新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

コインを10回投げて7回表がでる確立はいくつか?
解答:0.11
という問題で、コインを10回なげて7回なのだから

10 C 7 * (1/2)^7 * (1/2)^3 という式がたつと思うのですが、
回答が0.11になりません。式の立て方が間違っているのですが
どこを直していいかわかりません。ご教授ください。

A 回答 (5件)

式はあっていると思いますよ。



10C7=10C3=120
(1/2)^7 =1/128
(1/2)^3 =1/8
ですから、
10 C 7 * (1/2)^7 * (1/2)^3
=120/(128×8)
=120/1024
=0.1171875

回答の0.11は・・・
小数点第3位を切り捨てているのかな・・・
    • good
    • 2

別の式


10C7 / 2^10 
で計算しても0.1171になります。

コインを10回投げたとき「表表裏・・・裏表」の取りうるパターンは2の10乗=1024

10回中7回表が出る組み合わせは10C7=120回です

120/1024=0.1171 小数点以下2桁で切り捨てると0.11です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

皆様、誠に親切にありがとうございます。私の
単純な計算ミスでした。ほんとうに丁寧に
ありがとうございました!!

お礼日時:2006/05/15 22:46

式はあっていると思うのですが、


もしかして、解答は小数点第3位を切り捨てているだけとかではないですか。
    • good
    • 4

余計な事ですが、二回も間違っているので・・・。


「確立」ではなく「確率」ですね。

この回答への補足

あ、ほんとうだ。すいません、ご指摘ありがとうございます。

補足日時:2006/05/15 22:14
    • good
    • 1

なりますよ。


10C7=10C(10-7)=10×9×8/3×2×1
=0.117・・・
切り捨てて、0.11。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコインを投げ、連続して表が出る確率は?

ど素人で申し訳ありません。
コインをX回投げて、連続して表がn回出る確率というのは何%なのでしょうか?
また、この行為で第三者が表&裏を予想して連続して当てようとする確率もこれと同じ確率になりますか?
(ランダム出現する表&裏を予想し連続して当てられる確率のことです。)

例えば、10回投げたとき・・・

1回目は50%の確率
2回目は25%の確率
3枚目は12.5%確率
4枚目は6.25%確率・・と言うように単純にどんどんその確率は半分になって行くという考え方でいいのでしょうか?
また、ランダムに出現する表裏を予想して、連続n回当てられる確率も同様確率ですか?(4回目連続的中は6.25%?)

もしそうなら、10回連続してコインの表が出る確率は0約.097%になり、1030回に1回起こることになりますが・・・
カジノのルーレット赤黒のように10回以上出たゲームを何度か目撃しましたが、感覚的には実際はもうすこしとありそうな気がします。
それとも、私はまたま偶然にもその場を目撃したのでしょうか?
(ルーレットの「0」&「00」の存在はここでは計算上としては無視して考えます)

数式も教えてください。よろしくお願いします。

ど素人で申し訳ありません。
コインをX回投げて、連続して表がn回出る確率というのは何%なのでしょうか?
また、この行為で第三者が表&裏を予想して連続して当てようとする確率もこれと同じ確率になりますか?
(ランダム出現する表&裏を予想し連続して当てられる確率のことです。)

例えば、10回投げたとき・・・

1回目は50%の確率
2回目は25%の確率
3枚目は12.5%確率
4枚目は6.25%確率・・と言うように単純にどんどんその確率は半分になって行くという考え方でいいのでしょうか?
また、...続きを読む

Aベストアンサー

10回コインを投げて10回全てを当てる確率ならば

(1/2)^10=1/1024

で正解だと思います。
ただし問題なのは、カジノ等では一日10回といわず
100回200回と続けて行っているだろうという事です。

*************
たとえば20回投げ、そのうちの10回だけを連続で
当てる確率を考えると・・・

まず、1回目から当てた場合は
初めの10回分は当たり、11回目ははずれとなる必要があるから
ある一方が出る確率1/2をかける。
(11回目のはずれは当たりを10回"以上"ではなく
10回のみで考えているため。)
残りの部分は当てても外してもどちらでも良いので
そのどちらかが起こる確率1をかける。

