マネーサプライを増やすと、どういった効果が生じるのですか????
例えば、古典派(ケインズなら?)なら、金利が上がるとか、場合分けで、教えてください。

A 回答 (1件)

景気停滞時に、マネーサプライを増加させる(つまり金融政策を取る)ことで、景気回復を図ることが出来るというのが、ケインジアンの考え方です。


これに対して、マネーサプライの増加はインフレを招くだけで、景気回復には無効であるとするのが古典派です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマネーサプライにおいての金利の低下とニクソンショック直前のアメリカについて

Wikiのニクソン・ショックを読んだのですが、よく分からないところが多々ありました。

ニクソンショックの背景と顛末の欄の4行目で「景気過熱で経常収支が悪化するアメリカは・・・」とありますが、普通景気が過熱したら企業や個人のお金の流通が増えて、その分税金が増えて国は潤うんじゃないんですか?

それと、6行目の「・・・マネーサプライが増えるため金利は抑制され・・・」とありますが、なぜ市中にお金がたくさん流通すると金利が下がるんですか?「銀行や企業の持つお金の量も増えるから金利を下げられる」と考えれますが、その分インフレーションが進むと思います。インフレが進んだ分、お金を貸し出す金額も大きくなって銀行の持つお金も減ってしまうと思います。そうなると、プラスとマイナスが相殺しあって、結局は金利は下げれないと思います。

Aベストアンサー

>ニクソンショックの背景と顛末の欄の4行目で「景気過熱で経常収支が悪化するアメリカは・・・」とありますが、

経常収支の悪化とは貿易も赤字、資本収支も赤字ということです。赤字の状態でベトナム戦争やらで財政赤字で海外資金に依存で、これが資本収支の赤字なわけですね、貿易も赤字で消費が活気付いている状態です。簡単にいうと固定相場の中でドルを刷り続けて消費が活気付いていたのです。税収以上に借金による消費をやったことになります。

>それと、6行目の「・・・マネーサプライが増えるため金利は抑制され・・・」とありますが、

ドルの下落が予想されていたので黒字国の日本の円、ドイツのマルクがドルを買い支えたということです。買い支えるということは「ドル買い円売り」「ドル買いマルク売り」です。ドルの価値を維持するために円とマルクに交換したのですからマネーサプライもその分増えます。
マネーサプライが大きくなるとインフレを起こします。インフレを抑えるためには金融引き締め、つまりは高金利政策です。抑制とは高金利にしたということです。

Qマネーサプライについて

マネーサプライとはどういう意味なのでしょうか?
市場での貨幣の供給量という説明がありましたがいまいち理解できませんでした。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

貨幣と言うよりも通貨でしょう。

参考URLを見れば多少分かると思います。

参考URL:http://allabout.co.jp/career/economyabc/closeup/CU20040412A/#1

Qマネーサプライを増やす動機について

率直に質問です。
マネーサプライを増やす動機について、
・市中のお金の循環が悪い
以外にどんな理由がありますか?

教えてください。
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

 消費者物価指数の安定

参考URL:http://www.boj.or.jp/seisaku/01/pb/k010319a.htm

Q金融機関貸出平残とマネーサプライの関係は?

金融機関の貸出平残が450兆ほどのようですが、マネーサプライは750兆円ほどあり、この差がどこから出てくるのかわかりません。

http://www2.boj.or.jp/statistics/dl/depo/kashi/kasi1111.pdf

この貸出平残には
中央政府への貸し出しは含まれないようですが、
個人の住宅ローンや
また
FXで外貨を買う際の円の貸し付け、信用取引で株を買う際の円の貸し付けは含まれていないのでしょうか。

Aベストアンサー

> この差がどこから出てくるのか

預貯金になっていないお金です。例えば証券会社を通じて直接金融となっている場合や、現金取引に使われている場合、公庫などから借りた場合などが含まれます。


個人の住宅ローンは含まれるものもあります。銀行が貸している分は含まれます。

> FXで外貨を買う際の円の貸し付け、信用取引で株を買う際の円の貸し付け

これらは基本的には証券会社等から借りるものなので、含まれません。

Qアメリカのマネーサプライが発表されるサイト

アメリカの通貨供給量(マネーサプライ)が発表されるサイトをご存じでしょうか。
定期的に発表されるM2の指標や過去のデータを見たいと思っています。
FRB等のサイトを見たのですが、よくわからなかったのでご存じの方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

Wikipedia より
http://en.wikipedia.org/wiki/Money_supply

ここの下の方の Data にある FRB へのリンク先
http://www.federalreserve.gov/releases/h6/current/default.htm
http://www.federalreserve.gov/releases/h6/hist/h6hist1.txt
ではダメでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報