子供の学資保険のことなのですが、現在、経営が危ぶまれているA生命に二年前、学資保険に加入いたしました。最近、もうすぐ破綻するのでは?という噂を耳にしました。もし、破綻したとなれば解約に時間がかかり、解約返戻金も減るという話を聞いたことがあります。今すぐ解約するべきか、もう少し待ってみたほうがいいものか悩んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

補足してください。

前回回答ではっきり書けば良かったです。申し訳ありません。
<あと計算に必要な項目>
1.保険支払年限
2.途中で支払われる配当金(お祝い金)の金額とその時期、
3.御主人に万一の場合には払込保険料が免除される項目はあると思いますが、御子さまに万一のことがあった時の保証項目

上記がないため、以下は非常に不十分な回答となっています。わかっていることを基にできる範囲で記載してみました。

>保険料は 月5,920円、保証内容は貯蓄のみで満期金(18歳満期)は50万円です

保証部分があるのでその分を控除しなければなりません。仮に同等の保証を掛け捨てで行った保険金額が1920円(相当に高い見積もりです)とすると、期間が11年以上の場合には元本割れとなります。(月4000円の11年間の支払は約53万円)。

※ 計算結果は必ずご検証なさってください。払込期間が不明でしたので、払込期間を逆算し、可否の判断材料とする方法を取らせていただきました。

上記はあくまでも満期部分に関するもののみを検証したものです。残り15年の払込があるいうことですから、他に途中で配当(お祝い金)の支払があるはずです(ないならば相当酷い保険です)。保険証から支払総額と受取総額を計算なされてみて、元本を割れるかどうかの検証は必要だと思います。きちんと満期が来ても元本割れ、しかも満期まで無事到達できるかどうか判らないという状況では、保険料を払い込む理由はほとんどないと思います。

災い転じて福となすと言う言葉もあります。当該生命の経営危機があったからこそ2年目で運用の誤りに気が付きよかったということになる可能性も充分あると思っています。過去のことは過ぎたこととして、将来に向けてより良い選択をしていただくことが重要だと思います。

以下は、学資保険に関するFPの意見です。私も学資保険には否定的で、学費の貯蓄は御子さま名義で積立貯金をすることの方が少なくとも損しない状況だと考えています。

http://www.aol.co.jp/eadvisor/mplan/mp_qa010719. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私なりに支払総額と受取総額を計算してみましたところ、12万ほど損をすることがわかりました。子供の保障もなく、主人が死亡したときに支払免除になることと、育英年金がついているのみでした。貯蓄のみの保険で元本割れをする保険であれば子供名義で積立貯金をしたほうがいいですよね。今回のことがなければ無駄な保険を掛け続けるところでした。本当にありがとうございました。これからは、もっと保険のことについて勉強しようと思います。

お礼日時:2002/02/14 00:20

今すぐ解約しましょう。


 朝日生命が今一番、恐れてるのは噂です。
 雑誌等のマスコミにも「大丈夫か??」と書きまくられそれを読んだ人が解約する。また、マスコミがはやし立てるって具合に風評が破綻まで追い込むのです。
 赤字が拡大している企業に金融庁が追加支援をお願いするが、この時期不良債権は増やしたくないから、銀行は依頼を断る。金融庁は銀行を脅す。銀行はしぶしぶ支援するっていうこと形で生き長らえているだけです。
 いつ逝ってもおかしくありません。
 覚悟しておいて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
3月が生保の決算月だと聞きました。早ければ5月には破綻するのか分かるのではないかと・・・ これも知り合いの保険営業マンから聞いた話ですが、今、破綻しなかったとしても先々不安な会社ですよねぇ

お礼日時:2002/02/09 17:43

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=201098

上記で私が計算したように貯蓄としての価値と保証としての価値を算定して、他の運用方法との比較を行う必要があると思います。支払保険金と保証内容、満期返礼金などを記載していただければ、私も計算してみます。

これら代用運用でカバーできるならば不安のあるような保険は即解約すべきだと思いますし、それが少しのマイナスで済む場合も検討テーブルには乗るでしょう。まだ2年しか払い込んでいないので傷が浅いとも言えます。5年後に同じ状況になった場合にどうするかなどを考えると、少し待つと言う結論は問題の先送りの面があることを否定できないと思います。私は5年払い込んでいた年金だったので結構損となりましたが、契約した自分が責任で良い勉強になったと思い、解約いたしました。

判断材料を揃えて決断なさることをお勧めいたします。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
保険料は 月5,920円、保証内容は貯蓄のみで満期金(18歳満期)は50万円です。保険料が安かったのであまり考えずに加入してしまいました。

補足日時:2002/02/09 17:25
    • good
    • 0

私としては、もう少し待ってみるほうに一票です。



理由ですが

1)解約すると返戻金は少ない。
 (2年間だと、払い込んだお金の半分~2/3ぐらい?
  年1回来るはずの、運用報告書に記載されていますょ)
2)学資保険は元本部分が多い保険
  (つまり、運用による予定利率をいくら下げられても、
   ゼロ金利の世界では預金とかわらない
   ---実際は、予定利率0なら扶養者の死亡の保証分だけ預金よりも
      下がりますが、そこまで予定利率が下がるとは限らない---
3)A生命の状況は逆ざやによるものが主であるため
  予定利率下げ、解約払戻金の下げまでで終わる可能性が高い
  ---保険全体の支払いをカットされるのであれば話は別ですが---
4)まだまだ長い保険ですから、今までに積み立てた分よりも
  破綻後にまた再構成された時の方が長くなる。
  これはその時点での他の保険会社と遜色ない内容になる可能性が高い。

                という、事情から「待ち」をお勧めします。

なお、経営状態については、今週の経済2誌(ダイヤモンド、東洋経済)を
ご覧ください.
厳しいのは確かですが、(銀行の不良債権よりも)その内容はA生命が
的確につかんでいるという感じです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
破綻しなかったとしても、あと15年ほど払い込まなければならないのでA生命に
対しての不安はありますが、もう少し情報を収集してみてから考えてみようと思います。

お礼日時:2002/02/09 17:25

再びお邪魔いたします。



#2の経験者(どのような経験者かちょっと分からないのですが(^^;)、pimさんのご回答は
ごもっともだと思います。

ただ、
>あまり周囲のうわさに惑わされないようにした上で、 ・・・
私の場合はこれは分かっているようで、非常に難しかったです。
保険会社の担当者にも単なる噂! 大丈夫だ心配するな!!とか言われちゃいましたし・・・


そんな中、経験談として一つアドバイス出来ることは、
これを機会に"生命保険”と言うものを大いに勉強されたら如何でしょうか?
そうすれば、錯綜する噂、情報に対して、自分の信念をもとに判断できるはずです。

私の場合は、以前加入していた会社が破綻したおかげで、無頓着だった生命保険という
ものを随分と勉強することが出来ました。今では感謝しています。


私の破綻にまつわる経験談(?)は以下をご参照下さい。
mckeeyさんの参考になれば幸いです。


破綻生保の見直し
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=87245
#4の回答

子供保険の祝い金について
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=100775
#5の回答

医療保険加入について
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=103306
#4の回答

有能な専門家の方々、保険のおばちゃん達、「勇気ある」反論下さい!
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=118708
#2、#3、#5のお礼、#6の補足

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=103306, http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=118708
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
これを機会にもっと保険のことを勉強しようと思います。

お礼日時:2002/02/09 17:21

まず、ほんとうにA生命が破綻するかどうかはまだわかりませんよね。


あまり周囲のうわさに惑わされないようにした上で、じっくり考えましょうね。

それよりもまず、あなたがどういう目的で学資保険に入られたか、
そこから考え直してみましょうよ。どうして普通の貯金でなく、学資保険に入ったのですか? 二年前だったら、そんなに貯蓄としての利率もよくなかったはずですよね。払い込むお金の合計に比べて、満期で戻ってくるお金はどのくらい増える計算でしたか?(それはもちろん計算してみましたよね?)
それは銀行や郵便局の利率よりよかったですか?

二年前くらいの加入だと、払い込むお金より戻ってくるお金のほうが少ない場合もありますよ。
それはなぜかというと、お父さんに万が一があったときの「保障」が保険料に含まれているからです。「保障」はお父さんの生命保険でカバーしてあるとしたら、
わざわざ学資保険で無駄なお金を払うことはないですよね?
そう考えたら、解約してしまってもいいのでは?

ただし解約すると、今まで払い込んだよりうんと少ないお金しか戻ってきません。解約したらいくら戻ってくるか、お客様相談センターに電話して確認してみてはいかがですか? その上で考えられては?

あなたが確固たる意志をもって学資保険に入られたのなら、
安易に破綻のうわさに惑わされず、もう少し様子を見るべきだと思いますよ。
解約したところで、やっぱりソンですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
普通の預金だと途中で使ってしまいそうな気がしたので加入しました。利率が悪い
ということもわかっておりました。今、解約しても破綻したとしてもどちらにしても損は損ですよねぇ。

お礼日時:2002/02/09 17:18

お気持ちお察し申し上げますが、残念ながらこの質問に対する回答はあまり


期待できないようですよ。

なぜなら、本サイトにmckeeyさんの悩みを救ってくれる、例えばどこにも
しがらみのない、善意の独立系FCの方がいれば別ですが、多分それぞれが
独自のバックグランドを持つ、いわゆる保険外交員の方が多いのかも知れません。

個人的には、今回のmckeeyさんのような真に困っている方に回答してくれる
専門家が一番望まれるのではと思ってはいるのですが。


と言って、私が的確なアドバイスを出来るわけではありませんが、同様の質問が
ありますので以下参考にして下さい。

破綻するとすれば、今私がとる行動は・・?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=210438

朝日生命は?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=210781
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「朝日生命体操クラブ」はどうした?

塚原親子を生んだ,名門「朝日生命体操クラブ」。確か久我山あたりに施設があったような…。
本体の経営危機はいろいろ言われていますが,体操クラブは今どういう経営形態になっているのかご存知の方は教えて下さい。
Webサイトにはウンともスンとも書いてありません。
なくなってはいないですよね?朝日生命は手放したんでしょうか?

Aベストアンサー

去年だったか、組織変更みたいなことがあったようです。
朝日生命の経営合理化とか、そういうことだと思いますが、塚原さんご夫妻が「塚原体操センター」というものを発足させて、朝日生命が施設面などで支援する、という形のようです。
所属選手はほとんど横滑りしたみたいで、競技会には今までどおり、朝日生命体操クラブという名称で、出場しているみたいです。

以下に「塚原体操センター」のURLを書いておきますので、参考にしてください。
場所は今までと同じ朝日生命久我山体育館にあるみたいですね。

参考URL:http://www1.ttcn.ne.jp/~asahigym01/default.htm

Q年払いの生命保険を年の途中で解約した場合、年払保険料の解約返戻金はどうなる?

年払いの生命保険を途中で解約した場合、年払保険料の解約返戻金について教えてください。

例えば契約日が1月1日の年払契約で、3月10日に解約した場合、1年分の保険料のうち、12分の3は解約控除等考慮されたいわゆる解約返戻金として精算、残り9/12は解約控除等が引かれる前の保険料返還金として精算、という考え方でよろしいでしょうか。(実際の名目は全て解約返戻金として精算されるかもしれませんが、あくまで考え方の話です。)

昔(例えば20年前)は、月割りの考え方はなく、年払保険料すべてが解約控除等考慮後の解約返戻金として精算していましたが、ある時点から月割りの考え方に変更になったと記憶しています。その点、詳しい方がいらっしゃったらご教示いただきたいです。

Aベストアンサー

経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。
年払い保険料の返還についてですが、考え方としては適正です。

上記の例で申しますと、1月~3月まで保険料に充当 4月~12月分を返金します 
ということになります。
この返金になる保険料を「未経過保険料」と呼ばれます。
あくまでも半年払いと、年払いが対象です。

この未経過保険料は、契約者保護の観点を目的として
2010年(H22年)4月1日から保険法改正により施行されました。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/life_insurance/life_insurance_q1005.html


ご注意点としては
・これ以前の契約は未経過保険料に適用はありません。
・これ以降であってもすべての保険会社の商品が対象でなない
・一時払の契約については対象外です。(全期前納契約は対象)

ということです。詳細は、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

Q朝日生命で働いています。以前、別の保険会社で6年働きましたが、自己都合

朝日生命で働いています。以前、別の保険会社で6年働きましたが、自己都合で退職し、今は朝日生命にいます。他の生命保険会社は、しょっちゅうCMを見かけますが、朝日生命のCMをあまり見たことがありません。給料も、保険会社によって、計算基準が違うとは思いますが、少ない気がします。前にいた会社だと、確実に17、8万はもらったぐらいの契約を取っても、11万しか来ませんでした。なんだか不安なんですが、大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

外交営業ですね!

朝日はソルベンシーマージン比率が国内生保で最も低く、経営基盤が弱いと言われています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E6%AF%94%E7%8E%87

そのうえ現在は法人保険の取り扱いをやめた為、営業にとっては、成功報酬の大幅UPが狙いにくい環境です。

還元率も、外資系等に比べると極端に低く、そこそこ出来る営業の方は、代理店契約に変更し他社保険や損保を同時にあつかったりしています。

 でも、5大生保共に、不景気で本業での収益率は下がっているので、現在給料が安いのは朝日だけに限った事ではないと思います。

 で朝日が大丈夫かどうかですか、つぶれる可能性はかなり低いと思います。(株安、土地安で評価額がさがっていることが、自己資本率低下の直接原因ですので)

Q学資保険と低解約返戻金型保険

学資保険で迷っています。
夫 43歳 私 39歳 長男 5歳 二男 1歳

生命保険については

終身保険 1000万円 54歳払い込み
収入保障保険 月10万円 65歳まで

定期保険(10年) 300万円 48歳まで
に入っています。

長男はすでに5歳になってしまっているので
二男の学資保険を検討しています。

私自身は返戻率のよさや、10年払い込みができる(教育費がかからない内に払い込める)などの理由で、アフラックが良いと思っていたのですが
ある保険相談所では、日本興亜生命のなっ得終身を学資として勧められました。

・アフラック 10年払い済み 
月々 14,346円     返戻率 116.1%
払い込み総額 1,663,488円  受け取り総額180万円
受け取り方は
高校入学時 30万円  大学入学時 60万円 
その後は毎年30万円(3年間)

・日本興亜生命  15年払い済み  夫の死亡保障300万円
月々11,547円      返戻率 106.0%(大学入学時)
払い込み総額 2,078,460円 受け取り総額2,214,000円 (大学入学時)
受け取り方は払い込み期間が過ぎれば自由に設定できる。
こちらについても、15年払い込みで返戻率もそれほど悪くありませんでした。
夫の死亡保障が付くし、払い込み期間後は自由度もあり、そのまま(あるいは一部)を残しておくこともできるから得だと言われました。
(例えば、100万円だけ大学入学時に解約して、後は(返戻率が上がっていくので)残しておく
というような)
また、終身の方は中途解約すると、元本割れの可能性が高いことは理解しています。

色々悩んでいるうちに、そもそも学資保険は必要なのか?と考えるようになってしまい
わからなくなってきてしまいました・・・
長文で済みません。保険のことはまったく素人でわからないことも多いので、どなたかよいアドバイスをしていただけないでしょうか?

学資保険で迷っています。
夫 43歳 私 39歳 長男 5歳 二男 1歳

生命保険については

終身保険 1000万円 54歳払い込み
収入保障保険 月10万円 65歳まで

定期保険(10年) 300万円 48歳まで
に入っています。

長男はすでに5歳になってしまっているので
二男の学資保険を検討しています。

私自身は返戻率のよさや、10年払い込みができる(教育費がかからない内に払い込める)などの理由で、アフラックが良いと思っていたのですが
ある保険相談所では、日本興亜生命のなっ得終身を学資として勧め...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも学資とは何でしょうか?

それは、お子様が進学するに当たって必要な教育費のことです。
中でも、大学の費用が最も高額になります。
そして……
親がいても、いなくても、大学に進学しようとすれば、
同じ金額が必要です。
ある大学の入学金が100万円ならば、100万円が必要なのです。

では、その100万円をどのように工面するか?
貯蓄をすれば良いのですが、収入を支える親が死亡した場合、
貯蓄をすることが難しくなるかもしれません。
そこで、親が生きていても、死亡しても、子供が進学するときに
100万円をもらえる商品があれば、便利です。
それが、学資保険です。

学資保険は、親が死亡すると、払込免除になって、
子供が大学に進学する時期に学資を受け取れます。
つまり、これは、死亡保険なのですよ。
死亡して、すぐに、保険金がもらえないだけのことです。

さて……
世の中、今回の大震災でも明らかになったように、
何が起きるかわかりません。
となれば、保険もできるだけリスクが低いものを選びたいです。

学資保険は、保険料を支払うことができなくなっても、
中途解約の損失が低い保険です。
つまり、貯蓄性を重視している保険なのです。

質問者様は、すでに、終身の死亡保険に契約してます。
それは、54歳の払込満了までは、解約払戻金が
100%を越えない商品だと思います。
となれば、何としても、11年後の54歳までは継続したいです。
すでに、解約払戻金のリスクを抱えているのですから、
できるだけ、リスクは低いほうが良いと思います。

また、学資保険が満期になって、その時点で、保険金が不要になれば、
その時点で、効率の良い商品に一括して、預け直せば良いのです。

という点から、私は、アフラックの学資保険で良いと思います。

そもそも学資とは何でしょうか?

それは、お子様が進学するに当たって必要な教育費のことです。
中でも、大学の費用が最も高額になります。
そして……
親がいても、いなくても、大学に進学しようとすれば、
同じ金額が必要です。
ある大学の入学金が100万円ならば、100万円が必要なのです。

では、その100万円をどのように工面するか?
貯蓄をすれば良いのですが、収入を支える親が死亡した場合、
貯蓄をすることが難しくなるかもしれません。
そこで、親が生きていても、死亡しても、子供が進学すると...続きを読む

Q朝日生命は?

現在、保険加入について検討中です。

知り合いの方が朝日生命で働いているので話を聞いたところ、朝日生命が一番良いよ(^^)と言われました。

良いと言われた点は、以下の通りです。
.120日型である。
.生活習慣病をつけると、ガンなどになった時は何度でも一時金がもらえる。
.手術の幅が広い。

今提案されているのは
保険王プラスです。

医療保険II型
1日、5000円
入院サポート、50000円
女性特約5000円
特定損傷、50000円
生活習慣病200倍、5000円です。

保険料は5700円ほど、、
保険期間は、50歳までです。

説明を聞いていい保険だというのは分かるのですが、ちょっと値段が高いような気がします。

他に気になっているのは、オリックス生命かアリコ生命です。

その事を、知り合いの方に伝えたところ、外資系の保険は良くない。保険の内容を理解していいるひとは入らないと言われました。

医療保険は、本当に朝日生命が良いのでしょうか?

オリックス生命やアリコ生命は人気のような気がしますが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、保険は、「知り合いから契約してはならない」
というのは、業界の常識です。

病気の場合には、人には知られたくないという場合があります。
極端な話、レイプされて入院するとき、エイズで入院するとき、
それを知人に知られても平気だという覚悟が出来ていますか?

知人に知られるのが嫌で、妊娠中絶したことを告知しなくて、
告知義務違反をして、契約解除されてしまった。
未婚で流産したことを知られたくなくて、
給付金を請求できなかった……
などなど、この手の話は話題にならないぐらい、たくさんあります。

次に、自分の会社の保険が一番というのは、当然のことです。
しかし、「外資系の保険は良くない。保険の内容を理解している
ひとは入らない」という根拠はどこにあるのでしょうか?

外資系の何が良くないというのでしょうか?
例えば、外資は撤退があるという人がいます。
でも、過去に日本で破綻した保険会社は、すべて国内生保です。
外資は、支払いが厳しいという人もいます。
でも、組織的不払いで問題になったのは、国内生保です。
などなど、ああいえば、こういうで、
何の根拠もない。

>人気のような気がしますが、どうなのでしょうか?
人気なんて、何の意味があるのでしょうか?
質問者様は、AKB48が人気だからといって、
握手会やコンサートに行きますか?
例えば、売れているという意味ならば、アフラックが一番です。
ですが、売れているから、それが質問者様にとっても
良い保険かどうかは別問題。

では、どうするのか?
医療保険に何を求めるのか?
ということをはっきりとさせてください。
例えば、色々な保険のパンフレットを取り寄せて、
医療保険とは何か、ということを確かめてください。

次に、パンフレットをいったん、はずれて、
どんな保険が欲しいのか、何が必要か、
ということをイメージしてください。

そして、そのイメージに近い保険を探してください。
それが、質問者様にとって、必要な保険、欲しい保険でしょう。

まず、保険は、「知り合いから契約してはならない」
というのは、業界の常識です。

病気の場合には、人には知られたくないという場合があります。
極端な話、レイプされて入院するとき、エイズで入院するとき、
それを知人に知られても平気だという覚悟が出来ていますか?

知人に知られるのが嫌で、妊娠中絶したことを告知しなくて、
告知義務違反をして、契約解除されてしまった。
未婚で流産したことを知られたくなくて、
給付金を請求できなかった……
などなど、この手の話は話題にならないぐらい、たくさんあ...続きを読む

Q学資目的での低解約返戻金付保険 あいおい生命orオリックス生命 ご意見をお願いします。

45歳で0歳の子供がいます。
学資保険を調べていたところ、ソニー生命以外の学資保険は元本割れとの情報がありました。
ソニー生命で108%ほどですが、低解約返戻金の保険にして17年後に解約すると、ソニー生命より戻りが多いし、死亡保険金もついているというメリットもあると分かりました。

◎あいおい生命【低解約返戻金特則付き積立利率変動型終身保険】
 保険金300万円、払込55歳、保険期間終身
 保険料17,244円/月
 17年後・・・最低保証利率1.75% 払戻率110.3%  2.75%だと払戻率124%   3.75%だと払戻率139%

◎オリックス生命【ロングターム7】
 保険金250万円、払込55歳、保険期間98歳
 保険料11,838円/月
 17年後・・・払戻率 117.5%
 
正直どちらの会社も今まで聞いたことがありませんでした。
格付けのようなものを調べてみましたが、あいおい損保は載っていますが、あいおい生命は載っていないのが多かったです。

あいおいは、利率変動なので、1.75%以上になると魅力だなぁと思っています。(この利率というのは、世間の利率が良くても、この会社の業績が悪いと1.75%のままなのかなと思いますが)

また、保険会社の人によるとロングターム7は、東京あんしんの長割り終身より断然いいですよっと言われましたので、数では出してもらっていません。

どちらがおすすめでしょうか。
専門家の方のご意見を伺いたく、宜しくお願いします。

45歳で0歳の子供がいます。
学資保険を調べていたところ、ソニー生命以外の学資保険は元本割れとの情報がありました。
ソニー生命で108%ほどですが、低解約返戻金の保険にして17年後に解約すると、ソニー生命より戻りが多いし、死亡保険金もついているというメリットもあると分かりました。

◎あいおい生命【低解約返戻金特則付き積立利率変動型終身保険】
 保険金300万円、払込55歳、保険期間終身
 保険料17,244円/月
 17年後・・・最低保証利率1.75% 払戻率110.3%  2.75%だと...続きを読む

Aベストアンサー

どちらの会社も問題無いと思いますので商品で選べば良いかと思います。
目の付け所は良いかと思います。どちらが良いかは結局結果論にしかならないので、半々づつ両方やってみても良いかもしれませんね。
一般的にはこれから市中の金利は上げ基調なので利率変動型や利差配当付きを選びたいところです。
一方で、オリックスのロングタームや東海あんしんの長割り定期(99歳満了)という無配当ながら返戻率が高い保険があります。確定利回りですから、これらを超える返戻金の増加や配当が無ければ無配当の低解約返戻金型定期保険の方が良いという事になってきます。
あくまで私的な見解ですが、長期金利が日銀の量的緩和の終結だけで2%を超えましたから0金利が解除されると一段アップは確実ではないかと思います。公定歩合の引き上げまでは誰もまだ示唆していませんが、景気が過熱すれば引き上げられます。現状でも1.65~1.75%の予定利率は十分クリアできるので、利率変動や利差配当を選んだほうが良いのではないかとも思っています。
市中金利がダイレクトに反映されるわけではありませんが、未だ超低金利下で組む保険に他ならないので期待値込めて無配当以外を勧めるほうが個人的には多いです。(例えば東海あんしんの代理店なら利差配当付きの長割り終身と無配当の長割り定期がありまして、同じ代理店で両商品比較できるわけですが、どちらを勧めるかは実際意見が分かれます。)

参考URL:http://blog.okwave.jp/Pigeon.php?itemid=509

どちらの会社も問題無いと思いますので商品で選べば良いかと思います。
目の付け所は良いかと思います。どちらが良いかは結局結果論にしかならないので、半々づつ両方やってみても良いかもしれませんね。
一般的にはこれから市中の金利は上げ基調なので利率変動型や利差配当付きを選びたいところです。
一方で、オリックスのロングタームや東海あんしんの長割り定期(99歳満了)という無配当ながら返戻率が高い保険があります。確定利回りですから、これらを超える返戻金の増加や配当が無ければ無配当の低解約...続きを読む

Q新宿朝日生命ホールの場所

明日、新宿朝日生命ホールに行かなくてはならないのですが、場所はどこなのでしょうか。また、駅からは近いのでしょうか。駅からの行き方、住所などを教えてください。

Aベストアンサー

それこそ,検索かければ一発でしょう.
私も行ったことがあります.
新宿駅からすぐ,雨が降っても濡れません.

http://www.jaeic.or.jp/sk-3f-11.htm

でもご覧ください.
他にも案内はいくつもありそうですよ.

Q低解約返戻定期保険と学資保険どちらがお得?

前に質問をさせていただいてますが、補足をしたいので再度質問させて下さい。

もうすぐ5歳の男児の大学資金のために保険をかけたいのです。

家族構成

父:43歳
母:40歳
娘:16歳
息子:4歳


息子の保険
アフラック学資保険120万円払い込み済み
富国生命学資保険200万円払い込み済み


アクサ生命

ここの質問を見させていただいたら、アクサの低解約返戻定期保険15年300万円がよいとの事でしたが、それは12月末まででした。今年からは20年ものしかないらしいのですが、一応見積りは送ってもらう事にしました。


あいおい生命

6歳のお誕生日からしか低解約返戻定期保険は契約できないようなので、16歳の娘で今10年100万円で見積りを只今作っていただいている最中です。


アフラック学資保険
120万円のもので保険料払い込み期間17歳、保険料払込免除特則ありにしました。3年か4年か5年を前納したく、その後は年払いにしたいのです。


(ソニー生命学資保険は考えておりません。)


私の考え方として息子のお年玉を使い年払いをしたいとかんがえているので、最初は何年か分は前納したいのですが、途中からは年払いしたいと考えています。

私の頭の中ではあいおい生命の定期保険か低解約返戻定期保険か、アフラック学資保険を考えいるのですが、ほかに良い返戻率のものはありますでしょうか?

うちにはパソコンがなく今使っている携帯電話のインターネットしか使えず、あまり調べられず困っています。


皆様、どうぞ保険に詳しくない私にもわかるよう回答をいただけますでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

前に質問をさせていただいてますが、補足をしたいので再度質問させて下さい。

もうすぐ5歳の男児の大学資金のために保険をかけたいのです。

家族構成

父:43歳
母:40歳
娘:16歳
息子:4歳


息子の保険
アフラック学資保険120万円払い込み済み
富国生命学資保険200万円払い込み済み


アクサ生命

ここの質問を見させていただいたら、アクサの低解約返戻定期保険15年300万円がよいとの事でしたが、それは12月末まででした。今年からは20年ものしかないらしいのですが、一応見積りは送ってもらう事にしました...続きを読む

Aベストアンサー

素人の爺です

誰も回答しないので、回答にはなりませんが「自分の考え」を述べます。

(1)学資保険について
・・・世界中の保険を見ても「学資保険」は日本にしか存在しない奇妙な商品です。欧米ではこの手の商品は多分売れないでしょう。なぜなら貯蓄性の保険には世界共通の3つ基準があります。(1)加入年齢が1歳でも若い方が保険料が安い、(2)支払期限が1年でも短い方が保険料が安い、(3)利率の高い方が保険料が安い、
・・・では実際欧米人が保険に加入するとしたら何を選ぶでしょう。答えは簡単です。
子供が終身保険や養老保険に加入する方を選びます。

1歳の子供が終身保険に加入すれば、お金の増える期間は80年あります。20歳の大人が加入すれば、お金の増える期間は60年です。30歳の大人が加入すればお金の増える期間は50年です。
今は低金利でピンとこないかも知れませんが、お金の増え方はには加速度がつきますので、人生ではこの20年から30年の差は大きいものがあります。
ですので、以前は子供なら「一時払い終身保険」1000万円分が約100万で購入できました。
つまり数千万の終身保険を購入しても数百万です。

貯蓄性の保険というのは子供の内に加入する商品なのです。
日本にも、そんな有利な商品があるのに(あったのに)ほとんど加入しなく、多くの人は学資保険に加入するのです。

日本人には共通するパターンがあるのです。

「学資保険に加入する」→「18歳で満期」→「とりあえず何かの保険に加入する」→「結婚後保険の見直しで掛け捨て保険に加入する」→「最後はやっぱり終身ほけんよネ、となって退職金で一時払い終身保険に加入する」
つまりお金が増えていく時間がないのです。

残念ながら有利な保険は「どんどん消えていきます」
お子さんが加入してもよいと思う保険(学資保険代わりではないが)は今は、たった一つしかありません。

折角小さなお子さんが加入するのですから、20歳になっても解約しないで済む場合もあろうかと思います。
いずれは解約前提でも、「お父さんを契約者」「被保険者をお子さん」「受取人をお父さん」にした「低解約返戻定期」の方が保険(大人になった時)選択肢が増えると思います。

素人の爺です

誰も回答しないので、回答にはなりませんが「自分の考え」を述べます。

(1)学資保険について
・・・世界中の保険を見ても「学資保険」は日本にしか存在しない奇妙な商品です。欧米ではこの手の商品は多分売れないでしょう。なぜなら貯蓄性の保険には世界共通の3つ基準があります。(1)加入年齢が1歳でも若い方が保険料が安い、(2)支払期限が1年でも短い方が保険料が安い、(3)利率の高い方が保険料が安い、
・・・では実際欧米人が保険に加入するとしたら何を選ぶでしょう。答えは簡単です。
子供...続きを読む

Q大阪朝日生命ホールに行った事がある方はいますか?

大阪の朝日生命ホール(館)で行われるイベントに参加しようと思っています。
そこで、出来るだけ真ん中の位置に座れるようにチケットを取りたいのですが、イスがどれぐらいあるのか分かりません。
行った事ある方で、横に何席あるか分かる方はいませんでしょうか?
それと、何列まであるのかもできれば教えて下さいませ。

Aベストアンサー

大阪朝日生命ホールは
横 23 (1~7,8~16,17~23) 席
縦 16 (A~P) 列
368 席です。

Q低解約返戻金型の終身保険と定期保険

三井住友海上あいおい生命の低解約返戻金型生命保険の加入を考えてます。
終身保険でしか考えていませんでしたが、定期保険の方が解約返戻金の返戻率が高いことを知りました。
定期の方が保険料も終身に比べて安いし、良く見えましたが引っかかるのが返戻率です。
終身は積立利率変動型で、予定利率が最低1.75%なので上がる可能性がある。
この予定利率ですがどういう時に上がるのでしょうか?
定期を上回ることはあり得るでしょうか?

漠然とした質問ですみません。

Aベストアンサー

単純には保険会社の運用成績がアップすれば予定利率もアップすることになるかと思います。
生命保険会社は顧客(契約者)から預かった資金を株式市場や債券市場で運用しているので、株価などの上昇傾向が続くと保険会社の運用成績もアップしやすくなります。

下記などもご参考いただければよいかと思います。

標準利率引き下げで保険料が上がる?
http://www.seimeihoken-minaosi.com/topics/2013-01-20.htm

資産運用面から考える生命保険「予定利率」の問題点
http://money-magazine.org/%E8%B3%87%E7%94%A3%E9%81%8B%E7%94%A8%E9%9D%A2%E3%81%8B%E3%82%89%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E7%94%9F%E5%91%BD%E4%BF%9D%E9%99%BA%E3%80%8C%E4%BA%88%E5%AE%9A%E5%88%A9%E7%8E%87%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%95%8F/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報