{(1/2)*・・・*(1/2)}*(1/2)*{1*・・・*1}=(1/2)^11=1/2048
  ↑(1/2)が10+1個     ↑1が9個   

同様に2回目から10回連続で当たるのは
1回目、12回目は外れなければならないので

(1/2)*{(1/2)*・・・*(1/2)}*(1/2)*{1*・・・*1}=(1/2)^12=1/4096
  ↑(1/2)が1+10+1個       ↑1が8個

等々考えると最終的に

2/2048+8/4096=3/1024

となり、当然では有りますが10回中10回よりも20回中10回連続で
当てる方が確率的に高くなります。
*************

10回連続だけでなく10回以上も含めるならばもう少し確率は上がります。
また、10回連続だけを考える場合、20回中ではなく100回中など
回数を増やすと、上の計算で1をかけていた部分で
10回以上連続で当たりとなる可能性を引く必要があるので
さらに面倒になります。

多分これであってるはず…。
もっと分かりやすい計算方法ありそうですが…。

10回コインを投げて10回全てを当てる確率ならば

(1/2)^10=1/1024

で正解だと思います。
ただし問題なのは、カジノ等では一日10回といわず
100回200回と続けて行っているだろうという事です。

*************
たとえば20回投げ、そのうちの10回だけを連続で
当てる確率を考えると・・・

まず、1回目から当てた場合は
初めの10回分は当たり、11回目ははずれとなる必要があるから
ある一方が出る確率1/2をかける。
(11回目のはずれは当たりを10回"以上"ではなく
10回のみで考えているため。)
...続きを読む

Qコインの確率の問題の解法


コインを4回投げたときに、表が2回だけ出る確率はいくらか。
ア0.2 イ0.375 ウ0.5 エ0.75

解説
全部で、2×2×2×2=16通り
後は、2枚のケースを書き出してみましょう。
○○●● ○●○● ○●●○
●○○● ●○●○ ●●○○
6通りです。6÷16=0.375
書き出すのが嫌なら、組合せの公式で、4個の中から2個選び出す組合せを求めればいいわけです。
4C2=6

解答イ

以上、日本経済新聞社出版 1週間で分かる基本情報技術者午前編P.347より抜粋


上記の問題の解説が、まったく分かりません。
最初の2×2×…=16は、裏表2通りのコインを4回投げるから16ということですよね?
その後の2枚のケースが6通りというのはどういうことでしょうか?
2枚のケースなら表表、表裏、裏表、裏裏の4通りなのでは?
それを16で割るのもよくわかりません。

理解のある方からしたらかなり馬鹿な質問をしていると思うのですが、分かる方はお手数ですが詳しく説明して頂けないでしょうか・・・?よろしくお願いします。


コインを4回投げたときに、表が2回だけ出る確率はいくらか。
ア0.2 イ0.375 ウ0.5 エ0.75

解説
全部で、2×2×2×2=16通り
後は、2枚のケースを書き出してみましょう。
○○●● ○●○● ○●●○
●○○● ●○●○ ●●○○
6通りです。6÷16=0.375
書き出すのが嫌なら、組合せの公式で、4個の中から2個選び出す組合せを求めればいいわけです。
4C2=6

解答イ

以上、日本経済新聞社出版 1週間で分かる基本情報技術者午前編P.347より抜粋


上記の問題の解説が、まったく分かりません。
最初の2×2×…=16は、裏表2...続きを読む

Aベストアンサー

表が2回だけ出る=表が2回裏が2回でるのと同じ意味ですよ



全部で、2×2×2×2=16通ですよね

これを全部書く

○○○○
●○○○
 ・
 ・
 ・
●●●● で全部で16通

じゃこの16通うち
○○●●
○●○●
○●●○
●○○●
●○●○
●●○○

4回投げて表が2回だけ出るときは6通りです
6/16=0.375

2枚のケースなら表表、表裏、裏表、裏裏の4通りなのでは?

これだと2回しか投げてないですよ

4回投げた時ですから・・・

1回目投げで 裏から表 2通り
2回目投げて 裏から表 2通り
3回目投げで 裏から表 2通り
4回目投げて 裏から表 2通り

ですので
2通りでさらに2通り・・・・
なので
2×2×2×2=16通り

これを表すと
○○○○
●○○○
 ・
 ・
 ・
●●●● で全部で16通

このうち

○○●●
○●○●
○●●○
●○○●
●○●○
●●○○

4回投げて表が2回だけ出るときは6通りです

したがって

16通りのうち6通りが表が2回だけ出るので

表が2回だけ出る=表が2回裏が2回でるのと同じ意味ですよ



全部で、2×2×2×2=16通ですよね

これを全部書く

○○○○
●○○○
 ・
 ・
 ・
●●●● で全部で16通

じゃこの16通うち
○○●●
○●○●
○●●○
●○○●
●○●○
●●○○

4回投げて表が2回だけ出るときは6通りです
6/16=0.375

2枚のケースなら表表、表裏、裏表、裏裏の4通りなのでは?

これだと2回しか投げてないですよ

4回投げた時ですから・・・

1回目投げで 裏から表 2通り
2回目投げて 裏から表 2通り
3回...続きを読む

Qコインを3回投げた時の確率の計算式を教えて下さい

1.コインを3回投げて3回とも表が出る確率は8分の1
2.3回投げて2回表、1回裏が出る確率は8分の3

答えは分かるのですが、式がどうなるのかが分かりません。
どなたか教えて下さい!

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%84%E5%90%88%E3%81%9B



ここを参考にしてみてください。

20C4 = 20 * 19 * 18 * 17 / 4 * 3 * 2 * 1









「^」はべき乗の意味です。

2^N → 「2のN乗」

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%84%E5%90%88%E3%81%9B

Q「コインを n 回投げて、表が出る回数」の分散?

ものすごく基本的な質問だとは思うのですが・・・

コインを n 回投げて、表が出る回数の分散って、きれいな解があるのでしょうか?コインの表裏は確率1/2だとします。

ΣnCi (1/2)^i (1/2)^(n-i)

これが回数の期待値の式ですよね。
この先がよく分からなくて・・

Aベストアンサー

こういう問題は『分けて考える』というテクニックを知っているといつでもものすごく簡単に解けます。逆にいうと、このテクニックを使わないと二項定理のいろいろな公式を多用する羽目になり、慣れていないとこれ以上簡単にできるのか?ということにもなります。

k回目に投げたコイン(1≦k≦n)が表が出たとき1、裏が出たとき0を取る確率変数をX_iとおきます。X_iは確率1/2で0と1が出ます。このときn回投げた時、表が出る回数というのはX_1+…+X_nとなります。知りたいのはこの分散なのですが、当然X_iたちは独立だから、分散はこれらの和になります。全部同分布なので、

V(X_1+…+X_n)=nV(X_1)

です。ところで、X_1は確率1/2で0と1が出る確率変数です。したがって、E(X_1)=1/2、E(X_1^2)=1/2なのだから、V(X_1)=1/2-(1/2)^2=1/4です。結局答えはn/4ということになります。

実はこれは二項分布です。Bi(n,1/2)とかける分布です。平均はn/2であり、分散は(1/2)(1-1/2)n=n/4と公式で求めることも出来ます。

なお二項分布とは、表が出る確率がpのコインをn回投げたとき表の出る回数のことで、平均はnp、分散はnp(1-p)で与えられます。興味があれば同じように証明できますので、やってみられてください。

こういう問題は『分けて考える』というテクニックを知っているといつでもものすごく簡単に解けます。逆にいうと、このテクニックを使わないと二項定理のいろいろな公式を多用する羽目になり、慣れていないとこれ以上簡単にできるのか?ということにもなります。

k回目に投げたコイン(1≦k≦n)が表が出たとき1、裏が出たとき0を取る確率変数をX_iとおきます。X_iは確率1/2で0と1が出ます。このときn回投げた時、表が出る回数というのはX_1+…+X_nとなります。知りたいのはこの分散なのですが、当然X_iたちは独立...続きを読む

Qコインの表裏の確率が分かりません。。

コインの表裏の確率が分かりません。。
というのも、コインが4枚あって、表が二つ出る確率を求めるのに対して回答は

P=4C2/2^4
と書いてありました。

恐らく4C2というのは
S={表表裏裏、表裏表裏、表裏裏表、裏表表裏、裏表裏表、裏裏表表}=6
のことを指していると思うのですが、この4枚のコインはそもそも区別出来ないので
結局、表表裏裏=表裏表裏=。。。 というようになって
S={2枚表、2枚裏}=1
となるんではないでしょうか?
分かりやすく言うと、ABCDという文字があってそこから2文字取れといわれたら
4C2つまり、
S={AB、AC、AD、BC,BD、CD}=6
ですが、AB=BAというように一文字目にAが着た場合とBが着た場合は同じとみなしてダブルカウントされません。

同じように表が二枚、裏が二枚の時も、表表裏裏=表裏表裏。。。となっていって、
4枚の組み合わせ全部の可能性を書き出すと
S={4枚表、3枚表1枚裏、2枚表2枚裏、1枚表3枚裏、4枚裏}の5通りになり
表2枚、裏2枚の確率は
P=1/5

になるんではないんでしょうか?

でも答えはP=4C2/2^4と書いてあります。。

わけが分かりません。。。
どなたか教えていただけませんでしょうか?

コインの表裏の確率が分かりません。。
というのも、コインが4枚あって、表が二つ出る確率を求めるのに対して回答は

P=4C2/2^4
と書いてありました。

恐らく4C2というのは
S={表表裏裏、表裏表裏、表裏裏表、裏表表裏、裏表裏表、裏裏表表}=6
のことを指していると思うのですが、この4枚のコインはそもそも区別出来ないので
結局、表表裏裏=表裏表裏=。。。 というようになって
S={2枚表、2枚裏}=1
となるんではないでしょうか?
分かりやすく言うと、ABCDという文字があって...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です.再び.

質問者さんの混乱の原因は,試行の結果の(区別しうる)数を数えることだけを考えて,それぞれの結果の『起こりやすさ』の大小を全く無視している点にあるように思えます.

1等から4等の当たりのあるガラガラ抽選を1回ひいたら,結果の可能性は1等,2等,3等,4等,ハズレの5通りです.でも,1等が当たる確率は1/5ではありませんよね.

「n通りの結果が起こりうる試行で,結果が指定したm通りのどれかである確率は m/n」という計算が通用するのは,起こりうるn通りの結果のひとつひとつが「同じ程度『起こりやすい』」場合だけです.

4枚コインの場合,結果の可能性を「0枚表,1枚表,2枚表,3枚表,4枚表」の5通りに分類すること自体は別にかまいません.でも,この分け方をしても,直ちに「2枚表の確率は 1/5」と結論できるわけではありません.これら5つの結果それぞれの「起こりやすさ」が等しいと考える理由がない(実際,等しくない)からです.
一方,4枚のコインを区別して,表表表表,表裏裏表,裏裏表表,…などの16(=2^4)通りの結果の可能性を考えるなら,どの結果も「起こりやすさは同じ」と信じることができます.だからこそ,「これら16通りのうち『2枚表』になっているのは6(=4C2)通りなので,2枚表の確率は 6/16」と計算することが正当化できるのです.

m/n という簡単な計算で確率を求めるためには,

(1) 起こりうる結果の全体を「起こりやすさが等しい(と確信できる)」n通りの場合に分割できる
(2) 着目している結果が,(1)で分けた場合のうちm通りを合わせることで表現できる

という2つの条件が必要です.
同一の複数のコインを投げる試行で「コインは区別されていると考える」のは,そうすることで「どの結果も起こりやすさが等しい」ように結果の全体を分割できて,しかも「2枚表」は分割された場合のいくつかを集めることで表現できるからです.
「0枚表,1枚表,2枚表,3枚表,4枚表」という場合の分け方は,(1)をみたしていないのです.

No.2です.再び.

質問者さんの混乱の原因は,試行の結果の(区別しうる)数を数えることだけを考えて,それぞれの結果の『起こりやすさ』の大小を全く無視している点にあるように思えます.

1等から4等の当たりのあるガラガラ抽選を1回ひいたら,結果の可能性は1等,2等,3等,4等,ハズレの5通りです.でも,1等が当たる確率は1/5ではありませんよね.

「n通りの結果が起こりうる試行で,結果が指定したm通りのどれかである確率は m/n」という計算が通用するのは,起こりうるn通りの結果のひとつひとつが「同...続きを読む

Q確率の計算です。 コインを10回連続で投げて、そのうちに3回以上連続で表が出る確率は、どの位でしょう

確率の計算です。
コインを10回連続で投げて、そのうちに3回以上連続で表が出る確率は、どの位でしょうか?

表裏の2パターンが10回なので、
全部で1024通りである事や、
表が出ないパターンが1通り、
表が1回だけ出るパターンが10通り、
表が2回だけ出るパターンが、
まず連続で2回出るのが9通り、
連続をせずに2回出るのが36通りで、
この表が1回だけ、2回だけでは、3連続出る事は物理的にあり得ないので除かれるところまでは、
わかるのですが、

表が7回出たとしても、
〇〇×〇〇×〇〇×〇
の時は、3回以上連続は出ていないわけで、
考え方がわからなくなりました。

ご教授下さい。

Aベストアンサー

私がやったのは、(Excelなどの)VBAで1~1024までの数を2進数の文字列にして
全件について(instr関数を使って)”111”という文字列が含まれるかどうかをチェックしただけです。
(0は二進数でも0ですので含まれないので1から始めました)

(他人の回答に指摘をすることは、このサイトでは御法度ですのでこの程度の表現しかできませんが)
私も、美しい解法を見てみたいと思っておりますし、私自身ももう少し考えてみます。

Qカイ2乗検定って何??;;

タイトルのとおりですが…大学で統計の基礎な授業を一般教養で受けています。だけど知らない&説明のない言葉がいっぱぃで、全くついていけません(>_<))
「人が一番選ばなさそうな数字」を何度か投票した結果があって、その数字は無作為に選ばれてるかどうか、有意水準1%としてカイ2乗検定をして判断する、という問題があるのですが、カイ2乗検定自体、授業でちらっと言葉は使ったものの、計算の仕方、使い方の説明等はなく、まったく手がつかずにいます;;ネットでも調べてみましたが、どう使っていいのかまでは分かりませんでした。
知識の無い私でもわかるようなものがあれば教えて下さいっっ!お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは.χ2(カイ二乗)検定を厳密に理解するには,数学的素養を持っている状態できっちりと統計学を学習する必要があるのですが,統計データを解析するための手段として統計学を「使う」のであれば,多少の原理を知っておけばよいでしょう.
以下初学者向けにかなり乱暴な説明をしています.正確な理解をしたければ,後で統計学の教科書などで独学して下さい.

χ2検定とは,χ2分布という確率分布を使ったデータ解析法と考えてもらう……のが一番なのですが,多分χ2分布って何? と思われるでしょう.χ2分布とは,二乗値に関する確率分布と考えることができるのですが,この辺もさらりと流して下さい.

例を使って説明します.今,道行く人にA,B,C,Dの四枚のカードの中から好きなもの一枚を選んでもらうとしましょう(ただし,選んでもらうだけで,あげるわけではありません.単にどのカードを選択仕方の情報を得るだけです).一人一枚だけの条件で,160人にカードを選んでもらいました.
さて,ここで考えてみて下さい.4枚のカードには大きな違いはなく,どれを選んでもかまわない.でたらめに選ぶとなれば,どのカードも1/4で,同じ確率で,選ばれるはずですよね? ならば,160人データならば,Aは何枚ほど選ばれる「はず」でしょうか? 同様に,B,C,Dは何枚選ばれる「はず」でしょうか?
……当然,A=B=C=D=40枚の「はず」ですよね? この40枚という数値はでたらめに(無作為に)選ばれたとしたらどんな数値になるかの【理論値】を意味します.

さて,上記はあくまでも理論値であり,実際のデータは異なる可能性があります.というよりはむしろ違っているのがふつうでしょう.そのような実際に観測された数値を【観測値】と呼びます.
仮に理論値と観測値が以下のようになったとします.

        A    B    C    D
(1)観測値   72   23   16   49
(2)理論値   40   40   40   40

当然のように観測値と理論値にズレが生じています.しかし現実と理論が異なるのはある意味当然なのですからぴったり一致することなどありえません.そこで,「ある程度一致しているか(ズレは許容範囲か)」を問題にすることになります.しかし,「ある程度」といわれても一体どのぐらいであれば「ある程度」と言えるのでしょうか? なかなか判断が難しいではないですか?
確かに判断が難しいです.そこで,この判断のために統計学の力を借りて判断するわけで,更に言えばこのような目的(理論値と観測値のズレが許容範囲かどうか)を検討するときに使われるデータ解析法がχ2検定なのです.

        A    B    C    D
(1)観測値   72   23   16   49
(2)理論値   40   40   40   40
(3)ズレ    +32   -17   -14   + 9
(4)ズレ二乗 1024   289   196   81
(5)(4)÷(2) 25.6  7.225  4.9  2.025

 χ2=25.6+7.225+4.9+2.025=49.25

計算過程をさらりと書いていますが,早い話が観測値と理論値のズレの大きさはいくらになるのか,を求めることになります.最終的には「49.25」というズレ値が算出されました.

さて,この「49.25」というズレ値が許容範囲かどうかの判定をするのですが,ここで,χ2分布という確率分布を使うことになります.詳細は統計学教科書を参考してもらうとして,χ2分布を使うと,○○というズレ値が(ある条件では)どのぐらい珍しいことなのか,という「珍しさの確率」を教えてくれます.
かりに「有意水準1%=1%よりも小さい確率で発生することはすごく珍しいと考える(許容範囲と考えられない)」とすれば,「珍しさ確率」が1%以内であれば「許容範囲ではない」と判断します.

以上,長々と書きました.今までの説明を読めばわかるように,χ2検定とはある理論値を想定した時,実際の観測値がその理論値とほぼ一致しているかどうかを調べるための統計解析法のことです.

χ2検定では,理論値をどのように設定するかは分析者の自由です.その設定の仕方で,χ2検定は「適合度の検定」や「独立性の検定」など異なる名称が付与されますが,本質は同じなのです.

質問者さんの場合は

> 「人が一番選ばなさそうな数字」を何度か投票した結果があって、その数字は無作為に選ばれてるかどうか、

これを理論値としてうまく設定することが鍵となるでしょう.

こんにちは.χ2(カイ二乗)検定を厳密に理解するには,数学的素養を持っている状態できっちりと統計学を学習する必要があるのですが,統計データを解析するための手段として統計学を「使う」のであれば,多少の原理を知っておけばよいでしょう.
以下初学者向けにかなり乱暴な説明をしています.正確な理解をしたければ,後で統計学の教科書などで独学して下さい.

χ2検定とは,χ2分布という確率分布を使ったデータ解析法と考えてもらう……のが一番なのですが,多分χ2分布って何? と思われるでしょう.χ2分布...続きを読む

Q年齢確認が甘い居酒屋チェーン店

20歳をとっくに超えているのですが同い年の友人と居酒屋に行ったりするとたまに年齢確認をされます。
まだ未成年だった時はなんにもなかったのに…。
最近は厳しいのでしょうか。
しかし私は証明する物を持っていません。
免許もなければフリーターなので社員書もなし。
パスポートもありません。
なので口頭で生年月日を言えば通してくれる居酒屋ってどこですか?
甘い店を教えて下さい!

Aベストアンサー

最近確認が厳しいですよね…
私も、よく聞かれるんですが同じく運転免許持ってないし、
パスポートや保険証持ち歩くのも怖いので病院の診察券持ち歩いてます。

生年月日書いてるので、居酒屋チェーンとかならこれでOKですよ♪

直接の回答でなくてごめんなさい。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング