出産前後の痔にはご注意!

今年から奨学金を貰うために指導教員の推薦所見というのを提出しなければなりません。

これは自分で下書きをしなければならないといわれたのですが、どのような文体でかけばいいのかわかりません。推薦されるのに「私が」とはかけず、かといって教授が自分を推薦するように書く書き方というのがわかりません。

もしよろしければ、文例があるとわかりやすいのですが、簡単な文章でいいので例を書いていただけないでしょうか。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

文例は学生課などにありませんか。

あるいは上級生で提出経験のある人に聞くとか。
強いて書けば
「○○××君は、成績優秀で、性格的には何々の特徴があり、学友からも信頼されている。経済的に学資の支弁が困難であり、安心して勉学できるよう奨学金の支給をお願いしたい。指導教員として責任をもって推薦できる学生であると確信している」
程度でしょうか。
どうせ、といっては身も蓋もないのですが、指導教員の推薦書なんて見ないと思います。成績と親の収入だけで点数が決ります。(これは旧育英会の場合で大学独自の奨学金はもっと真面目に書かないといけないかも知れません。)
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。学生課にはちょっと聞いてなかったですね。
明日確認してみます。
例文を書いて頂き、大変分かりやすいです。参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/04/12 21:12

誰から下書きを薦められたのでしょうか?



推薦所見なのですから、その人が書くべきで、あなたがやるべきことではないと思います
もし、提出するというのなら、自分自身はこういう人間で、こういうことをがんばっているというようなものを、先生に提出するなら分かりますが…
    • good
    • 1
この回答へのお礼

その指導教員にですね。。。
あまりよくないこととは思うのですが、こういうことが他の大学、研究室でも行われているとのことです。
内容は考えてあるんですが。。。どうも出だしをどうかけばいいのかわからなかったので。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/04/12 20:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教授推薦書の書き方について

こんにちは
私は、現在大学四年の学生です。
来年、春からは東京の企業で働くことになっています。

最近、企業から教授に推薦書を書いてもらうように言われました。しかし、教授にお願いしたのですが、自分で書け、とのことです。
後で、添削はしてくれるそうです。

教授推薦書とは、どのように書けばよいのでしょうか。企業からは特に用紙・文字数などの指定はなくフォーマット自由で書いてもらい、提出せよとのことです。

分かる方は、お手数ですが教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> しかし、教授にお願いしたのですが、自分で書け、
> とのことです。

「中身の下書きを」自分で書いてみて、ですね。


推薦書は、構造として
o 推薦者と推薦される者との関係
o 推薦される者の人柄・評価
o 推薦者の立場・属性などや、署名捺印
o 推薦書としての形式
の4つの部分に分けられれます。

ただ、あなたにとっての指導教員としての教授の先生は1人かもしれませんが、推薦書を頼まれた先生からみればたくさんいる学生の一人であるわけで、正直なところ『書く内容が思いつかない』わけです。仮にぱっと中身を思いついたとしても、成績をつけるように欠点とかも遠慮なく書いてしまったら「こんな欠点のある学生を推薦するんですかアンタは」と、その先生は会社から思われてしまうわけであり、さらには、その先生からあなたはそのように思われているとも会社から思われてしまうわけです。

というわけで、特に前2つについて、
o 4年間のうちどれくらいの期間のお付き合いか、なぜその学生を指導するようになったのか(どういう動機で何を勉強しようとあなたはその先生を選んだのか)、など
o 授業・ゼミ・研究、それに大学での課外活動、さらには大学に関係ない個人としての趣味・特性など
などが該当します。とりあえずは『他人からどう見られているか』という点をまず書いてみてはどうでしょうか。

その上で、それが単なる他人ではなく教員に書いてもらうとしたら...という見え方・書き方にアレンジしたもの、そしてそれを4項目目に相当する、公文書らしい形態(宛名・日時・文責、それに署名してもらうスペースなど)にして、下書きとして先生に渡せばよいでしょう。なお、最終的に紙に印刷したものを署名捺印してもらって封をするような形になります。

あんまり形式ばる必要はないのですが、どうしても形式のイメージがわかなければ、ビジネス文書の形式を参考にするといいかも。
http://www.teglet.co.jp/naoko/ の「ビジネス文書」の「紹介推薦」からの例文がちょっと参考になると思います。


学生の就職にあたっての推薦文の考え方として
http://pweb.sophia.ac.jp/~t-oka/edu/suisen.html
というのがありました。参考までに。

> しかし、教授にお願いしたのですが、自分で書け、
> とのことです。

「中身の下書きを」自分で書いてみて、ですね。


推薦書は、構造として
o 推薦者と推薦される者との関係
o 推薦される者の人柄・評価
o 推薦者の立場・属性などや、署名捺印
o 推薦書としての形式
の4つの部分に分けられれます。

ただ、あなたにとっての指導教員としての教授の先生は1人かもしれませんが、推薦書を頼まれた先生からみればたくさんいる学生の一人であるわけで、正直なところ『書く内容が思いつかない』わけ...続きを読む

Q奨学金の推薦状

4月から国内の大学院に進学を予定しているものですが、奨学金の申請を考えております。

そのため、指導をして下さる先生の推薦状を提出しなければなりません。
このことを先生に相談したところ、自分で文章を考えてきて、とのことでした。

推薦状を書いていただいたことのある方は、どのような内容を、書いていただきましたか?

全く見当がつかず、困っております。
どんな些細な事でも結構ですので、回答していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

全く見当がつかないということですので、とりあえず切り口をつけるつもりで私の案を述べさせていただきます。私自身そのようなレベルの推薦状を書いてもらったことなどなく、書いてあげたことなどさらにない状態ですが、要するに大学院とは既成の学問を学ぶ場ではなく、真理の追及の場であるという認識が基本なのです。だから大学教授も修士課程までは何とか権威をもった「教授」でいられるが、博士課程になると院生にばかにされている、という話があるのです。
私はこのあたりに関する複数の話を聞いており、それらを総合した結果としてそんなイメージをつかんでいますので、下記のような推薦文を考えてみました。
「申請者は経済的には余裕がありませんが、学問に前向きであり、高度な就学の意欲を有しています。既に○○大学○○学部在学中には○○を○○のごとく研究して○○のような成果をあげており、大学院ではその上に立って○○を研究したいという意欲を有しています。院を卒業後も生涯を通じてなおも真理を追求する意欲もうかがえ、院生としてそのための基礎を学ばせることは十分社会的意義があるものと認められ、同時にそれは大学の責任であると思われます。よって申請者を院生適格者としてここに推薦いたします。つきましては奨学金の給付につきましても、格段のご配慮をいただけるようお願い申し上げます」
無責任なようですが、何かと表現がおかしかったり、内容的に過不足がありましたら、後はご自分でお願いします。

全く見当がつかないということですので、とりあえず切り口をつけるつもりで私の案を述べさせていただきます。私自身そのようなレベルの推薦状を書いてもらったことなどなく、書いてあげたことなどさらにない状態ですが、要するに大学院とは既成の学問を学ぶ場ではなく、真理の追及の場であるという認識が基本なのです。だから大学教授も修士課程までは何とか権威をもった「教授」でいられるが、博士課程になると院生にばかにされている、という話があるのです。
私はこのあたりに関する複数の話を聞いており、そ...続きを読む

Q大学院の奨学金に必要な推薦所見について

初めまして。
大学院の奨学金の出願に必要な推薦所見について質問をしたいのですが、自分は今年度M1になる者です。

指導教官にお願いしたのですが、まずは自分で考えてそれを元に考えると言われてしまいました。

内容は簡単な研究内容と人物についてなのですが、研究内容は問題ありません。人物についてどういった事をどのように書くのがよいのか教えていただけないでしょうか。
所見を書いた経験のある方どうかお願い致します。

Aベストアンサー

奨学金の推薦なので、あなたが将来有望であることを説明できるような内容が必要でしょう。
そのためには、学生時代のゼミやサークル等でリーダーシップを発揮したとか、なんらかの困難な状況を耐えて切り抜けたとか、友人の間での信頼が厚いとか、でしょう。もちろん、こつこつと努力を積み上げるタイプとか、天才肌であるとか、いろいろありますよね。
ただ、指導教官が「???」と思うような過大評価や美辞麗句はさけたほうがいいでしょう。

