まず最初に、私は自殺をしようと考えていませんからご安心ください。
一般に自殺は良くないことと考えられていますが、それはどのような理由からでしょうか?
「残された家族が悲しむ」・・「身寄りがなければよい」
「神の意志に逆らう行為」・・「人の意志は聞き入れないのか」
「その時は苦しくてもいつかはよいときが来る」・・「何を証拠にそのような未来が来ると判断できるのか」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生まれる時は自分の意志を反映できないのだから、死ぬときは自分の意志に従って行動してはなぜいけない?数多の動物がいるが、人間だけが自らの意志を持って命を絶つことができる、言い換えれば人型の動物と異なる点の一つに自殺という概念を持ちうるかどうかがあげられる。病気や希望の喪失などの理由はどうあれ、自殺というきわめて人間的な行動を、否定する理由は何でしょう。
オランダでは安楽死がすでに合法化されています。安楽死は肉体的苦痛からのがれる一つの方法ですが、これを押し進め経済困窮自死、願望達成自死、迷惑回避自死などを否定できるのでしょうか。(正常な精神状態において)
宗教論旨はぬきでお答えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (30件中21~30件)

いいかわるいか、ということになれば、結局は価値観の問題ですので、宗教論旨とおなじことになると思います。

誰に迷惑かけるのでなければ・・・。(生きている方が迷惑かけることもあるかもしれない・・・。)

現実逃避であり、「生きる権利の放棄」ですが、一般に「権利の放棄」でいうと、放棄している人って多いです。

ただ、こればっかりは、「やっぱり死んだのは間違いだったからやり直そう」というのがききませんから、しようとする人を止めるのは、生きている者としては当然でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっさりしたご回答ですが、一番明快な答えかも知れませんね。

お礼日時:2002/02/04 11:39

 


  わたしは、この種類の質問には、原則一回しか回答しないことにしているのですが、「自殺」という、実存存在である人間が持つ究極的な「意志の自由の行使」の是非を、中世西欧の異端審問官のような詭弁的議論で否定しようという人がいるならば、そういう非道で反理性的な議論は肯定できないと明確に述べる必要があるでしょう。中世西欧の異端審問官の論理は、「魂を救うため」「肉体を苦しめ、滅ぼし、火で生きたまま焼いても」、その人の「魂」には、「善を施しているのだ」という論理です。
 
  人間は社会的存在であり、社会共同体の網の目のなかで自己の存在があるものです。そのような人間が「自殺を意志する」ということの意味は、ただ、肉体の生命を放棄する、生を自分で終焉させるというだけではなく、実は、「内面の底までも社会的存在である自己」を、まさに否定するという意志決断の意味があるのです。こういうことを明瞭に自覚して自殺する人は、少ないかも知れませんが、例えば、中高年者の孤独自殺とか、失業者の自殺などの例が多いということは、これはまさに、「社会的関係にあるはずの自己の存在が、十全でなく、社会的存在として、死んだも同然である」と痛切に思えた時、まさに社会的存在であるが故に、社会的存在としての「生きる意義」が見出せない状態に耐えられなく、このまま「社会的存在死者」として生き続けるのは辛いので、辛いこの自己も消して、社会的存在死者たることの悲しみ・苦痛・悲痛・絶望から救われたいという思いがあることがあるのです。
 
  人間はその内面までも社会的存在であるが故、逆に「自己の社会的存在性を否定するため」の自殺があるのです。生きている限り社会的存在であることから逃れられない、生きている限り、いかに薄くなっても、様々な人との社会的関係から逃れられない……このため、それから逃れるために、まさに、どんな社会も他人も追ってこれない彼方……「死の彼方」へと逃れるという形の自殺意志があるのです。まさに社会的存在が人間であるが故、この場合の自殺は、「自己の誇り、自己の意識ある人間たる尊厳を守るための」自殺だとも言えるのです。(死んでしまえば「意識もなくなる」と言っても、その「社会的痛苦に耐え難い意識」を消すために自殺を選ぶのです)。
 
  「尊厳死」の「尊厳」とは何のことかと言えば、「社会的存在としての人間の尊厳」の謂いなのです。その「尊厳」を守るための「死」を認めると言うのは、人間は「社会的尊厳を守るため、時には死を選び」そして、その行為が称賛される場合もあるのです。例えば、ニューヨークの国際貿易センタービルの事件の時、大勢の警官や消防隊員がビルに決死で入って行き、殉職しました。いまにも倒壊するか、熱が回って危険になるビルに突入し、避難者誘導のため、高い階層に登るなど、「自殺行為」でしょう。少なくとも、生命の危険を大きくかけている行為です。単に職務としてでなく、積極的に、そうした人が大勢いたはずです。その時、彼らは「自殺行為」に敢えて向かったとも言えるのです。しかし、そうして殉職した人々を、誰も、非難などしません。むしろ、称賛しているはずです。そういうことをすると、9割以上危険なことが分かっていて、敢えて、遭難者を救いにでかけ、二次遭難で死んだ人にも、非難の声はありません。自己の社会的存在であることを実現するために死をも選んだ人を称賛する他方、自己の社会的存在の故に、その完成(社会的関係の完全な断絶も完成なのです)を求めて自殺する人が、何故非難されねばならないのか、ということです。
 
  人間は社会的存在であるが故に、自殺的行為をして、称賛される場合があるのです。ならば、社会的存在としての自己への絶望故に、社会的存在の網の目から脱しようと自殺する場合、前者は「社会に寄与するが」、「後者は社会に寄与しない」ので否定するという理屈は、おかしいものとなるでしょう。
 
  近代以前の社会は、「個人」は「社会の道具」としてあったのであり、道具が勝手に道具をやめるのはけしからぬという理屈があったのです。しかし、個人は、社会の道具でもなく、他人の道具でもなく、つまり、個人の実存は、それ自体が「目的」で、何かの手段ではないのです。実存である「目的としての自己」を完成させるに、自殺しかないというのは、哀しいことかも知れませんが、それを「社会の道具・手段である個人」が勝手に死ぬのは社会や他者ににとって迷惑だ・罪だというのは、恐るべき発想でしょう。
 
  そういう何気ない、当たり前だと思っている考えが、大勢の人の「社会的存在意味の喪失感」をもたらし、中高年者の自殺などを誘導していると言うのが事実でしょう。人間は社会的存在だから、社会の役に立つ人間が人間であって、そうでない人間は、死ねという訳にはいかないが、社会にとって不要なので、無視され、誰も訪ねることもなく、何も期待されず、この時、実存としての人は、まさに、「自己の最後の尊厳」のため、乞食のような姿で死ぬことは避けたいと思い、まだ、見苦しくない形で死ねる時に「自殺」して、自分を必要としなくなった社会から消えて、死ぬことで「社会のためになろう」という考えがもしあるなら、何という悲惨で恐ろしいことかということです。そして、このようなことが日常茶飯事にあるこの社会が、どういう社会なのか、そのような社会から「逃れて、絶対の自由を得たい」という人には、まさに、誰も追ってこない「死の向こう」に逃れるしかないでしょう。こういう「自殺」は、まさに自己の「尊厳」のための死で、それに対し、なお、社会的に無責任だとか言うのは、死者に鞭打つ行為とは、こういうものを言うのでしょう。
 
  そのようなことを考え、多くの人は自殺するのではないでしょう。しかし、本人の思考としての自覚は別に、このような状況に他ならない場合というのは、考える以上に多いのだとわたしは思います。
 
  自殺する人は、反社会的だ、などという考えが、そもそも自殺へと人を追いやるのだと言うことが分からないのだろうか、という思いです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

社会的尊厳を維持するが為に「自分のプライド故に」自死をするのは無責任ではなく、これを反社会的だという考えが自死へ追いやる。ということになる。こうなりますか?反対に取ればプライドもかなぐり捨てて生に執着する方が無責任で反社会的だとなるのですか?
文章が難解で私の理解力のなさ故、間違えて解釈していたらごめんなさい。
 それから自殺と自殺的行為は明らかに別の行動です。前者は確実に死ぬことを目的としますが、後者は1/100でも生きる可能性があれば、生き抜く努力と意志があり生き抜くことを目的とします。

お礼日時:2002/02/04 11:36

善悪の基準を.刑法に基づいて考えた場合には.


自己に対して行った犯罪的行為は犯罪としての成因の一つを欠いています。従って.何を行っても犯罪ではありません。従って悪ではありません。

生物の行動として考えた場合には.答が2つあります。一つは
生物は自己の種を増加する方向へ進むことが原則であり.この行動洋式から外れる行為は種の保存に反し悪である。従って自殺行動者はなんだかの精神疾患となっている場合であり.適切な医療が必要である。
もう一つは.その種が十分数が多く生育に障害がある場合には.種の現象が必要であり.自殺もやもえない。
どちらの答がただしいのか.わかりません。

もっとも.明治政府に始まる天皇しゅうけん政治では.私の同級生に自殺を強要するような教育を行い.次々に同級生が死んで行きました。古くからある戦闘形式ですが.やってはならないことといわれていました。臣民に対してこれを命じたのがヒロヒトです。つまり.大日本帝国憲法下では自殺は善です。先日の東海村原子力燃料再処理施設では.経営者が現場作業者に対して核分裂を行っている機械に出かけてほう酸を注入しろと銘じていたようです。つまり.日本の原子力産業においては自殺は善です。次回の核施設が暴走した時には.日本人の象徴としての人物が.ほう酸を入れに出かけてもらいたいものです。かってヒトヒトが臣民に対して命じたのですから同じ事をヒトロトの子孫自身が行っても良いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

生物的な行動からのお答えですが、個体数が多すぎる場合は、よく言われるように戦争がその個体数の保持をつとめたと言われます。ご回答からだと、モンゴルのような人口密度が低い場所であれば自死は「精神疾患」でありインドネシアのような人口密度の多い場所では「種の保存上正しい」となります。
場所によって異なるという回答では満足できません。
 思想教育的ないきさつから天皇を出すのは意味がありません。思想教育による強制された自殺を問題にしているのではなく、あくまで自己意識による自殺を問題にしているからです。時代による自殺を考証するのであれば、切腹を例題とされたほうがわかりやすく考証もふかくなったのでは?

お礼日時:2002/02/04 11:20

日々、電車の人身事故に巻き込まれているとはいうものの、自殺というものを身近に感じた事はありませんでしたが、先日、友人が自殺しました。


何故死んだのか、全く理由は分かりません。
確かに、死は自分で決める事が出来ます。
絶対にするな!と言っても、する人はするでしょう。
でも私は、友人が死んだ事により、かなりの精神的ダメージを受けています。苦しいです。でも、幾ら苦しんでも、もう何も出来ないし、してあげる事も出来ないんです。

今回の事があって、私は自殺を殺人だと思いました。
全てを否定する事は出来ないかもしれません。
でも、私に多大な悲しみと怒りを起こさせた友人は
罪人の様な気がしてなりません。

答えになってなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご友人を亡くされた悲しみはよくわかります。確かに自死と殺人は、行動がどちらに向くか、という意味では同じでしょう。お悔やみ申し上げます。

お礼日時:2002/02/04 11:01

これは宗教論旨というよりも人間の「死生観」や「倫理観」に関わる哲学的問題だと思います。


そして、1812さんがご指摘の通り人間だけが自殺出来る訳ですが、だからこそ自殺はするべきではないというのが一般的な倫理観なのだと思います。

あくまで私見ですが、人間は動物で、その動物の中でも最も高度な社会を有しており、人は社会的な関係の中で生きています。
一方、死はそのような関係との絶縁を意味し、そのような社会との関わりを否定する行為だと言えるのではないでしょうか。
1812さんの仰る通り、自殺は人間的な行為だと思います。では何故「自殺というきわめて人間的な行動を、否定する理由は何」かと言うと、人間がその自殺という行為を一般的に肯定することは、社会的存在である人間自体を否定することになるからではないでしょうか。

私達日本人の死生観とは、例えば「人は自ら死なずともやがて死は来る、ならば何故に自ら命を絶たねばならないのか。人は生きていれば今どんなに(精神的に)苦しくても必ずチャンスは来る、死ねば全ては無に帰し、その可能性も無に帰してしまう。残された家族や周囲の人の悲しみは計り知れず、それらの人々の生き方や精神的な世界にまで悪影響を与えかねない・・・」と正に1812さんが冒頭でお書きになっておられる通りだと思います。
よく考えてみると、私はそれらが全て人間社会の中でのみ通用する、人間の社会的存在の意義を説いた言い分に過ぎないように思います。
しかし、だからこそ人間なのであって、それが無ければ人間社会が成り立たないのだと思います。

自殺であろうと自然死であろうと、周囲の者は皆悲しみを感じると思います。それは死亡した人が「無」となり、社会的存在では無くなってしまった事に対する悲しみではないかと感じます。
自然死はどうしようもありませんが、自殺であればその人が思い留まることによってその人の社会的存在を維持出来ます。本人がどう思うかはともかく。

尚、私は、オランダで安楽死が合法化されているのは1812さんもご理解されておられる通り病気等の肉体的苦痛から逃れ、人間の尊厳や苦しまずに生きる権利を守るための措置だ、と理解しています。だから経済困窮自死や願望達成自死といったことは彼の地においても認められていないものと了解します。

ところで「病気や希望の喪失などの理由はどうあれ自殺というきわめて人間的な行動を、否定する理由・・・」というのはどうやら主に我々(日本人)が何故そう思う(否定する)かということを問われているようですね?何故ならオランダでは病気の苦痛から逃れるための安楽死という自殺は人間の尊厳を守る行為として認められているのですから、国や人によってその点は考え方の違いがあるのは明白だからです。

私自身は自殺がどんな場合においても絶対にダメだ、とは実は思っていません。でも、人はどんな場合でも自殺してよい、とは私の(上記の)倫理観上全く思いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ひととおり皆さんの回答を呼んだ上で返答をしておりますが、自死を個人的に認める。という回答が多いですね。が、これを社会が認めれば社会構造が崩壊するので、「社会的には認められない」このような結論になりそうですね。

お礼日時:2002/02/04 10:55

 


  「自殺はしてはならないことだ」という命題は、普遍的には出てきません。倫理的にみてもそうだと思います。また、深層心理的な、あるいは、あなたが認識されていない次元での世界の存在構造から、そういう理由が由来する可能性がありますが、そのような世界観に立たないし、あなたが自己の責任で、その結果を引き受けると言うなら、自殺が不可ということはいえません(あなたが自殺するのでない、と断っているのは分かっていますが、この「あなた」は、この質問者以外の一般的なこういう問いで、死のうと考えている人に対する言葉としてください。その方が書きやすいのです)。
 
  ただ、
 
  >これを押し進め
  >経済困窮自死、
  >願望達成自死、
  >迷惑回避自死などを否定できるのでしょうか。(正常な精神状態において)
 
  これは否定すべきだと思います。目下の社会や人間の精神の進化段階においてはです。
 
  というか、「経済的に困窮し自殺」というのは、新聞ネタにならないぐらい現にあるのであり、自殺者がそれだから罰せられるという法律もないはずだからです。自殺未遂でも「自己殺人未遂」などはありません(何か法律で、禁止的なものがあるかも知れませんが、自殺未遂の人で、法律で罰せられたという話は聞きません。自殺未遂で、自殺試行の際、被害を出した場合は、本人か、関係者が被害の弁償をしなければならないのは言うまでもありません。例えば、列車に飛び込んで足が切れたが死ななかった場合でも、鉄道会社は被害を受け、その賠償は必要になります)。
 
