金のイオンをエタノールで還元する実験をしました。
金のコロイドができたようなのですが、反応機構がわかりません。
手がかりになるような文献(できれば日本語)、ホームページもしくは具体的な反応を教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

たしか,電気的反発とかが関係していたような・・・.


以下のURLなんかいかがでしょうか.

参考URL:http://www.grn.mmtr.or.jp/~noriko/GoldColloid/ex …塩化金酸とクエン酸の反応
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
クエン酸での反応は調べていたので資料もありましたが、エタノールでの還元の機構がわかりませんでした。
電気的反発と言うのは、ホームページによると微粒子(コロイドも微粒子ですよね。)になってからの話みたいなので、直接は関係ないのかも…と思いました。

お礼日時:2002/01/30 13:57

ANo.#2 の rei00 です。



 「コットン・ウィルキンソン 無機化学(下)」(培風館)には,『金(III)化合物はほとんど錯体であり,強力な酸化剤である。』と書かれています。

 これからすると,ume_pyon さんと BOB-RooK さんの回答が合っていると思われます。
    • good
    • 0

 下のURLは色の変化に言及したページなので、反応機構としてはクエン酸還元の例しか出ていませんが、基本的にはエタノールが酸化され(悪酔いの原因物質アセトアルデヒドを経由して二酸化炭素まで)て塩化金酸が還元されて0価の金になったものと考えればよろしいのではないでしょうか。


 Au3+ → Au0

参考URL:http://www.grn.mmtr.or.jp/~noriko/GoldColloid/ex …
    • good
    • 1

さきほどお答えいたしましたume_pyonです.


先ほどは質問の意図を勘違いしていまして,すみませんでした.
エタノールで還元できるのか,どういう機構なのかってことですね.
私がNo.208347で「電気的反発」と申したのは,colloidさんの質問を「なぜ金が沈殿ではなくてコロイドという形で析出するのか」と勘違いしたためです.
んで,以下は私の憶測にすぎないのですが,参考になるのであればご覧ください.

私は,この酸化還元反応が,同じ貴な金属であるCuとメタノールの反応と似ていることに着目します.つまり,
CuO + CH3OH --> Cu + HCHO + H2O

この場合,銅Cuは酸化数+2で,強い還元性を示します.だから,「アルコールで還元した」というよりも,「銅がアルコールを酸化した」と考えると,相対的に銅はアルコールによって還元されたことになります.
同様にして,塩化金酸H[AuCl4]についても,酸化数+3の金は還元性が強いのではないかと思われるので,金がアルコールを酸化したと考えることで,還元機構が予想されるのではないでしょうか.反応機構は,エタノールがアセトアルデヒドに酸化される機構を基準に考え,そこにAu3+がどう作用しているのかを推測すればよいかと思われます.

ただし,「金の還元性が強い」というのは,銅と金は同じ11族元素という点から,性質が似ているであろうという憶測なので,信憑性は定かではありません.そもそも,塩化金酸(俗には塩化金ですかね)は金と王水の反応の生成物で,金は単体として存在するのが有利なのではないでしょうか.となると,酸化できる相手(この場合はエタノール)が存在していれば,自分の持つ酸化数を減らして単体化したがるのかもしれません.

まあ,以上はあくまでひよっこの私の予想なので,間違いだらけかもしれません.あと,これ以上の反応機構の解明については,私の知識には遠く及ばないかもしれません(^^;)>

    • good
    • 0

 もう少し具体的に操作をお書きになった方が回答が得られやすいかと思います。



 関係ないかとも思いますが,参考 URL の様な記述がありました。ヒョットしたら関係あるかも。

参考URL:http://www.nimc.go.jp/publication/news98/30-2.html

この回答への補足

希塩化金酸水溶液にエタノールを加え、超音波洗浄を5分ほどかけたものです。
エタノールのほかに、超音波も関係しているのでしょうか?

補足日時:2002/01/30 15:15
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルカリイオン水でクエン酸やアミノ酸をのんでも効果は変わらない?

