プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

タイトルの反応ですが、シュウ酸は還元剤、熱濃硫酸は酸化剤なので、酸化還元反応が起こると思いました。
よって、予想では二酸化炭素と二酸化硫黄と水が生成すると思いましたが・・・

実際にはシュウ酸が分解して二酸化炭素と一酸化炭素と水が得られるそうです。
これは、濃硫酸の脱水反応によるものだと思います。

なぜ、酸化還元反応が起こらないのでしょうか?
それとも、二酸化炭素が発生することから、酸化還元反応の一種なのでしょうか?

A 回答 (2件)

酸化還元反応が起こるかどうかは、酸化剤と還元剤の酸化還元電位を比べると分ります。

シュウ酸の酸化電位は出ていると思いますが、硫酸の還元電位はなかなか見かけないですが、硫酸の還元電位の方がシュウ酸の酸化電位よりも大きくないと酸化還元反応は起こりません。おそらく硫酸の還元電位がとても小さく、酸化剤としては非常に弱いためではないでしょうか。

あと、二酸化炭素と一酸化炭素と水が得られるのはご指摘のように、脱水反応ですね。このほか、シュウ酸を加熱分解したときも同じ反応が起こり、二酸化炭素と一酸化炭素と水が得られます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
参考になりました。
硫酸の還元電位を調べてみたいと思います。

お礼日時:2006/09/30 23:33

シュウ酸から二酸化炭素になった炭素は酸化されたことになりますし、一酸化炭素になった炭素は還元されたことになります。

しかし、シュウ酸全体としては酸化も還元もされていないことになります。
つまり、シュウ酸の分子内での酸化還元反応ということになります。硫酸も還元されてはいません。

>なぜ、酸化還元反応が起こらないのでしょうか?
脱水反応の方が速いからということでしょう。もしかすると硫酸の酸化力が不足しているのかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/30 23:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング