徳川政権下の足利家はどういう扱いをされていたのでしょうか?
義昭は、秀吉から1万石をもらって朝鮮出兵に参加し、
1597年死亡までは調べられたのですが、
その後の足利家です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

すでに回答がありますが、将軍家の方は義昭で断絶しています。

一方鎌倉
公方は鎌倉公方→古河公方→喜連川氏となって、明治維新を迎えています。

喜連川氏は、外様大名ですが徳川氏によって厚遇されています。これは
徳川氏に系図を貸したからだ、と言われています。
    • good
    • 0

15代将軍義昭の嫡子義尋の子供は僧籍に入ったため、嫡系は断絶、一説によれば、義喬、義在の2人が別にいたが、一色氏を継いだり、永山氏を継いだということになっています。


参考
http://www.interq.or.jp/pluto/minstrel/Rekishi/D …
http://village.infoweb.ne.jp/~fwiy9889/index.html
    • good
    • 0

他に「阿波公方」というのがいます。


19世紀はじめくらいまで徳島に居たみたいですが、
その後京に戻って、・・・

どうなったか知りません(ごめん)。

江戸時代、蜂須賀家にいじめられたみたいですが。


那賀川町立歴史民俗資料館
http://isweb1.infoseek.co.jp/~rekimin/

阿波公方略史
http://isweb1.infoseek.co.jp/~rekimin/gaisetsu/k …
    • good
    • 0

どうも将軍家は後絶えたようですが、鎌倉公方の方は、明治維新まで続いたようですね



参考URL:http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/668 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故、豊臣秀吉は朝鮮出兵をしたのか?

教科書に書かれている以外に真実があるような気がしてなりません。。。

説(1):戦国乱世を平定した秀吉は、既に論功行賞に宛がう国内の領地がなくなったため朝鮮半島へ攻め入った。という教科書どおりの説がやはり正しいのでしょうか?

説(2):秀吉自身が朝鮮半島の出身者?であったため、日本で蓄えた大勢力を自国制覇に利用したが失敗した?

説(3):現在の天皇家は古代百済系王族の血を引いているとの説がありますが、その百済は663年に唐と新羅の連合軍に滅ぼされています。
従いまして、その当時の天皇が秀吉を関白に据えることによって臣下とし、「天皇家の軍」として積年の悲願であった「朝鮮半島の奪還」をさせようとした?

特に(3)についてわたしのこだわりがあるのですが・・・

思い込むきっかけは幕末の長州藩にあります。「関が原の戦い」をきっかけとした不遇な江戸期、260年間幕府に対して水面下で臥薪嘗胆を唱え続けてきた長州藩や薩摩藩に(3)の思いを重ねてしまいました。

当然秀吉の時代当時の天皇家も脈々と受け継がれて来た「家の掟」なるものが存在したのではないか?と勘繰る訳です。

さらに、明治以降も理由はどうあれ「征韓論」などと称し、これまた半島支配を伺いました、菊の紋章を御旗として。

「任那日本府(存在したかは分かりませんが)」の時代から「昭和の敗戦」まで天皇家は朝鮮半島経営に脈々と執着を持っていたのではないか?という気もしてまいります。

武士支配の時代(鎌倉期~江戸期)以外、天皇支配の時代は常に朝鮮半島が絡んできました。

なにか関係があるとしか思えませんが、みなさまはどのようにお考えなりますか?

教科書に書かれている以外に真実があるような気がしてなりません。。。

説(1):戦国乱世を平定した秀吉は、既に論功行賞に宛がう国内の領地がなくなったため朝鮮半島へ攻め入った。という教科書どおりの説がやはり正しいのでしょうか?

説(2):秀吉自身が朝鮮半島の出身者?であったため、日本で蓄えた大勢力を自国制覇に利用したが失敗した?

説(3):現在の天皇家は古代百済系王族の血を引いているとの説がありますが、その百済は663年に唐と新羅の連合軍に滅ぼされています。
従いまして、その当時の...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.amazon.co.jp/%E9%80%86%E8%AA%AC%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2%E3%80%8811%E3%80%89%E6%88%A6%E5%9B%BD%E4%B9%B1%E4%B8%96%E7%B7%A8%E2%80%95%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%87%BA%E5%85%B5%E3%81%A8%E7%A7%80%E5%90%89%E3%81%AE%E8%AC%8E-%E4%BA%95%E6%B2%A2-%E5%85%83%E5%BD%A6/dp/4093796815/ref=pd_sim_b_2/503-9517106-8947906

読者のレビューを見ると、「教科書には載ってないこと」が書いてありそうなんですね。


どんな内容が書いてあるのか知りたくて、検索かけてみました。

http://72.14.235.104/search?q=cache:lAcNQM8_AY4J:toron.pepper.jp/jp/middle/wakou/shiwaku.html+%E9%80%86%E8%AA%AC%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2+%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%87%BA%E5%85%B5&hl=ja&ct=clnk&cd=17

【村松氏によると、秀吉は本気でスペインとの同盟を考えていた。
しかし、同時に、明が西欧によって支配されれば、
将来それは必ず元寇以上の日本の脅威になるとも予測していた。

したがって同盟が不可能ならば、
近い将来、明がスペインに攻略される前に、
独力で明を攻めて、これを日本の支配下に置くほか無いと考えたのが、
いかにも唐突な秀吉の朝鮮出兵の動機だったのではないか?というのである。】

だそうです。



(3)ですか?
ううーん。
私はもっとすごい説を知っていますよ。
日本の神道は本当はイエス・キリストを奉っている、ってものです。
秀吉は、西洋の侵略政策として、宣教師をまず侵略予定地に送り込み、信者を獲得し、信者に自分達を支持させ乗っ取るという戦略を知り、それでそれを利用し、あるいは退けようとして、隣国と団結し侵略を阻止しようとしたこともあったようですが、これまた複雑そうです。
しかし、危険視したキリスト教が実は既に日本の中に入っており、その派閥は侵略のため利用されたキリスト教とは派閥というか集団が違う、というもの。

西洋が使ったキリスト教はパウロ派で、日本の中に既に入っているのはペトロ派。
そのペトロ派がユーラシア大陸を横断し、秦氏となり日本の天皇の派遣した軍隊によって援護され、無事日本に渡ってきて今に至る神道を作った、とするものです。
(天皇家と同族だから迎え入れた、というもの)



が、秦氏が原始キリスト教団の子孫であることが立証されないと、この説はトンデモの域を出ない。
秦氏についてはいくつか説がありますが、どうやら出目を故意に消したようで、辿れないんですよね。

http://www.amazon.co.jp/%E9%80%86%E8%AA%AC%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2%E3%80%8811%E3%80%89%E6%88%A6%E5%9B%BD%E4%B9%B1%E4%B8%96%E7%B7%A8%E2%80%95%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%87%BA%E5%85%B5%E3%81%A8%E7%A7%80%E5%90%89%E3%81%AE%E8%AC%8E-%E4%BA%95%E6%B2%A2-%E5%85%83%E5%BD%A6/dp/4093796815/ref=pd_sim_b_2/503-9517106-8947906

読者のレビューを見ると、「教科書には載ってないこと」が書いてありそうなんですね。


どんな内容が書いてあるのか知りたくて、検索かけてみました。

http:...続きを読む

Q秀吉の朝鮮出兵

1592年~1598年に、秀吉が朝鮮に出兵した事についての2つの質問です
一般的にも学校でも、「秀吉が明、インド、西洋を征服しようとし、まず明を攻撃するために途中の朝鮮を侵略した」とされて、教えられています

その1
一説には、これは秀吉の企みともう一つ、「百済滅亡時日本に亡命した百済人の子孫による祖国回復のための戦いだった。」と言われる説もあると聞きました
つまり、「朝鮮出兵は秀吉の構想実現の戦争と、古代百済人による祖国再建戦争と復讐戦争だった」と言うわけです
だから、鼻や耳をそいだり、残虐な事を「古代百済人がさせた」という説なのです
歴史的な一説としては非常に興味深いのですが、ふと思ったのが、亡命してきた古代百済人はその後何百年も日本人との血の交わりもほとんどなく、朝鮮百済人としての意識を持ち続けた、というのは本当でしょうか?
この説の出が韓国だ、というのも興味深いです

その2
「秀吉の朝鮮戦争は、明の日本侵略を阻止するための防衛戦争だった」という説はどれほど信憑性があるのでしょうか?
「朝鮮出兵は日露戦争や朝鮮併合と同じ動機だった」という説です
秀吉は日本侵略の足がかりとなる李氏朝鮮を抑えるために侵攻した、という話は世間でほとんど聞いた事がないのですが、真実はどうなのでしょう?

この2つの質問、どなたか回答お願いします

1592年~1598年に、秀吉が朝鮮に出兵した事についての2つの質問です
一般的にも学校でも、「秀吉が明、インド、西洋を征服しようとし、まず明を攻撃するために途中の朝鮮を侵略した」とされて、教えられています

その1
一説には、これは秀吉の企みともう一つ、「百済滅亡時日本に亡命した百済人の子孫による祖国回復のための戦いだった。」と言われる説もあると聞きました
つまり、「朝鮮出兵は秀吉の構想実現の戦争と、古代百済人による祖国再建戦争と復讐戦争だった」と言うわけです
だから、鼻や耳をそいだ...続きを読む

Aベストアンサー

こういう問題については、理由は複数あるものです。

国際政治学者の高橋和夫教授は次の説を挙げています。
1,大名に分け与える土地が無かった。
2,戦争を職業にする層が出来ると、戦争の為の
 戦争をするようになる。

しかし、これ以外にも、三回目の元寇を阻止
するためだ、という説もあります。
これを見て下さい。
 ↓
・天智天皇7年(668年) 大化の新羅の賊
・弘仁3年(812年) 弘仁の新羅の賊
・弘仁4年(813年) 弘仁の新羅の賊
・弘仁11年(820年) 弘仁の新羅の賊
・弘仁4年(813年) 弘仁の韓寇
・弘仁11年(820年) 弘仁新羅の乱
・貞観11年(869年) 貞観の韓寇
・寛平5年(893年)および寛平6年(894年) 寛平の韓寇
・延喜6年(906年) 延喜の新羅の賊
・長徳三年(997年) 長徳の入寇
・寛仁3年(1019年) 刀伊の入寇(刀伊とは高麗の支配下にあった満州族の一派)
・文永11年(1274年) 文永の役(元寇)(文永の役は高麗軍が中心となった侵略)
・元中6年(1389年) 戦艦300艘による高麗・李氏朝鮮の対馬侵攻
・応永26年(1419年) 応永の外寇

日本は、半島や大陸から、これだけ侵略を受けてきました。
まともな人なら、日本の為には、大陸や半島を
なんとかせねば、と考えるのではないでしょうか。

こういう問題については、理由は複数あるものです。

国際政治学者の高橋和夫教授は次の説を挙げています。
1,大名に分け与える土地が無かった。
2,戦争を職業にする層が出来ると、戦争の為の
 戦争をするようになる。

しかし、これ以外にも、三回目の元寇を阻止
するためだ、という説もあります。
これを見て下さい。
 ↓
・天智天皇7年(668年) 大化の新羅の賊
・弘仁3年(812年) 弘仁の新羅の賊
・弘仁4年(813年) 弘仁の新羅の賊
・弘仁11年(820年) 弘仁の新羅の賊
・弘仁4年(813年) 弘仁の韓寇
・...続きを読む

Q秀吉朝鮮出兵での虎狩について

文禄・慶長の役の2つの役の間に
多くの大名が虎狩を行ったと聞いております。
理由は虎の肉が不老不死の薬になると聞いた秀吉が諸大名に虎の肉を送るようにと指示したからだと聞いております。

そこで、この虎狩について
(1)どの程度の虎が日本におくられたのか
(2)実際に虎狩を行ったのはどの大名(支配下の軍)がおこなったのか
について具体的にご存知の方がおりましたらお教えください。出典等を添えてお教えいただければなおありがたいです。

Aベストアンサー

「常山紀談」には清正および家臣が、鉄砲で撃ち殺した虎の皮5枚を、秀吉に贈ったと書かれているそうです。
「陰徳太平記」によると吉川広家は猛虎を生け捕り、檻に入れて送り、秀吉を喜ばせたそうです。

Q秀吉の朝鮮出兵、済州島は?

1592の各藩の朝鮮出兵では釜山から漢城に攻め込んでいますが、済州島は全く関係なかったのでしょうか?文禄、慶長の役で済州島が登場しない理由を知りたいです。1609年の薩摩の琉球侵攻のように侵攻して搾取することを考えてもおかしくないと思いました。
済州島を奪おうという藩や権力者はこれまでに存在したのでしょうか?

Aベストアンサー

港湾が無いので優先度が低い。

秀吉自体が、大明征服後は、寧波に拠点を置くと述べているように安土桃山時代の大名は船舶による兵站優先志向です。
安土城は、琵琶湖に飛び出た半島
大坂城は、淀川水系と瀬戸内航路の交点
広島城は、太田川デルタの上(大坂城を参考にしたことは有名)
江戸城は、利根川水系と江戸湾

済州島は火山島のため天然の良港がありません。
http://wedge.ismedia.jp/mwimgs/4/f/-/img_4fb7cc8b61459e0f571a98259f22240d810206.jpg
遣唐使の時代ではありますが、済州島を経路にしていません。

琉球侵攻は、上記の遣唐使の図で言えば、明との交易確保のための 北路(朝鮮半島経由)が難しいので、南島路(西南諸島経由)を開発しようということになります。
ただ、当時の大名の発想は、すぐに武力行使するということになりますが

Q秀吉の朝鮮出兵について

大きな理由の一つに 戦い場所のなくなった武士の雇用問題が有ると思いますが(褒美としての土地の確保など)

国内平定の後 出兵以外手段はなかったのでしょうか?

徳川は浪人問題に対して殆ど無策でその後 幾つかの乱が起こっていますが こういった場合には何か有効な政策とかは無いのでしょうか?

Aベストアンサー

3の疑問にお答え。
秀吉は、歴史的に観ても非常に魅力的な人物です。
彼が歴史の舞台に、暖め草履の初登場から日本を統一した直後までは
活き活きとしたエピソードに彩られてますが、その後から亡くなるま
では一気に精彩を欠いた晩年を送ります。
老い、家臣に恵まれずといった理由の他に統一後に訪れた支配体制の
維持管理の難しさに直面したことがあったと思われます。

隣国に敵対する戦国大名がいたころは、自分の領内の経済活性化が
自由におこなえました。
しかし、その敵対大名が自分の支配下になった時、それまでの経済
活性化政策は彼らの力を増大させるだけで自分への脅威をも増大させる
ことに気づいたのです。      
外国との貿易は、国内産業の育成になりますが同時に西国大名(毛利、
島津、長宗我部等)の増強にもつながるのです。
家康や家光の粘着質で周到なまでの鎖国/幕藩体制作りを見ればそれは
あきらかでしょう。
結局、検地や刀狩りといった支配体制の確立ぐらいしか彼には打つべき
政策がありませんでした。
そして信長同様に、(外国との交易防止や既存宗教団体の保護のため
に)キリスト教徒の虐殺といった残虐行為をも行わなければならなく
なったのでしょう。

秀吉も、大規模な楽市楽座や外国との交易をやりたかったと思います
よ。ハデ好きな秀吉は、日本中の侍や百姓が生き生きとした生活を
送れる国をきっと目指したはずですから。
でも、それをやれば、せっかく作り上げた統一国家も自分の政権も
瓦解することに気づいた時、
秀吉は、本当の意味での挫折感に打ちのめされたんじゃないで
しょうか。
そのことや他の解決不可能な問題も抱えたことが、晩年の精彩をかいた秀吉のイメージにつながるのだと思います。

3の疑問にお答え。
秀吉は、歴史的に観ても非常に魅力的な人物です。
彼が歴史の舞台に、暖め草履の初登場から日本を統一した直後までは
活き活きとしたエピソードに彩られてますが、その後から亡くなるま
では一気に精彩を欠いた晩年を送ります。
老い、家臣に恵まれずといった理由の他に統一後に訪れた支配体制の
維持管理の難しさに直面したことがあったと思われます。

隣国に敵対する戦国大名がいたころは、自分の領内の経済活性化が
自由におこなえました。
しかし、その敵対大名が自分の支配下に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報