いつもお世話になっております。
健康の為、アルカリイオン水を常用しておりますが、
キレート効果が体に良いということで、クエン酸も飲み始めました。
また、運動時にはアミノ酸をのんでいます。

そこで、混ぜて飲んでも効果は変わらないのでしょうか?
素人としては、
クエン酸(酸性)とアルカリイオン水(アルカリ性)を混ぜると中和して、その効果まで中和=ゼロに
なってしまうのではないかと心配しております。
アミノ酸は、どうなんでしょう?

素朴すぎる質問かもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>そこで、混ぜて飲んでも効果は変わらないのでしょうか?

 変わりませんよ。
実は、酸っぱいのが苦手な人の為にあるのかどうか知りませんが、
クエン酸ナトリウムといって、クエン酸を中和しているものも実はあります。
勿論、クエン酸もクエン酸ナトリウムも効果は同じです。
 それから、アルカリイオン水のpHもそれ程下がりません。

>アミノ酸は、どうなんでしょう?
 
 基本的に問題ありません。もし、クエン酸を飲んで問題が生じるのでしたら、
アミノ酸の経口摂取には、何の効果も無いことになってしまいます。
 アルカリイオン水のことも含めて、摂取したら”胃酸(塩酸)”に晒されますからね。

Q反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構につい

反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構についてですが、

1)はまずmethylamine hydrochlorideが作用してエナミン構造をとりその後NaH(OAc)3により還元というながれでよろしいのでしょうか?またなぜここはNaH(OAc)3のような還元剤を使ってるのでしょうか?オレフィンがあるためそこを還元しないようこの還元剤を使ってるのでしょうか?

2)これはアミンの水素を引き抜いてアニオンにした後オレフィンに求核攻撃するのでしょうか?またはホルムアミドがなんらかの動きをして行くのでしょうか?

どちらかでもいいのでアドバイスなどよかったらお願いします。

Aベストアンサー

まず、MeNH3Clはメチルアミンの塩酸塩ですよね。塩酸塩になってにるのだから、MeNH3Clの窒素上には非共有電子対をもっていませんよね。だから、MeNH3Clには求核性を持ちません。MeNH3Clに求核性を持たせるために、トリエチルアミンを加えて、MeNH2にしています。メチルアミンにすれば、求核性をもちますので、基質であるカルボニル化合物と反応して、イミンを形成をします。イミンの形成反応は、可逆反応であり、イミン形成と同時に水を生じます。したがって、イミンの形成に少しでも平衡を傾けさせるために硫酸ナトリウムにより水を除去していると考えられます。
イミン形成後にイミンをNaBH(OAc)3よりアミンへと還元しています。NaBH(OAc)3という還元剤を用いるのは、反応性を低い還元剤をつかったほうが、副反応の恐れが少ないからでしょう。

 
下のほうはマンニッヒ反応のようなことが起こっているのではないかとおもいます。

Qクエン酸とカルシウムのキレート効果について

カルシウムを体内に吸収させやすくするためにクエン酸が有効と聞きました。
では実際に、カルシウム1gを体内に吸収させるのに有効なクエン酸量は何gなのでしょうか?
また、クエン酸ナトリウムとかが入っているとキレート効果の妨げになるものなのでしょうか?
詳しいサイトや文献などがありましたら、それらもふまえて教えてください。

Aベストアンサー

>クエン酸カルシウムとかいう形 になって体内に吸収されるのでしょうか?
吸収部位を十二指腸に限ると.吸収される化学種はカルシウムイオンです。他の形態では吸収されません。

>これら二つはどれくらいのパーセンテージで反応するものなのでしょうか?
手元に資料(一例としてはスタビリティコンスタントおぶメタルイオンコンプレックス)がないので見当がつきません。かい離定数と錯形成定数から計算します。ただクエン酸はたしかマスキング剤として比較的広く使われていますので.ある程度安定な錯体を作ります。したがって吸収可能な2かのカルシウムの存在量はかなり少なくなるはずです。

Qエタノール→アセトアルデヒド→酢酸 反応機構

二クロム酸カリウム水溶液を用いてエタノールを酸化させていく反応がありますね
エタノール→アセトアルデヒド→酢酸 としていく反応です

このとき各段階 エタノール→アセトアルデヒド 
          アセトアルデヒド→酢酸

では何が起こっているのですか?
反応機構を教えてください

Aベストアンサー

参考URLの図のとおりです。

参考URL:http://kusuri-jouhou.com/chemistry/jones.html

Qクエン酸の消臭効果について教えて下さい

看護研究でクエン酸を用いて便臭に噴霧して消臭実験を行ないます。クエン酸
がメチルカプタンやインドール、スカトールなどに消臭効果があるのでしょうか。酸を用いた中和反応をさせたいのですが、化学式もよくわからないまま実験を行なおうとしています。クエン酸で本当に消臭できるでしょうか。誰か教えて下さい。よろしくお願いします。実験開始まで時間が有りません

Aベストアンサー

キレート作用は有名です.
 http://www.eonet.ne.jp/~u-suke/cleaning.html
http://www.myph.jp/katorea2626/pc/free.html
http://www.kyousei-nara.jp/kuensan/newpage1.htm
http://kuensan.jp/k22.htm
 http://www.healthybest.jp/info/info_05.html
 http://www.melon.or.jp/melon/Jversion/ecolife/04_how2/housekeeping/02jyuusou.html
 
上記より効果ある濃度と3段階位の液を作り,いろんな臭いに振り掛け試験をしますが,人の鼻はなれが有るから意外と難しいものです.
何人かでやれば傾向はつかめるはずです. 

Q錯生成反応、中和反応、酸化還元反応について

これら3つの特徴を教えてください。
友達同士とかだと中途半端な答えでもわかってもらえそうなのですが、改めて聞かれてみるとなんと答えれば簡潔でわかりやすく言えるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

錯生成反応:錯体を生じる反応(これじゃわかりませんかね?)

中和反応:酸と塩基が反応して塩と水を生じる反応。

酸化還元反応:原子の酸化数の変化を伴う反応。

簡潔にはしたつもりですが、わかりやすいかどうか・・・

Q腎臓結石に対するクエン酸の効果について

3年程前から腎臓結石があり、通院と服薬(猪苓湯)で2~3個は石が出てきました(シュウ酸カルシウム結石でした)が、あと3個程がどうしても落ちてこないので、知人にクエン酸が結石を溶かすらしいよ、と言う話を聞き試したいのですが、そこで

(1)本当にクエン酸が結石を溶かす効果があるのか?あれば1日に何g位摂取すれば よいのか?

(2)クエン酸はスゴイすっぱいらしいので長期に服用して歯が溶ける事がないか?

(3)その他、結石を溶かす薬、お茶、サプリなど御存知の方がいらしたら教えて頂け ると嬉しいです。 
         宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

今、できた結石を溶かす薬はないといってもいいでしょう。
薬がない以上サプリにはなおさらありません。
ただしクエン酸には結石予防の効果はあります。
ウラリットというクエン酸製剤が痛風の方の結石予防に使われています。
尿のphを調節しながら飲む薬で、医師の支持なしには服用できません。
アルカリに傾きすぎると、他の成分の石ができやすくなるので、要注意です。
これ以上石ができないように、
正しい栄養の取り方(カルシウム製剤の摂取とか)と正しい生活指導(水分を多くとるとか)を
ぜひ医師に確認してください。

参考URL:http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3949101A1025_1_06/

Qどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるのでしょうか?

化学反応は、おおまかに分けて酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである。という話を聴いた事があります。

確かに、化学の教科書で化学反応のページに載っているのは酸・塩基反応と酸化還元反応です。

世の中には、数え切れないほどの化学反応があると思うのですが、どんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する、というのはいまいち信じられません。

化学反応の種類というのはそんなに単純に分けられるものなのでしょうか?
たとえどんな化学反応が起ころうとも、どんな化学反応式に出くわしたとしても、「酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである」というような態度で化学を勉強しても問題ないのでしょうか?

また、有機化学の分野では付加反応とか縮合反応など、いろいろな名前の反応が出てきますが、これもより一般的に考えれば酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する化学反応なのでしょうか?

Aベストアンサー

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めているのはそれが電子状態がもっとも安定だからなわけで、歪んでいるというのはその結合内に電子密度の差が出来ている状態です。これを解消するために反応が進行するわけですからやっぱりおおまかには酸、塩基反応と言っていいでしょう。またラジカルの反応は一電子酸化、還元になります。長ったらしく書いてしまいましたが電子状態に差がなければ少なくとも有機反応は進行しませんので、そのようなことを理解した上ならどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるといっていいと思います。
最後に勉強の姿勢ですが、このような考え方は有機合成反応の反応経路を勉強するのには非常に役に立ちます。立体などの知識は必要ですが、基本的には反応式を見てそこにある分子のもっとも電子密度の高いところと低いところを反応させていく、それだけで教科書レベルの反応は全て説明可能なはずです。

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めて...続きを読む

Qクエン酸がアレルギーに効果があるって本当?

みなさん、こんにちは!

お酢などに含まれているクエン酸がアレルギー症状の緩和に有効だという話を聞きます。
クエン酸と言えば、高校の生物の授業で、『TCA回路』で使われ、エネルギーの生産に重要だということは習った覚えがあります(うろ覚えですw)。

そのクエン酸がどういった原理で、アレルギーの症状を緩和させるのでしょうか?
私もアレルギー体質なのですが、以前朝と晩にお酢をガバガバ飲んでいた時は、アレルギー症状が不思議とほとんど出ませんでした(今はお酢を飲むのを止めてしまったからか、アレルギー症状が結構きついです)。

詳しい方いらっしゃいましたら、どうぞカキコお願いします!!

Aベストアンサー

 こんにちは!

 アレルギーの根本原因はいろいろだと思いますが、結果的には、抗原抗体反応にほかなりません。
 体液がエネルギー不足や疲労の蓄積で、酸性体にかたむくと、ある種の白血球は過敏状態となり、殺菌毒(活性酸素)やヒスタミンを放出し、アレルギーを起こします。
 アレルギー体質の人は、体が酸性体に傾いていることがわかっています。

 クエン酸はミトコンドリアの中でATPを生成し、それをエネルギーとして細胞は疲労を回復します。また疲労物質である乳酸などを中和し、あるいは、乳酸をクエン酸回路に引き込み、ATPに変換させます。さらに体液の流れをスムーズにし、体を弱アルカリ体(PH7.4)に誘導します。
 その結果、免疫反応の興奮は沈静し、過剰反応を抑えることができます。

 以上です。

Q酸化還元反応の実験について教えてください!

学校で、以下のような実験を行いました。


過マンガン酸カリウム水溶液を5.0ml試験管に量り取り、これに希硫酸を数滴加える。
そこに5.0mlのヨウ化カリウム水溶液を少しずつ加え、変化をみる。
さらにデンプン水溶液を3~4滴加える。
別にヨウ化カリウム水溶液を10.0ml試験管に量り取り、デンプン水溶液を3~4滴加えて比較する。


この実験において、どの物質がデンプン水溶液と反応したのかを教えてください。
ヨウ素デンプン反応がどういう反応なのか知らないので、その部分を詳しく説明していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ヨウ素デンプン反応というのは、文字通りヨウ素(I2)とデンプンの反応で青色(だったっけ?)を呈する反応のことです。つまり、過マンガン酸カリウム/希硫酸の働きでヨウ化カリウムからヨウ素が生成したわけです。

ヨウ化カリウムにおけるヨウ素の酸化数はー1、ヨウ素(I2)の酸化数はゼロですから、ヨウ素が酸化されています。酸化されるものがあれば還元されるものもあるはずで、この場合それはマンガンです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報