昔少しピアノをやっていてすぐにエレクトーンをならうことにして
ピアノはやめてしまったのですがまたやりたくなって最近はじめました。また最初からちゃんとやりたいのでバイエルからはじめようと思っています。オススメのバイエル本があったら教えてください。宜しくお願いします。教室には時間もお金もないので通うつもりはないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

楽譜 販売」に関するQ&A: 楽譜の販売について

A 回答 (3件)

こんばんは



私も遠い昔ピアノやってましたw
お勧めのバイエル本とのことですが、最初からというと
初めてピアノやったときの『バイエル』になるかと思います。
大体
バイエル 上
バイエル 下
ブルグミュラー
ソナチネ 1
ソナチネ 2
ソナタ 1
ソナタ 2
の順で習いに行くと進むので、バイエルから始めたらどうでしょうか?

下記URL左側に上記のものがあります。
それをクリックするとその本で何を勉強するのかが載ってますので
参考にされたら如何でしょうか?

参考URL:http://www.adagio-music.com/lesson02.html
    • good
    • 0

大人の方でしたら一般用の音符が小さいバイエルがお勧めです。


出版社も昔と違って色々ですが、楽器店に行ってご自分の目で確かめるのが良いと思います。
ただ、バイエルの曲は決して楽しいとは言えませんから何かお好みのジャンルの楽譜等を併用した方が長続きすると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました!!!!
楽譜はエレクトーン数年やっていたので読めます。
いろいろみて決めたいと思いました。
アドバイス有り難うございました。

お礼日時:2006/04/06 19:24

今晩は。


エレクトーンをやっておられたのなら、楽譜はある程度は読めますか?

小さい時は、子供のバイエル(上・下2巻)と言って、音符や文字が大きく書かれている本を使用する事が多いですが、一般用のバイエル(1巻)も販売されていますので、楽譜を見て、ご自分が使いやすいタイプを購入されれると良いでしょう。

出版社によって、解説のついたものや、同レベルの曲も一緒に掲載されているものなどがあります。

また、バイエルにこだわらずに、大人向けの曲集なども弾くと、楽しんで弾けると思います。

エレクトーンとピアノでは、鍵盤のタッチが違いますので、バイエル以外にハノンなどを使って指の練習をされることをお薦めします。

ピアノを楽しんでくださいね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカシオキーボード教室とピアノ教室はどう違うの?

小2の娘が、ピアノを習いたいといって、ほとんど毎日家にあるキーボード(61鍵?)をしています。弾いている曲は、ピアノを習っているお友達から教えてもらった曲や、キーボードに内蔵されている曲を鍵盤が光るので、それで覚えて弾いています。ただこのままでは両手は弾けません。かれこれ半年ほどしているので、本当に好きなのだと思います。
私自身音楽の経験がないので、ピアノが好きなのか、キーボードが好きなのかは分かりません。
両方の教室を比べたのですが、カシオキーボード教室は月謝も安く、キーボードもうちにあるので、こちらの方が気軽に始められると思ったのですが、カシオコードなるものがあるようで、そのため
(1)完全に両手で弾けるようになるのか
(2)楽譜がどれほど読めるようになるのか
が分かりません。
カシオキーボード教室にいかれたことのある方教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

私は単なる一般人ですが(小さい頃、ピアノ教室に通っていました)、どちらも(1)(2)は継続していくことで力をつけてしていけると思います。それぞれそれなりの楽典(音符や楽譜の見方など、音楽的な勉強)のレッスンもあると思います。

ピアノは、指の動かし方や、力加減によって音色も変わってきます。音色に個性が出るのです。それに対し、キーボードはピアノと比べるとそういう個性が出にくいと思われまが、電子的な楽器のため、音色を変えて楽しむことも可能です。
ピアノは鍵に向かって弾くことを学んでいくのに対し、キーボードはそれにプラスして機械の操作なども教わっていくのだと思います。よくデパートなどでキーボードの演奏をしていたりしますが、その際、音色を変えるフロッピーなどを入れ替えていたり(演奏中に自動的に音色が変わる設定になるのだと思います)、足での操作もありますよね。

また、もし娘さんが音楽に目覚めたり才能を発揮するようになったとき、音楽関連の高校や大学に進学するにはピアノの試験があります。この試験というのは、ただ曲を弾ければよいというのではなく、ピアノの鍵のタッチの仕方や表現なども重視されるので、そういった点はキーボードでは鍛えにくいです。

