人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

戦艦信濃用に生産された装甲に対し,米軍が16in砲を射撃し,貫徹可能と誇らしげに大穴の開いた装甲を飾ってある写真を見ましたが,私が過去からの文献を読む限り,想定砲戦距離においては,信濃(大和改型)の装甲板を貫徹することは不可能だと信じているのですが,実際は何メートルの距離から射撃されたものと推定されますか。
射撃場はどこでその距離は何メートルで,火薬は強装だったとか,知っている方がいらっしゃいましたらお願いいたします。いや,ご想像でもかまいません。オタクな質問なので回答あるか心配・・・。

なお,本文中,「大和改」としているのは,装甲厚が十分すぎるので薄くし,3重底に設計変更したため,あえて信濃を大和改と表現させていただきました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#2です。


テストに使用した装甲板は660ミリのもので、主砲塔前盾の部分だそうです。あまりに小さな標的ですから至近距離でなくては命中できないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
私も紹介のHPを見たのですが,660ミリとなっていますね。過去の資料の記憶では,大和型は650ミリだと思っていたので,信濃型では艦体の装甲は若干薄くし,砲塔の装甲は若干厚くしたのでょうかね・・・。
それともアメリカの記載ミスなのかな・・・。

それにしても,至近距離からじゃないとあんな命中はしないですよね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/04/16 09:09

10pphさんの報告により私も英語は自信ありませんが少し状況が明らかになりました。



アメリカの試験報告では、1回目は弾着速度607m/s、2回目は502m/sということですから、発砲距離はかなり近いとおもわれます。

次に弾着が45度の傾斜の場合2回目の試験では貫通せず装甲板の途中まで穿入して爆発したようです。
(45度の傾斜は通常の戦闘距離での砲撃時に起こりやすい弾着角度)

しかし日本は表面強化処理を完成していなかったので弾着の爆発で内部に装甲板の剥離飛散が起こっただろうとしています。

結局実戦ではアメリカの16インチ主砲でも貫通させる事は無理でせいぜい砲塔内部に剥離した装甲板の破片をまき散らし砲員を死傷させる位の効果しか期待できないとしています。

10pphさんのご努力に感謝します。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうも,おはようございます。
新造当時のアイオワクラスの砲の初速は,確か763m/sだったと記憶しています。もし実験を数万メートルで実施した場合,弾着速度はそのくらいに低下するのかなと勝手に想像しますが,数万メートルだと一発であの小さな装甲に命中させるのはほぼ不可能ですから,やはり近距離から射撃したと推測するのが普通ですよね。ということは,命中時にその速度にするには,発射時の炸薬は幾分減らされていたと想像するのが自然でしょうかね。

>しかし日本は表面強化処理を完成していなかったので~剥離飛散が起こっただろう・・・
なるほど,アメリカはそのように判断していたのですね。1発目の砲弾が命中し,次弾の命中にも耐えられるように計算されたのが,表面硬化処理33%というものらしいです。日本海軍では18in砲の命中に耐え,内部の破損もないと実験から得たようです。ひょっとしたら,若干の剥離飛散はあったかもしれませんが,実戦では大勢に影響ないと判断されていたのかもしれませんね。でも,内部に破損は起こらないというのが日本海軍の前提のようです。
日本とアメリカの見解が違うところが面白いですね。

それにしても,砲弾が命中した砲塔(弾は破砕反跳)の中にいる乗員ってスゴイ衝撃を感じるのでしょうね・・・。

お礼日時:2006/04/16 10:05

再び#2です。


アメリカ軍によるテスト結果も見つけました。
砲撃距離は書かれていませんが、砲弾の速度は載っています。
テストは装甲板を垂直にして当てていますね。

私の英語は少々自信がないのですが、
テストの考察として、
実際と同じように傾斜して装着されていたら、貫通できない唯一の装甲板であると書かれているようです。

参考URL:http://www.navweaps.com/index_tech/tech-040.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も恐縮です。
読めない英文を何とか読んでいるところです(笑
ニュアンスは伝わって来ました。

装甲を垂直にするなんて・・・現代の戦車じゃあるまいし・・・。
それにしても,貫通できない装甲板と認めているのですね。
アメリカもなかなか正直なところもあるのですね。

何度もご紹介ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/16 09:38

写真で見る限り、貫通孔はほぼ水平になっています。


これは水平射撃ないしそれに近い砲撃を意味します

通常の戦艦同士の戦闘ではかなりの遠距離で砲戦することになり到達するには主砲にかなりの仰角を与えねばなりません。
従って砲弾は上ないし斜め上から着弾するので、砲塔に命中しても、砲塔の天井ないし側板に貫通孔をつくることになります。 

しかもある角度をもっていますから写真にあるような水平に近い貫通孔を作れる筈はありません。

従って主砲の砲口に近い距離で(至近距離)砲撃した結果とみられます。

アメリカ戦艦の主砲の威力を誇示するための実験でしかなく、しかも実戦ではあり得ない状況です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全くそのとおりですね。
大和型は,戦艦の砲戦で,実際に命中したとき,最も装甲厚を稼ぐことができる角度に装甲板を取り付けてありますね。

ホント,実戦ではありえないやり方で貫通させたのですね,アメリカさんは・・・。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/04/16 09:28

戦艦等の砲は、一斉に射撃してその内の何発がが命中すれば良いと言う考えですよね。

その一度に放たれた砲弾の着弾の広がりが散布界というやつです。これだと、全長250Mクラスの戦艦のどこに命中するのか全く分かりません。命中すれば儲けものみたいな考え方ですから(笑)
あの小さな主砲前楯に一発で命中させようとすると、ほとんどゼロ距離射撃(数千メートル)ではないでしょうか。
多分、アメリカ戦艦の想定砲戦距離において命中した時の終速になるよう炸薬量を計算して射撃したものと私は推測します。
でも、焦ったでしょうね。自信を持っていた自国の砲が敵戦艦の装甲を貫けなかったのですから・・・。
2つ目は、なりふりかまわず炸薬量を最強にでもして撃ったのではないでしょうか(笑)

ちなみに大和型の装甲は、通常していた表面の硬化処理をしていなかったようです。それは、せっかく手間隙かけて硬化処理を行っても、18インチクラスの砲弾が命中すれば、威力がありすぎて、表面を硬化処理したくらいでは何の意味も無くなってしまうからです。硬化処理を行った場合、弾が命中すれば亀裂等が入り、次弾の命中に耐えることが困難になります。逆に何も処理をしなかった場合の方が、装甲に粘りがあり、良好な成績を収めたと旧日本海軍の資料にあるらしいですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく説明ありがとうございます。

もし戦艦同士の昼間砲撃戦が発生した場合,アメリカ戦艦はびっくりしたでしょうね。
装甲の表面処理の話私も聞きました。全く硬化処理されていない訳でなく,硬化処理はなされていますね。装甲厚の表面から内部まで33%が第1段階の表面硬化処理で,これは実施されています。取りやめになったのは第2段階の,言ってみれば超硬化処理というべきごく表面の硬化処理のことですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/16 09:22

ワシントン海軍工廠にご質問の貫通された装甲板が展示されているそうです。


終戦後、呉の海軍工廠に保管されていた装甲板を押収したようです。
テストの場所はバージニア州のダールグレン海軍実験場となっています。
テストの結果としては2つのテストピースに対して砲撃して、1つは貫通せず、もう一つが貫通したそうです。
使用した弾頭は、406mm (Mk 8, Mod 6) AP弾と言う事です。

参考URL:http://www.nettally.com/~wright/navyard2.html

この回答への補足

おはようございます。
おお,ご紹介の写真はまさに私の言っていたものと同じです。

私の英語力では,はっきりした意味が理解出来ません(笑
英語ソフトも無茶苦茶な訳になりました。
でも,言わんとしていることは何となく分かりました。
大変参考になりました。どうもありがとうございました。

補足日時:2006/04/16 09:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません,お礼と補足を間違えてしまいました。

それにしても知識が豊富で,すごく詳しいですね。これからもよろしくお願いいたします。

お礼日時:2006/04/16 10:09

回答ではありません。

申し訳ないです。
おっしゃる通り、かなりのオタク的なご質問内容に圧倒されました。
もし、ここで十分な回答を得られなかった場合は、下記のサイトに投稿されてはいかがですか?

参考URL:http://www.warbirds.jp/ansqn/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今後,他のことでもURLを参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/04/16 09:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(戦艦大和の装甲) 410mmの鋼鈑の造り方は?

(戦艦大和の装甲) 410mmの鋼鈑の造り方は?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C_(%E6%88%A6%E8%89%A6)
ここの性能諸元の装甲欄に「舷側 410mm」とあります。こうした分厚い装甲は如何にして造るのですか。
製鉄工場の製作過程で厚さが410mmの板と呼ぶべきかブロックと呼ぶべきか、そういう形状にしたのですか。それとも例えば、厚さ7~8mmの鋼板をリベットなり溶接なりで繋ぎ合わせて、最終的に410mmに仕上げたのですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 軍艦「大和」の装甲は、呉海軍工廠の第一甲鈑所の能力を超えていたために、新たに第三製鋼工場が建設され、同工場の七十屯酸性平炉3基をつかって最大200トン鋼塊をつくりだしました。次いで、この鋼塊を鍛錬圧延するために、当時世界最大能力であったドイツ、ヒドロリック社製1万5千トン水圧機を購入し、同工廠製鋼部長・佐々川技術少将は艦各部に応じて各種甲鈑(たとえばVH甲鈑・NVNC甲鈑・CNC甲鈑など)を使い分けました。

 艦舷側装甲は、船体構造ではなく、410mm表面硬化VH甲鈑(一枚鋼板)を海上クレーンで取り付けました。固定はアーマーボルトにより、さらに下部舷側甲鈑で抑える方式を採っていました。


資料:歴史群像シリーズ 『超超弩級艦「大和」建造』学習研究社 06年10月による

   なお、同書58・59ページには舷側装甲の取り付け状況を3DのCG画像で再現されています。



 

Q戦艦大和の甲板について

子供の頃に読んだプラモデルや雑誌の説明に、
戦艦大和は敵の○○○キロ爆弾にも絶えられる装甲をもっている。
などと書いてあったのを覚えています。

でも、最近ふと思ったのですが、
大和の甲板って「木製」じゃなかったかしら?
雑誌で調べてみても、確かに木製のようです。
これでは、爆弾でなくても耐えられないのでは?

装甲が丈夫だというのは、甲板以外の部分を指していたのでしょうか?
それとも私の記憶違いだったのでしょうか?

Aベストアンサー

『大和』の甲板は、上から、『最上甲板』・『上甲板』・『中甲板』・『最2中甲板』・・・となっていますが、このうち、『中甲板』に200mmのMNC甲鈑が使われています。(『最上甲板』・『上甲板』は"防御装甲"と呼べるほどの強度はありません。)

当時、アメリカ海軍の艦上爆撃機が搭載する爆弾が1,000ポンド(453.6kg)だったので、日本海軍が使用する500kg爆弾の直撃に耐えられるようにされたと言われていますが、設計当時は、撃角55度、最終撃速の"砲弾"の直撃に耐えられるように研究されたようです。

MNC甲鈑というのは、モリブデン入りのニッケル・クローム鋼に特殊な熱処理を加えたもので、それ以前の日本戦艦に使われていたNVNC甲鈑(ニッケル・クローム鋼均質甲鈑)では強度不足ということで開発されたものです。

ちなみに、舷側水線上にはVH甲鈑410mm、水線下はNVNC甲鈑200~50mm(深くなるほど薄くなります)が、それぞれ、傾斜角20度と14度で取り付けられています。

以上、『丸』'93年2月号別冊『図説大和/武蔵』より抜粋しました。

『大和』の甲板は、上から、『最上甲板』・『上甲板』・『中甲板』・『最2中甲板』・・・となっていますが、このうち、『中甲板』に200mmのMNC甲鈑が使われています。(『最上甲板』・『上甲板』は"防御装甲"と呼べるほどの強度はありません。)

当時、アメリカ海軍の艦上爆撃機が搭載する爆弾が1,000ポンド(453.6kg)だったので、日本海軍が使用する500kg爆弾の直撃に耐えられるようにされたと言われていますが、設計当時は、撃角55度、最終撃速の"砲弾"の直撃に耐えられるように研究されたようです。

MNC...続きを読む

Q戦艦「ビスマルク」の防御力

防御力が優秀といわれるドイツ艦の中で一際有名な「ビスマルク」ですが、装甲厚を見ると排水量のわりに舷側、甲板、主砲塔どれをみてもそれほど厚いように見えません。
英・仏・伊の「リシュリュー」「ヴィットリオ・ヴェネト」「キングジョージV世」の方が装甲が厚くみえてしまいます。

そこで疑問に思ってしまったのですが、「ビスマルク」は他艦と比べ本当に防御力の優れた艦であったのでしょうか?
それとも装甲厚がではなく構造的に優れているのでしょうか?

お勧めの本、サイトの紹介でも構いませんのでご教授お願いします。

Aベストアンサー

まず、艦の耐久性、防御力というものがどういうものかといいますと・・・

要素は「装甲圧」「装甲の質」「構造」「その他防御装置」などがありますが・・・
たとえば大和は装甲圧はもちろんですが、細かい水密区画、注排水装置、バルジなど、それらも含めて、非常に高い防御力というのを自他共に認められているのです。

ビスマルクは、装甲圧はともかくとして、質はまあなかなか良いのですが、どっちにしても、現在想像されるほど屈強ではありません。

これはビスマルクが結局のところ第1次大戦型の焼き直しに過ぎない、つまり日本で言うところの金剛といったもの(ただし金剛はあくまで巡洋戦艦ですが・・)の発展系でした。
特に泣き所は甲板の装甲です。
これはあくまで、バーデン級戦艦という、第1次大戦戦艦の設計を踏襲しているためです。
この船はあくまで近距離での撃ち合いを考えており、そのため甲板防御が低くなっています。
どういうことかというと、遠距離だと砲はかなり仰角をつけて狙うため、甲板に命中します。しかし近距離だと、仰角をつけずに撃ち込む為、舷側に命中するのです。
第1次大戦頃では測定儀が発達していなかったため、水平線の遠くからの撃ち合いはあまり想定されていませんでした(しかし第1次大戦でこれが合ったため、甲板薄の舷側厚という設計は事実上否定されました)。
で、ビスマルクも甲板が薄い。舷側は厚いですが、いずれにしても総合防御力でキングジョージといった最新艦よりは劣っていたといわざるを得ないでしょう。

さて、なぜビスマルクは装甲が厚い、という風評が出たのかと考えると・・・
フォルムでしょうね。あの舷側が低くいかにも安定して、どっしりとした形。
そしてどっしりとしていながらスマートな艦の見た目。
さらには「大和が出るまで世界一」だった排水量。
このあたりが、ビスマルクが防御力に優れていた、という話が出るゆえんかと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/ビスマルク級戦艦

まず、艦の耐久性、防御力というものがどういうものかといいますと・・・

要素は「装甲圧」「装甲の質」「構造」「その他防御装置」などがありますが・・・
たとえば大和は装甲圧はもちろんですが、細かい水密区画、注排水装置、バルジなど、それらも含めて、非常に高い防御力というのを自他共に認められているのです。

ビスマルクは、装甲圧はともかくとして、質はまあなかなか良いのですが、どっちにしても、現在想像されるほど屈強ではありません。

これはビスマルクが結局のところ第1次大戦型の焼き...続きを読む

Q自衛隊用語「状況開始」を最初に誤用した犯人を捜しています。

自衛隊用語「状況開始」を最初に誤用した犯人を捜しています。

「状況開始」とは本来、「訓練状況開始」の略であり、実際の作戦行動に於いては決して使われない言葉であるのに、
よく、アニメや漫画などで「作戦行動開始」の意味で使われています。

最初に誤用した犯人は誰でしょうか?
押井守の機動警察パトレイバーあたりが怪しいと睨んでいるのですが、どうでしょう?

まっ、カッコイイから良いんですけど・・・・・
ちょっと気になってます。

Aベストアンサー

パトレイバー2を見返したので回答したいと思います。

泉ノアがテストパイロットをしている機体がデータ収集の為のテスト(訓練ではないと思います)が終わったときにメカニック?が、無線?で「状況終了」といっています。

また、劇中53:17あたりで自衛隊ヘリが「八咫烏(やたがらす)よりサクバ?、カムヤマト?の通過を確認、送れ」といっています。

「状況終了」と「送れ」を使っているのでそれなりの取材をしたのだと思います。

その上で、考えますと、以下はやはり間違っています。

橋を爆破する時に、東京で待ち構えていた警察ヘリ(と思われます)に不振に思われ、
「前方を飛行中の編隊へ、攻撃ヘリの出動要請は出ていない、所属、官制名?を名乗れ、聞こえるか?」

「ソンゼロ?より各機へ、時間だ、状況を開始せよ」

「了解、状況を開始する」

「おい、今のはなんだ? 状況ってなんだ?」

という台詞の流れになっています。
この後、特車二課が襲われます。実弾攻撃をして、パトレイバー等を壊滅されます。


行動はまさに、「作戦行動開始」が正しいです。
また、100歩譲って、無線傍受に備えて「状況開始」と言うならば、
「状況ってなんだ?」(この言葉から警察ヘリと判断しています)の時に、
多少の言い訳交信をしてもおかしくないと思うのです。

と、いうわけで、私の結論としては、押井守監督が、作戦開始を知らず、
そういう作戦の類いは、全て状況開始というものだとして認識していた可能性が高いとと考えます。
もしくは、原作の段階で取材が足らず、分かっていなかったかですね。

もうひとつの検証方法として、原作のヘッドギアか押井守監督のどちらかを
判断するには、いくつもある小説をすべて読んでみると原作者の間違いなのか、
監督が間違えたのか、もしかしたら?はっきりすると思います。

パトレイバー2を見返したので回答したいと思います。

泉ノアがテストパイロットをしている機体がデータ収集の為のテスト(訓練ではないと思います)が終わったときにメカニック?が、無線?で「状況終了」といっています。

また、劇中53:17あたりで自衛隊ヘリが「八咫烏(やたがらす)よりサクバ?、カムヤマト?の通過を確認、送れ」といっています。

「状況終了」と「送れ」を使っているのでそれなりの取材をしたのだと思います。

その上で、考えますと、以下はやはり間違っています。

橋を爆破する時に、...続きを読む


人気Q&Aランキング