【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

今から20年前の公共料金で毎月1万円程度払っていました。
その後は、インフレ?デフレ?どうなのか、現在の価値でおいくら位なものですか?
その頃、お給料の手取りでは、毎月15万円程でした。
これも、現在の価値にすると、おいくら位になりますか?
ただ、お給料については、最低賃金が当時より上がっているので現在の価値にしたら。
と、なりますよね?
それぞれ、おいくら位と考えるのが妥当ですか?
詳しい方、よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    ご親切なご回答ありがとうございます。
    殆ど同じとしても、最低賃金は上がっていますよね?
    そこはどうなんでしょう?

      補足日時:2016/03/06 19:52

A 回答 (5件)

>殆ど同じとしても、最低賃金は上がっていますよね?


そこはどうなんでしょう?

実質賃金が下がっているということは、最低賃金は上がった分、他にしわ寄せが行ったということです。すなわち、最低賃金は上がった分は最低賃金で働いていない普通の労働者の給与、もしくは平均給与などが下がったことで埋め合わせをしたということ。

追加で、#3で示したサイトプラス、http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhas …をあわせると、

1995年で110、 2015年9月で94くらいですので、この期間で16%くらい実質賃金は落ちています。

相当な落ち込みで、これで景気がよくなるはずはありません。消費税アップが悪い。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2016/03/07 00:50

ず~っとデフレ経済だったので、実質は今と変わりません。


消費税上がった分で、若干同程度にインフレになっただけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2016/03/06 19:52

http://ecodb.net/country/JP/imf_cpi.html
1994年で101、2015年で104ですので、3%くらい物価は高くなっています。よって1万円の価値は約3%減。

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhas …
日本の実質賃金指数の推移
1994年で107、 2013年で97くらいですので、この期間で10%くらい賃金は落ちています。さらに近年もさらに落ちたはず。実質賃金なので、物価上昇分は考慮されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2016/03/06 19:52

20年前ならそれほど変わりませんね。


値上がりしたのはタバコ、バス電車、学費・・・もちろん公共料金も上がっていると思います。
が、しかし、大幅に下がっているものもありますね。
土地や家屋などは下がっていると思います。
ユニクロなども20年前のほうが高かったです。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4719.html
こちらの表を見ても、殆ど変わっていませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2016/03/06 19:53

統計で見たらそれなりに、11,000とか12,000とかだと思うが、


体感的には同じ。だって、20年前1996年に1万円で買えたもの、
今も同じに買えますよ。上手くすれば9,000円ぐらいでとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2016/03/06 19:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています