事務職のアルバイトを3年以上続けています。

これから、正社員か派遣社員での就職を考えているのですが、職歴には、アルバイトと明記するべきなのでしょうか?

今の仕事はアルバイトと言うよりは、ほぼ社員のような感じなんですが、アルバイトを3年していたと言わなければならないでしょうか?

なんとなく、アルバイトだと印象がよくないような気がして・・・。

アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

立派な職歴です。

ぜひ履歴書に書いてください。

>なんとなく、アルバイトだと印象がよくないような気がして・・・。

アルバイトは職歴に入らないと言うのは、いまや一昔前のお話とお考えになったほうがよろしいと思います。
昔のように「バイト=学生の暇つぶし」と言う時代ではありません。
アルバイト、派遣社員、契約社員、
不況の中で日本経済がなんとか数字の上で回復傾向が見られるのは、雇用費用が安価なこれらの身分の労働者を増やしたことによる経済効果も多いのです。(会社側から見て)

もしも、3年も継続したバイトに対して職歴に入らない、などと言い捨てる会社の採用担当がいてるとしたら、そのような会社は避けることをお勧めします。
    • good
    • 1

人事採用を担当しています。



アルバイトだって立派な職歴です。
単なる雇用形態なので。

>なんとなく、アルバイトだと印象がよくないような気がして・・・

問題なのはその先入観です。
「アルバイト先を渡り歩いて定職に就く意思が無い」のが印象悪いのであって、アルバイトでの収入確保そのものが全て悪いわけではありません。

うそを書いて発覚したらクビですよ。
    • good
    • 0

正社員の時はアルバイトは職歴にならない気がします。

確かじゃないですけど。保険や年金のこともあるからごまかせるなら職歴に書いてもばれない気がしますけどね。
派遣は派遣に登録する際アルバイトも書くようにいわれます。それも職歴として扱ってくれます。いろんな経験をしてるほうが派遣の募集に引っかかりやすいので短いのも書いてOKです。派遣から企業に提出する履歴書は派遣会社が作ってくれてそこには会社名はでません。頭文字 M社とかそんな表記です。ですのでアルバイトでもばれないんでしょうね。確かめられないから。(私の登録している派遣会社の場合です)
    • good
    • 0

3年間も同じところで、がんばって働いているのですから立派な職歴ですよ。


アルバイトだと印象が悪いって事もないと思います。
私も、長期のアルバイトは職歴として記載してますよ。
ほぼ社員と同じ感じということなので職務経歴書には、その3年間その会社で
どんなことをしてきたか書かれてはいかがでしょう?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパートとアルバイトの違い

パートとアルバイトの違いってなんなんです?パートとアルバイト両方したら法律上ダメなんです???

Aベストアンサー

法律上どうのこうのということはないと思いますが
就業規則で副業を禁止されていることはあるかもしれません。
うちの場合、正社員は副業禁止。解雇規定にかかります。
パートはお構いなしです。土日だけこちらに来たり、
3時までよそで仕事をして4時から勤務したりなどの例があります。

但し、どんなかたちにせよ会社に入ると「扶養控除申告書」を提出することになりますが、これはいずれか一箇所にしか提出できません。
主となる勤務先に提出します。
提出すると税額表が甲欄適用に、出してない職場では乙欄適用になります。
説明しにくいのですが乙欄になると所得税が多めに引かれるんです。
で、年末に源泉徴収票がそれぞれの勤務先から交付されると
翌2~3月に確定申告をして所得税の精算をするというふうになります。
給与収入だけの確定申告は簡単ですので心配ないです。
納め過ぎた税金は返してもらいましょう。

法律上ということで思いつくのはこれくらいですね。

Q求人票などにある「実務経験3年以上」と書いてあるものはやはり3年以上実務経験を積まないとダメなのでし

求人票などにある「実務経験3年以上」と書いてあるものはやはり3年以上実務経験を積まないとダメなのでしょうか?

他にも
技術職の経験をお持ちの方 月収◯万〜◯万
・職務内容に関する経験を1年以上有する方
・学歴不問

技術職の経験をお持ちでない方 月収◯万〜◯万
・理工系の学科履修者で、概ね既卒10年以内の方
・職業訓練や専門学校等で技術に関わる学科・講座を
履修された方

とかいてあります

やはり月収が高い方がいいと思います
専門学校を卒業しただけでは経験者と同じ給料は貰えないのでしょうか? (すぐに貰えるとは思ってません)
実務経験とはその就職先に関係するバイト的なものをやらないとダメなのでしようか?

Aベストアンサー

ここで聞いても「なんとなくの常識」しかわかりません。

正解を知りたいのならば「求人票を出した会社」に聞くしかないと思うのですが。

その会社が「どういった意図」で「実務経験3年以上」と書いているかによると思います。

「資格」をすぐにでも取得してもらいたい。でもすでに有資格者を雇用するほどの月給は約束できない。
「資格を取らせる」代わりに「1年間は、お礼奉公で」と言う場合もあるかと。

そうではなく「とりあえず、即戦力となる経験者が欲しい」のか「知識がある人がいい」のかも。
正直に「求人票の条件には当てはまらないのですが、面接していただけますか?」と電話されては?

Qアルバイトとパートの違い

アルバイトとパートはどう違うのでしょうか。
待遇面、業務内容など、何でも良いので違いを教えてください。

また、ハローワークでのパート募集は実質、アルバイト募集と受け取って良いのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こちらをご覧下さい。
http://www.arubite.net/arubaito_chigai/

だから学生さんは バイト
   主婦の方は パート
と言ってますよね。

QSEから事務職への転職と、事務職からSEへの転職

SE(システムエンジニア)から事務職への転職と、事務職からSE(システムエンジニア)への転職について質問です。
どちらのほうが転職しやすいでしょうか?
今22歳のフリーターで、2年生の専門学校に入学することを決めようとしてますが、SEになるためのコースと事務職になるためのコースのどちらにするか迷ってます。

Aベストアンサー

どちらも必要される能力は異なります。

SE(システムエンジニア)から事務職への転職も難しいし、逆に事務職からSE(システムエンジニア)への転職も難しいと思いますよ。

まあ就職する前に転職をすること自体を考えること自体感心しません。

Qアルバイトとパートの違いってなんですか?

アルバイトとパートの違いってなんですか?

Aベストアンサー

アルバイト(ドイツのArbeitが語源)

パートタイム労働法に定める短時間労働者

パート‐タイマー(英語のpart-timerが語源)

パートタイム労働法に定める短時間労働者

語源が英語かドイツ語なのかの違いだけで、法律的にはどちらも全く同じ「短時間労働者(フルタイムでは無い)」のことで、特に意味の違いはありません。

ただし、何となく主婦などが家計を助ける為などに日中の短い時間にスーパーや工場などで働く事を「パートタイマー」と称す事が多く、大学生や浪人生などが学費などを稼ぐ為にコンビニや居酒屋などの夜間などの不規則な就労を行う事を指して「アルバイト」と称する事が多い。
(限定ではないが特に男性的なイメージが強い表現として使われる事が多い)

私達みんなが、なんとなくイメージで使い分けているだけで意味はどちらも同じで特に違いは無い。
スパーのレジのお母さん達の事を「アルバイター」と呼んでも、男子大学生のカラオケ店の臨時店員を「パートタイマー」と呼んでも間違いではなく特になんの問題も無い。

Q一般職?事務職?総合職?

大学2年生女子です。
就職について色々考えるようになったのですが、
一般職だとか専門職だとか事務職、総合職などの意味がよく分かりません。
どういう風に分類されて、どういう仕事をする人たちを指すのか教えてください!!
詳しく分かるサイトなどでも勿論結構です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

組織における「職」の呼称は、いくつかの区分に基づいているので、混同せずに、整理して考慮してください。一般的には下記の通りです。
1.組織上の階層区分
  下から一般職、監督職、管理職(初級・中級・上級)、経営職
2.職種上の区分
  事務職(一般・経理・総務・人事・営業アシスタントなど)
  販売職、営業職、技術職、現業職、企画スタッフ職など。
3.女子のキャリア形成上の区分
  一般職(勤務地・職種を一定の範囲内に限定)
  総合職(その企業の中で、制約なしにキャリア形成)
一般事務職というような場合もありますが、普通は階層・職種を指しています。

Qパートとアルバイトの違い

パートとアルバイトの違いって何ですか?

Aベストアンサー

労働基準法では正社員、契約社員、パート、アルバイトなどの区別はありません。
すべて一括して「労働者」と呼びます。
あるのは労働時間による区別です。
一般の労働者より労働時間が短ければ短時間労働者と呼ばれます。
正社員と呼ばれていても一般の労働者より労働時間が短ければ短時間労働者ですし、逆にパート、アルバイトと呼ばれていても一般の労働者と労働時間が同じであれば短時間労働者ではありません。
要するに社会上の通念としての、区別です。
極言すれば、一般的にそう呼んでいる、あるいはその会社ではそう呼んでいるということにしか過ぎません。
ですからただ呼ぶだけならなんら差し支えはないのですが、あたかも法律的にそれが定義されているかのようにして、「賃金が安くてもよい」「自由に解雇できる」「有休は付与する必要が無い」などとまことしやかに言うことが問題になるということです。
法律上の権利はパート、アルバイトでも変わりません。

Q研究職・開発職・営業事務一般職

アメリカの大学に通っている3年生です。
今年から就活を考えています。
日本で働きたいと思っています。

私は化学を専攻しているのでできれば研究職が希望です。
ここで質問なのですが、「研究職」と「開発職」の違いがいまいちわかりません。
企業で就活する際(特に化学系の企業)、「研究・開発職」と「事務一般職」でわかれますが、例えば「研究・開発職」で応募して入社した際、研究と開発両方できるのでしょうか。
「事務職」で入社して場合はたぶん研究職への移動はありませんよね・・・。

もし回答していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

私が在籍していた電機会社では、「研究職」と「開発職」は分かれていました。
事業所として研究所がありましたから、そこで基礎研究や応用研究をしている人達が「研究職」です。
製品を製造している事業所で、設計部門に所属し、新製品の開発に携わる人達が「開発職」です。
「研究職」と「開発職」は仕事を通して交流がありますけど、異動はあまりなかったですね。
「事務職」から「研究職」や「開発職」への異動は、現役バリバリの若い人ではありません。
現場を離れて管理職になってなら、ごくまれにあったように思います。

Qパートとアルバイトの違い

学生は「パート」として働くことはできるのですか?

パートとアルバイトの違いも簡単に教えてください。

Aベストアンサー

パートとアルバイトは、「パートタイム労働法」によって、「一週間の所定労働時間が、通常の労働者(正社員)よりも短時間のもの、または労働日数が少ない者」と定められています。
正社員の所定労働時間は週40時間ですので、パートタイマーはそれ以下の労働時間にしなければなりません。
法的にはパートとアルバイトは個別に定義はされていません。
どちらも「パートタイム労働者」となります。臨時社員として雇用されている方も含みます。

現実には、パートは仕事の内容は正社員と同じで働く時間が短いもの、アルバイトはもう少し簡単な作業というきりわけをしている場合が多く見られたりします。
また、パートは長期、アルバイトは短期と区別しているところがあります。

あとは、パートは主婦など非学生でアルバイトは学生という考えで求人しているところもあります。

求人募集をしている会社によってパートかアルバイトは決定されると思っていいと思います。

Q事務職で正社員になりたいのですが

25歳男です。
経歴・・・
大学卒業→ソフト会社で社内SE(1年ちょっと)→退職後現在OA事務の契約社員(期間1年)をしてます。
あと半年ぐらいで契約も切れるのでそれまでに出来れば正社員としてできたら事務職の仕事を見つけられたらと思ってるのですが経験も少なく資格もないので難しいでしょうか?
今は残業もないので資格所得のための勉強も検討していますが、その場合あると有利になりそうな資格、また勉強方法を教えていただけたらと思います。
また、就職先探しには就職紹介会社(リクエーなどのことです)を利用したいと考えていますがおすすめの紹介会社があればお教えいただきたく思います。(企業規模などは特に問わず事務系職で働くことを重視してます)
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は人事の責任者ですが、事務職というのは、こつこつ事務だけをする仕事を探しているのかな?もしそうであれば、そのような仕事はパートで充分、正社員でしかも男性を雇用する会社は少ないでしょうね。男女雇用機会均等法が成立していますから、企業も性別に拘らない求人を出しますが、大抵の場合、女性を欲している場合が多いです。やはり、若いのですから事務に拘らず、視野を広げて色々なことにチャレンジしてみては如何ですか?おそらく事務職に拘っているライバル達はいませんよ。それに資格はこの際、あまり関係ないですね。なぜなら貴方より資格をたくさん持っている事務職希望の女性がすごく沢山いますから。でも事務職の面接がもし実現したら、「将来、会社を背負う人材だ」と思わせるだけの面接ができれば就職は叶うかもしれません。期待外れの回答なら無視して下さい。


人気Q&Aランキング