私は単なる一般人ですが(小さい頃、ピアノ教室に通っていました)、どちらも(1)(2)は継続していくことで力をつけてしていけると思います。それぞれそれなりの楽典(音符や楽譜の見方など、音楽的な勉強)のレッスンもあると思います。

ピアノは、指の動かし方や、力加減によって音色も変わってきます。音色に個性が出るのです。それに対し、キーボードはピアノと比べるとそういう個性が出にくいと思われまが、電子的な楽器のため、音色を変えて楽しむことも可能です。
ピアノは鍵に向かって弾くことを...続きを読む

Qピアノ初級者 バイエル以外の教則本

ピアノ初級者の教則本についてご意見を伺わせて頂ければと思います。

【質問者情報】
=============================================================
年齢:
 ・20代後半
ピアノ経験:
 ・独学で約1か月
使用しているピアノ:
 ・電子ピアノ KORG SP-250
練習時間:
 ・平日約1時間、休日2時間(最初の3週間はもっと少ないです)
使用教材:
 ・必須50課題を厳選 短期修了バイエル教本(全体のレベルアップ用)
 ・バーナムピアノテクニック(1)(指の運動用)
 ・こどものバイエル名曲集 上・下(初見練習やモチベーション継続用)
習熟度:
 ・ある程度の目安にしかなりませんが、バイエル55番がゆっくり弾ける程度です
弾けるようになりたい曲:
 ・坂本龍一 戦場のメリークリスマス
 ・ベートーベン ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章
 ・ドビュッシー 月の光
 ・スタジオジブリ映画の曲
=============================================================

あまり調べもせずバイエルから始めましたが、色々なサイトや本を見ていると
 ・4期の曲を扱うものと比べて音楽性が育たない
 ・ハ長調や同じような音型のものが多い
 ・譜読みの上達が速くならない
 ・飽きやすい
など否定的な評判を見ます。

ピアノ教室などで扱わなくなってきているようですが
実際にはバイエルを扱わない場合、導入~中級は
どのような教則本を用いておられますでしょうか。
急ぎでもありませんので色々なご意見が伺えればと思います。
宜しくお願い致します。


また、独学ではなくピアノ教室に通えば解決かもしれませんが、
飽きやすい性格なのでもう少し自分の中で継続できてからの方が
良いのではなどと考えています。
週1回30分のレッスンは今の実力だとほとんど何も進まないような気がして、
その点でも躊躇しています。

ピアノ初級者の教則本についてご意見を伺わせて頂ければと思います。

【質問者情報】
=============================================================
年齢:
 ・20代後半
ピアノ経験:
 ・独学で約1か月
使用しているピアノ:
 ・電子ピアノ KORG SP-250
練習時間:
 ・平日約1時間、休日2時間(最初の3週間はもっと少ないです)
使用教材:
 ・必須50課題を厳選 短期修了バイエル教本(全体のレベルアップ用)
 ・バーナムピアノテクニック(1)(指の運動用)
 ・こどものバイエル名曲集 上・下(初見...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧なお礼を頂いたのでまた調子に乗ってやってきました

頂いたお礼の中で「好きな曲を暗譜して・・」とありますが
暗譜して弾いたら譜読みがうまくならないので、譜面を大事に譜面に忠実に、強弱やスラーなども良く見て表現を考えながら練習される方が良いです。
弾けるようになりたい曲をあげていらっしゃいますが
同じ曲でもいろんなアレンジが出ていますので
本屋さんで楽譜をご覧になれば弾けるものがあると思います

どんな些細な曲にも表現がありますのでバイエルにも表情を付けると飽きませんよ(笑)
例えばバイエル55番の中盤で、2小節ずつで同じ旋律が繰り返されますが
こういう場合は2回とも同じ強さで弾かないでどちらかを弱くするとかします。
そしてその後は前半と同じ旋律が出て来ますがしっかリ弾いてフィナーレ!とか(笑)

たくさん曲を練習すれば色んな音型にも譜読みにも慣れると思います。
私は教材のことはあまり良く知らなくてごめんなさい
どうぞ他の人の意見を参考になさってくださいね。
失礼しました。

Qエレクトーンでのピアノの練習法

現在私はピアノに興味があり、来年春にピアノを購入し、先生のところへ習いに行くつもりでいる者です。

来年の春までかなり時間がありますし、ちょうど家にはエレクトーンがあります。そこで、春に先立って、エレクトーンでピアノの練習をしようか、と考えています。

しかし、このエレクトーンは、母が20年ほど前に購入したという代物です。音も安っぽいですし、タッチも当然付けられません。ちょうど、足踏みオルガンの足踏みをしないもの、ぐらいに考えていただくと分かりやすいと思います。

そこで、皆さんにお聞きしたいのですが、このエレクトーンでピアノの練習をする方法はあるでしょうか。もしあるとすれば、どんな方法、またどのような曲がよいのでしょうか。

それとも、エレクトーンでの練習は止めたほうがいいでしょうか?

何かご存知でしたらお教えください。お願いします。

Aベストアンサー

 エレクトーンをピアノの代わりっていうのは、ほとんど代わることができません。同じところというと鍵盤があって、押すと音がなるぐらいじゃないでしょうか。

 でも私は、#5さんと同じことですが、鍵盤さえあれば鍵盤の位置などを指に覚えさせることができると思っています。
なので「新しい簡単な楽譜で初見視奏の練習」ならできそうです。
初めて見る楽譜を見てすぐに弾くということです。

 私は現在ピアノをやっていまして、それでPCで音楽を作ったりするときに、キーボードがで少しの時間弾くのですが、全然弾き方も変わってきます。一回変な癖がつくと、戻すのに手間がかかります。だから、ただ弾く程度に押さえてはいます。
 私も思ったけど、#4さんがおっしゃっているように、来年の春にピアノを買われるのでしたら、それまで待った方がいいかもしれません。変な癖もつきますし。

Qピアノ、エレクトーン教室の月謝について

個人の自宅でピアノやエレクトーン教室のお月謝はみなさんいくらでしょうか?
今後、お教室を開く予定なので参考にしたいので。
ちなみに次のうちどれか教えて頂けると助かります。

(1)幼児、小学生、中学生、高校生、大人
(2)初心者又は初級、中級、上級
(3)趣味程度に習ってる、本格的に習ってる

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

長年ピアノを教えている者です。
先ず一律月謝か、レベル別月謝にするかを最初にご自身で決める事です。
ピアノでいえばバイエル終了までは初級としている方や音楽教室が多いですが、実際は初級クラスの方が手はかかるので、最近では一律月謝が多いようです。
月謝はそれこそ月4回で5千円位から、1レッスンで数万の所もあり一概には言えません。
これからなさるのなら、音楽教室に問い合わせし、そこより少し高めくらいで良いと思います。
又、生徒が勝手に休んだ際も、振り替えレッスン等煩わしい事も多々あるため、1レッスン月謝方式にしてる方も多いです。
ちなみに私は1レッスン5千円、月2回で8千円いただいてます。
生徒は全員大人の方で、教え初めて35年近くになります。

Qピアノとエレクトーンの違い

私は20年以上前にエレクトーンを6年習っていました。今、娘がピアノを習い始めて丸2年です。
 空いた時間に私は娘のピアノでいろいろ弾き始めたのですが、主人が「聞いていると子供のほうが綺麗な音を出している。」というのです。もちろんスラスラ弾ける度は私のほうが断然上です。ただピアノはエレクトーンにはない左手も1本づつ弾くということがあり、慣れていない私は苦戦はしているのですが。
 ピアノとエレクトーンはもちろんタッチが全然違います。それに音の強弱も難しいです。どのようにしたらピアノの基本タッチが身につけられるのでしょうか。娘が習い始めた時は特別こうして弾こうという指導はなかったように思います。何が私と違うのでしょう。
 本屋で「簡単なジャズピアノ」みたいな本を見つけ弾きたいと思っています。主人の「基本がなってないんだからなに弾いても同じじゃー」の言葉にへこんでいます。

どうぞよろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

エレクトーンは鍵盤を「押す」と機械的に音が出ます。
ピアノは鍵盤という板を使って「弦を叩く」のです。

1.まずは、鍵盤を「押す」のではなく、
鍵盤を「叩いてはじいて」みましょう。
指も手首も高くあげて、はずむように、ぽーんぽーんぽーんと。

2.次に、はじいて手首が上がっても「指先は鍵盤につけたまま」にしてみましょう。

3.最後に、はじいても手首を下げたままにしてみましょう。
指先に「弦を叩く感触」があれば、もうこっちのもんです。

こうなれば、p は小さく弱く弾くことではなく、弦を静かに柔らかく叩くこと。
f は強く大きく弾くことではなく、弦をフルに幅広く叩くことであることが判り、
どんな小品でもすばらしい音楽的な作品として演奏することが可能になるでしょう。

がんばって、素敵な音色を奏でてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報