  また「迷惑回避自殺」も「願望達成自殺」も、後者は珍しいようですが、前者は結構あります。これを禁止する法律はありません。
 
  社会の常識の枠で禁止されていると言うなら、社会の常識で禁止とされる行為に、法律罰則が定められてもよいはずですが、そうはなりません。例えば、普通の人が働いて得られる収入の10倍を、大した労働もせずに儲ける人は、一般の人の勤労意欲に反するので、罰則とかもありそうですが、そんなものはないでしょう。「個人の自由な意志の行動」は尊重せねばならないというのが、近代社会の原則です。
 
  自殺も同様に、近代社会では、それも本人の「意志選択なら認める」ということでしょう。「安楽死」が難しいのは、「本人の意志」かどうかが判断しにくいということがあります。また、病院に入院中に、鬱病などの自殺の危険性がある場合は別に、患者が自殺しても、医療機関は直ちにそれで責任を問われる訳ではありませんが、「安楽死」は、一種の自殺幇助とも、更に言えば、「殺人」にもなるのです。そういう可能性があります。だから難しいのです。
 
   「経済困窮自死」、「願望達成自死」、「迷惑回避自死」などを法律で認めると、別の理由から、「殺人」の偽装とされる危険性があります(また、他者が、色々な理由で、本人の意志に反して強制してくる可能性があります)。だから、現在では、そういうことは法的には決められないとうことです。決めなくても、実際に大勢が自殺している現状です。そういった人を助けることができないかとわたしなどは考えますが。
 
  「自殺という極めて人間的な行動」を否定する理由は、ぞれぞれの人の持つ世界観や人生観、倫理観や宗教観、死生観など色々あるでしょう。しかし、それはそれぞれの人の問題で、そういうことで、自分は「自殺は可である」と思う人なら、何も自殺は否定されないでしょう。他人が否定するから行動できないというのも理由かも知れませんが、それは、人間のどんな行動でも、そういうことはあるでしょう。会社の経営が苦しいので社員の首を切りたいが、なかなか難しいというのも、比喩が変ですがあるでしょう。
 
  個人の世界観・人生観・死生観の問題で、近代・現代社会では、「自殺の自由意志」は否定されていないというのが、答えです。(別に、自殺を勧めているのではありません。自己の責任で自己の生に終末を付けるのは、これも個人の意志決定の話だということです)。
 
  仏陀釈迦牟尼は、ある僧が、十分に教えの神髄は理解したので、涅槃に入りたいと申し出た時、これを許可したという話があります。自殺を許可したということです。
 
  これと関連して、「生」には何かの目的があるという死生観があるということを記します。生は、死を越えて続く何かである可能性があり、この場合、どうも、自然な死の方が、存在の連続において望ましいようだ、ということです。しかし、こういう風に考えるか否かも、個人の自由意志に任されます。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

法的な立場から自死というのは否定されていない。確かにそのような解釈になりますね。「社会的に自由意志というのが認められているから、これに基づく自死も否定されえない」
自然な死という言葉だ出てきましたが、栄養チューブや点滴によって医療的に生かされているのは、自然とは言い難い。これは肉体的なものですが、反対に精神面においては、どうなのでしょう?肉体的な尊厳死は許されるとして、精神的な尊厳死は?

お礼日時:2002/02/04 10:48

 自殺は、自らを殺す、自己破壊であります。


 他人を殺すことと同じ、殺人です。
 武士社会では、不始末があった場合、自害して詫びに変えるということが、美徳とされていた頃もあります。
 しかし、本来は、何の解決もなしておりません。
 苦しいから、望みが無いから、もっと良い所へ行きたいから等と、自ら死を選ぶとは、刹那的発想ではないでしょうか。
 所詮は、現実逃避であり、諦めと退廃的生き方ということでしょう。
 こういう考え方をするということ自体、破壊的で自暴自棄な心ということになり、性格が非常に攻撃的で捻くれている、ある面で、責任転嫁ともなり、他者への反発・反抗・批判でしょ。
 如何ですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

現実逃避はこれを反対する。ということであれば、登校拒否や経済難民なども現実から逃れるための手段となります。
言われるように、殺人と自死は表裏の関係でありますが、殺人は法的以前に
相手の人権を完全に拒否し、相手の賛同を得た行動ではありません。対して自死は自己完結の結果であるといえるでしょう。社会や苦痛からの逃避と言う点では、全く合理的な手段であるのです。他人がどう言うにせよ、それが一つの解決である事には代わりありません。
自死の中でもオランダに代表される尊厳死は「破壊的で攻撃的でねじくれている」
とは思えません。
 お答えは、私の質問をなぞったものになっており、一般論をまとめたものです。
ここから一歩踏み込んだ回答を望みます。

お礼日時:2002/02/04 10:36

単純に、私は自殺はありだと考えています。


別に自殺が止められないものだからという訳ではなく、それも一つの生きる権利でしょうから。
逆に人間的だから自殺を否定しているのではないでしょうか。
自然的じゃありませんから。
そしてやはり根底に宗教があるからでしょうね。
日本は無教徒が多いといわれてもやはり根底には仏教やなにがしかの宗教がどこかしかにある訳ですから。
例えば、輪廻であったり転生であったり、逆にちゃんとした宗教を持っていないからこそ、より多くな宗教に影響されているのかもしれませんね。
「死」になにがしかの救いを求めて死ぬのでしょうが、自殺者が「死」をどう捉えているかですよね。
ネット上のどこかで自殺者の遺書が公開されていましたが…かなり考えた末だったとはいえ、
結局イジメであればその教室や学校といった限られた場所で起こっていることです。
それ以外の場所へ移れば、解決されるわけですし、これからの未来がある身ですよね。
そういう人達の自殺は容認できません。
逆に未来無い人は…となった場合、私より年が上になった人が対象ですが、
そういった人の感情は分りませんので、自殺を否定することはできません。
ただ、心的要因で無い場合は、自殺する必要はないと考えます。
今自殺しなくても、生きられるはずですし。

私が死なない理由(といっては変ですが(笑))は、日々学ぶことがあるからです。
新しい発見であったり、新しい感動を覚えています。
私がもし自殺をしようと考えるなら…植物人間になった時ではないでしょうか。
治る見込みも無く、自らの意思で行動できない状態…私は死を望みます。

それ以外で死を選ぶ理由はありません。
学生の頃に自殺を考えなかったわけではありませんが、
この年(24)になると、あの時の自殺をしようとした理由はかなり小さなものです。
それは心が豊かになったからなのか、逆に狭くなってしまったのか分りませんが、
現在の私は当時の私とは物の受け取り方や、感情の表し方も違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃられるように未経験の頃の悩みは経験を積むと小さなものになってしまう。それは確かにそうですね。人生とはその中に日々学び喜びを見つけていれば、自死する必要もないでしょう。多くの人はたくましく、アフガニスタンのような場所でも、生きています。
 が、生について執着の無い人もいます。生きる力というか、社会が貧困であれば、この生への力が大きく、豊かになれば力が薄弱になる感じがします。
自死と殺人は同じ攻撃性の表裏ですが、貧困なところでは生きるために殺人を犯すのに対し、豊かなところでは、意味のない殺人を犯す。

すいませんお礼になっていませんですね。

お礼日時:2002/02/04 10:23

1812様。


●自殺未遂をして法的に罰されることはありませんから、自殺(もしくは自殺未遂)をしたからといって、社会的に抹殺されることもありません。
たとえば、日本には死刑制度があり、それが犯罪の抑止となっていると見ることができます(とはいえ、凶悪犯罪は絶えませんが)。でも、自殺に対する抑止制度はありません。自殺したい人は、いつでもだれでもできる状態です。1812様の疑問は、「それなのに、なんで自殺には悪いイメージがあるのか」ということですよね。「冷静な判断の上に、誰にも迷惑をかけない方法で、自分にとって最もよいこととして自殺を選んだ場合」。それを非難する人がいるとしたら、その理由を知りたいということですよね。
●一つ言えるのは、自殺を他人が否定するのは、自殺した人の気持ちが、誰にも分からないからということです。自殺者がどういうプロセスを経て自殺という結論を出したのか。それは本人にしかわかりません。だから、他人は、「自殺しなくても、他に方法があったんじゃないか」と考えてしまうのです。
●または、「自殺するのが最もよい状態」…人生には、そんな状態がありえるということを、認めるのが怖い人。きっとそんな人が、自殺を否定するのでしょう。多くの人は、「自殺するしか他に方法がなかった」という状況を認めたくないのだと思います。だから、「あの人は、自殺するのが幸せだった」そんなことを、死者に向かって、言うことはできないのです。また、そのようなことを口に出してしまったら、自分の人生がこわくなってしまうのかもしれません。
●人間が他の動物と違うのは、自殺できるところ。それはその通りです。だからこそ、自殺を肯定することができないとも言えます。たとえば、子供は、ささいなことでパニックになったり、絶望したりすることがあります。その時、もしまわりの社会が自殺を肯定するようなものであったら、子供の自殺が絶えなくなってしまいます。
●自殺しても、よいのです。でも、「なにも自殺しなくてもいいのに」と言う人が消えることはないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その行為を良い悪いの二元論で答えるならば、「悪くはない」という消極的ながら肯定ということになりますか。
確かに死んだ当人にそこまでの判断した過程を聞くことはできず、「自死するのがよい状態」を認めるのがこわい・・・「死への恐怖がある」人は多いと思います。
なるほど。

お礼日時:2002/02/04 10:11

自殺をする人の理由やその背景はいろいろありますね。

でも、自殺された人が周りに迷惑をかけないで自殺を完遂できるでしょうか?多くはその場所の関係者や隣人にもかなりの迷惑や悪影響を及ぼしているケースがあるよーです。電車に飛び込んで自殺したら何の関係のない乗客にも迷惑がかかるし、ホテルで自殺とかでも当然従業員や宿泊客だってかなりの迷惑でしょう。又、青木ヶ原とかの樹海に入っていって自殺というのだって結局捜索する必要があったりとか、とにかくかなりの迷惑でしょう。完全に世界中の誰にも迷惑をかけないという自殺方法があるとは思えませんから、やっぱり自殺はよくないのではないでしょうか。僕は電車に乗っている時に巻き込まれたことがありますが亡くなった方は気の毒だと思いますが、それでも腹立たしい気持ちになった部分もありました。もちろん、迷惑をかけなければイイというつもりもありませんが、自殺をするというのは人間的行動とは思えません。自分の意志で、、という考え方もちょっと身勝手では?でも、どっちが という答えにはなっていませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

周囲の迷惑は生きている人間であってもかけています。自然死出会っても迷惑はかかります。わたしは、そのような生活的な事ではなく、自死の意味そのものを
考えています。
roocさんの回答では、極力周囲へ迷惑をかけない律儀な方法を考えれば、良い事になります。

お礼日時:2002/02/04 09:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安楽死ディベート反対側の意見について お助け願います。

来週、安楽死についてディベートをします。私、個人的に賛成なのですが反対側から討論しなければいけません。

そこで安楽死を反対する理由についてご意見を持っているかたなどいらっしゃいましたらおしえていただけますか?

反対する理由を宗教的にしか今のところ見出せません。
ぜひおねがいします。

Aベストアンサー

私も安楽死には大賛成ですが、ディベートをなさるなら次のような点を、「反対」の論拠とすればよいでしょう。

もし、安楽死が法的に認められると、

● 介護に伴う負担をなくすために、安易に安楽死を選んでしまうようになる。この場合の負担とは、介護する側の金銭的・物理的負担もさることながら、患者自身の(介護で迷惑をかけているという)精神的負担の両方を意味します。

● 医師あるいは病院が、経営上の観点から、あまり金を取れない患者(儲からない患者)にベッドを占領され続けるよりは、新しい患者を入れるべく、安楽死を勧めるようになる可能性がある。

● 最も重要な要素として、安楽死が本当に患者本人の意思に基づくものかどうか疑わしい事例が頻発する可能性が高い。
  つまり、上の1番目の理由とは逆に、介護を続ける苦痛(特に金銭的負担)を安易に回避する手段として、安楽死させられる可能性がある。
  安楽死の対象となるような患者には、意識のない患者や、自己の判断が出来ない患者が多いはすである。このような患者本人の意思を、どのようにして「証拠」として残すことができるのか、大いに疑問である。

「宗教的に安楽死は認められない」とか、「人は生きようとする努力を惜しんではならない」といった反対理由は、ディベートの論拠としては弱いので、避けたほうが無難でしょう。

私も安楽死には大賛成ですが、ディベートをなさるなら次のような点を、「反対」の論拠とすればよいでしょう。

もし、安楽死が法的に認められると、

● 介護に伴う負担をなくすために、安易に安楽死を選んでしまうようになる。この場合の負担とは、介護する側の金銭的・物理的負担もさることながら、患者自身の(介護で迷惑をかけているという)精神的負担の両方を意味します。

● 医師あるいは病院が、経営上の観点から、あまり金を取れない患者(儲からない患者)にベッドを占領され続けるよりは、新し...続きを読む

Q安楽死に賛成の方!!

安楽死に賛成の方、その賛成意見を聞かせてください。
レポートを書いているんですけどうまくまとめれなくて困ってます。

Aベストアンサー

どの程度のレポートなのかわかりませんが、
まず、安楽死というのは、尊厳死などとごっちゃになりがちです。安楽死というのはあくまで、医者が薬物などの何らかの行為によって患者を死に至らしめることです。レポートではまずは、これらの定義を明確にし、どの様な理由からこういったものが正当化されるのかを考えて見ましょう。

こういう問題は深く考えていくと行き着く点は大体「本人が望むならやむ負えない」的な理論、いわば自己決定権的なものになります。ベットのなかで寝たきりの生活をするぐらいなら、自分が満足したところで、安らかに死にたい、という意見は当然あるでしょう。一方で、この自己決定権というのをただ単に正当化してしまうと、社会的な問題を助長する可能性もあります。「寝たきりの生活が死ぬよりもつまらないもの」と感じさせること自体が、そうした方の「生きがい」等を十分に確保できていない社会体制を表しているともいえます。

また、本人の意思確認に関しても、窮地に陥ったときに気が変わるかもしれませんし、単純に意思表示をしていたからといって、それを信じて個人の生か死を決めるのも難しい点があります。

その他、日本での合法化、或いは制度化という観点からすると、国民性にあっているのか?といったことも議論されています。

賛成意見という回答とはややずれましたが、ようするに「生が良いか、死がよいか」という点での賛否両論というのはどうしても宗教観などのようにどちらが正しいといったことは論じるのは難しいということです。そうなると、理想としては「死を選ぶ人の権利は認められうべき」という肯定派意見になりますが、単純に制度化してしまうといろんな面で社会的な問題が生じます。

安楽死に関するレポートのまとめ方に悩んでいるということですので、賛否両論というよりも、安楽死を仮に制度化するとしたら、どの様な弊害があるのか?また、どの様をもって、死よりも耐えががたいということをみとめるのか?それは社会的差別やその方への家族の愛情の欠如などから生じているもの(つまり改善可能なものなのか、或いはその人の価値観からしょうじるものなのか?)をどの様に判断するのか?これらの点がいかにむずかしいのかということをほりさげてレボートをまとめていくとうまく良くかと思います。

どの程度のレポートなのかわかりませんが、
まず、安楽死というのは、尊厳死などとごっちゃになりがちです。安楽死というのはあくまで、医者が薬物などの何らかの行為によって患者を死に至らしめることです。レポートではまずは、これらの定義を明確にし、どの様な理由からこういったものが正当化されるのかを考えて見ましょう。

こういう問題は深く考えていくと行き着く点は大体「本人が望むならやむ負えない」的な理論、いわば自己決定権的なものになります。ベットのなかで寝たきりの生活をするぐらいなら...続きを読む

Q逆の立場から≫(下の)安楽死に賛成するための論拠

下の「安楽死に賛成するための論拠」の質問とは逆に、
安楽死に対しては否定の側からの、
厳しい質問、反対する論拠、また、
賛成側から質問したこと
→(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=175232 参照)
がどのように返される可能性があるか
ぜひとも教えてください!!

やっぱり、私たちだけで考えていると
どうしても考えが偏ってしまうようなので…
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

[http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=175232]の回答に挑戦的に反論する形になりますが、これはあくまでディベートの素材です。
回答者の方々の意見を否定しているわけではなく、このような意見に対してこのような反論が存在するという情報提供です。
そもそも、私自身は安楽死賛成派です。

<No.1>
>安楽死の根拠に挙げられるのは、『個人の幸福の追求権』だと思っています。
そもそも、なぜ個人に幸福追求権が認められるかは、問題が深すぎるので敢えて問わない。しかし、近代的権利概念を前提としたとしても、個人の権利というものは他者の権利を侵害しない限りでは無制限に許容されるが、他者の権利を衝突する場合には多かれ少なかれ制限を受けるはずである。
それでは果たして、「死の自己決定権」は、他者の権利を全く侵害しないか。ひとつだけ例を挙げれば、残されるものの悲しみ、すなわち家族の幸福追求権、を無視しているではないか。
この点の利益衡量を示せない限り「死の自己決定権」を直ちに認めることはできない。

>「現在の医療で治療法がなく、合理的に考えて、患者が死を迎えるまでの時間までに、苦痛を取り除く治療法が新たに開発されえない時」、この患者に救われることのない苦痛の時間をあえて継続させる理由を示せるかどうか。
不治の病に安易に安楽死を認めることは、医学の発展を妨げる。「何とか助けたい」という家族の思いが、新しい治療法を発見する努力の推進力となってきたのである。
なるほど、確かに安楽死を認めても最後まで治療を続けるという選択肢もある。しかし、安楽死が容認されてしまうと、「さっと殺せ」という暗黙の社会的圧力に家族と患者は晒されることになるであろう。特に「他人に過ぎない」医者は病院経営の事情から治療に消極的になる可能性も否定できない。
とすると、安楽死を認めることは医学の発展を妨げるばかりか、「とにかく治療する」というヒポクラテス以来の医学の基本テーゼを否定し、医学そのものの基礎を危うくする。
患者にとっての苦痛の時間は、「絶対避けられない死」に対して人間が無駄な抵抗を試みる人間の歴史・存在意義そのものである。

<No.2>
この方は反対派なんですよね。

<No.3>
>残されつつある者の側の経済的・精神的負担
すると、他人に迷惑をかける人間は死んでもよいということになる、。
なるほど、今のところ家族は「大変だ」と苦しんでいるかもしれない。しかし、実際に死なれた後、どのような感慨を持つか。
人間が社会関係的存在である以上、他人の死とは自己の一部の死といえる。老いていくに従い、ぽつりぽつりと家族・友人を失い最後には自分も消える。この一連の過程が死である。
生老病死が個人にとって不可避の苦行であるなら、他者の死に付き合うことも全く同じ意味で不可避の「苦行」です。そこで無駄な努力をすることに生の存在意義があるはずだ。

>安楽死に反対するということは安楽死を希望する人の決定権を侵害しているが、安楽死に賛成することは必ずしも生きつづける権利を侵害するわけでなく患者さんの選択肢を増やすものである
理論上そうかもしれない。しかし、社会的圧力というものがある。
それは明示のもでなかったとしても、患者を、なんか死ななきゃいけないような気にさせてしまわないか。
確かに、選択肢が増えるだけなら何の問題もないかもしれない。しかし、それが一人でも死ななくてもいい人間を殺す可能性があるとしたら、やはり問題があるのである。

<No.4>
>そもそも私達は望んでもいないのに無理矢理(存在)を被ったのですからその押し付けられた迷惑な(存在)を返上するのは至極当然のことです[原状回復請求権]。
>原状回復はさせない、できないと言うのであれば私達に許可なく私達を産み落とさないでもらいたい[発生拒否権]。
>発生は拒否できず原状回復はならずというのならこのオトシマエはどうつけてくれるのか?[損害賠償請求権]。
これに対する回答は既に<No.1>の方に対する第一の回答で示したので、ここではもう少し根本的な問いを立てます。
人間が生きていることは所与の前提であり、これが厳然たる事実である。生きている前の「原状」というのは存在するのだろうか。
なぜ、我々は発生を拒否できるのか。むしろ我々の発生は独り父母の行為にのみかかるのであるから、我々の存在は父母の所有に服するのではないのか。それなのに、我々は父母から自由で有り得る。それだけで不思議なことである。

[http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=175232]の回答に挑戦的に反論する形になりますが、これはあくまでディベートの素材です。
回答者の方々の意見を否定しているわけではなく、このような意見に対してこのような反論が存在するという情報提供です。
そもそも、私自身は安楽死賛成派です。

<No.1>
>安楽死の根拠に挙げられるのは、『個人の幸福の追求権』だと思っています。
そもそも、なぜ個人に幸福追求権が認められるかは、問題が深すぎるので敢えて問わない。しかし、近代的権利概念を前提とし...続きを読む

Q日本ではなぜ安楽死が認められないのか?

オランダでは安楽死が認められていると聞く。
日本人はよく長生き長生きと言うけど、植物状態で生きてなにが楽しい。ぼくは植物状態になったら死を選びたい。これから日本はどんどん高齢化社会になる。安楽死は日本では認められないのだろうか?

Aベストアンサー

日本では”尊厳死”と言う言葉が多く使われています。
リビングウイルとも言います。
貴方が望むのであれば、植物状態にならずに死ぬ事が出来ます。

宣言書を書くことで全うされますが、
基本的にはそれらの病状が近づいてから・・・となりますが。

以下のサイトなどをご確認下さい。
http://www.shizukujimusyo.com/gyousei/gyoumu/souzoku/songen/songen.html
http://www.osoushiki-plaza.com/library/data/data121.html


ちょっと古いのですが「振り返れば奴がいる」というドラマの内容に、
この尊厳死も題材に含まれており、考えさせられました。
織田裕二・石黒賢が出演している一見のドラマです。

Q眠るように死ぬ方法ってあるでしょうか?

あくまで健康な人が眠るように死ぬ方法、または眠ったまま二度と起きないという風に死ぬ方法ってあるでしょうか?
これは自殺志願のための投稿ではなくて、自分もいつか死ぬわけですからこんな死に方ができたらいいなと思っています。
医療の現場で行われる安楽死・尊厳死ってこういう方法なのでしょうか?またはこれに近いでしょか?

Aベストアンサー

「突然死」という言葉を聞いたことがありますか?
昨日まで元気だった方が、朝になっても起きてこないので、見に行ったら死んでいた。
こういう事例はよくあるそうです。
10年以上前になりますが、兵庫医大の法医学の教授の講演を聞きました。
テーマは「突然死」
突然死のおよそ80%は、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)だそうです。
その中で、就眠中に亡くなるのは、およそ65%くらいだそうです。
急性心筋梗塞でも「眠るように」とはいかず、ある程度は苦しんだ末に亡くなるのでしょう。
私も、眠るように死ねればと思っております。
回答になってなければ、ごめんなさい。

Q早く死ぬにはどういう努力をすればいいですか?

「死」こそゴールです。
生きててもつまんないです。
このままだと犯罪者になってしまうかもです。
ムカつく奴を殺したり、いい女をレイプしたりしてしまうかも。

そこで、社会に迷惑をかけずに、一歩でも「死」に近づくためにはどんな努力がありますか?

35歳の無職です。世間でいう「クズ」「ゴミ」です。

一人暮らしで貯金を崩して生活してます。

自殺系は勇気がないので無理です。
ヤクザに絡んで殺されるとかも痛いので無理です。

理想はガンとかになりたいんですが。
自然に、病気で死にたいです。
突発的になら、急に通り魔に刺されるとかもいいですが、これはよほど運がよくないと無理ですね。

関係ないですが、こないだショッピングセンターの障害者トイレでカップルがセックスしてました。
こういうマナーのない人に腹が立ちます。
自分たちだけ気持ち良ければいいのか、とおもいます。

最後に、私は右利きです。

Aベストアンサー

なにも早くゴールに行く必要ないですよ!
クズなんかじゃないですし。
非常識な人に腹を立てる感情がありますしね。

35なんてまだ折り返し地点までも行ってないじゃないですか!
まだまだですよ!
それに無職の状態がずっと続くかは分かりません。
時間とともに気持ちも状況も環境も変わっていくものです。
前まで成績がどん底だった人が一年経ったらいつのまにか首位に立っていたりとか
そんな話世間にはたくさんあります。
         ・・
今がつまらないなら今後楽しくなる出会いやきっかけに巡り会うかもしれないじゃないですか!
この先なにが起こるかわからないように、楽しくなる可能性がゼロとは言えないのです。

楽に死ぬ事なんか簡単です。
長く生きてぽっくりいけばいいのです。
楽に早く死ぬ事なんかお金がたくさんかかりますし、やめた方がいいですよ(^^)

どうしても悩むなら、カウンセラーさんや保険センターで聞いてもらえますよ!
生きてみましょう(^^)/

Q安楽死に賛成するための論拠

安楽死の是非について、ディベートをしようと思っているのですが、
安楽死の賛成派として、反対側に対する、何かするどくていいツッコミってないでしょうか?

リビング・ウィルについても教えていただけたらうれしいです。
どこかいいページの紹介なども大歓迎です。

Aベストアンサー

昔、安楽死反対派側としてディベートをやったことがあります。

その時、想定していなかった相手側の反論として「家族などの経済的負担の問題」を突っ込まれました。「臭いモノにふたするように『処分』するようなことは如何なものか」とその時は答えましたが、この視点は有効だと思います。つまり、残されつつある者の側の経済的・精神的負担です。精神的負担の方を強調した方がクリーンなイメージがあっていいでしょう(不謹慎な言い方ですいません。しかし、ディベートは思想・信条とは別物だと思っていますのでご容赦下さいませ)
「介護に疲れて不治の病にかかっている親や配偶者や子供を殺してしまう事件は今までに何度も聞いたことがあるかと思います」「もしあなたなら、現実的に快復の見込みのない人をどのくらい看病していられると思いますか?」といったフレーズが有効ではないかと思います。

あとは、ディベート開始すぐに(相手側から限定されないうちに)「安楽死」ということばに尊厳死に近い部分を取り込んで定義してしまうことで、安楽死=積極的安楽死=犯罪・悪者という潜在的な意識に対する予防線が張れると思います。

そして、おそらく相手は「生きつづける権利」を主張するでしょうが、賛成派としては「安楽死に反対するということは安楽死を希望する人の決定権を侵害しているが、安楽死に賛成することは必ずしも生きつづける権利を侵害するわけでなく(安楽死を希望しない人には安楽死はほどこされない→リビングウィルや東海大の安楽死事件裁判で提唱された4原則などの説明をする)患者さんの選択肢を増やすものである」と言えばよいのではないでしょうか?

思いつくのはこれぐらいでしょうか。
リビングウィルを発行している尊厳死協会のアドレスを貼っておきますので、問い合わせをすればリビングウィルのホンモノを使わせてもらうことができるかもしれません(本物を見せることはすごく効果的だと思います)。

では、長々と書いてしまいましたがディベート頑張って下さいね。

参考URL:http://www.songenshi-kyokai.com/index.htm

昔、安楽死反対派側としてディベートをやったことがあります。

その時、想定していなかった相手側の反論として「家族などの経済的負担の問題」を突っ込まれました。「臭いモノにふたするように『処分』するようなことは如何なものか」とその時は答えましたが、この視点は有効だと思います。つまり、残されつつある者の側の経済的・精神的負担です。精神的負担の方を強調した方がクリーンなイメージがあっていいでしょう(不謹慎な言い方ですいません。しかし、ディベートは思想・信条とは別物だと思っていますの...続きを読む

Q彼氏が自殺しました。

彼氏が一カ月前に自殺していました
原因は私にあるとおもいます。

彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし
二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。
毎日大すき!っと言ってくれていました

私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり
私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて
月一で彼の家にとまりに行く程度でした

彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました
その時は 彼氏がバイトもしないで奨学金で専門学校に通ってることに無償にいらいらしてたり
彼氏の恰好が v系寄りで少々派手だったり 彼の愛情が重く感じたり
そんな理由でした。

一度本気で別れようといって連絡をとらなくしました
そしたら 着信が90くらい来たり メールのあらしが来て
最後のメールで

俺はお前がいなきゃ生きてけない ごめん 死にます
という文面で 首吊りのロープの写真がはられてました

私は怖くなって 怖くなって警察に連絡しました

警察から後ほど連絡きたら そのときは大丈夫だったそうでした


それから話し合うことになって 会って話し合いました
その時も彼の部屋で話し合ったのですが、
私は命をかけごとに使うことはおかしい と言いました 彼は別れたくないし 俺が死んだってお前には連絡いかないから大丈夫だよ^^
言ってました・・

それからまた寄りを戻すことにしました
そのころは、ただ死なれるのが怖かったんです 本当に死なれる気がしてどうしょうもなかったのです。

一回目の自殺予告のまえに
ミクシーのほうで 死にたいとか もとから身長175cmで体重45キロくらいのかなり細身な体だったのに 首をつって余計なものが出ないように断食をする!って書いてあり その結果40キロまで落としてました その様子で 家族に精神病院にまでつれていかれたそうです。


正直自分でも ただの死なれるからどうしよう という思いで付き合っていても
連絡は取る気になれなくなって めーるの文面もつめたい雰囲気になり
どうしてつめたいの?
俺なんかしたかな?

などと聞かれるのも億劫になって

私は寄りを戻した後 また別れたいと メールを送りました

どうして?俺お前がいなきゃ生きていけないよ?
どうして?

メールをシカトして逃げると

また逃げるの?臭いものには蓋?
会って話し合おう

けれど 会って話し合っても変わらないのはわかってて
私は逃げてメールをシカトして ミクシーのつぶやきもみたくなくて
マイミクをはずして
なにもかも逃げました



そして彼は前見たくは メールも着信もなくて 
ミクシーのにっきでは
最初は死にたいっておもったけど いまおもったらあんなやつのために死ぬのはもったいないわwwwwwwwwwwwwwwwwクリスマスは長門だなwwwwwwwwwwww
って書いてあり 安心しました

けれど二日後 彼氏の友達から 相談のってたんだけど 昨日の深夜に死ぬっていってて ありがとうってメールが来た後 連絡がつかない 俺はいま東京にいるしどうもしてられないから 頼むから探してくれ
というめーるが仕事の休憩中にきました
休憩が終わる五分前で
家族の電話番号もしらないし どうしようとおもって
けれど仕事にもどって けど不安になってどうしようもなくて 一時間後にロッカーにもどって
携帯をひらいたら彼氏からメールがきていました




○○が自殺しました

遺言のほうに伝えてほしい方が書いてあったのでその方に連絡します

兄より



でした 私は彼氏の携帯に電話して そしたらお兄さんがでて
現実を知り泣き崩れました。






私には何も遺言はありませんでした
ただ 遺体には ポケットに私とのプリクラを入れて
手にはペアリング
それだけの持ち物でこんな寒い深夜に山で首をつりました


そしてミクシーのにっきに 
彼女を責めないでください すべて弱い自分に原因がある
お酒のせいですこし気がらくだ
やっぱり世界一かわいい さすが俺が愛した人だ



それだけ書いてありました


後悔しかありません
そして今ではこんなにも引きずって
なぜ振ってしまったのか こんなに自分を愛してくれてた人を どうして捨てたのか
どうして救ってあげられなかったのか
後悔だらけです
そしてできればあとをおいたい。
会いたい
ただそれだけです

これからさき一生このきもちをひきずっていくかとおもうと もう人生を終わりにしてもいいかなと思います


だれかのアドバイスをききたいです
また同じような経験をして今 どうやって暮らしているのか・・

できるかぎり質問にもこたえます
よろしくお願いします

彼氏が一カ月前に自殺していました
原因は私にあるとおもいます。

彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし
二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。
毎日大すき!っと言ってくれていました

私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり
私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて
月一で彼の家にとまりに行く程度でした

彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました
その時は ...続きを読む

Aベストアンサー

度々すみません。
誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。

あなたはできる事は全てしました。
彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか?
それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。

あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか?

私はそうは思えませんよ。

彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。
人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。

あなたは幸せになりなさい。
辛さを経験しただけ、大きくなりなさい。
人の弱さや辛さがわかった今回を、忘れろとは言いません。

バネにして、誰かを愛した時、その人をありのままあなたの綺麗な目で見て、尊重してあげてください。

甘やかす事がすべてではありませんよ。

時には厳しく突き放す事が愛でもあります。

あなたは、この事を彼にしましたよね?

今は辛い、自分を責めるのも理解できます。
でも、あなたの人生はあなたが創るべきです。
厳しく書きましたね。ごめんなさい。
ただ命を粗末にして、後悔しているのは彼自身でしょう。
あなたまで悩むと、彼はますます辛くなりますよ。
彼への供養は、あなたらしく生きること。

度々すみません。
誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。

あなたはできる事は全てしました。
彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか?
それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。

あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか?

私はそうは思えませんよ。

彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。
人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。

あなたは幸せになりな...続きを読む

Q安楽死できる方法を教えてください

臓器・アイバンクドナーに登録しているので飛び降りなど内臓破裂するような死に方はできません。
故に臓器を痛めず外国などでは自殺志願者に安楽死できる国があると聞きましたが薬で
安楽死できる薬あれば教えてください。特に医師、薬剤師の専門的知識保有者の方教えてください。
胃洗浄する失敗のリスクのあるものは無理です。また眠剤も無理でしょう。
トラベルミン100錠位飲めば逝けるかも。またリスロン、インスミンについて入手方法を教えてください。一番は銃で頭を一発が一番瞬間で楽ですが・・・日本では手に入りませんし犯罪者かと思われますので。どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

死んじゃダメです。

自殺で怖くない死に方などありません。

私もつい2年ほど前まで重度のうつ病で死ぬ事ばかり考えていました。
たぶん死ぬ事を考えているんだから、うつだと思うんだけど
うつ病は人間の持っている自然治癒力で必ず治る病気です。
ただひたすら嵐が過ぎ去るまで身を屈めて時間を遣り過ごすのです。

病気が治ったらまた楽しく生きられます。
だから絶対死なないで下さい。

Q夫が自殺。苦しいです。長文ですがお願いします。

夫が二ヶ月前に自殺。夫は6月頃からうつ病でした。

7年前から私とはセックスレス、ずっと浮気していると正直思ってたけれど、諦めと信じたい気持ちでいました。
7年前に浮気を疑った時は、夫と携帯の取り合いし二歳の子供の前で私は投げ倒され顔を踏み付けられ噛み付かれ、そのまま夫は出ていきました。
その間、子供が熱をだしパパと呼ぶので帰ってきてといっても帰ってこず。
調停離婚を希望すると「飛ぶよ(姿を消す)」といい、私は家も仕事も見つけ新しい生活を始めるも、離婚が成立せず学校の問題で夫の家に帰宅。

夫は以前よりも好き勝手に行動し子供とお風呂に入るともう出掛けるという生活。仕事に加えアルバイトをしてて、それを理由にほぼ家にはいませんでした。

去年12月些細なことでケンカし、子供と過ごすべきクリスマスも正月も寝に帰ってくるだけ。
親のケンカに子供は巻込んではいけないとメールするも「貴方とは考え方が違いますから」と。

離婚を決意し、以前家出した時に何故離婚しなかったのか聞くと「あんたの母ちゃんに離婚しないでと拝み倒された」と言いました。その時点で母は他界しており確認出来ませんが、私の母も一人で育ててくれたのでそれは絶対に言いません。

私は愛もセックスもある生活をしたいから離婚したいといい続けましたが
「浮気してないけど、セックスはまたそのうち…」「愛情はないけど情はある」
そう言われ、その後も何度か話し合いましたが、離婚はしないの一点張り。

そのうちアルバイトの仕事が減り、何故か夫はパニック。アルバイトの収入は自分の小遣い。逆に言えば家に必要なお金では無いので辞めても全く問題なし。それを何度言っても夫は「お金が減る…」とそればかり。

そのうちに不眠になり、うつ病に。
その途端「捨てないで」とすがりつかれ、夫がこのままでも私がこれから頑張らなくては!と決意しました。

休職して半月、少し体調がよくなってきたら勝手に留守にし電話もとらない時がまた始まりました。
そして復職し安心した途端、夫の浮気が発覚。一晩中謝ってくれたものの、私は実家に帰り、夫は何度も電話やメールで一緒にいてと繰り返しました。

その時点で私の母は拝み倒してなかった
(私をコケにした)こと、以前も結局浮気してたこと(私が悪く言われ暴力を振るわれた)彼女とデートするために高級車を買っていたこと、セックスはまあそのうち…なんて言って自分は彼女がいて私をバカにしてた事、クリスマスも正月も彼女と過ごしていたこと、全てがわかりこの7年間を思い返すと許せる余裕がありませんでした。


その夜、夫は私の実家にきて土下座しましたが、一晩中謝ったその後で彼女に「嫁と別れることになった。」と電話し「大好き」とメールしてたことが分かり、(彼女に電話しました)嫌がる夫にまだ提出はしないと約束し離婚届けにサインさせました。

翌日、夫は会社の先輩を連れてきて一緒に謝ってくれました。
でも夫の実家に帰って貰うようにいいました。
その時にお金を持たせるのは嫌だったのでお財布からキャッシュカードをとると(現金で6万あり)またパニックになり、カードを返してとオバケのように繰り返しました。

反省してない態度が許せず、離婚するかお金を諦めるかだと責めました。どちらも嫌だと言い張るので、浮気してるのは確実だから調停するといってカードを返しました。

そこでやっと、「もうお金なんかいらない、勘弁して」と。
すごく必死な姿でした。本当に必死だったと思います。

でもその時は腹が立って、今更な必死さが許せなかった。

また翌日、彼女と話し合いする日。彼女は来ず、夫は来ました。彼女の家に行こうと言っても勘弁してと言う夫。夫の会社の社長の家に行くか彼女の家に行くかで車を走らせたらやっといいました。

夫はもう死ぬしかない、勘弁してといい続けましたが、彼女にも「別れるなら死ぬ」と言ってたので本気にしませんでした。
それどころか先輩と謝ってくれたときに死んだ方が価値があると言ってしまいました。

翌日、死ぬと言いに来ました。「反省するっていうならその態度を見せるべきなのにどうして見せてくれないの!」と責めました。その日は無事に実家に帰ってくれました。

そして、翌日朝からまた死ぬという電話。
許せなくて私自身が泣いたり喚いたりしたと思います。私より彼女が好きなんでしょ?と聞くと「うん」と言われ、私も力尽きました。

「死にたい」という夫にもうどうなっても私には関係ないと言ってしまいました。夫は低く唸るような声を出しました。
今思えばその時、夫がオカシイと思った気がします。でも怒りの方が本気に出来なかったんです。

そして夫は自殺しました…

うつ病だと分かっていたのに、その時はそんなこと思いやる事も出来なかった。
死ぬ前に何度も電話したのに。帰っておいでと言うだけだったのに。後悔し続けてます。


浮気がバレて謝っても、彼女に嫁と別れるといったのは、うつ病だからですか?決断力がない状態だから…
それとも夫の元々の性格ですか?

最後は夫は本当に反省してたのですか?
(うつ病だからすがっただけ?)

夫にとって私は何だったのですか?
(愛情があるとは思えない)

許してたら仲良くやり直せたのですか?
(私に愛情を持てるようになった?彼女を忘れる事が出来た?)

私のせいで夫は死んでしまったのですか…?

うつでなければ死んでないとわかっています。でもここまで、足掻いたのはうつだったせいなのか・・

病気のせいだとしたら、もっと私が理解していれば・・
でも病気でなかったらまた彼女を取ったのでしょうか・・


人生の半分を夫と過ごして来ました。
そして結婚して14年の半分、夫は浮気をし続けてきました。浮気相手は色々変わってたようで、いない時もあったと思うのに、その隙間にも私は入り込めなかった。

それでも優しかった頃に戻ってくれたのではないかと、自分の余裕のなさを悔やんでます。

離婚で終れてたらそれで良かった。私も浮気男には未練はない!と思ってました。
でもこんな結果になって…夫を喪ったことが苦しくて悲しくて会いたくてたまりません。
死ぬほど苦しかったのかと思うと・・
まだ子供は小学生なのに…

皆さんの意見、助言お聞かせ下さい。

夫が二ヶ月前に自殺。夫は6月頃からうつ病でした。

7年前から私とはセックスレス、ずっと浮気していると正直思ってたけれど、諦めと信じたい気持ちでいました。
7年前に浮気を疑った時は、夫と携帯の取り合いし二歳の子供の前で私は投げ倒され顔を踏み付けられ噛み付かれ、そのまま夫は出ていきました。
その間、子供が熱をだしパパと呼ぶので帰ってきてといっても帰ってこず。
調停離婚を希望すると「飛ぶよ(姿を消す)」といい、私は家も仕事も見つけ新しい生活を始めるも、離婚が成立せず学校の問題で夫の家...続きを読む

Aベストアンサー

回答No.11です。

あなたの後悔はよくわかります。それが普通の考え方です。
一般的な脳の持ち主が順調に成長することを定型発達といいまして、あなたは定型発達の人だと思います。

でもアスペの人は非定型発達といって一般的な働き方をしない脳の持ち主で、その脳にとっては何だか変なルールの多い生きにくい社会(この社会)の中で、よくわからないながらも何とか適応しながら発達していきます。

ご主人にとっては、その変なルールのひとつに「浮気してはいけない」があったと思います。他にも沢山理解できないルールがあったでしょう。
なぜならそのルール達は、普通の人達だけが納得して、円滑に社会生活を営むためのルールだからです。
特に結婚制度は、善悪とは関係ないただの社会制度ですから、昔から浮気問題がこれだけあるのを鑑みれば普通に考えてもちょっと無理があるかも?と思えるルールです。

ご質問のように、ご主人は今度浮気がバレたら離婚ということはわかっていますが、浮気が悪いとは思っていませんし、アスペの人達の中には、自分のやりたいことのやりたさがすごい人達がいますので、ご主人はその仲間に入るのだろうと思います。

私の夫と友人のご主人の場合は、そのやりたいことがたまたま学問の分野で職業にもなっていますので、運良く社会適応できていますが、家庭ではずっと自室に閉じこもり(寝起きも自室)好きなこと(専門分野の勉強)をやっていますので、私達妻にとって夫はいないも同然です。
家族に何かあって協力を求めるのもひと苦労か、協力を得られません。もちろんあなた(普通の人)の望む結婚生活などできません。

もっと正確に言いますと、職業ですら彼らにとってはギリギリの社会適応で、本当ならば仕事などしないで好きなことだけをしていたいのです。なので運悪く職を失い、お金のためにとりあえず何か全然違う仕事をしろと言ったら、それこそウツになって死にたがります。(実は2人とも経験ずみ)

「やりたいことができないなら死んだ方がマシ」というのは、普通の人には理解できないかもしれませんが、そういう人がいるということです。おすすめした本を購入されたとのことで、その本を読めばあなたにも理解できると思います。私も参考に購入して届くのを待っているところです。

”本当に昔は友達が羨むほど優しかったんです。愛情がなくなって母親のような扱いになってしまったんですね。”

これを読んで胸が傷みましたが、あなたがアスペを理解すれば、愛情がなくなったから母親の扱いになってしまったのではないことがわかると思います。
あなたは単に結婚して家族になってしまったから母親の扱いになっただけで、それはどの彼女も結婚してしまえば同じ運命だと思います。

「愛情はないけど情はある」とご主人が言ったそうですが、この言葉通りなのです。
それを聞いた普通の人は、では彼女には愛情があるのかと思ってしまいますが、彼女と言う存在は、自分が楽しむために必要なただのお気に入りの「モノ」なので、 愛情はないと思われます。
もちろんご主人自身は無自覚で、彼女を大好きなことに違いありませんが正確には「大好きなモノ」と捉えて構わないと思うのです。

子供がゲームをしたい、外で皆と楽しく遊びたい、大人が持つ趣味(楽しいこと)・・・それがたまたまご主人の場合は「恋愛」だっただけで、もしご主人の趣味が魚釣りであれば、やはり家庭も顧みず、ヒマさえあれば何時でも構わず釣りに出かけたことでしょう。他の趣味でも同じです。ギャンブルでなかったのが幸いと思います。

なので、あなたがもし許してあげていたら、また今まで通りの暮らしが待っていたと思います。それで揉めれば揉めるほど、ご主人のストレスが大きくなってウツになり、下手をすると就労も難しくなっていたかもしれません。彼らのやりたいことを止めることはそれくらい難しいのです。

そしてもしあなたが発達障害を理解していてもやはり同じで、ただあなたがご主人の自分勝手な行動を許すしかないので、飽きるまで浮気し続けると思います。どちらにせよ、あなたの望む結婚生活はご主人とは有り得ないのです。ご主人との結婚はご主人の望む結婚生活でしか続けられません。

急に言われても理解できないと思いますが、私があなたに責任がないと言うのが、慰めでも何でもないことがご理解頂ければと思います。この機会に発達障害をよく理解すれば、あなたのこれからの人生に必ず役立ちます(私も結婚前に知りたかったですよ)ので、今は辛くても時間をかけてこの経験を乗り越えて、是非次は幸せになってください。

回答No.11です。

あなたの後悔はよくわかります。それが普通の考え方です。
一般的な脳の持ち主が順調に成長することを定型発達といいまして、あなたは定型発達の人だと思います。

でもアスペの人は非定型発達といって一般的な働き方をしない脳の持ち主で、その脳にとっては何だか変なルールの多い生きにくい社会(この社会)の中で、よくわからないながらも何とか適応しながら発達していきます。

ご主人にとっては、その変なルールのひとつに「浮気してはいけない」があったと思います。他にも沢山理解できな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング