判例によれば、
債務者A所有の建物と、物上保証人B所有の土地を共同担保にして根抵当権が設定されており、債務者所有の建物と、物上保証人所有の土地には、それぞれ別個の後順位担保権が設定されている。
まず、物上保証人B所有の土地が競売に付され、第1順位の担保権者Yだけが、弁済を受けた。
ついで、債務者A所有の建物の順で競売に付され、
1.建物第1順位の担保権者(債務者A・権利者Y)
2.土地第2順位の担保権者(債務者BCD・権利者Z)
3.建物第2順位の担保権者(債務者A・権利者Y)
4.建物第3順位の担保権者(債務者A・権利者Y)
の順で、その競落代金が交付された。

物上保証人Bは、債務者Aに対して求償権を取得し、代位により、債務者A所有の不動産に対する一番抵当権を取得し、物上保証人B所有の土地の後順位(土地第2順位)担保権者Zは、物上保証人Bに移転した上記の抵当権によって、債務者A所有の建物についての後順位(建物第2順位)担保権者Yに優先して、弁済を受けることができる。とあります。

ここで質問です。
1.この理論は、土地建物一括競売のときにも適用されると思うのですが、何か落ち度は無いでしょうか?

2.物上保証人Bへの抵当権Yの移転について、
(1) 土地第二順位の抵当権者Zが代位して主張できるのか、
(2) 何もしなくても当然に移転するものなのか、
(3) 物上保証人Bは意思表示だけは必要なのか、
(4) 付記登記を要するのか、

3.また、これら抵当権移転などは主張は、裁判所等に申し入れなければならないものなのか、当然にして処理されるものなのか?

以上、ご指導をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>質問1について補足します


>即時にその不足分について、担保提供者の債務者に対する求償権を建物の競落代金の残余分200万円に対して代位行使できないのか、また、同時配当の場合でも、登記を経由しなければならないのでしょうか?

gotetsuさんの云う「判例」では土地と建物の競売時期が異なり求償権の発生後の問題と思われます。一括競売(土地と建物と同時)では求償権が発生していないのでその「判例」とは違うと思われます。配当を受けるためには大前提として登記のある抵当権か、又は、競売開始決定後、配当終期の期日までに債務名義により配当要求した者でなければ配当は受けられません。従って、その200万円は仮差押か仮処分によって配当を阻止し、後の債務名義によって取立する以外にないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お手を煩わせましたが、よくわかりました。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/05 01:07

実務では、土地と建物が時間的な差で申立されますと申立不動産のみ考慮して配当しますので、途中で抵当権の移転などは配当時の登記によってなされています。

その場合は当然とその日までに抵当権の移転登記しなければ配当されません。
通常では、本件のように土地建物が同一債権者に共同担保となっている場合が多いので、その場合は個別に申し立てることはありません。(回収金額が少なくなるので)代位云々や抵当権の移転などありません。(あった場合は登記された抵当権の順位で配当します。)一括競売の場合、裁判所では、土地と建物の配当は鑑定価格の按分比例で配当しています。
以上は、実務の扱いで、理論上はさまざま考えられますが、物上保証人が求償権を取得できる時期は弁済した時期でしようから、その時期が一番抵当権者の後なら配当がそれより早くなることはないと思います。ただし、その弁済が単なる弁済ではなく被担保債権を抵当権と共に移転したなら順位も当然取得しますから一番なら一番抵当権を取得することになります。その場合、土地所有者と抵当権者が同一人となりますので物権の混同で抵当権が消滅するように考えられますが後順位の抵当権がある場合は消滅しませんし自ら自己の土地を競売することができます。
質問を整理しますと1番目=抵当権の順位で配当されますので、それまでに移転登記しなければなりません。2番目も同様、登記が必要です。3番目、競売開始決定後の移転なら「上申書」で結構ですから移転した登記簿謄本を添付し上申して下さい。そうしますと配当が受けられます。

この回答への補足

質問1について補足します
合計1000万円(内訳・担保提供者の土地600万・債務者の建物400万・共同担保で一括競売)で落札し、担保権は第一順位500万(土地建物)、第2順位500万(土地のみ)。この場合、按分で配当されると、第一順位へは土地から300万支払われ、第二順位は300万しか配当が受けられません。ところが、第二順位の権利者は、担保提供者の債務者に対する求償権を建物の競落代金に対して代位行使できれば、合計500万円満額回収できます。
つまり、観念的に按分による配当を一旦するのが前提となっており、即時にその不足分について、担保提供者の債務者に対する求償権を建物の競落代金の残余分200万円に対して代位行使できないのか、また、同時配当の場合でも、登記を経由しなければならないのでしょうか?

補足日時:2002/02/04 08:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建物表示登記・建物所有権保存登記と抵当権設定登記

自己所有地に建築資金を銀行から借りて建物を新築することになりました。
土地については地積測量図があり,隣地の地番等も明確です。
建物についても建築会社が作成した平面図等があり,求積もできそうです。
建物表示登記・保存登記の申請書の書式もHPで捜しあてました。
これなら自分で登記ができそうなのですが,抵当権設定登記との関係で現実には難しいのでしょうか。
所有権保存登記と抵当権設定登記との間に他の登記入ることを銀行が気になるのであれば,抵当権設定登記の申請と,表示・保存登記の申請の代行だけを司法書士に以来することはできないものでしょうか。

Aベストアンサー

まず表示登記は自由にしてかまいません。

保存登記と抵当権設定が問題となります。
基本的に抵当権設定がなされることが確実でなければ銀行は融資しません。
だからもし建築業者が、抵当権設定後の支払い(つまり当然引き渡し後)でもよいと言えば、保存登記も銀行指定ではなく独自に行えます。

建築業者はお金を受け取らなければ保存登記に同意しない、銀行は抵当権が設定できなければ融資しないというジレンマを解決するために銀行指定の司法書士となります。

Q所有権移転 原因が家督相続で所有者がAさんになりました。順位番号2に売

所有権移転 原因が家督相続で所有者がAさんになりました。順位番号2に売買予約を原因として所有権移転請求権保全仮登記で所有者Bがあります
2には付記1号で2番所有権移転請求権の移転(売買)で所有者C同じく付記2号で同登記の目的(同原因)で所有者D同じく付記3号で所有者Eとあります
もちろん付記は受付年月日売買年月日は違います
そしてさらに順位番号3で所有権移転で1の相続人が相続登記をしていまにいたっています。今回買収するにあたり知らない間に付記登記がなされているのでそれを抹消しないと契約に応じないとのことです。一番最後の付記3号の所有者に抹消登記依頼をすればその前の仮登記権利者などの分は時効により消滅する?と考えていいのでしょうか
仮登記&付記1&2が昭和50年代付記3が平成一桁で順位番号3の相続登記は付記3号の前年です
よろしくお願いします

Aベストアンサー

 あくまで登記簿上の権利関係から判断するとすれば、売買予約契約に基づく予約完結権が、B、C、D、Eの順に移転しています。したがって、Eがその権利を放棄して、抹消登記に応じるというのであれば、B、C、Dは関係ありませんから問題はありません。
 問題は、Eがそれに応じるかです。実体上の権利関係としては、昭和50年に売買予約をしているので、予約完結権が時効により消滅している可能性はありますが、そうだとしても相手方が抹消登記手続に協力しなければ、結局裁判によらざるを得ません。

Q抵当権の設定されている建物が滅失してしまった時の保険金への物上代位の論

抵当権の設定されている建物が滅失してしまった時の保険金への物上代位の論点で、差押を要
するとする説がありますが、この際の差押は仮差押でもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>差押を要するとする説がありますが

 明文の規定に反して差押えが不要とする学説があるのでしょうか。正しくは、「抵当権者自身の差押えを要する説がある。」でよね。

>この際の差押は仮差押でもよいのでしょうか?

 そもそも、抵当権を実行する場合、債務名義は不要です。抵当権の物上代位にもとづく差押えも同様に債務名義が不要です。ですから、わざわざ保証金を供託して仮差押をする必要がありません。

Q抵当権設定仮登記権利者と強制競売申立債権者の配当の優劣

例えば、Aさん所有土地に、Aを債務者として、債権者Bの抵当権設定仮登記があるとします。(その仮登記は、不動産登記法で云う1号仮登記とします。)
一方で、AにはCと云う債権者もおり、CはAに対して債務名義をもっているとします。(Aには、他に債権者はいないとします。)
そこで、Cは強制競売の申立をするわけですが、当該土地の評価は、Bの被担保債権を遙かに下回る場合は、民事執行法63条によって、無剰余でないことを証明するか、又は、保証して自ら買い受けの申し出でのない場合は無剰余取消になるでしようか ?
私の考えは、仮登記は順位を保全するだけで、第三者(この場合はC)に対抗することができないから、無剰余取消とならない気がします。
しかし、それならば、配当時に、Bに優先してCに配当してかまわないことになり、もし、Bが本登記をしてくるか、又は、本登記とすべき要件がそろっておれば、Bを優先して配当しなければならないです。
そこで、その優劣をお尋ね致します。
現在、実務で、思案中です。

Aベストアンサー

仮登記の配当金を供託する。
後日、本登記が可能な事を証明したときは配当。
   不可能は他の債権者に追加配当。

Q始期付所有権移転仮登記設定後、本登記前の売買による抵当権の効力

よろしくお願いします。 
現在所有者Aが、始期付所有権移転仮登記を設定(条件:Aが死んだらBへ所有権移転する)している場合、Aが生きている間にその土地をCに売却して、買主CがCの債権者Dのためにその土地に抵当権を設定した後、Aが死亡して本登記がされ所有者がBとなった場合、抵当権はどうなりますか?抵当権者は競売を実行できますか?

Aベストアンサー

これは実務ではなく仮定のことでしよう ?
「Aが死亡して本登記がされ所有者がBとなった場合」
と云いますが、Aは、生前Cに売却し所有権移転登記が終わっておれば、Bが本登記する才にはCとDの承諾が必要です。(承諾すれば抹消する。)
通常、同様な案件は、BはCとDを相手として訴訟し、勝訴判決で登記します。
なお、Dの抵当権実行は何時でもできますが、実務では、当該抵当権に優先する仮登記があるときは、手続きの進行を差し控えています。
これは、当該仮登記が非担保目的の場合ですが、そうでない場合は、進行は続行しています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報