から固定への切り替えは無料でいつでもできます。翌月の金利も2週間前にわかります。なので当初変動で借り替えて、金利が上がる前に3年か5年の固定にしようと考えています。

ちなみに今の銀行に一括返済をすると最初に払った保証料が35万ほど返ってくるとおもいますのでそれを諸費用にあてようと考えています。借り換え先では保証料はかかりません。今仮審査を通って本審査に入るとこです。自分では借り替えたほうが支払額は少なくなるような気がするのですが間違っているところはありますか?

借り入れ金額2660万円で当初固定金利1.3%で3年で新築マンションを購入して2年半が経ち半年後に金利の見直しがあります。現在約2500万円の残高があります。次の金利も3年固定にしようと考えているのですが現在の銀行だと2.1%になります。そこで借り換えを検討していて、借り換え先だと変動で1.47%、3年固定で1.64%、5年で1.69%です。
団信と3大疾病はどちらもついている金利です。
ちなみに借り換え費用は今借りている銀行に一括返済手数料で31500円と、抵当権抹消費用がか...続きを読む

Aベストアンサー

まず、
> 借り換え先では保証料はかかりません。
とのことですが、これは
A.保証要件がない(=保証会社保証がない)
B.保証はしてもらえるけれど、保証料については債務者負担がない
のいずれでしょうか。

次に、
> ちなみに今の銀行に一括返済をすると最初に払った保証料が35万ほど返ってくるとおもいますのでそれを諸費用にあてようと考えています。
一括前払いした保証料の返戻は、「いつ」されますか?
返戻保証料を諸費用に充当されることをお考えのようですが、金融機関によっては、保証料の返戻は、(全額繰上返済の)数か月先になることもあり、借り換え諸費用に直接充当できないこともありますので。

ただ、2年半経過で返戻される保証料が35万円ほどということは、当初、結構な額を払われたのでしょうね。なんだかちょっともったいない気がしてしまいます(2年半経過で35万円も戻るということは、当初払われた保証料は、60万円超かと思われますので)。

> 団信と3大疾病はどちらもついている金利です。

3大疾病保障特約は、団信の一種ですけれど…。
「どちらでもOK」ということでしたら、3大疾病保障特約付きの方がお得になります。
普通の団体信用生命保険+特定の3つの疾病にかかった時にも保障される…というのが、3大疾病保障特約ですから。
でも、普通団信ならば、団信保険料は金融機関負担だけれど、3大疾病保障特約付きの場合の団信保険料は債務者負担…というところが多いです。
保険料の支払い方法を、金利上乗せタイプで考えるのならば、普通団信は上乗せなしで、3大疾病保障特約は保険料分だけ金利に上乗せされることが多いのですが、「どちらでも同じ」ということならば、当然に「保障が手厚い方がお得」ですよね。

> 借り換え費用は今借りている銀行に一括返済手数料で31500円
これは、固定金利期間終了時(半年後)でも同じだけかかりますか?
それとも、固定金利特約期間中なので31,500円かかる…ということでしょうか。

> 抵当権抹消費用がかかり(自分で行えば2000円、可能なら自分でやりたい)
借り換えの場合は、借り換えについての登記と同時に行うことになるので、自分で…というのは無理なことが多いです。

> 借り換え先では登記登録費用、印紙代のみかかります。
ということは、借り換え先では、「フラット35」のような「融資手数料」も不要ということですね。

ただ、
> 借り換え先だと変動で1.47%、3年固定で1.64%、5年で1.69%です。
とのことですから、最優遇よりは少し高めに設定されている印象を受けます。
(私が住んでいる地域では、10年固定の最優遇金利が1.65%というところが多いので。)
ご質問者さまの優遇幅が小さめなのか、それとも、実は、保証料や融資手数料等が込みになっての金利設定なのか、判断に悩むところです。

> 変動から固定への切り替えは無料でいつでもできます。
これは、「変動→変動+固定特約」への切り替えのことではないかと思います。
単に「固定」という場合は「固定金利型」を指しまして、契約の全期間の金利が「金銭消費貸借契約証書」で「固定」されているものです。
一般的に、契約の途中で「変動金利型」から「固定金利型」への変更はできませんから…。
3年固定とか5年固定とか言われているものは、「固定金利型」ではなく、「固定金利特約型」とか「固定金利選択型」と言います。
「変動金利型」を基本契約として、「一定期間の金利を固定します」という『特約』を追加で契約することになります。
同じ「固定」という言葉を遣うので、一般の方には混乱していらっしゃる方も多いのですが、なかには、金融機関の人間でも混同して遣う人がいるので…。

> 翌月の金利も2週間前にわかります。
> なので当初変動で借り替えて、金利が上がる前に3年か5年の固定にしようと考えています。
う~ん…。
「金利が上がる前」に
> 3年か5年の固定にしよう
でしたら、あまり効果はないと思うんですが…。
どちらにしても、結局、3年か5年後に、また金利の見直しがある訳ですから、将来の「金利上昇リスク」に備えていないことになりますので…。
金利上昇局面の直前に、「固定金利型」への借り換えか、残りの全期間が特約期間となる「固定金利選択型」ならば意味があるのですが…。

今お借り入れの銀行で、借り換えを視野に入れている…として、固定金利期間終了後の金利について相談されていますか?
現在の銀行で、当初固定金利期間終了後の再特約での3年固定が2.10%ならば、変動金利型は2.00%以下だと思うのですが…。
でしたら、私ならば、再特約せずに「放置」して、自動的に変動金利型へ移行させます。

まず、
> 借り換え先では保証料はかかりません。
とのことですが、これは
A.保証要件がない(=保証会社保証がない)
B.保証はしてもらえるけれど、保証料については債務者負担がない
のいずれでしょうか。

次に、
> ちなみに今の銀行に一括返済をすると最初に払った保証料が35万ほど返ってくるとおもいますのでそれを諸費用にあてようと考えています。
一括前払いした保証料の返戻は、「いつ」されますか?
返戻保証料を諸費用に充当されることをお考えのようですが、金融機関によっては、保証料の返戻は...続きを読む

Q1780万円のローンで月々の返済8万円の場合の返済プランは?

お世話になります。このたびマンションを購入することにしまして、ローンを組むことになりました。

1780万円を金融機関から借りる予定です。月々の返済額は8万円ちょうどにしたいです。

この場合、総返済額つまり利息をなるべく低く抑えるには、金利や返済期間や借りる金融機関は、どうするのがベストでしょうか? 返済期間はいくら長くなっても構いません。年収は手取りで700万円ほどで、民間企業のサラリーマンです。組合には入っています。

Aベストアンサー

ここで試算可能です
http://www.hownes.com/loan/sim/borrowing_repay.asp#result
http://www.hownes.com/loan/sim/

金利当初固定3年で1%にすれば支払い期間20年くらいになりそうですね 

年収700万ならとりあえず8万の支払いにして
10年固定にすればローン期間は22年くらいになるかもしれませんが
今が金利が低いのでどんどん
繰上げ返済をすると良いと思います

Q年収2000万の生活

ふと思った質問なのですが、お答えお願いします。

一般的に年収2000万くらいの収入がある場合、どのような生活ができるのでしょうか?
例えばどのくらいの水準の家に住めるのか、外食や豪華な食事はどのくらいできるのか、海外旅行は年にどのくらいできるのか、等々です。

できるだけ具体的に教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>一般的に年収2000万

1000万円を越えると、税務署とのお付き合いが増えます。

家族が4人として、控除できる金額は年収400万円の人と同じ程度ですが、残りに対しての課税額が非常に大きいです。控除できる金額が国民健康保険と国民年金程度しかないと、所得税だけで472万円程度かかることもあります。事業所得5000万円、営業利益が2000万円になる場合ですと、この程度です。

それから消費税、上記の場合で250万円弱の消費税をもらい、控除できるのは最大で100万円弱ですので、150万円ほど納税することになります。ここまでで、合計で600万円強の納税、確定申告で支払うことになります。

その他、住民税、このケースでは800万円程度、支払うことになるかも知れません。事業税が個人の場合、290万円までしか控除されませんので、場合によっては1710万円の5%、85万円ほどは納税することになります。

このほか、国保、国民年金、固定資産税なども支払いますので、その残りが使えるお金、500万円から600万円でしょうか。家賃、月に15万円のマンションに住むなら、200万円ほどかかるし、残りで生活、そんなに派手にはできません。

所得、給与所得などをもらっていると、控除が多いので、全部が給与なら800万円以上使えることもありますが、年収2000万円でも使えるのは3分の一から半分、家族が多いと、出費も増えるので、お小遣いを毎月20万円、30万円も使える人はそんなに多くないでしょう。

私の家もある程度の年収ですが、毎月住宅ローンで30万円強支払いますし、固定資産税なども高いので、余裕があるとは言えません。年金も積み立てで毎月20万円程度も支払うと、残りで生活する、一日1万円も使えません。家族が6人もいれば、その範囲で生活ですし、電気代なども多いので、毎日外食というわけにはいきません。でも、月に5回以上は外食へは行きます。

自動車、これも、複数所有すると、駐車場代やガソリン代、税金も高いので、その分、生活費に回せません。

でも、年金になったら、私もそれなりにもらえそうですので、今の生活よりも豊かかも知れません。年収が6分の1になると、税金も大幅に減るし、下手すると、7割、8割が使えるようになるのです。子供も独立し、家のローンなども終わっていれば、あとは、固定資産税と維持費ですから、毎日、安い外食でも生活できるでしょう。

海外旅行、家族で毎年のようにでかけますが、忙しいので、日帰り状態のこともあるし、仕事をついでにしてきて、のんびりできるのは2日とか、それで家族で200万円かかったりします。今年は不況で収入も若干減っていますので、旅行なしです。それでも、今年の住民税は去年のものの反動で高い、来年は少し安くなりそうですから、それで、家族で100万円程度の旅行をする予定です。

豪華な食事、結婚式などで食べますが、ご祝儀で3万円、5万円を支払いますし、プライベートでは年、数回だけホテルで料理を食べる程度です。それも、一人3000円から5000円程度まで、海外でも一人100ドルも食べることはしません。

健康管理はお金をかけていますから、健康診断などで毎年100万円かけたりするので、食生活はダイエットを含め、質素です。体重を維持、それができないようでは、信用に関わるのです。

すべての人ではないでしょうが、美食している人も一部、いますが、長生きできなかったり、病気で早く収入を失う結果になることもあるので、羽振りがいいのは、急に収入が増えた人です。常に収入がある、その場合には、家などを購入しますので、その支払いで余裕はそんなにないのです。

>一般的に年収2000万

1000万円を越えると、税務署とのお付き合いが増えます。

家族が4人として、控除できる金額は年収400万円の人と同じ程度ですが、残りに対しての課税額が非常に大きいです。控除できる金額が国民健康保険と国民年金程度しかないと、所得税だけで472万円程度かかることもあります。事業所得5000万円、営業利益が2000万円になる場合ですと、この程度です。

それから消費税、上記の場合で250万円弱の消費税をもらい、控除できるのは最大で100万円弱ですので、150万円ほど納税すること...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報