化学の知識が全く無いんですけど、仕事上必要な事なので、質問します。
ある化学の知識がある方から、ある物を加えると、フッ硝酸の濃度だけを上げることが出来ると聞いたのですが、それが何なのかわかりません。
4000L濃度1%のフッ硝酸を、濃度5%ぐらいまで上げれるのでしょうか?
あと、その物を加える事によって有害なガスが出るのかも加えて教えていただければ幸いです。
漠然とした質問かと思いますが、どなたか、教えていただけませんか。よろしく、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 フッ硝酸とはフッ化水素酸HF,硝酸HNO3との混合溶液のことでしょうか? だとしますと,濃度を上げるには(1)原液を追加する,もしくは(2)水分を取り除く,の二つしか方法はないと思います。



 水分を取り除く場合,加熱によって水を蒸発させようとしたり,また水を取り除きすぎてはいけません。有毒のフッ化水素ガスが発生し,大変危険です。

 原液を追加する場合,希釈された液体に原液を注がなくてはいけません。逆の操作を行いますと,局所的に熱を発生して,原液が飛び散る可能性があります。また,注ぎ込む物質を間違って,原液以外の強酸性の物質を入れてしまうと,この場合もまた有毒のフッ化水素ガスが発生し,大変危険です。

 フッ化水素の取り扱いは,我々化学者でも非常に神経質になります。ですので,nijin_31 は専門家の方にすべてお任せしてしまうのが宜しいのではないでしょうか。

この回答への補足

適切な回答、ありがとうございます。
フッ硝酸と書いたのは、HFとHNO3との混合溶液です。
ただ、専門家の方から聞いた話だと、HFやHNO3以外のもので、PHも変わらず、濃度のみ上がるとの事でした。

補足日時:2002/02/11 06:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。専門家の方におまかせする事にします。

お礼日時:2002/02/12 06:09

 yumityan さんがおっしゃっているのは単なるルシャトリエの原理ですね。

共通イオン効果というのは,イオンが絡んだ化学反応において,その反応に関与するイオン性反応試剤と共通の塩を系に加えることによって,反応速度が制御される効果のことです。

 ちなみに,フッ化ナトリウムをこの系に添加すると,ルシャトリエの原理によりフッ化水素の遊離が抑えられ,むしろプロトン濃度は下がるのではないかと思います。さらに,もしこの際,フッ化ナトリウムを加えすぎて,水溶液中でのフッ化水素が飽和濃度を超えますと,気化することも十分考えられます。これは非常に危険ですので,絶対におやめ下さい。

> HFやHNO3以外のもので、PHも変わらず、濃度のみ上がるとの事でした。

 この文章は明らかに間違った文章です。化学の常識からするとあり得ません。おそらく「濃度」という言葉が違うんでしょうね。例えば「酸化力」とか「エッチング能」とか,別の用語に置き換わるべきなのでしょう。そうでないと意味が通じません。

 とにかく,フッ化水素は非常に危険な物質です。かつて,フッ化水素による死亡事故も報告されております。万が一の時の対処も分からないような素人が取り扱える代物ではありません。せっかく専門家の方が近くにおられるのでしたら,その方に一任させてしまうのが最も確実かつ安全です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。専門の方にお任せするようにしました。
回答にあった濃度の意味は、おそらく「エッチング能」かと思います。
専門の方に聞いてみようと思います。

お礼日時:2002/02/12 06:18

こんばんは


化学の常識からすると、ちょっと考えにくいですね。
38endohのご指摘の通りだと思います。
ただ、あまり自信は無いのですが、共通イオン効果と言うのがあります。
弱酸の場合例えば酢酸に塩化ナトリウムを加えるとpHが低くなります。
これは平衡理論で説明されています。
うまく説明できませんが、例えばフッ化ナトリウム等を加えることにより、電離度が増大することは有るかも知れません。(硝酸は以外と強酸ではありません)
これらの塩類を加えても、有害ガスの発生はありません。
実際に実験しみると分かると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。新たな溶液を追加するようにします。

お礼日時:2002/02/12 06:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフッ酸+硝酸混合液に対する耐食材料

こんにちは。化学素人です。
カテゴリーが違っていたらすみません。
建築設備業に従事している者ですが、とある半導体工場の廃液で、フッ酸33%+硝酸33%+水33%の混合液を、水処理施設まで圧送する設備を依頼されました。
現在考えているのは、
配管:塩化ビニール(VP管)
受けタンク:FRP
ポンプ:接液部PFA
と考えております。
混合液の温度は20℃程度です。

また、屋外の水処理建家までの屋外配管は、接液部がポリエチレンと考えております。
屋外については、夏場は40℃近くまで液温が上昇する可能性もあります。
材質的な耐食性はいかがなものでしょうか。
混合でなく、単体の液体では確認できるのですが、混合液ではさっぱりわからず、質問させて頂きました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

申し訳ありませんが、御社にはこの設備は無理です。我が国で最高レベルの廃液処理会社でも厭がります。
クライアントが知らないはずありません。このままやったら死人が出ますので専門業者に押し付けてください。

理由は簡単、この設備動きはしても、御社の設計ではメンテンナンス出来ないんだもの。

Qフッ硝酸に適する容器

実験でフッ硝酸(HF:HNO3:H2O=1:4:5)を使おうと思っているのですが、フッ硝酸を入れる容器はどの材質が適しているのでしょうか?

プラスチックの耐薬品性を調べてみたところ、フッ酸および、硝酸単体への耐薬品性は載っていたのですが、フッ硝酸については載っていませんでした。

単体での耐薬品性からすると、どちらにも耐性があるテフロンが候補かなと思っていますが、どうでしょうか?一般に使われている容器がありましたらお教えください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニルなどはみな安全に使えます。
ただし、ポリエチレン器具は結晶化を防ぐために「軟化剤」が含まれているので「長期貯蔵」には使えません。

Qフッ酸の危険性

実験中にフッ酸を使うことになってしまいました。
一応、先輩や先生に取り扱い方法や危険性を教えてもらったのですが・・・
いまいちどのくらいの危険度を持っている薬品なのか良くわかりません。
そこで、フッ酸を扱ううえで起きた事故を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 事故例もさることながら、対処法を知っていた方がよいかと思います。
 薬品メーカ「和光純薬」のサイトから行ける、“MSDS”というページで、検索→「ふっ化水素酸」と入力してみてください。取り扱う上でどういう危険があるか書かれたデータシートを入手できます。
 研究室にもあるんじゃないでしょうか。

参考URL:http://www.wako-chem.co.jp/siyaku/msds.htm

Qフッ化水素酸の濃度はwt%?vol%?

実験でフッ化水素酸を使うのですが
容器に書かれている純度(私が使うものは46%)は体積パーセントでしょうか?
それとも質量パーセントでしょうか?

エタノール等の純度は体積パーセントで表すようですが、フッ化水素酸の場合はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

フッ化水素酸や塩酸など気体を溶解させたものはwt/vol%です。
46%ということは、100mLに46gのフッ化水素が溶けている
ことになります。

ちなみに、フッ化水素の分子量は20.01ですから、46%の試薬は
(46/20.01)*(1000/100)=23(mol/L)
となります。

なお、フッ化水素は毒性が高く、皮膚についた場合は容易に
浸透しますので、防護メガネや手袋などをつけて、安全に
十分に注意して取り扱ってください。

QHFはなぜガラスを溶かすのか

フッ化水素HFの水溶液は、水素結合のためpHはたいして低くありませんよね。
それに、その還元力もあまり高いようには思えません。
(Fは陰性がかなり高いから、FよりもF-でいる方がエネルギーが低そうだから)
では、どうしてそんなあまりパッとしないHFが、
ガラスを溶かしたり、皮膚を強力に侵したりすることが出来るのですか?

Aベストアンサー

フッ素イオンがガラスを溶かしたり、皮膚を侵したりするのは
『水素イオン濃度指数』や『還元力』とはあまり関係がありません。
フッ素イオンそのものがとても強い求核性 (電子密度が低い
原子(主に炭素・ケイ素)への反応性)を持つためです。

この強い求核性によりガラスを攻撃し、酸素を叩き出して
結合してしまいます。
 SiO2 + 6HF → H2SiF6 + 2H2O

なお、フッ化水素は気体であってもガラスと反応します。
そういう意味でも、水素イオン濃度とは関係が薄いです。

Qフッ酸の濃度測定

フッ酸の濃度を測定したいのですが,簡単に測定する方法どなたか知りませんか??
濃度ppmオーダーなんですが,できそうな方法ご存知の方おしえてください。できたら連続測定したいです。

Aベストアンサー

 フッ素イオン電極、イオンクロマトグラフ、などが第1感考えられます。
 連続測定したいなら、イオン電極の方が実現性が高いと思います。

Q分子量を物質量に変換、モル濃度の換算

モル濃度を求めるために、分子量を物質量に変換したいのですが、やり方がわかりません。
いや、大体は分かるのですが・・覚える自信がないのです。それというのも私は、「理解」しないとすぐ忘れてしまうのです・・。

物質量のことと、変換の仕方、それがモヤモヤとしてて・・
なるほど!って思えるような、説明求みます!

さらに、質量パーセント濃度からモル濃度への換算の仕方を教えてください。密度の求め方すら分からなくて・・・(恥)

Aベストアンサー

分子量というのは、1molあたり質量のことだとわかっていれば、出来ると思います。
分子量=質量(g)/物質量(mol) ということですね。

すなわち
物質量(mol)=質量(g)/分子量 と変換できます。

質量%濃度というのは、溶質の溶液に対する割合、つまり
質量%濃度=溶質の質量(g)/溶液の質量(g)×100
ということです。

密度というのは、1cm^3あたりの質量のことです。今回は溶液のことを考えていますから
溶液の密度(g/cm^3)=溶液の質量(g)/溶液の体積(cm^3)

モル濃度は、溶液1lあたりに溶けている、溶質の物質量ですから、
モル濃度(mol/l)=溶質の物質量(mol)/溶液の質量(l)
となります。

結局、公式を羅列しただけになってしまったけれども参考にしてください。

Qフッ化水素酸の残存性について

フッ化水素酸を使った事件が以前ありました。
靴にフッ化水素酸をぬって危害を加えたという物でしたが、そこで質問があります。



フッ化水素酸は靴の布や革は溶かさなかったんでしょうか?

それからフッ化水素酸は揮発しやすいものみたいですが、塗布して時間が経ったら揮発して無害になったりしないんですか?
塗布したところに半永久的に効果があるんでしょうか?

ずっと残るのならとても危険ですよね。



沸点が20度程度という事なので、どんどん気化していって無害になっていくのかと思っておりましたがそうじゃないんでしょうか?気化したあとにもフッ化水素酸と同じ溶解性をもった毒性が残存しているんでしょうか?

揮発するのであれば、どれくらいの時間で無害(蒸発?)になるんでしょうか?

Aベストアンサー

No1です

>厚かましく再度質問させていただきたいのですが、完全に乾燥しきっていれば溶解性(毒性?)は残留しないのでしょうか?
完全に揮散してしまえば、フッ化水素は気体となり大気に逃げてしまうので、フッ化水素が残留することはないと思います。
毒性を示すフッ化水素が逃げてしまうのですから、毒性残留はないでしょう。
(ただ、揮散するフッ化水素自体が毒性を持つので、閉鎖した空間(箱の中とか)で揮散させると、乾くもののフッ化水素ガスがたまってしまうということはあり得るでしょう。)

なお、このあたりの性質は炭酸水と同じです。
炭酸水は「二酸化炭素の水溶液」です。乾けば水と二酸化炭素になって大気に逃げてしまい、他に何も溶けていなければ、なにも残らないです。
(サイダーやラムネ飲料が乾くとべたつくのは溶解している糖分などのせいです。念のため。)


人気Q&Aランキング