もうすぐ大学受験で、今は糖類を勉強しているのですが、
その中でヘミアセタール基というのが何度も登場しています。
”ヘミ”というのは1/2ということらしいので、
半分アセタール化されたという意味だと思うのです。
アルデヒドの反応のまとめにアセタール化が含まれているのですが、
これを見る限りアルデヒド基とヒドロキシル基が反応するようです。

  R-CHO + R’-OH → R-CH-O-R’
                       |
                       OH
  アルデヒド   アルコール    ヘミアセタール

確かにいくつか鎖状の単糖類などを見てみるとOHとCHOがすぐ近くに
あるので、同じような反応をしそうな気がします。
『あぁそれでくっついてピラノースとかになるのか~・・』と、
納得しかけたんです・・・が、ここで質問があるのです。(^^;
”ヘミアセタール基”とは一体どこのことを指して言っているのですか?
そして、それは例えばα-D-グルコースで言うとどこなのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

rei00 です。



> こちらでは、ヘミアセタール基はR’以外の部分
> (-O-CHR-OH)ということでしょうか??
 -O-CHR-OH 部分という事ではあってはいるんですが,R’以外と言われるとチョット違うです。糖の場合,お書きの式のRとR’が同じと考えて下さい。つまり次の様になります(等幅フォントでご覧下さい)。

HO-R’-R-CHO
  ↓
R--CH-OH
I  I
R’-O

 で,ヘミアセタ-ルと言った場合,R,R’が存在するという前提で,この中の -O-CH-OH 部分を指します。

 いかがでしょうか。分かり難いかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん。難しいですねぇ・・。

  HO-R’-R-CHO     ←(1)
    ↓
  R--CH-OH        ←(2)
  I     I
  R’--O

(1)が糖のFischer投影式で(2)がHaworth投影式ということでしょうか??
そうだとすると、なんとなくわかってきました。
最初の例の

  R-CH-O-R’
    |
    OH
  
の場合で考えると、

  『ヘミアセタール基』=『(R)-O-CH(R’)-OH』

とでも書けるんでしょうか?
で、糖の場合は

  R部が環状構造になっていて「O、CにそれぞれR、R’が結合」の
  条件を満たすため、これもヘミアセタール基。

といった感じですか??

ところでこの場合、Rって炭化水素の基のことですよね?(爆)
前に学校の先生が「R=水素」でもOKな場合もあると仰っていたので・・。

僕は官能基を表にまとめたりしてるんですが、ヘミアセタール基の構造式は

  (R)-CH-O-(R’)
      |
      OH

とでも書いておけばいいのでしょうか?

(なんかワケわかんない文章ですが、すみません。。m(_ _)m)

お礼日時:2002/02/12 20:15

rei00 です。


 何かヤバイ事回答しちゃったようで,言い訳(?)に来ました。なお,cellobiose の IUPAC 名はお書きのもので正しいです。

> え!α型の方が安定なんですか!?
> D-グルコースは『α;37%、鎖状;0.1%、β;63%』だと
> まとめてあるんですけど、もしかして間違ってますか!?
 あ~,やっぱり書かなきゃ良かったですね。先の回答にも書いた様に『一般に』です。

 先に書いた様に,「アノマ-効果」によりますが,この効果の大きさは「ハロゲン > OCOC6H5 > OCOCH3 > OCH3 > OH > NH2」の順で小さくなります。一方,シクロヘキサンのイス型ですから,エクアトリアル置換基の方がアキシアル置換基より安定です。

 で,この両者の釣り合いで実際の平衡は決ります。グルコ-スの場合,お書きの様に『α;37%、鎖状;0.1%、β;63%』でβ型の方が多いです。一方,D-マンノ-スの場合,『水溶液中で,α-形が 68.8%,β-形が 31.2% で平衡に達して』いるそうです(「糖化学の基礎」阿武喜美子・瀬野信子 著,講談社サイエンティフィク,p.29)。

 いかがでしょうか(フ~,何とか面目保てた)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか難しいですけど、まとめは合ってるんですよね。(^^;
僕がやってる単糖類はグルコースとガラクトースとフルクトースだけなので、
全てβ型が安定だと勘違いしていました。
マンノースはFischer投影式しか書いてなかったので・・・。
またもやわざわざ本を調べていただいてどうもありがとうございます。
これで一応、今回聞きたいことは全て(たぶん(笑)です。
たくさん質問してどうもすみませんでした。m(_ _)m

お礼日時:2002/02/15 16:52

rei00 です。


お礼拝見しましたが,その通りです。

 ちなみに,マルト-ス,ラクト-ス,スクロ-スの IUPAC 名は「4-O-α-D-glucopyranosyl-D-glucose」,「4-O-β-D-galactopyranosyl-D-glucose」,「β-D-fructofuranosyl-α-D-glucopyranoside 又は α-D-glucopyranosyl-β-D-fructofuranoside」となり,平衡が存在する(α,βが決らない)糖についてはαもβも記載しません。


 お分かりかとも思いますが,念のため,上記の IUPAC 名をマルト-スを例にとって簡単に説明しておきます。
4-O-:4位の酸素に何か(この場合は D-glucose)が付いている事を示しています。
α-:この糖がα配置である事を示しています。
D-:糖の絶対配置がD配置である事を示しています。
glucopyranosyl-:付いているのがグルコ-スで,ピラン型である事を示しています。
D-glucose:上記のもの(α-D-glucopyranosyl)が,D-glucose に付いている事を示しています。前述のように,この糖は平衡状態で存在しますからαもβも付けません。

 他も同じ様に考えて下さい。なお,スクロ-スの場合,糖のアセタ-ル部分同士で繋がっています。この様な場合,「~side」という表現でその事を示し,位置を示す「1-O-」等は付けません。

 あ,それと,一般にグルコ-スはα型の方がβ型よりも安定です(アノマ-効果 anomeric effect とか立体電子効果 stereoelectric effect と言います。いずれ習うはずです。)。ですので,多くの図ではマルト-スやラクト-スをα-αやβ-αの形で示しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい解説をどうもありがとうございます。m(_ _)m
と、いうことはcellobioseの場合は
4-O-β-D-glucopyranosyl-D-glucose
でしょうか?

>一般にグルコ-スはα型の方がβ型よりも安定です。
>ですので,多くの図ではマルト-スやラクト-スを
>α-αやβ-αの形で示しています。

え!α型の方が安定なんですか!?
D-グルコースは『α;37%、鎖状;0.1%、β;63%』だと
まとめてあるんですけど、もしかして間違ってますか!?

お礼日時:2002/02/15 13:50

rei00 です。



> マルトースは『α-グルコースが二個合体したもの』と書かれているのですが、
> マルトースの水溶液中での平衡式では、α-βのものもありますよね?

 あっ,本当だ。これはペ-ジ作成者のミスですね。あるいは,単糖の所に『どれもα型とβ型があるが、それは後に説明する。ここではα型を描いてある。』とありますので,意識的にα型だけにしているのかも知れません。

 いずれにしても,gedo-syosa さんがお書きの様に,マルト-スのヘミアセタ-ル部分はα型,開環型,β型の平衡で存在します(その割合はチョット不明ですが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか~。どうもありがとうございます。
では、マルトース=α-αってわけじゃないんですね。
ってことはその下の下のラクトースも同様なんですよね?
でもスクロースはヘミアセタール基がなくて、開かないからα-βしかないんですよね??

お礼日時:2002/02/15 11:22

rei00 です。


何か個人家庭教師みたいになってきましたが・・・・。まぁ,いいか。

> 鎖状グルコースになったらアルデヒド基がある、
> ということで還元性があるんですよね。
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・
> で、開かないためにアルデヒド基が出てこないから
> 還元性がないんですよね?
 はい,いづれもその通りです。良くお分かりです。

> 次に「単糖同士の結合」なんですが、これは何なのでしょうか?
 スクロ-スの構造はお分かりだと思いますが,一応参考 URL を挙げておきます(↓,ここから続く数ペ-ジをご覧下さい)。ここにはマルト-スも並んで書かれているので考えやすいかも知れません。これで分かると思いますが,α-グルコースとβ-フルクト-スが縮合して出来ています。ですから,グルコ-スから見れば,α-グリコシド結合であり,フルクト-スから見ればβ-グリコシド結合です。

> (そもそも、グリコシド結合というのが何なのかよくわかんないんですが・・・)
 私も上手い(分かり易い)説明が思い付かないので,今回は最初から「化学辞典」(東京化学同人)の「グリコシド結合」の記述の紹介です。『糖の環状構造にできるヘミアセタ-ルの自由ヒドロキシル基をアルキル化してエ-テルにするとグリコシド(配糖体)ができる。このように配糖体をつくる結合をグリコシド結合という。』
 そして,このヘミアセタ-ルのヒドロキシル基が環に対して上に出ているか下に出ているかを示すのがαとβです。

 ちなみに,グリコシド結合は一般的に書くと R-CH(OR')OR"(アルド-ス)または R-CR'(OR")OR"'(ケト-ス)のアセタ-ル構造をしていますから酸で加水分解をうけます。

参考URL:http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/carb …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>何か個人家庭教師みたいになってきましたが・・・・。

すみません。。
なかなか理解できないもので・・。
高分子は高校では時間がなくて教わらなかったし・・・。

>α-グルコースとβ-フルクト-スが縮合して出来ています。
>ですから,グルコ-スから見れば,α-グリコシド結合であり,
>フルクト-スから見ればβ-グリコシド結合です。

なるほど。構成単糖のそれぞれから見るのですね。
またもや、わざわざ辞典を引いていただいてすみません。
疑問が解決いたしました。どうもありがとうございます。m(_ _)m

・・と、思ったら参考URLに書いてあることについて
また疑問ができてしまいました。。(爆)

マルトースは『α-グルコースが二個合体したもの』と書かれているのですが、
マルトースの水溶液中での平衡式では、α-βのものもありますよね?
これはどういう意味なのでしょうか??

お礼日時:2002/02/14 21:13

rei00 です。

お書きのもので O.K. です。

 と,これだけでは素っ気無いですので,「化学辞典」(東京化学同人)の「ヘミアセタ-ル」の記述を紹介しておきます。

【ヘミアセタ-ル(hemiacetal)】
 RCH(OH)OR', RR'CHOR" の一般式で表される化合物の総称。RR'C(OH)OR" の化合物はヘミケタ-ル(hemiketal)とよばれたが,現在 IUPAC の命名法ではヘミアセタ-ルとよばれる。

 いかがでしょうか。これで明瞭ですね。「だったら最初から辞典を引け!」ってお叱りは無しでお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ辞典を引いていただいてありがとうございます。m(_ _)m
でも僕が自分で辞典を引くべきでしたね。どうもすみませんでした。

それともう少し関連の質問があるのですがよろしいですか?(爆)
例えば二糖類のマルトースのまとめがあるのです。
そのまとめに「水溶液中での平衡」という項目を設けています。
ヘミアセタール基は開く、ということらしいので

  『α-グルコース+α-グルコース』
           ↓↑
  『α-グルコース+鎖状グルコース』
           ↓↑
  『α-グルコース+β-グルコース』

という平衡状態にある、としています。
鎖状グルコースになったらアルデヒド基がある、ということで還元性があるんですよね。
それと「単糖同士の結合」というのもつけているのですが、
マルトースの場合は『α-グリコシド結合』だそうですよね。

そして他にもいろいろと二糖類をまとめていますが、
スクロースのまとめをちょっと教えて欲しいのです。
まず「水溶液中での平衡」ですけど、
ヘミアセタール基がないので平衡状態は特にありませんよね?
で、開かないためにアルデヒド基が出てこないから還元性がないんですよね?
次に「単糖同士の結合」なんですが、これは何なのでしょうか?
(そもそも、グリコシド結合というのが何なのかよくわかんないんですが・・・)

いつも質問が多くて申し訳ありません。

お礼日時:2002/02/14 14:56

rei00 です。

やっぱり,そう来ましたか。いや,予測しないでもなかったんですが。

> これからするとヘミアセタール基は
> -O-CH-
> |
> OH
> の部分で『”両隣に炭化水素の基(R)が必要”という条件付き』
> とした方がいいのですか?
 そうですね。それで良いと思います。ただし,先の回答にも書いた様に,左のOにはRが必要ですが右はHでも構いません。

> また、両隣が炭化水素基(R)でなかったらそれは
> ヘミアセタール基ではないのでしょうか??
 上に書いた様に,右側はHでもヘミアセタ-ルです。ただし,左側がHの場合はハイドレ-トになりヘミアセタ-ルにはなりません。

 いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おぉ!そういうことでしたか!
ようやく理解できました!(たぶん(爆)

では、こういうまとめで問題ないですか?
 ___________________________
|  名前  |    構造式    |    特徴・その他    |
|_____|_________|___________|
| ヘミアセ | (R)-O-CH-  |Oには炭化水素基が必要|
| タール基 |       |    |OにHが結合したら、ハイド|
|       |        OH   |レートとなってしまう。   |
|___________________________|

こういう表をこういうところで描くとズレまくりそうで恐いですが・・・。

お礼日時:2002/02/13 22:03

rei00 です。



>> これは,上に書いた様に,『R’O-CH(R)-OH』が妥当でしょう。
> あれ?
> Rは(R)なのに、R’はそのままなんですか?
 あ,別に R’O-CHR-OH でも構いません。ただ,こう書くと,時々 R’O-CH-R-OH(CにRが繋がり,その先にOHが付いた構造)と勘違いする人がいます。そこで,誤解を避けるため,(R)という書き方をします(この場合,カッコの中のRも,その次のOHも,Cに繋がっている意味になります)。

 gedo-syosa さんなら大丈夫とは思いますが,念のため無難な表現を取りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。まだよくわからないのですが、
例えばアルコール性ヒドロキシル基やアルデヒド基の場合、

  R-OH    R-CHO

と書いて、ヒドロキシル基は『-OH』の部分、
アルデヒド基は『-CHO』の部分、だと言いますよね?
では、この場合↓は

  R’-O-CH-R
        |
        OH

と書いて、ヘミアセタール基はどこの部分だと言うんでしょう?
僕は『R’O-CHR-OH』という表記だと、
R、R’部もヘミアセタール基の一部だという風に感じるのですが、
そういう解釈で大丈夫ですか。

No.2でrei00さんが、
「ヘミアセタ-ルと言った場合,R,R’が存在するという前提で,この中の -O-CH-OH 部分を指します。」
と仰っていますが、これからするとヘミアセタール基は

  -O-CH-
      |
      OH

の部分で『”両隣に炭化水素の基(R)が必要”という条件付き』とした方がいいのですか?
また、両隣が炭化水素基(R)でなかったらそれはヘミアセタール基ではないのでしょうか??
もしかしたらそんな条件はいらないですか?

また滅茶苦茶なことを言ってしまっているような気がします。
変な質問、変な文章ばかりで本当に申し訳ありません。

お礼日時:2002/02/13 13:42

rei00 です。



 お書きの内容で大体あっています。若干気になった点を以下補足しておきます。

> (1)が糖のFischer投影式で(2)が
> Haworth投影式ということでしょうか??
 そうです。例の Fischer 投影式と Haworth 投影式です。

> 最初の例の
> ・・・・・・・・・・
> の場合で考えると、
>『ヘミアセタール基』=『(R)-O-CH(R’)-OH』
> とでも書けるんでしょうか?
 何かチョットおかしいですよ。例と『ヘミアセタ-ル基』が合ってないですよ。この例で書くなら,『ヘミアセタール基』=『R’O-CH(R)-OH』です。

> Rって炭化水素の基のことですよね?(爆)
 私が書き直した式のR’の事ですよね。それでしたら,その通りです。これが水素の場合『HO-CH(R)-OH』は「ハイドレ-ト(hydrate,水和物)」と言います。もし,上式のRの事(つまり,R’O-CH2-OH)でしたら,これはフォルムアルデヒド(H-CO-H)のヘミアセタ-ルです。

> ヘミアセタール基の構造式は
> ・・・・・・・・・・・・・
> とでも書いておけばいいのでしょうか?
 これは,上に書いた様に,『R’O-CH(R)-OH』が妥当でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>例と『ヘミアセタ-ル基』が合ってないですよ。

あ!どうもすみません!m(_ _)m
なんか書き間違えてしまってました!

>これは,上に書いた様に,『R’O-CH(R)-OH』が妥当でしょう。

あれ?
Rは(R)なのに、R’はそのままなんですか?

お礼日時:2002/02/13 12:35

 何か既にわかっていて質問されているような気もしますが・・・。



 糖(グルコ-ス)の1位はアルデヒド基ですが,5位の水酸基と環を巻く事によってヘミアセタ-ルになります。つまり,1位の -O(環)-CHR-OH 部分がヘミアセタ-ルです(ここで,O(環) とは環を巻いている5位の酸素原子であり,R は2位炭素を示しています)。

 いかがでしょうか。一応参考になりそうなペ-ジ(続・化学ノート)も挙げておきます。下のペ-ジの「教養有機化学 15.アセタールとヘミアセタール」と「大学受験の範囲の目次 4.有機化学関係 3.糖類」をご覧下さい。

参考URL:http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/ch_u …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまた回答して下さってどうもありがとうございます。m(_ _)m

と、いうことは

  R-CHO + R’-OH → R-CH-O-R’
                       |
                       OH
  アルデヒド   アルコール    ヘミアセタール

こちらでは、ヘミアセタール基はR’以外の部分(-O-CHR-OH)と
いうことでしょうか??

お礼日時:2002/02/12 18:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人感センサーの仕組み構造を教えてください。

人感センサーの仕組み構造を教えてください。

Aベストアンサー

以下の2つの方式があります。
・焦電センサー
  人などが発する遠赤外線を検出する
   なので、全身黒尽くめにすると、反応しない場合がある。
  現在、主流の方式
・ドップラーセンサー
  電波を発射し、反射して帰ってくる電波は、
  反射した物体が動いている時は、周波数がずれるので、
  ズレによって、何か(主に人)が居ると検出する。
 大昔の自動ドアは、この方式が多かった。
 自動ドアに向かって歩いてくる(動いている)人を検出する。
  だから、一旦開いてもドアの前で、立ち止まって身動きしないとドアは閉まったままになる。
 同じ原理を使ったものが、警察のレーダー速度取締り装置。
 先の、周波数のズレは、動いているものの速度に比例するので速度がわかる。
 レーダー探知機は、コンビニなどの自動ドアにも反応してしまった。

Qフェノールの-OHのHを引きぬいて-OH基を-OCH3に変換したいと思

フェノールの-OHのHを引きぬいて-OH基を-OCH3に変換したいと思います。
この場合PBr3で-BrにしたあとにNaOCH3でくっつけるのとNaHで引きぬいてCH3Iで反応させるのはどちらが妥当あんでしょうか??
回答よろしくお願いします;;

Aベストアンサー

大学三年未満の知識ならNaH/CH3Iしかないです。
PBr3/NaOMeもアリですが、両者とも非常に「強烈」な条件なので、他の置換基はメチャメチャ。

Q耐震・免震・制震構造の仕組みを撮影したい

東京、又はその近辺で、耐震・免震・制震構造の仕組みを撮影したいのですが、どこか良いところはありますか。

Aベストアンサー

イベントならいかがでしょう?

メーカーさんのブースに行って撮影を許可してもらえれば大丈夫かと。

近いスケジュールなら「住まいの耐震博覧会2012」が東京ビッグサイトで2012年3月31日(土)・4月1日(日)東1~3ホールで開催されます。入場は無料。

ただ震災後で注目が集まっている時期ですから混雑はある程度覚悟がいるかも。撮影するにも手早く済ませないといけないかもしれませんね。実施されるかわかりませんが、メーカーによっては実演コーナーもあるようです。

参考URL:http://www.nicefair.com/index.html

Q水の-O-Hはヒドロキシル基といえる?

質問1
H-O-H の-O-Hをヒドロキシル基に含めてもいいのでしょうか?

それとも 水素以外の化学種-O-H  の-O-Hのみをヒドロキシル基とするのでしょうか?

質問2
  O
  ||
H-C-H


             O
             ||
水素以外の化学種-C-H



 O
 ||
-C-
をカルボニル基としてよいのでしょうか?


  

それとも
             O
             ||
水素以外の化学種-C-水素以外の化学種


 O
 ||
-C-
のみをカルボニル基とするのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

質問1:
良いと思いますよ。ヒドロキシル基の性質を水は持っていますし。

質問2:
カルボニル基は
R-CHOの構造全体を指します(Rは何でも構いません)。
その中で特にR-CO-R(Rは水素以外)のものをケトン基と呼びます。

これでいかがでしょうか?

QJR電車のエアサスペンションの構造と仕組み

JR電車のエアサスペンションの構造と仕組みを教えて下さい
JR新幹線や特急を除く電車のエアサスペンションはどの様な構造でどの様に動くのでしょうか
1.エアサスペンションはボディを水平に保つ様に動くのでしょうか
2.カーブでの横Gが発生した時の動作はどの様になるのでしょうか
3.横Gには効果は無いのでしょうか

Aベストアンサー

新幹線が主ですが通勤電車型も紹介しています。
高さ調整はありますが水平に保つのではないようです。
横Gについては分かりません。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~aaa81350/kaisetu/truck/truck.htm

Qカルボニル基と-OHとの反応性

画像の最初の反応で、-OHがカルボニル基に求核付加をしないで、水素引き抜きが起こるのはどうしてでしょうか?詳しく教えください。

Aベストアンサー

横やりを入れて大変申し訳ないのですが、No.2の方の
>環の安定性は、5~6>3>4>7~8で、考えられるほど四員環は不安定ではないのです
というところに疑問です。

シクロアルカンの歪みのエネルギーは3>4>>5>6であり、3員環がもっとも不安定で、4員環も不安定です。
7,8はよくわかりませんが大きな環は様々な立体配座をとることが可能になりますので、歪みエネルギーは考慮されなくなってきます。

分子内アルドール反応で5,6員環を形成しやすいのは、歪みエネルギーが少なく衝突頻度が高いことが理由で、7,8員環は歪みこそありませんがエノラートの衝突頻度が低いので形成は不利になります。
しかし図の問題は逆アルドール反応ですので、7員環が形成したことではなく、歪みのある4員環が無くなったということが重要です。

それで回答ですが、No.1の方と同じです。-OHはカルボニル基にも付加しますが、元に戻る逆反応が起きるだけでそれ以上先に進みません。なので付加しないように見えるわけです。
そして図中の逆アルドールが起こるのは、7員環エノラートから4員環にもどる逆反応が起きにくいためです。(4員環はひずみが大きく生成しにくい)
ちなみにアルドール反応は全て平衡なので、右矢印だけで書くのはまずいです。
(最後のプロトン化以外は両矢印)

横やりを入れて大変申し訳ないのですが、No.2の方の
>環の安定性は、5~6>3>4>7~8で、考えられるほど四員環は不安定ではないのです
というところに疑問です。

シクロアルカンの歪みのエネルギーは3>4>>5>6であり、3員環がもっとも不安定で、4員環も不安定です。
7,8はよくわかりませんが大きな環は様々な立体配座をとることが可能になりますので、歪みエネルギーは考慮されなくなってきます。

分子内アルドール反応で5,6員環を形成しやすいのは、歪みエネルギーが少なく衝突頻度が高い...続きを読む

Qプリンターの仕組みや構造を解説してるサイトを教えて

会社で使用してるプリンターがときどき紙詰まりなどを起こします。周りの人がいつも直そうとするんですけど、私から見ると、よくわからずにとりあえずいろいろいじってるような気がします。できれば仕組みを理解してきちんと直せるようになりたいので、プリンター(会社で使うような大きいやつにも通用するような)の仕組みや構造を解説しているサイトを教えてください。(探したのですがなかなかよいサイトが見つからなかったので質問しました。)

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

まず、取説を良く見ることです。
ユーザーレベルで対応できることは全て書かれているはずで、そこに書かれていないことは、してはいけないことなのです。
また、機種によって原理は一緒でも構造が異なり、安直に構造を説明できないという事情もあります。

「会社で使用してるプリンター・・・」「よくわからずにとりあえずいろいろいじってるような・・・」ということで大きな複合機を想像しましたが、こういった機械の場合は保守契約に入っているケースもありますので、サービスマンが来たときにレクチャーしてもらうのもいいでしょう。


普通のインクジェットプリンタとか、デスクトップに乗る程度のレーザープリンタでは、質問のような悩みも少ないとは思います。

いずれにしても、取説を読み直すのは重要です。

Q活性メチレン基のヒドロキシル基

タイトルがおかしいかもしれませんがご容赦ください。

不飽和脂肪酸の自動酸化において、二重結合に挟まれた
メチレン基(活性メチレン基)と結合したヒドロキシル
基は特に不安定であるという知見があったのですが、
これはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

実験事実としてΔ9、Δ13位に-OOHが結合したものができるということは、Δ11位に-OOHが結合したものが不安定であるということと、必ずしも同じ意味にはなりません。
つまり、反応機構として、最もラジカル的に引き抜かれやすいものはΔ11位のHです。しかし、生じたラジカルに関しては、その共鳴により、Δ9、Δ11、Δ13位において反応が起こる可能性があります。つまり、生じた不対電子はΔ9、Δ11、Δ13位に非局在化することになります。
つまり、下式(見づらいかもしれませんが)のような非局在化がおこるということです。
  ・                    ・    
RーCH-CH=CH-R’←→RーCH=CHーCH-R’

結果的にΔ9、Δ11、Δ13位の3カ所の反応点が生じることになりますが、Δ9とΔ13で反応した場合には、共役二重結合(-CH=CH-CH=CH-)が生じるのに対して、Δ11で反応した場合にはそれが生じません(-CH=CH-CH(OOH)-CH=CH-となる)。
一般に、共役二重結合系は非共役二重結合系に比べて安定であるために、通常は、それを生じる反応の方が起こりやすいことになります。
すなわち、そもそもの話として、Δ11のHが引き抜かれたとしても、Δ9とΔ13での反応の方が起こりやすいということだと思います。

上述のような二重結合の移動は一般に「アリル転位」と呼ばれるもので、ラジカル反応のみならず、カチオン、アニオンを経由する反応でも起こります。

実験事実としてΔ9、Δ13位に-OOHが結合したものができるということは、Δ11位に-OOHが結合したものが不安定であるということと、必ずしも同じ意味にはなりません。
つまり、反応機構として、最もラジカル的に引き抜かれやすいものはΔ11位のHです。しかし、生じたラジカルに関しては、その共鳴により、Δ9、Δ11、Δ13位において反応が起こる可能性があります。つまり、生じた不対電子はΔ9、Δ11、Δ13位に非局在化することになります。
つまり、下式(見づらいかもしれませんが)のような非局在化がおこるということで...続きを読む

Q映写機の構造と仕組みを教えて

簡単なようで簡単ではないような構造ですね。フイルムが止まっている瞬間だけシャッターを開き、フイルムが移動中に閉じる仕組みが良く理解できません。説明図面付きのサイトを教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

これでわかりますかね。
カムの部分が分かりにくいですが。
ピンがフイルムの穴に対して楕円(長方形)に近い運動をしてフイルムを引き下げます。
ピンの描く面とフイルムは直角です。
昔映写機を扱っていた頃の淡い記憶ですが。

参考URL:http://www.narishi.com/~nari-hrt/syumi/teresine/kam-kaiten.html

Q化学の質問です CIP順位則による優先順位ついてで、 -CH2OHと-CHOのどちらが高いか という

化学の質問です

CIP順位則による優先順位ついてで、

-CH2OHと-CHOのどちらが高いか

という問題なんですが、なぜ-CHOの方が高いかわかりません。

よければ教えてください。

Aベストアンサー

#1です。レス有り難うございます。
R-(CHO)はR-CH(-OH)2、カルボン酸はR-C(-OH)3
平衡だから必ずこれらの寄与がある。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報