Q高校に出す推薦書の書き方

よろしくお願いします。
息子が私立高校を単願で受験することになり、推薦で行けそうなんですが、三者面談の時に担任から「高校に出す推薦書を親が書いて下さい」と言われました。
本当なら先生が書いて高校に提出するものです。
でも、担任は「○○さんに書いて貰ったら、それを見て私が清書して提出しますので、よく考えて書いて下さいね」と言われました。
主人に言うと「それって、先生の怠慢なんじゃないのか?」と苦笑いでしたが、それが普通なんでしょうか?
その推薦書には、推薦理由と人物所見を書かなければいけません。
どんな事をかけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

某県立高校の教員です。私も進路指導で大学や専門学校を受験する生徒の調査書や推薦書を書くことがあります。◆生徒たちは学校の先生というのは自分のことをよく知っていると思いがちですが、言うまでもなく必ずしもそうとはいえません。小学校ならまだしも、中学や高校の学級担任というのは自分のクラスの生徒のことをどれだけ理解できているのだろうかと思います。教科(科目)ごとに授業担当者が異なり、朝と帰りのホームルームでしか生徒と顔を合わせない日もあり、休み時間や放課後の教室の様子もよくわからない、生徒同士の人間関係だってどこまでほんとうにわかっていることやら・・・。こう書きますと、教師はいったい何をしているんだとお叱りを受けてしまうかもしれませんが、多くの教員はそれでも生徒一人ひとりをできる限り把握しようと生徒の観察に日々努め、個人面談を実施したり、いろいろな情報を得るよう努力はしているのです。それでも生徒のことを何でもかんでも理解するのは難しいことです。◆進学希望の生徒が担任に「推薦書」を書いて欲しいと頼んでくる場合、日頃の学習状況やクラスでの活動状況など見えるところは、作成してあるデータや記録に基づき文面を考えますが、その生徒の志望理由、将来の希望、学校生活の様子などでこちらで十分掴み切れていないところについては、あらかじめ生徒にメモを書いてもらうようにします。あるいは「自己推薦書を書いてみて」と言って、生徒自身に自分のことを振り返り見つめる機会を与え、同時に担任が気づいていないことを知るようにしています。そうやって、いろいろな材料を集めて「推薦書」を作成し、教員からの一方的な視点で記すことにならないようにしています。◆ですから、今回のケースで、担任が親御さんあるいは生徒に協力を求めることは理解できます。質問者様の担任の先生がおっしゃった「○○さんに書いて貰ったら、それを見て私が清書して提出します」というのが単なる丸写しさせてもらいますの意味なら、その先生の姿勢に大きな疑問を抱きますが、そうではなく、ここでは「箇条書きのようなメモ書きでもよいので、よりよい『推薦書』を作成するための材料を少し『提供』してくれませんか」という意味なのでは、と私は感じました。担任が気づかなかったことも盛り込みながらよりよい「推薦書」にしたいというお話なのではないでしょうか。◆肝腎の書類の内容ですが、「人物所見」の欄には、本人の性格(例:几帳面な性格で他人への思いやりに富む。というような長所を中心に)、中学での学習状況(成績がどの程度、得意科目、得意科目はどのような分野に関心が高く、どんなところに力を入れて学習したか、苦手科目はどのように克服に努めたか)、部活動(役職、大会実績など)や生徒会活動、クラス活動、行事での役割など、ほかに校外での活動(ボランティア、地域活動、クラブチームなどでの活動など)、取得資格、趣味、特技などを書きます。◆「推薦の理由」の欄には、その高校の特色をあげながら、本人が何に惹かれたのか。そこでどのような高校生活を過ごしたいと考えているか(←部活動などで本人が伸ばせるものがあるなら、中学時代の実績なども記す)。現段階では卒業後どのような進路を望んでいるか。学校見学に行ったとしたら、いつ、何回くらい行き、本人がどこに惹かれたか、強い印象を受けたかなどを書き、本人が入学を熱望していることを記します。◆長くなりました。読みにくくてごめんなさい。何かおわかりにならなかったら、また補足の欄でさらにご質問ください。

某県立高校の教員です。私も進路指導で大学や専門学校を受験する生徒の調査書や推薦書を書くことがあります。◆生徒たちは学校の先生というのは自分のことをよく知っていると思いがちですが、言うまでもなく必ずしもそうとはいえません。小学校ならまだしも、中学や高校の学級担任というのは自分のクラスの生徒のことをどれだけ理解できているのだろうかと思います。教科(科目)ごとに授業担当者が異なり、朝と帰りのホームルームでしか生徒と顔を合わせない日もあり、休み時間や放課後の教室の様子もよくわからない...続きを読む

Q所見の書き方を教えてください!

高校3年なのですが4月から働きます。
そして会社から課題として働く上での心構えや社会の仕組み、人間関係、キャリア開発などについて書かれた冊子を読んで要約、所見を2000字以上で書きなさいというものが出ました。
要約はなんとかできたのですが、所見とはどういったことを書けばいいのでしょうか?
こういったものを書いたことがないのでわかりません。

それと2000字以上ということですが要約だけで4000字を超えてしまいました。それでも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

内定おめでとうございます。
要約までは出来たとのことなので、
それを踏まえて、小冊子を読んだうえでの自分の仕事への抱負や社会人としての目標、会社でやってみたいこと等を書けば良いと思います。
また、要約と所見合わせてならともかく、要約だけで4000字は少し長いような気がしないでもないです。
可能であれば高校の担任の先生や国語の先生、進路指導の先生に見てもらうと良いかと。
お仕事頑張ってくださいね。

Q研究計画書をいかに上手くゴマカすか

理工系の学科です。現時点で2校ほど受けようと思っているのですが、「研究計画書」のように2000字ほど要求してくるところと「志願理由書」のように200時程度でよいところがあります。

卒研担当教官の下についた時点で大雑把な研究分野は決まっているのですが、はっきりとした研究テーマは決まっておりません。まともなやり方では「研究計画書」は書けない気がします。

院に行きたい理由も「まだ働きたくない」とか「親は進学するならその間はお金を出してくれるから」とか「単に学歴がほしい」といったものです。
「志願理由書」に胸をはって書ける理由ではありません。

言い方は悪いのですが、これらの書類を「無難に要領よくごまかして書く」テクニックをアドバイスいただけないでしょうか。

それから、このような問題解決に役立つ参考書もありましたら、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

研究計画書は,いわゆる理系論文のイントロ~実験方法までを書けばいいのです。一例としては,

・その研究分野における問題点
・自分の着眼点
・具体的に何をしたいのか
・実験方法
・最も成功するとどうなるか
・参考文献

という流れでしょうか。もし本気で書くなら,それぞれの項目をまずは1~2文ずつぐらいで書いてみて,徐々に肉付けしていけば良いでしょう。もし,「無難に要領よくごまかして書く」ということでしたら,(決してお勧めしませんが)既に報告されているマイナーな論文のイントロ~実験方法の部分を,大げさに和訳して書けば良いのではないでしょうか? 面接で「それは既にやられているんだよ」と言われたら,残念そうに「勉強不足でした」と答えれば良いだけです。

> このような問題解決に役立つ参考書

理系論文の書き方の本がよいでしょう。最近出版された「これから論文を書く若者のために(共立出版)」は,なかなか良い本だと思います。

Q大学の入学金・授業料免除の申請時の理由

私は来年大学へ進学するのですが、経済状況が厳しいため入学金と授業料免除の申請をしようと考えています。
しかし申請時の理由を何と書けばいいか良く分かりません。
現在の状況をそのまま書けば、姉が私立大学へ自宅外から通っており、借金もあるため私の分までの授業料は払えそうにありません。
しかし4人世帯で収入は450万円ほどあるためこの理由では認められないように思います。
一般的にはどのような理由で申請を出すのでしょうか?
知っておられる方がおりましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

この時期から授業料減免の心配をするなんて、しっかりしてますね。
私の受験生時代とは大違いです(^_^;)

>現在の状況をそのまま書けば、姉が私立大学へ自宅外から通っており、借金もあるため私の分までの授業料は払えそうにありません。

↑この文章をもう少し改まった感じにして、もう少し具体的に書けば立派な理由になりますよ。
あとはそれを証明する書類を不備なく揃えて申請しましょう。
世帯年収については大学がどう判断するかわかりませんが、
申請しなきゃ絶対に免除にならないわけですから、あきらめずにまずは申請しましょう。

それと、経験者としてのアドバイスですが、減免の申請は必ず申請期間終了の1週間くらい前までにしましょう。
申請書類を見ればわかりますが、添付する書類の数の多さや、それを揃える煩雑さはハンパじゃありません。

私の場合、地方から出てきて下宿しており、実家には祖父母、父は東京で単身赴任、母は生別という家庭事情でしたが、
・祖父の年金収入・身障者(寝たきりだったので)であること
・父の所得、住居の家賃・光熱水費
・私の家賃・光熱水費
・母が生別していること
などを証明する書類が必要でした。自宅生でないと、地元の市役所などで貰わないといけない書類もあるので、早めに行動しましょう。

国公立大(ですよね?)は独立行政法人化してからは、一昔前よりは幾分マシになったかもしれませんが、
それでもやはり「お役所仕事」ですから、少しでも不備があると申請は通らないし、
きちんと揃えたつもりでも「えっ、そんな証明書も要るのぉ~!?」ってなことを言われて窓口で突き返される、なんてザラです。
だから、期限ギリギリに申請して不備があったらタイムアウト、なんて可能性もありますよ。
(これをやり遂げたらかなり「オトナ」になれますよ(笑))

それと、授業料は全額or半額免除になっても、入学金は免除不可、というパターンは多いらしいです。
いちおう心づもりしておいてください。

この時期から授業料減免の心配をするなんて、しっかりしてますね。
私の受験生時代とは大違いです(^_^;)

>現在の状況をそのまま書けば、姉が私立大学へ自宅外から通っており、借金もあるため私の分までの授業料は払えそうにありません。

↑この文章をもう少し改まった感じにして、もう少し具体的に書けば立派な理由になりますよ。
あとはそれを証明する書類を不備なく揃えて申請しましょう。
世帯年収については大学がどう判断するかわかりませんが、
申請しなきゃ絶対に免除にならないわけですから、あ...続きを読む

Q大学院:奨学金の推薦所見

来春から大学院に通うことになったのですが、奨学金申請に必要な指導教官の推薦所見に少し戸惑っています。
旧育英会の1種・2種に申し込もうと思いますが、指導教官の推薦書が必要とありました。そこで、母校のHPなどを調べてみたところ指導教官の名前がありませんでした。転任されたか退官されたかだと思うのですが、こういう場合は皆様どうされているのでしょうか。個人的には、指導教官とは卒業以来疎遠ですし、もし退官されていたらご住所もわからないのでどうしたら良いのか…。

Aベストアンサー

学部の指導教員ではなくて
大学院の指導教員による推薦状になるのでは?

いずれにせよ、文面は自分で書いて署名捺印だけ教員にやってもらう事例がこの手の推薦状には多いですから、進学先の大学院で指導してもらう予定の先生に相談してみてはいかがですか。

もし、社会人カリキュラムなどで入学後に指導教員が決まるスタイルであったとしても、専攻長・コース長などのとりまとめをする先生が推薦者になってくれる事例があります。

Q授業料減免の理由書で、参考となる例文を教えてください。

お世話になってます。

タイから来ている友人(男)が授業料減免の申請をするのに理由書を書かなくてはならないのですが、何かいい記入例?が載っているサイトや実際に例文?を教えていただけないでしょうか。
年は26歳、大学4年で今年度が最後です。
文字数は特に決まりはないようですが、100文字~150文字程度で、よろしくお願いします。

・最後の一年間はバイトもやめて本気で論文に取り組みたい
・奨学金はもらっていない

とのことです^^;

Aベストアンサー

私も授業料免除の書類を提出し、授業料無料で大学に行っていたときがあるのですが、そのときは、
・金銭的に学費を納めるのが困難
・学生なので学業に熱心に取り組みたい
といったことを自分なりに文章にしました。
そのときのコピーがあり、読み返してみると文章はかなりヘタです。

自分なりの言葉で「なぜ申請したのか」を書けばいいのではないかと思います。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング